剣盾 素早さ実数値。 【ポケモン剣盾】ブラッキーの育成論。オススメの型や努力値調整を解説

【ポケモン剣盾】ブラッキーの育成論。オススメの型や努力値調整を解説

剣盾 素早さ実数値

正しい努力値の振り方! 努力値を振る際に意識するべきポイントが4つあります。 理想個体の場合は5箇所振りを意識しよう Lv50のポケモンは努力値8ごとにステータスが1伸びていきますね。 ですが、個体値Vのポケモンは最初の1ポイント分だけ努力値4で済みます。 どうでしょうか?攻撃面を1落とすことで他の値が2増えるのならそちらを取りたくはないですか?やり方は簡単で、252振っている努力値のどちらかを244まで落とし、上げたい2箇所にそれぞれ4の努力値を振るだけです。 おまけの2箇所よりも伸ばしたい値を優先したいケースでは無理に調整しなくてもいいですが、効率的な振り方として覚えておくと良いでしょう。 性格補正を最大限活用しよう 性格補正のかかったポケモンのステータスは小数点以下が切り捨てられています。 上昇補正は1. 1倍なので、元の数値が10の倍数のときに補正が最大となり、その時の実数値は11の倍数となります。 この値は「11n」とも呼ばれたりします。 言葉だけではわかりにくいので、実際に数列で確認してみましょう。 以下は素早さ補正のかかった「個体値V」の「マニューラ」に「すばやさ」の努力値を振った場合の表になります。 (マニューラの素早さ種族値は125です) 努力値 0 4 12 20 24 28 36 実数値 159 160 161 162 163 165 166 165のときだけ数値が2伸びているのがわかるかと思います。 このあとも176,187,198…といった値のときに2ポイント伸びていきます。 11nに調整するとお得感があっていいですね! 下降補正に関しても同様で、この場合は逆に伸びない値が出てきます。 「下降補正はかけるけど努力値を4だけ振りたい」といった場合には無駄になっていないかチェックするようにしましょう。 努力値は足し算なので低い能力の底上げに使うのが効果的 個体値Vのハピナスは防御が30しかありませんが、努力値を252振ることで62となり、耐久力はざっと2倍にもなります。 これはもう防御に努力値を振らないという選択肢はないレベルですよね。 一方、控えめのシャンデラは特攻が181あり、努力値を252振ることで216まで伸ばすことができます。 しかし、与えられるダメージはおよそ1. 2倍にしかなりません。 確かにロマンはあるのですが、元々の特攻で十分な気もしちゃいますね。 これは極端な例でしたが、 努力値は長所を伸ばすより短所を補う形で振る方が効果的であることが理解できたかと思います。 実戦では仮想敵に対する調整が優先されるためこの考え方を実践する機会はあまりないですが、根幹に当たる部分ですので覚えておいて損はないかと思います。 ここからは少し数学的な話になるのですが、足すと合計が10になる2つの数字があるとします。 この法則はどれだけ数値が大きくなっても変わりません。 ほとんどのポケモンは「HP <(防御+特防)」となっています。 耐久面に努力値を振る際にHPが選ばれることの多い理由もこれで説明できますね。 ただし、振り分けていくうちにHPの値が上回ってくるポケモンは少なくありませんので、その際にはこの式を思い出してみてください。 「なんで?」って思われるかもしれませんが、ちょっとした落とし穴があるのです。 百聞は一見にしかずということで、なまいきな性格のトリトドンを例にして見てみましょう。 トリトドンB• 努力値• HP164• 防御76• 特防140• 実数値• HP207• 防御98• 特防132• 物理耐久指数:20286• これは性格補正によるもので、トリトドンBはトリトドンAと比べて実数値の合計が1高くなっています。 HPを落とすことで定数ダメージを減らすこともできて理想的ですよね。 モロバレルやラプラスといったポケモンを育てる際には入念に計算してみるといいでしょう。 まとめ 長所は性格で伸ばしていき、短所を補うときは努力値で調整するようにしましょう。 この差が勝敗を分けることもあるでしょう。 努力値と性格補正の仕様を理解して、ライバルに差をつけていきましょう!•

次の

【ポケモン剣盾】ダグキッス【ダブルバトル】

剣盾 素早さ実数値

また、特性「ちからもち」により素の火力も高いため、「はらだいこ」を使用しなくても十分火力を出すことができます。 はがねタイプへの打点。 ギルガルドに有効。 高耐久により多くのポケモンの攻撃を耐えることができる上に、鉢巻と特性を合わせた高い攻撃力で幅広い範囲のポケモンと対面で戦うことができます。 自傷ダメージが痛い。 はがねタイプへの打点。 ギルガルドに有効。 先制技「アクアジェット」も覚えるため、素早さで勝てない相手にも打点を持てる優秀なポケモンとなっています。 高めの耐久力でサイクル戦でも活躍できる マリルリは高い耐久力を持っているため、サイクル戦でも活躍することができます。 強力な構成の サザンガルドに組み込むことで、サザンドラへのドラゴン技、ギルガルドへのほのお技に対して受け出しやすく、有利に立ち回れます。 マリルリの対策 耐性のあるポケモンで技を受ける マリルリは火力が高いポケモンなので、耐性のあるポケモンで技を受けましょう。

次の

【ポケモン剣盾】ポットデスの育成論と対策【ソードシールド】

剣盾 素早さ実数値

ドラパルトは「おにび」で後続のサイクルを補助したり、「みがわり」で相手の型や対戦全体の方針を見定めることができます。 エースバーンはその攻撃的な圧力から、相手のダイマックスや交代を誘発させる、つまりは相手を動かすことができ、それを見てから動くことで安定した立ち回りを可能にします。 ギャラドス・ポリゴン2・ジバコイルでサイクル戦 初手のドラパルトやエースバーンで相手の情報を引き出した後、それに応じたサイクル戦を行います。 引き出した相手の情報を元に、どのポケモンのHPをどれだけ残しておく必要があるか、最終的に誰をダイマックスさせるかなどを判断し、最終的なプランを立てていきます。 ダイマックスで一掃 サイクル戦で相手を疲弊させた後、こちらのダイマックスで仕掛けていきます。 この時、ダイマックスさせるポケモンは特に決まっていません。 ギャラドスやエースバーンであれば「ダイジェット」、ジバコイルならば「ダイスチル」とそれぞれが詰めの役割を果たせるダイマックス技を持っているため、状況に応じて適切なポケモンをダイマックスさせます。 誘うポリゴン2をジバコイルで崩す ダイマックスで一掃するセットアップとして、ポリゴン2にジバコイルを繰り出すというものがあります。 ドラパルトやギャラドスが誘ったポリゴン2に対しジバコイルを繰り出して「てっぺき」を使い、ジバコイルを見て出てきたポケモンの炎・地面技を耐えて返り討ちにすることで、一気に試合を終わらせることが可能です。 対戦動画.

次の