草野マサムネ 奥さん。 メンバーの覚え方

草野仁

草野マサムネ 奥さん

Chappie、オトナモードも歌う『水中メガネ』。 この曲の、悲しいほど美しい歌詞には、どんな意味があるのでしょうか。 松本隆と草野マサムネ、2人の関係性から、その真意に迫ります。 偉大過ぎる作詞家・松本隆 1980年代のヒット曲のクレジットを見ると、「作詞・松本隆」と記されている曲の多さに驚かされます。 寺尾聰『ルビーの指輪』、近藤真彦『スニーカーぶる〜す』、松田聖子『赤いスイートピー』、C-C-B『Romanticが止まらない』、薬師丸ひろ子『探偵物語』、イモ欽トリオ『ハイスクールララバイ』、YMO『君に、胸キュン。 』そして、大瀧詠一の名盤『A LONG VACATION』…。 あれもこれも、記憶に残っているヒット曲の作詞は松本隆ではありませんか。 歌は世につれ世は歌につれと言いますが、松本隆はまさに1980年代の歌謡史を築き上げた作詞家です。 作詞家になる前の松本隆は、細野晴臣、大瀧詠一、鈴木茂と結成した、日本のロックバンドの草分け「はっぴいえんど」のドラマーでした。 文学青年だった事から作詞を担当し、『風をあつめて』のような、英語を使用しない「日本語ロック」を確立します。 はっぴいえんど解散後、作詞家として本格的に活動をスタート。 歌謡曲全盛期の立役者となった1980年代の後、1990年代に入ってからも、KinKi Kidsの『硝子の少年』で、『ルビーの指輪』を上回るヒットを記録します。 そして、現在に至るまでに松本隆が生み出した2000曲以上もの作品は、もはや音楽史を超えて日本史に残る一つの文化となり、2017年、学術芸術の業績に対して授与される紫綬褒章を受賞しました。 スピッツと昭和歌謡 4人全員が1967年(昭和42年)生まれのスピッツのメンバーは、バリバリの昭和っ子です。 松本隆が生み出すヒット曲が巷で流れる時代に多感な10代を過ごした、まさに松本チルドレン。 時にソフトに、時にハードなスピッツ特有の音楽性は、幼少のみぎりに自然と耳にしていた昭和歌謡と、その後の洋楽の影響が相まって完成したと言えます。 そんなスピッツと草野マサムネは、多くの昭和歌謡をカバーしています。 その中の松本作品『タイム・トラベル』を、1991年、松本隆作詞活動30周年記念ライブ「風街ミーティング」に参加した草野マサムネが、子供の頃に聴いたこの曲の思い出と共に歌いました。 失われた時間を映す「水中メガネ」 1999年7月にリリースされた『水中メガネ』は、昭和歌謡のレジェンド松本隆と、松本隆の歌詞を聴いて育った昭和っ子草野マサムネの、夢のコラボレーション作品です。 架空の着せ替えキャラシンガーChappie(チャッピー)へ提供された、知る人ぞ知るこの曲は、2015年、松本隆作詞活動四十五周年記念トリビュート「風街であひませう」で、草野マサムネのセルフカバーとして日の目を浴びる事になりました。 草野マサムネが書いたスピッツの歌詞にも共通する、人の心の奥を覗き込むような、松本隆の歌詞の世界に浸ってみましょう。 人間の脳に蓄積される記憶とは、透き通る水のようなもので、透明な記憶の水槽の底に沈んだ宝物は、手を伸ばせばすぐに掴めるような気がします。 しかし、実際の水深はとても深くて、宝物には手が届きません。 失った宝物を探すために、人は水中メガネをかけ、水面に顔をつけて底を覗き込み、そして、記憶という水槽の奥深くへとゆっくりと潜って行く。 「水中メガネ」は、思い出を振り返る時に、自分の目線が第三者的な目線に切り替わる事を意味しているのです。 その現実から目をそらし、記憶の水槽の中へと沈み込めば、通りがかった少年の目線になって、水中メガネの越しのスクリーンの中に、次々と映し出される情景を見る事が出来ます。 打ち寄せる波の音が遠くから聞こえて来ます。 そして映像は、砂浜に座る自分と恋人の姿へと移り変わり、潮騒の音は、会話すらなくなってしまった2人の気まずい沈黙へと変わります。 その隣には、孤独感で感情が爆発しそうな自分がいます。 2人がまだ愛し合っていた頃の、あの夏の日です。 海風に乗って漂うムッとするような潮の匂いすら感じるほど、手を伸ばせば届く、すぐそこに。 それは、失われた時間は、どれだけ手を伸ばしても二度と戻って来ない、その悲しみを知ってしまった少女の姿でした。 松本隆と草野マサムネ、2人の作品には共通する部分がたくさんあります。 人間の感情への深い洞察力、聴く人を旅へと誘う世界観、次世代へと受け継がれて行く普遍性、日本語への愛。 2人の詩人の手にかかれば、失われた時間を探す人間のせつなささえも、これほど美しく、映し出す事が出来るのです。 TEXT 岡倉綾子.

次の

声フェチの私の耳に最高にマッチしたスピッツの草野マサムネさんの癒されボイス

草野マサムネ 奥さん

Chappie、オトナモードも歌う『水中メガネ』。 この曲の、悲しいほど美しい歌詞には、どんな意味があるのでしょうか。 松本隆と草野マサムネ、2人の関係性から、その真意に迫ります。 偉大過ぎる作詞家・松本隆 1980年代のヒット曲のクレジットを見ると、「作詞・松本隆」と記されている曲の多さに驚かされます。 寺尾聰『ルビーの指輪』、近藤真彦『スニーカーぶる〜す』、松田聖子『赤いスイートピー』、C-C-B『Romanticが止まらない』、薬師丸ひろ子『探偵物語』、イモ欽トリオ『ハイスクールララバイ』、YMO『君に、胸キュン。 』そして、大瀧詠一の名盤『A LONG VACATION』…。 あれもこれも、記憶に残っているヒット曲の作詞は松本隆ではありませんか。 歌は世につれ世は歌につれと言いますが、松本隆はまさに1980年代の歌謡史を築き上げた作詞家です。 作詞家になる前の松本隆は、細野晴臣、大瀧詠一、鈴木茂と結成した、日本のロックバンドの草分け「はっぴいえんど」のドラマーでした。 文学青年だった事から作詞を担当し、『風をあつめて』のような、英語を使用しない「日本語ロック」を確立します。 はっぴいえんど解散後、作詞家として本格的に活動をスタート。 歌謡曲全盛期の立役者となった1980年代の後、1990年代に入ってからも、KinKi Kidsの『硝子の少年』で、『ルビーの指輪』を上回るヒットを記録します。 そして、現在に至るまでに松本隆が生み出した2000曲以上もの作品は、もはや音楽史を超えて日本史に残る一つの文化となり、2017年、学術芸術の業績に対して授与される紫綬褒章を受賞しました。 スピッツと昭和歌謡 4人全員が1967年(昭和42年)生まれのスピッツのメンバーは、バリバリの昭和っ子です。 松本隆が生み出すヒット曲が巷で流れる時代に多感な10代を過ごした、まさに松本チルドレン。 時にソフトに、時にハードなスピッツ特有の音楽性は、幼少のみぎりに自然と耳にしていた昭和歌謡と、その後の洋楽の影響が相まって完成したと言えます。 そんなスピッツと草野マサムネは、多くの昭和歌謡をカバーしています。 その中の松本作品『タイム・トラベル』を、1991年、松本隆作詞活動30周年記念ライブ「風街ミーティング」に参加した草野マサムネが、子供の頃に聴いたこの曲の思い出と共に歌いました。 失われた時間を映す「水中メガネ」 1999年7月にリリースされた『水中メガネ』は、昭和歌謡のレジェンド松本隆と、松本隆の歌詞を聴いて育った昭和っ子草野マサムネの、夢のコラボレーション作品です。 架空の着せ替えキャラシンガーChappie(チャッピー)へ提供された、知る人ぞ知るこの曲は、2015年、松本隆作詞活動四十五周年記念トリビュート「風街であひませう」で、草野マサムネのセルフカバーとして日の目を浴びる事になりました。 草野マサムネが書いたスピッツの歌詞にも共通する、人の心の奥を覗き込むような、松本隆の歌詞の世界に浸ってみましょう。 人間の脳に蓄積される記憶とは、透き通る水のようなもので、透明な記憶の水槽の底に沈んだ宝物は、手を伸ばせばすぐに掴めるような気がします。 しかし、実際の水深はとても深くて、宝物には手が届きません。 失った宝物を探すために、人は水中メガネをかけ、水面に顔をつけて底を覗き込み、そして、記憶という水槽の奥深くへとゆっくりと潜って行く。 「水中メガネ」は、思い出を振り返る時に、自分の目線が第三者的な目線に切り替わる事を意味しているのです。 その現実から目をそらし、記憶の水槽の中へと沈み込めば、通りがかった少年の目線になって、水中メガネの越しのスクリーンの中に、次々と映し出される情景を見る事が出来ます。 打ち寄せる波の音が遠くから聞こえて来ます。 そして映像は、砂浜に座る自分と恋人の姿へと移り変わり、潮騒の音は、会話すらなくなってしまった2人の気まずい沈黙へと変わります。 その隣には、孤独感で感情が爆発しそうな自分がいます。 2人がまだ愛し合っていた頃の、あの夏の日です。 海風に乗って漂うムッとするような潮の匂いすら感じるほど、手を伸ばせば届く、すぐそこに。 それは、失われた時間は、どれだけ手を伸ばしても二度と戻って来ない、その悲しみを知ってしまった少女の姿でした。 松本隆と草野マサムネ、2人の作品には共通する部分がたくさんあります。 人間の感情への深い洞察力、聴く人を旅へと誘う世界観、次世代へと受け継がれて行く普遍性、日本語への愛。 2人の詩人の手にかかれば、失われた時間を探す人間のせつなささえも、これほど美しく、映し出す事が出来るのです。 TEXT 岡倉綾子.

次の

スピッツ【草野マサムネさん】ごめんなさい。

草野マサムネ 奥さん

今回は70年代80年代に絞って「レジェンドロックバンド」で漫遊していきます?? — TOKYO FM 80. 6 tokyofm 番組冒頭、スピッツがツアー中であることから、ツアー中のお弁当の話に。 草野さん曰く、最近はホットミールが多いそうですが、周りにお店がないような地方会場だと、冷え冷えのお弁当をお味噌汁で流し込みながら食べていたと明かします。 そんなことがあったことから、ホットミールはステージに向けての気分も上がり、とても有難いのだとか。 このホットミールですが、草野さん曰く、日本に根付かせたのはユーミンこと松任谷由実さんだそう。 別のラジオ番組でユーミンさん自身がそう公言していたと言い、そんなホットミールを定着させたユーミンさんに対し草野さんは「ユーミン、本当にありがとう!ホットミールで頑張れてます。 」と感謝のメッセージを送りました。 福岡県は人口の割にミュージシャンや芸能人が多いそうで、何故多いかは色々な説があるのだとか。 日本の玄関口のような街だった福岡は、宴会やパーティで色々な人たちと打ち解けようとしていたのだそう。 そんな歴史を紹介しつつ、草野さんは福岡県人を「パーリーピーポー」と呼び、「わりと自己主張強めの人が多い気がします」と分析。 「俺の友達とかでも、ちょっと曲できたけん。 聴いてくれん、みたいな…そんな感じですぐ歌い出す友達が複数いますんでね」と友人の例を上げ、草野さんが思う博多の県民性を明かしました。 それに対し電車に乗っているときの音をあげ「あのリズムでね、いつも曲ができそうになったりしますね。 」と回答。 また昔放送されていた番組『東京カワイイTV』(NHK)の中で使用されていたジングルも「キラキラキラーンって音が凄い好きでした」と答えました。 今回の放送を聴いていたリスナーはネット上で「"曲ができたけん、聴いてくれん?"て、マサムネさんの博多弁いただきました!」「福岡パーリーピーポー説! 笑 」「電車の音で曲ができそうになるとか、すごいマサムネさん。 やっぱりマサムネさんだわ」とコメント。 草野さんが福岡県出身であることから、色々な奥の深い話が聴くことができた回だったのではないでしょうか。 今更ながらスピッツベルゲンの会報を読んだら、草野さんが自分のエッセイの感想を書いてくれていた。 TOKYO FMのラジオでも紹介してくれていたし、今週も僕らの「やーつ」というネタを使ってくれていた。 お世話になりっぱなしです。 本当優しいね。 【番組情報】 SPITZ 草野マサムネのロック大陸漫遊記 (文:ジョブリナ).

次の