布団 湿気。 布団をフローリングの上に敷くと湿気やカビが!対策は?

布団の湿気対策。フローリング床に布団を敷いた際のカビ、湿気取り

布団 湿気

こんにちは。 布団の湿気対策に使った「すのこ」すらカビた、ゆーままです。 睡眠時間が長い赤ちゃんにとって 布団は生活空間の一部ですよね。 気持ちよく寝ていてくれるのは嬉しいのですが、赤ちゃんって汗っかきなので起きたら布団が汗でびっしょりな事もありますよね。 また、濡れていないと思っても裏返したら濡れている!なんて事も…。 筆者の私も3人の子どもがいますが、暖かくなってくると子ども達は布団をこれでもかと蹴飛ばして汗だくですやすや眠っています(素敵な寝相で母の寝るスペースがありません…)。 布団が湿っている事はしょっちゅうなので、布団が清潔に保てているのかは甚だ疑問のところでございます。 こんな風に私と同じように 布団の湿気や清潔が気になるママも多いのではないでしょうか? このお悩みを解決すべく、 赤ちゃんが眠る布団のトラブルや対処法を徹底的に調べましたのでこの記事で紹介します!湿気と悩みをスカッと乾かしましょう^^ もくじ• 赤ちゃんの周りは湿気がたまりやすい? この世に産まれて数か月の赤ちゃんですが、赤ちゃんだからと侮るなかれ。 赤ちゃんの周りは湿気がたまりやすいんです!何故かというと次の様な理由が考えられます。 赤ちゃんは大人と同じ量の汗腺がある 赤ちゃんの体は小さくても大人と同じ量の汗腺があります。 つまるところ 汗っかきなのです。 ですので、赤ちゃんのかく汗によって様々なものが湿気を吸収します。 加湿する為 冬場や風邪の時などですと加湿器を使って 部屋を加湿する事が多いですよね。 そのため、空気中に漂う水分が影響して自然と周りの物も湿気を吸収してしまいます。 温度差による結露 外と中の温度差が大きければ大きいほど起こる結露に触れたり、結露が蒸発する際に発生する水蒸気によっても自然と周りの物が水分を吸収します。 以上の様な理由で 赤ちゃんが使用するものや赤ちゃんがいる部屋は湿気がたまりやすく、特に布団はカビやダニのトラブルを起こす可能性があります。 湿気が原因?赤ちゃんの布団に起きるトラブルと対処法 睡眠の時間が長い赤ちゃんにとって布団はとても大切なものです。 しかし、その布団も湿気によって様々なトラブルが起こる可能性が潜んでいます。 ここでは主なトラブルである• 布団にカビが生えた場合• 布団にダニが繁殖した場合 の原因と影響、対処法を紹介します。 布団にカビが生えた!どうしたらいい? 湿気を吸収しやすい布団はカビる事もあるんです!その原因は次のようなものが考えられます。 赤ちゃんの汗で布団がカビた 先にも挙げましたが、赤ちゃんはとっても汗っかきです。 知らず知らずのうちに布団が赤ちゃんの汗を吸収してしまうので湿気がこもってしまうのです。 布団を干す時間が短く、カビ発生の原因になる 寝ている時間が長いネンネ期の赤ちゃんですと、布団を干すタイミングが見つけられず、干せても短時間になりがちです。 その結果として十分に湿気が取れずカビが発生してしまう原因になります。 赤ちゃんの体温が高い為、湿気に温度が加わり発生しやすい 赤ちゃんは汗っかきの上、体温が37度前後と 大人よりも高めです。 そのため、湿気に温度が加わってカビが発生しやすくなります。 しいて言えば、 梅雨時を想像していただければ分かりやすいかと思います。 そうです、あのジメジメでイヤーな時期の現象が布団で起こっているのです! カビが引き起こす体への影響 見るのも気が引けるカビは、体にも次のような影響を及ぼす事があります。 アレルギー性の咳 体内にカビの胞子が入ると、カビがアレルギー物質となり 咳が出る事があります。 また悪化すると、 気管支炎や 肺炎になる可能性もあります。 アトピーなど皮膚疾患 カビが肌に触れると アトピーなどの皮膚疾患を招いたり、悪化させる原因になります。 カビが生えたときの対処法 赤ちゃんが眠る布団にカビを見つけてしまったら見て見ぬふりは出来ませんよね。 パパの布団に見つけたらそのままでもいいかもしれない…。 笑 そこで布団のカビには次のように対処しましょう。 <用意するもの>• 清潔な布やタオル• 霧吹きなどのスプレーボトル(100均で購入可能)• 消毒用エタノール(ドラッグストアなどで売っています) <手順>• 清潔な布を濡らして固く絞りましょう。 普段のイライラをここにぶつけましょう。 布団についているカビの箇所を優しくポンポンと拭き取ります。 霧吹きの容器に消毒用エタノールを入れてカビの箇所にスプレーします。 しっかり乾かしましょう! この方法で カビの胞子は破壊されるので 体への害はないのですが、黒いカビの模様は落ちません。 そこで模様が気になる方はキッチン用ハイターなどの漂白剤を使いましょう。 ただ、やはり一度カビが生えてしまった場所は湿気が高くなると 再びカビが出てしまう可能性も高いです。 可能であれば買い替えてしまうのも一つの手です。 布団を買い替えたくない方であれば布団専用のクリーニングもありますのでコチラを利用してもいいですね。 布団にダニが繁殖した!どうしたらいい? 目には見えにくい ダニも布団は繁殖しやすいですね。 どうして繁殖してしまうのかという理由は、次のような事が考えられます。 高温多湿はダニが快適に過ごせてしまう環境 先にも紹介したように、赤ちゃんが眠る布団は赤ちゃんの体温と汗でムシムシジメジメになりやすいのですが、この人間にとっては不快感しかない 高温多湿はダニにとっては、とっても過ごしやすい環境になってしまい 繁殖してしまうのです。 赤ちゃんのために室温を一定に保つこともダニが喜ぶ 体温が環境に左右されやすい赤ちゃんがいると、室温が一定に保たれている事が多いですよね。 この 室温が一定な環境はダニにとっても快適な環境となってしまうのです。 チリや皮脂をエサに増殖 人から落ちる体のチリや皮脂はダニのエサになります。 特に布団はそのチリや皮脂が落ちやすく取れにくいので、ダニにとって布団は 恰好の食事スポットとなってしまうのです。 布団に繁殖しやすいダニが体に及ぼす影響 布団に繁殖しやすいダニは、体に次のような影響があります。 ダニさされ(かゆみ) よくあるのが しこりのある赤い発疹です。 強いかゆみを伴う事もあり、赤ちゃんは特に発疹が大きくなりがちです。 ダニアレルギー ダニがアレルギー源となり 鼻炎や 結膜炎、皮膚炎などの症状をもたらすこともあります。 ダニに刺された!ダニが繁殖した!の対処法 ダニに刺された時や、ダニ対策は次のようにしましょう。 ダニに刺された時 体をダニに刺されて赤い発疹が見られた時は、こまめに着替えなどをして 肌を清潔に保ちましょう。 また、痒くてかきむしってしまうとそこから とびひになってしまう事もありますので、 爪は切っておきましょう。 発疹が長引いたり、痒みが酷い時には小児科や皮膚科で一度診てもらいましょう。 布団乾燥機や布団クリーナーを使う ダニは 乾燥を嫌いますので、布団乾燥機を使った後にダニの死骸や糞を布団クリーナーで吸ってしまいましょう! 布団クリーナーは私も使っているのですが、これがおすすめです。 パパのは後回しで十分です!笑 赤ちゃんの布団の湿気予防策 ダニやカビの元凶は布団の湿気ですので、これらのトラブルが起こる前に予防する事がとっても大切になります。 そこで赤ちゃんの布団は次のようにして湿気予防をしましょう!• 両面干す• 部屋の換気• 布団をしきっぱなしにしない• すのこの上に布団を敷く• 宅配布団クリーニングを利用する• 布団用除湿シートを使う• 布団乾燥機を使う 詳しくみていきます。 両面干す お天気の良い日で外に布団を干すのであれば、是非とも片面だけではなく 両面干しましょう。 両面を干すことで布団の湿気が少なくなります。 部屋の換気 室温が一定ですとダニやカビが繁殖しやすくなりますし、空気中に漂うチリや汚れがそのままです。 換気をしっかりして 空気の入れ替えをしましょう!気持ちよく寝ているパパも起こして家事を手伝ってもらいましょう。 布団をしきっぱなしにしない 布団を敷きっぱなしにしていると湿気が逃げていきません。 ネンネ期の赤ちゃんにとっては難しいですが、 お昼寝用の布団や 長座布団を代用するなどして、布団を敷きっぱなしにしないように注意しましょう。 すのこの上に布団を敷く 布団を床に直接敷いていると、湿気がこもりやすくカビやダニが繁殖する原因になります。 そこで、ホームセンターなどで売っているすのこを下に敷くことで、空気が通りやすくなり湿気がこもるのを防いでくれます。 ベビー布団専用のすのこなどもありますのでコチラを購入してもいいですね。 湿気から赤ちゃんを守る基本の赤ちゃん布団の敷き方 カビやダニの温床となる湿気ですが、実は布団の敷き方を変えるだけでも変わってきます。 そこで赤ちゃんの布団を敷く時には次の順番で敷きましょう。 敷布団• 防水シーツ• キルティングパッド• 掛け布団 特に防水シーツやキルティングパッドは湿気がこもりやすい赤ちゃんの布団に大切な役割があります。 その役割とはこちら。 防水シーツの役割 防水シーツは赤ちゃんに多い吐き戻しや、寝汗、おむつの漏れをシーツで止めてくれるので敷布団が濡れるのを防いでくれるので湿気をふせいでくれます。 ただ、防水シーツの種類によっては敷くことで蒸れやすくなり、 かえって湿気がこもりやすくカビやダニの原因になってしまうので吸水性の高い素材のものを選びましょう。 十分に眠れるスペースはあるはず。 なのに寝る場所ない!私のスペース40㎝ってどういうこと!? そういう訳でですね、ベビー布団が湿気るという事はありません。 ただ布団が湿気るという点については以前住んでいたアパートでよくありました。 布団をまくったら濡れていた! 以前住んでいたアパートは2階だったにも関わらず湿気がこもりやすい造りだったのか、引っ越してすぐ、布団をまくったら 濡れている事に気が付きました(特に主人と子どもが寝ている辺り)。 晴れた日は出来る限り布団を干していたのですが、雨の日は布団が干せずにジメジメするし、子どもが増えるにつれて布団も増えていくので狭いベランダに全て干せない! すのこも考えたのですが、数も必要ですし、昔1人暮らしをしていた時にすのこを布団の下に敷いたら、なんと すのこがカビた経験がありまして…。 そこでこの記事にもある除湿シートを購入しました。 これを布団と床の間に敷き始めてから布団が濡れている事は少なくなりました。 今現在は… 一番下の子が産まれる前に戸建に引っ越し、今は1階のリビング隣の和室で寝ている現在(2階もあるけれど、行き来が大変で2階は物置状態。 むしろ我が家は平屋だと思っている)。 ですが、畳の部屋だからなのか、以前ほど布団が湿気る事も少なくなり、今は除湿シートを敷かずに布団を敷いています。 ただですね、やっぱり子どもは汗っかきでして、春を迎える頃になると特に一番上の長男なんかは朝になると 頭から芳醇な香りがしてくる訳です。 勿論この汗は布団にも行きわたっているのでしょう。 あまりに汗をかいている時はシーツの上にバスタオルを敷いたりしています。 あとはとにかくまめにシーツを洗ったり、布団を干したりしています(そろそろパパの加齢臭も気になってくるお年頃ですし。 布団が干せない日が続くときは… 雨の日が続いて布団が干せない時は紹介させていただいた 布団クリーナーを使っています。 この布団クリーナーなのですが、 思った以上にゴミが出ます。 全て終わった頃にはキレイになった 爽快感を味わっています。 赤ちゃんの布団の湿気対策まとめ さて、ここまで布団の湿気対策などについて詳しく紹介させていただきましたがここでまとめです。 布団にカビが生えた場合の対処法• 清潔な布を濡らして固く絞りましょう• 布団についているカビの箇所を優しくポンポンと拭き取ります• 霧吹きの容器に消毒用エタノールを入れてカビの箇所にスプレーします• しっかり乾かしましょう 2. 布団にダニが繁殖した場合の対処法• 布団乾燥機を使って乾燥に弱いダニを退治• 布団クリーナーでダニの死骸や糞を吸ってしまいましょう 3. 赤ちゃんの布団の湿気予防策は以下でバッチリ• 両面干す• 部屋の換気• 布団をしきっぱなしにしない• すのこの上に布団を敷く• 宅配布団クリーニングを利用する• 布団用除湿シートを使う• 布団乾燥機を使う 赤ちゃんの健康を守るためにもカビやダニの予防は大切です。 様々な方法を組み合わせて赤ちゃんが快適に過ごせる環境を作ってあげましょうね。

次の

赤ちゃんの布団が湿気でびっしょり!ダニ・カビ退治の湿気対策7選

布団 湿気

最近の住宅事情では 部屋のメンテナンスやお掃除が楽という事から 畳(和室) よりも フローリング(洋室)が増えていますね。 でもフローリングならではの困った事もあります。 それは 布団の湿気です。 フローリングに布団を敷いて寝ている場合 「朝起きると 布団がびしょ濡れ!」 「布団にカビが生えた!」 と ビックリする方も多いかと思います。 「今までは畳だったから 気にした事がなかった!」 「フローリングにした途端 布団が・・・・!」 という方も。 布団は 人生の3分の1を過ごす場所 といわれています。 これ以上悪化しないように 早めに対処していきましょう。 スポンサーリンク 布団はどうして湿気るの? 人は寝ている間にコップ1杯分の汗をかくといわれています。 これは「平均的な成人の場合の数字」であり 汗っかきの方や 育ちざかりで新陳代謝真っ盛りのお子さん また 梅雨 夏 などの季節によっては もっと多くの汗をかいています。 その汗はどこに行くのかというと 布団の上部に30%前後 床部分に70%前後が 湿気となって溜まっていきます。 この湿気が敷布団を通して発散されて行くわけですが 湿気を吸い込まないフローリングでは そこで発散がストップしてしまい 湿気が水滴となり 布団が吸い込んで 「布団がびしょびしょ」 となってしまうわけです。 それが数日も続けば・・・・当然カビも発生してしまいますね。 ひどくなるとフローリング自体にもカビが発生してしまいます。 布団を干すときは 黒い布か黒いビニールをかけると 太陽の熱を集中的に取り込むことができ効果的です。 布団の中が高温になるので ダニ退治にもなります。 ここで1つ重要なポイントです。 雨上がりの晴天。 やっと布団が干せる!と思ってしまいがちですが 地面がまだ濡れている間に布団を干してしまうと 湿った地面から出てくる水蒸気を 布団でグングン吸い込んでしまう事になります。 かえって湿気を含んでしまう事になるので ご注意下さい。 フローリングについている面を上にして水分を蒸発させます。 ・ 布団乾燥機を使う。 たまに 布団乾燥機を使ってもジメジメが取れないということがありますが その原因は 空気の循環にあります。 閉め切った部屋で布団乾燥機を使った場合 布団から蒸発された湿気は まわりの空気にまとわりつきます。 その空気の行き場がなければ 湿度のある空気は下に下がってしまうので 再び布団に戻ってしまうのです。 扉を開けたり 扇風機などを利用して 空気の流れを作ることができれば 上手に湿気を飛ばす事ができます。 バスタオルや新聞紙が湿気を吸ってくれます。 バスタオルは できれば2つに折りたたんだものを 布団の上下に敷くと効果的です。 新聞紙もかなり湿気を吸ってくれますので 毎日取り換えるようにしましょう。 スポンサーリンク ・窓や観葉植物から布団を離す 窓の結露や観葉植物から出る水分でも 布団が湿ってしまう事があります。 布団が水分を吸収しないように 少し離した所に布団を敷きましょう。 ご自分の身長に合わせて枚数を決めます。 すのこの折り畳みベットも販売されているので そちらも便利です。 ・布団用の乾燥剤シートを敷く 乾燥剤シートや除湿マットを敷くとかなりの湿気を吸収してくれます。 色の変化などで吸収状態がわかるようになっていて 干して乾燥させれば 繰り返し使用できるので経済的です。 すのこと合わせて使用すると なおさら効果的です。 ・ゴザを敷く 敷布団の下にゴザを敷くと 畳の代わりになるので湿気対策になります。 今は布団サイズの物も販売されていて 布団をたたんだ後は くるくると巻いておけるので場所も取りません。 ゴザもすのこと併用がおすすめです。 ・布団を洗える物にする 今は丸洗いできる布団が増えています。 大型のコインランドリーが近くにあれば 洗いから乾燥まで出来るので 湿気もなく清潔な状態を維持できます。 布団のカビはどうしたらいいの? カビは一度発生してしまうと その繁殖のスピードはとても早く ダニのエサにまでなってしまいます。 その結果 喘息やアトピー 水虫などの炎症や 皮膚や呼吸器官の炎症 さらには免疫力の低下など 人の体に与える影響はとても大きなものになります。 そして残念な事に 布団に発生したカビ(黒い斑点)は クリーニングに出しても落とすことはできません。 ここまできてしまったら 家庭での改善は難しいので プロの力を借りましょう。 金額は目安になりますので 依頼するお店に確認して下さい。 中綿を取り出して洗浄するわけではないので 外側の布部分にできた 黒い斑点は多少残りますが 中綿のカビの繁殖を止める事ができます。 要注意 カビがひどく 生地が傷み過ぎている場合は 洗浄する事で破れてしまう可能性があるので 利用できない事があります。 依頼する時にお店にご相談下さい。 料金目安 ベビー 敷布団 5000円〜 ジュニア敷布団 7000円〜 シングル掛布団 8000円〜 敷布団 8000円〜 ダブル 掛布団 10000円〜 敷布団 10000円〜 依頼するお店によっては 丸洗いや打ち直しをしている間 布団をレンタルしてくれる所もあります。 無料のお店もありますし 1枚500円程度かかる所もあるので お店に確認してみて下さい。 今は丸洗いできる布団もお手頃な価格で販売されていますが 両親に買ってもらったなど 思い入れがある場合には こういうサービスを利用する事で 1つの布団を 大切にしながら 長く長く使う事ができます。 参考になりましたでしょうか? 布団の湿気対策は とにかく通気をよくして 乾燥させることが一番ですが 梅雨時期など なかなかできない時もありますよね。 そんな時は 家の中でできる事から 試してみて下さい。 しっかり湿気対策をして 快適な睡眠生活を過ごして下さいね。

次の

フローリングに布団を敷く|直置きはNG?湿気対策や注意点は?

布団 湿気

日本の住宅事情が洋風に変わってきた影響で、和室の部屋が減っています。 新築マンションでは、和室が無かったり、あってもリビング横の小上がりだけが和室というパターンが多いようです。 洋室にはベッドを置くのが一般的ですが、• 布団の寝心地が好き• 小さな子供と一緒に寝る• ベッドを置くと部屋が狭い• 寝相が悪くてベッドは不安 など、フローリングに布団で寝たいという方も多いですよね。 毎日布団を干したり、掃除をしたりできる方なら、フローリングに布団を敷いてもさほど問題はありません。 でも、実際には無理な方がほとんどです。 ここでは、フローリングに布団で寝る場合の簡単にできるカビ対策を紹介します。 フローリングに布団はカビの温床 カビの胞子はとても細かく、目には見えませんが、常に空気中を漂っています。 それが、「湿度」「温度」「栄養分」の3大条件がそろうと、目に見える大きさに育っていきます。 湿度 人は寝ている間にコップ一杯分の汗をかきます。 その汗は、当然布団にしみ込んでいき、敷布団の下側にたまっていきます。 フローリングは畳のように吸湿性がないので、敷布団は湿度が高い状態になります。 また、冷たいフローリングの上に布団を敷くと、その温度差で結露が発生し、よけいに布団が湿気てしまいます。 栄養分 カビは、垢やフケ、ほこりなどを栄養にしています。 布団には、垢やフケがいっぱい付いていて、栄養源もたっぷり、カビには絶好の繁殖場所。 しかも、フローリングはほこりがたまりやすいため、栄養源が事欠きません。 このように、フローリングに布団の組み合わせは、カビが発育するには最適! 布団を干さずにそのまま放っておくと、黒いぽつぽつが…そうカビが発生してしまいます。 フローリングに布団で寝るときのカビ対策 フローリングに布団を敷くときに一番気にしなくてはいけないことは、 「いかに布団の湿気を抑えることができるか」 です。 ここでは湿気対策におすすめのグッズを4つ紹介します。 すのこ すのこを使用すると、フローリングと布団の間にすき間ができ、そこから湿気を逃がしてくれるので、カビ対策に効果的です。 折りたたみタイプのすのこには、三角に立てられるものもあるので、布団を部屋干しすることもできます。 これなら、ほぼ布団寝と変わらず、湿気対策ができます。 除湿マット 除湿マットは、湿気をぐんぐん吸い取ってくれる優れものです。 フローリングと布団の間に敷いておけば、布団の湿気を吸収、結露も防いでくれます。 湿気センサーで、天日干しするタイミングを教えてくれるので、いつも快適。 軽量で干すのも楽ちんですよ。 汚れたらドライクリーニングできるものや、抗菌防臭加工されているものもあります。 すのこ型吸湿マット すのこと除湿マットが合体した「すのこ型吸湿マット」は、通気性を保ちながら、湿気やイヤなニオイも吸着してくれる、両方のいいとこどりしたマットです。 適度な弾力性もあるので、フローリングの硬さを軽減してくれます。 軽量コンパクトで、場所を取らず、収納時にも、押し入れの湿気も吸収してくれます。 置き畳 手軽に和室感覚が楽しめる置き畳、これなら、畳の上に布団を敷いているのとほぼ同じです。 い草には、調湿作用や消臭効果があり、空気も浄化してくれるので、小さなお子様がいる家庭にはおススメです。 軽量で、楽に持ち運びできるので、要らない時は部屋の隅に片づけることもでき、掃除も簡単です。 布団で寝られるおすすめのベッド 布団の寝心地が好きという方なら、上記の対策だけでなく、ベッドを使用するという選択肢もあります。 ベッドを使用することで、フローリングと布団の接地面がなくなるので、よりカビ対策できます。 ローベッドに布団 ベッドは、基本的には、マットレスを使用することを前提に作られていますが、中には布団を使用できるベッドもあります。 このようなボードベッドは、強度が高く、布団でも使用できる設計になっています。 脚の高さも変更できるものが多く、一番低いものは5cmなので、ベッドで寝ている感覚が少なくなります。 こちらも、すのこベッド同様、湿気を逃がしてくれます。 布団が干せるすのこベッド こちらは高さがありますが、床板のすのこを立ち上げて布団を干せるベッドです。 天気を気にせず、布団干しができるので、毎日快適。 3段階で高さ調節もでき、一番高い設定にするとほこり対策にもなります。 布団の寝心地だけにこだわっている方には、このタイプもおすすめです。 畳ベッド こちらは、畳に布団寝をそのままに、ほこり対策ができるのでおすすめです。 昼間、布団を片付ければ、ベッドの上を和室感覚で使用できます。 畳は、調湿作用があるので、カビの発生を抑えてくれます。 また、ほこり対策もでき、アレルギーのある方にも安心です。 まとめ いかがでしたか? フローリングに布団で寝るのは、カビの発生リスクを上げるだけです。 できれば、湿気対策とほこり対策ができるベッドがおすすめ。 もし、それが無理なら、必ず除湿マットなどでカビ対策をしてください。 気が付いたら布団がカビだらけ!なんてことにならないよう注意してくださいね。

次の