イオン カード ポイント。 イオンカードを提示して、現金払いをしてもポイントは貯まりますか?

イオンのカードやポイントの種類・使い方について

イオン カード ポイント

「イオンカードのETCカード」は、イオンクレジットカードの追加カードとして発行されますので、 ETCカード利用の代金についても「ときめきポイント」の付与対象となっています。 ですので、ETCで走った高速料金や有料道路料金分についても、 200円 税込 ごとに1ポイントのときめきポイントが付きます。 「ときめきポイント」のポイント利用・ポイント交換 「ときめきポイント」は、 1000ポイントからお好きな商品や商品券などに交換することができます。 電子マネーWAON ワオン にチャージできる 「WAONポイント」への交換もできますので、ポイントを現金として使いたいという方はWAONポイントへ交換して使うといいですよ。 ポイントを現金に近い形で使いたいという方は、WAONポイントへ交換する以外にも、 イオン商品券やJCBギフトカードに交換するという選択肢もあります。 でも、交換手数料として250ポイントが必要なので、ちょっと損した感じになります。 ですので、やはりWAONポイントへ交換するのがオススメかなと思います。 ちなみに、WAONポイントをときめきポイントへ交換することはできません。 ときめきポイントの有効期限は最長2年です。 WAONポイントの有効期限も最長2年です。 dポイントを貯めているという方は、dポイントへ交換して使うのもいいですね。 WAON ワオン 利用にはWAONポイントが付きます WAON搭載のイオンクレジットカード 例えば、イオンカードWAON一体型 で、お買い物代金をWAONで支払ったときには、 200円 税込 ごとに1ポイントのWAONポイントが付きます。 貯まったWAONポイントは、電子マネーWAONにチャージして使えます。 100ポイントごとにチャージできます。 チャージするには、イオンなどのWAON加盟店に置いてある『WAONステーション』や、ファミリーマートに置いてある『Famiポート』などで行います。

次の

イオンカードと楽天カードはどっちがいい?比較してみた!2020

イオン カード ポイント

イオンカードで貯まるポイント ときめきポイントとは? 「ときめきポイント」は、 イオンのクレジットカードの利用金額に応じて貯まるポイントのことを指します。 イオングループでのお買い物でイオンカード使えばときめきポイントが貯まりますし、イオングループ以外のそのほかの店舗で使っても貯まります。 公共料金や携帯電話、家賃、税金などの支払いでイオンカード決済をしても貯まります。 このポイントは、貯まったポイント数に応じて、商品と交換できたり、WAONに交換してお買い物で再利用するといったことができます。 WAONとは? WAONは先払い式の電子マネーになります。 事前にチャージをした分の現金分だけお買い物で利用することができます。 セブンイレブンのnanacoや、楽天Edy、電車のICカード(Suica、PASMO、ICOCAなど)をイメージしていただくとわかりやすいかと思います。 WAONは「WAONカードプラス」という上記の様な電子マネーカード単体の発行も可能ですが、発行手数料に300円がかかります。 プロパーのイオンカードですと、年会費無料でWAONも搭載されてますので、わざわざ手数料を払うくらいでしたらイオンカードを作られた方がお得です。 イオンカードでマイルを貯める イオンでお買い物をする場合、イオンカードを利用した方がポイントの割増や割引があるのでお得度が増します。 ですが、陸マイラー活動をされている場合、貯まったポイントがマイルに交換できなければメリットを感じないと思いますので、JALマイル、ANAマイルへの交換方法をお伝えしていきます。 イオンカードはJALマイルに強め イオンはJALとの提携が強く、イオンJMBカードというイオンとJALの提携されたクレジットカードがあるくらいです。 このカードを使った場合、特にポイント交換等をしなくても決済した金額に応じてJALマイルが貯めることが可能になります。 ときめきポイントからJALマイルに交換する ときめきポイント2ポイントにつき、1JALマイルに直接交換することができます。 交換単位は1,000ときめきポイントから、500ポイント単位になります。 イオンJMBカードを使うと、ポイントの交換作業をする必要がなく、ときめきポイントを経由するよりも高還元でJALマイルに交換することができます。 WAONからJALマイルに交換する WAONからJALマイルへの交換は残念ながらできません。 ですが、イオンJMBカードに搭載されている、JMB WAONでWAON支払いをすると、200円につき1JALマイルを貯めることができます。 5%も可能!) マイル還元率1. 5%の方法と、イオンJMBカードについての詳細は下記の記事をご参照ください。 イオンカードでANAマイルを貯める JALとの提携が強いため、ANAマイルには交換できないと思っているかもしれませんが、イオンカードでANAマイルへの交換も可能です。 ときめきポイントからANAマイルに交換する イオンカードを利用してANAマイルに交換する場合は、イオンSUGOCAカードを利用する必要があります。 このカードはJR九州とイオンの提携カードになります。 交換方法は、下記の記事をご参照ください。 WAONからANAマイルに交換する WAONからANAマイルへの交換もできます。 ただし、手間の割に還元率が悪いのであまりオススメではありません。 3%) イオンカードの特徴 ここからはイオンカードの特徴について解説していきます。 正直に言いますと、イオンカードはイオングループでの利用に関してはめちゃくちゃ強いです。 ですが、一般加盟店(優待店を除く、日常での利用)ではポイント還元含めちょっと微妙です。 なので、メインカードというよりは、イオン系列で使うカードとして持っておくことをオススメします。 年会費 イオンカードは、JMBカード、SUGOCAカードなどの提携カードを含めすべて 年会費は無料です。 なので、イオン用として持っているだけでも維持費用がかかることはありません。 ポイント還元率 基本的なポイント還元率は0. 5%になります。 200円の利用で1ときめきポイントが貯まります。 (イオンJMBカードは200円で1JALマイル) いつでもときめきポイント2倍(ときめきポイントが貯まる、イオンJMBは対象外) 全国のイオン、イオンモール、ダイエー、マックスバリュなど イオングループの対象店舗で利用するとと200円 税込 ごとに2ポイントが貯まります。 通常のポイント還元は200円 税込 ごとに1ポイントポイントですので、2倍になります。 ときめきWポイントデー(ときめきポイントが貯まる、イオンJMBは対象外) ときめきWポイントデーは、 毎月10日限定になりますが、 イオングループ以外の買い物でもポイントが2倍貯まります。 一部対象外もありますので記載しておきます。 ギフトカード、航空・鉄道料金、鉄道会社が運営している商業施設(駅ナカのテナント含む)、WAONクレジットチャージ、Suicaクレジットチャージ、チケット類、保険商品、公共料金、各種通信料、新聞購読料、医療機関、旅行代理店、通信販売、引越業者、海外での支払い分、ときめきポイントクラブ優待加盟店での利用分、その他特定商品の支払い分が対象外となります。 お客さまわくわくデー(WAONが貯まる) 5日・15日・25日 毎月5のつく日は 「お客さまわくわくデー」となっています。 注意したいのは、もらえるポイントは「ときめきポイント」ではなく 「WAON POINT」になります。 WAON POINTが2倍になります。 適用条件は、全国のイオン、マックスバリュなどの店舗で、 WAONを利用した場合に、WAON POINTを200円(税込)ごとに2ポイントプレゼントされます。 イオンJMBカードでJMB WAONを利用した場合も、2倍のマイルが獲得できます。 ありが10デー(支払い方法に応じてWAONかときめきポイントが貯まる) 毎月10日にイオンで購入する、食料品、衣料品、暮らしの品などほぼ全商品が対象となります。 もらえるポイントは WAONで支払いすれば「WAON POINT」が200円(税込)ごとに5ポイント、 クレジットで決済をすれば「ときめきポイント」が200円(税込)ごとに5ポイントもらうことができます。 通常の5倍のポイント獲得はインパクト大です! どちらも毎月10日の開催なので、上記のときめきWポイントデーと混ざってややこしいですが、【ときめきWポイントデーはイオングループ以外で2倍】、【ありが10デーはイオングループで5倍】と覚えといてください。 イオンJMBカードでJMB WAONを利用した場合も5倍、マイル還元率は2. 5%です。 お客様感謝デーはお買い物代金5%OFF 毎月20日と30日は、全国のイオン、マックスバリュ、イオンスーパーセンター、サンデー、ビブレ、ザ・ビッグなどの店舗での各種イオンマークのカードのクレジットまたはWAONの利用で、 お買い物代金が5%OFFになります。 G感謝デーも5%OFF 55歳以上の方が対象になりますが、 毎月15日はG. G感謝デーとなっていて、 5%の割引が適用されます。 これは55歳以上の方はG. Gマーク付きのイオンカードに切り替えをすることで対象になります。 (イオンSUGOCAカードはG. Gカードの設定はありませんが、割引対象になります。 ) またG. Gマークの付いたWAONで支払いをすると、 WAON POINTも2倍で獲得することができます。 ポイントアップの優待店舗 イオンカードの優待加盟店でクレジット決済をするとときめきポイントの還元率が上がります。 対象ショップは下記の通りです。 オンラインショップ加盟店(ときめきポイント割増付与) (イオンJMBカードはときめきポイントが貯まらないので対象外です。 ) ・日本航空(JAL):2倍 ・RHトラベラー株式会社:3倍 ・近畿日本ツーリスト:2倍 ・サンエックスネットショップ:2倍 一般加盟店 ・コスモ石油:2倍 ・ツヴァイ:2倍 ・アート引越しセンター:2倍 ・ワタミグループ:2倍 ・神戸・三宮センター街:2倍 ・タカキュー:2倍 ・ルネサンス:2倍 ・得タク:3倍 ときめきポイントいつでも2倍店舗 2018年8月21日時点での、ときめきポイント2倍対象店舗の一覧です。 (イオンJMBカードはときめきポイントが貯まらないので対象外です。 ) よく利用されているお店があったらラッキーです。 イオン• イオンスタイル• ダイエー• グルメシティ• マックスバリュ• イオンスーパーセンター• ザ・ビック• アコレ• ピーコックストア• サンデー• KASUMI• KOHYO• マルナカ• ホームワイド• まいばすけっと• ミニストップ• イオンモール• イオンタウン• イオンリカー• イオンバイク• スポーツオーソリティ• 未来屋書店• イオンコンパス• 四六時中• イオンシネマ• イオンペット• saQwa• タルボット• ikka• イオンボディ• ハックドラッグ• ウエルシア薬局• OPA• 山陽マルナカ まとめ イオングループを日常利用される場合、イオンカードを持っていた方がポイント還元や割引の優遇があり、年会費も無料なので用途に合わせて1枚は持つことをオススメします。 マイルを貯める場合、JALマイルであればイオンJMBカード、ANAマイルであればイオンSUGOCAカードが良いです。 イオンは特にJALとの提携が強いので、ポイントの交換が簡単であったり、還元率的にも優遇を受けやすいです。 特にJALカードとイオンJMBカードに搭載されているJMB WAONとの合わせ技でマイル 還元率1. 5%は強烈です。 イオンJALマイラー最強の使い方だと思います。 ANAマイラーの場合、ありが10デーでのポイント割増やお客さま感謝デーでの割引などの特典日での利用にオススメです。 メインカードとしてはあまり向いてなく、 特定日に使うサブカードとして所有するのがオススメです。 ANAマイルを貯める場合はイオンSUGOCAカードが必要になります。 以上がイオンカードでマイルを貯める方法でした。 最後まで閲覧いただきありがとうございました。 \ SNSでシェアしよう! / 陸マイラー始めるなら『マイルの錬金術師』の 注目記事を受け取ろう•

次の

2020年6月最新イオンカードの入会キャンペーンと年会費・ポイント・特典の解説

イオン カード ポイント

イオンカードを使えば、イオンときめきポイントが貯まるというのはわかりますよね。 利用額200円につき1ポイント貯まります。 では、どんなシチュエーションで、どれだけ貯められるのか考えてみましょう。 イオンカードを使った買い物 イオン系列のお店はもとより、その他のお店でも イオンカードで買い物すれば、イオンときめきポイントが貯まります。 この場合、利用額200円につき1ポイント付与されます。 公共料金等をイオンカードで支払う 水道、ガス、電気、電話(固定・携帯)など、 公共料金の支払いにも、もちろん使えます。 この場合も、利用額200円につき1ポイント付与されます。 それでは、1年でどれほど貯まるか例を用いて考えてみましょう。 1年で2,364ポイントです!こうして考えると大きい。 家賃の支払い まだまだイオンカードは使えます。 毎月の 家賃の支払いをイオンカードにすれば、たっぷりイオンときめきポイントが貯められるチャンスです。 ここでも、200円につき1ポイントが基本となります。 例えば月の家賃が8万4,000円だとすると毎月420ポイント、年間で5,040ポイントです。 スペシャルデー どんなポイントサービスでも、ポイントアップのチャンスはあります。 イオンときめきポイントも例外ではありません。 イオンときめきポイントのポイントアップのチャンスは、次の2つがあります。 Wポイントデー 毎月10日には、イオンカードで買い物すると、 200円につきイオンときめきポイントが2ポイント貯まります。 つまり、いつもの倍ですね。 狙っているアイテムがある場合、あえて10日に買いに行くとこれまたポイント大量ゲットのチャンスです。 なお、どちらのポイントアップデーにも、対象となるカードの制限があります。 対象となるイオンカードを狙って作るのも手段の一つかも。 参照: ときめきポイントクラブ イオンカードと 提携しているお店(一般店舗、オンライン店舗)で買い物をすれば、さらにイオンときめきポイントがついてきます。 飲食店、映画館、旅行会社、ガソリンスタンドなど、生活のあらゆるシーンを網羅したラインナップです。 参照: ときめきポイントTOWN 普段何気なく使っているAmazon、楽天などのインターネット通販。 ここにも、イオンときめきポイントをたっぷり貯めるチャンスが転がっています。 難しいことをする必要はありません。 ときめきポイントTOWNのリンクを経由して、いつもの買い物をイオンカードですればOKです。 これだけで、ポイントが最大21倍貯まります! 加盟ショップは500以上なので、きっとアナタのお気に入りのショップがあるはずです。 参照: イオンときめきポイントを確認する方法 こつこつやっていれば、イオンときめきポイントは結構貯まりますよね。 では、がんばって貯めたポイントはどうやって確認すればいいのでしょうか? イオンスクエアに登録する イオンときめきポイントを確認するには、 イオンスクエアに登録する必要があります。 イオンスクエアは、では以下のようなサービスがありますよ。 Web明細の確認• カード登録内容の変更• ときめきポイントの確認・交換• WAON(電子マネー)のポイント確認• イオン銀行口座残高の確認• ショッピングポータルサイト(イオンスクエア【AEON SQUARE】)の利用• ときめきポイントTOWNの利用 イオン銀行の残高確認もできるんですね。 イオン銀行をメインにしている人には便利! 参照: 貯まったイオンときめきポイントの使い方 ポイントを貯めている人は、交換する時が楽しい人もいますよね。 せっかく貯めたんだから、使わないともったいないですよ!どんな商品と交換できるのか、確認していきましょう。 商品と交換する 全国のイオンの店舗で使える「イオンイーハートお食事券」、イオンシネマで使える「イオンシネマ ペア映画観賞券」など、様々な商品と交換できます。 家電などもあるので、目標を決めてコツコツ頑張って貯めるのもありですね。 参照: イオンスクエアの支払いで使う イオンのショッピングサイト「イオンスクエア」で 買い物代金の支払いに、イオンときめきポイントを使えます。 たくさんのお店を網羅しているので、前から欲しかったアイテムがオトクに手に入るチャンスかも! 参照: チケット、マイル、ポイントと交換 何もポイントの活用法は物と交換したり、物を買ったりするだけではありません。 お食事券などのチケット、航空会社のマイル、ポイントサービスのポイントにも交換できるのです。 2016年3月現在、次のチケット、マイル、ポイントに交換できます。 チケット イオン商品券 JCBギフトカード カスミ商品券 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)スタジオ・パス……など マイル JAL(日本航空)マイレージバンクのマイル ポイント dPOINT ベネッセポイント E-NEXCOポイント 参照: 交通系のチャージにも! 電車移動、車移動が多い人だったら、 交通費としてポイントが活用できれば助かるもの。 そんなニーズにもイオンときめきポイントは対応しています。 2016年3月現在、次の交通手段でポイントが使えます。 Suica(JR東日本)へのチャージ• ETC無料通行への移行 寄付 貯めたポイント、誰かのために役立てられたらとてもステキですよね。 イオンときめきポイントなら、ポイントを使った 寄付も行えます。 2016年3月現在、次の3つの団体への寄付を募っています。 公益財団法人国土緑化推進機構• 社会福祉法人日本点字図書館• 公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン) この中に寄付したい団体がある場合、ぜひポイントを使うのも検討しましょう。 イオンときめきポイントまとめ イオンときめきポイントについて、詳しくご紹介しました。 イオンカードを持っている人は、うまく使えばたくさんポイントを貯めて、日々の生活に役立てましょう。 また、これからイオンカードを作りたい人は、「自分にはどのイオンカードが向いているだろう?」としっかり考えて、種類を選んでくださいね。 イオンときめきポイントで、素敵な生活を! 電気代を節約するために、電力会社選びをはじめませんか?] 電気代が気になるなら、電力会社のプランを見直すことも大事です。 でも、多くの電力会社の様々なプランから選ぶのは大変ですよね。 「エネチェンジ電力比較」では、かんたんな質問に答えるだけで電気料金のシミュレーションを行い、あなたのご家庭にぴったりな電気料金プランをご案内いたします。 もちろん、無料でご利用いただけます。

次の