ライン ペイ カード。 Line Payカード(ラインペイカード)の使い方、チャージ・支払い方法

LINE Pay(ラインペイ)にクレジットカードを登録すると何ができる?登録方法や注意点についても解説!

ライン ペイ カード

LINE Pay ラインペイ とは? 仕組みや機能について解説 国内で3,000万人以上が登録しているLINE Payは、LINEアプリ用のキャッシュレス決済・送金サービスです。 サービスの運営は、SNSでおなじみのLINE株式会社の子会社であるLINE Pay株式会社がおこなっています。 財布を持ち歩かないでで買い物や送金ができるので非常に便利です。 本章ではまず、モバイル型のLINE Payとカード型の 「LINE Payカード」の違いについて紹介します。 続いて、LINE Payの基本となる5つの機能について解説していきます。 あなたはカード派? それともモバイル派…? LINE Payには2つのタイプがある LINE Payには、以下2種類のタイプがあります。 LINE Payの種類• LINE Pay• LINE Payカード 「LINE Pay」は、バーコードやQRコードを読み取って支払いをおこなうスマホ決済アプリです。 いっぽうの「 LINE Payカード」は、実在するカードにお金をチャージして使うプリペイドカードです。 どちらも事前のチャージが必要な「プリペイド型」である点は同じですが、LINE Payがアプリなのに対して、LINE Payカードは実在するカードである点が異なります。 「LINE Payはモバイル型とカード型の2種類がある」、このことはLINE Payを利用する上での常識なので、まず覚えておいてください。 について詳しく知りたい方は下記記事をご覧ください。 5つの機能• 決済機能• チャージ機能• 送金機能• 支払い依頼・割り勘機能• 出金機能 それぞれどのようなものなのか、順番に見ていきましょう。 決済機能 LINE Payには、QRコードやバーコードを読み取って支払いをおこなう「コード支払い」や、事前にカードにお金をチャージして使う「LINE Payカード」による支払いなど、計5種類の支払い方法があります。 また、クレジットカードをLINE Payに紐付けることで、 LINE STOREや LINEトラベルなどのLINE関連サービスの料金を、クレジットカード決済できるようになります。 チャージ機能 LINE Payは、事前に残高チャージをすることで提携サービス・店舗でのお買い物や、友だちへの送金などに利用することができます。 実際のチャージのやり方に関しては、後ほど「LINE Pay ラインペイ の使い方を解説【チャージと支払い方法について】」の章で詳しく解説します。 送金機能 「遠くに住んでいる友だちにお金を返したいんだけど、銀行の営業時間外で振込ができない」 そんなとき、LINE Payを使えば簡単に送金ができます。 銀行口座の振込だとかかる手数料が、なら無料なのも嬉しいポイント! メッセージや画像を添えて送金できるのもLINEならではのサービスといえるでしょう。 岩田 昭男 LINE PayはLINEを使っている人が利用するならおすすめです。 簡単な手続きで入会できますし、また、LINE同士なら送金ができるし、居酒屋での割り勘もオーケーだ。 ローソン、ファミマ、スターバックス、ビックカメラなど全国チェーンが加盟店なので、使い勝手も良し。 年内に発行予定のVisaのクレジットカードをLINE Payと紐付けると後払いになるうえに3%のポイントが貯まり、これにランク特典のマイカラーのポイントを合算するとさらにお得になります。 LINE Pay ラインペイ に新規登録するには…銀行口座やクレジットカードの登録方法も 続いては、LINE Payの新規登録方法について解説していきます。 登録手順は以下の通りです。 登録は30秒ほどで完了します。 手間がかからず、ぱぱっと簡単に登録できてしまうのは嬉しいですよね! 続いて、LINE Payにクレジットカードを登録する方法を紹介します。 LINE Pay ラインペイ に銀行口座を登録する LINE Payのチャージ方法として最も便利なのが 「銀行口座」を使った 「銀行口座チャージ」です。 あらかじめLINEアプリに銀行口座を登録するだけで、どこでも簡単な操作でチャージできます。 さらに、LINEアプリに銀行口座を登録することで 「オートチャージ」機能が利用できます。 オートチャージは「オートチャージ条件」と「オートチャージ金額」を設定することで、残高が一定基準よりも減った場合に自動的にチャージされる機能です。 銀行口座の登録方法• LINEアプリを起動して「ウォレット」タブをタップ• 表示された「銀行口座」をタップ• 登録する銀行を選択• 利用規約に同意• パスワードを設定• 口座番号などの個人情報を入力• 確認して「実行」をタップ• 登録完了 LINE Pay ラインペイ にクレジットカードを登録する 基本的に、LINE Payはチャージした金額分しか利用することができません。 しかし、 LINE Payに クレジットカードを登録することで、残高を気にせず利用することができるようになります。 クレジットカードを登録することで、LINE Payの利用範囲は大きく広がります。 LINEショッピングやLINEトラベルなど、LINEの各サービスをLINE Payに登録したクレジットカードから支払うことができるようになるのです! これは、LINE Payにクレジットカードを登録する上での大きな特長といえるでしょう。 LINE Payは、以下の5種類のクレジットカードを登録することができます。 登録できるクレジットカード• 注意しなくてはいけないのは、「コンビニや飲食店などの実店舗では、LINE Payに登録したクレジットカードによる支払いはできない」という点です。 LINE Payをクレジットカードとして利用できるのは、あくまでLINEショッピングやLINEトラベルなどの LINE関連サービス限定だということを覚えておいてください。 また、 クレジットカード払いでは紐付いているクレジットカードのポイントは貯まりますが、LINEポイントは貯まりません。 あくまでクレジットカードによる決済として扱われるので、LINE Payとは別物と考えてください。 クレジットカードの登録方法 それでは、実際にLINE Payにクレジットカードを登録する方法を解説していきます。 銀行口座からのチャージ方法• LINEアプリを起動して「ウォレット」タブをタップ• 表示された「銀行口座」をタップ• 登録してある「銀行口座」をタップ• チャージ金額を指定して「チャージ」をタップ• 「パスワード」を入力• チャージ完了 以上で銀行口座からのチャージは完了となります。 銀行口座のメリットは、 オートチャージができる点にあります。 最低残高を設定しておけば、残高がその金額以下になると自動的にチャージされます。 そのため、残高がなくなるたびにいちいちチャージする必要がなく、非常に便利です。 チャージ方法は2通りあります。 スマホを使うか、LINE Payカードをお持ちの方はカードでもチャージすることができます。 セブン銀行からのチャージ方法• スマホでチャージ LINE Payメイン画面のチャージボタンから「セブン銀行ATM」を選択します。 表示されるコードリーダーで、ATM上に表示されるコードを読み取ることで取引を開始することができます。 LINE Payカードでチャージ セブン銀行ATMにLINE Payカードを挿入すると、取引を開始できます。 セブン銀行ATMでチャージする方法は、上記の2通りとなります。 店員さんにLINE Payカードを渡して、チャージしたい金額を伝えてください。 利用可能な店舗と利用条件は以下の通りです。 ファミポートでのチャージ方法• LINEアプリ起動• LINE Payを選択• チャージ• コンビニチャージを選択• チャージしたい金額を入力• コンビニで支払いをする Famiポートとは、映画やコンサート、スポーツなどのチケットや各種支払いなどのサービスが、画面にタッチするだけで受けられるファミリーマート専用の「マルチメディア端末」です。 必要な操作を終えると、Famiポート端末から レシートが出てくるので、レシートを持ってレジに行き、30分以内に支払いを終えてください。 レジで店員さんに「LINE Payにチャージしたい」と伝えた後、以下の手順に従ってチャージを実行してください。 表に載っていないお店の中にも、 Right-onや ビッグエコーや ラコステなど、たくさんの有名なお店が加盟店として名を連ねています。 表からもわかる通り、現在のところ、LINE Payの加盟店には飲食店やドラッグストアが多いようです。 LINE Payが使えるオンラインショップ• ZOZOTOWN• 新ラクマ• SHOPLIST. com• haco! HMV ONLINE• ソク読み• LINEチケット• LINE STORE• ハイブリッド型総合書店「honto」• まんが王国• GDO HOT PRICE• 前述の通り、LINE Payカードは国内外のJCB加盟店約3,300万店舗で利用することができます。 使えるお店の多さに関しては、LINE PayよりLINE Payカードに軍配が上がるようです。 ポイントを交換する方法• LINEの右下メニュー「ウォレット」から、「LINEポイント」をタップ• 「使う」を選択し、「LINE Pay」をタップ• 交換したいポイント数を指定、もしくは「ポイントのすべてを使う」を選択し、LINE Payの残高に交換します• 交換が完了すると、メッセージが届きます ほかにも、LINEポイントはAmazonギフト券や、バンクなどと交換可能です。 LINEポイントの交換先については、「LINE pay ラインペイ のポイントの使い方」の章で詳しく解説しています。 最大2%のポイント還元!「マイカラープログラム」 マイカラープログラムとは、 LINE Payの決済金額に応じてランク 色付け が決まり、決済時にその色に応じた利率のLINEポイントが還元される仕組みのことです。 当月の決済金額によって、翌月のマイカラーが決定します。 マイカラーは4種類に分類され、区分けされたカラーによってポイント還元率が変わってきます。 送金手数料が無料だから気軽に利用できる! 送金手数料がいつでも0円なのもLINE Payならではのメリットといえます。 相手の口座を知らなくてもLINEで直接やりとりできるので、銀行へ行く手間が省けて振込手数料もかかりません! 最大10万円の補償サポート 前述した通り、LINE Payのセキュリティについては二段階認証があるので、不正利用される可能性は低いといえます。 ただ、それでも「他人に不正利用されてしまったらどうしよう…」と不安に思っている方のために、本項では LINE Payの補償制度について紹介します。 LINE Payでは、第三者による不正行為によって発生した損害を補償する制度を設けています。 送金・支払い・出金すべてが補償の対象となります。 LINE Payの補償に関する規定は以下の通りです。 補償の規定• 被害者の責任が認められる送金を除く• 損害発生時から 30日以内の申し立てが必要• ただし、 補償してもらうには損害発生時から30日以内の申し立てが必要なので、損害に気づいたらなるべく早く連絡するようにしましょう! LINE Pay ラインペイ の解約方法とは? LINE Payの解約は、LINE Payメインメニューの「設定」からおこなうことができ、非常にかんたんに解約ができます。 ただし、解約すると取引履歴やLINE Pay残高が消滅するので注意しましょう。 解約できない場合• LINE Pay残高が216円以上ある場合• 決済/送金が進行中の場合• LINE Payカードで売り上げ確定前の決済がある場合• パスワードを設定していない場合• LINEほけんに加入している場合• LINE Payが利用停止状態の場合 LINE Payを導入して加盟店になる方法 LINE Payは普段利用している「LINE」アプリがあれば利用できるため、今後さらに利用者が増えるのではないかと考えられます。 そのため、LINE Payを導入して加盟店になりたいと考えている事業者の方は多いのではないでしょうか? LINE PayはアプリやプリントQRを利用すれば、機器の購入やレジの改修など必要なく、初期費用0円で導入が可能です。 アプリやプリントQRなら維持費も一切かからないので、 資金の少ない小規模から中規模の店舗でも、一切の負担なく導入することができます。 決済手数料も2021年7月までは無料となっています。 導入のメリット• 低コストで導入が可能• 「LINE Pay 友だち追加機能」で顧客と繋がれる 低コストで導入が可能 LINE PayはアプリやプリントQRを利用すれば、機器の購入やレジの改修など必要なく、初期費用0円で導入が可能です。 アプリやプリントQRなら維持費も一切かからないので、 資金の少ない小規模から中規模の店舗でも、導入しやすいです。 決済手数料も2021年7月までは無料なので、まずは気軽に試してみると良いですね。 「LINE Pay 友だち追加機能」で顧客と繋がれる LINE Pay 友だち追加機能は、LINE Payで支払いをした顧客のスマホ画面で友達登録を促すことができる機能です。 友達追加してくれた人は特に店舗に興味を持ってくれた人です。 その顧客にLINEでクーポンやセールの情報などを一斉配信すれば、 リピーターの獲得に大きく貢献してくれるはずです。 LINE Pay ラインペイ の導入可能な決済方法 LINE Payを導入する場合は以下のいずれかから選択します。 導入可能な決済方法• LINE Pay ラインペイ 据置端末 LINE Pay据え置き端末なら、専用アプリやPOSとの連携は必要なく、導入のためのシステム改修、オペレーション用のスマホやタブレットの用意、通信環境の用意も不要です。 届いたらすぐに利用を開始することができます。 LINE Pay ラインペイ 店舗用アプリ LINE Pay店舗用アプリは、初期費用、月額費用が無料で、最も手軽に導入することができます。 決済手数料は2021年7月まで無料で、それ以降は2. LINE Pay店舗用アプリは、加入申請と審査が完了した後、アプリをインストールし、登録を済ませばすぐに利用開始できます。 Star Pay端末では、端末から直接レシートが発行できるので、決済からレシート発行まで1台で対応が可能です。 キャンセルもレシートに印刷されたQRコードを端末で読み込みだけで簡単におこなうことができます。 POSのレジ改修 既にご利用流のPOSのレジと改修して、LINE Payに対応させることもできます。 決済手数料は~3. プリントQR QR掲示型 プリントQR QR掲示型 は、決済用のQRコードを掲示し、顧客がスマホで読み取る決済方式です。 機器の設置や専用アプリの導入が必要なく、簡単に導入ができます。 LINE Payを導入する際の申請手順 LINE Pay公式サイトのトップページの右上にある「LINE Pay加盟店申請」を開き、 「お申し込み」ボタンから申し込みを開始します。 必要項目を入力後、必要書類をアップすることで申し込みは完了です。 申請後審査があり、審査通過後、利用できるようになります。 必要書類は以下のとおりです。 LINE Pay ラインペイ のキャンペーン情報 「開催されるキャンペーンの数が多い」というのもLINE Payの大きな特長です。 LINE Payでは、年間で実にさまざまなキャンペーンを実施しています。 「キャッシュレス・消費者還元制度」はLINE Payがおトク! 2019年10月1日 火 ~2020年6月30日 火 までの期間中、 「キャッシュレス・消費者還元制度」が実施されます。 2019年10月1日の消費税率引き上げに伴い、経済産業省より採択された制度のことで、 対象店舗でキャッシュレス・消費者還元制度を使って支払いをおこなうと2%または5%のポイントが受けられます。 LINE Payにはマイカラープログラムで0. 5~2. 0%のポイント還元が受けられるので、 マイカラーと「キャッシュレス・消費者還元制度」と合わせると最大7%の還元を受けることができます。 LINE Pay ラインペイ まとめ 「LINE Pay」特集いかがだったでしょうか? LINE Payを使えば、LINEの友だち同士で送金や割り勘などが簡単におこなえます。 送金は手数料無料! 送金の際にLINEキャラクターのかわいいイラストを添付できるので、友だち同士ワイワイ楽しみながらお金のやりとりができます。 利便性が高く、おトクなキャンペーンがたびたび開催されるLINE Pay、まだ使ったことがない人はこれを機にぜひ利用してみてください!.

次の

LINE Pay(ラインペイ)の使い方 超入門【2020年最新版】

ライン ペイ カード

そして最大の特徴は、クレジットカードと同じように使うたびにLINEポイントが貯まることです。 LINE Payカードのポイント付与については、利用頻度に応じて還元率が上がる「」が採用されています。 貯まったLINEポイントは「1ポイント=1円」として、実店舗・オンラインでのLINE Pay決済はもちろん、公共料金などのLINE Pay請求書支払い、友だちへの送金といった使い道にも充当できます。 LINE Payカードのデメリット 一方でデメリットとしては、利用明細がLINEでしか閲覧できない点、不正利用などの損害が発生した場合30日以内に報告する必要があり、その補償が10万円までである点などが挙げられます。 LINE Payカードの発行申込と利用開始(登録)までの方法 LINE Payカードはかつてコンビニで購入することもできましたが、現在はLINE Payの画面からバーチャルカードを発行するか、郵送で届くプラスチックカードを申し込む必要があります。 郵送申し込みの場合、カードが手元に到着するまで1~2週間程かかります。 いずれのカードも、使い始める前に簡単な申し込み手続きが必要です(詳細は)。 LINE Payカードのデザイン LINE Pay カードには当初6種類のデザインが用意されていましたが、シンプルなデザインから可愛らしいLINEキャラクターをあしらったポップなものまで、選べるデザインは4種類となっています(2019年1月現在)。 LINE Payカードの申し込み手順 前述の通り、LINE Payカードは、JCBのオンライン加盟店で利用できる非接触型決済用の「バーチャルカード」と、実店舗で利用できるプラスチックの「LINE Payカード」の2種類があります。 LINE Payカードの申し込み手続きをすると、自動的にバーチャルカードも発行されますが、 バーチャルカードはLINE Payカードの利用開始手続き後に使用可能になります。 いずれもLINEアプリから申し込むことができ、ユーザーの情報を入力するだけの簡単な申込方法です。 LINE Payにアクセスして、さっそく作ってみましょう。 ここでは、iPhone版LINEの画面で説明していますが、手順はAndroid版LINEでもほぼ同じです。 まず、LINEアプリの「ウォレット」タブを開いて、[LINE Payをはじめる]をタップします。 次の画面で[はじめる]をタップします。 「LINE Cashアカウント利用規約」「プライバシーポリシー」「LINEユーザー情報提供ポリシー」を確認し、[すべてに同意]にチェックを入れた後で[新規登録]をタップします。 ここで、LINE Payの画面が現れます。 バーチャルカードを発行する場合 バーチャルカードはLINE Payカードと同じ番号・セキュリティコード・有効期限が設定され、パスワードを入力するだけでその場でカードが発行されます。 ただし、 LINE Payカードの利用開始手続きが完了するまでの間は、利用制限がかかります。 利用開始手続き前に1時間だけ制限解除をすることができますが、その後は自動的に利用が制限されます。 LINE Payの画面で[バーチャルカードをすぐに発行!]をタップします。 カード申込の画面が現れるので[バーチャルカードを発行]をタップします。 パスワードの入力画面が現れるので、6桁のLINE Pay専用パスワードを入力します(同じ数字のみ・連続する数字・2種類の数字の繰り返しは使用不可)。 これで、バーチャルカードが発行されました。 appllio. com LINE Payカード(プラスチックカード)を発行する場合 LINE Payカードは、LINEのアカウント1つにつき1枚のみ発行でき、再発行や解約の申込をした場合、バーチャルカードの情報も同時に変更されます。 申し込み後、1週間〜2週間ほどで登録した住所宛に郵送され、カード到着後に利用開始手続きをすることで使えるようになります。 カード申込の画面で[プラスチックカードを申し込む]をタップします。 すでにバーチャルカードを発行済みの場合、LINE Payカードの利用開始手続きが完了するまでは利用を制限されます。 [プラスチックカード]の欄をタップすると、次の画面で「プラスチックカードを登録するまで、安全のためオンラインでのカードの利用が停止されます。 続行しますか?」のポップが上がるので[確認]をタップします。 カード(全4種類)のデザインを選んで、[次へ]をタップ。 利用者の名前を漢字で入力し、[次へ]をタップします。 なお、実際に届くカード表面には、ここで入力した名前ではなく「LINE MEMBER」と表示されます。 郵便番号を入力し、[次へ]をタップ。 住所を入力して、[申込確定]ボタンをタップします。 LINE Payを利用するためのパスワードを設定します。 6桁の数字キーをタップ。 iPhoneなら、Face IDやTouch IDを使用する場合には[確認]をタップしてパスワードを入力します。 手続きが完了。 カードが届くのを待ちます。 現在、1~2週間ほどかかるようです(本稿執筆時には9日で届きました)。 なお、LINE Payをすでに利用している場合は、[バーチャルカードをすぐに発行!]をタップするとカードの発行手続きをおこなえます。 名前や住所、パスコードなどはすでに設定済みなので、あっという間に申し込みは完了します。 LINE Payカードの申し込みやLINE Payの利用でキャッシュバックが受けられるキャンペーンなど、お得な情報は随時LINEに通知されます。 LINEの「ウォレット」タブ内にある「LINEポイント」のセクションをこまめにチェックしたり、「LINEポイント」のLINE公式アカウントを友だち追加しておいたりすると便利かもしれません。 カードが届いた後の登録手続き カードが届いたら、利用開始の手続きをおこないます。 LINEの「ウォレット」タブから[LINE Pay]と進み、カード部分をタップします。 カードの裏面に印字されている「お客様番号」(QRコードの上に記載された15桁の番号)のうち、末尾3桁の数字を入力し、[確認]をタップします。 利用手続きが完了し、プラスチックカードのデザインが画面に反映されます。 前の画面に戻ると、続けてチャージをおこなうことができます(後述)。 LINE Payカード(LINE Pay残高)にチャージする方法 LINE Payカードを使って買い物をするには、LINE Payの残高にチャージします。 チャージ方法は主に以下の通りで、いずれもチャージ手数料はありませんが、クレジットカードでチャージすることはできません。 残高が利用金額を下回ってしまった場合、銀行口座から自動的にチャージされる「オートチャージ」機能が便利です。 設定は簡単。 いくら下回ったらチャージするか(条件)、いくらチャージするか(金額)を1000円単位で自由に設定できます。 利用している銀行を選びます。 LINE Payの利用規約を確認します。 画面を最後までスクロールしてから[同意します]をタップします。 銀行口座を登録します。 氏名や生年月日、口座番号や支店名などを入力し、[次へ]をタップします。 口座振替申込受付サービスの登録に伴う、諸々の規定が表示されます。 確認後、「同意する」を選択すると、銀行口座(ネットバンキング)の本人確認画面が表れます。 (例:三菱東京UFJ銀行) 口座振替の申し込みをします。 画面に従って生年月日やキャッシュカードの暗証番号、通帳最終残高等の必須事項を入力後、[実行]をタップします(銀行により操作方法は異なります)。 銀行口座の登録が完了したら、[チャージ]をタップします。 登録した銀行が表示されるので、タップします。 チャージ金額を入力し、[チャージ]をタップします。 LINE Payのパスワードを入力します。 iPhoneでFace IDやTouch IDを利用している場合は、入力の手間を省くことができます。 [確認]をタップします。 チャージが完了し、残高が増えました。 (連続でチャージをしたので左右の画面で金額が異なります。 ) コンビニ(ローソンレジ)での現金チャージ LINE Pay残高へチャージする方法として、より身近で手軽なのがコンビニのレジにおける現金での直接チャージです。 全国のローソン(ナチュラルローソン・ローソンストア100含む)のほか、ドラッグストアのAINZ&TULPEで、1回につき1000円(AINZ&TULPEは1円)〜4万9000円までチャージが可能です。 レジで店員にLINE Payカードを渡してチャージする旨を伝え、チャージしたい金額の現金を渡すだけ。 店員側で操作後、LINE Payカードとレシートを受け取ります。 チャージ完了時点で、手元のLINEアプリに完了のメッセージが届くという流れです。 セブン銀行ATMでチャージ セブン銀行ATMでLINE Payカードに直接入金することもできます。 入金は現金のみで1回につき1000円から。 1000円単位でチャージが可能です。 チャージ方法はとても簡単。 セブン銀行ATMにLINE Payカードを挿入し、画面で「ご入金」を選択後に紙幣を投入します。 チャージ完了後は、リアルタイムでLINE Pay残高に反映されます。 このほか、LINEアプリを利用してセブン銀行ATMからチャージすることもできます。 [次へ]をタップしてカメラを起動させた後に、ATMの画面で[スマートフォンでの取引]ボタンを押します。 取引画面に表示されたQRコードを読み取った後、アプリに表示される4桁のコードをATM画面に入力してください。 入力後、チャージしたい金額をATMに投入すればチャージ完了です。 LINE Payカードに4桁の暗証番号を設定すればATMで簡単に出金できます。 手順は入金と同様、ATMにLINE Payカードを挿入し、画面で「ご出金」を選択。 その後画面で暗証番号を入力し、1,000円~10,000円の範囲で指定の金額を入力すればOK。 暗証番号の設定方法は次のとおりです。 LINE Payのメインメニュー画面から、[カードの暗証番号]をタップし、次の画面で4桁の暗証番号を2回入力すれば完了です。 ただし、出金には216円の手数料がかかります。 手数料は出金と同時にLINE Pay残高から即時差し引かれます(残高が出金額+手数料に満たない場合は出金できません)。 LINE Payカードで支払い(決済)する方法 LINE Payカードは、実店舗でもオンライン決済でも利用できます。 実店舗でLINE Payカードで支払う LINE Payカードが使える代表的な店舗。 JCB加盟店なので多岐にわたっている LINE Payカードは、国内外のJCB加盟店約3300万店舗で利用できます(一部の店舗で利用できない場合もあります)。 実店舗でLINE Payカード(プラスチックカード)を使って買い物をする方法はクレジットカードのときと同じです。 支払い時に「JCBカードで」と伝えて、カードを提示するだけ(必要ならサインをします)。 支払回数は1回払いのみ利用可能です。 LINE Payカードで支払いをすると、残高が減ります。 また同時に、LINEアプリにすぐにカードを利用した旨の通知が届きます。 利用やチャージについて、LINEで通知を受け取れるのは認識しやすくて便利です。 店舗では、クレジットカードを利用した時と同じように「お客さま控え」が発行されます(セルフレジなどで発行されないこともあります)。 決済後は、LINE Payメニューの[決済履歴]をタップすると、カードを利用した履歴を確認できます。 オンライン決済にLINE Payカードを使う(SuicaやAmazonギフト券など) オンラインでも、決済にLINE Payカードをクレジットカードと同じように利用できます。 プラスチックカードを持っていなくても、バーチャルカードが発行できていればよいので手軽です。 モバイルSuicaの支払い用クレジットカードにLINE Payカードを設定できる JCBカードに対応するオンラインストア等で、支払い手段にクレジットカードを選択し、支払回数に必ず「1回」を指定します。 カード名義を入力する必要がある時は自身の名前を入力し、カード表面16桁のカード番号と有効期限を入力しましょう。 カード裏面のセキュリティコードが必要になる場合もあります。 モバイルSuicaにLINE Payカードでチャージすることも可能 たとえば、モバイルSuicaやAmazonギフト券にチャージするためのクレジットカードとして、LINE Payカードを利用するといった使い道も有効です。 詳しい手順やメリットは、下記の記事を参照してください。 LINE Payカードを使ってQUICPayで決済する方法 LINE Payカードは、Androidスマホ向けモバイル決済サービス「Google Pay(グーグルペイ)」に登録することで、JCBの非接触型決済「QUICPay(クイックペイ)」を利用することができます。 具体的には、おサイフケータイ(Felica)搭載のAndroid端末に「Google Pay」アプリをインストール後、LINE Payカードあるいはバーチャルカード発行手続きの画面でGoogle Payに登録をすると、その場でQUICPayとの連携が可能になります。 詳しくは、以下の記事を参考にしてください。 LINE PayカードでLINEポイントが貯まる・使える LINE Payカードを使うと、LINEポイントが付与されます。 獲得したLINEポイントはすぐに付与されるわけではなく、利用店舗によって数日~数週間の時間がかかります。 LINEポイントが付与されたかどうかは、「ウォレット」タブの一番上に表示された緑色のP〇〇をタップして開く獲得履歴から確認できます。 一番上が保有している全LINEポイント数で、獲得履歴タブをタップするといつ、どのような決済で、どれだけのポイントが付与されたかが確認できます。 なお、LINE Payカードでの支払いにLINEポイントを利用するには設定が必要です。 LINEアプリの「ウォレット」タブで残高部分をタップして[LINE Pay カード]へと進み、「LINEポイントを使用」の項目をオンにします。

次の

LINE Pay(ラインペイ)の使い方 超入門【2020年最新版】

ライン ペイ カード

LINE Pay: QRコードで支払いができ、LINE Payポイントが貯まる。 LINE Payカード: カードで支払いができ、LINE Payポイントが貯まる。 つまり、 LINE Payポイントを貯めることができるのは全く同じだけれども、支払いの仕方が違うということです。 この2つの違いを理解してもらったところで「LINE Payカード」の説明をします。 LINE Payカードはプリペイドカードです LINE Payカードはプリペイドカードです。 つまり、 必要な金額をチャージしてチャージされた金額を使うことができるのです。 よくある勘違いが、クレジットカードとプリペイドカードの違いです。 クレジットカードは毎月「利用限度額」を借金して、その範囲内で使った金額を銀行口座から引き落とす形式になっています。 だから、クレジットカードを落としてしまうと、悪用されてしまう可能性が高く、怖いということになるのです。 しかしLINE Payカードはプリペイドカードなので 万が一落としてしまった場合でも中にチャージした金額以上の損は起こりません。 なので 初めてカードを持つ方にも比較的安心に挑戦できるカードであるということができると考えています。 LINE Pay ラインペイ カードが優れている理由 僕が考える、LINE Payカードを作った方が良いと考えるメリットは2点あります。 審査がなく、誰でも発行できる• カードはJCBカード扱いなので色々な場所で使える 1つずつ説明します。 審査がなく、誰でも発行できる これは意外と大きなメリットです。 クレジットカードというものは全員が発行できるものではなく、社会的な信用が必要になるものです。 特に主婦の方はクレジットカードが作りにくいなんてことを聞いたことがあります。 また、 学生の人でも簡単に発行できるので、そういった意味でもメリットは大きいです。 LINE PayカードはJCBカード扱いなので色々な場所で使える これは大きなメリットです。 LINE Payを使えるお店はかなり増えてきましたが、まだどこでも使える!というわけではありません。 しかし、 LINE PayカードはJCBカードと同じ扱いになるので使える幅が広がります。 というかクレジットカードの使えるお店だったらほとんど使えると言っても過言ではありません。 LINE Payを使いたいのであれば、LINE Payカードを発行しない手はないですね。 また、VISAカードとして優秀なのはやっぱり「三井住友VISAカード」です。 期間限定のイベントも沢山実施しているので、賢く買い物をしたい人は要チェックです。 LINE Pay ラインペイ カードの申込みから使い方まで このお得なLINE Payカードを実際に手に入れるまでの流れをサクッと解説します。 ザックリと必要なステップは3点です。 申込みをする• 設定をする• チャージをする 簡単にわかるように説明しますね。 申込みをする 「カードの申込み」画面LINE上で開いたら、1番右側のタブ「ウォレット」を選択して、「+ボタン」を押してください。 その後、設定ボタンを押して、「LINE Pay」を押したら申込みができるようになります。 必要事項を記入したら、郵送で数日~数週間後に届きます。 設定をする カードが届いたら 「これはわたしのカードだよ!」という認証が必要になります。 具体的には、LINE上にある「ウォレット」タブから設定ができまして、届いたカードに記載されているセキュリティナンバーを記入したら、カードを使えるようなります。 チャージをする チャージの方法は4種類あります。 セブンイレブン(セブン銀行ATM)• ファミリーマート(ファミポート)• ローソン(レジ) 特にオススメは「銀行口座からチャージ」です。 いちいちコンビニなどに寄らないでも簡単にチャージをすることができるからです。 ここまでLINE Payカードについて説明してきましたが、これからはそもそものLINE Payカードのメリット・デメリットを解説しつつ、魅力を伝えていきたいと思います。 1つずつ良く読んでくださいね。 LINE Pay ラインペイ カードのメリット 僕が実際に使っていて感じるLINE Payカードのメリットは以下の6点です。 使えば使うほどポイント還元率が高い• キャンペーンが頻繁にあり、お得• 使う幅が広く、利便性が高い• クレジットカードがなくてもLINEモバイルに登録ができる• 利用明細がすぐにわかる• 紛失しても安心 1つずつどういうことかを解説していきます。 使えば使うほどポイント還元率が高い LINE Payカードは使えば使うほどポイント還元率がよくなります。 一時期は「改悪!」なんて言われた時期もあったのですが、現在では 月に10万円以上の利用があったら「2%」のポイント付与をうけられるようになっています。 この2%というのはかなり破格で、還元率だけみたら他のカードを圧倒しています。 キャンペーンが頻繁にあり、お得 先日始まった20%還元キャンペーンもそうですが、 LINE Payカードはかなり頻繁にキャンペーンを行っています。 知っている人だけ得をする。 本当にそんなイメージですね。 使える幅が広く、利便性が高い LINE PayカードはJCBカードなので、かなり多くの場所で利用することができます。 他社のプリペイド系やQRコード決済と比べても 利便性はかなり高いと感じることが多いです。 また、 LINE Payは海外でも利用することができます。 先日、「WeChatPay」という中国で大きな会社と連携をすることが決定しているので海外進出という視点でも今後発展していくことが現実的です。 クレジットカードがなくても「LINEモバイル」に契約ができる これが 学生に嬉しい特典かと思います。 「格安SIM」の「LINEモバイル」をクレジットカードがなくても契約をすることができます。 管理人もこれを活用して大学生のときにLINEモバイルを契約しましたが、以外とメリット大きいです。 通常クレジットカードがないと契約をすることができないLINEモバイルは 「LINE ID」を発行することができる唯一の格安SIMです。 意外と忘れがちなメリットなのでしっかり押さえましょう。 利用明細がすぐにわかる これは使ってみないとわからないメリットなのですが、 「LINE Pay カード」で買い物をしたらすぐに「LINE Pay」のトークに明細が送られてきます。 しかも、速攻で送られてきます。 クレジットカードとかって、 「実際に正しい額が決済されたのか」「いつ、どこで購入したのか」を確認するのがめんどくさかったりします。 しかし、LINE PayカードだったらLINEのトーク画面に出てくるので確認の手間も少なくなりますし、 何より決済が終わってすぐに決済を確認することができるので安心できます。 実際に使ってみて見えてきたメリットなので是非使ってみて体感してもらいたいです。 紛失しても安心 紛失はしない方が良いのですが、万が一紛失した場合にも安心です。 LINE Payカードの連携はすぐに解除することができるので、「なくした!」と思った瞬間にカードを止めて、カードを再度発見したら利用を開始する…という使い方ができます。 いちいち電話をして、カードを止めてもらって、新しいカードを発行して・・・みたな手続きをする必要がありません。 基本的になくさない方が良いですが、万が一無くしてしまっても安心です。 LINE Pay ラインペイ カードのデメリット 僕が実際に使っていて感じるLINE Payカードのデメリットはこちらは5点です。 ポイント付与に上限がある• お問い合わせが心もとない• 月額引き落としができない• 管理にはLINEのアプリが必要• 10万円以上は保証対象外 1つずつ説明します。 ポイント付与に上限がある 端的にいうと、 月に2000円分のポイントまでしか付与されません。 100,000円分の利用 100000円という値段は一見高いように感じますが、支払いをLINE Payカードに集中させたら結構簡単に到達します。 毎月「どれだけ使ったっけ…」と考えながらカードを使うのはめんどくさいものです。 そういうちょっとした 不便を我慢しないと便利に使えないのはデメリットなのかなと考えています。 ポイントの具体的な使い方については以下の記事をご覧ください。 お問い合わせが心もとない LINE Payカードには電話お問い合せがありません。 ここをWeb上で完結させることでポイント還元を高めている…という仕組みがあるようです。 あまり問い合わせをしたくなる場面は多くありませんが、 いざという時にすぐに対応してくれないのは少し困りますよね。 事前にこんなことを気をつけておいた方が!というものを列挙した記事も合わせてご覧ください。 月額引き落としができない これはプリペイドカードの弊害なのですが、月額課金の引き落としができません。 Netflixなどサブスクリプション型(月額課金制)のサービスが段々と流行ってきましたがこういうサービスの 支払いには当てられません。 こういうサービスのために他にクレジットカードを用意するのであればそちらで良いのでは…?となってしまう人もいるかも?と思います。 現在の状態だと、LINE Payカードの色々は「LINEアプリ」が必ず必要になります。 今の時代、LINEを使っていない人は少ないと思うのでそこまでデメリットには感じないかもしれませんが、 「お金のやりとり」をするためにわざわざ「LINE」を開くことが少しめんどくさいように感じるかもしれません。 10万円以上は保証対象外 LINEPayで第三者による不正行為によって発生した損害を補償する制度を導入しています。 これ自体はメリットなのですが、問題が「原則10万円までしか保証がされない点」です。 原則なので、事例によっては変わる可能性がありますが、 基本的に10万円までしか保証がされないと考えておいたほうが良いでしょう。 LINE Pay ラインペイ カードの上手な使い方【一緒に得しよう】 僕が実際に使っている使い方をこっそり教えます。 興味のある人は是非真似してみてください。 キャンペーンの時期をうまく活かす• メンバーカラー制度をうまく活用する• オートチャージ機能を使いこなす 1つずつ説明しますね。 LINEPayカードのキャンペーンの時期をうまく活かす LINE Payカードではキャンペーンを沢山行っています。 直近では「20%還元」という破格のキャンペーン中です。 このキャンペーンを活用したら 他のカードに追随を許さない圧倒的なお得なカードになります。 LINEPayカードのマイカラー制度をうまく活用する マイカラー制度とは、 前月に利用した金額に応じて付与されるポイントが増えていく制度のことです。 先程10万円分しかポイントが付与されないという話をしましたが、逆に言うと、 10万円分は2%のポイントが付与されます。 2%は本当に破格で、ちょっと調べたらわかりますが、0. 5%の付与とかが当たり前だったりします。 この制度をうまく使うことで、かなり効果的にポイントを貯めることができます。 LINEPayカードのオートチャージ機能を使いこなす LINE Payカードはプリペイドカードです。 なので、「チャージをする」という作業が億劫だったりします。 え!オートでチャージされるのは危ないよ!と感じるかたは下記の記事に 詳しく危なくない使い方を記載したので是非ご覧ください。 以上でLINE Payカードのついての解説を終わります。 これらを踏まえてお得にLINE Payカードを使いましょう。

次の