加工 を 消す アプリ。 写真の画像やプリクラの落書きなどを消すアプリはある?一覧と特徴も

写真から不要なものを消すレタッチアプリは何が使える? 同じ写真で徹底比較!

加工 を 消す アプリ

スポンサードリンク Twitterのタイムラインを見てもインスタのタイムラインを見ても SNOWで加工された写真が大盛況となっていますが、 SNOWユーザーを震え上がらせるようなアプリが 登場したと一部で話題になっています。 そのアプリの名称は「逆SNOW」 なんとSNOWで盛りに盛った加工写真を加工前に 戻せる驚愕のアプリなのだとか… 噂を聞きつけた管理人は早速、 AppStoreとGoogle Playを調べてみたのですが、どちらにも存在せず、 脱獄が必要な野良アプリにもそのようなアプリは存在しませんでした。 逆SNOWの存在はどうやら単なるガセのようなのですが、 噂が広まったきっかけは下画像のスタンプにあるようです。 赤い丸印で囲ったこの二つのスタンプはぱっと見た感じ 全く同じスタンプなのですが、片一方は目が大きく盛れて もう一方はそのままの大きさで撮影されるスタンプなんです。 スポンサードリンク 要するにこの二つのスタンプで撮影した写真を一枚ずつ用意して、 盛れていない方の写真を逆SNOWで元に戻したと言っているわけですね。 ですからSNOWの加工写真を元に戻せるアプリが登場したと聞いて 不安になったユーザーはどうぞご心配なく! ただプリクラの補正を軽減するアプリは「逆プリクラ」や 「Primo」といったアプリが現実に存在します。 なのでSNOWでガンガンに盛った目元が暴かれる日は案外近いかもしれません(笑) とはいっても加工前本来の目元を忠実に再現できるわけではありませんし、 フィルターの掛かった綺麗な肌感を元に戻すことは困難です。 ですので鍵垢や身内が多いアカウントであれば今まで通り、 SNOWで撮った写真を投稿しても特に問題はなさそうですね。 今回の調査の最中に逆SNOWがリリースされたら3,000円でも欲しいという 声を見掛けたのですが、逆SNOWに対する需要は結構高そうです。 もしそのようなアプリが登場しましたら改めてご報告したいと思います。 ただしご本人は該当のツイートを削除しているようですし、 SNOWユーザーからの抗議でアプリも既に削除した模様です。 スポンサードリンク.

次の

背景の人や物を消すおすすめ画像修正アプリ3選

加工 を 消す アプリ

この記事のINDEX• インスタ映えする写真に共通して言えるのは、余計なものが写っていないこと。 写したいものがだけ写っていると、すっきりした印象の、素敵な写真になるのだとか。 とにかく優秀とのことだったので、さっそく使ってみます。 フォトショップアプリは使う前に無料登録が必要になります。 登録をしたら写真を開いて、メニューにある [修復]をタップ。 若干へこみが分かりますが、思っていたよりも自然に消せていますね。 ついでなので、後ろに見えている山の線も消してみます。 境界線が海と空なので、かなり自然に感じます。 こちらのアプリは有料ですが、 会員登録などは不要です。 写真を選んだら、オブジェクト除去、もしくはクイックリペアで不要なものを消していきましょう。 おすすめは [オブジェクト除去]。 消したいものをしっかりと囲んで[GO]をタップして消すので、細かい作業ができるんです。 逆に [クイックリペア]は、塗ったところから不要なものが削除されていくので、細かい部分を消すのには不向きですね。 完成した写真はこんな感じ。 オブジェクト除去で消してみたのですが、かなりガタガタとしているのが分かりますね。 ちなみにTouchRetouchにはぼかし機能がついていないので、別でぼかしをかける必要があります。 記事で紹介したアプリ Photo Retouch 次は「 Photo Retouch(フォト・レタッチ)」というアプリ。 このアプリは初めて使ってみるのですが、どうでしょうか。 使い方はとてもシンプルで、下にあるメニューの一番左にある機能で、ものを消すことができます。 消したものを元に戻したい時は、その隣にある消しゴムを使い、ズームしたい時は真ん中の虫眼鏡のマークをタップします。 ペンのサイズは、一番右にある歯車のマークをタップすると変更することができました! 完成した写真がこちら。 また写真を保存するには一度[Shar it]というボタンを押さなければならず、戸惑いました。 記事で紹介したアプリ Easy Eraser 最後にご紹介するのが「 Easy Eraser(イージー・イレイサー)」というレタッチアプリ。 使っている人、多いのではないでしょうか。 こちらのアプリも使い方はとても簡単で、オブジェクトを除去するには[Brush]を選択し、[Perform Erase]をタップして実行する。 ペンの太さを変えることができないのが残念ですが、仕上がりはかなり自然! 続けてオブジェクトを除去するには[Keep]をタップします。 例のごとく遠くに写っている山も消してみると… よく見ると削除しているのがバレてしまいますが、ぱっと見はとても自然。 写真を選択したら画面下に表示されている[ツール]を選択、[シミ除去]を選びます。 ブラシサイズの変更ができないので、レタッチ時はズームが必須です。 指2本でグイーッとピンチインして、消したい部分を塗ると、すぐにレタッチが適用されます。 わりと綺麗に消せるのですが、レタッチした部分が気になる人は[レンズぼかし]を使うと良いでしょう。

次の

写真の画像やプリクラの落書きなどを消すアプリはある?一覧と特徴も

加工 を 消す アプリ

YouTubeやInstagramなどのSNSに動画を投稿する時、自分や親戚、友達の顔が写されているままでインタネットに動画をアップロードしますか?情報が漏れたり、不正利用されたりするなど、心配することがいっぱいです。 ここで、プライバシー保護のため、 スタンプやモザイクで動画を隠すアプリをみなさんに紹介します。 楽しいビデオをSNSにシェアする前に、かわいいスタンプで顔をちょっと飾るだけで、顔を隠すことができますよ。 フィルタ、エフェクト、文字、コラージュなど、豊富な加工機能を網羅しています。 他の人が加工した写真を見ることもできます。 PicsArtで動画の顔隠しの方法は以下です。 PicsArtでは動画の編集は有料サービスなので、無料トライアルは3日間だけなのをご注意ください• 編集画面の下部にあるツールバーを左へスライドして、「ステッカー」をタップします。 好きなスッテカーをタップして、動画に追加します。 指でステッカーをタップするままで顔の部分に移動して隠します。 色や透過度を設定することもできます。 後は動画を保存すれば、動画の顔隠しが完了です。 スタンプで動画の顔隠しアプリ — InShot 次に紹介するInshotも、写真や動画の顔を隠すことができるアプリです。 ビデオのトリミング、BGM、フィルタ、エフェクト、ステッカーやスタンプの追加など、豊富なサービースが備われています。 Inshotを利用すれば、簡単に動画の中で、ステッカーで顔隠しができます。 アプリを開いて、「ビデオ」アイコンをタップして、動画ファイルを読み込みます。 「ステッカー」をタップして、お好みのステッカーやスタンプを動画に追加します。 指でドラッグして、顔にのせて、サイズや方向を調整すれば、完璧に顔を隠すことができます。 最後に右上のシェアボタンをタップして、顔が隠されたビデオを端末に保存またはInstagramやYouTubeに投稿します。 スタンプで動画の顔隠しアプリ — Snow Snowは美顔効果及びメイク機能付きの自撮りカメラアプリです。 3000種以上の顔認識スタンプ、60種以上のフィルタ、自撮り補正など、機能が豊富なARカメラとしても利用できます。 Snowを使えば、カメラを構えるだけで、顔認識スタンプを適用して、簡単に顔を美しく仕上げたり、隠したりすることができます。 アプリを起動したら、Line、Facebookのアカウントやメール認証を行って登録手続きを行います。 ビデオをタップすると、「スタンプ」アイコンが表示されます。 好きな顔認証スタンプを選んだら、撮影中の顔をリアルタイムで認識して、顔にスタンプをかけることができます。 真中の撮影ボタンをタップして、ビデオを撮影します。 完了ボタンで撮影を終了して、顔隠し加工を入れた動画を保存します。 スタンプで動画の顔隠しアプリ — VivaVideo VivaVideoは万能な動画編集アプリで、スタンプで顔を隠すことも簡単にできます。 トリミング、再生速度変更、テキスト挿入など、必要な機能を豊富に持っていますが決して複雑ではなく、初心者でも楽に使えます。 下の手順に従い、VivaVideoで動画の顔隠しをします。 VivaVideoを立ち上げて、画面の下部にあるハサミのようなアイコンをタップして、カメラロールからビデオを選びます。 「続行」をタップして、動画をインポートします。 編集画面で「効果編集」画面に切り替えて、「ステッカー」をタップします。 好きなものを選んで、ビデオに追加します。 アニメーションステッカーを追加することも可能です。 サイズと位置を調整して、動画の顔を隠すことができます。 モザイク・画像で動画の顔隠しソフト — BeeCut は多機能搭載の動画編集ソフトです。 動画の切り取り、BGMとテキストの追加、など、さまざまな編集作業ができます。 もちろん、BeeCutで動画の顔隠しも簡単にできます。 BeeCutを下記のボタンからパソコンにダウンロード&インストールします。 ソフトを立ち上げて、アスペクト比 画面比率 をニーズに応じて選択します。 マウスをファイルの上に置くと、「+」マークが表示され、それをクリックして、動画ファイルをメイントラックに追加します。 方法一:モザイク・顔ぼかし機能で顔隠し• 顔のところに移動して、右の再生ウィンドウで顔ぼかしの効果をリアルタイムで確認します。 「OK」を押して、設定を保存します。 方法二:好きな画像・スタンプで顔隠し• 画像ファイルをPIPトラックに配置して、「編集」をクリックして、画像やステッカーを移動して、顔を隠します。 「マスク」機能を利用すれば、画像をより自然的に動画の中の顔を隠すことができます。 「OK」を押して、変更を保存します。 モザイク、画像で動画の顔を隠すソフト — 透かし消去ソフト 「透かし消去ソフト」は動画と画像の透かしを消したり、画像と動画に透かし画像、透かし文字を入れたりすることができます。 シンプルなインタフェースと非常に簡単な使い方のおかげで、初めて使ってもすぐに使いこなすことが可能です。 画像やスタンプ、モザイクで動画の顔隠し方は以下です。 以下のボタンを押してソフトをダウンロード&インストールします。 その後起動します。 モザイクで動画の顔を隠したい場合:• 「動画の透かしを消す」を選択します。 「クリックまたはドラッグして動画を追加」或いは「動画を選択」で動画を選んでインポートします。 プレビューウインドウで隠したい部分を指定します。 右側の「プレビュー」にチェックを入れたら顔が隠された効果をプレビューできます。 必要であれば、動画を分割して、顔隠しをしたい動画の部分だけ加工します。 そうしないと、モザイクがビデオ全体に表示されます。 画像で動画顔隠し方:• 「動画に透かしを入れる」を選択します。 「クリックまたはドラッグして動画を追加」或いは「動画を選択」で動画を選んでインポートします。 「画像を追加」をクリックして、画像を導入します。 画像の表示場所、サイズを調整して隠したい部分に置きます。 画像の透明度やサイズ、角度を自由に設定可能です。 最後に、出力先を指定して「変換」ボタンを押して動画を保存します。 自動検出で顔ぼかし・顔隠し方法 — YouTubeエディタ YouTubeエディタに新しい「ぼかし効果」機能を追加したので、アップロードした動画に直接ぼかし加工ができるようになりました。 動画をYouTubeにアップロードした後でも、簡単且つ便利に顔隠しや見せたくない部分を隠すことができます。 この最新のぼかし効果機能を使えば、個人情報が映っていてる動画をアップロードしても、楽に隠すことが可能です。 YouTube Studioのダッシュボードを開き、「エディタ」タブを選択します。 タイムラインにある「ぼかしを追加」をクリックします。 「顔のぼかし処理」と「カスタムぼかし」の2種類ぼかし処理があります。 「顔のぼかし処理」は、自動的に顔を検出し顔隠しやぼかし加工をしてくれます。 「カスタムぼかし」は、ぼかしを入れたい範囲を指定し、その範囲に自動で「ぼかし加工」をしてくれます。 ぼかし種類を決めたら、「編集」をクリックして、動画の顔を隠したりするなどのぼかし処理が自動的に行われます。 最後に「保存」ボタンをクリックして、ぼかし処理を動画に保存します。 まとめ 以上はスタンプ・画像・モザイクで動画の顔を隠すアプリ及び方法の紹介でした。 スマホで動画の顔隠しをする場合、PicsArt、InShot、SnowとVivaVideoからお好きなアプリを選択してご利用ください。 パソコンで、動画編集ソフトを利用して、モザイク、画像やスタンプで顔隠しをする場合、BeeCutがオススメです。

次の