テラマイシン 軟膏 a。 テラマイシン軟膏a

テラマイシン軟膏aの通販|通販できるみんなのお薬

テラマイシン 軟膏 a

とびひへのテラマイシン軟膏の効果や効能はコチラ!? とびひは細菌による感染症なので、一般的に抗生物質入りの塗り薬と飲み薬で殺菌と細菌の増殖を防ぐ必要があります。 そして、テラマイシン軟膏には「オキシテトラサイクリン塩酸塩」と「ポリミキシンB硫酸塩」という2種類の抗生物質が配合されており、2つが同時に作用することで優れた効果が生じます。 それぞれの作用を簡単に説明すると、オキシテトラサイクリンは細菌の蛋白質の合成を阻害して増殖を抑える働きをし、ポリミキシンBは細菌の細胞膜をこわして殺菌をするそうです。 つまり、「オキシテトラサイクリン=抗菌」、「ポリミキシンB=殺菌」とダブルの働きで、菌を殺しながら新たな菌の発生を防ぐ効果があるようです。 とびひにテラマイシン軟膏を使う時の注意点や副作用はコチラ!? とびひにテラマイシン軟膏を塗る際には、1日数回患部に直接塗るか、無菌ガーゼなどにのばして貼りつけます。 注意点として、過去に抗生物質を使用して過敏症状を起こした経験がある人は、原則として使用できません。 また、長期的(2週間程度)に利用を続けると、体内に抗生物質に対する耐性ができてしまい、今後、抗生物質の効き目が弱くなるので注意しましょう。 そして、テラマイシン軟膏には副作用はほとんど無いと言われていますが、まれに赤みやかゆみが悪化することがあるそうなので、その場合は使用を中止して医師に相談してくださいね。 テラマイシン軟膏にはステロイドは入っている? テラマイシン軟膏は2種の抗生物質が主成分で、ステロイド剤は入っていませんので、ステロイドの副作用を心配する必要はありません。 ただ、テラマイシン軟膏は殺菌作用と抗菌作用には優れていますが、炎症を抑える効果は少ないため、炎症を抑える効果のあるステロイド剤入りの軟膏を併用して使うことはあるようです。 また、かゆみが強い場合には抗ヒスタミン剤の塗り薬も併用することで、掻きこわしを防ぐこともあるそうです。 とびひの症状にも個人差があり、進行具合に適した薬を病院では処方してくれているので、人によって処方される薬が違うというのは納得できますよね。 スポンサーリンク テラマイシン軟膏の代わりにテラコートリル軟膏でも良い? テラマイシン軟膏に名前の似た「テラコートリル軟膏」をとびひの治療に使う人もいるそうです。 ただ、テラコートリル軟膏の成分を調べてみたところ、オキシテトラサイクリンは一緒ですが、その他にヒドロコルチゾンというステロイド剤が入っています。 ステロイド剤は強さを5段階で表すのですが、ヒドロコルチゾンは5群の弱い部類にあたる成分なので、副作用の心配は少ないかもしれませんが、念のため注意してくださいね。 そして、もし、ステロイド剤を含んでいない市販の塗り薬を探しているのであれば、「ゲンタシン軟膏」がおすすめです。 ゲンタシン軟膏は「コリスチン硫酸塩」と「バシトラシン」という2つの抗生物質を含んだ塗り薬なので、テラマイシン軟膏に似た効能があります。 【Amazon. jp アソシエイト】 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は、とびひにテラマイシン軟膏を使う時の注意点や効能と副作用についてをご紹介いたしました。 テラマイシン軟膏は「殺菌」と「抗菌」作用のある2つの抗生物質がダブルで働くので、とびひに効果があり、副作用もほとんど無いようなので、安心して使用することができて良いですね。 そして、テラコートリル軟膏は名前も成分も似ていますが、ステロイドを含んだ薬なので、副作用が気になる方は自己判断での使用を避けるようにしてください。 カテゴリー•

次の

ゲンタシンに市販はない とびひにはテラマイシンorドルマイシンで代用OK!

テラマイシン 軟膏 a

【二つの抗生物質が化膿に効く】テラマイシン軟膏a 「テラマイシン軟膏a」は、細菌を殺菌する軟膏です。 とびひ・毛のう炎などの細菌が原因の皮膚疾患に効果的です。 効能・効果 化膿性皮膚疾患(とびひ、めんちょう、毛のう炎) 用法・用量 1日1~数回、適量を患部に塗布するかガーゼなどにのばして貼付する。 成分・分量(1g中)・働き オキシテトラサイクリン塩酸塩:30mg(力価) グラム陽性菌および陰性菌などに広い抗菌力を示す。 ポリミキシンB硫酸塩:10,000単位 細菌の細胞壁を破壊し、細菌を死滅させるように働く。 添加物 白色ワセリン、流動パラフィン 剤型・形状 皮膚によくなじむ黄色の軟膏剤 包装単位・メーカー希望小売価格 6g/750円(税抜) テラマイシン軟膏aの特長 「 テラマイシン軟膏a」は、グラム陰性桿菌(特に緑膿菌)に効果のあるポリミキシンB硫酸塩とグラム陽性菌および陰性菌などに広い抗菌力を示すオキシテトラサイクリン塩酸塩の2つの抗生物質を配合しています。 抗生物質の他に配合されている成分がそれぞれ異なるため、皮膚の症状によって使い分けられます。 「 テラマイシン軟膏a」は、ポリミキシンB硫酸塩(抗生物質)が配合されているので、2つの抗生物質がブドウ球菌などの細菌による化膿をおさえ、患部の治りを助けます。 テラ・コートリル軟膏aは、ヒドロコルチゾン(ステロイド成分)を配合しているため、化膿を伴う湿疹、皮膚炎、かぶれ、じんましん等の炎症に優れた効き目を発揮します。 皮膚の化膿症状がひどいときは「 テラマイシン軟膏a」が適しており、化膿を伴う湿疹や皮膚炎等のつらい炎症にはテラ・コートリル軟膏aが適しています。 【 A1】2つの抗生物質のオキシテトラサイクリン塩酸塩、ポリミキシンB硫酸塩がブドウ球菌などの細菌による化膿をおさえ、患部の治りを助ける製品です。 「あせも」のひっかき傷、虫さされといった小さな傷から細菌感染し、できた水ぶくれが周囲に広がる症状(とびひ)、毛穴の炎症により皮膚が赤く盛り上がり、中にうみがたまったような症状(めんちょう、毛のう炎)に効果が期待いただける製品です。 皮膚によくなじむ黄色の軟膏剤です。 【Q2】 何歳から使用できますか。 【 A2】年齢に関わらずご使用いただけますが、小児に使用させる場合には、必ず保護者監督のもとお使いください。 【Q3】 ステロイドは入っていますか。 【 A3】ステロイドは配合していません。 【Q4】 使用できない部位はありますか。 【 A4】湿潤やただれのひどい患部、深い傷やひどいやけどの患部、目や目の周囲には使用しないでください。 【Q5】 「めんちょう」、「毛のう炎」とはどのような症状ですか。 【 A5】どちらも毛穴に細菌が入り込むことで、皮膚が赤く盛り上がり、中にうみがたまったような症状が特徴です。 とくに顔にできたものを「めんちょう」といいます。 使用上の注意 [ してはいけないこと] (守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなります) 1.次の人は使用しないでください• 本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人• 抗生物質によりアレルギー症状を起こしたことがある人 2.次の部位には使用しないでください• 湿潤やただれのひどい患部• 深い傷やひどいやけどの患部• 目や目の周囲 3.長期連用しないでください [ 相談すること] 1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください• 医師の治療を受けている人• 薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人• 患部が広範囲の人 2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください [ 関係部位:症状] 皮膚:発疹・発赤、かゆみ 3.5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください テラマイシン軟膏aについてのまとめ 「テラマイシン軟膏a」は、2種類の抗生物質のみで構成されている化膿性皮膚疾患用薬です。 そのため、化膿してしまった皮膚疾患や化膿を防いだりなど、幅広い症状に対して高い効果を発揮してくれます。 ただし、皮膚の症状によっては、炎症を鎮める成分(特にステロイド)が配合されている薬を使用すると悪化することもあるので、症状に合わせて適正な医薬品を選ぶことが重要になります。 実際に「テラマイシン軟膏a」を塗った感じとしては、軟膏なので多少ベタつきはありますが、嫌な感じはほとんどないと思います。 顔に塗るとテカってしまうので、外出するときは塗るのを避けて、帰宅してからや寝る前に塗った方が良いと思います。 軽度な症状であれば、3日ほど塗り続けると自然治癒よりも早く治った感じがしました。 化膿などもほとんどしていなかったことや早期対処したおかげかもしれません。 グジュグジュとしている化膿などの症状がひどい場合は、市販薬である「テラマイシン軟膏a」だと効果が弱く対応できないこともあるので、皮膚の症状がひどい場合は早めに専門医を受診しましょう。 「テラマイシン軟膏a」は、抗生物質のみで構成されている非常にシンプルで無駄のない医薬品なので、ステロイドなども配合されていないことから、副作用も起こりにくい安全性の高い医薬品です。 さらに、値段(販売価格)もリーズナブルでコスパも高いので、とびひやめんちょうで悩んでいる方におすすめです。

次の

【楽天市場】【第2類医薬品】テラマイシン軟膏a(6g):楽天24

テラマイシン 軟膏 a

ゲンタシン代用とびひ市販薬1 テラマイシン軟膏 テラマイシンは2種類(医療用と市販薬)あります。 医療用と市販用の違い 市販用テラマイシン(1本6g) 医療用テラマイシン(1本25g) テラマイシンの市販薬は正式にはテラマイシン aといい、医療用のテラマイシンと区別されています。 しかし、 どちらも同じモノですので、本記事ではテラマイシンで統一します。 テラマイシンは黄色く目立ちます。 出典:タケダHP テラマイシンの成分 テラマイシンは テトラサイクリン系抗生物質で、 オキシテトラサイクリンと ポリミキシンBの配合剤です。 オキシテトラサイクリンは、グラム陽性菌からグラム陰性菌まで幅広く抗菌効果があります。 ポリミキシンBは、グラム陰性菌(特に緑膿菌)に優れた抗菌効果があります。 ドルマイシンは、 コリスチン(コリマイシン)と バシトラシンの配合剤の 抗生物質市販薬です。 ドルマイシンが効く細菌 コリスチンはグラム陰性菌に抗菌効果があります。 バシトラシンはペニシリンと似た抗菌効果を示し、グラム陽性菌からグラム陰性菌まで幅広いです。 ドルマイシンの効能効果 ドルマイシンは、化膿性皮膚疾患の感染予防や治療に有効です。 外傷・火傷等の化膿予防及び治療• 膿痂疹(とびひ)、せつ、癰(よう)• 疔(ちょう)、毛嚢炎、湿疹• グラム陽性・陰性菌の単独及び混合感染による皮ふ疾患• 化膿症、伝染性皮ふ炎、皮ふ潰瘍 ドルマイシンの説明書より ドルマイシンの使い方 ドルマイシンもテラマイシンと同じで1日2回~3回、とびひが出ているところに限定して塗ります。 とびひが広がってくるようであれば、ドルマイシンの効果が不十分であるため、ただちに中止して診察を受けてください。 ゲンタシン、テラマイシン、ドルマイシンの違い テラマイシンに似た名前で テラコートリル軟膏がありますが、違うモノです。 テラコートリルは抗生物質にステロイドをプラスした塗り薬です。 また、ゲンタシンにリンデロンVをプラスした薬が リンデロンVGです。 抗生物質・ステロイド配合剤はこちらで解説中! 『』 ゲンタシン、テラマイシン、ドルマイシンの違いをまとめるとこうなります。 ステロイドでとびひが悪化する理由はこちらで解説中! 『』 とびひ市販薬の使用上の注意 とびひの市販薬には使用上の注意があります。 次のような場合は、市販薬をやめて病院に直行してください。 3日から5日間塗っても効かない• 塗ると悪化する 皮膚科医ですら、見ただけでは判断がつかない皮膚病はたくさんあります。 私たち素人が独断で市販薬を使い続けることは、危険がいっぱいです。 (とびひを疑い抗生物質の市販薬を使用。 本当にとびひなの?) さらに、テラマイシンやドルマイシンなどの抗生物質の塗り薬には、 耐性菌の問題もあります。 とびひに合っていない市販薬を使い続けると、 耐性菌(特定の抗生物質が効かない細菌)が増えてますます薬が効かなくなるのです。 抗生物質と耐性菌問題はこちらをチェック! 『』 まとめ• とびひ市販薬は使い方にコツがある• とびひ市販薬は、1日2回~3回、とびひが出ているところに限定して塗る• とびひ市販薬を3日から5日間塗っても、効かない・悪化するときは市販薬をやめて医師の診察を受ける• その理由は• その湿疹は、とびひでない可能性がある、• とびひに合っていない抗生物質の塗り薬を使い続けると、耐性菌で痛い目をみる• テラマイシンと似た名前の市販薬にテラコートリルがあるが、テラコートリルはステロイドを含む全く別の薬.

次の