七夕 そうめん 別名 ペルソナ。 【ペルソナ5】七夕の行事食についての答え/7月7日国語の川上の授業編【P5攻略】

七夕の行事食はそうめん!食べ物の習慣や由来は何?

七夕 そうめん 別名 ペルソナ

あの食べ物は七夕に食べる習慣があった!七夕の意外な行事食の由来とは… 7月7日は七夕ですね。 織姫と彦星が年に1回だけ会える日・・・というロマンチックな 物語が語り継がれてます。 日本では五節句の一つで、3月3日のひな祭りや 5月5日の端午の節句とともに、重要な行事の一つです。 全国各地では盛大な七夕まつりが行われます。 また、小さなお子さんのいらっしゃるお宅では、 七夕には、笹の葉に願いを書いて飾ったりしていますよね! いまでもあの飾りを見ると「たなばたが来たな~!」と感じます。 ただ、不思議に思うのは、これだけ定着している年中行事なのに、 七夕には「これを食べよう!」という、いわゆる行事食がないことです。 3月3日はひなあられ、5月5日は柏餅・・・などなど、 だいたいお節句には行事食がつきものなんですけどね。 七夕って聞いたことがない気がします。 これは意外!、と思った人が多いんじゃないでしょうか? でも、すごく起源は古くて、平安時代にはすでにそうめんの原型を 七夕に食べていた、という記録が残っています。 そうめんの原形は「索餅 さくへい 」と呼ばれるもの。 これは中国から伝来した食べ物で、和名では「むぎなわ」といいます。 小麦粉と米粉を練って、縄の形にしたお菓子でした。 ちなみに索餅(=麦縄)こんな感じのお菓子です。 ちょっとツイストドーナツっぽいですよね^^ この「索餅 さくへい 」をお供え物にした、 という記述があるのが平安時代です。 そしてこの索餅は、和名では「麦縄」それがいつの間にか 「索麺(さくめん)」とも呼ばれるようになり、 やがて、今のような白くて細い「そうめん」に変化したといわれています。 ちなみにこれがなぜ七夕に食べられるようになったかというと、 それは、索餅のふるさと中国の風習と関係ありそうです。 古代中国では・・・ 7月7日に死んだ帝の子が霊鬼神 悪霊の様 になって 熱病を流行らせたので、それを鎮めるために帝の子の好物だった索餅を供えて 祀るようになったことから、7月7日に索餅を食べると無病息災で過ごせる… という伝説があり、それがやがて日本にも奈良~平安時代頃に伝わったのです。 ですので、日本でも中国から七夕が伝わった当初は 中国と同じように索餅を食べていました。 理由は同じく無病息災の願いです。 しかし、日本ではその後、前述したように索餅は索麺となり、 それがそうめんになり、日本の七夕はそうめんを食べるようになった、 というわけです。 しかし、この「そうめんを食べる」という習慣は全国的に 広まっているわけではなく、一部の地域だけ、という人もいます。 確かに、私が住んでいる地方(中国地方)では それほど聞いたことがないような・・・? 主に習慣としてそうめんを食べるのは仙台など、東北地方です。 なお、一般的な七夕=そうめん、の理由は上記の説ですが、他にも、 そうめんを白い糸に見立てて七夕に機織りが上達するように願って食べるとか そうめんを天の川にみたてて食べるとか、 織姫と彦星にかけて出会いを求めて食べる、などの説もあります。 七夕におすすめの簡単おいしいそうめん&索餅レシピ 七夕にそうめんを食べることとその理由について前項でご紹介しましたが 無病息災とか出会いを求めてとか縁起の良い意味があると知ったら、 「今年の七夕は我が家もそうめん食べようかな」と思いますよね。 というわけで、この項では七夕におすすめの、 おいしいそうめんレシピをご紹介します! また合わせて、そうめんの元になった索餅レシピもご紹介しますよ。 索餅、なんと自分でも作れるんです。 どちらもご家庭で簡単に作れておいしいので、ぜひ挑戦して 七夕に願いを込めて楽しく美味しく食べてみてください。 材料は、 上新粉(米粉)160g、小麦粉(薄力粉)40g、ベーキングパウダー小さじ1 塩小さじ1、水150ml、きなこ大さじ1、砂糖大さじ1、です。 シンプルで美味しいですよ。 胡麻など入れてアレンジしてもいいかもしれません。 古代中国から伝わり、そうめんの元になった索餅。 そんな歴史に想いを馳せながら作れば、 七夕のイベント気分も盛り上がりそうです。 七夕で食べる行事食ってそうめんだったんですね~知りませんでした!.

次の

七夕の行事食はそうめん!食べ物の習慣や由来は何?

七夕 そうめん 別名 ペルソナ

七夕の節句の意味とは? 七夕の節句とは五節句(ごせっく)のひとつです。 読みは 七夕 しちせき の節句です。 五節句とは、 1月7日「人日(じんじつ)の節句」 3月3日「上巳(じょうし)の節句」 5月5日「端午(たんご)の節句」 7月7日「七夕(しちせき)の節句」 9月9日「重陽(ちょうよう)の節句」 の五つの節句のことで、中国の唐の時代(618年~907年)にはすでに制度として整えられており、日本へは奈良時代(710年~794年)に伝わって宮中行事になったと言われています。 明治6年(1873年)に旧暦から新暦に改暦されるときに、五節句の制度は廃止されましたが、年中行事(毎年決まった時期に行われる行事)として定着しています。 関連: 中国では古くから、7月7日に最も光り輝くこと座のベガ(織姫)と、わし座のアルタイル(彦星)の伝説があり、ベガは裁縫をつかさどる星、アルタイルは農業をつかさどる星と考えられていました。 この伝説から、織姫にあやかって裁縫が上達するように願いを込め、庭先に針や糸などの裁縫道具を供えて星に祈ったのが 「乞巧奠(きこうでん)」という行事です。 これらの織姫と彦星の伝説や、 乞巧奠が中国から日本に伝わり、もともと日本にあった、乙女が神様のために着物を織る「棚機(たなばた)」という神事が結びついたと考えられています。 「七夕」は本来「しちせき」という読み方ですが、「たなばた」と読まれているのは「棚機(たなばた)」の読み方を当てたためではないかと考えられています。 七夕の別名は? 願い事を短冊に書き、星に祈ることから 「星まつり」と呼んだり、笹竹に飾り物をすることから 「笹の節句」と呼ばれることがあります。 笹竹は生命力や成長が早く、中が空洞になっているので神様が宿っているとも考えられており、神聖なものとして扱われていたそうです。 また、 笹竹はまっすぐに天に向かって伸びて行くことから、願いが星に届きますようにという意味もあり、短冊や七夕飾りを吊るすようになったようです。 食べ物はそうめん? 七夕の行事食は 「そうめん」です。 七夕は、旧暦の7月7日に行われていました。 新暦とは一か月ほどのズレがあり、現在の8月7日ごろということになります。 夏の暑さが厳しいころ、食欲が落ちるとそうめんのようなツルっとしたものだと食べやすいですよね。 体のことを考えて・・・という理由のほかにも、七夕にそうめんを食べるようになったのには諸説あるようです。 七夕はもともと裁縫が上達するように願う行事でした。 その際、 裁縫で使う糸に似た形のそうめんをお供えし、食べていたのだそうです。 神様にお供えしたものを後でいただくことで、神様のパワーをわけてもらい裁縫の上達を願ったのですね。 また別の説では、古代中国である貴族の子供が7月7日に亡くなり、この子供の祟りによって病気が流行ったそうです。 人々は祟りはを収めるために、その子供の好物であった 「索餅(さくべい)」をお供えしたそうです。 索餅はそうめんの原型といわれています。 それから毎年7月7日になると、病気が流行らないように、祟りが起きないよう願いをこめて索餅をお供えしました。 このことから、 七夕にそうめんを食べると一年を無病息災で過ごせるという言い伝えがあります。 他にも、 天の川をそうめんで見立てているとか、織姫が機織りに使う糸に見立てているという説もあります。 七夕の夕飯は、そうめんをいただくといいのですね。 そうめんだけではちょっと寂しいので、星の形に切った野菜を散りばめたり、旬の野菜の天ぷらなどを添えると華やかになりますよ。 特に、夏の旬野菜でもあるオクラは切り口が星の形になるのでおすすめです! 関連: -.

次の

七夕の風習【食べ物編】五色の七夕そうめんを食べよう

七夕 そうめん 別名 ペルソナ

Contents• 七夕にそうめんを食べる由来 古くは平安時代中期に作られた「延喜式」の中に記述されています。 それによると、中国から伝わりそうめんのルーツになったといわれる「索餅(さくべい)」が宮中の七夕行事でお供え物として使われていたそうです。 古代中国には、こんな伝説があります。 「7月7日に帝の子供が亡くなりました。 その子は人々の前に鬼となって現れ、熱病を流行らせました。 困った人々は、鬼をなんとか鎮めようと亡くなる前に好物だった索餅を供えました。 すると、流行り病はおさまり、平穏な日々が戻りました」 この伝説から、無病息災を願って索餅を食べる習慣が生まれ、日本に伝わったと考えるのがもっとも有力な説です。 また、それ以外にも七夕のそうめんの由来には諸説あります。 スポンサーリンク 子供も喜ぶ!そうめんも七夕風に! せっかくの行事なので、そうめんもいつもと違った特別感を出したいですよね。 ニンジン、パプリカ、ハム、薄焼きたまごなど色とりどりの星ができますよ。 いつもよりちょっと奮発して、五色そうめんなどにしてみてはいかが? 最近では、色だけでなく梅や柚子などの風味がついたそうめんもあるそうですよ。 お皿の上に天の川をつくろう! 天の川に見立てて、流れる川のようにそうめんを盛り付けるのも面白いです。 カンタンで見栄えもするのでいいですよ。 キュウリ、ハム、錦糸卵などを千切りにして飾ると、流れがよく表現できます。 きっと、心に残るよい思い出になるでしょう。 最後に 七夕そうめんには長い歴史と深い意味があることが分かりました。 今まで知らなかった私も、なんだか食べたくなってきました。 そして、こんなところもいいなと思うポイント。 皆さんもぜひ、楽しんでくださいね。 家族楽しく、おうちで手軽に流しそうめん.

次の