ニーモ ヘキサ ライト 6p。 NEMOニーモヘキサライトSE 6pマルチカムアリッド初張り!”パッカーン”の張り方解説&注意点

NEMO ニーモ・イクイップメント ヘキサライト エレメント 6P NM

ニーモ ヘキサ ライト 6p

NEMO ニーモ ヘキサライト6P 新色『キャニオングレー』開封・設営レビュー!! ビニールに包まれた購入したばかりの『NEMO ニーモ ヘキサライト6P キャニオングレー』!! キャンプにはすぐには行けないけれど、とりあえず設営をしてみることに。 収容袋 スタッフサック を開けて内容物を確認!! 左から『ペグ』・『アジャスタブルタープポールL』・『スタッフサック』・『テント本体』 軽量なアルミ製のペグが合計8本、ペグ様の収容袋に収められています。 そしてスタッフサック 収納袋 にはNEMO ニーモ のマーク!! サイズ的にはかなり大きくかなり余裕がある作り 2又ポールを自作しても入れるスペースがありそう!!) 今回は自宅の近くの畑にテントを張ってみることに! テント本体をとりあえず広げてみます。 テント内側に『セットアップストラップ』が付いているので反対側のコーナーとバックルを使って固定します。 『セットアップストラップ』で一辺の長さが固定されているので、4箇所のコーナーに張力をかけながらコーナーアンカーをアルミペグで固定します。 前室部分の先端を両方引っ張ってペグで固定 三男が 邪魔手伝ってくれたおかげで準備がはかどります。 アジャスタブルポールを組み立て 片側の入り口ファスナーを開放してポールをテント内へ テント内に2本のポールを立て、テント生地が張るまでポールの長さを伸ばして調整します。 とりあえずテントが自立しました。 本当はテンションストラップを外して取り外し、サイドについた『ボリューマイジングガイアウト』という部分をガイロープを引っ張ってテンションをかけたりするのですが、仮設営なのでしてません。 テント本体もシワだらけですが完成です!! ツーポールシェルター ツインポールシェルター は設営簡単!! ツーポールシェルター ツインポールシェルター は設営簡単!!三男に 邪魔され 手伝ってもらって設営時間は20分、写真を撮りながらなので時間がかかりましたが、実際の設営は10分かからないと思います。 一度設営体験すれば感覚的にも分かるのでかなりスピーディーな設営ができます。 上記で設営レビューしましたが、『ヘキサライト6P』の取扱説明書を読めば誰でも簡単に設営できちゃいます。 『NEMO ニーモ ヘキサライト6P』は撤収も簡単!! 『NEMO ニーモ ヘキサライト6P』は設営だけでなく、撤収 片付け も簡単!! 幕の形が左右、前後が対照の形をしているので、端と端をきっちり合わせながら畳めばかなり簡単に撤収できると思います。 前室部分を折り込んで、長方形を作り、 収納袋の幅に収まるように折り込めば簡単に撤収完了!! 初心者キャンパーは注意!!NEMO ニーモ ヘキサライト6Pはインナーテント無し!! 『NEMO ニーモ ヘキサライト6P』はお洒落で設営簡単ですが、インナーテントの付いていない所謂 いわゆる 『シェルター』です。 中にコットなどを設営してワイルドに過ごすのにはいいですが、これから暖かくなり"キャンプのオンシーズン"になると虫の活動も活発になっていきます。 暖かい時期にはやっぱり虫除けが出来るメッシュなインナーテントはあった方が便利です。 初心者キャンパーなどは暖かい時期のキャンプがメインとなると思うので『』や、『』の様な『インナーがある』もしくは『専用インナーを設置できる』ツーポールテントを選んだ方が無難かも? カンガルースタイルでシェルターに小型テントをイン!! あとは、大型シェルターに小型テントをインしてキャンプする『カンガルースタイル』などもオススメ!! DODからも『カンガルースタイル』専用テントの『カンガルーテント』なども発売されています。 『NEMO ニーモ ヘキサライト6P』はインナーテントがないので、我が家も別テントのインナーを転用することも含め、夏キャンの虫対策を考えねば・・・ まとめ ~NEMO ニーモ ヘキサライト6Pは設営簡単!!コスパ最高!!~ 『NEMO ニーモ ヘキサライト6P』は、他の大型ツーポールシェルターが10万円を下らない価格の中ではコスパ抜群のシェルターだといえます。 しかも設営も簡単なので、設営に時間を取られることもなく、キャンプをゆったり楽しむことが出来ます。 『NEMO ニーモ ヘキサライト6P』は、去年のように個体数が極端に少ないわけではないようですので、NEMO ニーモ を扱う店舗で予約をすれば手に入れることは出来るようです。 因みに、去年から発売されている『グレー』の方が生産数が少なく、新色の『キャニオングレー』の方が生産数が多いらしい・・・ 梅の花も満開に咲き乱れ、春の訪れを日々感じる今日この頃、お洒落なツーポールシェルター『NEMO ニーモ ヘキサライト6P』を持ってキャンプに出かけませんか?.

次の

ニーモのヘキサライト6Pはコスパ抜群の冬キャンプ向けシェルター

ニーモ ヘキサ ライト 6p

靴の脱ぎ履きを気にせず、中で立って歩き回れるほどの広い室内空間• フロアレス構造の大型シェルター• 誰でも短時間で簡単に設営ができる• 様々なアレンジが可能• 使いやすいサイズ 靴の脱ぎ履きを気にせず、中で立って歩き回れるほどの広い室内空間 出展: 寝ることを考えると、6人用。 高さは2mを超えるので幕内をかがむことなく移動できます。 (これ自分にとっては重要) 今回は完全土間スタイル、薪ストーブを使いたかったのでシートはなし。 入口は両サイドにありです。 フロアレス構造の大型シェルター 当たり前ですが、ソロで使うには十分すぎる広さです。 ただ、今回2泊したが大きすぎて持て余すという事なし。 誰でも短時間で簡単に設営ができる ワンポールテントの設営が簡単なのは有名ですが、ツーポールのヘキサライトも設営は簡単でした。 設営方法について、メーカーのサイトが参考になったので紹介します。 メーカによる設営手順 出展: ワンポールテント同様、本体を地面に広げ、生地を張ってペグダウン 両サイドの前室部をペグダウンし、ジッパーを開けてポールをセット。 Amazonの情報を掲載しています ガイラインを追加して前室部を全開に 前室部を全開にすることで、夏場も風通しばっちり 天頂部のループにガイラインを追加して地面にペグダウンすると前室部を全開にした状態で固定できます。 反対側も同様に全開にすると開放感が高いタープのような使い方ができます。 使いやすいサイズ ポールが2本あるため、有効面積も広くなります。 ソロキャンプには贅沢すぎるスペース。 今季初導入した薪ストーブを幕内にインストールしたかったから。 薪ストーブ紹介記事はコチラ 薪ストーブをインストールしたかった 煙突が出しやすい 薪ストーブの煙突を出すことを想定されたような入口ファスナーには、煙突が直接接触しづらくなるようにつっかえ(オレンジの棒?)がある 初めての薪ストーブなんで、幕が焦げるの怖くてシリコングリッパー(赤いやつ)でガードしました。 充実したベンチレーション 両ポール上部付近と幕の高さ中間付近に大きめの三角のベンチで換気もばっちりです。 ヘキサライト エレメンのデメリット ほめちぎってますが、使ってここがなぁってとこも紹介 TC素材特有のデメリット(重い、乾きづらい)などは、置いておいてそれ以外に感じたことです。 幕内が暗い TC素材であり、幕の色も濃い目の ヘキサライト エレメンは昼間でも幕内が暗いです。 夏場の暑い時期のキャンプではメリットになる部分ですが冬場のキャンプでは、幕を締め切りがちになるため照明なしでは日暮れほど暗くなります。 入口を開けていても暗い感じです。 対策は照明を充実する ガソリンランタンも好きですが、最近は性能が良いLEDランタンが多いので利用しています。 ツーポールのヘキサライトのポールをヘリノックスの ロープで渡して、スノーピークの たねほうずきを吊るしました。

次の

【ヘキサライト エレメント6P】NEMO (ニーモ) TC素材のヘキサライト6Pをレビュー!

ニーモ ヘキサ ライト 6p

NEMO ニーモ ヘキサライト6P 新色『キャニオングレー』開封・設営レビュー!! ビニールに包まれた購入したばかりの『NEMO ニーモ ヘキサライト6P キャニオングレー』!! キャンプにはすぐには行けないけれど、とりあえず設営をしてみることに。 収容袋 スタッフサック を開けて内容物を確認!! 左から『ペグ』・『アジャスタブルタープポールL』・『スタッフサック』・『テント本体』 軽量なアルミ製のペグが合計8本、ペグ様の収容袋に収められています。 そしてスタッフサック 収納袋 にはNEMO ニーモ のマーク!! サイズ的にはかなり大きくかなり余裕がある作り 2又ポールを自作しても入れるスペースがありそう!!) 今回は自宅の近くの畑にテントを張ってみることに! テント本体をとりあえず広げてみます。 テント内側に『セットアップストラップ』が付いているので反対側のコーナーとバックルを使って固定します。 『セットアップストラップ』で一辺の長さが固定されているので、4箇所のコーナーに張力をかけながらコーナーアンカーをアルミペグで固定します。 前室部分の先端を両方引っ張ってペグで固定 三男が 邪魔手伝ってくれたおかげで準備がはかどります。 アジャスタブルポールを組み立て 片側の入り口ファスナーを開放してポールをテント内へ テント内に2本のポールを立て、テント生地が張るまでポールの長さを伸ばして調整します。 とりあえずテントが自立しました。 本当はテンションストラップを外して取り外し、サイドについた『ボリューマイジングガイアウト』という部分をガイロープを引っ張ってテンションをかけたりするのですが、仮設営なのでしてません。 テント本体もシワだらけですが完成です!! ツーポールシェルター ツインポールシェルター は設営簡単!! ツーポールシェルター ツインポールシェルター は設営簡単!!三男に 邪魔され 手伝ってもらって設営時間は20分、写真を撮りながらなので時間がかかりましたが、実際の設営は10分かからないと思います。 一度設営体験すれば感覚的にも分かるのでかなりスピーディーな設営ができます。 上記で設営レビューしましたが、『ヘキサライト6P』の取扱説明書を読めば誰でも簡単に設営できちゃいます。 『NEMO ニーモ ヘキサライト6P』は撤収も簡単!! 『NEMO ニーモ ヘキサライト6P』は設営だけでなく、撤収 片付け も簡単!! 幕の形が左右、前後が対照の形をしているので、端と端をきっちり合わせながら畳めばかなり簡単に撤収できると思います。 前室部分を折り込んで、長方形を作り、 収納袋の幅に収まるように折り込めば簡単に撤収完了!! 初心者キャンパーは注意!!NEMO ニーモ ヘキサライト6Pはインナーテント無し!! 『NEMO ニーモ ヘキサライト6P』はお洒落で設営簡単ですが、インナーテントの付いていない所謂 いわゆる 『シェルター』です。 中にコットなどを設営してワイルドに過ごすのにはいいですが、これから暖かくなり"キャンプのオンシーズン"になると虫の活動も活発になっていきます。 暖かい時期にはやっぱり虫除けが出来るメッシュなインナーテントはあった方が便利です。 初心者キャンパーなどは暖かい時期のキャンプがメインとなると思うので『』や、『』の様な『インナーがある』もしくは『専用インナーを設置できる』ツーポールテントを選んだ方が無難かも? カンガルースタイルでシェルターに小型テントをイン!! あとは、大型シェルターに小型テントをインしてキャンプする『カンガルースタイル』などもオススメ!! DODからも『カンガルースタイル』専用テントの『カンガルーテント』なども発売されています。 『NEMO ニーモ ヘキサライト6P』はインナーテントがないので、我が家も別テントのインナーを転用することも含め、夏キャンの虫対策を考えねば・・・ まとめ ~NEMO ニーモ ヘキサライト6Pは設営簡単!!コスパ最高!!~ 『NEMO ニーモ ヘキサライト6P』は、他の大型ツーポールシェルターが10万円を下らない価格の中ではコスパ抜群のシェルターだといえます。 しかも設営も簡単なので、設営に時間を取られることもなく、キャンプをゆったり楽しむことが出来ます。 『NEMO ニーモ ヘキサライト6P』は、去年のように個体数が極端に少ないわけではないようですので、NEMO ニーモ を扱う店舗で予約をすれば手に入れることは出来るようです。 因みに、去年から発売されている『グレー』の方が生産数が少なく、新色の『キャニオングレー』の方が生産数が多いらしい・・・ 梅の花も満開に咲き乱れ、春の訪れを日々感じる今日この頃、お洒落なツーポールシェルター『NEMO ニーモ ヘキサライト6P』を持ってキャンプに出かけませんか?.

次の