マンチェスターシティ。 マンチェスター・シティ、絶望の未来か否か。CL除外、さらに4部降格なら…まもなく下されるFFPの処分【粕谷秀樹のプレミア一刀両断】

UEFAが2年の出場禁止処分、マンチェスター・シティ

マンチェスターシティ

マンチェスター・シティの悪質な契約書改ざん内容とは? FFPでの「重大な違反」の詳細とその手口 マンチェスター・シティは、ファイナンシャル・フェア・プレー(通称FFP)のルールを破ったことが原因で、UEFAの大会を出場禁止になったという。 クラブの公式声明の後、英メディアもファンも騒然。 SNS上ではシティに関する投稿が飛び交う状況になっていた。 今季のシティもプレミアリーグで4位以上の順位につける可能性が高かったことを考えると、これは事実上のチャンピオンズリーグ出場権はく奪と同義だ。 何故このような事件が起こったのか。 (文・プレミアパブ編集部) 2020年02月18日 Tue 11時36分配信 text by photo Getty Images Tags: , , , , , , , , , 【写真:Getty Images】 ことの発端は2018年にドイツメディア「デア・シュピーゲル」が、世界中のサッカーに纏わる契約書のデータを暴露している「フットボールリークス」の情報を掲載したことがきっかけだった。 ポルトガル人ハッカーのルイ・ピントは3年間に渡り同紙にサッカークラブの機密情報を提供し、その一部がマンチェスター・シティが行った財務諸表の改ざんの疑惑だった。 改ざんした可能性、そして正しい情報を下にするとFFPに抵触している可能性が明らかになり、UEFAが議論を重ねた結果、来季から2シーズンのUEFA主催大会の出場禁止と2500万ポンド(約36億円)の罰金が言い渡されたのだ。 さて具体的にシティの嫌疑について説明する前に、FFPとはどのようなルールかについて説明したい。 FFPは2010年にUEFAが導入を決定したサッカークラブの収支に関する規定だ。 この規定によりクラブは年度ごとに、移籍金や給与などの支出が、チケット売り上げ、スポンサー収入、放映権料、グッズ収入などの売り上げを超えることが禁止された。 しかしスタジアムなどのインフラ、アカデミーへの投資に関しては支出として計算されない。 当時のUEFA理事長ミシェル・プラティニは「移籍金や給与などの度を越えた支出を抑制し、サッカークラブの負債を減らすことが目的だ」とルールについて語っている。 英メディア『インディペンデント』によると、FFPの導入に関してはマンチェスター・ユナイテッドやバイエルン・ミュンヘン、レアル・マドリーなどのクラブが強く賛成をしていたという。 クラブ経営の健全化だけでなく、マンチェスター・シティやパリ・サンジェルマンといった資金力を武器に台頭する新勢力の抑制を期待したとの憶測もある。 このようなクラブの思惑も重なってかFFPは開始された。 ルールの施行が決まった際、FFPを管理するUEFAの機関CFCBで初代理事長を務めたジーン=ラク・ディハンは「FFP違反に関する最大級の罰則はUEFAの大会への出場停止だ」と語っている。 つまり今回のシティは最悪の罰則を受けることとなったのだ。 シティの改ざん内容とは CFCBの声明によれば、シティの罰則が決まった理由は主に2つだ。 1つ目は2012年から2016年の収支報告に関して実際よりも多くの収入を報告したこと。 もう一つがCFCBの調査に対し協力的でなかったことだ。 一つ目の過大報告は、ドイツメディア「デア・シュピーゲル」が告発した内容だ。 2008年にアブダビの王族に買収されたシティは度々FFPのルール違反を指摘されていたが、このリークが今回の重大な罰則に踏み切る大きなきっかけとなった。 同シーズン終盤、クラブの財務部門でトップを務めるホルヘ・チュミジャは「クラブは990万ポンド(約14億円)の赤字を計上する」とメールで報告し、このままではFFPのルールに違反するレベルの損失を計上してしまうことを確認した。 シティは違反を避けるべく解決策を考える必要があった。 告発内容の中では、そのシーズンのFAカップで優勝した場合のボーナスを収入に上乗せして計上する案もあったようだ。 この困難に直面したシティ首脳陣が導き出した策が、本来はないはずスポンサー売り上げを、もともとさもあったかのように見せかけるという策だった。 何故こんな離れ業が可能だったのか。 シティのスポンサーにはアブダビグループの企業が多く、シティのオーナーを務めるシャイク・マンスールはUAEの王族であり、シティのスポンサーにはエティハド航空などマンスールの親族が設立した企業も多い。 なおかつマンスール自身の資産は潤沢なため、彼の個人会社から資金を投入することは可能だ。 そして身内の企業であるエティハド航空を始め、複数の息のかかった企業からのスポンサーシップ売り上げのように見せかけようとしたのだ。 こうしてシティは契約書を改ざんし、クラブの収支が健全であるかのように見せかけた。 メールの中でチュミジャはこの方法が可能なのか疑問を投げかけた。 すると幹部の1人は「もちろん出来る。 やりたいようにね」と回答。 このやり取りからシティが意図的にFFPのルール違反を隠蔽していたことがうかがえる。 嫌疑はこれだけではない。 シティはFFPから逃れるために他にも様々な手段を講じていた。 ドイツメディア「デア・シュピーゲル」によれば、シティは収入の上乗せだけでなく支出金額に関しても安く見えるように画策していた。 シティは本来、選手を起用した商品、サービスを作成した際に、選手に対し肖像権を支払う義務がある。 この額を削減するためにシティは肖像権の管理機能を新しく設立した新会社に売却。 肖像権の支払いの権利はその会社に移ることとなり、シティは支払いを免れたように見せかけたのだ。 ちなみにこの新会社はUAE方面からの支援を受けていたこともリーク情報で明らかになっている。 その他にも、エティハド航空からのスポンサー売り上げと見せかけて、実態はマンスールの会社から資金を投入するなど、いくつもの偽装を行っていたと言われている。 さてFFPが施行されて以降、財政が苦しいクラブは様々な工夫を講じてやりくりしてきた。 過去にはミランは収支を安定させるためにズラタン・イブラヒモビッチなどの主力選手の放出を余儀なくされた。 あるいはチェルシーは高額な移籍金で多くの選手を買いあさる方針を改め、選手の売却と獲得の収支が釣り合うように動いている。 そんな中、シティがいくらオーナーの資金が潤沢だとはいえ、ルールを破って戦えば平等性に欠く。 だからこそ厳重な罰が下されようとしているのだ。 シティは今後どうなるのか? 気になるのは処分を受けたシティの今後だ。 まずシティはUEFAの処分決定に関するプロセスが不当であるとしてスポーツ仲裁裁判所に訴えを起こす予定だ。 ただ今回のような大きな案件の場合、最終的な判決が出るまでどれほどの時間を要するかを予測するのは難しい。 判決が出るまでは欧州カップ戦出場停止の処分が一時的に凍結する可能性もある。 クラブにとって更なる不安はプレミアリーグからの追加処分だろう。 プレミアリーグは具体的な声明を公表していないが、ルール上では該当シーズン内での勝ち点はく奪や最悪の場合4部への降格の可能性も含まれていると英メディア「デイリーメール」が伝えている。 UEFAと同様に、プレミアリーグも各チームの財政面のルールを設けており、財務諸表の提出を求めている。 シティがリーグにも改ざんされた資料を提出していたのであれば、少なくとも何らかの罰則が下される可能性は高い。 ちなみにUEFAの処分範囲に2012から2016年のシーズン内でシティは2度のリーグ優勝を達成しているが、その称号が維持されるかも焦点となりそうだ。 そして、もし来季のチャンピオンズリーグに出場ができない場合に気になるのが所属選手たちの処遇だ。 多くの選手にとってCLに出場できないことのショックは大きいはずだ。 さらに米メディア「ジ・アスレティック」によれば多くの選手にはCLに出られない場合の減棒に関する条項が契約書にあるとされ、サラリーの減少が選手の流出に繋がる可能性を指摘している。 同紙は加えて、今回のCL出場権はく奪は選手が原因ではないため選手の代理人たちは移籍を認めるように動くとも考えているようだ。 最後にジョゼップ・グアルディオラ監督の去就にも注目が集まる。 世界的な名将として名高いスペイン人監督はシティとの契約が2021年の夏で切れる。 昨年11月の会見では契約延長に意欲を見せていたグアルディオラだが今回の処分を受けて未来はさらに不透明となった。 米メディア「ジ・アスレティック」の報道によると、昨夏にユベントスからの接触を受けたグアルディオラは「いつかオファーに乗りたいとも思うが、今はシティと契約がある」と断ったとも言われている。 想像以上に近い将来、彼が他のクラブに移る可能性は十分にありそうだ。 このように今回のUEFAの処分に伴いシティの今後にはネガティブな要素が多い。 しかし、スポーツ仲介裁判所への上訴が成功すれば処分の軽減、または撤回もあり得る。 リーク情報が出た以上、今回の処罰を覆すのは難しいというのが大半のメディアの見方ではあるが今後のシティがどのように振舞うかには多くのサッカーファンが注目している。 (文・プレミアパブ編集部) 【了】.

次の

マンチェスター・シティ、絶望の未来か否か。CL除外、さらに4部降格なら…まもなく下されるFFPの処分【粕谷秀樹のプレミア一刀両断】

マンチェスターシティ

マンチェスターシティCSクラブセレクション ポジション 選手名(年齢) 総合値(LV1) 総合値(レベマ) CF アグエロ(31) 97 98 RWG ベルナルドシウヴァ(25) 95 98 OMF デ・ブライネ(28) 95 97 DMF ロドリ(23) 93 97 RSB カンセロ(31) 93 97 CB オタメンディ(31) 91 96 GK エデルソン(26) 94 95 DMF フェルナンジーニョ(34) 92 94 久しぶりの登場!?のマンチェスターシティ。 もう今年の優勝はないけど、選手は超一流! 今回はちょっと辛口でレビューにしました。 マンチェスターシティはそもそも全員最強メンバーですし、持ってる人も多いと思うので厳しめです。 マンチェスターシティCSクラブセレクションの特徴まとめ 個人的には、一番欲しいのは、断トツで ロドリです。 次は フェルナンジーニョですかね。 あとは意外といらないかも。 アグエロきたら、乗り換えるかな。 でもこの間怪我しちゃったからもしかしたら今シーズン絶望かも。 そうなるとライブアプデはCだよね。 まあ、そういうことです。 大当たりまでは言えないけど、アグエロは使用感がめちゃくちゃいいからね。 前回のCS持ってる人も乗り換えていいと思います。 ボールキープ以外は全部パワーアップしてます。 当然の 過去最強。 ドリブル関係はメッシ級。 チャンスメイカーが嫌いじゃなければあり。 スキルが少しさびしいから追加したい。 もちろん、ワンパかコンカ。 今回は決定力上がってるから得点力にも期待。 キック力が83なのは少し物足りない。 デ・ブライネ(28) ドリブル強化型デブちゃんです。 どうなんでしょう、 デ・ブライネにドリブル求めてる人ってあまりいないと思うし。 やっぱり週間(1回目も2回目も)が最強だと思います。 それと比べると、ドリブルとプレースキック、ボディコンしか勝ってないから。 それ以外のCSと比べれば、一応上です。 デブちゃんはどのデブちゃんも最強なんで、狙わなくていいレベル。 めちゃくちゃ強化!唯一の1回目のロドリ持ってても乗り換えるべき!弱点のスピードも85までいくし。 ディフェンス力もアップしてます。 なぜか低かったキック力も92でいきなりミドルシューターに。 さらにスキルも「ミドルシュート」と「ライジングシュート」が追加です。 ボールキープも鬼パワーアップしてるし、これは欲しい! カンセロ(25) 初登場のカンセロ。 現実世界ではまだまだフィットしてませんが、ウイイレではパワーアップ中。 まあ、でも微妙かもな、 ディフェンス力は低いからね。 スピードはあるから攻撃参加はナイスだけど、そこまでセンタリング力はない。 オタメンディ(31) ちょっとずつだけパワーアップ。 一応、過去最強。 でもスピードが微妙でビルドアップ。 個人的には使わないな。 サイドも微妙なレベル。 ライブアプデB以上なら使うのはあり!でも当たりじゃないな。 背が低いのもジャンプでカバーできてるか微妙。 エデルソン(26) いつもどおりのカンストです。 身長188cmでもいいならエデルソンでよし!一応過去最強ですよ。 GK能力以外も大幅にパワーアップしてるので。 ディフェンス力が大幅にパワーアップ!さらに プレースタイルもハードプレスなのもナイス!スピードも83まであるのでなんとかできるかな?コン安も7あるし、 両サイドバックもいける。 ベンチには入れておきたい選手。 チェルシーCSクラブセレクション ポジション 選手名(年齢) 総合値(LV1) 総合値(レベマ) OMF メイソン・マウント(20) 92 98 CF エイブラハム(22) 92 97 CMF カンテ(28) 92 96 DMF ジョルジーニョ(28) 92 96 CB リュディガー(26) 90 96 RWG ウィリアン(31) 92 95 GK ケパ(25) 91 94 LSB マルコス・アロンソ(29) 89 94 チェルシーはもっと面白いメンツにできたと思うなー。 まあ、 リュディガーいれてくれたのはナイスです! まあしょうがない! ハドソンオドイはちょっとやらかしちゃったしねー。 バチュアイとかスパサブもちで面白そうだったのに。 ですが、とても使用感が微妙。 濃い適性もOMFだけってのも残念。 チャンスメイカーじゃなければ。 意外と背が低いんですが、ボディコンでかなりキープはできる。 オフェンスセンスがもう少し欲しかった。 スキルにワンパがないのもマイナス。 総合値も今までに+2だし、持ってても乗り換えがおすすめ。 身長が低いのだけが難点なんで、気にならない人はぜひガチスカに。 間違いなく 過去最強。 全般的に強化。 ただし、瞬発力だけ少し下がってます。 フィジカルもボディコンも強いのでスパサブつけたいですねー。 いくらなんでも遅すぎる。 パスは最高レベルだけど、遅すぎる。 遅いDMFで問題ない人はいいかも。 スピードもあるし、ディフェンスセンスもある。 これ当たりでしょ! プレースタイルもハードプレス!スキルもちゃんとマンマークとヘッダーもち。 文句なし!ポジトレ使えば、 RSBとLSBも追加できる。 ウィリアン(31) 全然悪くないし、 過去最強だけど、そこまで欲しい選手じゃないよね。 いくらでも替えがいますね。 ただし、RMFとLMFでチェイシングとワンパもちは貴重。 ケパ(25) GK能力カンストだけど、ないなー。 身長186cmだから無理。 コン安5も厳しいね。 マルコス・アロンソ(29) かなり微妙な能力。 一応 過去最強。 フィジカルをLSBに求めるならいいけど、それ以外は平凡です。 6月29日クラブセレクション当たりランキング! かなり厳選しました! 良い選手が多いんですが、結構ワンパターンになってきてみんなも持ってるはずだしね。 なんとなく今回からクラブセレクションのパワーアップが渋くなってきたような気がしますね。 これって週間FPがはじまったことと関係してません!? 来週くらいからCSがまたショボくなるかも。 第7位:ベルナルド・シウヴァ(メッシにあと一歩) <能力値> 第6位:アグエロ(使用感抜群ラインブレイカー) <能力値> 第5位:エイブラハム(フィジカルラインブレイカー) <能力値> 第4位:フェルナンジーニョ(両サイドバックいける!) <能力値> 第3位:カンテ(世界最強の無尽蔵スタミナ) <能力値> 第2位:リュディガー(貴重なハードプレス爆速CB) <能力値> 第1位:ロドリ(フィジカルアンカー) <能力値>• ロドリ• リュディガー• カンテ• フェルナンジーニョ• エイブラハム• アグエロ• ベルナルド・シウヴァ マンチェスターシティとチェルシー引くならどっち? これは優秀なDMFアンカーが欲しいか、優秀な爆速CBが欲しいかで変わってきます。 アンカーならマンチェスターシティを引く! 爆速CBならチェルシーを引く! それだけ! 僕は、マンチェスターシティを引いてからチェルシーを引きます! ていうか、どっちも引くってことですね。 カブっても乗り換えてもいいレベルなので無駄にはならないはず! まとめ 最後まで読んでいただきありがとうございます。 週間FP微妙でしたねー。 なんかアイコニックの影響のせいで、多少強くなってても驚かなくなってしまいました。 いつまで週間FPやってくれるかわかりませんが、来週以降にも期待しましょう! なんとなく無料配布のメッシとかって強くしすぎたの失敗してません? 大丈夫ですかね?コナミさん。

次の

UEFAが2年の出場禁止処分、マンチェスター・シティ

マンチェスターシティ

概要 [ ] 紀元、古代によってマンクニウムとよばれる前哨地が一帯に築かれ、その砦がマンチェスターの起源である。 マンチェスターという名の由来は、の領土だった時代の名「マムキアム(Mamuciam)」(の地名「mamm」をラテン語風に読み替えたものであり、元の意味は「胸」「」ではないかと思われる)と、の「ケステル(ceaster)」(ラテン語で駐屯地や城を意味する「castra」から来ており、町という意味)を合わせたものである。 が降ることが多い場所であり、それがマンチェスターの歴史を生んだ。 すなわち、雨の日には人々は屋内で活動することになるので、などの楽器の演奏をしたり、自分自身の内に向かい思索や瞑想を重ねることになり、がはぐくまれた。 マンチェスターは綿工業などが発展し、において中心的役割を果たしたことで知られている。 になって綿工業などが衰退し、にイギリス経済や世界経済で占めていたほどの地位からは外れているが、今日では・・・・などの北部の中心地であり、後はがイギリス第二の都市とされていたが、後にグレーター・マンチェスターに再編されてからはバーミンガムと人口では拮抗、経済的にはバーミンガムを追い抜き現在ではイギリス第二の都市といえばマンチェスターを指すことが多い。 2007年のイギリスの世論調査によると、マンチェスターはバーミンガムを凌ぎ、イギリス第二の都市として評価された。 マンチェスター都心市街地は、19世紀の産業革命期に街が急発展した際に整備されたや製粉所のネットワークが残っており、イギリスはこれを、の委員会に提出した世界遺産候補の「暫定リスト」に掲載している。 今後の審査によっては世界遺産に登録される可能性がある。 マンチェスターは、の一部を占める都市区であるが、市の地位を持っている。 歴史 [ ] 、古代によってマンクニウムとよばれる前哨地が一帯に築かれ、その砦がマンチェスターの起源である。 中世都市が建設されたのはおそらくのことで、に羊毛工業がおこり、に特許状をうけた。 にはからのによって毛織物工業が発展し、その後までは商業都市としてさかえた。 17世紀にはいると工業がおこり、に紡績機にが導入されることによって、世界で初めての産業革命が起こると劇的な成長をとげた。 、との間にが開通し、マンチェスターで生産された綿織物がリヴァプール経由で世界中に輸出され、にはマンチェスター運河の完成によって河畔にあるイーストハムともむすばれ、外洋航行船が出入りできるようになった。 19世紀前半のイギリスでは、の是非をめぐって国内対立があったが、この街で、らがを組織した。 (穀物法はに撤廃へと追い込まれた。 ) 産業革命の進展は、一方ではなどの深刻な都市問題を引き起こした。 のが「イギリスにおける労働者階級の状態」を著したのも、この街に2年ほど滞留した経験に基づいたものである。 8月には、セント・ピーター広場で穀物法の撤廃と議会改革をもとめる人々が市当局に殺害された「」の舞台となった。 19世紀を通じて、政治の改革運動が活発におこなわれ、公的教育機関の発展もみられた。 第二次世界大戦の際には、各地の工場が軍用製品の生産に切り替えられた。 マンチェスターもドイツによる激しいを受けた。 最も大規模であったのは、12月に22日から24日にかけて行われた2回に渡る夜間空襲で、376人の死者を出し、30000の家屋が破壊された。 これらの空襲で、マンチェスターは大きな損害を被り、復旧に20年を要した。 戦後に復興を果たしたが、主力産業が衰退したため最盛期と比較して人口は半分強ほどになっている。 代わってメディアや研究施設、金融機関などが集中し町は徐々に勢いを取り戻しつつある。 と並んでイギリスの地方都市としては有色人種の割合が比較的高い。 地理 [ ] 、、の合流点に位置する工業都市である。 以降、工業の中心都市として発展した。 近隣の都市としては、約50キロ西の、約60キロ北東の、約55キロ東のなどが挙げられる。 なお、英国第2の規模のであるは、同市のみならず上記の都市へのアクセスにも広く使われている。 市域は東西約9km、南北19kmで面積は115. 65平方キロメートルあり、大半が可住地・市街地となっている。 南部は学生街・公園地帯として発展し、中心部はオフィス街や商業地、移民による居住地などが展開されている。 マンチェスターの人口の約1. 気候 [ ] マンチェスターの緯度はおよそ北緯53度でよりも更に北である。 更に内陸部に位置していることもあって、冬季は気温差がやや大きく冷え込みも厳しい。 しかしイギリス・周辺を流れるの影響で基本的には温暖であり、一年を通じて平均的な降水量がある。 3 57. 7 16. 5 61. 7 21. 7 71. 1 25. 1 77. 2 26. 7 80. 1 31. 3 88. 3 32. 2 90 33. 7 92. 7 28. 4 83. 1 25. 6 78. 1 17. 7 63. 9 15. 1 59. 2 33. 7 92. 3 45. 1 7. 6 45. 7 10. 0 50 12. 6 54. 7 16. 1 61 18. 6 65. 5 20. 6 69. 1 20. 3 68. 5 17. 6 63. 7 13. 9 57 10. 0 50 7. 4 45. 3 13. 5 56. 5 40. 1 4. 6 40. 3 6. 7 44. 1 8. 8 47. 8 11. 9 53. 4 14. 6 58. 3 16. 6 61. 9 16. 4 61. 5 14. 0 57. 2 10. 7 51. 3 7. 1 44. 8 4. 6 40. 3 10. 7 35. 1 1. 6 34. 9 3. 3 37. 9 4. 9 40. 8 7. 7 45. 9 10. 5 50. 9 12. 6 54. 7 12. 4 54. 3 10. 3 50. 5 7. 4 45. 3 4. 2 39. 6 1. 8 35. 2 6. 6 43. 0 10. 1 8. 7 14. 9 23. 7 28. 9 0. 8 33. 4 5. 4 41. 7 3. 6 38. 5 0. 8 33. 7 23. 5 18. 5 7. 5 7. 7 mm inch 72. 3 2. 846 51. 4 2. 024 61. 2 2. 409 54. 0 2. 126 56. 8 2. 236 66. 1 2. 602 63. 9 2. 516 77. 0 3. 031 71. 5 2. 815 92. 5 3. 642 81. 5 3. 209 80. 7 3. 177 828. 8 32. 0 mm 13. 1 9. 7 12. 3 11. 2 10. 4 11. 1 10. 9 12. 0 11. 1 13. 6 14. 1 13. 5 142. 5 73. 9 99. 0 146. 9 188. 3 172. 5 179. 7 166. 3 131. 2 99. 3 59. 5 47. 1 1,416. 2 出典 1: Met Office NOAA relative humidity and snow days 1961—1990 出典 2: KNMI Current Results - Weather and Science WeatherAtlas 人口 [ ] マンチェスターのの推移 年 1881 1911 1931 1961 1981 2005 人口 516,868 711,941 751,292 612,537 437,660 441,200 マンチェスターは産業革命の進展と共に急成長し、には30万人以上の人口を擁していた。 更にその後も順調に発展を続けには市域人口がおよそ75万人に到達し、・・に次ぐ大都市として英国経済を支えた。 しかしその後イギリスは『』と呼ばれる長期不況に突入。 マンチェスターは主力の繊維産業や日用品製造などの軽工業が衰退し、人口は急激に減少していった。 それと共に中心部には放置された空き工場や無人住居、空き地、倉庫などが目立つようになっていく。 、地方自治推進政策や産業構造転換により街は徐々に息を吹き返し、金融機関や新聞社・テレビ局などのメディア企業、学術機関、研究所などが立地するようになり人口は前後にようやく下げ止まり、増加に転じた。 現在では市域内人口こそ全国第9位(、、、、、、、に次ぐ)であるものの、国全体の都市の位置づけとしてはバーミンガムなどと並んで2位、3位あたりを争うと言われている。 なお市の年齢構成は2007年時点で0~14歳が17. 0%、15~24歳が20. 7%、25~64歳が51. 0%、65歳以上が11. 2%となっている。 大学が多いことなどもあり、若年人口が多いことが特徴である。 経済・生活水準 [ ]• イングランド北部最大のターミナル駅のひとつ、長距離列車の多くが発着。 イングランド北部地方内の近郊路線が主。 文化 [ ] 音楽 [ ] およびが本拠をマンチェスターに置き、1996年以降は音楽ホールとして新たに建設されたブリッジウォーターホール を中心に活動している。 それ以前は19世紀の産業革命絶頂期に建てられたフリー・トレード・ホール がマンチェスターの主要なコンサート会場であった。 フリー・トレード・ホールはクラシック以外にもロックなどのコンサートの舞台となってきた。 マンチェスターは以来、ポップス・ロック・テクノなどの分野の著名なミュージシャンやバンドを多く輩出している。 英国を代表するロックバンドのや、、、、 が結成された地である。 特に1980年代後半にはを中心に というジャンルが生み出された。 ニュー・オーダーのバーナード・サムナーとザ・スミスのジョニー・マーによるプロジェクト。 元ザ・スミス• 元ザ・スミス• ストーン・ローゼズ• ストーン・ローゼズ• 絵画 [ ] の作品を数多く揃えていることで知られるをはじめとして、多くの美術館・ギャラリーがある。 映画 [ ] マンチェスターが舞台となっている映画がいくつかある。 1974• 1995• 1998• 2002• 2002• 2005• 2018 博物館 [ ] 大学付属博物館としては世界でも有数の規模を誇る付属や、工業都市として発展した歴史から大規模なを擁する。 その他の分館や、などが有名。 スポーツ [ ]• Office for National Statistics• Met Office. 2016年1月30日閲覧。 NOAA. 2016年1月30日閲覧。 2016年1月30日閲覧。 2018年1月2日閲覧。 2019年6月3日閲覧。 Weather Atlas. 2019年9月24日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 マンチェスターに関連する および があります。 (英語)• (英語) 観光• (英語)• (日本語).

次の