ご確認の程よろしくお願い致します。 英語。 「ご確認お願いします」に関連した英語例文の一覧と使い方

「ご確認お願いします・ご確認の程宜しくお願い致します」は正しい?

ご確認の程よろしくお願い致します。 英語

私達は、日常生活で、相手に何かを確認してもらいたい時や、チェックしてもらいたい時、「確認」という言葉をよく使います。 ビジネスの場でも、資料やデータのやり取りをする際などに、「ご確認」という言葉をよく使うと思います。 ビジネスシーンでは、敬語や丁寧語が基本とされている為、相手に確認を頼む際も、「ご確認下さい」など、丁寧な表現を使うことが一般的です。 しかし、「ご確認」のフレーズはたくさんあり、使い方も幅広くあります。 その為、誤った使い方で覚えてしまいがちな言葉でもあるのです。 以下で、「ご確認」の正しい使い方や例文をご紹介していくので、確認していきましょう。 「ご確認」は「ご」+「確認」の【丁寧語】 また、「ご確認のほど~」という言い回しも、よく見掛けるフレーズの1つです。 「ご確認」以外にも、敬語などでよく使われる「~のほど」というフレーズ。 この「ほど」という言葉には、断定や強制を避け、柔らかい雰囲気やニュアンスを演出する効果があると言われています。 上記でご紹介した「ご確認ください」は、確認することを相手に義務づけたり強制したりしているイメージが、少しありますね。 しかし、「ご確認のほど~」というように、「ほど」を付けることで、強制的な印象が弱まるのです。 では、「ご確認のほど~」の言い回しを、例文で確認していきましょう。 ・ご確認のほど、お願い申し上げます。 ・ご確認のほど、宜しくお願い致します。 「~のほど」は、今回のテーマである、「ご確認」の他には、「ご協力のほど~」「ご支援のほど~」といった使い方があります。 また、「ご確認の上~」という言い回しも、ビジネスメールではよく使われます。 上記でご紹介した「ご確認のほど~」などの言い回しは、「お願い致します」などの言葉が続くことが多く、相手に確認をお願いする場合に使われる言葉となっております。 ただ確認をお願いするだけでなく、確認した上で何か動作や反応をお願いする際に使われる表現なのです。 実際に、例文を通して、「ご確認の上~」という表現の使い方を学んでいきましょう。 ・数量をよくご確認の上、受領印を押してください。

次の

「ご査収」の意味と正しい使い方は?「ご確認」との違いや類語も

ご確認の程よろしくお願い致します。 英語

今さっき言いましたように、私と日本銀行総裁の連名で、この関係金融機関に対して、被災者の便宜を考慮した適時適切な措置を講ずるように、金融上の措置を要請したわけでござい ますけれども、こうした要請も踏まえて、各金融機関においては、この前の日曜日、休日営業等に積極的に取り組んでいただきたいと お願いをしたら、9割弱の営業店がやっていただいたという話をしたわけでござい ます。 そして、また今申し上げましたように、繰り返しになり ますけれども、預金証書、通帳等を消失した場合でも、預金者であることを 確認して、預金の支払いに応じていただいたわけでござい ます。 またさらに、被災された顧客からの新規融資や既存の借入金等に関する相談に柔軟に対応している等、被災者の便宜を考慮した対応がなされているものと承知をいたしており ます。 また金融機関におきましては、金曜日に(地震が)起きたわけでござい ますが、中小企業金融円滑化法案も出しましたし、それこそ1000年に一遍の津波でござい ますから、色々な地域の方々や与野党ともその辺は合意をして頂いたやには聞いており ます。 こういった被害の復興に対して、また色々な適時適切な金融上の措置を、きちんと地域の声も聞きながら、また都道府県知事、あるいは市町村、それから特にこういうときは中小企業団体だとか、そういった声をしっかり聞きながら、各金融機関にも本当にご努力いただいており ますし、ご協力いただいており ますけれども、引き続き金融庁としても、しっかり適切な対応に努めてまいりたいというふうに思っており ます。 , I, the 's , have that the manner. our , were Sunday. , where have their and other. they other that the , ' for about and loans. , have the for , this was a once-in-a , and the and have agreement. the , are and are , , , and and enterprises. The will measures. - 金融庁.

次の

敬語「ご確認」の使い方と例文|ご確認のほど・ご確認お願いします

ご確認の程よろしくお願い致します。 英語

私達は、日常生活で、相手に何かを確認してもらいたい時や、チェックしてもらいたい時、「確認」という言葉をよく使います。 ビジネスの場でも、資料やデータのやり取りをする際などに、「ご確認」という言葉をよく使うと思います。 ビジネスシーンでは、敬語や丁寧語が基本とされている為、相手に確認を頼む際も、「ご確認下さい」など、丁寧な表現を使うことが一般的です。 しかし、「ご確認」のフレーズはたくさんあり、使い方も幅広くあります。 その為、誤った使い方で覚えてしまいがちな言葉でもあるのです。 以下で、「ご確認」の正しい使い方や例文をご紹介していくので、確認していきましょう。 「ご確認」は「ご」+「確認」の【丁寧語】 また、「ご確認のほど~」という言い回しも、よく見掛けるフレーズの1つです。 「ご確認」以外にも、敬語などでよく使われる「~のほど」というフレーズ。 この「ほど」という言葉には、断定や強制を避け、柔らかい雰囲気やニュアンスを演出する効果があると言われています。 上記でご紹介した「ご確認ください」は、確認することを相手に義務づけたり強制したりしているイメージが、少しありますね。 しかし、「ご確認のほど~」というように、「ほど」を付けることで、強制的な印象が弱まるのです。 では、「ご確認のほど~」の言い回しを、例文で確認していきましょう。 ・ご確認のほど、お願い申し上げます。 ・ご確認のほど、宜しくお願い致します。 「~のほど」は、今回のテーマである、「ご確認」の他には、「ご協力のほど~」「ご支援のほど~」といった使い方があります。 また、「ご確認の上~」という言い回しも、ビジネスメールではよく使われます。 上記でご紹介した「ご確認のほど~」などの言い回しは、「お願い致します」などの言葉が続くことが多く、相手に確認をお願いする場合に使われる言葉となっております。 ただ確認をお願いするだけでなく、確認した上で何か動作や反応をお願いする際に使われる表現なのです。 実際に、例文を通して、「ご確認の上~」という表現の使い方を学んでいきましょう。 ・数量をよくご確認の上、受領印を押してください。

次の