ポケモン 神回。 新アニメ「ポケットモンスター」第20話のあらすじと感想

ポケモンソード・シールド (剣盾) 攻略

ポケモン 神回

9月14日(木)放送のテレビアニメ『ポケットモンスター サン&ムーン』(テレビ東京系)で、サトシ、タケシ、カスミの3人が久々に再会。 「神回」「サービス回」と話題を呼んでいる。 3人での再会は約15年ぶり 2016年11月より放送を開始した『ポケットモンスター サン&ムーン』。 新たなとの出会いを求め「アローラ地方」で生活を送るサトシとピカチュウだが、ポケモンスクール開校20周年記念の課外授業として、仲間と共にカントー地方へ赴くことに。 久しぶりに(サトシが生まれ育った)マサラタウンへ帰って来たサトシは、タケシやカスミ、オーキド博士たちとの再会を果たした。 初期(無印シリーズ)のアニメを見ていた世代にはお馴染みの、サトシ、タケシ、カスミの3人がテレビシリーズで顔をそろえるのは、実に約15年ぶりだ(サトシとタケシ、サトシとカスミなど、それぞれ個別の再会はあった)。 サービス精神がハンパない この放送回は、とにかく初期シリーズに慣れ親しんだ世代へのサービス精神にあふれていた。 オープニングテーマに『めざせポケモンマスター』を採用し、本編が始まるとすぐさまタケシが登場。 タケシの耳を引っ張り説教するカスミの登場まで、とにかくテンポが素晴らしすぎいいぃぃ! その後も、オーキド博士の「ポケモン川柳」に始まり、ケンタロスの大群、ベトベトン、フシギダネなどサトシがかつてゲットしたポケモンたち、さらにはゼニガメ団や例のプリンなど懐かしのネタが満載。 ロケット団の口上も無印バージョンで、とにかく隙がない構成だった。 長年ほったらかし状態のピジョットについても、サトシの「迎えに来る」発言を回収してたら言うことナシだったかも。 「神回」と話題も「アローラのすがた」に慣れない人多数 特に無印シリーズをリアルタイムで見ていた往年のファンからは、「やべええええええええ神回すぎるw」「オープニングから涙でた」「今日サービス多すぎだろ」「3人の安定感ハンパない」「懐かしすぎて泣く」などと絶賛の声が相次いでいる。 一方で、「アローラのすがた」と揶揄されがちなキャラクターの作画問題に関しては、「この絵柄じゃない絵柄で見たかった……」「お互いの顔見てびっくりしたんだろうなぁ」「顔変わったらママも困惑するだろ」「15年も経てばそりゃ顔も変わるわよね……」と未だに受け入れられない古参ファンも少なくない模様だ。

次の

【ポケモン剣盾】色違いの厳選方法と確率【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモン 神回

第2位 188話「」(ダイヤモンド・パール) この回もすべてにおいて神。 「熱さ」「怒り」「克服」「友情」「絆」とかいろんな要素が詰まってて、目を離す隙がない。 ヒコザル(ゴウカザル)が、トラウマレベルで恐れている自分を棄てたトレーナーに立ち向かう圧巻の20分。 さっき1位だけ見てって書いたのですが、うそでした。 ちょっとこれも本当にアツいから見て欲しい。 第3位 73話「」(ダイヤモンド・パール) 泣ける回常連の「バイバイバタフリー」が好きな人は多分泣ける回。 ある後悔をしたムサシが、ドクケイルに同じ思いをさせたくないことから別れを決意。 ムサシの行動だったりBGMだったりと、演出が神がかってる。 第4位 21話「」(無印) サトシが初めてゲットしたポケモンと初めて別れるという、サトシの別れ回の中でも一番好きなお話。 よく精神的に疲れた時にこの回を見て、心を浄化させます。 「胸が締め付けられる」とはこういうことか! というくらい切ない。

次の

5月25日のアニメ『ポケモン』が神回確定と話題に! 『巨人の星』オマージュの作画・動き、星 飛雄馬の声優・古谷徹も登場

ポケモン 神回

毎週木曜日18時55分から放送されているアニメ「ポケットモンスター サン&ムーン」(テレビ東京系)。 いまネット上では、次回の5月25日放送回が神回になりそうと話題になっている。 出典画像:ポケモン 公式YouTubeチャンネルより ポケモンで神回放送決定! 2016年11月から放送がスタートしたアニメ「ポケットモンスターシリーズ」の最新作「ポケットモンスター サン&ムーン」。 今作は従来のシリーズと大きく作画の雰囲気が変わり、全体的に画が丸っこく柔らかい雰囲気になった。 約20年続く人気シリーズの大幅改変だったため、放送前はこれを受け入れられないという感想が目立ち「サトシがイケメンじゃなくなったしピカチュウも不気味だ。 これは不安すぎる」「こういっちゃなんだがパチモン臭が凄いぞ」「作画崩壊してるじゃないですか」と否定的な声が相次いでいた。 だが、放送が開始すると評価は一変。 とても滑らかにアニメーションするさまが絶賛されて「サンムーンのぬるぬる作画いいなあ」「キャラデザの線を丸くしたのは動きに特化するためだったのか」「サンムーンはポケモンの可愛さがマッハで凶器なんだわ… 今までと違って普通の場面でもぬるぬる動くから余計にかわいい。 生き物として動いてるって感じがする」といわれるまでになった。 さて、そんな動きに定評のある「サン&ムーン」だが、次回はなんと野球回。 物語の舞台・アローラ地方で大人気のスポーツ・ポケベースにサトシやピカチュウが挑戦するそうだ。 ボールを投げるシーンやバットを振るシーンは、昭和のスポ根マンガのような荒々しい劇画っぽいタッチの作画で描かれ、大迫力で画面狭しと動き回っている。 そして、サトシと対するピッチャーは「サトシ! この俺のボールが打てるか!? いくぞっ! ダイナミックフルフレイムボールゥゥ!! 」と言って投げ、サトシは「必ず打つ! これが俺の全力! スパーキングギガボルトスイング!」とスイングしていてノリがぶっ飛んでいる。 これには「来週のポケモンは絶対神回やわwww」「神回不可避」「絶対録画しよう」「作画ヤバすぎるでしょwww 来週が楽しみ過ぎる!」と期待の声が続出。 『巨人の星』オマージュ疑惑も! 星 飛雄馬も登場か? しかもこの回にはもうひとつと噂される理由が。 なんと『巨人の星』で星 飛雄馬を演じた声優の古谷徹がゲスト出演するというのだ。 ネットではもちろん「野球回やるためだけに古谷徹さんをゲストで呼ぶとか大御所の無駄遣いにもほどがあるwww」「スタッフ遊びすぎでしょwww」とツッコミが殺到。 しかも次回予告をよくよく見ると、ニャースなどさまざまなキャラのピッチングフォームが『巨人の星』でお馴染みの「大リーグボール」のフォームにそっくり。 「ポケモン」視聴者の中にこれらの元ネタに気付く人が何人いるかわからないが、こういったサービス精神はファンにとってもうれしい限りだ。

次の