愛 原 実花 宝塚 歌劇。 宝塚歌劇団卒業生

紅はこべ (宝塚歌劇)

愛 原 実花 宝塚 歌劇

略歴 [ ] 子供の頃から色々な舞台を鑑賞する機会はあったが、自分から積極的に観ていたわけではなかった。 中学3年生の時、進学予定のの文化祭で見た宝塚歌劇団同好会のパフォーマンスから宝塚に強い関心を持ち 、学校帰りにに通い当日券目当てに並ぶ熱心なファンとなる。 宝塚受験を決意してからは1年間レッスンを積み、、高校1年生修了後にの入学試験に1回目で合格し、同年4月に同校に入学()。 同期生には(元月組トップ娘役)や・などがいる。 、宝塚歌劇団入団(入団時の成績は2番)。 雪組『スサノオ』『タカラヅカ・グローリー! 』で初舞台を踏み、同年、雪組に配属された。 配属直後からショーのダンス場面や公演で目立つ役がつき、の初詣のポスターモデルやから1年間第5期スカイ・フェアリーズを務めた。 2006年度には愛宝会すみれ賞 を受賞。 、『君を愛してる』新人公演で初ヒロインに抜擢。 同年のバウホール公演『』で、バウホール初ヒロインを果たす。 、の後任として『』『RIO DE BRAVO!! 』より雪組トップ娘役に就任 、の相手役を務めた。 9月13日、雪組東京宝塚劇場公演『』『ロック・オン! 』の千秋楽をもって宝塚歌劇団を退団。 相手役の水と同時退団となった。 同年よりに所属。 8月、舞台『』で芸能活動を再開した。 には大河ドラマ『』でテレビドラマに初出演した。 人物 [ ] 幼稚園から高校まで、日本女子大学の付属校で学ぶ。 宝塚の同期で同じく雪組配属であったは、幼稚園入学時から一貫しての同級生である。 「愛の原っぱに、花が咲いて実るように」という意味が込められている。 劇作家のとつか主宰の劇団員であった生駒直子 の。 4歳からを習ってはいたもの、家庭の方針で父の芝居の稽古場や楽屋に出入りすることはなく 、演技を学んだのは宝塚入団後であった。 宝塚大劇場での退団公演中に父を亡くしたが、休演することなく舞台を務めた。 2015年に父と縁深かった とが33年ぶりに主演した『』で父の作品に初挑戦した。 宝塚歌劇団時代の主な舞台 [ ] 初舞台公演 [ ]• 2004年4月~7月、雪組『スサノオ/タカラヅカ・グローリー!』 雪組時代 [ ]• 2004年11月〜2005年2月、『青い鳥を捜して/タカラヅカ・ドリーム・キングダム』新人公演:少年時代のフィンセント(本役・)• 2005年4月〜5月、バウホール公演WS『さすらいの果てに』クレア• 2005年6月〜10月、『/ワンダーランド』新人公演:エヴェリーナ(本役・)• 2005年11月、全国ツアー『/ワンダーランド』(全国ツアー)• 2006年2月〜5月、『-オスカル編』少年時代の、新人公演:ルイーズ(本役・)• 2006年6月、バウホール公演『やらずの雨』竹奴/お袖• 2006年9月〜12月、『/タランテラ! 』新人公演:グレフィル伯爵夫人(本役・)• 2007年2月、中日劇場公演 『/』おゆき• 2007年5月〜8月、『』黒天使(マデレーネ)、新人公演:ヘレネ(本役・)• 2007年10月、シアター・ドラマシティ他『シルバー・ローズ・クロニクル』ヴァージニア• 2008年1月〜3月、『君を愛してる-Je t' aime-/ミロワール』クレマンティーヌ、新人公演:マルキーズ(本役・) *新人公演初ヒロイン• 2008年5月〜6月、『』/アニス(役替わり) *バウホール公演初ヒロイン• 2008年8月〜11月、『ソロモンの指輪/』グロリア、新人公演:アリシア(本役・天勢いづる)• 2009年1月、バウホール・日本青年館公演『』金井静香• 2009年3月〜5月、『風の錦絵/』夜の稲妻、新人公演:ロリータ/レディゾロ(本役・白羽ゆり) *新人公演ヒロイン 雪組トップ娘役時代 [ ]• 2009年7月〜10月、『/RIO DE BRAVO!! 』イリーナ・クズネツォワ、新人公演:マトローナ(本役・) *トップ披露公演• 2009年11月〜12月、全国ツアー公演『/RIO DE BRAVO!! 』ロザリア・ジサント• 2010年2月〜4月、『ソルフェリーノの夜明け/Carnevale 睡夢』アンリエット• 2010年6月〜9月、『/ロック・オン! 』レア *退団公演 宝塚歌劇団退団後の主な活動 [ ] 舞台 [ ]• 2011年8月、『』 /おしの ()• 2011年12月、『』()• 2012年1・2月、ミュージカル『』 アンヌ (・・)• 2012年5月、『土御門大路 陰陽師・安倍晴明と貴船の女 「」より 』 若菜 (・)• 2012年10月、リーディングドラマ『』 ジナイーダ ()• 2013年3・4月、オリジナル・ミュージカル『私のダーリン』 吉岡美咲/ラブリー (ほか巡演)• 2013年8月、「異聞『巴御前 女武者伝説』」 / ()• 2014年3月、TOKYO七福神GEKIJO Speedy Shocking Surprised Live『SHUNPU Gaiden 〜春風外伝〜』 お文 ()• 2014年4・5月、ミュージカル『ザ・オダサク 愛と青春のデカダンス』 (神奈川芸術劇場・)• 2015年2・3月、ミュージカル『ラ・カージュ・オ・フォール』 アンヌ (日生劇場・梅田芸術劇場)• 2015年4月、TOKYO七福神GEKIJO Speedy Shocking Surprised Live『SHUNPU Gaiden 〜春風外伝〜』 遊女お文 (博品館劇場)• 2015年4・5月、『』 薫 ()• 2015年10月、『 Japan Tour 2015』 ゲストボーカル ()• 2016年7月、ミュージカル『』 デイジー・ブキャナン (ほか巡演)• 2016年8月、ミュージカル『もしもしわたし』 山下ことは (高津市民館大ホール)• 2016年12月、『ナイスガイ in ニューヨーク』 ペギー・ エヴァンス (・シアタークリエ)• 2017年4月、『』 元内弥生(サンシャイン劇場・・)• 2017年6月、「おん・すてーじ『』双(ふたつ)」 ほか()• 2017年10月、『ポセイドンの牙』 豊玉エリー(紀伊國屋ホール)• 2018年3・4月、ミュージカル『ラ・カージュ・オ・フォール』 アンヌ (日生劇場・久留米シティプラザ・・梅田芸術劇場)• 2018年8月、『大きな虹のあとで〜不動四兄弟〜』 お茶屋の女主人 ()• 2018年9月、コンサート『The Beginning Final Club Phoenix〜疲れたあなたにイケメンチャージ〜』 ()• 2018年10・11月、浪漫活劇『』 (・)• 2019年4月、『』 女郎おそめ ()• 2019年6月、朗読劇『』 麻子 他()• (2016年) - 石田君恵 テレビドラマ [ ]• 13 (2016年、) - 松下若菜• 第7話(2016年、) - 合コンの参加者• (2016年、テレビ朝日) - 相沢陽子• (2016年、テレビ朝日) - 村山里奈• 第7話 (2017年、) - コンビニの客• (2018年、日本テレビ) - 山口先生• (2019年、) - 記者 テレビ [ ]• (2007年12月、)• (2010年、系5局)• (2009年12月、) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 2010年9月13日掲載、2019年4月24日閲覧 at the archived 2010年10月23日• 日刊スポーツ. 2011年7月24日. 2020年3月9日閲覧。 2010年6月14日掲載、2012年10月4日閲覧• 2014年11月6日掲載、2018年6月6日閲覧 at archived 2015年3月10日• 2010年5月号『波瀾爆笑!? 我が人生』掲載• 2008年5月19日掲載• 島崎今日子、2016年1月25日号、50頁、『「現代の肖像」女優 愛原実花 運命と歩む演劇の娘』、• つかこうへい『娘に語る祖国』、1998年、Kindle版。 2012年7月8日放送• SPICE(スパイス). 2015年12月11日. 2019年4月24日閲覧。 外部リンク [ ]• (1930年退団) ・・ 初代(1933年退団) ・・ (1944年退団) ・・ (1955年退団) ・・ (1950年退団。 戦後春日野主演時代雪組の主演娘役) ・・ (1951年ころ。 主演した公演もあったがしばらく固定しなかった) ・・ (1952年ころ) ・・ (1956年~1960年の雪組公演の主演娘役は主に浜、1961年退団) ・・ (1961年~1968年) ・・ (1968年9月28日? ~1970年5月8日? ~1974年3月30日? ) - (1974年3月31日? ~1976年4月5日) ・・ (1976年9月28日? ~1979年3月25日) - 固定スター不在(1979年3月26日~1980年4月7日) - (1980年4月8日~1984年7月30日) - 固定スター不在(1984年7月31日~1985年4月30日) - (1985年5月1日~1988年11月29日) - (1988年11月30日~1991年12月26日) - (1991年12月27日~1994年3月28日) - (1994年3月29日~1997年12月31日) - (1998年1月1日~2002年2月11日) - (2002年2月12日~2002年9月23日) - (2002年9月24日~2006年12月24日) - (2006年12月25日~2009年5月31日) - (2009年6月1日~2010年9月12日) - 固定スター不在(2010年9月13日~2011年3月23日) - (2011年3月24日~2012年12月24日) - (2012年12月25日~2014年8月31日) - (2014年9月1日~2017年7月23日) - (2017年7月24日~) '・・'は基本、先代次代関係なし。 '-'は先代次代関係あり。

次の

紅はこべ (宝塚歌劇)

愛 原 実花 宝塚 歌劇

略歴 [ ] 子供の頃から色々な舞台を鑑賞する機会はあったが、自分から積極的に観ていたわけではなかった。 中学3年生の時、進学予定のの文化祭で見た宝塚歌劇団同好会のパフォーマンスから宝塚に強い関心を持ち 、学校帰りにに通い当日券目当てに並ぶ熱心なファンとなる。 宝塚受験を決意してからは1年間レッスンを積み、、高校1年生修了後にの入学試験に1回目で合格し、同年4月に同校に入学()。 同期生には(元月組トップ娘役)や・などがいる。 、宝塚歌劇団入団(入団時の成績は2番)。 雪組『スサノオ』『タカラヅカ・グローリー! 』で初舞台を踏み、同年、雪組に配属された。 配属直後からショーのダンス場面や公演で目立つ役がつき、の初詣のポスターモデルやから1年間第5期スカイ・フェアリーズを務めた。 2006年度には愛宝会すみれ賞 を受賞。 、『君を愛してる』新人公演で初ヒロインに抜擢。 同年のバウホール公演『』で、バウホール初ヒロインを果たす。 、の後任として『』『RIO DE BRAVO!! 』より雪組トップ娘役に就任 、の相手役を務めた。 9月13日、雪組東京宝塚劇場公演『』『ロック・オン! 』の千秋楽をもって宝塚歌劇団を退団。 相手役の水と同時退団となった。 同年よりに所属。 8月、舞台『』で芸能活動を再開した。 には大河ドラマ『』でテレビドラマに初出演した。 人物 [ ] 幼稚園から高校まで、日本女子大学の付属校で学ぶ。 宝塚の同期で同じく雪組配属であったは、幼稚園入学時から一貫しての同級生である。 「愛の原っぱに、花が咲いて実るように」という意味が込められている。 劇作家のとつか主宰の劇団員であった生駒直子 の。 4歳からを習ってはいたもの、家庭の方針で父の芝居の稽古場や楽屋に出入りすることはなく 、演技を学んだのは宝塚入団後であった。 宝塚大劇場での退団公演中に父を亡くしたが、休演することなく舞台を務めた。 2015年に父と縁深かった とが33年ぶりに主演した『』で父の作品に初挑戦した。 宝塚歌劇団時代の主な舞台 [ ] 初舞台公演 [ ]• 2004年4月~7月、雪組『スサノオ/タカラヅカ・グローリー!』 雪組時代 [ ]• 2004年11月〜2005年2月、『青い鳥を捜して/タカラヅカ・ドリーム・キングダム』新人公演:少年時代のフィンセント(本役・)• 2005年4月〜5月、バウホール公演WS『さすらいの果てに』クレア• 2005年6月〜10月、『/ワンダーランド』新人公演:エヴェリーナ(本役・)• 2005年11月、全国ツアー『/ワンダーランド』(全国ツアー)• 2006年2月〜5月、『-オスカル編』少年時代の、新人公演:ルイーズ(本役・)• 2006年6月、バウホール公演『やらずの雨』竹奴/お袖• 2006年9月〜12月、『/タランテラ! 』新人公演:グレフィル伯爵夫人(本役・)• 2007年2月、中日劇場公演 『/』おゆき• 2007年5月〜8月、『』黒天使(マデレーネ)、新人公演:ヘレネ(本役・)• 2007年10月、シアター・ドラマシティ他『シルバー・ローズ・クロニクル』ヴァージニア• 2008年1月〜3月、『君を愛してる-Je t' aime-/ミロワール』クレマンティーヌ、新人公演:マルキーズ(本役・) *新人公演初ヒロイン• 2008年5月〜6月、『』/アニス(役替わり) *バウホール公演初ヒロイン• 2008年8月〜11月、『ソロモンの指輪/』グロリア、新人公演:アリシア(本役・天勢いづる)• 2009年1月、バウホール・日本青年館公演『』金井静香• 2009年3月〜5月、『風の錦絵/』夜の稲妻、新人公演:ロリータ/レディゾロ(本役・白羽ゆり) *新人公演ヒロイン 雪組トップ娘役時代 [ ]• 2009年7月〜10月、『/RIO DE BRAVO!! 』イリーナ・クズネツォワ、新人公演:マトローナ(本役・) *トップ披露公演• 2009年11月〜12月、全国ツアー公演『/RIO DE BRAVO!! 』ロザリア・ジサント• 2010年2月〜4月、『ソルフェリーノの夜明け/Carnevale 睡夢』アンリエット• 2010年6月〜9月、『/ロック・オン! 』レア *退団公演 宝塚歌劇団退団後の主な活動 [ ] 舞台 [ ]• 2011年8月、『』 /おしの ()• 2011年12月、『』()• 2012年1・2月、ミュージカル『』 アンヌ (・・)• 2012年5月、『土御門大路 陰陽師・安倍晴明と貴船の女 「」より 』 若菜 (・)• 2012年10月、リーディングドラマ『』 ジナイーダ ()• 2013年3・4月、オリジナル・ミュージカル『私のダーリン』 吉岡美咲/ラブリー (ほか巡演)• 2013年8月、「異聞『巴御前 女武者伝説』」 / ()• 2014年3月、TOKYO七福神GEKIJO Speedy Shocking Surprised Live『SHUNPU Gaiden 〜春風外伝〜』 お文 ()• 2014年4・5月、ミュージカル『ザ・オダサク 愛と青春のデカダンス』 (神奈川芸術劇場・)• 2015年2・3月、ミュージカル『ラ・カージュ・オ・フォール』 アンヌ (日生劇場・梅田芸術劇場)• 2015年4月、TOKYO七福神GEKIJO Speedy Shocking Surprised Live『SHUNPU Gaiden 〜春風外伝〜』 遊女お文 (博品館劇場)• 2015年4・5月、『』 薫 ()• 2015年10月、『 Japan Tour 2015』 ゲストボーカル ()• 2016年7月、ミュージカル『』 デイジー・ブキャナン (ほか巡演)• 2016年8月、ミュージカル『もしもしわたし』 山下ことは (高津市民館大ホール)• 2016年12月、『ナイスガイ in ニューヨーク』 ペギー・ エヴァンス (・シアタークリエ)• 2017年4月、『』 元内弥生(サンシャイン劇場・・)• 2017年6月、「おん・すてーじ『』双(ふたつ)」 ほか()• 2017年10月、『ポセイドンの牙』 豊玉エリー(紀伊國屋ホール)• 2018年3・4月、ミュージカル『ラ・カージュ・オ・フォール』 アンヌ (日生劇場・久留米シティプラザ・・梅田芸術劇場)• 2018年8月、『大きな虹のあとで〜不動四兄弟〜』 お茶屋の女主人 ()• 2018年9月、コンサート『The Beginning Final Club Phoenix〜疲れたあなたにイケメンチャージ〜』 ()• 2018年10・11月、浪漫活劇『』 (・)• 2019年4月、『』 女郎おそめ ()• 2019年6月、朗読劇『』 麻子 他()• (2016年) - 石田君恵 テレビドラマ [ ]• 13 (2016年、) - 松下若菜• 第7話(2016年、) - 合コンの参加者• (2016年、テレビ朝日) - 相沢陽子• (2016年、テレビ朝日) - 村山里奈• 第7話 (2017年、) - コンビニの客• (2018年、日本テレビ) - 山口先生• (2019年、) - 記者 テレビ [ ]• (2007年12月、)• (2010年、系5局)• (2009年12月、) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 2010年9月13日掲載、2019年4月24日閲覧 at the archived 2010年10月23日• 日刊スポーツ. 2011年7月24日. 2020年3月9日閲覧。 2010年6月14日掲載、2012年10月4日閲覧• 2014年11月6日掲載、2018年6月6日閲覧 at archived 2015年3月10日• 2010年5月号『波瀾爆笑!? 我が人生』掲載• 2008年5月19日掲載• 島崎今日子、2016年1月25日号、50頁、『「現代の肖像」女優 愛原実花 運命と歩む演劇の娘』、• つかこうへい『娘に語る祖国』、1998年、Kindle版。 2012年7月8日放送• SPICE(スパイス). 2015年12月11日. 2019年4月24日閲覧。 外部リンク [ ]• (1930年退団) ・・ 初代(1933年退団) ・・ (1944年退団) ・・ (1955年退団) ・・ (1950年退団。 戦後春日野主演時代雪組の主演娘役) ・・ (1951年ころ。 主演した公演もあったがしばらく固定しなかった) ・・ (1952年ころ) ・・ (1956年~1960年の雪組公演の主演娘役は主に浜、1961年退団) ・・ (1961年~1968年) ・・ (1968年9月28日? ~1970年5月8日? ~1974年3月30日? ) - (1974年3月31日? ~1976年4月5日) ・・ (1976年9月28日? ~1979年3月25日) - 固定スター不在(1979年3月26日~1980年4月7日) - (1980年4月8日~1984年7月30日) - 固定スター不在(1984年7月31日~1985年4月30日) - (1985年5月1日~1988年11月29日) - (1988年11月30日~1991年12月26日) - (1991年12月27日~1994年3月28日) - (1994年3月29日~1997年12月31日) - (1998年1月1日~2002年2月11日) - (2002年2月12日~2002年9月23日) - (2002年9月24日~2006年12月24日) - (2006年12月25日~2009年5月31日) - (2009年6月1日~2010年9月12日) - 固定スター不在(2010年9月13日~2011年3月23日) - (2011年3月24日~2012年12月24日) - (2012年12月25日~2014年8月31日) - (2014年9月1日~2017年7月23日) - (2017年7月24日~) '・・'は基本、先代次代関係なし。 '-'は先代次代関係あり。

次の

紅はこべ (宝塚歌劇)

愛 原 実花 宝塚 歌劇

略歴 [ ]• 、入学。 、として宝塚歌劇団に入団。 入団時の成績は6番。 雪組公演『』で初舞台。 その後に配属。 同期生には、(元トップ娘役)、(元星組男役スター)、(元雪組副組長)、(星組組長)などがいる。 、『』の新人公演で初ヒロインを務める。 、ニューヨーク公演のメンバーに選抜される。 、宝塚歌劇団を退団。 宝塚歌劇団時代の主な舞台 [ ]• 1986年9月、『』新人公演:クネゴンド(本役:) *新人公演初ヒロイン/『』• 1987年1月、『』新人公演:桂(本役:)/『』• 1987年2月、10月『』 (バウ・東京特別)アイリーン• 1987年6月、『』新人公演:別離の歌手(本役:? )、クレナ(本役:)• 1988年2月、『』新人公演:ミランダ(本役:) /『』• 1988年8月、『』新人公演:ナターシャ・ロストワ(本役:南風まい) *新人公演ヒロイン• 1988年10月、『ミッドナイト・シティ・ロマンス』(バウ)アイリーン• 1989年3月、『』 /『』キャロル・シンクレア• 1989年10月、『』/『タカラヅカ・フォーエバー』(ニューヨーク)• 1989年11月、『シャンテ・シャンテ・シャンテ』(バウ)• 1990年1月、『太陽に背を向けて』(バウ)好麗峰• 1990年3月、『』(東京)新人公演:ソフィア(本役:羽衣蘭)• 1990年5月、『』新人公演:ジュリー・オーエンス(本役:)/『』• 1990年9月、『シティライト・メロディ』(バウ)アニタ• 1990年11月、『』新人公演:イヴェット・ルノー(本役:洲悠花)/『』• 1991年1月、『パル・ジョーイ』(バウ)フランシーヌ• 1991年5月、『』ヘレナ /『』• 1992年5月、『』レッド・キャップ・ティナ/『』• 1992年10月、『ハロー、ジョージ! 』(バウ・東京特別)カロライン• 1993年1月、『』/『』 脚注 [ ].

次の