木下ゆうか 事務所。 大人気大食いユーチューバー『木下ゆうか』がUUUM卒業!今後はどうなる?

UUUM女子会(忘年会)動画が炎上!木下ゆうかのプレゼントをディスる!

木下ゆうか 事務所

スポンサーリンク 木下ゆうか プロフィール 本名:木下 祐嘩 きのした ゆうか 生年月日:1985年2月4日 所属事務所:UUUM 最終学歴:不明 はじめしゃちょー プロフィール 本名:江田 元 えだ はじめ 生年月日:1993年2月14日 所属事務所:UUUM 最終学歴:静岡大学卒業 スポンサーリンク 木下ゆうかとはじめしゃちょーの交際期間は? さて、木下ゆうかさんとはじめしゃちょーが交際していたというのは、炎上系でお馴染みの みずにゃんさんの暴露から発覚しました。 まずは、 みずにゃんさんがはじめしゃちょーが二股をしていたという暴露をしていたのですが、それを聞いた木下ゆうかさんが「 私も彼と交際していた」と言ったことで、 彼の三股というのが判明したそうです。 木下ゆうかさんとはじめしゃちょーの交際期間ですが、どうも 2016年の夏頃から半年間だったと語っています。 しかし、さすがにYouTuberとしての立場があったということで、交際していたことは隠していたそうです。 さて、この半年という交際期間について、実は同じ時期に交際をしていた れいなさんという女性がいたのです。 もう一人、 江崎葵さんという女性については交際をしていないとはじめしゃちょーが否定をしていますので、正確には三股ではないようですが、 木下ゆうかさんとれいなさんとの交際期間が被っており二股だったことは認めていました。 しかし、はじめしゃちょーはれいなさんと交際する前に木下ゆうかさんへ別れ話を切り出していたそうで、それが長引いたことで交際期間が被ってしまったと説明しています。 なので木下ゆうかさんとはじめしゃちょーはすでに別れる手前であり、その時にれいなさんという女性と付き合っていたということになりますね。 こうして見ると2人の交際期間中にれいなさんと付き合い始めたということですが、 すでに木下ゆうかさんと彼は別れる前提で話が進んでいたようです。 なので、二股というのはちょっと違うのかな? と個人的には思いますのが、やはり正式に別れていないとなると二股と言われても仕方がないのかもしれませんね。 スポンサーリンク 木下ゆうかとはじめしゃちょーのライン画像は? 木下ゆうかさんとはじめしゃちょーの交際期間中に、彼が別の女性と付き合っていたということで二股だったことが判明しました。 これについて謝罪をしたはじめしゃちょーは、 約3ヶ月の活動休止となりファンとしてはショックな出来事になったと思います。 さて、色々と暴露されてしまった木下ゆうかさんとはじめしゃちょーですが、どうも ライン画像というのが流出したという話がありました。 もしこれが本当だったら……と思ったのですが、どうもこのライン画像というのは木下ゆうかさんとはじめしゃちょーのものではなく、 彼とれいなさんとのやり取りだったそうです。 ライン画像を見てみると、どうもれいなさんは彼が木下ゆうかさんと交際していることは知らず、 もう1人の女性である葵さんについて追求しているように思えます。 この葵さんとは交際しておらず仲の良い友人であるとはじめしゃちょーは公言していますが、やはり当時の彼女としては気になってこのようなラインを送っていたのでしょうね。 しかし、れいなさんがこのようなラインをしている間も、 実は木下ゆうかさんとの交際期間中だったと考えるとなんだか複雑な気持ちになっていまいます。 先程書いたようにこの時点で木下ゆうかさんとはじめしゃちょーは別れる寸前だったということなので、れいなさんが事実を知らないのもうなずけます。 今では過去のことということで誰も触れない部分になっていますが、やはり木下ゆうかさんとはじめしゃちょーが交際していたという事実、そして三股だったと言うのはこれからも付きまとってしまうことだと思います。 スポンサーリンク まとめ 木下ゆうかさんもはじめしゃちょーさんも、日本のYouTube界を盛り上げた人物であることは間違いありません。 もし2人がきちんとしたお付き合いをしていたのであれば、誰もが認めるカップルになっていたと思います。 しかし、その交際期間中に彼が他の女性とも関係を持っていたということだけが、このような騒動につながってしまったのではないかと思います。 スポンサーリンク.

次の

元UUUM所属 木下ゆうかの新事務所が決定!コラボテクノロジーとAnyMindによるWマネジメント

木下ゆうか 事務所

木下ゆうかさんが求めているのはあくまでも「海外戦略」 もともとアジア圏、特に勧告を中心とした視聴者層を多く抱えるために様々な戦略を打ち出していた木下ゆうかさんは、「海外志向」が非常に強い日本の女性トップクリエイターとして君臨していました。 本人から直接語られたわけではありませんが、その「海外志向」に必要なマネジメントを、以前所属していたUUUMではうまく実現できていなかった、と言う面もあったことと推測できます。 アジア圏でのプレゼンスをより強固なものにしていくため、今回の所属へ踏み切った木下ゆうかさん。 地震ではカバーすることのできない海外ノウハウの提供は、海外戦略を目指す木下ゆうかさんにとってはまさに「鬼に金棒」状態を生み出しました。 自身のチャンネル動画でも「ご報告」と題して、今回のMCNおよびプロダクションへの所属を発表している木下ゆうかさん。 【ご報告】事務所に入りました。 【木下ゆうか】 「Great to hear this news Yuka-san! Wish you all the best and hopefully more travelling for international eating! AnyMind Creators Networkとは? 「AnyMind Creators Network」はそもそもどういったMCNなのでしょうか? 世界で約1,500名超のクリエイターを支援するアジア最大級のクリエイターネットワーク。 日本においては、パパラピーズやカノックスター、マッスルグリル、Watercolor by Shibasaki , クロネコの部屋など、数多くのクリエイターを支援しているMCNへの所属は、木下ゆうかさんの力をより強固に引き出すことはまちがいないでしょう。 このMCNは、本田圭佑さんを公式アドバイザーとして迎え入れており、様々な角度で展開することが可能なユニットになっているようです。 OTOZUREとは? 株式会社コラボテクノロジーが運営するOTOZUREは、YouTubeやTikTokなど多彩なSNSで活躍するインフルエンサーが多数所属するプロダクションになっています。 一時期「全力〇〇始めるよ〜」と言うフレーズを生み出し、全国の高校生やマスメディアで大きな話題を生んだTikTokファン数170万人超えのこたつさんを始めとした人気インフルエンサーも所属しているOTOZUREでは、独自のノウハウや専属の放送作家との協業なども行なっています。 OTOZUREへの所属によって、よりきめ細やかなマネジメントが可能になる可能性はどこまであるのかは不透明ですが、ビッグイシューとして注目され続けることは間違い無いでしょう。 海外戦略を求めるクリエイターにあったマネジメントは一体なんなのか 木下ゆうかさんをはじめとして、海外へ飛び出そう、海外の視聴者を積極的に取り入れようとする動きは活発になっています。 すしらーめんりくさんが名前を「Sushi Ramen Riku」に変更した後わずか1日でチャンネル登録者数は5万人増加したように、海外のポテンシャルは大きく日本のクリエイターへの影響を及ぼし始めています。 海外向けのマネジメントとは、一体どのような要素が求められているのでしょうか。 一つは単純に語学の壁を突破する大変さを担うと言う面、海外情報の翻訳を仲介として行なってくれる面は非常に魅力的でしょう。 もう一つは海外コネクションを作ることができると言う面も一人では突破できないほどに魅力があります。 もちろんこれに限ったことではありませんが、こういった言語障壁の突破と分析手間を省くことができるのであれば、海外に強いMCNやプロダクションと組むのも一つの大きな手なのかもしれません。 参考:関連記事 【コラム】関根りさも独立。 UUUMから独立するクリエイターのその先は?.

次の

大食いユーチューバー木下ゆうか、事務所退社は“超有名人の元カレ”が原因?

木下ゆうか 事務所

かわいい顔でハンバーガー100個をぺろりとたいらげる。 木下ゆうかさんは人気の大食いYouTuberだ。 2014年5月にYouTubeチャンネルを開設してからわずか1年半で、チャンネル登録者は72万人、動画の視聴数は1億7000万回という人気のYouTuberになった。 実は彼女、もともと芸能事務所付きのタレントだった。 しかし事務所をやめ、YouTube事務所UUUMに移り、YouTuberとして活躍するようになったのだという。 福岡・北九州出身。 彼女はいったいどんな半生を歩んできたのか。 ただおうちでごはんを食べてもおなかいっぱいになったことがなかったです。 普通に三人兄弟でお兄ちゃんも食べるんですけど、炊飯器のごはんがなくなったら終了。 毎回なくなってましたね。 食べるほうではあるな、とは思ってました。 子供のころは満腹になったことがなかったのでガマンという自覚もなかったです。 自分が人より食べるなと気づいたのは、バイトしたお金で初めてバイキングに行った18歳のころ。 2時間ずーっと食べつづけてました。 友達は30分とか1時間で食べ終わってましたね。 わたしは「まだ食べられるよー」って感じでした。 そうです。 その後、仕事の都合で山口にいました。 24歳のときに、広島で大食い番組の地方予選があって、わたしもまあまあ食べるし出てみようかな~と思って出てみたら、他の人たちとぜんぜん違うレベルで食べてしまって。 それで番組から「もっと出てほしい」と声がかかったんです。 芸能のお仕事にも興味があったので、どうせなら東京に出て、ちゃんと大食いタレントになろうかと。 ブームが終わったくらいのころでしたけど。 大食いなでしこ(テレビ番組「腹ペコ! なでしこグルメ旅」)に出たり、地方ロケに行ったり。 週1回くらいのペースでお仕事させてもらってました。 やや唐突ですが、なぜですか? なんか楽しそうだなと思って テレビのお仕事も好きですが、自分が伝えたいことを自分の言葉で視聴者さんに伝えられるYouTubeに魅力を感じたんです。 最初はYouTuberになるぞ~という感じじゃなかったんですけど、始めてみようかなーと、試しに。 YouTubeの知識もなかったから、iPhoneで動画を撮って「iMovie」ってアプリで編集してました。 その頃はまだパソコンも持ってなかったので。 なんか楽しそうだと思ったんです。 UUUMが大手だったし、ヒカキンさんもいるし、というので問い合わせて。 サポートをしてくれるというのを聞いて、いいなーと。 ぜんぜんYouTubeの知識もないし、助けてほしいなって。 あるときから1日1本のペースにしました。 最初は週に1~3本でしたけど、「毎日出したほうがいいよ」というアドバイスを受けてからは毎日投稿しています。 逆に、お店に行くと「今度これを食べてみよう!」というのがいろいろ出てきます。 見てくれている方も「こういう食べ方があるよ」と教えてくれます。 むしろ、あれをやりたい、これをやりたいというほうがいっぱいある状況です。 UUUMのアドバイスがあったからだと思います。 言われてることが納得することばかりで、ためになります。 「あれをしなさい、これをしなさい」というのではなく、アドバイスをしてくれるだけだから信頼できるというか。 (UUUM担当者)小さいことの積み重ねです。 サムネイルのつくりかた、編集方法、他の方とのコラボレーション。 すべてを実行することは難しいと思いますが、木下さんは素直に実行して、自分のものにしてくれています。 中には悪いことを書かれることもあると思いますが。 ポジティブな意見がすごく多いです。 ネガティブなコメントがあっても逆に、ちゃんとした注意は「そうかー」と思えるので、動画を作るときの参考にさせていただいています。 いろんな人の意見が聞けるのでよい動画が作れると思うんです。 それに、だれかが1人が見たいものってみんなが見たいものだったりするんですよね。 テレビよりファンとの距離がすごく近く感じますね。 視聴者さんとコミュニケーションもとれてるので、とても楽しいです。 逆に、平日はファンの人たちがよく見てくれて気がします。 あと、毎週日曜はYouTubeLiveをしています。 視聴者さんが夜ごはんを食べてる時間帯にライブ配信で約1時間、ごはんを食べてます。 視聴者さんからのコメントに答えたりしながら、一緒にごはんを食べています。 コメントには「おいしそう!!」「今度はあれ食べて!」とか、「私も生放送を見ながら一緒に食べてるよ」なんてコメントをもらいます。 ちょっと意外でした。 投稿を始めたときは男性の方が多かったんですけど、登録者数が増えるにつれて女性が増えていきました。 「わたしは食が細いけど、いっぱい食べるゆうかちゃんの姿を見てるだけでうれしい」ってコメントをもらうこともあります。 私の動画では食べたいものを食べたいぶんだけ食べてます。 苦しくなることはないです。 私の胃袋は普段は皆さんと同じぐらいのサイズなんですけど、食べたぶんだけ大きくなるらしいんです。 普通の量でも大丈夫なんですけど食べるのが好きだから食べちゃいます。 またテレビに? テレビのお仕事も楽しくて好きですが、今はYouTubeを頑張っています。 最近は、海外からの視聴も増えてるんですよ。 動画には海外の視聴者さんが翻訳してくれた字幕が付いているんです。 コメント欄にもいろんな言語で書き込まれていて、世界中の人が見てくれているのが分かるのでとても嬉しいです。 海外の人にも食の楽しさを伝えたいし、海外の視聴者さんにも会ってみたいです。 すっごい自由ですよ。 どこにいてもYouTubeはできますから、ずっと日本にいなきゃいけないわけじゃないし。 YouTubeをやるのがとても楽しいので、毎日が充実しています。 ピックアップ• ステップ・バイ・ステップでSDLプログラミングの初歩を解説• 「HMS」って何? Androidスマホと何が違うの?• どんなデバイスが、どのくらいネットワークを使っているのかをグラフィカルに可視化• 単年度でなく数年後も対応できる「GIGAスクール構想」実現を、低価格の10ギガ製品や無線LAN製品、長期保証で支援• Core i7-10875HにGeForce RTX 2080 Super with Max-Qは現時点で最新・最強• 今年度もSDLアプリコンテストを開催中! まずはSDLについて知ってみよう• クラウドネイティブな「Veeam Backup for Microsoft Azure」発売、マルチクラウド時代に備える選択• ユーザビリティーと冷却性能に注目、ゲームしやすいPCとは何かを追求したうえでの答え• ゲームにもコンテンツ制作にも不足なし!• 電波の弱い部屋を撲滅したい!• 7月2日全国発売です!!! ぶっかけうどんとはまた違う!• 毎日45%ポイント還元アリの電子コミック「まんが王国」がお得感No. 1なワケ• 使い込むほどに実感する使い勝手と利便性の心地よさ• ゲームもテレワークも1台でこなしたい!• テレワーク推奨で俄然気になる家庭のパソコン選び• 第10世代コアCPUを搭載した人気モバイルノートの進化版がテレワーク機能を強化して登場• 「子どもにも一台持たせる環境」にベストなタブレットはこれ!• ストレージメーカーに聞くHDD取扱いの注意点• 多様化する働き方に合わせて使える機能満載• LAVIE開発者に聞くテレワークに特化した最強のプレミアムモバイルノート誕生の裏側• 日本の縮図となる都市で、補助金200万円と手厚いサポート• レノボのクリエイター向けデスクトップPC、プロ漫画家の目にはどう映る?• 余ったらどうする?足りなくなったら追加できる?• 人気のデュアル水冷シリーズに第10世代Core最強モデルが登場!• リフレッシュレート240Hzの液晶ディスプレーも搭載• 開発環境プリインストール済み!! このアクセス速度を体験したらもう戻れない• ノイズキャンセリングもコスパも強力!• NVMe SSDでOSやアプリの起動も高速!• 第10世代Coreにタッチパネルも入って約1. 32kg! 1日使えて、価格もお手頃• 週アス読み放題で、独自コンテンツ盛りだくさん.

次の