削除データ 復元。 ファイルサーバーから削除したデータは復元できる?|データ復旧ポート:PC・HDDファイルの復元方法

パソコンのゴミ箱の復元方法。消してしまったゴミ箱を元に戻せないときにすべきこと

削除データ 復元

仕事中に共有フォルダのデータを誤って削除してしまい、ヒヤリとした……という経験がある人も多いのではないでしょうか。 ローカル保存されたデータはパソコンの「ゴミ箱」から復元ができますが、社内の共有フォルダのデータを削除してしまうと、そのまま失われてしまいます。 この記事では、共有フォルダのデータを削除してしまった場合のデータ復元方法を紹介します。 一例として参考にしてください。 復元を行う際はパソコンの状態や最新情報を確認してください。 共有フォルダ内のデータ復元方法【Windowsの場合】 Windowsパソコンを使用している場合の復元方法について説明します。 復元のためには社員(一般ユーザー)ではなくシステム管理者権限が必要な可能性が高いため、実行する場合は独断で進めずに管理者に問い合わせましょう。 ファイル履歴からファイルを復元 Windows8、Windows8. 1、Windows10で、「ファイル履歴」が有効になっている場合、ファイルの変更が自動でコピーされ が取られています。 対象となるデータはドキュメントやピクチャなどのフォルダに保存されているデータです。 ファイル履歴を有効にするためには、外付けのドライブ(HDDやUSBメモリ)が必要です。 接続し、まずはファイル履歴の設定を行います。 この機能を利用するには「システムの保護(=シャドウコピー)」を有効にして復元ポイントを作成しておく必要があります。 まずは「システムの保護」が有効になっているか確認しましょう。 コントロールパネルの「システム」内にある「システムの保護」を選択すると、保護設定を見ることができます。 Windows(C:)システムは初期値で有効になっていますが、 を取るためにはローカルディスクも有効にする必要があります。 無効になっていた場合はドライブを選択した状態で「構成」ボタンをクリックし、「システムの保護を有効にする」をチェック、ディスク領域の最大使用量も調節しておきましょう。 システムの保護が有効であれば、「復元ポイント」に遡ることでファイルを復元できます。 システムの復元 シャドウコピーと同様に、復元ポイントからシステムを復元する方法です。 Windowsのファイルを復元ポイントの時点に戻すことができますが、削除した個人データは復元できず、かつ中止や後戻りができない操作です。 ファイルを個別に復元するのではなく、パソコン全体を先祖返りさせる方法ですので、極力行う必要が生じないよう、別の方法を検討するのが無難です。 復旧ソフトを使う OSの復元機能とは別に、パソコン向けの復旧ソフトも公開・販売されています。 無料のもの(フリーソフト)と有料の商品がありますので、利用する際は特徴やレビューを確認してみましょう。 Windows OSのどの世代に対応しているか、文書・画像などどのようなファイルに適しているのかを踏まえ、復元したいファイルに合ったものを選びましょう。 復旧ソフトは、必ず全てのデータが復元できるとは限りません。 あるソフトでは復元できなかったものが、別のソフトでは復元できるケースもあります。 有料版に抵抗がある場合は、フリーソフトや無料体験版を試して復元できなかった場合に商品の購入を検討しましょう。 共有フォルダ内のデータ復元方法【Macの場合】 次に、Mac(iOS)を使用している場合の復元方法について紹介します。 Time Machineを使う Time Machineで を作成しておくことで、自動で過去のファイルを保存しておくことができます。 初回は時間がかかりますが、設定しておくと過去24時間分(1時間ごと)、過去1ヶ月分(1日ごと)、過去の月分(それぞれ1週間ごと)の が作成されるため、誤ってデータを削除してしまっても安心です。 ほかに、FinderやiCloudを利用するといった方法もあります。 復旧ソフトを使う Windowsと同様、復旧ソフトやアプリを活用することも可能です。 無料・有料のいずれの場合も対応しているかどうかを確認し、説明書に従って利用しましょう。 普段から を取っておくことが大切! 復旧ソフト以外の対策では、 あらかじめ復元可能にするための設定をしておかなければ、機能は利用できません。 いざというときに慌てないよう、パソコンを利用し始めたら、 についても確認することをおすすめします。 各種 の設定 Windowsで復元を行うには、「復元ポイント」または「ファイル履歴」の設定が必要です。 MacのTime Machineは外部 を接続したうえで、初回の は設定が必要になります。 また、業務上重要なデータは、自身で個別に を作成しておいても良いでしょう。 その場合、個人情報漏えいを防ぐために、会社のルールに従って保存してください。 なら自動保存で簡単に復元 自社で構築したファイル では自動 が難しくても、 なら設定の手間なく を取ることができます。 セキュアSAMBAでは、 スケジュールや世代数を柔軟に選択できる オプションを備えています。 の負荷を増やすことなく手軽に が可能に。 システム担当の方も、一般社員の方にも安心して を利用できます。

次の

Windows 10 で削除してしまったデータを復元する 3 つの方法

削除データ 復元

Windows 10/8/7で間違って大事なファイルを削除、上書きしてしまった場合、どうしますか?この記事では、うっかり削除したファイルを復元・復活する方法をいくつかご紹介します。 ファイル復元が必要になる時 普段、皆さんは職場や自宅で様々なアプリを使い、様々なデータやファイルを扱うでしょう。 操作ミスにより重要なファイルを消してしまったことも多くあるでしょう。 うっかり削除したファイルを取り戻す可能性がありますか?大切なデータが消えた時に焦らなくてもいいですよ。 後は誤って削除したファイルを復元する方法をいくつかご紹介しましょう。 それらのいずれかを使用して削除してしまったファイルは復活できるかもしれません。 HDDに何も書き込まないで! ファイルが削除された時、実際にそれらは完全に消えたわけではありません。 削除したファイルに新しい上書きがされないかぎり、まだHDDに残っているため、安心してください。 しかし、失われたファイルを保存する物理的なスペースは上書きされている場合、データを元に戻す可能性がすごく低いです。 だから、大事なファイルを誤って削除してしまったことに気づいたら、HDDに何も書き込まないでください。 そのほか、パソコンの稼働時間は長ければ長いほど、削除したファイルを復元する可能性が低いため、うっかりファイルを削除した後、すぐにパソコンをシャットダウンしたほうがいいと思います。 削除したファイルを上書きするかもしれないので、削除済みファイルを元の場所に復元しない方がいいです。 もし復元操作が失敗するなら、他の方法を使用して、失われたファイルを復活できるかもしれません。 ゴミ箱からファイルを復元 うっかりファイルを削除したら、最初にそれらはごみ箱にあるかどうかを確認すべきです。 一般的に、安全対策として削除したファイルはごみ箱(容量不足になるまで)に格納されているのです。 まず「 ごみ箱」を開きます。 ごみ箱の中で、復元したい項目を選択し、画面の左上にある「 選択した項目を元に戻す」をクリックすることができます。 或いは、復元する項目を右クリックし、「 元に戻す」というオプションを選択することもできます。 こうすると、削除したファイルを元の位置に復元します。 補足 「ごみ箱」を右クリックし、メニューから「プロパティ」を開くと、ごみ箱の格納容量を設定できるし、ファイルをうっかり削除しないよう、予防策として確認メッセージを表示させるのも可能です。 こういう場合、そこ箱からファイルを復元できない事に注意してください。 復元ポイントでファイルを復元• バックアップは、誤削除だけでなく、パソコンの故障、ランサムウェアの様々なサイバー犯罪などからデータを守るために必要です。 間違えて削除しても、ゴミ箱を空にしても、バックアップさえしてあれば、イメージからファイルを復元し、元に戻すことができます。 そのため、普段使うファイルはバックアップの対象にしておき、バックアップはなるべく頻繁に行っておくと安心です。 まず、Windows 10/8/7には標準のバックアップ機能があるので、それらを適切な設定にしておけばファイルやシステムの復元が可能になります。 最初に紹介されたWindows 10/8/7標準機能は、「 システムの復元」です。 この機能を利用することでパソコン全体を誤操作する前の状態に復元できます。 紛失データが少なくとも1週間前に戻れます。 「 システムの保護」を有効にする限り、Windowsは自動で「 復元ポイント」を作ります。 また、手動で復元ポイントを作成することもできます。 「 システムファイルと設定の復元」が表示されるので、「 次へ」をクリックします。 そして復元ポイントの一覧が表示されるので、戻したい時点の復元ポイントを選択して「 次へ」をクリックします。 復元ポイントを確認して問題がなければ「 完了」をクリックします。 「 いったんシステムの復元を開始したら、中断することはできません。 続行しますか?」というメッセージが表示されたら、「 はい」をクリックします。 システムの復元が完了したあと、パソコンが再起動します。 「 システムの復元が正常に完了しました」と表示されるので、「 閉じる」をクリックします。 この方法は全部復元に結構時間がかかっています。 一部のファイルだけを復元したい方は次の方法を試してみることができます。 以前のバージョンでファイルを復元 「システムの保護」がデフォルトで有効になっているため、特定の状況でシャドウコピーは自動的に作成されます。 これらのシャドウコピーを利用して完全に削除したファイルを「以前のバージョン」に戻すことができます。 ファイル名とか削除日時とかが分からない場合、「以前のバージョン」を使ってファイルの復元を実行できます。 消えたデータの保存先を参照します。 「 以前のバージョン」タブにすべての利用可能なバージョンが一覧表示されます。 復元したいバージョンを選び、「 復元」というボタンを押します。 「復元」を選択すると、復元先は元の場所です。 補足 削除したファイルの保存場所を忘れてしまった場合、ソフト「(シャドウ・エクスプローラー)」を無料でダウンロードできます。 これはシャドウコピーによりバックアップされたすべてのファイルを一覧表示できます。 ここから、削除したファイルを簡単に選び、復元することができます。 もし、このフリーソフトをHDDにインストールするなら、復元する必要があるファイルが上書きされる可能性が高いです。 「以前のバージョン」では、パソコンから消えたデータを時間で選択して復元できるので、初心者の方でも楽に完成できます。 ファイルの履歴でファイルを復元 次は、ファイルの履歴を利用してファイルを復元する方法についてご紹介します。 Windows 10である場合、以下の流れでファイルを復元することができます:• 「 コントロールパネル」から「 ファイル履歴でファイルのバックアップコピーを保存」をクリックします。 左メニューにある「 ドライブの選択」をクリックし、利用可能なドライブ(保存先)を一つ選び、「 OK」をクリックします。 再びファイル履歴の設定画面になり、先ほど選択したドライブが表示されています。 ここで右下にある「 オンにする」をクリックしたら設定完了です。 そしてファイル履歴を使って削除したファイルを復元するには、左メニューにある「 個人用ファイルの復元」をクリックします。 すると保存されているバックアップファイルの一覧が表示されます。 復元したいファイルを選んで中央にある緑色のボタンをクリックしてファイル復元操作に進みます。 「 ファイルを置き換える」をクリックするとファイルが同じ場所に復元されます。 ヒント:なお、復元ボタンを右クリックすると表示される「復元場所の選択」というメニュー項目が表示されます。 これを使うと任意の場所に復元したファイルを保存できます。 バックアップと復元機能でファイルを復元 最後はデータを誤って削除したら、「 バックアップと復元」機能を使用してバックアップしたデータを復元できます。 Windows 7である場合、以下の操作手順に従ってください:• 「 復元」欄から「 ファイルの復元」をクリックします。 「 ファイルの参照」または「 フォルダーの参照」をクリックします。 一覧から、復元したいファイルまたはフォルダーを選択して「 ファイルの追加」または「 フォルダーの追加」をクリックします。 複数のデータを復元するときは、この操作を繰り返します。 そして、復元するファイルまたはフォルダーの名前、更新日時を確認した上、「 次へ」をクリックします。 ファイルを復元する場所(復元先)を選択します。 以上で操作完了です。 もっと詳しく知りたいなら、下の記事を参考にできます。 後は復元したファイルなどを開きデータが復元されたことを確認してください。 データ復旧ソフトでファイルを復元• しかし、標準の機能だけでは完璧と言えない部分もあるため、Windows 10/8/7をより安全に利用するためにサードパーティ製ソフトウェアの利用も提案したいと思います。 残念ながら、以前のバージョンとかバックアップファイルなどがない場合、や標準機能を使用しても一部のファイルが復元できない場合、「Recuva」というシンプルで使いやすいファイル復元ソフトを試してみることができます。 内蔵ハードディスクはもちろん、リムーバブルディスクなどの外部メディアから削除してしまったファイルの復元も可能です。 をリムーバブルドライブ(USBメモリまたはCD)にダウンロードします。 ダウンロードしたセットアップファイルからインストールします。 インストールが終わると本ソフトが起動します。 削除してしまったファイルが存在していたドライブを左上にあるプルダウンメニューから選択し、すぐ右側にある「 スキャン」ボタンをクリックします。 スキャンが終了すると、画面中央に削除済みのファイルがすべてリスト表示されます。 そこから、復元したい項目を確認し、チェックを入れて画面右下の「 復元」ボタンをクリックし、復元先のフォルダを指定します。 ファイルの復元処理が実行されます。 また、ファイル一覧を任意のキーワードで絞り込む機能や、発見されたファイルを米国国防総省や米国国家安全保障局(NSA)が定めた方式で完全に削除する機能も備えます。 ファイル消失を未然に防ぐ 不注意による削除のほか、データ消失の原因は多くあります。 たとえば、HDD故障、ランサムウェア感染、システム障害、自然災害などです。 すべては予期せぬことでしょう。 そのため、日頃からバックアップを定期的に取っておくことでさらなる保護層を加えるのがいい習慣です。 必要に応じて増分バックアップを作成できるし、バックアップスケジュールを設定できます。 Windows 10、8. 1/8、7、XP、Vistaのデータをちゃんと守ることができます。 しかし、システムクローン、差分バックアップ、ユニバーサル復元など、もっと高度な機能を使用したい場合、割引でする必要があります。 また、Windows Server 2012/2016/2019に対応したい場合、を使用してください。 を選ぶことができます。 また、ポータブル版を作成するためにインストールディレクトリをコピーできます。 を選ぶことができます。 ここではディスクバックアップを例としましょう。 「 バックアップ」タブをクリックし、「 ディスクバックアップ」を選択します。 バックアップしたいソースディスクを選択します。 イメージバックアップを保存する場所を選択します。 バックアップの「 スケジュール」を設定します。 バックアップを「 開始」します。 補足:毎日、毎週、毎月の特定の時刻にバックアップを自動実行できる他に、特定のイベントでスケジュールされたバックアップを実行することもできます。 増分バックアップと差分バックアップは新しく追加、変更された項目だけをバックアップするため、多くの時間とディスク容量を節約します。 このようなバックアップがあれば、うっかりファイルを削除、うっかり上書き保存するような人為的なミスからもデータを簡単に守ることができます。 重要なデータを失ってしまった場合、システムに問題が発生した場合、バックアップイメージを復元し、パソコンを正常な状態に戻すことができます。 最後の手段 上述のすべての方法を試してもファイルを復元できない場合、普段からデータのバックアップを取っていない場合、または失われたデータはあなたにとって大事なものである場合、専門のデータ復旧サービスに依頼することができます。 これは、データ喪失の原因に合わせて様々なデータ復旧技術を駆使して、お客様の大切なデータを取り戻すことができます。

次の

【Windows10】削除したファイルを復元する方法

削除データ 復元

デジカメ本体の削除ボタンは使わないという人もいるが…… どうしても必要となる画像データを誤って削除してしまったとき、あなたならどうするだろうか?撮影したそのものをもう一度撮影することができるのであれば、撮りに行くのもいいだろう。 あるいは似たようなもので間に合わせるということもできるかもしれない。 しかし、どうしてもそのときにしか撮影できないというものもあるわけで、そういった画像を誤削除してしまった場合には致命的なミスとなってしまう。 似たようなパターンとしてPCのファイルを間違って削除してしまったという経験を持っている読者は少なくないのではないだろうか。 PCであればゴミ箱から戻せばいいだけであるが、デジタルカメラではそうはいかない。 ほとんどの機種で削除したものは戻ることはない。 しかし、絶望するのはまだ早い。 削除してしまった画像データはかなりの確率で救うことができるのだ。 ただし、画像を取り戻すためにはいくつかの手順を経る必要がある。 まず、間違って削除してしまったときに、最初にやるべきことを覚えておいてほしい。 【目次】• デジカメでデータ削除したら、まずはメモリーカードを確保すべし! 最初にやるべきこと、それは「なにもしない」ことだ。 デジタルカメラにかぎらず、PCなどで扱える「ファイル」というものは削除しても実際にデータが消えてはいない。 データなどのファイルがある場合はそこに書き込むことを禁止しており、「削除」するとそのスペースに書き込むことが許可される……というようになっているのだ。 つまり、削除してしまったデータは、削除したばかりであれば依然としてそこに存在している。 削除直後であればデータの上に白い紙が貼られただけで、書き込む用意がされている……というだけの状況だ。 白い紙をはがせばデータは存在している。 しかし、白い紙の上になにかを書いてしまうと、その下にあるデータにも裏写りしてしまう。 もはや、データを復活させることは難しくなってしまうのだ(可能性はゼロではないが)。 ちなみに、これはカードのフォーマットであっても同じである。 よって、間違って画像データを削除してしまった場合、まず最初にやるべきことはデジタルカメラからメモリーカードを取り出して触らないようにすることだ。 デジカメからメモリーカードは確保した後は? さて、削除した直後に保全したメモリーカードをどうすればいいか。 USBやPCカード経由でPCに接続し、削除ファイルの復活ができるユーティリティでチェックするのだ。 フリーソフトでデジカメデータを復活させてみよう 削除してしまったデータを復活させるためのソフトウェアがいくつかある。 市販ソフト、あるいはフリーソフトでも存在している。 筆者は『』の無料体験版を使用している。 6.復元したいファイルを保存します 市販ソフトはもうちょっと強力にデジカメデータを復元できる FileRecoveryは非常に多機能なソフトウェアではあるが、やや一般ユーザーにとっては敷居が高いソフトであることは否めない。 また、フリーソフトでは不安だというのであれば、いくつかの市販ソフトが存在しているのでそちらを選択するというのもありだろう。 また、市販ソフトであれば削除したあとにメモリーカードをいじっていた場合でも、復元できる場合がある。 いくつか紹介しておこう。 (ソースネクスト)• (AOSテクノロジーズ) ダウンロード版であれば、「データを復活できるかどうかの判断のみ表示」して、実際のデータ復活は購入してから……というようなものもあるので、事前の判断も可能だ。 さて、うっかり削除以外にもデジタルカメラのデータが失われるということはある。 ハード的な欠損や、ハード的にはメモリーカードを認識することができても、ファイルを見ることができないというようなこともある。

次の