ジャニーズwest 解散危機。 HiHiJets(ジャニーズJr.)解散危機?!橋本&作間のヤバイ写真と音声流出まとめ

ジャニーズWESTの歌詞一覧リスト

ジャニーズwest 解散危機

そして今、もう一つ人気グループを失う危機に直面しているという。 26日、「文春オンライン」は TOKIOの 長瀬智也が21年にもジャニーズを退所すると報じたが、テレビ局関係者は語る。 「長瀬の退所説については、1年くらい前から一部メディアでも報じられてきましたが、長瀬は昨年中盤以降、周囲に退所の意向を漏らしていました。 きっかけは、やはり18年に元TOKIOメンバーの山口達也が不祥事でグループを脱退し、事務所を退所したことです。 これによってTOKIOの音楽活動がストップしてしまった状況に、メンバーのなかでも人一倍、音楽活動に思い入れの強かった長瀬は不満を募らせていました。 そして、その長瀬の不満を一向に解消しようとしない他のメンバー、そして事務所の姿勢に嫌気がさしていたようです。 そのため、長瀬は昨年夏の時点では退所の意向を固めていたものの、ジャニー喜多川元社長の死去や他の所属タレントの退所、そして事務所の新経営陣への移行なども重なり、延び延びになっていたというのが実状のようです」 そしてこの長瀬の退所が、すなわちTOKIOの解散を意味すると別のテレビ局関係者は指摘する。 しかし、山口の事件以降は事実上音楽活動が不可能となり、もっと俳優や音楽の仕事に力を入れたい長瀬と松岡昌宏、MCの仕事が多い国分太一、そして微妙なスタンスになってしまったリーダーの城島茂と、徐々にバラバラになっていきました。 現在、グループの冠番組としては『ザ!鉄腕!DASH!! ---以下、再掲--- ジャニーズ事務所前社長のジャニー喜多川氏が逝去してから3カ月近くが経過し、ついに事務所の新経営体制が発表された。 ジャニー氏の姪で副社長だった藤島ジュリー景子氏が社長に就任。 副社長にはジャニーズアイランドの社長でもある滝沢秀明氏と広報部長だった白波瀬傑氏、新設された会長にはジャニー氏の姉で副社長だった藤島メリー泰子氏が就く。

次の

ジャニーズWEST・中間淳太と“妄想オフィスラブ” エレベーターに2人きりで…(2020年7月21日)|BIGLOBEニュース

ジャニーズwest 解散危機

「抜けちゃう方が簡単」とはKAT-TUN・NEWSの元メンバーに伝えたい名言 6月10日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)にジャニーズWEST桐山照史、藤井流星、小瀧望、中間淳太が登場。 デビュー2年目の初々しい彼らに、大先輩TOKIOがグループ内格差から解散危機までを語る一幕がありました。 人気コーナー「方言女子としゃべろう」では、「関西女子の魅力を伝えたい!」と訴えるジャニーズWESTを番組一番人気の熊本女子・まおりが悩殺。 まおりといえば、これまでにもHey! Say! 終わってからも「あかん! いーやめっちゃ良いわ!」「まだ……ま……ま……負けないです。 僕はまだ負けてないです」と余韻に浸ってろれつが回らず。 すっかり翻弄されてしまいます。 続く藤井も、抱きついてきたまおりに見つめられながら「こん映画終わるまで、こんままでおっても……よかど?」と聞かれると、「……全然大丈夫です」と即答し完敗。 藤井は「ここら辺(二の腕)持たれた瞬間に」と話していましたから、どうやらボディタッチにも弱いようです。 また小瀧や桐山も、まおりの熊本弁攻撃にニヤけ顔。 まんまと射抜かれてしまった桐山は「あー! オレ(熊本に)引っ越そうかな!」とまで言い出すなど、結局ジャニーズWEST全員が熊本女子にハマってしまうという結果に終わりました。 そして番組中には、ジャニーズWESTと同じ関西出身の城島が「ジャニーズグループ20年間でこんな事が起こるけど大丈夫講座」と題し、ピンチを乗り切る方法を伝授する場面も。 城島は「学園モノの主役じゃなくて、不倫や脱税する犯人役がきても大丈夫」「全員が主役の話が来る可能性っていうのは、なかなか難しいのよ」と、自身の経験を語り始めます。 ドラマや映画で主演を務めるメンバーがいる一方で、「大体僕に話が来るのは、不倫役とか」という城島。 その格差を気にした時期もあったようですが、しかし長瀬智也が2002年に映画『ソウル』で石原裕次郎新人賞を受賞し、城島がプレゼンターとして登壇したのをきっかけに「ああ、(自分は)プレゼントする側やな」「『僕はそういうステージに、ネタでも立てるんや』って思った時に、『ありがたいわ』」と感じたそう。 この話には長瀬も「オレこんなん初めて聞いたもん! 20年間一緒にいるけど」と驚いていましたが、中間があらためて「ジャニーズでも、必ずしも王道行かなくてもいいんだよってことですか?」と尋ねると、城島は「すみ分けやね」と一言。 TOKIOの20年を支えて来た男の言葉には、重みがあります。 さらにジャニーズWESTを引きつけたのは、城島の「解散の危機が来ても大丈夫!」というメッセージ。 今でこそ仲が良いと言われるTOKIOですが、過去には解散の危機も。 国分太一も『櫻井有吉アブナイ夜会』(TBS系)に出演した際に「『これ解散じゃないかな?』ってことが何度かあった」と語ったことがありましたが、この日も「方向性もみんな変わってきちゃうし」とその原因を明かします。 しかし「(方向性の違いは)5人で話し合ったりとかして。 他メンバーも「ヒビは入るのよ、絶対。 みんな他人だから。 そのヒビを埋める作業が大変。 バラしちゃったらもう戻らないから」(松岡昌宏)、「言っとくけど、解散の方が簡単なんだぜ? 続けることが難しいんだから。 1人抜けちゃう方が簡単なんだもん」(山口達也)と、同じメンバーで続けていくことの難しさを熱く説きます。 何事も「1位を取って当たり前」だというジャニーズの世界。 しかし城島は「大丈夫やから、1位取れんでも。 気にせんでいい。 そこをずっと目指すより、ナンバーワンも良いけど、オンリーワン目指そうよ」と、SMAPの名曲を用いながらエールを送ります。 また長瀬が、「絶対リーダーは大事にした方がいい。 僕らも、続けられたのはこの人(城島)のおかげだって多分みんなが思ってる」とアドバイスしたため、これにうなずくメンバーの姿に、城島は言葉を失い涙目。 「普段絶対言わへんねんで? こういう時にポロっと言いよんねん」と、メンバーの深い愛情を噛みしめているようでした。 大先輩からのアドバイスを、神妙な面持ちで聞いてたジャニーズWEST。 松岡は「7人いるんだから、うちより大変かもしれない」と心配していましたが、なにかあっても共に歩み出せる関係性を今から着実に築いていってほしいものですね。 107コメント• 231コメント• 7コメント• 1コメント• 93コメント• サイゾーウーマン• 新着商品• 毎月23日発売。

次の

TOKIO城島茂、「グループ内格差」「解散の危機」の乗り越え方を後輩にレクチャー|ジャニーズ研究会

ジャニーズwest 解散危機

自らが会場を仕切り、ウィットに富んだ話術で場を沸かせる姿勢に、会見を絶賛する芸能人や業界関係者は多かった。 世間からも好意的に受け止められたようだが、そんな会見の中で明らかになったことがある。 それは「ジャニーズ事務所の弱体化」だ。 これまでジャニーズ事務所を退所したタレントは、露骨にテレビ出演を減らされ、芸能界から〝干されて〟しまうことが多かった。 『SMAP』の元メンバーである草彅、稲垣、香取ですらレギュラー番組を次々と降板させられ、一時、地上波から姿を消した。 一方で中居は事務所からの円満退所に成功。 今後も変わらずテレビに出演し続けることになる。 「『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)、『中居正広のニュースな会』(テレビ朝日系)など、レギュラー番組への出演は継続の予定です。 レギュラー継続にあたってとくに中居をバックアップしているのがテレビ朝日です。 退所会見の会場はテレ朝でしたが、これは、『ウチはもうジャニーズ事務所には忖度 そんたく しませんよ』という意志表示でした。 『SMAP』元メンバーの3人を出演させないようテレビ局に圧力をかけた疑いがあるとして事務所が注意を受けたのです。 これによって、事務所側が退所後の中居のテレビ出演を邪魔できなくなったという背景もあります」(テレビ局関係者) そもそもここ数年、ジャニーズ事務所の影響力は目に見えて低下してきている。 さらにジャニーズにとって一番の痛手となるのは、年末に訪れる『嵐』の活動休止だ。 「事務所の稼ぎ頭だった『嵐』が活動休止した後、その穴を埋められるほど新人が育っていない。 これに危機感を抱いたのが滝沢秀明 37 でした。 彼は新人教育に力を入れ、今年1月には『Snow Man』と『SixTONES』をCDデビューさせました。 とはいえ、彼らもエースと呼ぶにはほど遠い。 ジュリー派とタッキー派は今、役割分担をしながらうまくやっていますが、いつまた対立が表面化するかわかりません。 ジャニーズ事務所内も一枚岩とは言えないのです」(スポーツ紙芸能デスク) 中居の円満退所を許したことにより、ジャニーズ事務所自体が弱体化している事実を露呈してしまった。 今後、退所者が後を絶たなくなる恐れがある。 「ジャニーズでは新人を育てることにかなりの時間とカネをかけています。 入所からデビューまでに10年近くかかることもザラにあります。 それなのにデビューから数年ですぐに辞められてしまうと、商売にならないのです。 今、〝退所予備軍〟として噂されているのは山下智久 34 、『TOKIO』の長瀬智也 41 、『Hey! Say! JUMP』の知念侑李 ちねんゆうり 26 です。 彼らが中居の例を見て後に続く可能性は高いと思われます」(前出・芸能プロ幹部) さらに、ジャニーズ事務所がこれまでのようにテレビ業界で幅を利かせることができなくなる可能性もあるという。 「今まで、テレビ局はジャニーズに忖度して、あまり使いたくないジャニーズタレントをバラエティーやドラマに起用することが多くありました。 ですが、今後はテレビ局も遠慮することなく、他の事務所のタレントを起用できるようになります。 逆に、人気や実力がないのに『ジャニーズだから』という理由だけでタレントがテレビに出ることは少なくなるでしょう」(前出・テレビ局関係者) ジャニーズ事務所にとって、史上最大の危機が訪れようとしている。 山下は昨年、ジャニーズでは初となるInstagramをスタート。 PHOTO:山田宏次郎(1~3枚目).

次の