フクロモモンガ ケージ。 フクロモモンガの寿命は?病気にならない為の飼育方法は?

フクロモモンガの飼い方と注意点|特徴・寿命・種類・値段【まとめ】

フクロモモンガ ケージ

フクロモモンガのケージはいつも清潔な状態で フクロモモンガのケージはいつも 清潔な状態にしておかないと悪臭の原因になるほかにも、細菌が発生しフクロモモンガに感染してしまう可能性があります。 可愛いフクロモモンガの健康を守るためにもケージはいつも清潔な状態に保つようにしましょう。 また定期的にフクロモモンガのケージを全て洗って日光に当てるとサッパリとします。 このときフクロモモンガの匂いが全てなくなってしまうと、落ち着かなくなってしまうため掃除の前まで使っていた床材などを少しだけ残しておくようにしましょう。 フクロモモンガのプラスチック製ケージの特徴 フクロモモンガのケージにはプラスチック製のものがあります。 プラスチック製のケージのメリットは一部の水槽等を除き 比較的手頃な価格で購入できることです。 掃除しやすい素材でもあるので丸ごと洗うことも出来、保温性も抜群のためフクロモモンガの赤ちゃんを保温したいときにおすすめの素材でもあります。 フクロモモンガの金属製ケージの特徴 フクロモモンガの金属製ケージのメリットは、プラスチック製と同じく手頃な価格で購入できることです。 フクロモモンガ用に高さがあるケージなど種類も豊富で、フクロモモンガ用に回し車やアクセサリーを設置することもできますが、 保温性は高くないため使用する場合は冬場の工夫が必要となります。 スポンサードリンク フクロモモンガのアクリル製ケージの特徴 フクロモモンガのアクリル製のケージは値段は少々張りますが、 掃除しやすく保温性が高いというメリットがあります。 フクロモモンガ用のアクセサリーも設置しやすく透明なため鑑賞しやすいという特徴もあります。 フクロモモンガのケージ周りにシーツなどを フクロモモンガは元々樹の上で生活していたこともあり、飼育するときもケージにつかまって排泄をするため、ケージ周りにはあらかじめ ペットシーツなどを置きこまめに取り替えて清潔に保つようにしましょう。 ケージカバーを利用するのもおすすめです。 まとめ フクロモモンガのケージはこまめに掃除をしないと悪臭や細菌に感染する可能性があります。 掃 除しやすい素材のケージとしてはプラスチックやアクリル製のものがあるので、フクロモモンガが気に入りそうなものを選ぶようにしましょう。 また、ケージ周りにはペットシーツなどを利用すると掃除しやすいでしょう。 スポンサードリンク.

次の

モモンガのおうちを用意しよう│フクロモモンガの飼い方

フクロモモンガ ケージ

エキゾチックアニマル専門獣医師の霍野 つるの と言います。 えっ、エキゾチックアニマルって言葉知りませんか?ウサギやハムスター、インコやカメなどの犬猫以外のペットを指します。 1996年に日本初の専門病院である『エキゾチックペットクリニック』を開業しました。 症例数は月に400件を越しています。 他にもエキゾチックアニマルのセミナーも企画し、沢山の医療や飼育の書籍を執筆しています。 ウサギのNPO団体『日本コンパニオンラビット協会』代表としても、2019年から活動をしています。 エキゾチックアニマルに関することは勿論のこと、ご縁を感じた方がいましたら、いつでもお声かけてください。 ペットドクターの霍野晋吉さんに聞いた、フクロモモンガ用ケージのおすすめ商品をご紹介します。 樹上で生活する野生のフクロモモンガは運動量が多く、木から木へと滑空して高いところまで登ります。 そのため家庭で飼育する際には、横よりも縦に長いケージを用意するのが理想。 立体的に活動できる木の枝やステージも設置する必要があります。 以前はフクロモモンガ飼育には鳥や小動物用のケージを使うことが多かったようですが、最近は専用のケージが販売されています。 この記事ではペットドクターの霍野さんに、フクロモモンガ用ケージの選び方とおすすめの商品についてうかがいます。 ぜひ参考にしてください。 6kg - 約6.

次の

モモンガの飼い方!初心者からはじめる飼育方法|ペットの飼い方【ペットシイク】

フクロモモンガ ケージ

フクロモモンガには大きいケージと白コーティングされたものを用意しよう 大きいケージで運動できる空間をつくってあげる フクロモモンガはとても運動量の多い生き物です。 野生では餌を探して、ときには敵から逃げるために木から木へと飛び移ったり、高いところまで登ったりしています。 飼育下でも日中は巣箱で休んでいますが、夜は活発に活動しているので、ケージはある程度の大きさのものを選んであげましょう。 海外にはフクロモモンガ用のケージもたくさん種類がありますが、日本ではリス用などで販売されているものが使えます。 糞尿で錆びやすいケージは白いコーティングされたものを ただ、フクロモモンガはマーキングしながら移動するので、ケージは錆び対策ができているものを選ぶと、手入れがとても楽になりますよ。 個人的に今まで使ってきたなかで良いと思ったのは、白いコーティングがされているケージです。 これなら糞尿で錆びることもかなり抑えられ、定期的に洗浄するだけでキレイな状態を保てます。 個人的に今までの経験から、コーティング無しのものは錆びてすぐに買い替えることになっていたので、今回の紹介からは外しています。 rakuten. 大きいサイズだとどうしてもお風呂場まで持っていって洗うのが大変なので、手入れしやすいサイズのイージーホーム40ハイは使いやすいです。 ただ、イージーホーム40ハイのなかでも、オススメなのは白いコーティングが施されているものです。 通常の銀色のケージは、フクロモモンガの糞尿がついて直ぐに錆びてしまうので、どうしても長持ちしません。 白いケージは限定カラーですが、年中普通に通販で売られているので、購入するなら白い方を選びましょう。 ちなみに同じシリーズの37ハイにも白いケージがありますが、フクロモモンガには少し小さいので、もしこれで飼う場合はできる限り毎日部屋んぽさせてあげるか、蚊帳に放して広いところで遊ばせてあげたほうがいいでしょう。 価格:約7,000円• 商品名:イージーホーム40ハイ(限定ホワイト)• sanko-wild. htm) これも三晃商会の商品です。 高さは無いですが、横と奥行きがあるので、回し車やおもちゃを入れても余裕があります。 また、高さがあまり無いので、小さな子どもモモンガがいる場合、親の背中や巣箱から落下してしまうことがあっても、命を落とす心配が少なくなります。 白いコーティングがされているので、糞尿によるサビもある程度防げますよ。 価格:約11,000円• 商品名:イージーホームバード 60-YE• rakuten. 大型の鳥用なので、十分な高さと広さがあるため、運動量の多いフクロモモンガにピッタリ。 しかも白いコーティングがされているので汚れにくいのもいいですね。 また、横の金網が縦でなく横に入っているので、モモンガが移動しやすいのもポイント。 置くスペースがあるのなら、迷わずこれを選んだほうがいいでしょう。 ただ、ワイヤーピッチが少し広めなので、ベビーが隙間から抜け出す恐れがあります。 高さもあるので少々危険です。 ベビーは1ヶ月ほどで通り抜けできない大きさに成長するので、その間は他のケージに移動させるなどで対策しましょう。 また、重さがあるので、こまめに丸洗いしたい人にはちょっと使い勝手が悪いかもしれません。 そういう人にはイージーホーム40ハイがオススメです。 価格:約14,000円• 商品名:コンパニオンバードケージ• ワイヤーピッチ(網目の間隔):約15mm 最後に 日本ではフクロモモンガはあまりメジャーなペットではないですが、最近少しずつ人気が出てきていて、フクロモモンガにも使える商品を見つけやすくなっています。 私はいままで海外から取り寄せたりと色々してきましたが、送料が高くなりすぎるうえ、品質がイマイチのものも多いので、買うのは勇気が要ります。 これからフクロモモンガ用品を揃えようとしている人は、ここに紹介したケージをまずは使ってみてはいかがでしょうか。

次の