バッテリーが危険にさらされてます。 価格.com

バッテリー警告灯点灯!バッテリーランプ点滅で消えない原因と修理代

バッテリーが危険にさらされてます

スマホの調子が悪いので、ウイルスのせいでおかしな症状が出ているかもしれないと疑っていませんか? あなたがお使いの端末がAndroidで、セキュリティ対策をとっていないのであれば、その可能性があります。 この記事ではスマホの不調について、ウイルスを原因とするもののと、そうでないものについて、それぞれ解説していきます。 スマホをターゲットにしたウイルスの多くは、悪意のあるアプリとして端末に入り込みます。 Androidのアプリは誰でも自由に公開できるため、どうしても危険なものが一部出回ってしまうからです。 それに対しiPhoneアプリは審査や管理が厳しい公式サイトでしか公開できませんので、危険なアプリはごくわずかしかないと言われています。 よってこの記事では、Androidのウイルス感染の症状を主に取り上げていきます。 まずウイルス感染の諸症状を解説しますので、心当たりがあるようならばセキュリティソフトをインストールして、すぐさまウイルス駆除を試みてください。 無料、あるいは一定期間無料のものも多くありますので、さしあたって費用の心配はいりません。 くわえて、ウイルスに感染しないよう日ごろから気を付けるべきポイントも解説します。 これらの知識を身につければ、今後のウイルス侵入をシャットアウトできるはずです。 Androidがウイルスに感染したときの症状とその被害 Androidの端末がウイルス感染したときに現れる症状を解説していきますが、目に見えて感染していることが分かるのは、ユーザーを脅迫してくるランサムウェアくらい。 最近のスマホが高性能化して処理速度が向上したこともあり、ほとんどのウイルスは症状がわかりにくく、普通に使っているだけではなかなか感染に気づきません。 ウイルスに関して不安があるのなら、今後の感染を未然に防ぐためにも、を参考にセキュリティソフト導入を検討する必要があります。 1-1. プライバシーの侵害・個人情報の流出 スマホをターゲットにしたウイルスが狙っている代表的なものの一つは、ユーザーのプライバシーです。 メールアドレスや電話番号などが個人情報を買い取る業者が存在するため、個人情報を盗み出そうとするウイルスには膨大な種類が存在します。 またユーザーを監視したり、プライベートを盗み見るタイプのウイルスも確認されています。 以下はプライバシー関連のウイルスがはたらく悪事の例です。 これが名簿リストとして収集され、闇ルートで売買されてしまいます。 1-2. スマホを人質に身代金を要求するランサムウェア 突如としてスマホをロックし、解除のための入金を要求してくる悪質なウイルスを「ランサムウェア」と呼びます。 ひとたび感染してしまうと、スマホの操作ができなくなりますので、感染自体を未然に防ぐのがベストです。 1-3. Androidを狙った不正なアプリは亜種も含めると数百万種類存在すると言われていますが、iPhoneはごくわずかな数が確認されたのみです。 これはすでに述べた通り、アプリ公開のハードルの低さが大きな要因です。 またAndroidのアプリはGoogle Playなどの公式マーケットであっても、iPhoneアプリと比べ審査基準が厳しくないため、危険なアプリが公開されている可能性があります。 もちろんアプリを経由しないウイルス感染の可能性もあるため、iPhoneだからといって安全が保証されているわけではありません。 しかし同時に、アプリを経由したウイルス感染の危険度については、メーカー保証の範囲で使うかぎりiPhoneのほうが安全なのは事実です。 そして、それらは脱獄していないiPhoneにも影響を及ぼすものです。 2015年9月には公式App Storeにウイルスを混入させたXcodeGhost 、同年10月には企業が社内アプリを配布するプロセスを悪用するYiSpecter が発見されており、iOSを搭載したiPhoneのセキュリティが万全とは言えない状況になってきています。 詳しくは以下の記事をご参照ください。 参考記事 : 1-4. ユーザーをあわてさせる手口も いきなり高額の利用料金を要求してきたり、ウイルス感染を騒ぎ立て特定のアプリをインストールさせようとする手口もありますが、これらの多くはWEBサイト閲覧時やメール開封時に行われるため、厳密にはウイルスではありません。 すでに解説した通り、ウイルスの主な目的の一つは秘密裏のプライバシー侵害ですから、あからさまに騒ぎ立てるタイプは、あわてず騒がず相手の要求に応じないことが基本となります。 上の画面は、ブラウザ上に「あなたの携帯は感染しています」と表示して、あわてたユーザーに特定のアプリをインストールさせようとする手口ですが、このアプリがウイルスであるパターンが一般的です。 『』も参考にしてみてください。 ウイルス以外が原因と思われる症状 スマホの調子が悪くなったからといって、必ずしもウイルスの感染が原因とは限りません。 ウイルス以外の不調要因もあります。 2-1. スマホ本体の動きが悪い 「端末がフリーズする」「電源が落ちる」「再起動が頻繁に起きる」「動作が重い」といった物理的な動作不良は、ウイルスに起因するものではなく、単純な故障・不具合の可能性が高いと考えられます。 なぜならば、物理障害は犯罪者の目的にそぐわないからです。 こうした現象は、端末を再起動することで解消されることがあります。 それでもおかしいなら故障が考えられますので、修理や買い替えを検討してください。 また充電がすぐなくなる場合、バッテリーの劣化である可能性が高いです。 2-2. 身に覚えのないメルマガ配信される ウイルス感染によりメールアドレスが流出した結果、スパムメールが届いている可能性もありますが、知人の誰かが電話帳を盗まれれば自分のアドレスも流出しますので、必ずしも自分が感染したとは言えません。 届くメールがアダルトや架空請求といったスパムの可能性が高いものではなく、まっとうなサービスが発行するメールマガジンだった場合、なんらかのサービスに登録したアドレスにメールが配信されているケースもあります。 『』も参考にしてください。 セキュリティソフトは無料版から有料版までさまざま Androidには様々な種類のセキュリティソフトがありますが、どのソフトでも、• 新型ウイルスの特徴をアップデートし、最新の対策を講じてくれる• すでに判明しているウイルスとの接触を防いでくれる• すでにスマホに入り込んでいるウイルスを駆除してくれる といった基本の機能は搭載されています。 有料と無料の違いは、使い勝手の良さや追加機能の豊富さにあります。 セキュリティソフトの有料版と無料版の違いは、『』でも解説しています。 3-1. 有料版の主なセキュリティソフト 有料版と無料版の主な違いは、機能やサポートの充実度だと言えます。 またウイルス対策だけではなく、紛失時の端末ロック、データ削除、GPSによる所在地特定なども可能。 スマホのトラブルを総合的に解決してくれる存在です。 無料期間を設けているソフトも多いため、まずは使ってみて判断するのも良いでしょう。 ノートン以外の製品についてはそれぞれの会社の手順に従ってください。 3-2. 無料版の主なセキュリティソフト 製品にもよりますが、有料版と無料版でウイルス検知&駆除の機能に絶大な差があるわけではありません。 しかし、日本語版がないものや、広告が表示されるものなど、使い勝手の悪さを感じるものも少なくありません。 またサポートも基本的に行っていないので、自分で問題をある程度解決できる自信がある方なら、まずは無料版から試してみるのもよいでしょう。 ウイルス感染の主要ルート!アプリ選択には細心の注意を Androidのウイルスの多くは、悪意のあるアプリとしてスマホに入り込んでくるため、危険なアプリを避けるテクニックは必須です。 ここで紹介するルールを守りつつ、セキュリティソフトを常駐させれば、かなりの確率でウイルス感染をブロックすることができます。 4-1. 野良マーケット・アプリは避ける Androidのアプリを扱うサイトには、Google直営のGoogle Playなど信頼のおけるマーケットと、信頼のおけない野良サイトがあります。 野良サイトには不正なアプリが入り込みやすいため、完全とまではいかないものの公式サイトを利用したほうが安全です。 4-2. アプリへの許可権限を要確認 アプリをインストールする際には、そのアプリがどの情報へアクセスして良いのかを許可する画面が表示されます。 これを許可すると、アプリが電話帳などに自由にアクセスすることを許してしまうことになってしまいます。 不正なソフトは、ここに罠を張っているのです。 4-3. デベロッパーの確認 デベロッパー(アプリの製作者)が信頼できるかどうかを確認することも重要です。 誰もが知る企業と、そうでないところとではリスクに大きな格差があります。 ただしデベロッパーを詐称するケースもあるので、レビュー(高評価ほど良い)やDL数(多いほど良い)を参考にするなど、総合的に判断する必要があります。 4-4. アプリの公開日に注目 GooglePlayなどのアプリ公開サイトは、公開済みのアプリがウイルス入りだと判断した時点で公開を停止します。 そのため、ウイルス入りアプリは基本的に短命です。 長い間公開されているアプリは、それだけで安全度が高いと言えます。 まとめ Androidには数多くのウイルスが存在しているので、セキュリティ対策をとっていない端末は、とてつもないリスクにさらされていると言えます。 ウイルスが働く悪事は目に見えるものと、隠れて行われるものがあり、後者を見抜くことは困難です。 ゆえに、セキュリティソフトを導入してウイルスの検知を行うことをおすすめします。 近年、スマホにおいてもネット犯罪が増加し、その被害は年々増加しています。 「スマホは電話だし、大丈夫だろう」と何も対策をしなかった結果、次のような悪質なウイルスに感染してしまうことも少なくありません。 無料セキュリティアプリをインストールしたら、画面がロックされてロック解除の代金を要求された• 電話帳のデータが知らないうちに流出していた• 自分のSNSアカウントから、勝手に投稿されたり、メッセージの送信がされていた• 自分のスマホ内の写真や動画が流出している、電話の通話内容を盗聴されていた スマホならではの携帯性やいつでもネットにつながっている利便性の恩恵を受けるのは犯罪者も同様です。 ノートンセキュリティは、20年以上の実績と最先端のテクノロジーで、不正なアプリやサイトから、あなたのスマホをしっかり守ります。 30日間の無料体験版をご用意しましたので、まずはウイルスチェックから始めてみてください。

次の

「あなたのAndroidは危険にさらされる可能性が!」

バッテリーが危険にさらされてます

「スマホのバッテリーがウイルスに感染しひどく損傷しました!」 「すぐにこちらのセキュリティアプリをインストールし、除去してください!」 今、スマホに上記のような偽の警告を出し、偽のウイルス削除アプリをインストールさせようとする詐欺広告があらわれています。 実際に感染はしていないので、すぐページを閉じてください。 具体的な対処法と表示される原因、防ぐ方法を紹介します。 感染警告は偽。 アプリをインストールしてはいけない 下記はウソの警告表示です。 実際はバッテリーにもスマホ本体にも、ウイルス感染はしていません。 そのため何もせずに、無視して画面を閉じてください。 対処方法として表示されているウイルス除去アプリは、絶対にインストールしないでください。 詐欺警告の内容 偽の警告をよく読むと次のような指示が書かれています。 表示される文言には数パターンあります。 」 「4分10秒」 「01:26」 など残り時間を示し、焦らそうとします。 対処としてアプリをインストールさせる 「ウイルスを除去しない場合、携帯電話への重大な損傷の原因となります」 「バッテリーの修復方法はこちら」 「ボタンをタップし、Google Playで無料のウイルス除去アプリをインストール。 アプリを実行し、ウイルスを除去してください。 」 このように誘導し、インストールさせようとします。 これは不安な心理を悪用した、悪質な詐欺です。 GoogleやAndroidのロゴは勝手に使っているだけ 自分のスマホの機種名まで表示されることがありますが、機種名情報を取得するだけなら簡単です。 ただ表示しているだけなので、無視してください。 こんな場合は? iPhoneの場合 iOSはウイルス感染リスクがほぼありません。 まれにiPhoneに感染するウイルスもありますが、ウイルス警告画面が出ることはありません。 ソフトを入れていないのに警告が出ることはありません。 偽警告では本物に見せかけたあらゆる手口でクリックや連絡させようとしてきますが、騙されてはいけません。 セキュリティアプリを入れている場合 本当に入れているセキュリティアプリからの警告なのか?アプリの公式サイトで警告時の表示をチェックし、判断してください。 そんなときはキャッシュを削除してみてください。 偽アプリをインストールしてしまった場合• 偽アプリをアンインストールする• 他におかしなアプリがインストールされていないかチェックする• 心配な場合、正規のセキュリティアプリでウイルスチェックをする 詐欺ページの表示を防ぐ方法 怪しいサイトや広告を開かない、怪しいアプリをインストールしない 無料コンテンツといった違法サイトやアプリ、怪しいサイトを閲覧したりダウンロードしたりするのはやめましょう。 スマホ画面は小さいので、誤タップにも注意してください。 インターネットで検索すれば、警告の正否などたいていの情報は調べられます。 これを心がけることで、詐欺だけでなく粗悪な商品、不必要なモノにお金を使うことも防げるでしょう。 偽表示の見抜き方 正規のセキュリティソフトが次のような警告をすることはありません。 絶対に無視してください。 これは海外からの偽表示のため日本語が不十分になっているものです。 偽警告が表示される原因 閲覧したサイト・広告に仕込まれていた 悪質な広告は、正規のサイトにも表示されることがあります。 いつも使っているサイトだからといって、むやみに広告をクリックしないようにしてください。 無料アプリに仕込まれていた 音楽を無料で聴けるなど、違法アプリ・ソフトによって警告ページを強制表示していることもあります。 詐欺広告を表示させる理由は? アプリをインストールさせ、報酬を得るため 警告画面からセキュリティアプリをインストールすると、警告画面を作った者に広告報酬が入るしくみがあります。 その1つ「GO Security」は普通に使えるセキュリティアプリですが、偽警告といった良くない方法でインストールさせようとする悪質なアプリです。 ダウンロード数は多いですが、騙された人も含まれた数なので注意してください。 ウイルスに感染させ、削除費用をだまし取るため 「駆除する」ボタンを押させて感染させる、または感染したように見せかけ、駆除のために有料アプリを買わせようとする手口です。 これは例えれば他人の車のタイヤに穴を開けておきながら、「穴が開いていますよ。 修理するので料金をください」と言っているようなものです。 感染すると、スマホの個人情報を盗まれ大きな被害になる恐れもあります。 バッテリーの減りが早いのはウイルス感染? バッテリーの劣化や故障、または使い方に問題のある可能性が高いです。 まとめ.

次の

何でも充電できる。災害時にも役立つ大容量モバイルバッテリー6選|林檎を染める

バッテリーが危険にさらされてます

>エンジンルーム内が高温になることでカーバッテリーに与える悪影響は何でしょうか? バッテリーは、温度には敏感な物体です。 温度が25度で、100%の性能を発揮します。 1度温度が変化すると、1%の性能が落ちるのです。 質問者さまの経験があると思いますが、冬の早朝・深夜は「ヘッドライトが暗い。 セルが弱い」ですよね。 例えば、温度が5度の場合。 既に80%の性能しか発揮出来ません。 新品フル充電のバッテリーでも、同じ結果がでますよ。 この当たり前の症状を逆手にとって「バッテリーが弱ってます。 交換が必要です」と、商売をする店も多いのです。 高温の場合も、同様。 バッテリー自体の性能が100%発揮出来ないのですから、「ヘッドライトが暗い。 セルが弱い」の症状が出ます。 ヨーロッパ車(寒冷地域)では、標準でバッテリーに防寒カバーをかけている車種もあります。 旧車オーナーのなかには、バッテリーを(100均で買った)断熱材で覆っている方もいる程です。 >ネットで調べてみると、劣化し寿命が短くなるという漠然な答えは掲載されていたのですが ネットの情報は、真実・ウソ・眉唾情報が混在しています。 WiKiなんか、その典型。 ^^; 充分注意しましよう。 余談ですが・・・。 サルフェーション現象は、温度とは無関係です。 高温時のバッテリー劣化については諸説ありますが、ご存じのように、バッテリーは化学反応で起電します。 当然高温化では化学反応が促進されます。 そうなると基本的に電解液の比重が上がります。 この際に生じやすい劣化は負極板に使われている海綿状鉛で、これが劣化して砂状化し性能が劣化します。 これが進行すると脱落してしまうこともあります。 一般的なバッテリー寿命の要因となるサルフェーション PbSO4 は放電時に発生する不活性物質でこれが電極に付着することで起電能力(容量)が劣化する現象ですが、これは主に充電不足時(電解液の比重が低い状態)に発生するもので、高温になると発生するというのもではありません。 ただ一つ、高温により電解液が蒸発し減少し電極が空気中に露出した状態で放置された状態ではサルフェーションが発生する可能性があります。 まとめると、高温時に限定した場合負極板へのダメージが大きいといえます。 普通の状態であれば、サルフェーションが寿命劣化に大きく影響します。 A ベストアンサー >車のバッテリーには爆発の可能性とか怖いことが書いてありますが 自動車の多くは、鉛バッテリーを採用していますよね。 超簡単に説明すると、鉛の電極を入れたプラスチックの箱に+水で薄めた硫酸を入れた物。 通常は、爆発・破裂する事はありません。 が、メンテナンスで扱いを誤ると爆発の可能性があります。 >どうするとそうなるのかみたことがないので全くわかりません。 通常、充電時に「プラスチック容器(躯体)内で、水素ガスが発生」するのです。 走行中の発電機(オルタネータ)からの充電は、自動制御で多くの水素ガスは発生しません。 躯体にある「ガス抜き穴」で、充分水素ガスを放出する事が出来ます。 が、ナッテリー上がりとか新規充電時など「充電器で充電を行う場合」は多くの水素ガスが発生します。 質問者さまも機械があれば、充電器で充電中のバッテリーを見て下さい。 躯体内の電極から、水素ガス(泡)が発生している事が分かりますよ。 >どういうことに気をつければ爆発とか、トラブルを未然に回避することができるでしょうか。 どのバッテリーメーカーも「注意」を呼び掛けていますが・・・。 充電する場所は、日陰で風通しが良く火の気が無い場所。 充電を行う場合は、充電時に発生するガスを放出出来る様にバッテリー本体のバッテリー液充填口(ベント・プラグ)を開ける。 その後、充電を行います。 もちろん、過充電をしない事。 メンテナンスフリーバッテリーの場合、ベント・プラグがありませんよね。 が、バッテリー設置時に充填口を塞いでいます。 この場合は、(出来れば)メンテナンスフリーバッテリー用の充電器を用います。 まぁ、年に数件「バッテリー充電時に火災」が発生しています。 注意する事に、越した事はありません。 余談ですが、同じ電池からみで・・・。 大韓反日民国に本社があるS社の有名携帯電話Gのバッテリーは、通常充電・使用でも爆発する可能性があります。 たぶん。 電池が高温になり「皮膚火傷」「携帯電話暴走」が、世界各国から報告されています。 着火性の強い場所でG社の携帯電話を使えば、最悪怖い結末です。 バッテリーは、鉛でもリチュウムでも充分注意しましよう。 >車のバッテリーには爆発の可能性とか怖いことが書いてありますが 自動車の多くは、鉛バッテリーを採用していますよね。 超簡単に説明すると、鉛の電極を入れたプラスチックの箱に+水で薄めた硫酸を入れた物。 通常は、爆発・破裂する事はありません。 が、メンテナンスで扱いを誤ると爆発の可能性があります。 >どうするとそうなるのかみたことがないので全くわかりません。 通常、充電時に「プラスチック容器(躯体)内で、水素ガスが発生」するのです。 走行中の発電機(オルタネータ)からの充電は、自... Q 5月中旬頃、自家用車のバッテリー(55D23L)を買い換えるつもりで、ネットショップやネットオークションで各社の商品を調べていましたら、オークションで[劣化バッテリーの強力再生装置]の出品商品を見つけました。 商品名:[バッテリー再生『フレッシュ・キーパー』強力・再生装置(12V用)』 この商品の説明には「劣化の要因」と「回復の原理・効果」が次の様に記載されていました。 このサルフェーションは、使用期間に拘りなく余り運転されない場合の方が多く生じます。 これを読んで、当方の搭載バッテリーも、1年半を経過し、普段余り運転しない方なので、サルフェーションが多く付着して、最近弱ってきたのだと納得、新品バッテリーを買うより安く、物は試しに購入してみました。 以前、有る人のHPで同様なパルスを用いてバッテリーの復活実験の回路や検証実験の記事を読んだ事があるので、まんざらウソでも無い様な気がしますが、この様な商品で本当にサルフェーションを電極板から離脱させ、元の綺麗な状態に戻す事が出来るのでしょうか? 同様の商品を搭載の方やこの技術に堪能な方のアドバイスをお待ちしています。 5月中旬頃、自家用車のバッテリー(55D23L)を買い換えるつもりで、ネットショップやネットオークションで各社の商品を調べていましたら、オークションで[劣化バッテリーの強力再生装置]の出品商品を見つけました。 商品名:[バッテリー再生『フレッシュ・キーパー』強力・再生装置(12V用)』 この商品の説明には「劣化の要因」と「回復の原理・効果」が次の様に記載されていました。 A ベストアンサー オークションのはどうかわかりませんが、この種の装置はアメリカで発売されたのが10年以上前で、試してみたことがあります。 結論としては、装着前にはバッテリーのケースそのものが気持ち膨らんでいましたが、装着中は少し痩せていきましたから、蘇っていたようです。 ただ、車を売る前にはずしたら、1ヶ月もしないうちに、このバッテリーは死んだそうです。 はずしたらサルフェーションが一気に進んだのか? という感じでしたね。 時は流れて約10年、質問者さんの見つけたHPのメーカーのものを現在試しています。 パルスをあえて弱くしてあるので、ジワジワ効き目が出るらしいのですが、確かに、一回完全に放電(スモールランプ消し忘れで3日間、トホホ・・・)してしまったバッテリーに付けっ放しで使っていたら、現在は問題なく使用中できる状態になっています。 この種の装置の効果を計る目安として、いくら充電しても上がらなかった液の比重が上がるようになりますし、CCAという指標値も上がってきます。 これは、短時間に流せる大電流の指標と考えてください。 電極がサルフェーションのみで覆われたバッテリーはこれらのサルフェーション成分が電解液に戻ることで復活するようですが、電極が機械的に破壊されたものは、バッテリーそのものの寿命と考えていいみたいです。 現在使用中のバッテリーは、CCA値が新品時とほとんど変わらないので、バッテリー屋が不思議がっています。 通常、半年も使うと新品時とは明らかな差が出ているとのことですが、 「おまえのは、何で下がらんのやろう?」 といわれましたから・・・。 ま、結論としては、容量が大きくて高価なバッテリーだと、費用対効果がいいかもしれませんが、安いバッテリーだと? ですね。 私のは、5. 7リッターのV8エンジン車ですので、バッテリーそのものが安くないので使っています。 ただ、効果が実感できるのは、多分、数年後です。 液量管理は必要なんで、注意が必要です。 オークションのはどうかわかりませんが、この種の装置はアメリカで発売されたのが10年以上前で、試してみたことがあります。 結論としては、装着前にはバッテリーのケースそのものが気持ち膨らんでいましたが、装着中は少し痩せていきましたから、蘇っていたようです。 ただ、車を売る前にはずしたら、1ヶ月もしないうちに、このバッテリーは死んだそうです。 はずしたらサルフェーションが一気に進んだのか? という感じでしたね。 時は流れて約10年、質問者さんの見つけたHPのメーカーのものを現在試して... A ベストアンサー 温度特性が生まれる理由は電池内部の化学反応の速度や効率が変化することによるものです。 化学反応は一般的に温度が高ければ高速で進みますから、高温であれば電池は高い電圧で、高い瞬発力を発生させることができます。 しかしながら、多くの蓄電池は高温での充電と放電の効率や自己放電特性(バッテリーに貯えられた電気が自然に減ってしまうこと)が悪化する傾向が見られますので、総合的に見た性能は必ずしも向上しているとは言い難いです。 逆に、低温だとバッテリーの瞬発力は下がり、電圧も低下し、充放電効率が悪化しますが、バッテリーに貯えられた電気容量自体は温度によってたいして変化しません。 よって、あなたのご覧になったカタログの数字必ずしも正しいとは言い難いです。 恐らく、瞬間的な放電能力だけを取って単に性能の数字としたのではないかと思います。 A ベストアンサー いろいろと意見があるようですが、しっかりと正確に測る方法はあります。 それは、規定された電流値と時間を守り完全充電を行い、その後にバッテリーの容量に見合った負荷をかけてそのときの電圧降下と持続時間を計測するという方法です。 この方法はバッテリーの内部抵抗と起電力を計測することになるため、かなり正確に計測できます。 ただしこのような計測をする機器は決して安価ではありませんので個人で持つのは無理でしょう。 それ以外にもバッテリーの比重や液量・液の状態なども十分な目安になります。 これらを目安にならないという方もいるようですが、おそらく正しく計測できないまたは、方法に誤りがあるのでしょう。 液比重に関しては液量がアッパーレベルにあることが必須条件で、当然ながら充電を行ってから計測します。 また、この際に液のにごり(極板上の活性物質の脱落による)や各セルごとの液量に大きな差があるものなどはこの時点で不良と判断します。 各セルごとの液量に差がなければ規定値まで液(蒸留水)を補充し、規格どおりの方法で充電し計測することになりますが、液温にも注意する必要があります。 当然ながら液温が高くなれば比重は低めの値を示しますので計算による補正が必要です。 以下に計算式を示します。 このときに、各セルでバラつきがあったり、規定よりも20%以上外れる場合は不良と考えていいでしょう。 それから、質問者さんのように、単に無負荷での電圧を測ってもほとんど無意味です。 バッテリー内部の電極上の活性物質はできるだけ広い面積で電解液と接するようにして、内部抵抗を出来るだけ小さくして十分な電力を供給できるような構造に設計されていますが、充電・放電を繰り返すうちに、この微細な構造が徐々に崩れていきます。 そのため、実際に電解液と接触する面積が小さくなり、電池容量は徐々に小さくなっていくからです。 この状態でも単に電圧を測ったのであれば、正常な値を島します。 簡単な言い方をするともともとは単1電池の大きさの単一電池の容量の電池であったものが、使っているうちに、内部で実際に反応に関与する面積が減っていき、じつは単1電池の大きさの単3電池の容量しかなくなってしまうというようなことがおこるのです。 この状態でも電流が小さな状態なら正常な電圧を示しますが、スターターモーターなどの大電流を必要とする危機を動かしたとたんに、容量不足で急激に電圧が落ちてしまい、スタートできないというような状況が起こるのです。 まぁ、電装整備工場や整備工場などに行けば、負荷電流をかけた状態で計測できる機器がありますので、そういったところで計測すれば正確なところがわかるでしょう。 おまけ、バッテリーの内部で実際に反応(バッテリーは化学反応で電力をためています)している物質は、鉛と二酸化鉛と希硫酸ですが、この鉛と二酸化鉛はちょっと見た目には判らないんですけど、かなり高度な技術で微細加工されています。 二酸化鉛は粉末状ですが、出来るだけ広い面積で電解液と接するように非常に細かい粉末に加工された上で電極に脱落しないように塗布されていますし、鉛も海綿状鉛というもので、スポンジのように非常に微細な穴が多数開いた構造とすることで有効な面積を増やすようになっています。 実際にバッテリーが放電する際には両方の電極で化学反応が起こり電解液中に溶け出して行きます。 このときに電力を発生するのです。 逆に充電するときは、溶け出していた物質をそれぞれの電極に戻す反応が起こるのですが、このときに溶け出して行った元の場所にきっちり戻るのではなく、それぞれの極板の適当な位置に戻ってしまうのです。 そのため徐々に微細構造が崩れていき有効な面積が減ってしまうのです。 また、放電させた状態で長時間置いてしまうと、反応によって生成された硫酸鉛の結晶が大きく成長してしまうので、充電しても元に戻りにくくなってしまいます。 このときに出来る結晶の大きさも均一ではないため、ある部分は元に戻っても、ある部分はもどらにというようなことがおこります。 こうなってしまうと、戻りにくい部分を戻すために大きな電流で充電すると、すでに戻っている部分に対しては過充電状態というような不都合が発生し、バッテリーを十分に充電することが出来なくなってしまうのです。 電解液の比重を計ることはどの程度の部分で正常の反応が進んで、どの程度が異常な状態であるかをみる目安になる(反応に関与しない部分が出ると比重が元にもどらないので)のですが、これによる比重の変化は大きなものではないため(小数点下3桁必要)温度や、液量などを管理した上で行わないと意味がないのです。 いろいろと意見があるようですが、しっかりと正確に測る方法はあります。 それは、規定された電流値と時間を守り完全充電を行い、その後にバッテリーの容量に見合った負荷をかけてそのときの電圧降下と持続時間を計測するという方法です。 この方法はバッテリーの内部抵抗と起電力を計測することになるため、かなり正確に計測できます。 ただしこのような計測をする機器は決して安価ではありませんので個人で持つのは無理でしょう。 それ以外にもバッテリーの比重や液量・液の状態なども十分な目安になります。 Q 電圧計を付けて様子をみているのですが(バッテリー直ではない 配線先に取付け 電圧値はテスターと一致で確認済み)、昼間のアイドリングで14V程度。 走行時14.2-3Vになっています。 夜間 ライトを点けてのの走行でも14.1-2V程度で0.1V下がるかどうかくらいです。 充電電流を診ているわけではないですが、この状態だと夜間走行時も充電していると考えてよいのでしょうか? それとも電圧はあるが、実際の電気(電流)はバッテリー側には流れていないかもしれないのでしょうか?(要は充電はしていない可能性がある、もしくは まず充電していない?) バッテリーは100AHの普通のMFバッテリーです(比重などは診れません) よろしくお願いします。 A ベストアンサー No2です。 お礼ありがとうございます。 >電圧が14V程度以上あればバッテリーを充電していると考えてよいのですね? 結構です。 バッテリーに充分充電しています。 >オルタの発生電圧は正常(14V以上)でも実際の電流は使用機器側に回って消費されて、バッテリーの充電電流に回らない、ことはないのでしょうか? ありません。 使用機器の供給電力を充分まかない、かつバッテリー充電電流が保持できる電圧が14Vです。 バッテリーの状態や電気負荷の大小にともないバッテリー電圧は変動しますが、オルターネーターには必ず 『レギュレーター 発電電圧を制御する装置 』 が内蔵又は付属 10cm角くらいの黒色か黄色の部品 しています。 これにより多数の使用機器に必要な電力を供給し、かつバッテリーにも充電させるために必要な電圧の14Vに自動的に調整しています。 さらに電装品やバッテリーを過電圧から保護する働きもしています。 なお、バッテリーが極度に劣化すれば電圧が適正でも満足な充電はできませんがこれはバッテリーの問題です。 また、渋滞などでのバッテリー上がりは使用機器の消費電力が大きいのにエンジンの回転数が低くいアイドリングが続いて発電機の発電電力が不足したためです。 いかにレギュレーターとオルターネーターが頑張っても14Vは無理です 12Vほどにしか上がりません。 車の電気も『計画停電』や『節電』が必要です。 No2です。 お礼ありがとうございます。 >電圧が14V程度以上あればバッテリーを充電していると考えてよいのですね? 結構です。 バッテリーに充分充電しています。 >オルタの発生電圧は正常(14V以上)でも実際の電流は使用機器側に回って消費されて、バッテリーの充電電流に回らない、ことはないのでしょうか? ありません。 使用機器の供給電力を充分まかない、かつバッテリー充電電流が保持できる電圧が14Vです。 バッテリーの状態や電気負荷の大小にともないバッテリー電圧は変動しますが... A ベストアンサー 青い粉の正体は「緑青 ろくしょう 」です。 バッテリー端子その物は鉛ですが、鉛端子に接続されてるケーブル線の端子は銅です。 銅の錆びを「緑青」と言います。 緑青が吹く程の錆びを放置してると「接触不良」の元ですから、綺麗に錆びを落としてください。 手順は、 1、マイナス側の銅端子のナットを弛めて外す 2、プラス側の銅端子を同じように外す 3、バッテリー端子をサンドペーパー 紙ヤスリ で磨く 錆び落とし 4、銅端子の錆び 緑青 を同じように落とす 5、銅端子の内側はサンドペーパーを割り箸等に巻き付けて磨く 6、端子が綺麗になったら、プラス側端子からバッテリー端子に取り付ける ナットはシッカリ締める 7、最後にマイナス側端子をバッテリーに取り付ける バッテリー端子の接触が悪いと充電もまともに出来ないですし、セルを廻す時も大きな電流が流れ難くなります。 しかし、そこまで放置してたバッテリーなら、バッテリーの寿命になってるかも知れませんので、最悪はバッテリー交換になると思います。 A ベストアンサー オルタネータの故障部位と言えば、やはりレギュレータかベアリングかブラシでしょうね。 幸いなことにレギュレータとブラシ摩耗の不具合は、チャージランプで知らせてくれます。 レギュレータが壊れると、発電しなくなるか、あるいは必要以上に発電する(オーバーチャージ)状態になりますが、どちらもチャージランプで知らせてくれます。 (車種にもよりますが、15年以上前の車でも) 車種・年式によっては、オーバーチャージになるとチャージランプが点灯ではなく、「点滅」するものもあります。 ブラシが摩耗限界近くまで摩耗すると、たいていの場合は、発電したり、しなかったりの状態が暫く続くので、ときおりチャージランプが点灯するような場合は、10万kmを超している車では、ブラシの寿命を疑ってもよいでしょう。 ブラシの寿命は、2000年度以降の車はだいたい20万kmはもつのではないでしょうか。 1990年代、タクシーは年間10万km超えるので、少なくとも1年間はブラシを換えずにすむようにブラシの長さは当時から長くなっています。 一般車にも応用されています。 なお、ブラシ部に水やオイルが入ると、寿命は著しく短くなります。 エンジンルームのスチームクリーナ洗浄は要注意です。 オーバーチャージの原因の一つに、車種によっては、車両側ハーネスの不具合(接触不良)の場合があります。 この場合も、電気負荷の大小によってチャージランプが点灯したり消えたりすることがありますこと、申し添えます。 チャージランプが点灯する例としては、レクチファイア不良のケースがあります。 このケースでは発電量はかなり少なくなりますが、昼間でエアコンなしの状態では走行できます。 >現在 アイドリングで13.7V 2000回転で14.4V(いずれも無負荷) これは正常値です。 では、それぞれ13.0V、14.0Vなら、あるいはもう少し低い場合はどうなのか、と言えばだんだん判断できなくなりますね。 アイドリング回転数の変動、エンジンをかけてから何秒後に測定したか、バッテリ充電状態・液温などで電圧は変動するので、電圧を見て予兆をつかむのは困難だと思います。 オルタネータの故障部位と言えば、やはりレギュレータかベアリングかブラシでしょうね。 幸いなことにレギュレータとブラシ摩耗の不具合は、チャージランプで知らせてくれます。 レギュレータが壊れると、発電しなくなるか、あるいは必要以上に発電する(オーバーチャージ)状態になりますが、どちらもチャージランプで知らせてくれます。 (車種にもよりますが、15年以上前の車でも) 車種・年式によっては、オーバーチャージになるとチャージランプが点灯ではなく、「点滅」するものもあります。 ブラシが摩耗限... 定格1. 2Vのエネループと、24Vの車用バッテリーとでは、同じ1000mAhでも取り出せる電力は20倍も違います。 と言うことを踏まえて考え方を。 800Wの電子レンジの消費電流は8A 実際には一般家電製品は交流100Vですから、直流のバッテリから供給するためには、インバータなどによる変換が必要となります。 ここでの変換損失が10%程度見込まれるので、バッテリの実力値そのままというわけにはいきません。 A ベストアンサー エンジンの温度はどの部分を考えさせて頂くと良いでしょうか。 とりあえずですが、 以下ご参考ください。 ガソリンエンジンを前提と致します。 一般にエンジンの設計温度は 85度~90度の間でなされています。 これは ブロックが鉄、 ヘッドやピストンがアルミ、 リングが鋼、 等と材料が多岐に渡り、 それぞれに熱膨張率が異なるからです。 一般にラジエター水温がこの間に落ち着くようにサーモやファンの作動が設定されています。 他、燃焼室内は ハイパワーエンジンなどの場合、最大で、1000度を超える部位がある場合もございます。 こういったエンジンの場合、ナトリウム封入バルブなどが採用され、 燃焼室内の熱をヘッドへ逃がすようになっているモノもございます。 また、エンジンよりも温度が高い部位というのは、 一部のハイパワーターボ車に於いて タービンのエキゾーストハウジングがあげられるケースもございます。 つたないですが ご参考頂けますでしょうか。

次の