トリプル エッチ。 HHH トリプルエッチ 4th. しぐれ編 おかわりっ

HHH トリプルエッチ 4th. しぐれ編 おかわりっ

トリプル エッチ

ジャンル• HHH トリプルエッチ 4th. しぐれ編 おかわりっ しぐれの欲望のままに体を弄ばれ、肉バイブの日々を過ごしている北小松。 そんな北小松にうれしい出来事が起こる。 しぐれの家に招待されたのだった。 舞い上がる北小松。 目一杯のおしゃれをしてしぐれの家を訪れる。 ところが、家内の雰囲気は予想していたものと違っていた。 しぐれは親が持ってきた結婚話を断るために北小松を当て馬にしただけであった。 いたたまれなくなり部屋から逃げ出す北小松。 母親に諭され北小松を迎えに行くしぐれ。 いつも自分勝手なHで北小松を振り回していることに気づいたしぐれは、北小松のしたいようにHをさせる。 ジャンル: , 2018. 21 22:04.

次の

【無料エロアニメ】HHH トリプルエッチ 1st. しぐれ編

トリプル エッチ

ちょっとテンション上がりすぎなお兄ちゃんの声に若干イラっとしますが、動きやアングルなど、アダルトアニメとしてはかなり良い部類だと思います。 属性としては、世話焼きの年下の幼なじみと言ったところですかね。 呼称がお兄ちゃんなので、妹系が好きな人もイケるかも 本編は15分程度。 短く思うかもしれませんが、全編ほぼヤッているので、然程ボリューム不足とは感じませんでした。 作品自体の出来も良かったので、それも手伝っているかも。 ただ、シチュエーション自体は当たり障りのないものなので、アクロバティックなシチュが好みの人(笑)はあまり向いてないかもですね。 それ以外の人で、気になった人、目に留まった人は借りて損はない作品だと思います。 割とオススメ。 レビューを表示する 原作の作画が良質だと、動画でもキレイです。 原作もこなみ編が好きだった僕からすれば、 映像化されただけで快挙なのですが、少し気になった点などを。 この作品の良さは、お兄ちゃんの尋常でない魔性の表情と、 こっそりいたずらを進行してゆくドキドキ感が見所なので、 心理描写を含めた『じらし』がも少し多くても 良かったかと思います。 夢と現実の絡みで同じアニメを使っているからか、 追加の2回目の絡みがありますが、 それよりも現実の一回目の絡みだけを長めにして、 序盤に心理描写をもっとして欲しかったなと。 そこがさくさく進んでいったのが惜しかったと思いました。 目が覚めていることに気づくシーンで2度見をするとか、 アニメならではの表現を期待していただけに 少し残念でした。 絡みだけなら十分キレイですので。 しかし原作でも柔らかそうだったこなみの『デザート』が、 ホントに美味しそうでした。 レビューを表示する.

次の

HHHトリプルエッチ : 一番抜けるエロアニメ動画

トリプル エッチ

HHH トリプルエッチ 4th. そんな北小松にうれしい出来事が起こる。 しぐれの家に招待されたのだった。 舞い上がる北小松。 目一杯のおしゃれをしてしぐれの家を訪れる。 ところが、家内の雰囲気は予想していたものと違っていた。 しぐれは親が持ってきた結婚話を断るために 北小松を当て馬にしただけであった。 いたたまれなくなり部屋から逃げ出す北小松。 母親に諭され北小松を迎えに行くしぐれ。 いつも自分勝手なHで北小松を振り回していることに気づいたしぐれは、 北小松のしたいようにHをさせる。 恋人同士のようなHに、 しぐれはいつもと違う快楽を得てしまうのであった。 タグ : HHH トリプルエッチ 3rd. それは、未だに父とお風呂に入っていることだ。 今日も母が留守ということで、一緒に入っている。 体を洗い終えたみゆきは、すでに湯船に入っていた父の胸に 背中を預けるようにして湯につかる。 すかさず父はみゆきの張りのあるおっぱいに 手を伸ばしその弾力を確かめる。 みゆきは父に胸を弄ばれながら、初体験の事を思い出していた。 泣いて懇願する父に一度だけという条件で許したH。 だがそんな約束が守られるわけもなく、3回目のHをしようとしていた。 今回のHはある約束をしていた特別なものであった。 向かい合うみゆきと父。 父のペニスには避妊具はついていな今日は 生でHをするという約束をしていたのだ。 生Hの感触に感極まっている父をからかおうとして 腰を積極的に動かすみゆき。 だが、膣内にダイレクトに伝わるペニスの感触は 今までとは違う快楽をみゆきに与えていた。 父はみゆきの「赤ちゃんできちゃう」発言に ヤル気スイッチが入ってしまい、 激しい子作りピストンの末、膣内射精をキメてしまう。 生Hの気持ちよさに目覚めてしまった父と娘の行く末はいかに? タグ : HHH トリプルエッチ 2nd. 生粋のおっぱい星人であるお兄ちゃんの視線は、 セーターに包まれた大きすぎる二つの膨らみに どうしても釘付けになってしまう。 上半身を少し動かすだけで揺れる二つの膨らみは 男を誘惑する魔乳である。 視線に気づいたこなみがお兄ちゃんの顔をみる。 箸をくわえたままのあどけない表情の前にしてよこしまな欲望を振り払う。 夕食後、こたつに入って座ったまま居眠りするこなみを見て驚愕する。 おっぱいが食後のデザートと言わんばかりにこたつの上に乗っていた。 揉む、吸う、むしゃぶりつく…。 おっぱいに対するあらゆる煩悩が噴き出してくる。 ひと揉みだけならとおっぱいを鷲掴みにする。 セーター越しでも乳肉に沈んでいく指の感触は 極上過ぎて一度では手が離れようとしない。 服の上から揉みしだいている内に直に触りたい欲望に駆られ、 セーターの裾をゆっくりと持ち上げていく。 セーターから解放されたおっぱいの上にあるはずの乳首は ふっくらとした乳輪に隠されていた。 さらなる甘美な時を味わおうとふっくらとした乳輪に手を伸ばしていく。 もはやおっぱい星人化したお兄ちゃんの暴走は止まらない…。 今は、女生徒のオナニー現場に出くわしてしまい教卓に身を隠している。 女生徒が教室でオナニーをしていること自体信じられないことだが、 彼女の正体を知ったときの方が衝撃は大きかった。 容姿端麗、文武両道、男女問わず 学園中の憧れの的である生徒会長高島しぐれであった。 しぐれは教室の中にも関わらず淫唇を広げ、 中を激しく指でかき回していく。 憧れの先輩の淫ら過ぎる姿に興奮した北小松は、物音をたててしまう。 逃げようとするが転んで、しぐれに見つかってしまった。 北小松は見たことを誰にも言わないと言うがしぐれは信じてくれない。 信じてもらおうともう一度開いたその口は しぐれの唇によって塞がれてしまった。 それは唇が触れ合うだけの単純なキスではなく、 口を割って舌を絡めてくる激しいものであった。 キスを堪能したしぐれは大喜び、北小松は顔を真っ赤にして混乱。 さらに、しぐれは混乱している北小松のズボンに 手をかけ勃起している一物を取り出そうとして… タグ :.

次の