大変 ご 迷惑 を おかけ しま した。 「ご迷惑を」を使った正しい謝罪表現は?類語表現を例文有りで解説

おわびの文章

大変 ご 迷惑 を おかけ しま した

お詫びのフレーズ お詫びのお決まりフレーズ・常套句・言い回し フレーズ 使用例 申し訳ありません ご要望に沿えず、申し訳ありません。 申し訳ありませんでした 度重なる失礼、本当に申し訳ありませんでした。 申し訳ないことをしました 〇〇さんには申し訳ないことをしました。 大変申し訳ございませんでした 度重なる失礼、大変申し訳ございませんでした。 多大なご迷惑をおかけして、心から申し訳なく存じます この度は、多大なご迷惑をおかけして、多大なご迷惑をおかけして、心から申し訳なく存じます。 すみませんでした お返事が送れてすみませんでした。 失礼いたしました お約束していましたのに急用で不在をし、たいへん失礼いたしました。 お詫び申し上げます 皆様には大変ご迷惑おかけしました事を深くお詫び申し上げます。 お詫びいたします 不適切な表現があり、深くお詫びいたします。 お詫びの申し上げようもございません 再度のミスをおかし、お詫びの申し上げようもございません。 謝罪いたします 誤解を与えたようでしたら、謝罪いたします。 陳謝いたします 今回の件を厳粛に受け止め、陳謝いたします。 幾重にもお詫び申し上げます ご配慮を無にしましたこと、幾重にもお詫び申し上げます。 お詫びの言葉もありません ご迷惑をおかけした皆様には、本当にお詫びの言葉もありません。 お詫びの言葉に苦しんでおります とんだ不始末をしでかしまして、お詫びの言葉に苦しんでおります。 お詫びの申しあげようもありません 心待ちにしていてくださった皆様にはお詫びの申しあげようもありません。 お詫びの申しあげようもございません 多大なるご迷惑をおかけして、お詫びの申しあげようもございません。 大変ご迷惑をおかけいたしました 店舗改装期間中は、大変ご迷惑をおかけいたしました。 ご心配をおかけいたしまして ご心配をおかけいたしまして、申し訳ありませんでした。 大変ご心配をおかけいたしました この度の報道では、皆様に大変ご心配をおかけいたしました。 大変ご不愉快の念をおかけしました ご案内に不手際があり、大変ご不快の念をおかけしました。 自責の念にかられております 配慮が行き届かなかったと、自責の念にかられております。 反省いたしております 不注意であったと、反省いたしております。 深く反省しております 単純ミスから生じたものとはいえ、確実な作業を心がけていれば起き得なかったことと存じ、深く反省しております。 猛省しております 私の不徳のいたすところと、猛省しております。 遺憾に存じます このたびの不祥事、たいへん遺憾に存じます。 肝に銘じます 二度と起こさないよう、肝に銘じます。 以後、気をつけます このようなことを繰り返さないように、以後、気をつけます。 二度とこのようなことはいたしません 今後は十分に注意し、二度とこのようなことはいたしません。 お許しくださいませ おめでたい席での失礼の段、どうかお許し下さいませ。 ご容赦くださいませ 商品の性質上、お客様ご都合による返品・交換は何卒ご容赦くださいませ。 ご容赦くださいますよう、お願い申し上げます このたびの不手際の件、なにとぞご容赦くださいますよう、伏してお願い申し上げる次第でございます。 ご勘弁願えませんでしょうか 商品はすぐにお取り換えいたしますので、ご勘弁願えませんでしょうか。 ご勘弁願います 当日のキャンセルは、ご勘弁願います。 申し開きのできないことです このたびの件はまったく申し開きのできないことでございました。 弁解の余地もございません ご返済遅れの不手際は弁解の余地もございません。 弁明のしようもありません 遅延の連絡をしなかったことは確かで、弁明のしようもありません。 言い訳が立たないことは承知しております 私の不注意によるもので、言い訳が立たないことは承知しております。 言い逃れできるとは思っておりません この期に及んで言い逃れできるとは思っておりません。 釈明するつもりもございません ご指摘のとおり私の監督不行き届きによる失態でして、釈明するつもりもございません。 まさにおっしゃるとおりでございます ご指摘の点、まさにおっしゃるとおりでございます。 ご指摘のとおり ご指摘のとおり、請求書の金額に誤りがございました。 お詫び申し上げます。 ~はごもっとものことでして お怒りはごもっとものことでございまして、弁解の余地もございません。 ~は無理もないことでございます お怒りは無理もないことでございます。 面目次第もございません 今回の件は,ひとえに私の不徳の致すところであり面目次第もございません。 お恥ずかしいかぎりです 私の指導不足が原因であり、まことにお恥ずかしいかぎりです。 まことに汗顔のいたりでございます このような初歩的なミスを重ねてしまい、まことに汗顔のいたりでございます。 不注意で 弊社の不注意でこのようなことになり、本当に申し訳ありません。 うかつにも うかつにも気がつきませんでした。 不覚にも 不覚にも、御社に迷惑をかけることになり、誠に申し訳ありません。 心得違いで こちらの心得違いで、別の商品をお届けしてしまい申し訳ありませんでした。 誤解がございまして 書類の受け渡し方法について誤解がございまして、お届けが遅れてしまいました。 勘違いしてしまいまして 打ち合わせの時間を2時からと勘違いしてしまいまして、あわててご連絡した次第です。 非礼このうえないことと 非礼このうえないことと、謹んでお詫びを申し上げます。 礼儀知らずもはなはだしく 礼儀知らずもはなはだしく、謹んでお詫びを申し上げます。 無礼千万なことと 無礼千万なことと、謹んでお詫びを申しあげます。 とんだ不始末をしでかしまして 当社の契約社員がとんだ不始末をしでかしまして、誠に申し訳ありませんでした。 とんだ失態を演じてしまいまして とんだ失態を演じてしまいまして、まことにお恥ずかしい限りです。 失態をお見せいたしまして 会議の席上では失態をお見せいたしまして、たいへん申し訳ありませんでした。 このようなことになり 厳重に注意を払ってまいったつもりではございますが、このようなことになり現場の監督責任を痛感しております。 あってはならないことでした 書類を改竄するなど、あってはならないことでした。 もってのほかでございました 遅れてくるなど、もってのほかでございました。 とんでもないことでした データを流出するなど、とんでもないことでした。 私の不徳の致すところです システム障害を予測できなかったことは、私の不徳の致すところです。 私の至らなさが招いた結果です 今回の件は、私の至らなさが招いた結果です。 私の力不足です 結果を出せなかったのは、ひとえに私の力不足です。 考えが及びませんでした そこまでは考えが及びませんでした。 気が回りませんでした 日付の変更までは気をつけていたのですが、時間のことまでは気が回りませんでした。 不行き届きでした 管理者として、監督不行き届きでした。 お役に立てず申し訳ございません 私の力不足で、お役に立てず申し訳ございません。 お待たせして申し訳ありません 大変お待たせして申し訳ありません。 別件で手間取り、ご連絡が遅くなってしまいました。 恐れ入ります 恐れ入りますが、資料をお送りいただけますか。 お詫びの言い換えフレーズ フレーズ 使用例 ミス 不手際 言い訳 申し開き 気を付けます 最新の注意をはらいます もういたしません 二度といたしません すみません• 失礼いたしました• 大変申し訳ございませんでした• 陳謝いたします 迷惑をかけてすみません• 大変ご迷惑をおかけいたしました• 御不快の念をおかけしました• 多大なご迷惑をおかけして、心から申し訳なく存じます 私が悪かったです• 私の力不足です• 私の至らなさが招いた結果です• 不徳のいたすところです 反省しています• お詫びします• 深く反省しております• お詫びの申し上げようもございません 許してください• お許しください• ご勘弁ください• ご容赦ください• ご容赦くださいますよう、お願い申し上げます うっかり忘れて• メールを確認しそびれてしまいました• メールの確認を失念しておりました.

次の

「ご迷惑」を使った謝罪例文9コ・ご迷惑の言い換え表現

大変 ご 迷惑 を おかけ しま した

「ご迷惑」の意味と類語を紹介 「ご迷惑」とは「相手が不快な思いをする」という意味 「ご迷惑」の「迷惑」には「ある行為がもとで相手に不快な思いをさせること」や「迷い戸惑うこと」という意味があります。 ビジネスで使われる「ご迷惑」は主に「ある行為がもとで相手に不快な思いをさせること」という意味として謝罪の際に使われます。 「ご迷惑」の「ご」は丁寧に表現する際に使われる接頭語であるため、「ご迷惑」は目上の人へ使える言葉となります。 「ご迷惑」は謝罪する際に使える ビジネスにおいて「ご迷惑」は多くが謝罪のシーンで使われます。 自分の行為が元で相手に不快な思いをさせた場合や、自分の行為により不快な思いをさせてしまう可能性がある場合に「ご迷惑」を使って謝罪の意を表します。 「ご心配」や「お手数」は類語である 「ご迷惑」の類語には「ご心配」や「お手数」「失礼」などが当てはまります。 「ご迷惑」と同じように、相手に謝罪をする際に使われる言葉です。 ただ、類語ではあるものの状況によって使い分ける必要があるため注意してください。 「ご迷惑」は相手に不快な思いをさせたことに対して謝罪する際に使われますが、「ご心配」は相手に不安や心配を与えた際に使われます。 「お手数」は相手に時間や労力をかけたことに対して、「失礼」は目上の人に無礼な言動をしたことに対して謝罪する際に使われます。 謝罪をする際に使われる言葉ですが、何に対する謝罪であるかを考えて使い分けてください。 謝罪をする際の「ご迷惑」の使い方 「ご迷惑をおかけしてすみません」は迷惑に対する謝罪の言葉 目上の相手に迷惑をかけたことに対して謝罪する際に使われる言葉が「ご迷惑をおかけしてすみません」です。 敬語表現からして目上の人へ使う言葉として問題ないのですが、「すみません」よりも丁寧に気持ちを表現したい場合は「申し訳ございません」が適しているといえます。 「ご迷惑をおかけしてすみません」でも間違いではありませんが、心から謝罪していることを表す場合は「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」や「ご迷惑をおかけしたことお詫び申し上げます」と言い換える方がいいでしょう。 迷惑をかけている際は「ご迷惑をおかけしております」 現在進行形で相手に迷惑をかけている際に「ご迷惑をおかけしております」が使えます。 「迷惑」は相手に不快な思いをさせていることを意味する言葉であるため、「ご迷惑をおかけしております」は「不快な思いをさせてしまっています」という文章となります。 しかし、単に上記の意味合いで使われるだけでなく、不快な思いをさせてしまい申し訳ないという意味を込めて使われる場合もあります。 「ご迷惑をおかけしております」には「不快な思いをさせていることを申し訳なく思います」と謝罪の意味が含まれているとはいうものの、謝罪の意思を確実に伝えたい場合は「申し訳ございません」や「お詫び申し上げます」と付け加えて使いましょう。 メールや年賀状にも「ご迷惑」は使える 話し言葉としてだけでなくメールや年賀状などの書き言葉としても「ご迷惑」を使うことができます。 目上の相手へ不快な思いをさせた際に送る謝罪メールでは、ポイントとなる冒頭や文末に「ご迷惑をおかけし大変申し訳ございませんでした」と加えることで相手に謝罪の意思が伝わりやすくなります。 上司や取引先の人へ送る年賀状へも「ご迷惑」を使うことができます。 例えば「昨年、皆様方には多くのご迷惑をおかけいたしました。 少しでもお力になれるよう頑張りますので、ご指導の程よろしくお願い致します」という文章だと、昨年のお詫びに加えて今年の意気込みを表した年賀状となります。 ビジネスシーンで謝罪をする際の例文 「ご迷惑をおかけすると思いますが」を使った例文 まだ起きていない出来事に対して「ご迷惑をおかけすると思いますが」が使えます。 例えば相手に依頼をすることにより迷惑をかける可能性がある場合「ご迷惑をお掛けすると思いますが、よろしくお願い致します」となります。 ただ、人によっては「迷惑がかかると知りながらお願い事をするのは失礼だ」と感じる人もいるため使う際は注意してください。 「ご迷惑をおかけしました」を使った例文 過去の出来事に相手が不快な思いをし、謝罪をする際に「ご迷惑をおかけしました」が使えます。 例えば請求書の金額が間違っていたことに対する謝罪だと「請求内容の誤りについて、ご迷惑をおかけしましたことお詫び申し上げます」となります。 「ご迷惑」の類語「ご不便」を使った例文 「ご迷惑」の類語には「ご心配」「お手数」「失礼」があることを説明しましたが、不自由を意味する「ご不便」も類語に当てはまります。 例えばこちらのミスにより相手に不自由な思いをさせた際「こちらの不手際によりご不便をおかけしたことお詫び申し上げます」と使うことで、不自由に対する謝罪の文章となります。 まとめ 相手に不快な思いをさせてしまい、謝罪をする際に「ご迷惑」が使えます。 「ご迷惑」を使った謝罪文は様々ですが、中には失礼と捉えられる言葉もあるため注意が必要です。 何に対する謝罪なのか、状況によって類語と使い分けてください。

次の

[B! メタブ] [B! 登山] 御在所岳でまさかの遭難! 大変ご迷惑をおかけしましたm(__)m。しかし警察って何様?感謝していますが言わせてもらいたいことが!

大変 ご 迷惑 を おかけ しま した

ミスを謝る場合先日は不手際により納品が遅れてしまい、 大変ご迷惑おかけいたしました。 「大変ご迷惑おかけいたしました」の類語 「大変ご迷惑おかけいたしました」に似た表現として、「ご心配をおかけいたしました」「ご不快の念をおかけしました」といった表現があります。 「ご心配をおかけいたしました」は、相手になにかしらの心配をさせてしまった場合に使う言葉です。 心配してくれたお礼の意味で使うこともあります。 「ご不快の念をおかけしました」は、自分の行動や言動によって相手に嫌な思いをさせてしまった場合に使う言葉です。 相手にどういう迷惑をかけたかによって使い分けましょう。 まとめ 「大変ご迷惑おかけいたしました」とは、相手に迷惑をかけたことに対して謝罪する場合に使う言葉です。 謝罪の対象をはっきりさせる場合に使われ、「突然お邪魔して、ご迷惑おかけいたしました」というように使います。 「大変ご迷惑おかけいたしました」の類語として、「ご心配をおかけいたしました」や「ご不快の念をおかけしました」といった表現があります。 「ご心配をおかけいたしました」は相手に心配させて迷惑をかけてしまった場合に、「ご不快の念をおかけしました」は相手に嫌な思いをさせてしまった場合に使う言葉です。 関連記事 参考文献.

次の