ときわ だ いら 動物 病院。 茨城県 取手市 の ときわ動物病院 の情報 評判 口コミ が見つかる

田村博昭院長、松本洋介先生、石田美紀子先生 (ときわだいら動物病院) (2ページ目)

ときわ だ いら 動物 病院

ときわだいら動物病院 岩尾先生プロフィール パピークラスのお知らせ パピークラスでおこなうことは、すべての子犬に必要な教育です。 特別に難しいものではありません。 怖い伝染病から子犬たちを守る予防注射のように、子犬の時から十分に社会化をおこなって飼い主とより良い関係を築いていくことは、子犬たちのこころのワクチンとなります。 そして将来の問題行動の予防になります。 当院のパピークラスでは、飼い主さんが子犬との接し方を学び、普段の生活の中で実践していただけるような内容になっています。 飼い主との信頼関係を築き、様々な困難を克服しながら人間社会で人と一緒に楽しく暮らしていく力を養うことを一番の目的にしています。 また、他の子犬と出会い、動物病院で楽しい時間を過ごすことは子犬にとってとても良い経験になるでしょう。 パピークラスは、生後5ヶ月までの子犬であれば、いつからでも通っていただけるクラスです。 クラスの内容は毎回同じものではありません。 また、課題によっては(つめきり、ハミガキなど)毎回ステップアップしながら練習し、きちんとできるようになるまで数回かかることもあります。 犬の社会化にとっても、パピークラスは一回だけでなくできるだけ多くいらして頂くことをおすすめします。 子犬たちはあっという間に大きくなります。 大事な社会化期にさまざまな良い経験をすることは犬の性格の土台作りに役立ちます。 たくさんのこいぬちゃん&ご家族のご参加をお待ちしています。 お気軽にスタッフまでお尋ね下さい。

次の

四日市市の動物病院:SERIどうぶつ病院:トリミング

ときわ だ いら 動物 病院

ときわだいら動物病院 スタッフ紹介 スタッフ紹介 獣医師の出勤表は 院長 田村博昭 院長の田村です。 当院は街のホームドクター(家庭医)を目指します。 最先端の高度医療設備はありませんが、誠意ある診療をリーズナブルな費用で提供できるよう頑張っています。 所属学会: 千葉県獣医師会 日本動物病院福祉協会 日本獣医皮膚科学会 日本獣医アトピー・アレルギー免疫研究会 獣医師 石田美紀子 はじめまして、石田と申します。 埼玉の動物病院で4年働き、平成24年2月から当院に勤務しています。 今までの経験を生かしながら、より成長できるように頑張ります。 宜しくお願い致します。 所属学会: 日本小動物病院福祉協会 JAHA認定総合臨床医 獣医師 田中雅弥 はじめまして、田中と申します。 平成24年4月から当院に勤務しています。 6年間の大学生活で学んだ知識をフルに生かして、みなさんの大切なパートナーの健康をサポートしていけるよう日々頑張りますのでよろしくお願い致します。 所属学会: 日本小動物病院福祉協会 JBVPレクチャーシリーズ in 東京 毎週参加 獣医教育・先端技術研究所夜間セミナー 獣医師 岩尾琢 岩尾先生のプロフィールは (非常勤) 横浜市「センターきた動物病院」院長。 当院院長の大学院時代の友人で、これまで心臓病・循環器系疾患の治療に長く携わってこられました。 当院には月1〜2回、診察にいらっしゃいます。 獣医師 荒井延明 荒井先生のプロフィールは (非常勤) アレルギー皮膚疾患・難治性皮膚疾患の治療を中心に診療しておられる先生です。 こちらの先生も当院院長の大学院時代の同級生で、当院へ毎月診察にいらっしゃいます。 アジア獣医皮膚科学会会員 日本児童文学者協会会員 獣医学博士 A H T いつも笑顔でがんばっています。 お気軽に声をかけてくださいね。 よろしくお願いします。 飯塚 南口 (愛犬 りま・愛楽) 藤 中嶌 田中 ばなな エイト.

次の

[mixi]☆動物病院を探しています☆

ときわ だ いら 動物 病院

入門【講座1】グリーフケア講座 実施日:2010年 1月28日(木) 19:00~21:00 グリーフとはさまざまな「悲嘆」を意味します。 愛するペットがいつもと違う表情を見せた時、言葉を話さない彼らを見て、飼い主様はただただ不安を感じます。 多くの飼い主様は、その「悲嘆」を1人で抱えて、どうしてよいのか戸惑い、その形や大きさは違っていても、不安や恐怖と闘いながら苦悩の日々を送っています。 飼い主様が持っている、それら内側の悲しみや苦しみの感情を吐き出せる環境を作るために、医療従事者が出来ることは何でしょうか。 この講座では、様々な「悲嘆」で苦悩する飼い主様の心をサポートする方法を具体的にお伝えします。 応用【講座2】ターミナル講座 実施日:2010年 2月18日(木) 19:00~21:00 ペットの長寿化により、完治が難しい癌など重い病気になったり、目が見えない、歩行が困難、自力で食べられない・・など老化現象や、認知症を患い介護が必要となる場合が増えてきました。 ペットが治る見込みのない病気の末期で、大きな苦痛を伴う場合には、安楽死の決断を迫られ苦しみ悩むかもしれません。 「最愛のペットの最期をどのように看取るか」「どのようなお別れにしたいか」 飼い主様の心の声に耳を傾け、一緒にその大切な命に向き合い、個々の家族のスタイルに合った「良い看取り」に導いていくために、獣医従事者しかできないことをお伝えします。 応用【講座3】インフォームド・コンセント講座 実施日:2010年 3月18日(木) 19:00~21:00 ・日頃、飼い主様にどのように言葉をかけて良いか分からない・・ ・自分では気づかず飼い主様を不快にしてしまった・・ ・内容を正しく伝えたつもりが伝わっていなかった・・ ・誤解されて受け止められていた・・ ・悲しい場面ではどうしてよいかわからない・・など こんな思いをされたことはありませんか? 飼い主様心理について学び、正しいコミュニケーションスキルを身につけることで、飼い主様からの受け取られ方は大きく変わってきます。 麻布大学付属病院研修医、動物病院勤務等を経て、06 年動物病院、専門学校にてグリーフセミナー開始。 08 年より動物病院に来院の多くの飼い主様が持つ、不安・苦悩・悲しみ・いらだち・不満・困惑など、様々な「悲嘆 グリーフ)」の感情に耳を傾けながらあらゆる気持ちを受け止め、大切なペットにとって、また、飼い主様にとって最善の方法を一緒に考えるアドバイザーという仕事を手がける。 お申し込み HAAC主催ペットをめぐる問題についての意見交換会 第2弾 ターミナル期~ペットロスにおける飼い主さんへのサポート パネリストに獣医師、ペットシッター、ターミナルケアリスト、飼い主さんをお招きします。 闘病中あるいは介護期のペットを抱える飼い主には、どのようなサポートが必要とされているか、また、愛するペットを亡くした飼い主には、どのようなケアが望まれているかなど、意見交換を行い、連携を含めたサポート体制を模索します。 必要事項をご記入の上、お申し込み下さい。 『グリーフ』とは、『悲嘆』と訳され、自分が大切にしているものを失ったときに現れる感情です。 ペットとの最後のお別れだけでなく、ペットの様子がいつもと違うとき、老齢になり今までできていたことができなくなったときなど、日頃健康を喪失したときに感じている気持ちもグリーフなのです。 それは特別なことではなく、全ての飼い主さんが抱える感情です。 当院では飼い主さんのお力に少しでもなりたいという思いから、グリーフケア講座を開催することに致しました。 阿部先生のお話では、お別れはつらいけれど、大事なことはそのお別れを考えるよりも、お別れまでの時間をどのように生き生きと過ごすことができるのかだということです。 ペットとの暮らしの中で、愛するわが子とのお別れは必ず訪れます。 今回のお話は、飼い主様皆様に聞いていただきたい内容です。 ぜひご参加ください。 (今回の講座の詳しい内容については、後日お知らせいたしますのでもうしばらくお待ちください。 ご迷惑おかけすることもあるかと存じますが何卒ご了承ください。 今回は飼い主さんのみの講座になります。 ペットをお連れいただくことはできません。 11月8日までにお申し込みください。 定員になり次第締め切らせていただきます。 場所 :ときわだいら動物病院 電話 :047-385-1020 飼い主様の声は、自院の現状を映し出す鏡です。 飼い主様の声をどう活かしていくか、他の病院様との交流を深めながら、さらに貴院の強みを磨いていただくためのシンポジウムを開催いたしますので、ぜひご参加ください。 ひと満足を基点とした病院運営により、小規模病院の理想モデルと評されています。 たった二人でスタートした「医療サービス対応事務局(経産大臣賞)」での試行錯誤をはじめ、患者・職員・病院・地域の循環的満足を追求する工夫と実践についてお話いただきます。 88年 立教大学経済学部卒業。 埼玉銀行(現埼玉りそな銀行)に入行。 91年 川越胃腸病院に入職。 92年 医療サービス対応事務局設立。 98年 病院として初の消費者志向優良企業通産大臣賞受賞。 04年 部門として消費者志向優良グループ経産大臣賞受賞。 同年日本大学大学院博士前期課程修了(人間科学修士)。 08年 ハイ・サービス日本300選。 09年 埼玉県経営品質県知事賞受賞。 経済産業大臣事業認定消費生活アドバイザー/生涯学習開発財団認定コーチ。 集まった飼い主様のお声は、延べ23,688件にも上ります。 「大切な人に当院を安心して紹介できますか?」 この総合満足度を上げるために重要な項目は何なのか。 フリーアンサーに潜む飼い主様の本音を共有させていただきます。 その待合室で、飼い主さまの心のケアに重点をおいたグリーフケアアドバイザーとして待合室診療を行っている獣医師が、待合室だからこそ聴ける飼い主さまの本音とその活用方法について、事例をご報告させていただきます。 その一部を、ここで披露させていただきます。 クレームと上手く付き合い、感謝に変える技を体験型で学んでいただきます。 【動物看護師対象】 第1回コミュニケーションスキルアップセミナー 「飼い主コミュニケーション~臨床現場でVTに求められていること。 *上記の他、実際抱えている飼い主対応での悩み、疑問など問題点にアドバイスいたします。 会場 自宅セミナールーム 申込 にてお願いいたします。 *お問い合わせもお気軽にどうぞ。

次の