マック堺 身長。 ラファエルのマネージャー イーサンの素顔はイケメン?プロフィール/経歴/年収(給料)/ガブリエル/ラファエルチャンネルを引退した!?

グアム実弾射撃2013 パート4

マック堺 身長

グアム実弾射撃 2013 パート4 [] [] [] [パート4] [] [] さてさて、グアム ワールドガンで射撃したライフル編の動画をどうぞ。 そして今年もやっぱり撃ちました。 米国本土でもなかなか撃てない. 50口径のアンチマテリアルライフル、バレットM82A1。 堺さん、これを立射するというから驚き。 バレット M82A1のスコープを覗いたかんじ。 1番から18番までの数字が振られていて50m先のターゲットを狙う場合は13のクロスラインを使用する。 今年はメイド服ではないけれど、マック堺さん渾身のバレット射撃動画をどうぞ。 M82A1はかなり体格が良くないと立射で構えるのが難しいのに、さすが堺さんだ。 堺さんの解説では. 308winより反動が軽いくらいと言う。 凡人の私にはさすがにそこまでは思えないのだが、見ているよりは思いのほか撃ちやすいのは確か。 グアムに行くならば絶対に撃っておきたい銃だ。 レミントン M700で2008年のツアーの時のように火の玉ターゲットを撃ってみた。 ワールドガンのオフィスで買える。 ボンベはいわゆる家庭用のガスボンベだ。 ガスボンベと着火剤 固形燃料 がセットになっている。 40m先に設置したガスボンベをスコープで狙撃する。 その爆発の瞬間を動画でどうぞ。 火の玉ターゲットは実に爽快!! ぜひワールドガンで射撃する際は試してほしいターゲットだ。 チームメイトの丸さん親子とワールドガンで記念撮影するマック堺さん。 ワールドガンでは10歳から銃を撃つことができる。 ただし. 22口径から9mm、. 223remのライフルなど、反動の小さく、操作が簡単な現代銃を選ぶのが無難だろう。 丸さんの息子の晃大君。 将来は防大を目指しているんだって。 12歳にして身長171cm、マック堺氏からのレクチャーが受けられるなんて将来有望でしょう、これは。 んでもって、マック堺の実弾射撃講座を動画でどうぞ。 その晃大君とマック堺がなんと狙撃対決!! 使用する銃は. 22LR弾を使用するセミオートライフル、サベージ M64だ。 20m先の柱に25セント硬貨を4枚貼り付ける。 5発で何枚命中できるか!? まずは晃大君が先攻。 マガジンの装填に戸惑ったりしてちょっと不安だなぁ。 ところが、なんと2枚の硬貨にヒットさせる。 続いてマック堺さんが撃つも、1発もヒットせず。 この勝負は、なんと12歳の小学生、晃大君が勝利!! これはすごい結果になった。 晃大君、射撃対決でマック堺に勝ったとクラスの友達に言ってOK~!! 将来は陸自のスナイパーか!? 2日間のワールドガンでの射撃を終え、一行はワールドガンのオフィスに戻って仲田社長と合流、オフィス近くのサクラキッチンへ食事に行くことにした。 なんとグアムで和食!! 営業時間は11:00-22:00。 95 などを注文。 その他寿司、カレー、焼きそばなど、メニューがとても豊富だった。 なかなかのボリューム。 味も日本と変わらず。 普通の和食レストランといった感じだった。 店主が日本人で帰り際、「ありがとうございましたっ!! 」と日本語で挨拶されたのはちょっと嬉しかったなぁ。 さてさて、お腹もいっぱいになり、一行はホテルに戻ることにした。 明日はグアム島南部のタロフォフォエリアにあるGOSRにお邪魔する。 おススメの旅行予約サイト.

次の

マック鈴木の仕事の現状と年収の変化がヤバイ!?嫁の実家の驚きの実態とは!?

マック堺 身長

今回ご紹介するのは、エアガンレビュー動画の第一人者とも言えるYouTuber 「マック堺」。 2011年からエアガンに関する動画を約6年に渡り投稿し続けているマック堺だが、2018年に入りYouTubeのルール変更により「銃器を取り扱う動画」が禁止となり彼のチャンネルにも存続の危機が・・・? 今回はマック堺のプロフィールを始め、YouTubeのルール変更によるマック堺チャンネル終了の真相についても徹底調査してみた! マック堺のプロフィール! 本名 堺 達也 さかい たつや 生年月日 1971年生まれ 年齢 47歳 2018年現在 血液型 非公開 身長 180㎝ 出身地 非公開 エアガンのスペシャリスト! マック堺は現在、 エアガン・電動ガンの商品レビューをするYouTuberとしてサバゲーマーやガンマニアから人気を集めている人物である。 ただのエアガン好きのおじさんだと思っている方もいるかもしれないが、実は過去に 国内外の大会で多数の優勝経験を持つ 「エアガンのスペシャリスト」であるのだ 海外の大会では実銃を使用している。 プレイヤー歴はなんと 20年以上! 「長年楽しんできたエアガンに恩返しがしたい」ということでYouTubeチャンネルを開設。 最初は競技風景の動画を主に投稿していたが、あまり再生数を稼ぐことができず、途中からはエアガンレビューを主とする動画スタイルに変更。 それによって多くのエアガンファンから話題となり、現在は 20万人以上の登録者を抱える人気YouTuberへと成長した。 職業は何?? そんなエアガン大好きおじさんのマック堺だが、職業はエアガンショップのオーナーやサバゲーフィールドの経営といったエアガンに関する仕事ではなく、 プログラマーとして収入を得ているそうだ。 マック堺の「マック」は、もともと彼が マッキントッシュのプログラマーとして仕事をしていたために付けられたあだ名とのこと。 現在は 「プラスピー」というホームページやアプリを作る会社の経営者だそうだ。 エアガンへの愛情が深い! マック堺のエアガンへの愛情は、多くの視聴者・ファンなら誰もがご存知のことだろう。 その中でも有名なエピソードはこちら。 無料シューティング体験のイベントにてマック堺の持っていたエアガンの銃口が人に向いていたということから、 頭を丸めて謝罪動画を投稿した時の話である。 エアガンでも見た目は普通の銃と何ら変わりないため「銃口を人に向ける」という行為はサバゲーマーやエアガン愛好家の間ではご法度とされる行為ではあるが、ベテランである彼の場合、十分にそのことは理解しているため恐らく 「誤って」更に「一瞬」起きてしまったことであろう。 それにもかかわらず一瞬でも誤った行為を行ってしまったことを真摯に受け止め、謝罪・注意喚起した彼の姿をみた視聴者の多くが彼を擁護するコメントを寄せた。 エアガンは競技やコレクションのために作られた「玩具」ではあるが、間違えた使い方をすることによって大怪我をしてしまうこともある 大変危険なものである。 そのため、今や「エアガン日本代表」とも言えるマック堺が違反行為をすることによってエアガンそのものの印象が悪くなってしまうと危惧し謝罪動画を投稿したのだろう。 普通ならば数件指摘があったところでスルーされがちな問題なのだが、きちんと過ちは過ちとして謝罪をするその姿は 「エアガンファンの鑑」と言っても過言ではない。 マック堺チャンネル存続の危機!? YouTubeで「銃器を取り扱う動画」が違反に!? 2018年3月、YouTubeでは 「銃器に関するコンテンツ」を禁止することを発表。 2017年10月に起きたラスベガスの銃乱射事件があったことが原因であり、YouTube上に多くの銃改造動画が問題に挙げられた模様。 以降、YouTubeでは 銃の周辺機器 一部 に関する動画や、銃改造・銃制作についてのハウツー動画など、銃に関する動画の大部分が「違反動画」として削除されることに。 そこで多くのマック堺ファンは 「銃動画が削除されてるってことはマック堺のチャンネルも・・・」と、マック堺チャンネルが消えてしまうことをかなり心配していたようだったが・・・ 現在は「セーフ」! マック堺チャンネル健在! 現在、YouTubeで規制しているのは「実銃」に関するコンテンツのため、エアガンを紹介しているマック堺のチャンネルは現在は全く問題はなく 今の所は規制の対象にはならないとのこと。 しかし、この先違法改造したエアガンによる事件などが増えることによって、 エアガン動画についても大幅な規制がかかることが予想される。 先にも述べたがエアガンは使い方を間違えることによって大事故を起こす危険性のある「危険物」とも言える玩具であるため、きちんとルール・マナーを守らなければ即規制の対象になることだろう。 マック堺の動画では初心者のためのルール・マナーを説明している動画も投稿されているので、これからエアガンを買ってみたいというかたは是非そちらの動画を一度視聴しておくと良いだろう。

次の

最近のマック堺氏はどうしちゃったのでしょうか?

マック堺 身長

学生さんだとか我々サラリーマンには想像もつかない世界なんですが、 要は「食っていくため」なんですよ。 彼の主な収入はユーチューバーだと聞いています。 閲覧数で広告収入が決まる。 それで家計をやって行かなくちゃならないんです。 エアソフトガンを紹介して、何m飛ぶか試して、プレートを何秒で撃てるか試してみる。 マルシンやクラウンなら一作ごとに性能が大きく違う。 でも人気のマルイなら見なくたって、おおよその見当はついてみんな買ってるわけで。 機種を変えて同じことをやり続けて、それで大人の男が食っていけるだけの収入が続くわけがない。 ならば目先の変わったことをやらざるを得ないし、それはどんどん過激な方向に行くというのが世の中の摂理でしょうね。 問題は・・、マックさんがなにかしら銃にかかわる事でメシを食いたい。 しかし、ショップもしくはレンジの経営でない限り、トイガンのユーザー側でメシを食えるほど、日本のトイガン業界はキャパがあるわけではないんですよ。 特にレンジやサバゲフィールドの経営者などは、ほとんどが実家が資産家とか。 つまり元々の彼の希望に無理があるわけです。 彼が銃でメシを食うためには、少なくとも安サラリーマン並みの年俸を保証してくれるスポンサーを見つけなければならないです。 ところが、彼の魅力はスチル写真では表現できませんよね。 いくらUSスチールチャレンジチャンピオンだといっても、あのルックスです。 広告のカラーページを飾るのにはミリドルには勝てないです。 しかも、いくらスチールチャレンジに出場したいためだといっても、イチローGun団の一員という事になっています。 イチローの悪評もさることながら、先輩である「I氏」が、業界のあちこちに後ろ足で砂をかけて回った後ですからね。 あのグループの一員なら、また不義理なことをされるんじゃないか?とスポンサーは恐れるわけです。 さらに、銃雑誌のライターでもない彼は、多忙な業界経営者たちがよく知らないという事も大きいです。 ですから思うんですけどね。 彼の正しい行いのファンであれば、彼の正しい行いを続けてもらいたいと願うならば、ボヤいているばかりではなく、我々が顔馴染みのそうした業界経営者たちに彼の人気や良さを我々がアピールしていくべきだと思うんですよ。

次の