年齢 別 平均 年収。 【年齢別】中小企業・大企業の平均給与(年収・月収)と手取り額目安

平均年収ランキング 最新版(年齢別の平均年収) |転職ならdoda(デューダ)

年齢 別 平均 年収

年代別(20代30代40代50代60代)の平均年収と給料 を参照し、20代30代40代50代60代の平均年収をまとめています。 20代の年代別年収 20代の年代別年収は346万円でした。 20歳~24歳の男性の平均年収は約328万円、女性の平均年収は約314万円でした。 25歳~29歳の男性の平均年収は約371万円、女性の平均年収は約354万円でした。 詳細は、 ・ ・ 30代の年代別年収 30代の年代別年収は436万円でした。 30歳~34歳の男性の平均年収は約452万円、女性の平均年収は約381万円でした。 35歳~39歳の男性の平均年収は約513万円、女性の平均年収は約398万円でした。 詳細は、 ・ ・ 40代の年代別年収 20代の年代別年収は517万円でした。 40歳~44歳の男性の平均年収は約575万円、女性の平均年収は約420万円でした。 45歳~49歳の男性の平均年収は約649万円、女性の平均年収は約426万円でした。 詳細は、 ・ ・ 50代の年代別年収 50代の年代別年収は545万円でした。 50歳~54歳の男性の平均年収は約688万円、女性の平均年収は約426万円でした。 55歳~59歳の男性の平均年収は約658万円、女性の平均年収は約408万円でした。 詳細は、 ・ ・ 60代の年代別年収 60代の年代別年収は400万円でした。 60歳~64歳の男性の平均年収は約467万円、女性の平均年収は約354万円でした。 66歳~69歳の男性の平均年収は約423万円、女性の平均年収は約358万円でした。 20代から60代の年代別年収推移まとめ 一番年収が高くなるのは50代前半でした。 このときは男性と女性の年収差は200万円以上の差がありました。 20代ではそれほどかわりませんが30代40代50代と一気に格差が広がります。 女性が社会に進出しつつある社会ですがそれでもまだ男女間の格差はある結果となりました。

次の

世帯年収の平均は約550万円!?年齢別・状況別の金額をチェック

年齢 別 平均 年収

合計 男性 女性 2019年 446. 8万円 494. 4万円 362. 7万円 2018年 424. 6万円 471. 4万円 342. 2万円 2017年 415. 1万円 464. 5万円 332. 7万円 2016年 417. 2万円 464. 8万円 332. 1万円 2015年 400. 7万円 447. 6万円 309. 0万円 2014年 401. 6万円 453. 8万円 400. 2万円 2013年 400. 2万円 446. 2万円 317. 6万円 2012年 385. 7万円 426. 4万円 292. 2万円 2011年 400. 7万円 447. 6万円 309. 最高で年収600万円台が電気・ガス・水道業、年収500万円台が金融保険業や教育学習支援業で、他の産業での年収は300万円から400万円台です。 産業 平均年収 建設 476. 7万円 製造 438. 9万円 卸売・小売 438. 4万円 宿泊・飲食 324. 2万円 金融・保険 520. 5万円 不動産 449. 6万円 運輸・郵便 388. 8万円 電気・ガス・水道 629. 7万円 情報通信 526. 8万円 教育・学習支援 537. 4万円 医療・福祉 450. 1万円 娯楽業 329.

次の

【年齢別】中小企業の平均年収|社長/工場長/係長/執行役員

年齢 別 平均 年収

サラリーマンの平均年収は440万円。 実際と感覚の近い平均年収を見つけるために、業種や年齢、会社の規模そして地域別に平均年収を分けて紹介してみたいと思います。 業種や年齢、会社の規模そして都道府県別に平均年収を分けて解説サラリーマンの平均年収は、国税庁の民間給与実態統計調査によると、440万円(2018年)。 平均といっても、平均年収は調査の仕方や調査対象により金額は大きく異なります。 厚生労働省の賃金構造基本統計調査(2018年)では、486万円、日本経済団体連合会(経団連)の調査結果から計算した平均年収は679万円でした(定期賃金調査と夏季・冬季 賞与・一時金調査を単純に合算)。 調査ごとの差があるだけでなく、全体の平均ということもあって、実際の感覚とはかけ離れているようにも感じます。 そこで実際と感覚の近い平均年収を見つけるために、業種や年齢、会社の規模そして都道府県別に平均年収を分けて紹介してみたいと思います。 業種別・年齢別平均年収(出典:国税庁「民間給与実態統計調査結果(2018年)」) まずは業種別と年齢別です。 表の見方は、例えば、製造業に勤務している39歳の人の場合、業種「製造業」、年齢「35~39」の欄を見ます。 5,103(千円)とありますので、平均年収は約510万円ということになります。 同じ年齢層(35~39歳)の全業種平均は447万8000円ですので、同年齢層の平均を約63万円上回っているということになります。 年齢別にみると、どの業種も基本的には年功序列になっていて、50~54歳層の年収が最大になっている業種が多いようです。 また、平均年収の高い業種トップ3は、 1位:電気・ガス・熱供給・水道業……759万円 2位:金融業・保険業……631万円 3位:情報通信業……622万円 となっています。 事業所の規模別の平均年収次は事業所の規模と男女別の平均年収です。 事業所の規模は、従業員の人数が基準となっています。 事業所規模別・男女別平均年収(出典:国税庁「民間給与実態統計調査結果(2018年)」) 全体的には事業所の規模が大きいほど平均年収が高いという傾向が出ていますが、男女別で見た場合、女性の平均年収が最も高い事業所規模は「500人以上」です。 都道府県別の平均年収次に都道府県別の平均年収をランキングにしてみました。 ご注意いただきたいのは、ここで使用している統計は厚生労働省の賃金構造基本統計調査に基づくものであることです。 国税庁の民間給与実態統計調査と比較すると、厚労省の調査の平均年収は60万円程度多くなっています。 都道府県別年収(平均年収の単位は千円、右の2列は順位)(出典:厚生労働省「賃金構造基本統計調査(2018年)」、内閣府「県民経済計算(2016年)」を基に筆者作成) 東京と下位の県の間には、年収で200万円以上の開きがありました。 生涯年収差の平均も同じだとすると、40年勤めた場合8000万円の差になるということです。 また、私の住む福岡は経済規模の割に年収の順位が低いと感じ「県民総生産」を調べてみると、やはり経済規模は8番目にもかかわらず、年収は18番目でした。 参考として県民総生産の順位も記載しています。 県民総生産とは、GDP(国内総生産)の都道府県版で、内閣府が行っている都道府県レベルの経済活動状況の推計です。 平均値より中央値が世間の実感に近いことがある平均年収を高いと感じたときには、中央値を調べてみてください。 中央値とは、年収を聞いた人を年収の高い順に並べた時に、ちょうど真ん中に来る人の年収のことです。 その集団の中に高額所得者が含まれていると平均が真ん中ではなくなることがあるため、平均が実感とずれるのです。 2つの会社を例に平均年収を比べてみます。 平均と中央値の違い(単位:万円) 表の2社の平均年収は同じ400万円です。 1人が飛びぬけていると、ABC社のようにほとんどの人が平均年収を下回り、実感とかけ離れた平均年収と感じてしまいます。 そこで中央値を使うと、一般の人たちの実感に近くなります。 中央値とは、全体のちょうど真ん中の値のことです。 例の場合は、5人のうち真ん中の課長の年収が中央値となります。 いろは社の年収の中央値は400万円と平均年収と同じ金額となりますが、ABC社の中央値は255万円となります。 会社別の平均年収最後に個別の会社の平均年収です。 上場している会社に限った方法ですが、上場している企業は、有価証券報告書の中身を見れば、年間平均給与や役員報酬を見ることができます。 2社の平均給与を見てみましょう。 【A社】生涯年収が上位の企業 年間平均給与……3100万円(約100人) 【B銀行】九州の地方銀行 年間平均給与……667万円(約3700人) それぞれの有価証券報告書を見てみることでA社は、業績が好調のため賞与が7~8割を占めていて、実は給与だけだと普通だな、とか、B銀行は、役員報酬が平均3300万円(11人)で飛びぬけた人もいないけど、平均給与の計算には臨時従業員分も含まれていて、臨時従業員の人数が3分の1も占めているので、正規の行員の平均給与はもう少し高そうだな、とか表面の数字からはわからないことが見えてきます。 上場している企業は、EDINET(有価証券報告書等の開示書類を閲覧するサイト)で有価証券報告書等を公開しています。 そこで有価証券報告書を開いて、「役員報酬」や「給与」または「給料」という語句で検索すると該当ページを調べることができます。 おわりに平均年収の違いを紹介してきましたが、数字の中身や意味をよく見て自分で考えてみようという気付きになれば幸いです。 もし今の年収に満足していないのであれば、年収を上げるためには3つの方法しかないと思います。 今の勤務先で結果と人脈を積み上げる 2. 条件の良い会社へ転職する 3. 副業・起業・投資で収入を得る どの方法に取り組むにしても、人を頼りにすることや楽して稼ごうとすることは、結果すべてを失うことになり兼ねませんので厳禁。 焦りも禁物です。 まずは「1万円の手取り収入を増やすにはどうしたらよいか」、を考えてみる、行動してみる、うまくいかない時は修正する、ことから始めるといいと思います。 結局、地道にコツコツが年収アップの近道だと私は思います。

次の