大腸 ポリープ 切除 後 コーヒー。 タフな4日間。ポリープ切除後の出血。 : KEN_BC 「生きる」

日帰り大腸ポリープ切除

大腸 ポリープ 切除 後 コーヒー

胃の切除により胃酸分泌が減少するため、鉄の吸収が悪くなって、鉄欠乏性貧血を起こすことがあります。 鉄分を多く含む食品を食べるようにしましょう。 ビタミンCには、鉄分の吸収を助ける働きがあります。 積極的にとるようにしましょう。 鉄分は、レバー、肉類、鶏卵、魚類、大豆製品などのタンパク源、緑黄色野菜などに多く含まれています。 ビタミンCは、緑黄色野菜、その他の野菜、果物類に多く含まれています。 また、胃を全部取った方ではビタミンB 12の吸収障害により、手術後6年くらいしてから貧血が起こります。 胃が少しでも残っている方には、ほとんど起こりません。 これは食事療法では治りません。 ビタミンB 12の注射による補給が必要となりますので、医師の指示を受けてください。 4)食品について (1)お勧めの食べ物、控えたほうがよい食べ物 1. お勧めの食べ物 卵 半熟卵、温泉卵、炒り卵、スクランブルエッグ、卵豆腐、茶わん蒸し、ふわふわ卵、卵とじ煮、オムレツ、かきたま汁、プリンなど 肉 シチュー、つくね煮、蒸し鶏、肉団子スープ煮、肉団子うま煮、そぼろ煮、ロールキャベツなど 魚 煮魚、おろし煮、みそ煮、あんかけ、塩焼き、照り焼き、つけ焼き、刺身(貝類、筋のあるものは避ける)など 乳 グラタン、クリーム煮、シチュー、ババロア、牛乳ゼリーなど 豆 湯豆腐、煮奴、冷や奴、豆腐あんかけ、みそ煮、炒り豆腐、白和え、納豆、生揚げ含め煮などの豆腐料理 いも 一口大に切って料理する。 含め煮、そぼろ煮、クリーム煮、マッシュポテト、ポテトグラタン、ととろいも、さといも含め煮、スープ煮、みそ煮、みそあんかけなど 野菜 繊維を切るように下処理する。 クリーム煮、やわらか煮、あんかけ、煮浸し、みそ汁、みそ煮、おろし煮、温野菜など 果物 缶詰、りんご、コンポート、熟したバナナ、ジュース、フルーツゼリーなど 主食 全粥、おじや、軟飯、煮込みうどん、煮そうめん、ソフトパン、マカロニグラタンなど (3)間食として、とりやすい食品 朝食 10時 昼食 3時 夕食 軟飯 みそ汁 きざみ納豆 しらす干し おろし おひたし ビスケット ヨーグルト 卵サンド ポタージュ 果物 カステラ 牛乳 軟飯 あじ塩焼き レモン 含め煮 酢の物 すまし汁 トースト バター・ジャム チーズ 野菜マヨネーズ添え コンソメスープ 卵ボーロ ジュース 煮込みうどん 野菜・卵入り さといも煮 ヨーグルト マドレーヌ 牛乳 軟飯 照り焼き おろし かぶそぼろ煮 きゅうりもみ漬け みそ汁 卵おじや みそ汁 おひたし クッキー フルーツヨーグルト マカロニグラタン 温野菜 ドレッシング ジュース ハチミツサンド 牛乳 軟飯 刺身 含め煮 胡麻(ごま)よごし とろろ汁 2.大腸の手術のあと 1)食事の基本 大腸・直腸の手術により、下記の症状が生じます。 大腸からの水分の吸収が減少することにより、軟便や下痢になりやすくなります。 大腸の蠕動運動(ぜんどううんどう:消化物を排泄(はいせつ)するように送り出す運動)が障害されることで、便秘になることもあります。 直腸の手術の場合は、便の貯留機能が減少あるいは失われるため、頻便(ひんべん)傾向となります。 小腸や大腸の癒着(ゆちゃく)により、内容物の通過不良が生じ、腹部の膨満を感じたり、あるいはひどくなると腸閉塞(ちょうへいそく)となる場合があります。 人工肛門の場合は、便のにおい、色、かたさなどに過敏になりやすいなどの症状が生じる可能性があります。

次の

タフな4日間。ポリープ切除後の出血。 : KEN_BC 「生きる」

大腸 ポリープ 切除 後 コーヒー

スポンサーリンク 大腸ポリープを切除してから、 しばらくは食事に細心の注意をする必要があります。 体の状態に問題がないといっても、傷口がしっかりと治るまでにはしばらく時間がかかるため、いつ傷口が開いて大出血するかわかりません。 そうならないためにも、何を注意しなければならないかを理解しましょう。 大腸ポリープ切除後の食事の基本 食事の基本は消化に良いものを、ゆっくりよく噛んで食べることです。 今まで仕事が忙しいからとささっと急いで食べたり、夜はほぼ毎日晩酌しているというような人は要注意です。 これを機に生活習慣を改めましょう。 まず、 切除後は外食は避けましょう。 もしも外食となってしまう場合には食べ物を選ぶ必要があります。 脂っこいものや極端に味つけの濃いもの、特に辛いものは厳禁です。 また、アルコールやタバコ、炭酸飲料も良くありません。 その他肉、繊維質の多い海藻類、キノコ類、根菜などの野菜、豆類も避けます。 食べられないものが結構たくさんありますので、外食での調整はかなり難しいでしょう。 自宅では、米やうどん、食パンを主食に選びましょう。 素麺は体調不良時に良く食べがちで、喉越しもよく基本的に悪いイメージはないと思いますが、麺には油がコーティングされているので大腸ポリープの場合には禁止ではありませんがあまり推奨されていません。 スポンサーリンク 大腸ポリープ切除後のコーヒーや牛乳は? 刺激物は禁止という中には飲料も含まれますので、 コーヒーなどのカフェインが多く含まれているものも禁止となります。 コーヒー以外にもカフェインを多く含む飲み物はたくさんあり、紅茶や緑茶にも含まれていますので、注意が必要です。 また 冷たすぎる、熱すぎる飲み物もよくありません。 牛乳は一見刺激がないようにも感じますが、大腸ポリープ切除後には良くないと言われています。 消化に時間がかかるためです。 また、体質にもよりますが、 牛乳など乳製品を摂取することで下痢になりやすい人もいますので、それを防ぐためにも牛乳は控えた方が良いと考えられています。 スポンサーリンク -.

次の

日帰りポリープ切除について

大腸 ポリープ 切除 後 コーヒー

スポンサーリンク 大腸ポリープは大腸内視鏡の検査などで見つかることが多く、検査と一緒に切除を行うことも多くなっています。 この大腸ポリープの切除後、飲酒などのアルコール摂取は控える必要があります。 それはどうしてでしょうか?そしていつまででしょうか? 【大腸ポリープ切除後禁酒が必要なわけ】 大腸ポリープは大腸内視で切除することが可能であるために、切除後も外見上大きな変化はありません。 ですが、大腸には傷が出来ている状態です。 アルコールは血行をよくするため傷口から出血を引き起こしてしまう危険性が出てきます。 そのため、大腸ポリープの切除後、一定期間は飲酒を控え、アルコールを摂取してはいけません。 【一定期間というのはどのくらいなのか】 大腸ポリープの大きさや切除をした際の傷、そして出血の状態によっても、飲酒を控える必要がある期間には違いがあります。 基本的には、飲酒などのアルコールを控える期間は、1週間とされることが多くなっています。 大腸ポリープ自体が非常に小さく、きれいに切除が出来た場合には、医師の判断によって翌日から飲酒が可能になるケースもあります。 大腸ポリープが大きく、医療用クリップなどを用いて止血を施したというような場合には、1週間以上の禁酒が必要になるケースもあります。 スポンサーリンク 【切除後飲酒をしてしまったらどうなるのか】 禁酒を守ることが出来ず、アルコールなどを飲酒してしまった場合、傷口から出血をしてしまう危険性があります。 アルコールには血行を良くするという働きがあるためです。 万が一大量出血となると、非常に危険です。 【アルコール以外にも気を付けたい飲み物】 切除後にはアルコールは控えることは必要ですが、それ以外にも気を付けたい飲み物があります。 炭酸飲料は傷口に刺激を与えてしまい、傷口が開いてしまう危険性があります。 コーヒーも血行を良くする作用があるために、基本として禁止です。 さらに、牛乳も禁止となる事があります。 牛乳は消化が悪いために大腸に負担をかけてしまう危険性があるためです。 禁止されている飲み物は、禁止期間が終わるまで避け、禁止期間が終わっても少量ずつ様子を見ながら飲むようにしましょう。 大腸ポリープの切除後には医師の指示通り飲酒を控えることは大切です。 内視鏡による切除では傷口の縫合などを行わない分、切除後は出血のリスクが高いことを知り、出血のリスクがあがる行動を控えることが、とっても大切になっています。 スポンサーリンク.

次の