家族三人 食費。 子供3人、子育て主婦の食費ってリアルにいくら?月2万円は夢のまた夢?

3人家族の生活費はいくら?食費の平均や支出内訳についても解説

家族三人 食費

3人家族の食費の平均は?上手な節約術はある? 2018年4月2日 こそだてハック 子供が生まれたことをきっかけに、今後の貯蓄なども考えて生活費を見直す家庭も多いかもしれません。 その中でも、特によく見直し対象になるのが食費。 固定で決まっていないので、やりくり次第で節約できそうなのが理由のようです。 それでは、夫婦2人の生活に子供が1人増え、3人家族になった場合の食費の平均はどれくらいなのでしょうか?今回は、3人家族の食費の平均と、節約術をご紹介します。 3人家族の食費の平均は? 3人家族の食費の平均は、総務省が行っている「世帯主の年齢階級別家計支出」によると、世帯人数の平均2. そのうち、子供が幼児から小学生低学年あたりの家庭では、毎月40,000~60,000円ほどの食費になることが多いようです。 食費や生活費は、家族構成が3人であっても子供や親の年齢、食べる量などによって大きく異なります。 特に、子供が小学校の高学年から部活動が本格化する中高生の時期にかけては、グンと食費が上がるケースが多いようです。 関連記事 3人家族の食費の上手な節約術は? 3人家族の食費の節約術としては、まず現状の食費を把握すること。 そこから、少しでも減らした目標金額を設定しましょう。 子供が保育園や小学校低学年などの家庭なら30,000円前後、子供が中高生など、ある程度成長している家庭なら50,000円前後に収めたいと思っているママやパパが多いようです。 ただ、「食べたいものが食べられない!」「節約しすぎて体調が悪い…」なんてことになったら困りますよね。 そこで今回は無理に細かく節約するのではなく、行動のルールを変えて、「気づいたら節約になっている!」という方法をご提案します。 ぜひ試してみてくださいね。 1週間に使う金額を決める 1ヶ月分として定めた食費を1週間ずつの目標額に換算してみましょう。 例えば、子供が幼い家庭で1ヶ月の食費を35,000円に収めたい場合、そこから、1ヶ月にかかる米代や外食費(仮に米代3,000円、外食費10,000円)を引いて22,000円。 それを4週で割ると5,500円。 この金額内で1週間ずつクリアできるように試してみましょう。 目標が明確なので、ゲームのように節約に挑戦できますよ。 買いものに行く回数を決める 1回でまとめて買いものをすれば、買いものに行く度に「余計なものをつい買ってしまう」ということが防げます。 「今月は4回で買いものを済まそう!」と、ある程度目処をつけて、必要なものだけを買うようにするといいですよ。 1週間の献立を決めておく あらかじめ1週間分の献立を決めて、その量しか購入しないようにしましょう。 細かく決めなくても、7日分の主菜・副菜の目途を立てて買いものをすると良いですね。 余った食材は翌週分の献立に利用して、節約に繋げましょう。 買いものメモを持って買いものに行く 買いものの前に、買いものメモをつくってから外出するというのも一つの良い方法です。 「それ以外は買わない!」と決めておけば、必要なものだけに出費が抑えられますね。 スーパーの特売日にその商品をまとめ買い スーパーによっては商品ごとの特売日を決めているお店もあります。 よく使う食材や冷凍保存ができる食材が特売だったら、特売日を狙ってまとめて購入すると節約になりますよ。 ネットスーパーや宅配サービスを利用する ネットスーパーや宅配サービスは、購入を確定する前に合計金額を把握することができます。 予算オーバーをしていたときに調節できるので、無駄な買いものをしなくて済みますよ。 また、子供と一緒に買いものへ行くと、お菓子をねだられてしまうこともありますが、ネットスーパーなら子供への誘惑もなく、予定外の買いものを避けることができます。 なるべく手作りで安い食材をアレンジする 手作りの料理は、食べきれる量を調節して調理できるので節約に繋がります。 すべて手作りにするのが難しければ、レトルト食品や缶詰をまとめ買いしておき、味付けのベースとして利用するのも良いですよ。 アレンジしやすい常備菜を作っておくのもおすすめです。

次の

3人家族の食費の平均は?上手な節約術はある?

家族三人 食費

中学生の食べ盛りがいるんですもの。 真面目な質問だと思います。 そして、本音はもっと節約できるだろうか、 と言うところだと思います。 純粋な食費は 月に 8万から9万くらいです。 これは残念ながら参考にならないと思います。 3人で5万円と言ってる人に、2人で8万〜9万平気で使う人が 「お気の毒に…、何食べてらっしゃるの〜?」 って嘲笑ってるようにしか見えません。 >食材にこだわるので 某大学の近くのスーパーの 都下のお店で 購入しています。 高脂血症、痛風などにならないようお気をつけください。 >3人で 5万でできるなら すばらしいです。 あなたが言うと皮肉にしか聞こえません。 トピ主さんは節約せずに5万円で出来るだけ品数多くを 頑張ってください。 ユーザーID: 0035509178• 夫婦ふたりで5万 50代夫婦。 フルタイム勤務の妻です。 外食、アルコールを除いた純粋な食費は大体月に7万円です。 調味料や果物、コーヒーも含みます。 お菓子はたまにチップスくらい。 甘い物は食べませんし、外食やテイクアウトも殆どしません。 二人ともしっかり食べるのは日に一食だけで、あとは軽食のみです。 夫にアレルギーがあるため、各種のソースやタレ、麺つゆ、お惣菜的なものも殆ど自家製です。 正直なところ、泣、なんですけど 過去に食費を極力控えてみたことがあるのですが、それでも5万を切る程度でした。 数ヶ月控えた結果、食べるものは食べる。 食べるなら良い素材を美味しく食べたい。 良いものはそれだけで美味しい。 野菜や果物が高いからと言って買い控えるなんて健康のためにはもってのほか。 という結論に達しました。 常々疑問に思っているのが、カサ増し料理というものです。 メタボだとか大食いだとか言うなら分かりますが、育ち盛りの子供がいる家庭でカサ増しって。。。 大丈夫?と思います。 食費って将来への投資だと思いますよ。 ユーザーID: 6110394032.

次の

ひと月の平均食費っていくら?世帯別の平均食費と節約方法を調査しました!

家族三人 食費

夫・妻・子供1人で暮らしいる3人家族について、月々どれくらいの生活費が妥当なのか一般的な話をまとめて紹介したいと思います。 他人には月々の生活費のことについて直接聞く機会なんてなかなかありませんよね。 周りと比べて自分は使いすぎているのだろうかとか、自分は周りと比べてどれくらい裕福な生活をしているんだろうかなど、気になりますよね。 また「毎月赤字で貯金できていない」「節約しなければと思っているけど、どこから手をつけていいのかが分からない」といったお悩みを持つ3人家族の方も多いのではないのでしょうか。 特に子供ができたばかりは年齢が若く、収入も少ないため、毎月の生活がカツカツな状態に陥りやすいですよね。 この記事では子供ありの3人家族の平均的な生活費について説明し、どのような生活ぶりなのかを明らかにします。 自分の生活費と比べてみて、お金を使いすぎているのか、それとも平均的なのか確認してみてください。 もし使いすぎている場合は、生活費の節約のコツについて書きますので、参考にして節約に挑戦してみてください。 子供あり3人家族の生活費の平均はいくら? 夫・妻・子供1人の3人家族の月々の生活費平均は、一般的に25万円といったところではないでしょうか。 もちろん25万円より少ない金額で生活している人もいるとは思いますが、きちんと貯金できていなかったり、極端に節約してしまっている印象があります。 この記事ではそんな一般的な月々の生活費25万円を前提に、各支出項目についてどういった生活ぶりで、いくらくらいが妥当なのか説明していきます。 生活費が25万円よりも少ない場合は、もっと各項目の支出が少ない必要があると考えてください。 食費の目安 食費は夫・妻・子供1人の3人家族であればそこまでかからず、3万~5万円といったところでしょう。 妻が専業主婦の場合、自炊することになると思いますので、かなりお金を抑えられる項目となります。 一方共働きの場合は、ついつい外食してしまい、支出が増えやすい項目となりますので要注意です。 食べられる量には限界があるため、普通に自炊していれば、4万円には収まると考えます。 25万円で月々生活しようと思うと、3万5千円以内に抑えられるのが理想です。 家賃の目安 住む家については、夫・妻・子供1人の3人家族であれば一般的に1LDK~3LDKの家に住んでおり、月々の住居費は6万円~10万円ほどになります。 子供が生まれたタイミングで家を建てるひとも多く、家を建てた人は月々10万円程の負担となっています。 月々生活費25万円の場合、家賃は6万円ほどが理想です。 手取り収入25万円で住宅を購入すると、収入のほとんどが住宅ローン返済となってしまい、生活は厳しくなります。 光熱費の目安 夫・妻・子供1人の3人家族の一般的な光熱費は、1万5,000円~2万円といったところでしょう。 子供が小さいときは家にいる時間が長く、またエアコンなどの空調を常に点けることとなりますので、光熱費は高くなります。 また子供ができると自炊もきちんと毎食することになると思います。 そこで料理の際のガス代分増加します。 水道代の基本料金や、プロパンガス、都市ガスなどの条件によって、同じ使い方をしていても金額は変わります。 月々25万円で生活しようと思うと、1万5,000円以内に抑えられることが理想です。 保険料の目安 保険料ですが、みんなかなり高いお金を払っている印象です。 夫・妻・子供1人の3人家族の一般的な保険料は1万5千円~3万円くらいではないでしょうか。 月々25万円で生活するならば1万5,000円以内に抑えることが理想です。 独身時代は無保険でも問題はありませんでしたが、子供ができるといざといった場合への備えが必要になります。 一般的に、稼ぎ頭になにかが起こったときのために生命保険・医療保険・ガン保険に加入します。 教育費の目安 子供にかかるお金ですが、子供が幼稚園・保育園に入学していない場合、おむつ代ミルク代などで月々5,000円ほど。 子供が幼稚園に入園した場合、月々2万5,000円ほどかかります。 こどもにかかる費用は習い事などをさせていない場合、どこもあまり変わらないように思います。 ただでさえ幼稚園でかかるお金は大きいため、まだ収入の少ない若い家族にとっては習い事をさせることは家計へのダメージが大きいです。 月々の教育費は子供が幼稚園・保育園に入学していない場合から幼稚園に入学しており、さらに習い事をしている場合が考えられるため、5,000円~3万5,000円くらいが一般的と考えます。 お小遣い 次にお小遣いについては、一般的には2万~3万円ほどです。 独身・DINKS時代を経験したひとからすると、かなり少なく感じるでしょう。 週1回飲みに行けるか行けないかといった金額ですね。 月々25万円で生活するのであれば、お小遣いは夫婦合わせて2万5,000円に抑えたいところです。 もちろん共働きであればもっと増やしてもいいと思いますが、上限は決めるべきです。 子供が小さい家庭では妻が育児で働かないケースが多いため、外で仕事をしている夫の方がお小遣いが多いようです。 夫が2万円、妻が5,000円といったところでしょうか。 娯楽費 夫・妻・子供1人の3人家族の一般的な5,000円程度です。 夫・妻・子供1人の3人家族は若く、収入も労働人口の中では比較的少ない方となるため、住居費や食費などの生活コストで手一杯で、そこまで娯楽にお金は使えないようです。 そのため、公園に行くなどお金のかからないレジャーを楽しむ傾向にあります。 実際の生活費(食費や家賃など)の目安はいくら? ここまでで、各支出項目について、夫・妻・子供1人の3人家族である場合いくらくらいが一般的であるのかを説明をしました。 次に実際、月々25万円で生活する場合の各項目支出がいくらぐらいになるのかを説明したいと思います。 ・月々生活費25万円の支出割合 食費 3万5,000円 家賃 6万2,000円 光熱費 1万5,000円 通信費 1万2,000円 お小遣い 2万5,000円 教育費 2万5,000円 保険料 1万5,000円 娯楽費 5,000円 被服費 5,000円 交際費 5,000円 日用品 5,000円 その他 7,500円 貯蓄 3万円合計 25万円 これはあくまで目安です。 この数値に近ければ良いというものでもなく、住む場所などによっても変わります。 3人家族であればこれくらいの支出金額と全体のバランスが取れていれば、ストレスもなくそれなりに幸せに日々を過ごせるはずです。 しかし、月々に使える金額が25万円より少ない場合、貯金が少なくなったり、お小遣いを減らさざるを得ないことになったりなど、なにかしらのストレスが生まれると考えます。 また、そのストレスから、家庭環境もギクシャクしてしまうかもしれません。 しかしある男性は、収入と自由な時間を増やせたことで、家庭崩壊寸前の状況から立ち直ることができたのです。 3人家族の節約のコツ5つ 紹介した支出金額を見て、こんなに節約できないよと思った人も多いのではないでしょうか。 そのような方々のために各支出項目が紹介した金額に近づけるよう節約方法を紹介したいと思います。 節約のコツとしては、まずは固定費を見直します。 食費や光熱費などの変動費を節約するのは大変な割に効果が少ないです。 しかし、家賃や通信費などの固定費は一度削減させてしまえば効果はずっと続くし、毎日節約をがんばる必要がないため、楽です。 それでは具体的な節約方法を5つ紹介します。 格安SIMに乗り換えて通信費削減 通信費の項目が大幅にオーバーしてしまっている人は、携帯電話をドコモ・au・ソフトバンクなどの大手通信会社でいまだに契約しており、格安SIMに変更していないのではないでしょうか。 格安SIMは、ドコモ・au・ソフトバンクといった大手通信会社ではなく、その通信会社の回線を借りて提供している通信サービスです。 回線は大手通信会社から借りており、店舗も構えてない会社がほとんどのため、大手通信会社のサービス料よりも安いです。 最近ではかなりの人が格安SIMに乗り換えています。 携帯電話をドコモ・au・ソフトバンクといった大手通信会社で契約しているのならば、格安SIMに乗り換えることで月々現在の半額以上安くなるはずです。 通信費である、NHK、インターネット回線、スマホ2台の契約であれば、先ほど紹介した、支出金額である1万2,000円以内に収まるはずです。 NHK、インターネット代は大幅に削減することは、今のところ手段がなく、難しいです。 しかし、携帯電話通信料については格安SIMのサービスが出来たことにより、安く維持することができるようになりました。 このようなお得なサービスは使わなければもったいないです。 またすぐに乗り換えすることが可能ですので、興味のある人はさっさと乗り換えしてしまいましょう。 家賃の低い物件に引っ越す これはすぐに実践するのは大変かもしれませんが、一度家賃が安い物件に引っ越してしまえば効果がずっと続き、かなりの節約になるためオススメです。 部屋の広さに関して、夫・妻・子供1人の3人家族であれば1LDK・2DKでも生活には問題ないと思います。 2LDK・3LDKなどに住んでいる場合は、1LDK・2DKへの引越しを考えてみてはいかがでしょうか。 また、築年数や駅までの距離など、生活するのに不都合が生じなければ条件を下げることで家賃を下げることができます。 光熱費を月々5,000円節約するのはかなり大変ですが、家賃を5,000円減らすのであれば、ちょっと物件探しをがんばれば可能な範囲です。 いきなり引越しをするのは難しいかもしれませんが、月々の生活が厳しい場合は思い切って引っ越すのもありだと思います。 また気をつけなければいけないのが住宅購入です。 住宅を購入する際、一生住むことを想定して住宅を買うと思います。 そうすると間取りは3LDK以上となるのですが、夫・妻・子供1人の3人家族であればその広さでは部屋があまります。 そのため本来必要な広さ以上にお金を払うこととなります。 住宅ローンを見積もりしてみて返済額が厳しいと感じられる場合は無理をして買ってはいけません。 身の丈に合った住宅選びをしましょう。 保険料を削ることを考える 次におすすめしたいのが、月々の保険料を削減することです。 月々の生活費が高い人のほとんどが高額な保険料を払っており、そのため月々の生活費が高くなっています。 自分にもしものことがあったら妻や子供が大変な目に遭ってしまうと考えているのかもしれませんが、過度な心配は禁物です。 心配するばかりに、今の生活が成り立たなくなってしまえば本末転倒ではないでしょうか。 保険料は必要最低限の金額分だけ、かけるようにしましょう。 保険については無料で相談できるサービス等ありますので、これを期に保険の見直しをしてみてはいかがでしょうか。 一番手っ取り早いのが、医療保険をやめてしまうというのがあります。 現在健康保険には高額療養費制度があるため、大きなケガや病気になってしまって、月々いくらお金がかかっても8万円程が支払い限度額となります。 そのため、病気やケガでかかるお金のリスクは小さいのです。 それをカバーするため、年何万円ものお金を払っているのですから、そう考えると、医療保険をやめてしまのもいいかもしれません。 週末はお金のかからない遊びをしてみる 夫・妻・子供1人の家族の場合、週末になるとお金を使ってどこかに行きたい・レジャーを楽しみたいという気持ちがあると思います。 子供もいるため、せっかくの週末だし、思い出をつくりたいから、と言ってついつい出かけてしまうのではないでしょうか。 しかし、毎週末レジャーを楽しんでいるととてもお金が足りません。 お金を使わなくても同じくらいの幸福度を感じられる過ごし方を考えましょう。 ・お弁当をつくり、近所の公園でピクニックする。 ・本はを買うのではなく、図書館で借りて読む。 ・外食は夜でなく、お特なランチタイムにする。 ・たこ焼き、お好み焼き、ピザを作り、ホームパーティーを家族で楽しむ。 この内容であれば、遊ぶことをただ我慢するのではなく節約することができます。 すべてを我慢するとストレスが溜まってしまいますので、メリハリをつけてお金を使いましょう。 車の維持費を見直す 車は車両を購入する時のもお金がかかりますが、維持費にもかなりのお金がかかっています。 例えば、一日20キロ走行しただけでも年間2万円以上のガソリン代が発生しています。 その他にもガソリン代・オイル代、駐車場代、自動車税、車検費用などがかかります。 夫・妻・子供1人の家族の場合、軽自動車でも室内スペース的には問題ありません。 しかし、その軽自動車を維持するだけでも年30万円ほどかかります。 年30万ということは月々2. 5万円ですからかなりのコストですよね?ですから、なるべく自転車を利用したり、車内の小物を長く使えるようにしてコストがかからない工夫をすることが必要です。 また、車両自体を買うお金がないくらい現在の生活が大変なのであれば、自動車は今は我慢して、こどもが小学生になり学費がかからなくなったタイミングや、昇給したタイミングで買うとするのもいいでしょう。 その他の節約方法 月刊副業では、ここで紹介した節約方法の他にも、以下のような節約について記事をまとめています。 こちらの記事も、参考にしてみてください。 まとめ 夫・妻・子供1人という家族3人の生活費(食費や家賃など)について考えてみましたがいかがだったでしょうか。 月々使えるお金が25万円以上ないと厳しいのではないかというのが個人的な考えです。 これ以上少なくなると、どこかしらにストレスが生まれるように思います。 そのため夫・妻・子供1人の3人家族の方はまずは収入を25万円得ることを目指してみてはいかがでしょうか。 月々の生活がぐっと楽になりますよ。 奥さんがバイトをはじめるのもいいし、旦那さんが副業を始めるのもいいと思います。 まずはこの記事を読んで、自分にできる節約から取り組んでもらえれば幸いです。 お金に余裕ができると、こころも豊かになります。

次の