年賀状 お年玉 期限。 2020年 年賀状お年玉賞品と当選番号

年賀状当選番号 2020年(令和2年)年賀状お年玉 当選番号 抽選結果

年賀状 お年玉 期限

スポンサーリンク 年賀状が当選したら交換期限はいつまで? まずは年賀状お年玉の抽選日から見て行きましょう。 ここ数年の年賀状の抽選日は以下の通り。 2016年・・1月17日• 2015年・・1月18日• 2014年・・1月19日 ほぼ同じ時期に抽選が行われていることが分かります。 抽選が終わると当選番号はネットならすぐに アップされますし、新聞は翌日の朝刊に乗ります。 景品との交換は翌日から可能で、 2016年度の場合、交換期限は 1月18日~7月19日までとなっています。 ちなみに過去のデータも調べてみると、 2015年度は7月21日までで、 2014年度は7月22日まででした。 どうやら当選した年賀はがきを交換する期限には 一定の法則があるようです。 最後の「2日」の意味は何だろう?(笑) 大体の目安として、交換の期限は7月中旬まで と考えておくとよいでしょう。 ですので2017年度のお年玉付き年賀状の 交換期限予想は 7月15日前後となります。 宝くじの当選金の換金期間が1年間あるのに対して、 年賀状は半年しかありませんので注意が必要です。 たった1日でも期限を過ぎてしまうと、 交換することは不可能になります。 スポンサーリンク 実際にどれくらいの人が交換してるの? 年賀状の当選確率は3等の切手シートだと 50枚に1枚当たるので、多くの人が 当たったことがあると思います。 でも、めんどくさくなってつい交換に 行かなかった経験ありませんか? 僕も最近は当選番号はチェックするんですが、切手シート の場合、交換しに行かなくなってしまいました^^; 一等なら絶対に行くと思いますけど(笑) このように年賀状が当選しても交換しにいかない人は 当選者全体の 約40%にもなるそうです。 年賀状が当選したら交換場所はどこに行けばいいの? 当選した年賀状は 郵便局に持って行けば景品と交換してもらえます。 ただ、景品によっては郵便局の窓口で 手渡しできるものと、できない物があります。 例えば、一等の4Kテレビ(40インチ)は窓口で 受け取ることが可能ですが、二等のふるさと小包は 窓口での受け取りは不可で郵送のみになります。 あと、郵便局に交換に行くときに忘れてはいけないのが 「身分証明書を持っていく」ことです。 身分証明書の提示を求められることがありますので、 車の免許証または保険証を持っていきましょう。 特に一等、二等といった高額商品の場合は忘れずに。 当選した年賀状は回収されるの? 当選した年賀状が大切な人からの物だった場合、 郵便局に持って行って回収されてしまっては大変です。 それじゃあ、まさに景品と物物交換になってしまいますからね^^; でも大丈夫。 ご安心ください。 郵便局では、当選したくじの部分(年賀状の下の部分)に 「当選しましたよ」という意味合いを持つ スタンプをポンと 押すだけで、 年賀状は返却してくれます。 使用していない年賀状でも景品と交換できる? 自分で購入したけど余って出すことのなかった年賀状。 まだ使用していないので、真っ白の状態ですね。 実はこの 未使用年賀状も当選資格を持っています。 つい、もらった年賀状だけ当選番号を確認して しまいがちですが、何も書いていない未使用の 年賀状も当選対象になっているのでお忘れなく。 書き損じた年賀状も当たるの? 「あ!住所を書き間違った!」 なんて書き損じてしまった年賀状も、お年玉の 当選資格を持っていますよ。 失敗したからと言って捨ててしまわずに、抽選日まで 大事に保管しておきましょう。 失敗した一枚が一等になるかもしれませんよ!? まとめ 年賀状のお年玉景品の交換期間は抽選日から 半年間と考えておきましょう。 忘れてしまう前に、当選していたら早めに 郵便局に行って交換しておきましょうね。 年賀状.

次の

余った年賀状は交換できるの?未使用の年賀はがき活用法!

年賀状 お年玉 期限

年賀状が使える期間はいつまで? 平成29年に郵便はがきを含む郵便物の値上がりがありました。 官製はがきは62円に値上がりをしましたが、年賀状は値上がりせずに52円のままなんです。 なので、年賀状は年賀状として出せる期間が決まっているんですよ。 年賀状として出せる期間は、 12月15日~1月7日です。 それ以外の期間は官製はがきとの差額分として、10円切手を貼らないといけません。 なぜなら年賀状と書かれていても、期間前だったり期間を過ぎていると普通はがきとして扱われるからです。 年賀状には、とくに使用期限はありません。 年賀状として出すだけでなく、基本的には普通のハガキとして使っても大丈夫なんです。 なので、郵便料金の改定により普通のはがきとして使用するには、10円切手を貼って使用する必要があるので、その点は注意してくださいね。 余った年賀状の利用方法 年賀状が余ったら、官製はがきとの差額分10円の切手を貼れば、普通のハガキとして使用できます。 でも、自分の家族や親しい人になら、余った年賀状を普通のハガキとして使っても理解してくれるかもしれませんが、他人だったらどうでしょうか? 普通はがきとして年賀状が使われていたら、受け取った側はあまりいい印象を持たないと思います。 なので、年賀状を普通はがきとして使うときは、懸賞に応募するときなどが無難です。 年賀状を普通はがきとして使う場合は、表面の「年賀」の文字を消すようにしてください。 郵便局員はいちいち文面を確認しないので、とくに年末年始には年賀状として扱われてしまう可能性がありますよ。 懸賞などに応募する予定がないなら、不要な年賀状は切手やはがきに交換しましょう。 余った年賀状は、1枚につき手数料5円を払って切手やはがきと交換することができます。 書き損じの年賀状も同じ手数料で交換してくれますよ。 ただし、古い年賀状は翌年の新しい年賀状に交換することはできませんので注意してくださいね。 年末に急に不幸が訪れ、年賀状を出せなくなったときは、無料で切手やはがきに交換してもらえます。 年賀状の販売期間内に郵便局へ持っていき、窓口で喪中であることを伝えましょう。 また、余った年賀状は寄付するという方法もあります。 NPO法人などでは、余った年賀状や書き損じの年賀状を集めて現金化し、発展途上国に寄付して国際貢献活動に役立てています。 年賀状がたくさん余っていたり、書き損じはがきもあるなら寄付をしてみてはいかがでしょうか。 おわりに 年賀状は郵便料金の改定があったことで、年賀状として出せる期間(12月15日~1月7日)が決まっているので、注意してくださいね。 また、年賀状が余ってもすぐに交換したり寄付したりはしないでくださいね。 なぜなら、年賀状には「お年玉くじ」があるからです。 当選していれば商品が受け取れるので、当選番号を確認してからにしましょう。 1月15日に当選結果が分かりますよ。 お年玉くじが当選しても年賀状は回収されることはないので、切手に交換したり寄付したりすることも可能です。

次の

余った印刷済み年賀状の使い道5つ!交換期限ってあるの?

年賀状 お年玉 期限

毎年早く取りかかろうと意気込む年賀状。 書こう書こうと思っているうちに時期がさしせまりギリギリになってしまう。 そんな人も多いのではないでしょうか。 もちろん私もその1人です。 とはいえ、年賀状は投函期限が決まっています。 年賀状の投函期限はいつからいつまで?• 年賀状が元旦に着くためにはいつまでに出せばいい?• 年明けに年賀状を送るときって、年賀状に投函期限ってあるの? という人もいるでしょう。 そこでこの記事では、年賀状の投稿期限についての疑問を解決していければと。 具体的には• 年賀状を元旦までに届けたい場合の投函期限• 年明けに年賀状を送る場合の投函期限 に重点をおいて解説していきます。 ぜひご覧ください。 年賀状の投函期限は決まっている 年賀状には投函期限が決まっています。 一定の期間に差し出された年賀はがきを元旦に届ける年賀特別郵便というカテゴリーに年賀状は該当します。 せっかく年賀状を書くのですから、元旦に届いて欲しいところ。 元旦に届くためには投函期限をきちんと把握して年賀状を執筆する必要があります。 引受開始は12月15日から 2020年の年賀状の投函は12月15日の日曜日から開始されます。 曜日が変わっても12月15日が引受開始日というのは例年変わりません。 毎年一緒なので一度覚えておけばとても便利ですよ。 元旦に確実に届くには12月25日まで 2020年の元旦に確実に届くためにはいつまでに年賀状を投函すればいいでしょうか。 確実に元旦に着くのは12月25日の水曜日に投函することが必要です。 日本郵便でも公式サイトで、できるだけ12月25日まで投函するよう呼びかけています。 12月26日〜28日に投函された年賀状も、できる限り元旦に届くよう取り組むとのことですので、近隣に送るのであれば十分元旦に届くでしょう。 ただし、遠い地域に年賀状を送る場合は元旦に間に合わない可能性があるので少なくとも遠方の地域にお住いの人に送る場合は12月25日を守った方がよさそうです。 12月14日に投函すると普通郵便扱いになるので注意 年賀状の投函期限を守らずに、早く出しすぎるのも禁物。 引受開始日の12月15日より前、例えば12月14日に年賀状をポストに投函すると普通郵便扱いとなってしまい、数日で相手に届いてしまいます。 実際にこんなことになったらとても恥ずかしいですよね。 ですが仮に、12月15日より前に年賀状を送ったとしても郵便局の職員さんが気づいてくれたらそっと年賀状扱いにしてくれるみたいです。 ただし、送った側のミスなので相手に届いてしまったとしても文句は言えません。 くれぐれも年賀状の投函できる期間は確認しておきましょう。 年賀状の投函期限がギリギリならポストではなく郵便局? 年賀状をなんとか書き終えたけど期限がギリギリ間に合わない・・。 そんなときは郵便ポストではなく郵便局に直接届けたほうが間に合うんじゃないかと思いますよね。 郵便ポストの集荷期限を過ぎてしまった場合、本局の郵便局に持ち込みましょう。 ポストに投函された郵便物が集まるところにアクションを仕掛けたほうが効率的です。 時間帯にもよりますが、実際間に合うことも多いです。 確実とは言い切れませんので届いたらラッキーと思っていたほうがよいですね。 年明けの場合、年賀状の投函期限はいつまで? 年明けに年賀状を送る場合、投函期限というのはあるのでしょうか。 年賀状は、「松の内」と呼ばれる期間に届くように出すのが礼儀と言われています。 松の内とは「玄関に正月の門松が飾られている期間」のこと。 1月1日から1月7日までのことを言います。 松の内を過ぎて年賀状を出すことは一般的に失礼とされています。 年賀状は基本的に消印は押されないのですが、1月7日を過ぎると消印が押されるようになってしまいます。 普通郵便と同じ扱いです。 年賀状は1月7日までに届くように送りましょう。 年賀状の投函期限を過ぎたら寒中見舞いに切り替えよう 年賀状の投函期限を過ぎたけれどどうしても連絡したい。 返事を書きたいという人は寒中見舞いを使いましょう。 寒中見舞いとは本来、寒い時期に相手を気遣う意味での挨拶状。 最近では喪中の場合や年賀状の返事が遅れてしまったときに使われます。 寒中見舞いなので年賀はがきではなく通常の官製はがきを使って送ります。 寒中見舞いを送れる時期は松の内が明けてから立春の前の日まで。 つまり 1月8日から2月3日です。 遅れて返事が来たとしてもきちんとマナーを守っていれば相手は嬉しいもの。 相手に気持ちが伝わるといいですね。 まとめ 年賀状は1年に1度の大事な挨拶状。 元旦にピタッと相手に届けたいものです。 投函期限をきちんと知っていれば年賀状を書くスピードもどんどん上がってくるはずです。 きちんと間に合わせて1年のいいスタートを切りたいですね。 年賀状を元旦に届ける投函期限は12月15日から12月25日まで• 12月26日〜28日でも近隣であれば元旦に届く• 12月29日以降は元旦に届くのは厳しい• 年賀状は1月7日を過ぎて届くと失礼• 1月7日を過ぎて返事を書きたい場合は寒中見舞い• 寒中見舞いは1月8日から2月3日までの期間送れる 【あわせて読みたい記事】.

次の