清水 建設 コロナ 死亡 年齢。 清水建設社員、死亡後に新型コロナ陽性→日本のピークはまだまだこれから。

新型コロナ感染者、建設・製造で2倍超に拡大 死亡するケースも発生: J

清水 建設 コロナ 死亡 年齢

清水建設 社員3人感染 1人は死亡 清水建設は、都内の工事現場で働いていた3人が新型コロナウイルスに感染し、このうち1人が死亡したことを明らかにしました。 会社では緊急事態宣言の出ている7都府県で進める工事については原則として中断する方針です。 清水建設によりますと、都内の工事現場で働いていた50代の男性と40代の男女、合わせて3人の社員が発熱を訴えたため、検査を受けた結果、感染が確認されました。 この事態を踏まえて、会社では緊急事態宣言の出ている東京など7都府県で進めるすべての工事について今後、発注者と協議したうえで、宣言が出ている間、中断することにしました。 工事現場は緊急事態宣言が出ているのに中止していなかったようです。 この件を受けて清水建設は4月13日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い政府の緊急事態宣言が発令されている7都府県での工事を原則中止すると発表しました。 宣言発令後、1週間後の措置となりました。 たしかに小池都知事が要請していた休業要請施設の中に工事現場は含まれていませんでした。 しかし、建設中の工事現場が「社会生活を維持する上で必要な施設」とは考えにくい。。。 死亡した男性は4月3日に発熱があり、7日から自宅待機となっていたそうです。 3月下旬から4月にかけて他に感染者がいないとも限らないですね。 ましてや建設現場の朝礼、日々の打ち合わせの中で「密閉」「密集」「密接」といった三蜜を避けることは困難であると想像します。 現場工事で三蜜を避けることは難しいですな。 特に都会の建築ビル工事は密閉空間を建設するのが仕事です。。。 7都府県の工事中断の方針 建設業界は、東京都などの休業要請の対象に入っていないが、西松建設も4月8日、発注者と協議の上で、7都府県での工事を停止すると発表している。 原則テレワークとはいえ、休業要請の対象に入っていない、という理由で工事を中断することは難しかった。。。 というのが本音かも知れません。 しかし、都内の工事、都市土木や建築ビル工事などに従事する社員さん、職人さんたちは電車で通勤している方が大勢いるはずです。 工事の中止を受けてほっと胸をなでおろしている建設関係者の方も多いことでしょう。 きっと本社、支店機能はテレワークになっていたんでしょうね。 第1線の現場を任せられた所長以下現場の方々の苦労はいつの時代も絶えることがない。。。 そんな、過去の自分を思い返す出来事でした。 現場はいつも本社、支店の言いなりで苦労ばかり!!! コロナによる工事中断に伴う補償の問題 清水建設によると、対象となる工事現場では約2万人が働いておりそのうち社員は約2千人、残りは協力企業や下請けの作業員だということです。 このコロナの影響が5月6日までに収束するという保証もありません。 協力会社や下請けの作業員さんたちは仕事を求めて別の現場を探すことになるでしょう。 彼らは清水建設などのスーパーゼネコンに比べると財務体質は脆弱、仕事がなければ会社を継続していくことは困難です。 コロナの影響で大打撃を被っている飲食業、観光業に対しての保証もままならない状況の中、ゼネコンの協力会社である中小の施工会社への保証が潤沢になされるとは考えにくいですね。 また、民間の発注者も今回のコロナの影響で甚大な影響を被っているところが多いはず。 建設業者に補償費用を捻出することは難しいのではないでしょうか。。 職人さんに給料を払えないとなると会社をたたむしかない・・・ コロナによる工事中断は5月6日までに収束するか。。。 ? 国や都には今回の件を受けて、建設現場も休業要請の対象にして欲しいと思います。 仕事を求めて他の現場に移動した職人さんからコロナが感染するということも考えておく必要があるでしょう。 あと一か月でコロナによる影響がなくなり、いつも通りの生活が戻ってくるとは考えにくいですね。 コロナはゼロにならない。 むしろ、5月6日以降をどのようにのりきっていくのか、中断を続けるのか工事を再開するのか。。。 ?に焦点を当てて欲しいと思います。 特に経営者は事業の採算性よりも自分の会社の社員の人命を第一に考えて決断して欲しいと切に願います。 ヘンな言い方かも知れませんが、一歩間違えるとまた建設業界のイメージダウンに繋がりかねない。 中断の工事が続々再開「我慢の限界」 2020年5月30日更新 緊急事態宣言の最中の5月6日、清水建設は工事再開の方針を発表しました。 「建設業における雇用の確保など経済活動の維持のために工事を進めることも重要」という判断だそうです。 その後、鹿島、西松、奥村組、熊谷組などが続々と工事再開の方針を打ち出しました。 理由は「協力会社における雇用の確保」とのこと。 工事再開の理由は簡単で、 「工事中断期間中の補償が確保できないこと」 「工期の延長が認められないこと」 の2点に尽きるでしょう。 緊急事態宣言とはいえ、拘束力のない「要請」のもとでは、工事が遅れれば多額の賠償金が建設会社に課せられます。 協力会社各社も十分な資金を有していない中小会社が多いため、職人さんの確保のための補償も必要になることでしょう。 もう 「我慢の限界」というのが正直なところですね。 建設業はテレワークができない業種 建設業、製造業、運送業やレストランの仕事はそもそもテレワークが機能しにくい業種といえます。 現場でモノを造る建設業でテレワークが難しいことは明らかですね。 今回、テレワーク格差なんて言葉も生まれてしまいました。 テレワークができる職場に就職してしまう、という選択も今後増えていくことでしょう。

次の

清水建設コロナで従業員が死亡!年齢や現場はどこ?

清水 建設 コロナ 死亡 年齢

清水建設 社員3人感染 1人は死亡 清水建設は、都内の工事現場で働いていた3人が新型コロナウイルスに感染し、このうち1人が死亡したことを明らかにしました。 会社では緊急事態宣言の出ている7都府県で進める工事については原則として中断する方針です。 清水建設によりますと、都内の工事現場で働いていた50代の男性と40代の男女、合わせて3人の社員が発熱を訴えたため、検査を受けた結果、感染が確認されました。 この事態を踏まえて、会社では緊急事態宣言の出ている東京など7都府県で進めるすべての工事について今後、発注者と協議したうえで、宣言が出ている間、中断することにしました。 工事現場は緊急事態宣言が出ているのに中止していなかったようです。 この件を受けて清水建設は4月13日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い政府の緊急事態宣言が発令されている7都府県での工事を原則中止すると発表しました。 宣言発令後、1週間後の措置となりました。 たしかに小池都知事が要請していた休業要請施設の中に工事現場は含まれていませんでした。 しかし、建設中の工事現場が「社会生活を維持する上で必要な施設」とは考えにくい。。。 死亡した男性は4月3日に発熱があり、7日から自宅待機となっていたそうです。 3月下旬から4月にかけて他に感染者がいないとも限らないですね。 ましてや建設現場の朝礼、日々の打ち合わせの中で「密閉」「密集」「密接」といった三蜜を避けることは困難であると想像します。 現場工事で三蜜を避けることは難しいですな。 特に都会の建築ビル工事は密閉空間を建設するのが仕事です。。。 7都府県の工事中断の方針 建設業界は、東京都などの休業要請の対象に入っていないが、西松建設も4月8日、発注者と協議の上で、7都府県での工事を停止すると発表している。 原則テレワークとはいえ、休業要請の対象に入っていない、という理由で工事を中断することは難しかった。。。 というのが本音かも知れません。 しかし、都内の工事、都市土木や建築ビル工事などに従事する社員さん、職人さんたちは電車で通勤している方が大勢いるはずです。 工事の中止を受けてほっと胸をなでおろしている建設関係者の方も多いことでしょう。 きっと本社、支店機能はテレワークになっていたんでしょうね。 第1線の現場を任せられた所長以下現場の方々の苦労はいつの時代も絶えることがない。。。 そんな、過去の自分を思い返す出来事でした。 現場はいつも本社、支店の言いなりで苦労ばかり!!! コロナによる工事中断に伴う補償の問題 清水建設によると、対象となる工事現場では約2万人が働いておりそのうち社員は約2千人、残りは協力企業や下請けの作業員だということです。 このコロナの影響が5月6日までに収束するという保証もありません。 協力会社や下請けの作業員さんたちは仕事を求めて別の現場を探すことになるでしょう。 彼らは清水建設などのスーパーゼネコンに比べると財務体質は脆弱、仕事がなければ会社を継続していくことは困難です。 コロナの影響で大打撃を被っている飲食業、観光業に対しての保証もままならない状況の中、ゼネコンの協力会社である中小の施工会社への保証が潤沢になされるとは考えにくいですね。 また、民間の発注者も今回のコロナの影響で甚大な影響を被っているところが多いはず。 建設業者に補償費用を捻出することは難しいのではないでしょうか。。 職人さんに給料を払えないとなると会社をたたむしかない・・・ コロナによる工事中断は5月6日までに収束するか。。。 ? 国や都には今回の件を受けて、建設現場も休業要請の対象にして欲しいと思います。 仕事を求めて他の現場に移動した職人さんからコロナが感染するということも考えておく必要があるでしょう。 あと一か月でコロナによる影響がなくなり、いつも通りの生活が戻ってくるとは考えにくいですね。 コロナはゼロにならない。 むしろ、5月6日以降をどのようにのりきっていくのか、中断を続けるのか工事を再開するのか。。。 ?に焦点を当てて欲しいと思います。 特に経営者は事業の採算性よりも自分の会社の社員の人命を第一に考えて決断して欲しいと切に願います。 ヘンな言い方かも知れませんが、一歩間違えるとまた建設業界のイメージダウンに繋がりかねない。 中断の工事が続々再開「我慢の限界」 2020年5月30日更新 緊急事態宣言の最中の5月6日、清水建設は工事再開の方針を発表しました。 「建設業における雇用の確保など経済活動の維持のために工事を進めることも重要」という判断だそうです。 その後、鹿島、西松、奥村組、熊谷組などが続々と工事再開の方針を打ち出しました。 理由は「協力会社における雇用の確保」とのこと。 工事再開の理由は簡単で、 「工事中断期間中の補償が確保できないこと」 「工期の延長が認められないこと」 の2点に尽きるでしょう。 緊急事態宣言とはいえ、拘束力のない「要請」のもとでは、工事が遅れれば多額の賠償金が建設会社に課せられます。 協力会社各社も十分な資金を有していない中小会社が多いため、職人さんの確保のための補償も必要になることでしょう。 もう 「我慢の限界」というのが正直なところですね。 建設業はテレワークができない業種 建設業、製造業、運送業やレストランの仕事はそもそもテレワークが機能しにくい業種といえます。 現場でモノを造る建設業でテレワークが難しいことは明らかですね。 今回、テレワーク格差なんて言葉も生まれてしまいました。 テレワークができる職場に就職してしまう、という選択も今後増えていくことでしょう。

次の

清水建設の50代男性社員は誰?作業所の現場はどこ?【新型コロナ感染者】

清水 建設 コロナ 死亡 年齢

清水建設の社員3人が新型コロナウイルスに感染!1人死亡 1000RT:【発表】清水建設、7都府県の作業所を閉所 新型コロナで従業員が死亡 都内の作業所に勤務する3人が陽性と判明。 うち1人は体調不良が続き、自宅待機中に容体が急変して亡くなったことも公表した。 — ライブドアニュース livedoornews 清水建設で勤務する従業員3人が新型コロナウイルスに感染していることが発表されました。 報道によると、感染が確認されたのは都内の同じ工事現場で働いていた50代男性、40代男性、40代女性の3人。 3人とも発熱の症状が出たことからPCR検査を受け、新型コロナウイルス陽性が確認されたようです。 そのうち50代男性は、• 4月3日 発熱• 4月9日 PCR検査、自宅療養• 4月?日 容体急変し、死亡 とのこと。 男性が自宅療養中に容体が急変し死亡したことについて、ネット上では不安の声が多く上がっています。 男性に基礎疾患があったかなど詳細な情報は発表されていませんが、男性はまだ50代と決して高齢ではなく、自宅療養をするほど初期症状は重くなかったと思われます。 そのような状態から死に至ってしまったことは本当に残念でならないですし、今後このようなケースをどのような押さえていくのか気になります。 今回の新型コロナウイルスは初期症状は軽いにもかかわらず、重症化するまでのスピードが早いと言われています。 先日亡くなられたタレントの志村けんさんも、重症化して亡くなられるまでの期間はわずか2週間程度だったと思います。 現在全国で感染者数が急増していて、医療機関の病床数が足りなくなることから、軽症者は自宅やホテルなどに滞在する方針に切り替えようとしている自治体なども多くありますが、今回のようなケースが発生しないよう、合わせて検討してもらう必要がありますね。 清水建設コロナ感染者は誰で工事現場はどこ? 今回感染が確認された清水建設の社員は50代男性、40代男性、40代女性の3人であることが発表されています。 3人ともに都内の工事現場でお仕事をされていたようです。 3人の方は大手ゼネコンである清水建設の社員で元請の立場だったことから、現場を管理するお仕事をされていたのでしょうか。 仕事の打ち合わせや一緒に食事をしたりすることもあるでしょうから、濃厚接触をする環境だったのかもしれませんね。 おそらく会社でお仕事をされている方はほとんどの方が同じ条件だとは思いますが・・・。 今後同じ工事現場内でクラスターが発生しないかも心配ですね。 清水建設のホームページを確認したところ、都内だけでも数十~数百の工事が施工されていて、ビルの新築工事や市街地開発事業など比較的規模の大きな工事をてがけていることから、今回感染が確認された現場も規模の大きな工事現場だったのかもしれないですね。 ネットの反応 自宅待機中…1人暮らしで、容態が急変したら命に関わるのは…どぉ〜すれば良いの? — 鬼伐夜 Otuki3KARASU02 建築現場で働く自分にとって最悪の事態。 正直、建設業って、かなりいると思うし、この業種がマスコミに取り上げられないのかが謎。 俺達職人がいねぇと建物たたねぇんだぞ! 何とかしろよ政府! — ユーズキングダム moondreamoon 清水建設の死亡した社員は、新型コロナの検査結果待ちの間に自宅で亡くなったそうだ。 土木は裾野が広く工事中止の経済的損失も大きい。 日雇いで従事している人には東京都として援助が必要ではないか? — 💮ちべたん💮 tibe16085 親会社止まったら下請けそして、孫請けまで — リスト HARU41227683 現場仕事でも感染しているという事でしょうか。 — k. bamboo mnYSfnnk3Cv5n7u この会社、衛生に対する意識が低いからね。 インフルに感染しているのに現場来てた監督がいたもん。 他の現場で仕事が入ってくれば良いけど…。 — marron marron06071 まとめ 「清水建設コロナ感染者は誰で工事現場はどこ?社員3人が感染うち1人が死亡」と題し、詳細を確認していきました。 今回感染が確認された3人は同じ工事現場で働いており、そのうち1人の方は症状が急変しその後死亡が確認されました。 自宅での療養中だったようです。 また、報道によると、清水建設は社員について、ビルの建設などおよそ500か所、社員2000人の在宅勤務を発表しています。 清水建設は大手ゼネコンで元請であることから、下請け企業への影響も含め、今後の日本経済全体にとってもかなり大きな影響を与えそうです。 本当に1日でも早く新型コロナウイルスを収束させるためにも、私たちひとりひとりが危機感と責任感をもった行動をしないといけないですね。

次の