雪のいと高う降りたるを 主語。 無料プリント

清少納言から です 教えてください

雪のいと高う降りたるを 主語

」と4 仰せらるれば、5 御格子上げさせて、御簾を6 高 く上げ たれば、7 笑はせたまふ。 人々も、「8 さることは知り、歌などにさへ歌へど、思ひこそよら4 ざりつれ。 」と言ふ。 一 次の語の読みを現代仮名遣いで記せ。 1 格子 2 炭櫃 3 侍ふ 4 香炉峰 5 御簾 二 次の語の意味を辞書で調べよ。 1 炭櫃 2 物語 3 仰す 4 さること 三 「 」が誰の言葉か記し、*と傍線部1〜10の問に答えよ。 *内容の上で三つに分類されるうちのどれか。 ア 類聚章段 イ 日記回想的章段 ウ 随想的章段 1 いつもはどういう状態か。 2・4・5・6の主語は誰か。 3「 」 誰の言葉か。 7 この笑いはどういう性格のものか。 8 指示内容を記せ。 9 誰のことか。 10 誰がふさわしいのか。 四 次の文法事項に答えよ。 1 音便の種類 もとの形 2 品詞名 基本形 活用形 活用の種類 3、4 品詞名 基本形 活用形 文法的意味 五 口語訳 雪がたいそう高く降り積もっているのに、いつもと違って御格子をお下げ申して、角火鉢に火をおこ して、雑談などをして集まって思考しているときに、「少納言よ、香炉法の雪はどんなだろうか。 」とお っしゃるので、御格子を 人に 上げさせて(私が)御簾を高く上げたところお笑いになる。 人々も 「そういうことは知っており、歌などにまで詠うけれど、おもいつきもしなかった。 やはり、この中宮 にお仕えする女房としてはそれにふさわしい人であるようだ。 」と言う。 自ら簾を高く上げる。 (女房)「知っているがおもいよらない。 定子には清少納言だ。 」 清少納言 『白氏文集』 香炉峰の雪の詩 背景 主題 雪蓑際の清少納言の機知 (33)二九九 雪のいと高う降りたるを 解答 一1 こうし 2 すびつ 3 さぶら 4 こうろほう 5 みす 二1 角火鉢 2 話をすること。 3 おっしゃる。 4 そういうこと。 三 イ 1 雪の降る日には格子を上げておく。 2 女房 4 定子 5 作者 6 作者 3 定子 7 予定通りに成ったという会心の笑み。 8 香炉峰の雪をよんだ漢詩の事。 9 定子 10 清少納言 四 1 ウ音便 高く 2 動す用サ変 3 助動む止推 4 助動ず用打.

次の

【随想】無料で学ぶ古文文法&読解問題

雪のいと高う降りたるを 主語

はしたなきもの。 語句 はしたなし(中途半端だ。 どっちつかず。 間が悪いとかきまりが悪い。 ) きまりが悪いもの。 異人を呼ぶに、我ぞとさし出でたる。 語句 異人(ことひと。 他の人) ぞ(係り結び。 「たる」結び。 ) 他の人を呼んだときに、自分だと思って顔を出したとき。 物など取らするをりはいとど。 語句 いとど(ますます。 いっそう) 物などを与えるときには、いっそう。 (ここは前の呼ばれただけのときより、ものをあげようとしたときに他の人が出てきてしまったときのほうがきまりが悪いということ。 ) おのづから人の上などうち言ひ、そしりたるに、 語句 おのづから(副詞。 偶然、たまたま) 上(~についてのこと) そしる(ラ四。 非難する。 悪く言う。 ) たまたま、ある人についてのことをちょっと言って、悪口を言っていると、 幼き子どもの聞き取りて、 幼い子どもたちが、聞き取って、 その人のあるに言ひ出でたる。 語句 ある(いる) その人がいるのに、言い出したとき。 (はきまりが悪い) あはれなることなど、人の言ひ出で、 語句 あはれなることなど(いろいろな感情表現が訳として、つけられるが、ここは泣くという語が後から出てくるので、悲しいこと) 悲しいことなどを、人が話しだして うち泣きなどするに、げにいとあはれなりなど聞きながら、 語句 うち泣き(急に泣く) げに(本当に、なるほど、) いと(たいそう) あはれなり(前後から「かわいそう」) 急に泣いたりなどしているときに、なるほど、かわいそうだなどと聞いているのに 涙のつと出で来ぬ、いとはしたなし。 語句 つと(さっと、すぐに) 来ぬ(「ぬ」は打ち消し。 すると「来」は未然形なので、「こ」だから、「こぬ」と読む。 ) 涙がさっと出てこないのは、たいそうきまりが悪い。 泣き顔つくり、けしき異になせど、いとかひなし。 語句 けしき(表情や態度) 異(違ったふうに装う) かひなし(かいがない。 無駄である) 泣き顔をつくって、いつもとは違う、しんみりした態度を装っても、まったく効果がない。 めでたきことを見聞くには、 語句 めでたき(すばらしい) すばらしいことを見聞きするときに、 まづ、ただ出で来にぞ出で来る。 語句 ただ出で~出で(強調) まず、涙ばかり出てきて仕方がない。 (のはきまりが悪い) 2013年11月29日(金)| 雪のいと高う降りたるを、 語句 いと(たいそう) 雪がたいそう深く降り積もっているのに 例ならず御格子まゐりて、炭櫃に火おこして、 語句 例ならず(いつになく) いつになく御格子をお下ろししたままで、炭櫃に火を起こして 物語などして集まりさぶらふに、 語句 さぶらふ(お仕えする。 謙譲語で、こういう場合古文では、誰に対しての敬意かということを確認していく。 ここでは、中宮定子) おしゃべりしながら、集まって 「少納言よ、香炉峰の雪いかならむ。 」と仰せらるれば、 語句 少納言よ(清少納言のこと) 香炉峰の雪(漢文の白居易の詩の一節で雪をすだれを上げて見るというエピソードにかけて質問している) いかならむ(どうであろうか) 仰せ(おっしゃる。 尊敬語) 「少納言よ。 香炉峰の雪はどんな感じでしょうか?」と定子がおっしゃるので、 御格子上げさせて、 語句 上げさせて(ここには敬語が使われていないので、上げさせたのは、定子ではない。 だから、主語は清少納言で上げたのは他の女房。 ) 私は他の女房に御格子を上げさせて 御簾を高く上げたれば、 語句 上げたれば(ここも敬語がないので、主語は清少納言) 御簾を高く巻き上げたところ、 笑はせたまふ。 語句 せたまふ(ここは笑ったのは、敬語がついているので、定子。 このように主語が省略されていても、敬語から主語を判断する) 中宮はお笑いになった。 人々も、 他の女房たちも 「さることは知り、歌などにさへ歌へど、 語句 さること(香炉峰の雪の詩のこと) 「そのような詩のことは知っていて、歌にまで引用して歌うけれど、 思ひこそよらざりつれ。 語句 こそ(係り結び、結びは「つれ」で已然形) (即座に反応して行動で示すこと)は思いもよりませんでした。 なほ、この宮の人には、 語句 なほ(やはり) 宮(定子をさす) 人(仕える女房のこと) やはり、この定子様に仕える女房には さべきなめり。 」と言ふ。 語句 さべきなめり(さるべきなるめり。 の省略形) さるべき(しかるべき) なめり(断定の「なり」+推定の「めり」) ふさわしい人なのでしょう。 」と言う。 2013年11月29日(金)| 昔、男、片田舎に住みけり。 語句 片田舎(中央から離れた村里) 現代語訳 昔、男が片田舎に住んでいた。 男、宮仕へしにとて、別れ惜しみてゆきにけるままに、三年来ざりければ、 語句 宮仕へ(貴人の家に仕えること、奉公) 訳 男は、奉公へ行くと言って、女と別れを惜しんで出かけて、いったまま三年帰ってこなかったので 待ちわびたりけるに、 女は待ちくたびれてしまって いとねむごろに言ひける人に、 語句 たいそう(非常に、とても) ねむごろに(親切なさま、ていねいなさま) いふ(求婚する) 非常に熱心に求婚してきた人に、 「今宵あはむ。 」と契りたりけるに、この男来たりけり。 語句 あはむ(結婚する) この男(昔のだんな) 「今夜、結婚しよう」と約束したところに、元の夫が帰ってきたのだった。 「この戸開けたまへ。 」とたたきけれど、開けで、 「この戸を開けてください」と戸をたたいたけれども、女はあけないで、 歌をなむ詠みていだしたりける。 強調) いだす(差し出す) 歌を詠んで、戸の外にいるだんなに差し出した。 あらたまの年の三年を待ちわびてただ今宵こそ新枕すれ 語句 あらたま(年にかかる枕詞) 三年待ちわびて、ちょうど今新しい夫と新枕を交わします。 と言ひいだしたりければ、 と詠んだので、 あづさ弓ま弓つき弓年を経てわがせしがごとうるはしみせよ 語句 あづさ弓ま弓つき弓(年を導く序詞) うるはし(親しみ) 長年私がしたように、新しい夫に親しみなさい。 と言ひて、去なむとしければ、女、 と言って、立ち去ろうとしたので、 あづさ弓引けど引かねど昔より心は君に寄りにしものを あづさ弓を引くか引かぬか、あなたが私の心を引こうが、引くまいが、昔から、私の心はあなたに寄り添っていましたのに、 と言ひけれど、男帰りにけり。 と言ったけれど、男は帰ってしまった。 女、いとかなしくて、後に立ちて追ひゆけど、 女はとても悲しくて、後を追いかけていったけれど、 え追ひつかで、清水のある所に伏しにけり。 語句 え~打ち消し(~できないで) 追いつくことができないで、清水のあるところで、倒れてしまった。 そこなりける岩に、指の血して書きつけける。 そこにあった岩に女が指の血で書き付けた。 あひ思はで離れぬる人をとどめかねわが身は今ぞ消えはてぬめる お互いに愛しあうことができず、離れていく、そんな人をとどめることができないで、我が身はここで消え果ててしまうようです。 と書きて、そこにいたづらになりにけり。 語句 いたづらになり(死ぬ) と書いて、女はそこで死んでしまった。 2013年11月28日(木)| 世界的にも有名な源氏物語。 有名なんですが、全部読んだ人はほとんどいない。 漫画、現代語訳ならまあ、何人か知っていますが、 原文で全部読んだ人に会ったことはありません。 成立は平安時代中期です。 作者は紫式部です。 いつ生まれたのかは不明。 本名も不明。 香子(かおりこ)という説がある。 基本的には宮仕えしたので「藤式部」(とうのしきぶ)と呼ばれたようです。 じゃなんで紫式部なのか?作品に紫の上が出てくるかららしい。 結局~らしいばかりになってしまってすみません。 父は藤原為時(ふじはらのためとき)母は藤原為信の女(むすめ)。 999年に藤原宣孝(のぶたか)と結婚し、娘の賢子(けんし)を産んだが、2年半ほどの結婚生活で夫と死別。 藤原道長の娘。 彰子(しょうし)に仕える。 同時期に清少納言が藤原道隆の長女の定子につかえていたので、政治的な問題もあり、仲が悪かったように言われる。 とても長い源氏物語ですが、大体は高校の教科書では冒頭部分はやるので、 最初に桐壷帝に寵愛を受けた、身分の若干、低い桐壷の更衣が出てきて、光源氏を産んでみんなにいじめられて、死んでしまって、その後、桐壷の帝があまりに寂しいので、桐壷の更衣によく似た女性と結婚する。 それが藤壺の女御で、光源氏はその母親そっくりの母親とねんごろになってしまうという話ぐらいまでは知っているんじゃないですか? 2013年11月27日(水)|.

次の

【随想】無料で学ぶ古文文法&読解問題

雪のいと高う降りたるを 主語

仁和寺にある法師、年寄るまで、石 いは 清水 しみず を拝ま【 A 】ければ、 ア心うく覚えて、ある時思ひ立ちて、ただひとり、 B徒歩よりまうでけり。 聞きしにも過ぎて、尊くこそおはしけれ。 カゆかしかりしかど、神へ参るこそ C本意なれと思ひて、山までは見ず」とぞ言ひける。 すこしのことにも、先達はあらまほしき事なり。 問二 空欄Aに、助動詞「ず」を活用させて入れなさい。 問三 傍線部B、Cの漢字の読みを、平仮名、現代仮名遣いで答えなさい。 問四 二重傍線部ア、ウ、エ、カを現代語に訳しなさい。 問五 二重傍線部イとあるが、何が「かばかり」なのか説明しなさい。 問六 二重傍線部オとあるが、なぜ皆山に登っていたのか、説明しなさい。 徒然草・をりふしの移り変はるこそ 十六 次の古文を読んで、文法及び読解に関する設問に答えよ。 青葉になり行くまで、よろづにただ心をのみぞ悩ます。 山吹の清げに、藤のおぼつかなきさましたる、すべて、思ひすてがたきこと多し。 C六月の頃、あやしき家に夕顔の白く見えて、 D蚊遣火ふすぶるもあはれなり。 六月祓へまたをかし。 七夕まつるこそなまめかしけれ。 やうやう夜寒になるほど、 ( C )なきてくるころ、萩の下葉色づくほど、早稲田刈り干すなど、とりあつめたる事は秋のみぞ多かる。 また ( D )の E朝こそをかしけれ。 問四 空欄A~Dに入る語句を、次の中から一つずつ選びなさい。 ア 野分 イ 霞 ウ 雁 エ あやめ 問五 二重傍線部A~Eの漢字の読みを、平仮名、現代仮名遣いで答えなさい。 徒然草・九月二十日のころ 十八 次の古文を読んで、文法及び読解に関する設問に答えよ。 Bやがてかけこもらましかば、くちをしからまし。 あとまで見る人ありとは、いかでか知らん。 Cかやうのことは、ただ朝夕の心づかひによるべし。 その人、ほどなく失せにけりと聞き 6はべりし。 設問 問一 傍線部1~6の敬語について、敬語の種類と、誰から誰への敬意かを答えなさい。 問三 波線部ア、イの読みを答えなさい。 問四 二重傍線部Aを、誰の動作かがわかるように現代語に訳しなさい。 問五 二重傍線部Bを現代語訳しなさい。 問六 二重傍線部Cについて、 (1)「かやうのこと」の具体的な内容を答えなさい。 (2)この人に「朝夕の心づかひ」があると筆者が判断した理由を答えなさい。 徒然草・心なしと見ゆる者も 十九 次の古文を読んで、文法及び読解に関する設問に答えよ。 (徒然草・心なしと見ゆる者も) 心なしと見ゆる者も、よき一言いふものなり。 ウ孝養の心なき者も、子持ちてこそ、親の志は思ひ知るなれ。 世をすてたる人 2の、万にするすみなるが、なべてほだし多かる人 3の、万にへつらひ、望ふかきを見て、無下に思ひくたすは B僻事なり。 人、恒の産なき時は、恒の心なし。 人、きはまりて盗みす。 世治まらずして、凍餒の苦しみあらば、とがの者絶ゆべからず。 さて、いかがして人を恵むべきとならば、上の奢り費す所をやめ、民を撫で農を勧めば、下に利あらん事、疑ひあるべからず。 衣食世の常なる上に僻事せん人をぞ、まことの盗人とはいふべき。 設問 問一 傍線部1~4の「の」のうち、他と用法の異なるものを一つ選べ。 問三 二重傍線部ア~オを現代語に訳しなさい。 問四 波線部Aの指示内容を答えなさい。 問五 波線部Bについて、 (1)読みを答えなさい。 (2)何が「僻事」なのか、簡潔に答えなさい。 問六 波線部C「されば」の内容を答えなさい。 問七 波線部Dについて、 (1)何が「不便のわざ」なのか、答えなさい。 (2)(1)で答えたものが、なぜ「不便のわざ」なのか、答えなさい。 徒然草・さしたることなくて 二十 次の古文を読んで、文法及び読解に関する設問に答えよ。 (徒然草・さしたることなくて) さしたることなくて ア人のがり行くは、よからぬ事なり。 久しく居たる、 ウいとむつかし。 人と向ひたれば、ことば多く、身もくたびれ、心も静かならず、よろづのこと障りて時を移す、互ひのため益なし。 心づきなき事あらん折は、 エなかなかその由をも言ひてん。 そのこととなきに、人の来 きた りて、のどかに物語して帰りぬる、いとよし。 問二 二重傍線部ア~エを現代語に訳しなさい。 問三 二重傍線部オとあるが、それはなぜか、簡潔に説明しなさい。 徒然草・世に語り伝ふること 二一 次の古文を読んで、文法及び読解に関する設問に答えよ。 (徒然草・世に語り伝ふること) 世に語り伝ふること、 アまことはあいなきにや、多くは皆虚言 そらごと なり。 あるにも過ぎて人は物を言ひなすに、まして、年月過ぎ、境も隔たりぬれば、言ひたきままに語りなして、筆にも書きとどめぬれば、 イやがて又定まりぬ。 エ音に聞くと見る時とは、何事もかはるものなり。 かつあらはるるをも顧みず、口にまがせて言ひ散らすは、やがて浮きたることと聞ゆ。 又、我も誠しからずは思ひながら、人の言ひしままに、鼻のほどおごめきて言ふは、その人のそらごとにはあらず。 げにげにしく、ところどころうちおぼめき、よく知らぬよしして、さりながら、つまづまあはせて語る虚言は、 オおそろしき事なり。 とにもかくにも、虚言多き世なり。 ただ、常にある、めづらしからぬ事のままに心得たらん、よろづ違ふべからず。 下ざまの人の物語は、耳おどろく事のみあり。 よき人は怪しき事を語らず。 かくはいへど、仏神の奇特、権者の伝記、さのみ信ぜざるべきにもあらず。 これは、 キ世俗の虚言をねんごろに信じたるもをこがましく、「 クよもあらじ」など言ふも詮なければ、大方はまことしくあひしらひて、ひとへに信ぜず、また疑ひ嘲るべからず。 問三 二重傍線部ア、ウ、エ、カ、キ、クを現代語に訳しなさい。 問四 二重傍線部イについて、 (1)現代語に訳しなさい。 (2)なぜそうなるのか、答えなさい。 問五 二重傍線部オとあるが、なぜ恐ろしいのか、簡潔に説明しなさい。 方丈記・ゆく河の流れ 二二 次の古文を読んで、文法及び読解に関する設問に答えよ。 (方丈記・ゆく河の流れ) ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。 淀みに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。 世の中にある、人と住みかと、また アかくのごとし。 たましきの都のうちに、棟を並べ、甍を争へ 1る、高き、卑しき、人の住まひは、世々を経て尽きせぬものなれど、これをまことかと尋ぬれば、昔あり 2し家はまれなり。 あるいは去年焼けて今年作れり。 あるいは大家滅びて小家となる。 住む人もこれに同じ。 所も変はらず、人も多かれど、いにしへ見し人は、二、三十人が中にわづか一人、二人なり。 朝に死に、夕に生まるるならひ、ただ水の泡にぞ似たりける。 知らず、生まれ死ぬる人、いづかたより来たりて、いづかたへか去る。 また知らず、仮の宿り、誰がためにか心を悩まし、何によりてか目を喜ば 3しむる。 その、 イ主と住みかと無常を争ふさま、いはば朝顔の露に異ならず。 あるいは露落ちて花残れ 4り。 残るといへども朝日に枯れ 5ぬ。 あるいは花しぼみて露なほ消えず。 消えずといへども夕を待つことなし。 設問 問一 傍線部1~5の助動詞について、終止形と、ここでの活用形及び文法的意味を答えなさい。 問二 二重傍線部アの「かく」とはどういうことか説明しなさい。 問三 二重傍線部イとはどういうことか、その後の比喩を参考にしつつ、簡潔に説明しなさい。 次の文章を読んで、後の設問に答えよ。 (方丈記・安元の大火) 予、 アものの心を 1知れりしより、四十あまりの イ春秋を送れるあひだに、世の不思議を見ること、ややたびたびになりぬ。 2いにし安元三年四月二十八日かとよ。 風激しく吹きて、 3静かならざりし夜、 ウ戌の時ばかり、都の東南より火いできて、西北に至る。 果てには朱雀門、大極殿、大学寮、民部省などまで移りて、一夜のうちに塵灰と 4なりにき。 火もとは、樋口富小路とかや。 舞人を宿せる仮屋よりいできたりけるとなん。 吹き迷ふ風に、 エとかく移りゆくほどに、扇を広げたるがごとく末広になりぬ。 遠き家は煙にむせび、近きあたりはひたすら炎を地に吹きつけたり。 空には灰を吹きたてたれば、火の光に映じて、あまねく紅なる中に、風に堪へず、吹き切られたる炎、飛ぶがごとくして、一、二町を越えつつ移りゆく。 その中の人、 オうつし心あらんや。 あるいは煙にむせびて倒れ臥し、あるいは炎にまぐれてたちまちに死ぬ。 あるいは身一つ辛うじてのがるるも、資財を取りいづるに及ばず。 七珍万宝 カさながら灰燼となりにき。 その キ費え 、いくそばくぞ。 そのたび、公卿の家十六焼けたり。 まして、そのほか数へ知るに及ばず。 すべて都のうち三分が一に及べりとぞ。 男女死ぬるもの数十人。 馬牛のたぐひ辺際を知らず。 人の営み、みな愚かなる中に、さしも危ふき京中の家を作るとて、財を費やし、心を悩ますことは、すぐれて クあぢきなくぞはべる。 設問 問一 傍線部1~4を文法的に説明しなさい。 問二 二重傍線部ア~クの意味を答えなさい。 方丈記・養和の飢饉 二三 次の古文を読んで、文法及び読解に関する設問に答えよ。 (方丈記・養和の飢饉) 前の年かくのごとくからうじて暮れ 1ぬ。 明くる年は立ち直る2べきかと思ふほどに、 Aあまりさへ疫癘うちそひて Bまさざまにあとかたなし。 世の人みなけいしぬれば、日を経つつきはまりゆくさま、 ア少水の魚のたとへにかなへ 3り。 はてには笠うち着足引き包み、よろしき姿したるもの、ひたすらに家ごとに乞ひありく。 イかくわびしれたるものどものありくかと見れば、すなはち倒れ伏しぬ。 築地のつら道のほとりに飢え死ぬるもののたぐひ、数も知らず。 取り捨つるわざも知ら 4ねば、 ウくさき香世界に満ち満ちて、変はりゆくかたちありさま、目も当てられぬこと多かり。 Cいはむや河原などには馬、車の行きかふ道だになし。 あやしき賤山がつも力尽きて、薪さへ乏しくなりゆけば、頼むかたなき人は エみづからが家をこぼちて、市に出でて売る。 D一人が持ちて出でたる価、一日が命にだに及ばずとぞ。 オあやしきことは、薪の中に、赤き丹着き、箔など所々に見ゆる木あひまじはりけるを尋ぬれば、すべきかたなきもの、古寺に至りて仏を盗み、堂の物の具を破り取りて、割り砕けるなりけり。 E濁悪の世にしも生まれ合ひて、かかる心憂きわざをなん見はべり 5し。 設問 問一 傍線部1~5の助動詞について、終止形と、ここでの活用形及び文法的意味を答えなさい。 問二 二重傍線部A~Eを現代語訳しなさい。 問三 波線部アは何をたとえたものか、簡潔に答えなさい。 問四 波線部イと対比して用いられている語句と、本文中から十字以内で書き抜きなさい。 問五 波線部ウについて、なぜ「くさき香」が満ちているのか答えなさい。 問六 波線部エについて、なぜそうしなければならないのか答えなさい。 問七 波線部オについて、 (1) なにが「あやしきこと」なのか、答えなさい。 (2)真相はどうであったのか、答えなさい。 枕草子・二月つごもりごろに 二四 次の古文を読んで、文法及び読解に関する設問に答えよ。 (枕草子・二月つごもりごろに) a二月つごもりごろに、風いたう吹きて空いみじう黒きに、雪少しうち散りたるほど、黒戸に b主殿司来て、「かうてさぶらふ」と言へば、寄りたるに、「これ、公任の宰相殿の」とてあるを見れば、懐紙に、 少し春あるここちこそすれ とあるは、げにけふのけしきにいとよう合ひたるも、 アこれが本はいかでかつくべからむ、と思ひわづらひぬ。 「たれたれか」と問へば、「それそれ」と言ふ。 イ皆いと恥づかしき中に、宰相の御いらへを、いかで事なしびに言ひいでむ、と心一つに苦しきを、御前に御覧ぜさせむとすれど、上のおはしまして大殿ごもりたり。 主殿司は、「 ウとくとく」と言ふ。 げにおそうさへあらむは、いと取り所なければ、さはれとて、 エ空寒み花にまがへて散る雪に と、わななくわななく書きて取らせて、いかに思ふらむとわびし。 設問 問一 二重傍線部ア~キを現代語訳しなさい。 問二 波線部a~cの漢字の読みを、平仮名、現代仮名遣いで答えなさい。 枕草子・雪のいと高う降りたるを 二五 次の古文を読んで、文法及び読解に関する設問に答えよ。 (枕草子・雪のいと高う降りたるを) 雪のいと高う降り 1たるを、例ならず ア御格子参りて、 イ炭櫃に火おこして、物語などして集まり候ふに、「少納言よ、香炉峰の雪いかなら 2む。 なほ、この宮の人には、 4さべきなめり。 」と言ふ。 設問 問一 傍線部1~3の助動詞について、終止形と、ここでの活用形及び文法的意味を答えなさい。 問二 傍線部4を文法的に説明しなさい。 問三 二重傍線部ア~ウの読み平仮名、現代仮名遣いでを答えなさい。 枕草子・中納言参り給ひて 二八 次の古文を読んで、文法及び読解に関する設問に答えよ。 アそれを張らせて参らせむとするに、 イおぼろけの紙はえ張るまじければ、もとめ侍るなり」と申し給ふ。 『さらにまだ見ぬ骨のさまなり』となむ人々申す。 エかやうの事こそは、かたはらいたきことのうちに入れつべけれど、「一つな落としそ」と言へば、いかがはせむ。 問三 傍線部a~cの助動詞について、終止形と、ここでの活用形及び文法的意味を答えなさい。 問四 二重傍線部ア~ウを現代語に訳しなさい。 問五 二重傍線部エの内容を、簡潔に答えなさい。 枕草子・村上の先帝の御時に 二九 次の古文を読んで、文法及び読解に関する設問に答えよ。 (枕草子・村上の先帝の御時に) 次の文章を読んで、後の設問に答えよ。 (枕草子・村上の先帝の御時に) 村上の先帝の御時に、雪のいみじう降りたりけるを、様器に盛ら( A )給ひて、梅の花をさして、月のいと明かきに、「これに歌よめ。 いかが言ふべき。 「歌などよむは世の常なり。 かく、折に合ひたることなむ、言ひがたき。 」とぞ仰せられける。 同じ人を御供にて、ア殿上に人候はざりけるほど、たたずま( C )給ひけるに、火櫃にけぶりの立ちければ、「イかれは何ぞと見よ。 蛙の飛び入りて焼くるなりけり。 問二 空欄A~Cに、助動詞「す」または「さす」を活用させて入れなさい。 問三 傍線部アを現代語に訳しなさい。 問四 傍線部イについて、 (1)「かれ」が何を指すのか、 (2)実際は何であったのかをそれぞれ答えなさい。 問五 Xの和歌から掛詞を二つ指摘し、何と何が掛けられているのか説明しなさい。 枕草子・すさまじきもの 三十 次の古文を読んで、文法及び読解に関する設問に答えよ。 (枕草子・すさまじきもの) すさまじきもの。 三、四月の紅梅の衣。 牛死にたる牛飼。 乳児亡くなりたる産屋。 博士のうちつづき女子生ませたる。 ア方違へに行きたるに、あるじせぬ所。 まいて節分などは、いとすさまじ。 人の国よりおこせたる文 aの物なき。 イ京のをも、さこそ思ふらめ。 されどそれは、ゆかしき事どもをも書き集め、世にある事などをも聞けば、いとよし。 あやしう遅き」と待つ程に、ありつる文、立文をも結びたるをも、いと汚げに取りなし、ふくだめて、上に引きたりつる墨など消えて、「おはしまさざりけり」もしは、「御物忌とて取り入れず」と言ひて持て帰りたる、いとわびしく、すさまじ。 また、家の内なる男君の、来ずなりぬる、いとすさまじ。 さるべき人の、 ウ宮仕へするがりやりて、いつしかと思ひゐたるも、いとあいなし。 女迎ふる男、 カまいていかならむ。 待つ人ある所に夜すこし更けて忍びやかに門たたけば、胸すこしつぶれて、人出だして問はするに、あらぬよしなき者の、名のりして来たるも、返す返すもすさまじと キ言ふはおろかなり。 験者 cの、物の怪調ずとて、いみじうしたり顔に、独鈷や数珠など持たせ、蝉の声しぼり出だして読みゐたれど、いささか クさりげもなく、護法もつかねば、集りゐ念じたるに、男も女もあやしと思ふに、時のかはるまで読み困じて、「 ケさらにつかず。 いみじうねぶたしと思ふに、 コいとしもおぼえぬ人の、押し起こして、せめてもの言ふこそ、いみじうすさまじけれ。 問二 傍線部a~cの「の」のうち、他と用法が異なるものを一つ選びなさい。 問三 二重傍線部アを現代語訳しなさい。 問四 二重傍線部イについて、 (1)具体的な内容がわかるように、現代語訳しなさい。 (2)そのことに対して筆者はどう考えているか、説明しなさい。 問五 二重傍線部ウ~オを現代語訳しなさい。 問六 二重傍線部カは、どういうことについて言っているのか、説明しなさい。 問七 二重傍線部キの意味を答えなさい。 問八 二重傍線部ク~コを、具体的な内容がわかるように現代語訳しなさい。

次の