ピュアクリーニング 羽毛布団。 【保存版】布団の宅配クリーニングどこに頼めばいい?

【保存版】布団の宅配クリーニングどこに頼めばいい?

ピュアクリーニング 羽毛布団

羽毛布団をクリーニングに出したいけど、持っていくのは面倒だ・・・ 羽毛布団も宅配でクリーニングができるみたいだけど、料金が気になる・・・ 羽毛布団の宅配クリーニングの料金の比較がしたいけど、自分で調べるのが面倒・・・ この記事ではこんなお悩みにお答えします。 睡眠環境・寝具指導士で寝具業界の営業のしーさんが解説します。 羽毛布団も暖かくなってきて使わなくなったら洗いたいという人は多くいます。 ただ、 羽毛布団って大きくかさばるので持ち込んだりするのは面倒ですよね。 そんな人には 羽毛布団の宅配クリーニングがおすすめです。 ただ、羽毛布団のクリーニングといっても いろんなお店があって料金の比較をするだけでも面倒です。 僕も羽毛布団をクリーニングに出すときに悩みましたしね。 なので、羽毛布団のクリーニングの料金の比較をまとめました。 できるだけ正確に比較しているつもりですが、料金が変わっていることもあります。 なので興味があるお店を見つけた場合、最後には自分で必ず確認をしてみてくださいね。 調べてても本当に比較しにくかったです。 ぱっと見では安くても送料が別だったり、オプションまで考えるとすごく高くなってしまったりします。 ひとつ注意して欲しいお店があって「サマリーポケット」というお店は基本的には保管サービスのお店です。 「サマリーポケット」では保管している間のオプションとして布団クリーニングがありますが、あくまでオプションなので保管料と送料は別でかかります。 目安としては保管料が月額300円が最低2か月分と送料の740円は最低でも必要になってくるので注意してくださいね。 この表をベースにおすすめも紹介しておきます。 寝具指導士がおすすめする羽毛布団クリーニング店 寝具指導士である僕が調べてみておすすめの宅配クリーニングのお店を紹介します。 僕ならここに出すといった感じで選んでみました。 僕が選ぶ時の基準は下の4点です。 このあたりを重視して選びました。 実際に僕が使ったことのあるところもあってレビューしているものは参考にしてみてください。 ちなみに 圧縮しないことは絶対条件で考えておいてもいいぐらいですよ。 圧縮すると羽毛が壊れる可能性やふくらみが元通りのふくらみに戻らない可能性があるので・・・ 業者は送料が安くなるので圧縮したがりますが、せっかくふかふかになったのに圧縮してしまえば効果は半減しますよ。 それでは僕が選ぶ3つのおすすめの宅配クリーニング店を紹介していきます。 【1位】しももとクリーニング 1位は。 圧倒的におすすめできるサービス内容ですね。 クリーニング内容、値段の両方に隙がない感じで文句なしにおすすめできるかなと。 ちなみに正直に書いておくと僕はまだ使ったことはありません。 ただ次にクリーニングをするときは確実に「」にお願いするつもりです。 そんなしももとクリーニングのおすすめのポイントは下の通り。 完全個別洗い 無料で個別洗いがついているクリーニング店はかなり少ないです。 オプションでさえ個別洗いがあるところは今回調べたところでは少なかったですし。 しかもオプションであるところでも安くても2000円近く値段が上がっちゃいますしね。 そんな個別洗いですが、これがめっちゃおすすめです。 だって他の人のお布団と一緒に洗われるってなんとなく嫌じゃないですか? どんな人が使ったお布団かわかりませんしね。 その点、「」では自分のお布団を単独で洗ってもらえるので、他の人と混ざることがありません。 これは 他のお店と比較してもかなり強いメリットです。 植物性100%の無添加せっけんを使用 植物性100%の無添加せっけんを使うことで肌に優しい仕上がりになります。 通常の洗剤の場合、刺激が強くて肌荒れの原因になったり、アトピーの人にはツラいこともあります。 ではそういった敏感肌の人のことも考えて植物性100%の無添加せっけんを採用しています。 それに洗剤と比べた場合に無添加せっけんだと地球環境にも優しいですしね。 自然に対してもメリットがあって、僕たちにも肌に優しいというメリットがあるし最高です。 ちなみにせっけんで洗うとごわつくと思うかもしれませんが、そんなことはありません。 最終工程でお布団をふっくらと仕上げる工程があるので、 中はふっくら外はさっぱりとした感じに仕上げてもらえますよ。 ふとんの丸洗い専門店 最後におすすめする理由はふとんの丸洗い専門店というところです。 寝具は素材や中綿でそれぞれ違った特徴があります。 縮みやすいものだったり、傷みやすいものだったり様々です。 そこをしっかりと理解してくれている布団に特化したクリーニング店というのは実はそこまで多くなく、寝具業界の人間からしても安心できます。 「」ふとんの丸洗い専門なのでノウハウもかなりありますよ。 もし、クリーニングが難しいようなら事前に連絡をもらうことができますし、リスクも十分に理解できていますからね。 そういった意味でも個人的に布団の丸洗いに特化している専門店は個人的にはかなり安心感があります。 他のもののクリーニングの仕事を受けなくても食べていけているってことですし。 ここは意外と大事で、なんでも仕事なら引き受けているところよりもクリーニングの質に自信がある証拠みたいなもんです。 特にこの「」は 元々ふとん屋さんだったこともあり、布団に関するノウハウが豊富でかなり安心できますよ。 特にこのフレスコは全国の工場に 丸洗いのシステムや設備を他社に供給するぐらいのノウハウと実績があります。 ちなみにフレスコの布団丸洗いのシステムを導入している工場は全国で32工場、布団丸洗い専用の機械は147か所に導入されています。 さらにいうと、他の会社に布団のクリーニングを依頼しても実は「」の工場で洗っているということもありますよ。 そういった ノウハウや実績も含めて安心感があるのもおすすめできる理由です。 品質の安定感 品質の安定感という意味でも「」はおすすめできますよ。 これは人によっては賛否があるかもしれませんが、 フレスコの布団丸洗いは全て機械で行っています。 なんとなく職人が手作業で1枚1枚洗っているという方が良いイメージもあるかもしれませんが、実はこれにはデメリットもあります。 というのも、 職人の手作業の場合だと品質にムラが出てしまうんですよね。 例を挙げるなら、この道30年の職人が洗ったお布団なら安心できるかもしれませんが、入社3か月の新人の職人が洗ったとなると少し不安になりますよね? 下手したらあんまり汚れが落ちてなかったり、色落ちしてしまったりすれば最悪です。 そこで「」では だれが洗っても品質が安定するように機械洗いを導入しています。 機械洗いを導入することで、 全国のどこでクリーニングに出しても安定して質の高いクリーニングを受けることができます。 実際、僕が「」にクリーニングを出したときもふっくらと仕上がって返ってきましたしね。 いつ、どこに出しても品質が安定しているというのはおすすめできる理由になりますよ。 羽毛布団専用の洗浄プログラムがある 「」では独自の羽毛布団専用の洗浄プログラムがあります。 羽毛布団は生地も羽毛もダメージを受けやすく傷みやすいお布団です。 フレスコでは今までのノウハウを活かし、できる限りダメージを傷めないようにしっかりと漬け込み低速洗いをしています。 コインランドリーや洗濯機でガンガン回して洗うと生地へのダメージがハンパじゃないですよ。 生地がダメージを受けると羽毛が飛び出したりするので要注意です。 他のお布団と羽毛布団では素材の違いや加工の違いがあるので、他のお布団と同じ工程で洗うと逆効果だったりします。 そういった意味でも 布団の丸洗い専門店で、なおかつ羽毛布団専用の洗浄コースがある「」はおすすめできるかなり強いポイントですね。 しももとクリーニングでもおすすめポイントであげましたが、誰かのお布団と一緒に洗われるのはやっぱり抵抗がある人は多くいます。 ちなみにこの 完全個別洗いは無料なので、余計なオプション料金がかからないというのも嬉しいポイント。 人のお布団と一緒に洗われるのが嫌!という人は完全個別洗いの「」はおすすめできますよ。 銀イオン配合水で除菌・消臭効果 よく夏場の制汗スプレーにも入っているAgって知っていますか? 除菌・消臭効果のある成分ですね。 この除菌・消臭効果は他のクリーニング店ではオプションで別料金であることがほとんどです。 それがこの「」では無料でついているサービスというのはありがたいですよね。 余分な費用もかかりませんし。 今使っている羽毛布団の臭いが気になる・・・という人はこういった特別な薬剤やオプション料金のかからないクリコムをおすすめできるポイントですよ キャンペーン中で値段が半額 正直、ここが「」の1番おすすめする理由です。 それなりにしっかりとしたクリーニングのサービスで料金が半額というのはかなり強いおすすめする理由になります。 ただし、この半額キャンペーンはいつまで続けるかわかりませんし、半額キャンペーンが無くなったら順位が変わるかもです。 ただ2020年6月時点ではコスパを考えた場合、クリコムはかなりおすすめですよ。 お店によっては送料が別であったり、オプションがあったり、そもそも基本サービスが違っていたりと各社いろいろな違いがあります。 この記事ではざっくりとまとめてみただけなので、単純に比較するのも難しいと思います。 なので、今後は用途にあわせて比較ランキングでも作ってわかりやすく解説していきます。 他にも羽毛布団のクリーニングについて詳しく知りたいという人はという記事をご覧ください。 羽毛布団をクリーニングに出すメリットやデメリット、頻度や料金相場についてまとめているので参考になりますよ。

次の

ピュアクリーニングプレミアムの口コミ・評判を徹底評価【高品質が売り?】

ピュアクリーニング 羽毛布団

羽毛布団をクリーニングに出したいけど、持っていくのは面倒だ・・・ 羽毛布団も宅配でクリーニングができるみたいだけど、料金が気になる・・・ 羽毛布団の宅配クリーニングの料金の比較がしたいけど、自分で調べるのが面倒・・・ この記事ではこんなお悩みにお答えします。 睡眠環境・寝具指導士で寝具業界の営業のしーさんが解説します。 羽毛布団も暖かくなってきて使わなくなったら洗いたいという人は多くいます。 ただ、 羽毛布団って大きくかさばるので持ち込んだりするのは面倒ですよね。 そんな人には 羽毛布団の宅配クリーニングがおすすめです。 ただ、羽毛布団のクリーニングといっても いろんなお店があって料金の比較をするだけでも面倒です。 僕も羽毛布団をクリーニングに出すときに悩みましたしね。 なので、羽毛布団のクリーニングの料金の比較をまとめました。 できるだけ正確に比較しているつもりですが、料金が変わっていることもあります。 なので興味があるお店を見つけた場合、最後には自分で必ず確認をしてみてくださいね。 調べてても本当に比較しにくかったです。 ぱっと見では安くても送料が別だったり、オプションまで考えるとすごく高くなってしまったりします。 ひとつ注意して欲しいお店があって「サマリーポケット」というお店は基本的には保管サービスのお店です。 「サマリーポケット」では保管している間のオプションとして布団クリーニングがありますが、あくまでオプションなので保管料と送料は別でかかります。 目安としては保管料が月額300円が最低2か月分と送料の740円は最低でも必要になってくるので注意してくださいね。 この表をベースにおすすめも紹介しておきます。 寝具指導士がおすすめする羽毛布団クリーニング店 寝具指導士である僕が調べてみておすすめの宅配クリーニングのお店を紹介します。 僕ならここに出すといった感じで選んでみました。 僕が選ぶ時の基準は下の4点です。 このあたりを重視して選びました。 実際に僕が使ったことのあるところもあってレビューしているものは参考にしてみてください。 ちなみに 圧縮しないことは絶対条件で考えておいてもいいぐらいですよ。 圧縮すると羽毛が壊れる可能性やふくらみが元通りのふくらみに戻らない可能性があるので・・・ 業者は送料が安くなるので圧縮したがりますが、せっかくふかふかになったのに圧縮してしまえば効果は半減しますよ。 それでは僕が選ぶ3つのおすすめの宅配クリーニング店を紹介していきます。 【1位】しももとクリーニング 1位は。 圧倒的におすすめできるサービス内容ですね。 クリーニング内容、値段の両方に隙がない感じで文句なしにおすすめできるかなと。 ちなみに正直に書いておくと僕はまだ使ったことはありません。 ただ次にクリーニングをするときは確実に「」にお願いするつもりです。 そんなしももとクリーニングのおすすめのポイントは下の通り。 完全個別洗い 無料で個別洗いがついているクリーニング店はかなり少ないです。 オプションでさえ個別洗いがあるところは今回調べたところでは少なかったですし。 しかもオプションであるところでも安くても2000円近く値段が上がっちゃいますしね。 そんな個別洗いですが、これがめっちゃおすすめです。 だって他の人のお布団と一緒に洗われるってなんとなく嫌じゃないですか? どんな人が使ったお布団かわかりませんしね。 その点、「」では自分のお布団を単独で洗ってもらえるので、他の人と混ざることがありません。 これは 他のお店と比較してもかなり強いメリットです。 植物性100%の無添加せっけんを使用 植物性100%の無添加せっけんを使うことで肌に優しい仕上がりになります。 通常の洗剤の場合、刺激が強くて肌荒れの原因になったり、アトピーの人にはツラいこともあります。 ではそういった敏感肌の人のことも考えて植物性100%の無添加せっけんを採用しています。 それに洗剤と比べた場合に無添加せっけんだと地球環境にも優しいですしね。 自然に対してもメリットがあって、僕たちにも肌に優しいというメリットがあるし最高です。 ちなみにせっけんで洗うとごわつくと思うかもしれませんが、そんなことはありません。 最終工程でお布団をふっくらと仕上げる工程があるので、 中はふっくら外はさっぱりとした感じに仕上げてもらえますよ。 ふとんの丸洗い専門店 最後におすすめする理由はふとんの丸洗い専門店というところです。 寝具は素材や中綿でそれぞれ違った特徴があります。 縮みやすいものだったり、傷みやすいものだったり様々です。 そこをしっかりと理解してくれている布団に特化したクリーニング店というのは実はそこまで多くなく、寝具業界の人間からしても安心できます。 「」ふとんの丸洗い専門なのでノウハウもかなりありますよ。 もし、クリーニングが難しいようなら事前に連絡をもらうことができますし、リスクも十分に理解できていますからね。 そういった意味でも個人的に布団の丸洗いに特化している専門店は個人的にはかなり安心感があります。 他のもののクリーニングの仕事を受けなくても食べていけているってことですし。 ここは意外と大事で、なんでも仕事なら引き受けているところよりもクリーニングの質に自信がある証拠みたいなもんです。 特にこの「」は 元々ふとん屋さんだったこともあり、布団に関するノウハウが豊富でかなり安心できますよ。 特にこのフレスコは全国の工場に 丸洗いのシステムや設備を他社に供給するぐらいのノウハウと実績があります。 ちなみにフレスコの布団丸洗いのシステムを導入している工場は全国で32工場、布団丸洗い専用の機械は147か所に導入されています。 さらにいうと、他の会社に布団のクリーニングを依頼しても実は「」の工場で洗っているということもありますよ。 そういった ノウハウや実績も含めて安心感があるのもおすすめできる理由です。 品質の安定感 品質の安定感という意味でも「」はおすすめできますよ。 これは人によっては賛否があるかもしれませんが、 フレスコの布団丸洗いは全て機械で行っています。 なんとなく職人が手作業で1枚1枚洗っているという方が良いイメージもあるかもしれませんが、実はこれにはデメリットもあります。 というのも、 職人の手作業の場合だと品質にムラが出てしまうんですよね。 例を挙げるなら、この道30年の職人が洗ったお布団なら安心できるかもしれませんが、入社3か月の新人の職人が洗ったとなると少し不安になりますよね? 下手したらあんまり汚れが落ちてなかったり、色落ちしてしまったりすれば最悪です。 そこで「」では だれが洗っても品質が安定するように機械洗いを導入しています。 機械洗いを導入することで、 全国のどこでクリーニングに出しても安定して質の高いクリーニングを受けることができます。 実際、僕が「」にクリーニングを出したときもふっくらと仕上がって返ってきましたしね。 いつ、どこに出しても品質が安定しているというのはおすすめできる理由になりますよ。 羽毛布団専用の洗浄プログラムがある 「」では独自の羽毛布団専用の洗浄プログラムがあります。 羽毛布団は生地も羽毛もダメージを受けやすく傷みやすいお布団です。 フレスコでは今までのノウハウを活かし、できる限りダメージを傷めないようにしっかりと漬け込み低速洗いをしています。 コインランドリーや洗濯機でガンガン回して洗うと生地へのダメージがハンパじゃないですよ。 生地がダメージを受けると羽毛が飛び出したりするので要注意です。 他のお布団と羽毛布団では素材の違いや加工の違いがあるので、他のお布団と同じ工程で洗うと逆効果だったりします。 そういった意味でも 布団の丸洗い専門店で、なおかつ羽毛布団専用の洗浄コースがある「」はおすすめできるかなり強いポイントですね。 しももとクリーニングでもおすすめポイントであげましたが、誰かのお布団と一緒に洗われるのはやっぱり抵抗がある人は多くいます。 ちなみにこの 完全個別洗いは無料なので、余計なオプション料金がかからないというのも嬉しいポイント。 人のお布団と一緒に洗われるのが嫌!という人は完全個別洗いの「」はおすすめできますよ。 銀イオン配合水で除菌・消臭効果 よく夏場の制汗スプレーにも入っているAgって知っていますか? 除菌・消臭効果のある成分ですね。 この除菌・消臭効果は他のクリーニング店ではオプションで別料金であることがほとんどです。 それがこの「」では無料でついているサービスというのはありがたいですよね。 余分な費用もかかりませんし。 今使っている羽毛布団の臭いが気になる・・・という人はこういった特別な薬剤やオプション料金のかからないクリコムをおすすめできるポイントですよ キャンペーン中で値段が半額 正直、ここが「」の1番おすすめする理由です。 それなりにしっかりとしたクリーニングのサービスで料金が半額というのはかなり強いおすすめする理由になります。 ただし、この半額キャンペーンはいつまで続けるかわかりませんし、半額キャンペーンが無くなったら順位が変わるかもです。 ただ2020年6月時点ではコスパを考えた場合、クリコムはかなりおすすめですよ。 お店によっては送料が別であったり、オプションがあったり、そもそも基本サービスが違っていたりと各社いろいろな違いがあります。 この記事ではざっくりとまとめてみただけなので、単純に比較するのも難しいと思います。 なので、今後は用途にあわせて比較ランキングでも作ってわかりやすく解説していきます。 他にも羽毛布団のクリーニングについて詳しく知りたいという人はという記事をご覧ください。 羽毛布団をクリーニングに出すメリットやデメリット、頻度や料金相場についてまとめているので参考になりますよ。

次の

布団の水洗いクリーニング

ピュアクリーニング 羽毛布団

軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じること、ありませんか? 汗をため込まず、他の素材の布団よりも長持ちすると言われている羽毛布団ですが、きちんとお手入れしなければその効果も半減してしまいます。 けど、布団のお手入れって、干す以外に何ができるの?なんて思いますよね。 そんな皆さんに朗報です。 実は、羽毛布団は水洗いすることができるのです! しかも、クリーニングに出すのではなく、自分で洗濯できてしまいます。 自宅で洗う方法もありますが、浴槽での踏み洗いはかなりの重労働。 さらには生乾きの心配もあります。 そこで、今回は、クリーニングに出すより 安く、自宅で洗うより 簡単に 綺麗に洗濯できる、 コインランドリーで羽毛布団を洗濯する方法を詳しくお伝えしていきます! 外側の布が洗濯できる素材かチェック 基本的には、洗濯表示に従えば安心です。 しかし、絶対に失敗したくない羽毛布団の洗濯をする際には、念には念を入れて、羽毛を包んでいる布の素材も確認しておきましょう。 布に、 シルクや ウールが使用されている場合は洗濯できません。 キルティング加工されているかチェック 布団の裏表が縫い合わさっている形(キルティング加工されている)であれば洗濯して大丈夫です。 しかし、キルティング加工されていない布団の洗濯はやめておきましょう。 洗濯中に羽毛が寄ってしまうので、自分で洗濯するには向いていないのです。 コインランドリーの所要時間と費用 はじめてコインランドリーを利用する場合。 「時間はどのくらいかかるの?」 「持っていくべきお金は?」 など、分からないことがたくさんありますよね。 羽毛布団を洗う際の所要時間と費用を事前にチェックして、待っている間に持参する本やアイテム、両替機が使えない(両替機がない)場合に備えた小銭の用意をしておきましょう。 洗濯の場合 羽毛布団の洗濯をコインランドリーで行う場合。 羽毛布団のサイズがシングルサイズか、ダブルサイズかによっても料金や時間が変わります。 近場のコインランドリーに、目的サイズの洗濯機が設置されているかどうか、事前に調べておくようにしましょう。 洗濯機は、洗う羽毛布団に合わせたサイズを選ぶ必要があります。 15キロ程度の場合は、相場が 600円~1000円 25キロ程度の場合は、相場が 1. 000円~1. 400円程度 に設定されているコインランドリーが多いでしょう。 この費用とは別に、羽毛布団の洗濯に適した洗剤、柔軟剤が必要になります。 おすすめの洗剤、柔軟剤はこの後ご紹介しますので、出かける前に準備しておきましょう! 時間の目安は、容量に関係なく 30分程度で終わる場合がほとんどです。 乾燥の場合 洗濯が終わったら、羽毛布団を乾燥機でしっかり乾かしてあげましょう。 自宅で乾かすよりも、乾燥機を利用した方が中までしっかり乾き、ふわふわの仕上がりになります。 衛生的にも、寝心地的にも、乾燥器を使うのがおすすめです! 乾燥機は洗濯機と違い、分単位で金額が設定されています。 詰める量の目安は、洗濯機のドラムに入れた時に 9割程度埋まるイメージです。 布団に対して容量が大きいドラムの洗濯機で洗濯をすると、空いたスペースができてしまい、 ふとした拍子に布団が空回りして洗濯機が止まってしまう場合があります。 それだけでなく、羽毛布団に負担がかかって破れてしまう可能性もあるので、注意してくださいね! そして、いちばん気をつけていただきたいのは、 一度に洗うのは同じ種類のものだけにするということです。 例えば、9割くらいにしたいからと言って、羽毛布団と毛布を一緒に洗う、というのは避けてください。 水を含んだ羽毛布団と水を含んだ毛布、だと重さが全然違いますよね。 羽毛布団が潰されてしまったりするのです・・・! また、同時にカバーを洗濯したいということもあると思います。 そんな時には、コインランドリーの 奥と手前に分けて、カバーと布団を入れるのがよいです。 上下に重ねると、回転した時に偏りができ、洗濯槽が止まってしまうことがあります。 使う洗剤は、 おしゃれ着用の中性洗剤がよいでしょう。 普段使う弱アルカリ性の洗剤では、羽毛を痛めてしまいます。 また、洗剤のほかに 重曹をプラスすると、消臭効果があるのでおすすめですよ。 あとはコインランドリーを動かして、終わるのを待つだけです。 時間を無駄にしないよう、この待ち時間をどう過ごすかを考えておくと良いかもしれません。 羽毛布団をコインランドリーで乾燥させる方法 洗濯が終われば、次は乾燥です。 羽毛布団の乾燥には、時間がかかるので、乾燥にもコインランドリーを使うのがおすすめです。 生乾きになることも避けられますし、布団の中に潜んでいるダニを死滅させることもできるので、使わない手はないですよね! 乾燥前にしてほしいこと 乾燥前に、1度洗濯した 布団に空気を入れる作業をしてみましょう。 布団の生地を表裏からひっぱり、布団の中に空気が入るようにすると、 ふんわりと仕上がるのです。 キルティング加工のある布団の場合、縫い目ごとに空気を入れていく必要があるため、少し時間のかかる作業となってしまいます。 ただ、乾燥後に布団の厚みがなくなった…と残念な気持ちにならないためにも、この作業は飛ばさずに、根気強くおこなってください。 乾燥機に入れる時に気を付けること 布団は 縦に2つ折りし、ドラムに沿わせるようにしてキレイに入れましょう。 洗濯する時と違って、乾燥の時は、コインランドリーに詰める量の 目安は3割です。 例えば、一つの洗濯機で同時に3枚の布団を洗濯した場合、同じサイズの乾燥機なら1枚乾燥するのが良いということになります。 紐で布団を結んだ場合には、 乾燥させる前に紐を切っておきましょう。 紐で結ばれた部分が、乾燥しにくくなってしまいます。 さらにふんわり仕上げるには、乾燥の時に 柔軟剤を入れることもおすすめします。 コインランドリーの時は、液体の柔軟剤ではなく、 柔軟シートを使います。 ふんわり仕上がるうえに、静電気防止にもつながります。 乾燥機には、こちらを入れましょう。 ボタニカルな香りです。 乾燥機以外にも、タンスやクローゼットに服と一緒に入れておくとタンス独特のにおいがお洋服についてしまうのを防ぐことができますよ。 乾燥中にすること 時間の目安は、1 枚60分ほどです。 乾燥中に開けられるコインランドリーの場合、時々あけて、布団を広げたり、ひっくり返すようにしましょう。 こうすることで、生乾きになることを避けることができます。 また、乾燥中に テニスボールを入れるのもおすすめです。 「たたき」の効果により、布団がふわふわになると同時に、ダニの死骸や糞も取り除くことができます。 乾燥が終わってからすること ふっくらと乾燥できた羽毛布団。 今すぐに布団にくるまりたい!と思うかもしれませんが、実は乾燥後にも欠かせないステップがあるのです。 というのも、熱にも湿気が含まれています。 乾燥機から出したホカホカの布団は、冷めていくと同時に、布団の内部で湿気が発生してしまいます。 この湿気を飛ばさずに置いておくとカビが発生してしまい、洗濯した意味がなくなってしまいます。 風通しのいいところで、湿気を取りつつ、冷ませば完了。 しかし、家庭で羽毛布団を洗うのは、とても面倒です。 特に、 羽毛布団を乾かすのに2日程度かかるため、天気予報を確認し忘れると大変です。 確かに、仕事で忙しい方は自分で洗うのではなく、クリーニングに依頼する選択をされる方もいます。 羽毛布団をクリーニングに出すメリットとデメリットにはどんなことがあるのか?簡単にご説明します。 メリット ・洗濯する手間がかからない ・プロの仕上がりで失敗も少ない ・宅配クリーニングの場合、長期間保管してくれるサービスもある デメリット ・自宅やコインランドリーで洗濯する際よりもお金がかかる ・クリーニングに出してから返却されてくるのに時間がかかる ・店頭でも宅配でも、受取時に時間や手間がかかる なお、コインランドリーで羽毛布団を洗濯する場合は2,000円あればお釣りがきます。 一方、クリーニングに出すと、1枚につき3,500〜5,500円かかるので、家族分の羽毛布団を洗濯するとなると 結構な出費になりますね。 「時間をお金で買う!」という方には、クリーニングに出すのを選ぶのも良いのではと思います。 まとめ コインランドリーで羽毛布団を洗濯する方法、意外と簡単でしたよね?.

次の