ヒルドイド 市販薬。 ヒルドイドは市販で買えるの?ヘパリン類似物質が配合された市販薬を活用しよう

ヒルドイドの入手方法と代わりの市販薬を紹介

ヒルドイド 市販薬

ヒルドイド市販はドラッグストア(薬局)で普通に販売されています。 ただし、ヒルドイドという名前では販売されていません。 違う名前で販売されています。 HPクリーム、HPローション• ピアソンHPクリーム、ローション• アットノン ヒルドイド市販は 保湿効果をうたった商品がほとんどですが、アットノンは 傷痕をキレイにする効果を強調した塗り薬です。 メーカーのホームページによると、アットノンは毎年100万個以上売れているそうで、評判も良好のようです。 また、ネット上ではアットノンについてこのような書き込みもあります。 リスカ(リストカット)の痕が消えた!• シミが消えた!• 顔のニキビ痕が消えた! 本家ヒルドイドを解説した後、アットノンとケロイド、肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)、ニキビ痕の関係について解説します。 ヒルドイドの効果(作用) ヒルドイドには3つの効果があります。 保湿効果• 血行促進効果• 傷痕をキレイにする効果 (ケロイド除去など) 1. 『』 ヒルドイドは アンチエイジングクリームや 化粧水としてネット上では紹介されています。 それは 保湿作用があるためでしょう。 保湿作用とは、肌の角質層の水分が逃げるのを抑える作用のことで、保湿作用は肌の バリア機能を改善します。 血行促進効果 血をサラサラにしそうですが、あくまで表面の血流を改善する効果です。 この効果を利用して、ヒルドイドはしもやけ治療にも使われています。 傷痕をキレイにする効果 ヒルドイドは、 ケロイドや 肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)と呼ばれる、盛り上がった傷痕をうすくする効果があります。 アットノンはケロイドや肥厚性瘢痕に効く? アットノンの効果は守備範囲が広いです。 傷・やけどの跡の皮膚のしこり・つっぱり(顔面を除く)• 肘・膝・かかと・くるぶしの角化症• 手指の荒れ、手足のひび・あかぎれ• 乾皮症• 小児の乾燥性皮膚• しもやけ(ただれを除く)• 打身・ねんざ後のはれ• 筋肉痛・関節痛 出典:小林製薬HP アットノンはこのような傷痕に効果があります。 アットノンを塗ることで、傷痕が目立たなくなり、傷痕が残らないようにするのです。 また、表向きにはケロイドと肥厚性瘢痕への効果については何も語られていませんが、アットノンはヒルドイドと同じ成分を同用量含んでいるため、同じような効果があると考えられます。 アットノンでリスカ(リストカット)の痕が消えた!• アットノンでシミが消えた!• 顔のニキビ痕が消えた! (ネット上では)アットノンはあらゆる跡を消す万能薬のように語られていますが、かなり疑問です。 アットノン以外の要因(自然治癒?)で傷痕が消えたのではないでしょうか。 ただ、ケロイド体質の方は、ニキビをかいて傷ができ、ケロイド状になる場合があります。 ニキビ由来のケロイド状の痕であるなら、アットノンは効果があるかもしれません。 『』 アットノンの使い方 1日1~数回、適量を患部にすり込むというのが、アットノンの基本的な使い方です。 ただし、アットノンを塗ってはいけない状態があります。 かさぶたや、かさぶたができている途中のところ• 傷がジュクジュクしているところ• 傷が治りきっていないところ (出血しているところ) アットノンは傷・かさぶたには使えません。 傷にアットノンを塗ると、血行改善効果が働いて出血が長引く可能性があります。 純粋な傷にはが有効です。 『』 アットノンは傷が治って新しい皮膚ができたところに使う塗り薬です。 メーカーによると、傷痕になってから1. 2年経過した傷痕にも効果があるそうです。 4種類のアットノンの違い アットノンといえば アットノンジェルが有名ですが、ローションとコンシーラーが2016年に新発売になり、ジェル、クリームと合わせてアットノンは4種類になりました。 どの種類のアットノンを使っても 効果は同等ですので、好みのアットノンが使えます。 アットノンジェル ジェルのアルコール由来の臭いが少しありますが、迷ったらアットノンジェルです。 塗り心地がさっぱりしているため、あらゆる傷痕に使用しやすいからです。 ただし、塗ったあとはしっかりのばさないと、塗ったところがテカります。 アットノンクリーム アットノンクリームは白色のクリームで、塗り心地がしっとりしていてベタベタしません。 ただ、傷痕にわざわざクリームを選ぶ理由はない気がします。 『』 アットノンローション アットノンローションは、よくわからないアットノン系塗り薬です。 なぜ、傷痕にローションなのでしょうか?他のヒルドイド市販をおすすめします。 『』 アットノンコンシーラー コンシーラーとは珍しい剤形ですが、女性なら想像がつくと思います。 アットノンコンシーラーは肌色のクリームで、傷痕の色を目立たなくカバーしてくれます。 傷痕を隠しながら治したいという方には、アットノンコンシーラーをおすすめします。

次の

【価格比較】ヒルドイドの主成分「ヘパリン」を含む市販薬・類似物質おすすめ10選

ヒルドイド 市販薬

ヒルドイドの市販は、で普通に販売されています。 ただし、ヒルドイドという名前では販売されていません。 違う名前で販売されています。 へパソフト• ピアソン• HPローション(クリーム)• ヒルドイドはヘパリン類似物質 0. 3%を主成分にしているため、ヒルドイド市販もそれに合わせた 濃度を採用しているモノが多いです。 しかし、ヒルドイドとジェネリックのビーソフテンが塗り心地が違うのと同じように、 ヒルドイド市販とヒルドイドも塗り心地が違います。 そこで、同濃度のヘパリン類似物質を含み、添加物がヒルドイド(ビーソフテン、ヘパリン類似物質)に近い市販を おすすめとして紹介します。 ヒルドイドの効果 ヒルドイド市販を紹介をする前に、ヒルドイドの効果を簡単に解説します。 保湿効果 は アンチエイジングクリームや化粧水の代わりに使えるとしてネットで話題です。 その理由は 保湿効果があるためでしょう。 保湿効果とは、肌の角質層の水分が逃げるのを抑える作用のことで、肌の バリア機能を改善します。 『』 血行促進効果 血をサラサラにしそうな効果の名前ですが、あくまで表面(表皮あたり)の 血流を改善する効果です。 この効果を利用して、ヒルドイドは しもやけ治療に応用されています。 『』 傷痕をきれいにする効果 ヒルドイドは ケロイドや 肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)と呼ばれる、盛り上がった傷痕を治す効果があります。 傷痕治療に特化した市販にアットノンがあります。 『』 ヒルドイド市販とヒルドイドの効果の違い ヒルドイドと(ヘパリン類似物質)の効果は 同等ですが、 ヒルドイド市販とヒルドイドは効果比較試験がされていないため 不明です。 種類 効果 副作用 添加物 ヒルドイド 同等 違う 違う ビーソフテン ヘパリン類似物質 ヒルドイド市販 不明 『』 今回紹介するヒルドイド市販は、主成分が 0. ヒルドイドローション代わりの市販 のような 乳液タイプのヒルドイド市販に、 へパソフトローションがあります。 しかし、ヘパソフトローションは医薬品ではなく 医薬部外品です。 そのため、ヒルドイドと同じ0. ヒルドイドローションの代わりとしておすすめできる市販は見つかりませんでした。 『』 ビーソフテンローション代わりの市販 HPローション には ほぼ同じ添加物を使ったがあります。 それは です。 添加物とは、塗り薬の主成分を溶かしこむベースのことで、広い意味で 基剤と呼ばれます。 『』 HPローションの添加物 <HPローションとビーソフテンローションの添加物比較> HPローション ビーソフテンローション パラベン パラオキシ安息香酸メチル パラオキシ安息香酸プロピル カルボキシビニルポリマー ヒプロメロース ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール 1,3-ブチレングリコール グリセリン トリエタノールアミン パラオキシ安息香酸エステル(パラオキシ安息香酸メチル、パラオキシ安息香酸プロピルなど)を総称して パラベンといいます。 HPローションの添加物 パラベンの詳細は不明ですが、 HPローションはビーソフテンローションとほぼ同じ添加物を使っているため、近い塗り心地と推測できます。 ビーソフテンローション市販は HPローションをおすすめします。 『』 HPローションの効果 HPローションは1日1~数回患部にすりこみます。 HPローションの主な効果は次の3種類です。 (ビーソフテンと同じ)• 保湿効果• 血行促進効果• 傷痕をきれいにする効果 『』 HPローションの効能・効果• 手指の荒れ• ひじ・ひざ・かかと・くるぶしの角化症• 手足のひび・あかぎれ• 乾皮症• 小児の乾燥性皮ふ• しもやけ(ただれを除く)• きず・やけどあとの皮ふのしこり・つっぱり(顔面を除く)• 打身・ねんざ後のはれ・筋肉痛・関節痛 HPローションの説明書 HPローションの添付文書 HPローションに限ったことではないのですが、ヒルドイド市販の説明書には次のような一文が入っています。 5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この説明文書を持って医師、又は登録販売者に相談してください。 ヒルドイド市販の説明書 ヒルドイドも含めて5~6日間ではヘパリン類似物質の効果を実感できません。 ヒルドイド市販特有の注意書きなのでしょうが、せめて1カ月として欲しいところです。 HPクリームもヒルドイド市販のおすすめ? HPローションは HPシリーズのひとつで、他には HPクリームもあります。 HPクリームはの市販もしくはヒルドイドクリームの市販として販売されているのだと思います。 その詳細が気になるのでHPクリームのメーカーに確認すると 「HPクリームはヒルドイドクリームの塗り心地に近く、クリームの割にはさっぱりした塗り心地」という回答を得ました。 しかし、ヒルドイドクリームとHPクリームの添加物はかなり 違うため、塗り心地も違うと推測できます。 HPクリームの添加物 トリイソオクタン酸グリセリン、オレフィンオリゴマー、ジメチルポリシロキサン、セトステアリルアルコール、ステアリン酸グリセリン、ステアリン酸ポリオキシル、パラベン、グリセリン、ケイ酸アルミニウムマグネシウム、マクロゴール、D-ソルビトール、エデト酸ナトリウム、エタノール HPクリームの説明書 ヒルドイドクリームの添加物 グリセリン、ステアリン酸、水酸化カリウム、白色ワセリン、ラノリンアルコール、セトステアリルアルコール、セトステアリルアルコール・セトステアリル硫酸ナトリウム混合物、ミリスチルアルコール、チモール、パラオキシ安息香酸メチル、パラオキシ安息香酸プロピル、イソプロパノール ヒルドイドクリームの添付文書 ヒルドイド市販のおすすめ ネクストクリームは販売終了 過去にネクストクリームをおすすめのヒルドイド市販としていましたが、 ネクストクリームは製造が終了しました。 類似商品に ネクストクリーム24がありますがです。 ご注意を。

次の

ヒルドイドは市販で買えるの?ヘパリン類似物質が配合された市販薬を活用しよう

ヒルドイド 市販薬

ヒルドイドとは ヒルドイドは有名な保湿剤です。 ヒルドイドにはヘパリン類似物質という成分が含まれており、肌の血行促進作用、肌に水分を閉じ込める作用があります。 ヒルドイドの成分 ヒルドイドの成分をヒルドイドクリームを例にして紹介します。 【基本成分】 ・ヘパリン類似物質(1g中3mg) 【添加物】 ・グリセリン ・ステアリン酸 ・水酸化カリウム ・白色ワセリン ・ラノリンアルコール ・セトステアリルアルコール ・セトステアリル硫酸ナトリウム混合物 ・ミリスチルアルコール ・パラオキシ安息香酸メチル ・パラオキシ安息香酸プロピル ・イソプロパノール ヒルドイドにはヘパリン類似物質以外にも添加物が含まれています。 ヘパリン類似物質を適切に活用するためには、油剤、界面活性剤、防腐剤などの添加物がある程度は必要です。 皮膚を覆って保湿するための油剤、皮膚に成分を浸透させるための界面活性剤、保存期間をのばすための防腐剤があってこそ適切に作用するのです。 ヒルドイドの種類 ヒルドイドは3種類あります。 ヒルドイドクリーム• ヒルドイドソフト軟膏• ヒルドイドローション 以前まで私がよく使っていたのはクリームとローションです。 3種類とも1g中に3mgのヘパリン類似物質が含まれています。 ヒルドイドの保湿のしくみ ヒルドイドの有効成分であるヘパリン類似物質は水分子を引き寄せて保持することで、皮膚に水分を取り込みます。 ヘパリン類似物質で水分を取り込むと同時に、基剤(軟膏剤、クリーム剤、ローション剤)によって皮膚を覆い、水分が皮膚外に逃げないようにします。 そして、ヒルドイドで繰り返し保湿することによって天然保湿因子が増加し角質細胞が修復されます。 その結果、皮膚のバリア機能が回復し、正常で健康な肌へとなっていきます。 ヒルドイドの入手方法 ヒルドイドはネット通販やドラッグストアで入手できません。 ヒルドイドの入手方法は以下のとおり。 皮膚科を受診する• 海外から輸入する ヒルドイドは医薬品なので簡単には入手できません。 皮膚科を受診する ヒルドイドの入手方法は皮膚科を受診することです。 ヒルドイドは医薬品なので入手には医師の処方箋が必要であり、ネット通販やドラッグストアでは手に入りません。 皮膚科を予約• 皮膚科を受診• 医師の診察• 処方箋の受け取り• 薬局でヒルドイドを受け取る ヒルドイドを正規ルートで入手しようと思ったら手間がかかります。 海外から輸入する ヒルドイドの入手方法は海外から輸入することです。 個人輸入を代行してくれるサイトでは、海外版のヒルドイドを購入できます。 ネットで調べてみると、個人輸入を代行してくれるサイトはいくつかあり、アメリカ、香港、シンガポールなどの外国からヒルドイドを購入できます。 ただ、海外版のヒルドイドなので、名称は少し異なりますし、日本の医薬品とは微妙に違う印象を受けます。 さらに、海外から輸入する場合、保険が使えないので結構な金額になります。 海外版のヒルドイドは1本が2000円くらいです。 個人的には海外版のヒルドイドを買うくらいなら、代わりの市販薬を買ったほうがいいと思います。 個人的におすすめだと思います。 ピアソンHPクリームとは ピアソンHPクリームは新新薬品工業株式会社の商品です。 ヘパリン類似物質を1g中3mg配合しており、成分はヒルドイドクリームとほぼ同じです(添加物は異なります) 市販されているのでAmazonや楽天から購入することができます。 市販薬ということがピアソンHPクリームの強みでありヒルドイドにはないメリットです。 ヒルドイドとピアソンHPの違い ヒルドイドとピアソンHPの違いは以下のとおり。 ヒルドイド ピアソンHP ・医薬品 ・保険適用だから安価 ・皮膚科受診が必要で入手に手間がかかる ・医薬部外品 ・ヒルドイドより高価 ・ネット通販やドラッグストアで手に入る ヒルドイドとピアソンHPクリームはヘパリン類似物質の分量は同じなので保湿効果は変わりません。 しかし、ヒルドイドとピアソンHPクリームでは添加物が異なります。 詳しくはをご覧ください(記事の中盤で成分比較を示しています) 私は以前までヒルドイドを使っていましたが、今ではピアソンHPクリームを使っています。 ピアソンHPクリームを使った感想は「ヒルドイドと変わらない」です。 むしろ、ピアソンHPクリームは市販されている分、ヒルドイドより使いやすいと思います。 私が使っているのはピアソンHP 現在、私はピアソンHPクリームを保湿剤として使っています。 以前まではヒルドイドを使用していたのですが、皮膚科の受診が面倒になってきたので、市販のヘパリン類似物質を含む保湿剤に乗り換えています。 ピアソンHPクリームはネットで見つけました。 なんとなくで買ったピアソンHPが良い商品だったのでリピートしている感じです。 他のヘパリン類似物質を含む市販薬は詳しく知りません。 もしかしたら、他の商品のほうが良質かもしれません。 また、ピアソンHPは私には合いましたが、合わない人はもちろんいるでしょう。 化粧品はあくまで自己責任でお願いします。 ヒルドイドを美容目的で処方してもらうのはNG ヒルドイドで問題となっているのが、ヒルドイドを美容目的で手に入れることです。 健康保険を美容目的で利用するのはよくありません。 美容の保湿剤としてヒルドイドを使いたい人たちが、皮膚疾患を抱えているわけでもないのに、皮膚科を受診してヒルドイドを処方してもらうことで健康保険は圧迫されます。 健康保険が圧迫され財源に困ると、国は患者の保険料負担を増やすかもしれません。 もしそうなった場合、皮膚疾患で困っている方々の負担が増えてしまいます。 ヒルドイドの処方だけでどれだけの影響があるかはわかりませんが、美容目的での健康保険利用がないに越したことはありません。 まとめ ヒルドイドをの入手方法は皮膚科受診か海外輸入です。 皮膚科を受診してヒルドイドを入手するには手間がかかります。 海外から輸入してヒルドイドを入手するにはお金がかかります。 私がおすすめするのはヒルドイドの代わりの市販薬を利用することです。 関連記事: ヒルドイドの代わりの市販薬を利用すれば、手間はかかりませんし、お金もそれほどかかりません。 私はヒルドイドを卒業してからは市販薬に頼り切っています。

次の