緑魔子。 緑魔子の現在の活動は?夫は石橋蓮司で娘がいる?画像・動画あり!

グリーン・レクイエム

緑魔子

来歴 [ ]• の で出生し で生育するも、生家はに恵まれずに自から中学生のでアルバイトをしながら高校で学び 、卒業後に上京 する。 全日本で優勝するなどに優れて 「へ進学してを活かす仕事に就きたかったが、経済的理由でかなわなかった」 と語る。 やのなどを経て、女優を目指して 本名でNHK演技研究所に在籍 後、として6か月の研修期間を終えてテレビ部に在籍 する。 俳優がユニット出演 する『』を監督するがを探すためへ立ち寄った際、ディレクターの机上で緑の写真を見定めて「求めるイメージに近い」としてカメラテストで主演に抜擢 する。 との共演 にが「緑は未だ演技が素人同然」と杞憂する も、先輩俳優の芝居を熱心に学び得た独自の演技力 と撮影担当者が「前を隠せ」とを投げる ほど大胆にを披露して大ヒット する。 は岡田茂が 「映画の配役イメージと"緑という新鮮な色の魔性を秘めた女"」を意味して命名 するも、「本名が平凡なのでこの芸名には驚いた」 「そのまま本名で出ていたら、全然違った女優になっていたかもしれない」 と語る。 に『二匹の牝犬』で初主演デビュー すると強烈な個性 で同年の新人賞を受賞 する。 やが主演するのとと緑が主演するの『』の二本立ては興行成績が良く 、渡邊監督は評価して好意する も、に『夜の青春シリーズ』の『かも』で共演するとに入籍 する。 の専属女優として27作品のに出演 するが「私はやなどのが大好き でも、『夜の青春シリーズ』みたいな映画ばかりやらされて我慢が限界」に至り 、「私はこういうのやりたくないです」と岡田に訴えて「そんなことじゃ映画界ではやっていけないから、東映を出ての切符売りにでも何でもなっちまえ」と叱咤されるも「いいです切符売りになります」と返答してに東映をされる。 当時"第二のマコ"とも評されたが順調に成長しており、緑の役目は既に終わったと見られていた。 岡田の東映が制作するプログラムピクチャーは「儲けるためなら芸術性も娯楽性も平然と犠牲にする製作方針で、脱ぐ必要も無いのに、ただもうやたらに脱がせれば良いという卑しさと次元の低さに失望した」と批判する。 実際のとの契約状況は、1967年4月から1969年3月まで 、スケジュールさえ折り合えば他社出演を許すという条件付き専属女優として契約を結んでいた。 前記のような理由から二年の間、東映でまともな企画は与えられず、その二年間の東映出演は脇役が2、3本であった。 ところが他社、テレビからは、演技力が確かで、ユニークなムードを持ち、納得すれば全裸になることも辞さないなどと評され、引っ張りだこで 、出演オファーが殺到した。 以後、が監督する『大悪党』、の主演でする監督『カモとねぎ』、が監督する『』、が主演する『』、が監督する『』、に『』 、など著名なの作品で著名な俳優らと共演し、自身曰く「人生の充実期」 を迎える。 にと共に劇団「」を設立し、石橋が演出するやの作品を、使用を止めた建物を改造した劇場で主演 してのスターとして活躍すると、映画出演は数年に一作品 になる。 長い同棲生活を経て一人娘の小学校進学を機に1979年に石橋と入籍 するも、に別居するが不仲ではない と離婚は否定している。 人物 [ ]• 華奢な肢体に大粒な瞳の身体が放つ独特な小悪魔的に甘い声と存在感 でからにかけて個性的な役柄を多く演じ、「小悪魔路線」のと共に人気を博する。 「現代の愛の不毛を表現できる女優は彼女以外にはいない」とが評価 する、「虚ろな表情と倦怠的な雰囲気」は70年代に流行する若者気質の先取 としてやら「無気力演技派女優」のルーツ とも評される。 出演作品 [ ] テレビドラマ [ ]• (1964年、)• (1965年、)• 第11話「先輩後輩」(1966年、TBS)• 第12話「おせっかいはやめて」(1966年、NET)• (1967年、TBS)• 第4話「離婚代理人」(1967年、TBS)• 第14話「拳銃のバラード」(1968年、)• 第40話「陽気な新参者」〜第42話「江戸っ娘 繁昌記」(1968年、) - おゆき• 第196話「花嫁の夫は死人」(1969年)• 第200話「殺人者に明日はない」(1969年)• 第208話「逃亡のアムステルダム」(1969年)• 第256話「アムステルダム空港の女」(1970年)• 第261話「モロッコの真赤な太陽」(1970年)• 第274話「妻の浮気は死を招く」(1970年)• 第279話「未亡人に招かれた男」(1970年) - 斉田ユキ• 第281話「団地奥さんヌードの悲劇」(1970年)• 第295話「女の出世は結婚サ! 」(1971年)• 第312話「女と男のズッコケ自動車レース」(1971年)• 第317話「恋人を殺して姉弟心中」(1971年)• 第337話「奥さんがよろめく時殺人が起る」(1971年)• 第339話「追い出された花嫁は復讐する」(1971年) - 川辺ユキ• 第344話「煙突の上で無理心中したヌードの美女」(1971年)• (1969年、TBS) - ユキ子• (1969年、) - 一條マコ• 第1・第2シリーズ(1971年 - 1973年、NTV) - 千代菊• 第2シーズン 第4話「地獄を嗤う日光路」(1972年、) - お鶴• 第12話「傷だらけの美女が告白する」(1972年、TBS)• 第19話「魔性の女に男が哭く」(1973年、KTV)• 第4話「仮面の墓場」(1973年、CX) - 聖ヨーコ• 第1部 第18話「首斬り朝右衛門」(1973年、NTV) - 外山真弓• 第47話「ひぐらし」(1973年、NHK) - およう• 第119話「大江戸残酷秘話」(1973年、12ch) - お雪• (1973年、TBS)• 第13話「生活大破滅」(1974年、) - みすず• 第23話「意地豆腐」(1974年、CX) - おすぎ• 第53話「ストッキングをかぶった男」(1974年、TBS) - 藤堂律子• 第2シーズン 第17話「遊女狂乱」(1974年、NET) - おふじ• (1974年、TBS)• 第2話「悪女にトラック一杯の幸せを」(1974年、NTV) - 柴田ケイコ• TBS• 第11話「二人の妻を持つ夫」(1974年)• 第52話「哀しみの蒸気機関車はふるさとを走る!! 」(1975年) - 大木晴美• 第82話「裏切りの烙印に賭ける!! 」(1976年)• 第10話「一殺多生剣」(1974年、KTV) - お松• 第41話「全員! 覗き盗聴開始! 」(1975年、TBS)• 第7話「闇奉行はよか男」(1975年、NTV) - お亀• 第31話「お吉 火事場くどき」(1975年、) - お吉• 第17話「二つ枕の殺し節」(1975年、) - 千勢• 第26話「壊滅! 恩讐の里」(1975年、NTV) - 小夜• (TBS)• 第23話「車椅子の女刑事」(1975年) - 影山和子• 第29話「死刑結婚式」(1975年) - 飯島かよ• 第64話「逃亡刑事」(1976年) - 折原道代• 第117話「日本降伏32年目の殺人」(1977年) - 江上トシ子• 第125話「ウソ発見器」(1977年) - 西沢昌枝• 第13話「新宿マリーの恨み節」(1975年、CX) - マリ子(赤毛のマリー)• (1976年、NTV)• 第19話「呪いのわら人形」(1976年、KTV) - こま• 第28話「妖刀無用」(1977年、ABC) - 登勢• 第6話「警視とモンマルトルの女」(1978年、ABC)• 第8話「必死の追走」(1978年、NTV) - 片桐ゆう子• 第13話「復讐に燃えた女」(1978年、CX) - おとき• 第18話「バッタ女王・消えた幻の湖」(1979年、NTV) - バッタ女王• 第5話「運が悪けりゃ女にモテる」(1979年、NTV) - 竜吉礼子• 第73話「東京-八丈島 子を捨てた母の謎」(1979年、TBS)• 第56話「父ちゃんからの手紙」(1979年、TBS)• 第115話「チリアーノを歌う悪女! 」(1979年、) - 城信子• 第1話「聖女が街にやってきた」(1979年、NTV) - 西南女学園シスター・小村冬子• 第25話「ひと恋い橋」(1980年、CX) - およう• (1980年、CX)• 第1話「初めまして事件です」(1981年、CX)• 第7話「悪魔のソナタ」(1981年、NTV)• シリーズ(1981年、NHK) - アサ子• 夏少女ウメ子 女の子にだって、夏の冒険はある(2001年、)• 第11話「魔女がアタシを」(2008年、) - 大山タエ• 最終話(2012年、) - 浜西タツ• (1964年、)• くノ一化粧(1964年、東映)• 暗黒街大通り(1964年、東映)• 東京アンタッチャブル 売春地下組織(1964年、東映)• 悪女(1964年、東映)• 廓育ち(1964年、東映)• 牝(1964年、東映)-つや子• (1965年、東映)• (1965年、東映)• いろ(1965年、東映)• かも(1965年、東映)• (1965年、東映)• (1966年、東映)• (1966年、東映)• 夜の悪女(1965年、東映)• (1966年、東映)• (1966年、東映)• 男なんてなにさ(1967年、東映)• (1967年、東映)• (1967年、東映) - 玉枝• (1968年、東映) - 露口杏子• 大悪党(1968年、)• カモとねぎ(1968年、)• (1968年、)• (1968年、大映)• (1968年、松竹)• 日本ゲリラ時代(1968年、松竹)• (1969年、東宝)• (1969年、大映)• (1969年、松竹)• (1969年、東宝)• 白昼の襲撃(1970年、東宝)• (1970年、東宝)• (1971年、松竹)• (1971年、東プロダクション)• (1971年、東宝)• (1971年、)• 喜劇 女は男のふるさとヨ(1971年、松竹)• (1972年、松竹)• (1973年、青林舎)• (1973年、松竹)• 鬼の半蔵やわ肌小判(1974年、東宝)• (1974年、東宝)• (1974年、東映)• (1975年、東映)• (1975年、東宝)• (1977年、)• (1977年、ATG)• (1977年、スタンス・カンパニー)• (1977年、ATG)• (1978年、ワールドシネ&ビデオ)• (1982年、東映)• (1987年、松竹)• (2006年、)• (2011年、)• (2017年、The STAR SAND Team) 舞台 [ ]• (1969年、自由劇場 作・演出:)• (1972年、 作・演出:佐藤信)• 盲導犬(1973年、櫻社 作: 演出:)• (1976年、 作:唐十郎 演出:佐藤信)• (1978年、 作・演出:)• 秘密の花園(1982年、 作:唐十郎 演出:)• (1983年、第七病棟 作: 演出:石橋蓮司)• (1985年、第七病棟 作:唐十郎 演出:石橋蓮司)• (1987年、第七病棟 作:山崎哲 演出:石橋蓮司)• (1988年、 作・演出:唐十郎)• 羊たちの沈黙(1990年、第七病棟 作:山崎哲 演出:石橋蓮司)• (1992年、第七病棟 作:唐十郎 演出:石橋蓮司)• (1992年、メジャーリーグ 作: 演出:)• (1993年、メジャーリーグ 作: 演出:)• (1994年、プロデュース 作・演出:)• (1994年、 作: 演出:蜷川幸雄)• (1995年、第七病棟 作:唐十郎 演出:石橋蓮司)• ガラスの動物園(1997年、メジャーリーグ 作:テネシー・ウィリアムズ 演出:)• (2000年、第七病棟 作:唐十郎 演出:石橋蓮司)• 『』 () からまでにから発表した両面10曲に、(:CİNE DISC)よりに発売されたシングル「やさしいにっぽん人」からと共に2トラック、1967年のテレビドラマ『』の主題歌「ウーン愛してる」を加えた計13曲を収録。 6作品は初化。 ゲスト参加 [ ]• 『噫無情』(1974年)• 『ヴィーナスの丘』(1996年)収録の「イビザ」 オムニバスアルバム [ ]• (2004年)-「愛されたいの」を収録 受賞歴 [ ]• 第15回(1964年度) 新人賞(『二匹の牝犬』)• 第20回(1985年度) 個人賞(『ビニールの城』)• 第23回(1985年度) 演劇賞(『ビニールの城』)• 第21回(2011年度) 功労賞(『軽蔑』の演技と長年の功績に対して) 脚注 [ ]• 「映画女優 緑魔子の時代【後編】 緑魔子インタビュー」『映画秘宝』、洋泉社、2009年7月、 78-79頁。 『歌謡曲番外地 Vol. 1』、2007年、114頁。。 : p. : p. 1969年1月31日• 紙 2012年10月2日掲載 石橋蓮司インタビュー• 公開『』(:/東プロ)。 録音・発表自体は1971年だったが、当時緑魔子のレコード契約が残っていたため、契約終了の1973年まで待つこととなった。 外部リンク [ ]• - (英語).

次の

緑魔子はどんな人?Weblio辞書

緑魔子

来歴 [ ]• の で出生し で生育するも、生家はに恵まれずに自から中学生のでアルバイトをしながら高校で学び 、卒業後に上京 する。 全日本で優勝するなどに優れて 「へ進学してを活かす仕事に就きたかったが、経済的理由でかなわなかった」 と語る。 やのなどを経て、女優を目指して 本名でNHK演技研究所に在籍 後、として6か月の研修期間を終えてテレビ部に在籍 する。 俳優がユニット出演 する『』を監督するがを探すためへ立ち寄った際、ディレクターの机上で緑の写真を見定めて「求めるイメージに近い」としてカメラテストで主演に抜擢 する。 との共演 にが「緑は未だ演技が素人同然」と杞憂する も、先輩俳優の芝居を熱心に学び得た独自の演技力 と撮影担当者が「前を隠せ」とを投げる ほど大胆にを披露して大ヒット する。 は岡田茂が 「映画の配役イメージと"緑という新鮮な色の魔性を秘めた女"」を意味して命名 するも、「本名が平凡なのでこの芸名には驚いた」 「そのまま本名で出ていたら、全然違った女優になっていたかもしれない」 と語る。 に『二匹の牝犬』で初主演デビュー すると強烈な個性 で同年の新人賞を受賞 する。 やが主演するのとと緑が主演するの『』の二本立ては興行成績が良く 、渡邊監督は評価して好意する も、に『夜の青春シリーズ』の『かも』で共演するとに入籍 する。 の専属女優として27作品のに出演 するが「私はやなどのが大好き でも、『夜の青春シリーズ』みたいな映画ばかりやらされて我慢が限界」に至り 、「私はこういうのやりたくないです」と岡田に訴えて「そんなことじゃ映画界ではやっていけないから、東映を出ての切符売りにでも何でもなっちまえ」と叱咤されるも「いいです切符売りになります」と返答してに東映をされる。 当時"第二のマコ"とも評されたが順調に成長しており、緑の役目は既に終わったと見られていた。 岡田の東映が制作するプログラムピクチャーは「儲けるためなら芸術性も娯楽性も平然と犠牲にする製作方針で、脱ぐ必要も無いのに、ただもうやたらに脱がせれば良いという卑しさと次元の低さに失望した」と批判する。 実際のとの契約状況は、1967年4月から1969年3月まで 、スケジュールさえ折り合えば他社出演を許すという条件付き専属女優として契約を結んでいた。 前記のような理由から二年の間、東映でまともな企画は与えられず、その二年間の東映出演は脇役が2、3本であった。 ところが他社、テレビからは、演技力が確かで、ユニークなムードを持ち、納得すれば全裸になることも辞さないなどと評され、引っ張りだこで 、出演オファーが殺到した。 以後、が監督する『大悪党』、の主演でする監督『カモとねぎ』、が監督する『』、が主演する『』、が監督する『』、に『』 、など著名なの作品で著名な俳優らと共演し、自身曰く「人生の充実期」 を迎える。 にと共に劇団「」を設立し、石橋が演出するやの作品を、使用を止めた建物を改造した劇場で主演 してのスターとして活躍すると、映画出演は数年に一作品 になる。 長い同棲生活を経て一人娘の小学校進学を機に1979年に石橋と入籍 するも、に別居するが不仲ではない と離婚は否定している。 人物 [ ]• 華奢な肢体に大粒な瞳の身体が放つ独特な小悪魔的に甘い声と存在感 でからにかけて個性的な役柄を多く演じ、「小悪魔路線」のと共に人気を博する。 「現代の愛の不毛を表現できる女優は彼女以外にはいない」とが評価 する、「虚ろな表情と倦怠的な雰囲気」は70年代に流行する若者気質の先取 としてやら「無気力演技派女優」のルーツ とも評される。 出演作品 [ ] テレビドラマ [ ]• (1964年、)• (1965年、)• 第11話「先輩後輩」(1966年、TBS)• 第12話「おせっかいはやめて」(1966年、NET)• (1967年、TBS)• 第4話「離婚代理人」(1967年、TBS)• 第14話「拳銃のバラード」(1968年、)• 第40話「陽気な新参者」〜第42話「江戸っ娘 繁昌記」(1968年、) - おゆき• 第196話「花嫁の夫は死人」(1969年)• 第200話「殺人者に明日はない」(1969年)• 第208話「逃亡のアムステルダム」(1969年)• 第256話「アムステルダム空港の女」(1970年)• 第261話「モロッコの真赤な太陽」(1970年)• 第274話「妻の浮気は死を招く」(1970年)• 第279話「未亡人に招かれた男」(1970年) - 斉田ユキ• 第281話「団地奥さんヌードの悲劇」(1970年)• 第295話「女の出世は結婚サ! 」(1971年)• 第312話「女と男のズッコケ自動車レース」(1971年)• 第317話「恋人を殺して姉弟心中」(1971年)• 第337話「奥さんがよろめく時殺人が起る」(1971年)• 第339話「追い出された花嫁は復讐する」(1971年) - 川辺ユキ• 第344話「煙突の上で無理心中したヌードの美女」(1971年)• (1969年、TBS) - ユキ子• (1969年、) - 一條マコ• 第1・第2シリーズ(1971年 - 1973年、NTV) - 千代菊• 第2シーズン 第4話「地獄を嗤う日光路」(1972年、) - お鶴• 第12話「傷だらけの美女が告白する」(1972年、TBS)• 第19話「魔性の女に男が哭く」(1973年、KTV)• 第4話「仮面の墓場」(1973年、CX) - 聖ヨーコ• 第1部 第18話「首斬り朝右衛門」(1973年、NTV) - 外山真弓• 第47話「ひぐらし」(1973年、NHK) - およう• 第119話「大江戸残酷秘話」(1973年、12ch) - お雪• (1973年、TBS)• 第13話「生活大破滅」(1974年、) - みすず• 第23話「意地豆腐」(1974年、CX) - おすぎ• 第53話「ストッキングをかぶった男」(1974年、TBS) - 藤堂律子• 第2シーズン 第17話「遊女狂乱」(1974年、NET) - おふじ• (1974年、TBS)• 第2話「悪女にトラック一杯の幸せを」(1974年、NTV) - 柴田ケイコ• TBS• 第11話「二人の妻を持つ夫」(1974年)• 第52話「哀しみの蒸気機関車はふるさとを走る!! 」(1975年) - 大木晴美• 第82話「裏切りの烙印に賭ける!! 」(1976年)• 第10話「一殺多生剣」(1974年、KTV) - お松• 第41話「全員! 覗き盗聴開始! 」(1975年、TBS)• 第7話「闇奉行はよか男」(1975年、NTV) - お亀• 第31話「お吉 火事場くどき」(1975年、) - お吉• 第17話「二つ枕の殺し節」(1975年、) - 千勢• 第26話「壊滅! 恩讐の里」(1975年、NTV) - 小夜• (TBS)• 第23話「車椅子の女刑事」(1975年) - 影山和子• 第29話「死刑結婚式」(1975年) - 飯島かよ• 第64話「逃亡刑事」(1976年) - 折原道代• 第117話「日本降伏32年目の殺人」(1977年) - 江上トシ子• 第125話「ウソ発見器」(1977年) - 西沢昌枝• 第13話「新宿マリーの恨み節」(1975年、CX) - マリ子(赤毛のマリー)• (1976年、NTV)• 第19話「呪いのわら人形」(1976年、KTV) - こま• 第28話「妖刀無用」(1977年、ABC) - 登勢• 第6話「警視とモンマルトルの女」(1978年、ABC)• 第8話「必死の追走」(1978年、NTV) - 片桐ゆう子• 第13話「復讐に燃えた女」(1978年、CX) - おとき• 第18話「バッタ女王・消えた幻の湖」(1979年、NTV) - バッタ女王• 第5話「運が悪けりゃ女にモテる」(1979年、NTV) - 竜吉礼子• 第73話「東京-八丈島 子を捨てた母の謎」(1979年、TBS)• 第56話「父ちゃんからの手紙」(1979年、TBS)• 第115話「チリアーノを歌う悪女! 」(1979年、) - 城信子• 第1話「聖女が街にやってきた」(1979年、NTV) - 西南女学園シスター・小村冬子• 第25話「ひと恋い橋」(1980年、CX) - およう• (1980年、CX)• 第1話「初めまして事件です」(1981年、CX)• 第7話「悪魔のソナタ」(1981年、NTV)• シリーズ(1981年、NHK) - アサ子• 夏少女ウメ子 女の子にだって、夏の冒険はある(2001年、)• 第11話「魔女がアタシを」(2008年、) - 大山タエ• 最終話(2012年、) - 浜西タツ• (1964年、)• くノ一化粧(1964年、東映)• 暗黒街大通り(1964年、東映)• 東京アンタッチャブル 売春地下組織(1964年、東映)• 悪女(1964年、東映)• 廓育ち(1964年、東映)• 牝(1964年、東映)-つや子• (1965年、東映)• (1965年、東映)• いろ(1965年、東映)• かも(1965年、東映)• (1965年、東映)• (1966年、東映)• (1966年、東映)• 夜の悪女(1965年、東映)• (1966年、東映)• (1966年、東映)• 男なんてなにさ(1967年、東映)• (1967年、東映)• (1967年、東映) - 玉枝• (1968年、東映) - 露口杏子• 大悪党(1968年、)• カモとねぎ(1968年、)• (1968年、)• (1968年、大映)• (1968年、松竹)• 日本ゲリラ時代(1968年、松竹)• (1969年、東宝)• (1969年、大映)• (1969年、松竹)• (1969年、東宝)• 白昼の襲撃(1970年、東宝)• (1970年、東宝)• (1971年、松竹)• (1971年、東プロダクション)• (1971年、東宝)• (1971年、)• 喜劇 女は男のふるさとヨ(1971年、松竹)• (1972年、松竹)• (1973年、青林舎)• (1973年、松竹)• 鬼の半蔵やわ肌小判(1974年、東宝)• (1974年、東宝)• (1974年、東映)• (1975年、東映)• (1975年、東宝)• (1977年、)• (1977年、ATG)• (1977年、スタンス・カンパニー)• (1977年、ATG)• (1978年、ワールドシネ&ビデオ)• (1982年、東映)• (1987年、松竹)• (2006年、)• (2011年、)• (2017年、The STAR SAND Team) 舞台 [ ]• (1969年、自由劇場 作・演出:)• (1972年、 作・演出:佐藤信)• 盲導犬(1973年、櫻社 作: 演出:)• (1976年、 作:唐十郎 演出:佐藤信)• (1978年、 作・演出:)• 秘密の花園(1982年、 作:唐十郎 演出:)• (1983年、第七病棟 作: 演出:石橋蓮司)• (1985年、第七病棟 作:唐十郎 演出:石橋蓮司)• (1987年、第七病棟 作:山崎哲 演出:石橋蓮司)• (1988年、 作・演出:唐十郎)• 羊たちの沈黙(1990年、第七病棟 作:山崎哲 演出:石橋蓮司)• (1992年、第七病棟 作:唐十郎 演出:石橋蓮司)• (1992年、メジャーリーグ 作: 演出:)• (1993年、メジャーリーグ 作: 演出:)• (1994年、プロデュース 作・演出:)• (1994年、 作: 演出:蜷川幸雄)• (1995年、第七病棟 作:唐十郎 演出:石橋蓮司)• ガラスの動物園(1997年、メジャーリーグ 作:テネシー・ウィリアムズ 演出:)• (2000年、第七病棟 作:唐十郎 演出:石橋蓮司)• 『』 () からまでにから発表した両面10曲に、(:CİNE DISC)よりに発売されたシングル「やさしいにっぽん人」からと共に2トラック、1967年のテレビドラマ『』の主題歌「ウーン愛してる」を加えた計13曲を収録。 6作品は初化。 ゲスト参加 [ ]• 『噫無情』(1974年)• 『ヴィーナスの丘』(1996年)収録の「イビザ」 オムニバスアルバム [ ]• (2004年)-「愛されたいの」を収録 受賞歴 [ ]• 第15回(1964年度) 新人賞(『二匹の牝犬』)• 第20回(1985年度) 個人賞(『ビニールの城』)• 第23回(1985年度) 演劇賞(『ビニールの城』)• 第21回(2011年度) 功労賞(『軽蔑』の演技と長年の功績に対して) 脚注 [ ]• 「映画女優 緑魔子の時代【後編】 緑魔子インタビュー」『映画秘宝』、洋泉社、2009年7月、 78-79頁。 『歌謡曲番外地 Vol. 1』、2007年、114頁。。 : p. : p. 1969年1月31日• 紙 2012年10月2日掲載 石橋蓮司インタビュー• 公開『』(:/東プロ)。 録音・発表自体は1971年だったが、当時緑魔子のレコード契約が残っていたため、契約終了の1973年まで待つこととなった。 外部リンク [ ]• - (英語).

次の

石橋蓮司の娘は女優?嫁は緑魔子で子供は息子もいる?若い頃は?

緑魔子

緑魔子の夫は石橋蓮司!妖艶な魅力で男性たちを虜 緑魔子の夫は石橋蓮司!未婚の母だった? 緑魔子(みどりまこ)は、映画やテレビ、舞台等で幅広く活躍する名女優です。 東映のスター女優だった1970年代に、俳優の石橋蓮司との間に子供をもうけています。 映画で共演したことをきっかけに交際をスタートさせた2人ですが、当時の石橋蓮司は蜷川幸雄らと劇団を立ち上げたばかりでお金がなかったようです。 そのためなのか、緑魔子は、子供が生まれても入籍はせず未婚の母に。 しかし、1979年に娘が小学校に入学する際に、手続きが煩雑になるから籍を入れたらどうか、と勧められて石橋蓮司と結婚。 現在は別居生活を送っていますが、不仲というわけではないそうです。 緑魔子は妖艶な魅力で男性たちを虜! 緑魔子は、1960~70年代にかけての若かりし頃、東映の専属女優として数多くの作品に出演し、その妖艶な魅力で男性たちを虜にしました。 特筆すべきは、梅宮辰夫とともに主演した「夜の青春シリーズ」と題された映画シリーズです。 「ひも」「いろ」「ダニ」などシリーズ作品が次々に制作される中では、大胆にもヌードも披露している緑魔子。 大きな瞳と華奢な身体つきで小悪魔的な魅力をたたえながらも、どこかアンニュイな雰囲気を漂わせた緑魔子は、多くの男性ファンを獲得し、映画はヒットを連発しました。 緑魔子は伝説のドラマ「傷だらけの天使」で萩原健一と共演!歌手活動もしていた 緑魔子は伝説のドラマ「傷だらけの天使」で萩原健一と共演 多くの映画作品に出演してきた緑魔子ですが、実はテレビドラマにも数多く出演しています。 萩原健一と水谷豊がコンビを組んで大ヒットしたドラマ「傷だらけの天使」にもゲスト出演。 緑摩子が登場したのは第2話の「悪女にトラック一杯の幸せを」です。 演出や脚本もかなりこだわっていた「傷だらけの天使」は、当時の若者に多大な影響を与え、現在でもファンが多い伝説的ドラマ。 緑魔子の他にも、ゲスト出演者として、桃井かおりや高橋恵子(当時は関根恵子)、池部良、小松政夫等が名を連ねています。 緑魔子の曲「酔いどれ船」は寺山修司が作詞! 小悪魔的で妖艶な魅力で多くの映画ファンをとらえた緑魔子ですが、歌手としても活動していました。 1967年リリースの「女泣かせの雨」を皮切りに、1973年までに6枚のシングルを発売しています。 どこかけだるげな雰囲気漂う緑魔子の歌声は、映画で見せる魅力そのまま。 歌手としての存在感もかなりなものでした。 それを証明するかのように、1970年に発表した「酔いどれ船」は、歌人や劇作家等として幅広く活躍し、天才ともいわれた寺山修司が作詞しています。 緑魔子が石橋蓮司と夫婦共演!蜷川幸雄の舞台にも立っていた! 緑魔子は、現在70代ですが、今も現役で女優として活動しています。 最近の出演作としては、2017年に公開された映画「STAR SAND -星砂物語-」があります。 少女・洋海が記した日記をもとに、第二次世界大戦中の沖縄での出来事を、現代を生きる女子大生・志保が掘り起こしていくというストーリー。 実はこの映画には、緑魔子の夫である石橋蓮司も出演しています。 緑魔子が演じるのは、織田梨沙が演じた戦時下の沖縄を生きるヒロイン洋海の晩年の姿。 石橋蓮司は、吉岡里帆が演じた女子大生の志保に洋海の日記を読むことを勧める大学教授の城間を演じており、重要な役どころを夫婦が担っていることになります。 その他のキャストも、満島真之介や三浦貴大、渡辺真紀子、寺島しのぶと演技派と名高い面々が揃っていて、重いテーマを描くにふさわしい布陣と言えるでしょう。 映画で久々の夫婦共演を見せた緑魔子は、夫の石橋蓮司とともに、1976年に劇団「第七病棟」を立ち上げたこともあります。 映画女優として活躍をしていた緑魔子でしたが、1968年に東映から離れフリーとなった後は、いわゆるアングラ演劇といわれる分野に進出。 当時、新進気鋭の劇作家・演出家として注目されていた佐藤信や唐十郎といった面々の舞台に次々と出演して、その才能を発揮し、アングラ演劇のスターになりました。 夫・石橋蓮司と立ち上げた劇団「第七病棟」では、石橋蓮司の演出で舞台に立ってもいます。 また、石橋蓮司の盟友でもあった演出家・蜷川幸雄が手掛けた舞台にも何度も出演。 蜷川幸雄のインタビューや関係者への取材をまとめた「身体的物語論」には、蜷川幸雄の手掛けた舞台に登場した錚々たる俳優陣の1人として緑魔子についての言葉もあります。 2018年5月に発売された本書には、緑魔子の他に、蜷川幸雄と共に劇団をつくった石橋蓮司や蟹江敬三はもちろん、市村正親や松たか子、宮沢りえ、藤原竜也、白石加代子といった日本演劇界を代表する名前がずらり。 蜷川幸雄の目を通して、緑魔子の演劇人としての一面を知るのもまた一興でしょう。

次の