ソフトウェットボブ。 【2020年最新】春夏におすすめのヘアスタイル

【濡れ髪スタイリング剤】ウェットヘアに導く!おすすめ8選

ソフトウェットボブ

全カテゴリー 種類• レングス• アレンジ• スタイルイメージ• シーン別• パーマ:強さ• パーマ:種類• カラー:明度• カラー:色合い• カラー:種類• スタイリング剤• 特殊技術• アレンジ• おすすめ:年代• おすすめ:髪量• おすすめ:髪質• おすすめ:顔型• おすすめ:髪クセ• モデル:年代• モデル:髪量• モデル:髪質• モデル:顔型• モデル:髪クセ• エリア•

次の

ボブのヘアスタイルギャラリー

ソフトウェットボブ

マガジン• サロンの記事• スタイリストの記事• ヘアスタイルの記事• ムービーの記事• 体験レポートの記事• スタイリスト• 得意なレングス• 得意なテイスト• 所属しているエリア• 東京都• 神奈川県• サロン• 東京都• 神奈川県• ヘアスタイル• レングス• テイスト• ムービー• レングス• シーン•

次の

【アレンジ】セクシーな抜け感を演出!ウェットヘアの作り方|JGS

ソフトウェットボブ

人気スタイルのボブ。 繊細な毛先と華奢なシルエットで、愛らしいモテヘアに。 スタイリングは手軽にさっと終えたいものです。 こちらのショートボブ、アイロンを使わず、スリークな質感で女性らしいコンパクトシルエットを叶える時短スタイルです。 スリークとは、なめらか、ツヤがある、といった意味だそう。 長め前髪が頬骨をカバーして、小顔効果もあり。 前髪のパートはどこで分けてもOK。 ・前髪を伸ばしている人や、おでこが狭くて前髪が思い通りにならないという人にイチ押しのスタイルです。 丸みがあるナチュラルなショートボブでありながら、今っぽく洗練された印象を受けるのは毛先のシュッとした先細り感。 その繊細な透け感とやわらかい質感で、大人キュートな雰囲気が漂うのも魅力的です。 \How to ベース&カラー/ ・サイドは、前下がりのグラデーションでカット。 輪郭をカバーしてくれます。 適度な厚みを残しながら、先細に毛量調整をして馴染みをよくします。 前髪は、サイドよりやや短い鼻下の長さでカット。 ややラウンドにすることで女性らしさをアップ。 ・襟足はセンターが一番長くなるようにラウンドでカットし、首長効果で華奢なイメージに。 10レベルのベーシュでカラーリングし、赤味を抑えたやわらかい質感に仕上げます。 \How to スタイリング/ ・時短スタイリングは、ドライヤーでさっと乾かしてヘアオイルを毛先中心につけるだけで終わりという手軽さ。 より美しく仕上げるなら、くしで両サイドをすっと通してストレート感を強調します。 乾かす時は、髪をかき上げるように風をあてるとナチュラルなボリューム感になります。 髪のクセが気になる人は、ストレートアイロンを軽く通しても。 明るめカラーがソフトな抜け感ショートボブ \ヘアスタイルのポイント/ ・外ハネショートは、抜け感のある前髪ならソフトで女性らしい印象に!伸ばしかけヘアにも。 髪を伸ばしたいけれど、肩に当たるのが悩み……という人にオススメしたいのが外ハネヘア。 髪のハネを活かしたスタイルですが、ショートの外ハネというと、カジュアルやクールな印象を与えがち。 ・でも、抜け感のある前髪を作ることで、今っぽく女性らしさをプラスできます。 ポイントとなる前髪は、眉毛ギリギリのラインでカットし、隙間を作って軽さを出すことで、抜け感が出て大人の女性にもフィットするスタイルに。 また、毛先のくびれ感が、メリハリのある柔らかい雰囲気を与えてくれます。 簡単スタイリングで、時短でも柔らかな束感を再現できる!イメージチェンジをしたい人にもぴったりです。 \How to ベース&カラー/ ・前下がりボブのベースでカット。 トップにレイヤーを入れているので、ボリュームや動きが思いのままに。 ペタっとしやすい髪質の人には特におすすめのスタイルです。 ショートでありながら女性らしいソフトな表情を作り、面長の骨格をカバーする効果も。 ・前髪は、流しやすくするため斜めにカットした後、内側を毛量調整するのが抜け感と束感を再現するポイント。 カラーは、9レベルのシアーベージュ。 グレーがかった色味で、柔らかさを引き立て、透明感のあるカラーです。 \How to スタイリング/ ・26mmのアイロンで外ハネに。 この時、巻き過ぎに注意して。 ふわっとゆるめに巻き、髪の毛に熱が残っているうちにしっかりほぐせばせば、ソフトな質感になります。 表面は毛束をとって、リバースやフォワードにMIXに巻いてニュアンスを。 ・顔まわりは、リバースに巻くと小顔効果あり。 スタイリング剤は、シアバター系のしっとりタイプを全体に揉み込んで、束感とシルエットを整えて完成。 ボリュームが出にくい人は、ドライ系ワックスでも。 ウルフスタイルでメリハリをつけた外ハネボブ \ヘアスタイルのポイント/ ・耳掛けすると顔周りがタイトになり外ハネが強調されおしゃれ感up!毛量が少なくペタンコになりがちな猫っ毛。 憧れのボリュームヘアに見え、さらに今っぽおしゃれ感もプラスした髪型をご紹介します! ポイントは外ハネボブにレイヤーを入れ、ややウルフっぽく作ること。 ・ウルフは70年代に流行ったトップが丸く裾が軽いスタイル。 昔ほど裾を軽くせず重たさを残すのが、ウルフを今っぽく見せるコツ。 この髪型は裾がキュッとくびれた外ハネが特徴で、むしろ毛量が少ない方が作りやすいことも。 またくびれがある分、トップのふんわり感が強調されボリュームアップして見せる効果もあり。 ・前髪を作るとクールになり過ぎず、柔らかさが出るのでおすすめです。 裾は動きが出やすいようグラデーションカットに。 表面にレイヤーを入れやや軽さを出します。 前髪は目の上ギリギリでカット。 ・隙間を作るように毛量調整すると今っぽい下ろしバングに。 カラーは8トーンのアッシュブラウン。 程よく赤みを抑え、透け感のある柔らかな髪に見せます。 \How to スタイリング/ ・乾かすとき、前髪はクセがつかないように手ぐしで前に引き出しながら乾かします。 トップは左右に振りながら乾かすとふんわり。 26mmのやや細めのアイロンで、全体を内、外ランダムに1回転半のMIX巻きに。 ・しっかり巻かず、アイロンを滑らせ軽く動きをつける程度でOKです。 全体を巻いた後、裾に外ハネ巻きをプラス。 ソフト系のワックスを揉み込み、軽く耳掛けをして完成です。 ボリュームが出にくい人はトップの毛束を少しつまみ、キープスプレーを吹きかけるとふんわり感をkeepできます。 ・スタイリングで外ハネの毛束を散らすのがおしゃれに見せるコツ。 外ハネにしなければ落ち着いた印象にもなるので、ボブの中でもアレンジの幅を楽しめるレイヤースタイルです! ふんわり女性らしいフォルムで小顔キュート \ヘアスタイルのポイント/ ・丸いふわっとしたシルエットは、女性らしい柔らかな印象にも。 耳周りがふわっとしたひし形シルエットのショート。 顔をキュッと包むような印象でこれだけでも十分小顔に見えますが、その上をいく小顔スタイルがこちら。 一見ただのひし形ショートですが、実は顔周りの毛束にポイントあり。 ・頬に落ちるいちばん手前の毛束がリップラインまで長く、気になる頬の丸みやエラ張りなどをカバーしてくれます。 これにより顔周りを包む毛束のシルエットもひし形になり、小顔効果up。 ・とにかく小顔にこだわったスタイル。 もちろんふわっとラフな毛束でこなれ感があり、小顔に見せつつおしゃれな印象も手に入ります。 顔の大きさや骨格に悩んでいる人は、ぜひこの計算づくのショートに挑戦を! \How to ベース&カラー/ ・顔周りはリップラインよりも長めの前上がりショートベース。 バックは丸みが出るように長さを残し、襟足はタイトにして丸みを強調させます。 輪郭を包みやすくするため、もみあげより前の毛束にレイヤーを。 ・さらにふわとしたひし形シルエットを作りやすくするため、ハチ上にもレイヤーを入れます。 前髪は目にかかる長さでカットし、サイドは自然に繋げて。 カラーは8トーンのブルーアッシュにフォギーベージュを入れて、赤みを消しつつ柔らかな色味に。 \How to スタイリング/ ・顔周りの左右の毛束が内巻き、外ハネと、違った方向に流れやすい人は乾かし方に注意。 つむじの毛流れにより外ハネになる側が出てくるので、外ハネになる毛束は乾かすとき、必ず根元をしっかり前に引き出しながら乾かして。 ・根元の毛流れのクセを取ってあげると、自然と内巻きに流れやすいです。 乾かしたら26㎜のアイロンを毛束の中間から挟み、全体の毛先を軽く内巻きに。 レイヤーが入っているので毛先に動きが出やすく、自然とひし形シルエットが作れます。 ・ラフな質感がおしゃれなのでスタイリング剤はなくてOK。 気になる輪郭をカバーしつつ確実に小顔を狙える、こなれ感のある大人ショートです! 長めボブ・ミディアムボブ(ロブ)は秋冬もぴったり センターパートでボブをクールで色っぽい雰囲気に \ヘアスタイルのポイント/ ・センターパート前髪でボブは色っぽクールに!脱マンネリしたい人におすすめ!人とは違ったおしゃれを楽しみたい、そんな人におすすめなボブスタイルがこちら。 ポイントはセンターで分けたバングの毛先。 クルンと中心を向いていることで、ちょっぴり個性的な表情に。 ・レイヤーの軽さがラフな空気感を演出し、女性らしい柔らかさと前下がりのかっこよさをミックス。 狭い、広いといった「おでこ」のコンプレックスをカバーするので、前髪の脱マンネリにチャレンジしたい人にもおすすめです。 オフの日は、こんな遊びゴコロのあるいつもと違った自分を楽しんでみては? \How to ベース&カラー/ ・あごラインの前下がりでベースをカット。 顔まわりにボブの重さを残しつつ、トップにレイヤーをオン。 ボブのモードな雰囲気はそのまま、ラフな動きをプラスします。 ・前髪は狭めの幅で、目にかかるギリギリのウザバングでカットし、透け感が出るように調整します。 カラーは10レベルのアッシュベージュに。 女性らしいベージュに寒色のアッシュをブレンドし、柔らかいイメージの色味に仕上げます。 \How to スタイリング/ ・ドライをする時は、センターで前髪を分けてから乾かします。 髪が乾いたら26mmのアイロンでアウトラインを外ハネにワンカール。 レイヤーが入っている表面は内巻きに、顔まわりはリバースに巻きます。 前髪は左右3パネルずつ取り、細かく中心に向かって内巻きに。 ・スタイリング剤は、ウェットな質感に仕上がるオイルを、毛先中心にバサッと空気を含ませるようになじませます。 ランダムな動きを出してから、手に残ったオイルを前髪の毛先に塗布したら完成です。 透け感のあるレイヤーボブがフェミニン \ヘアスタイルのポイント/ ・今っぽボブは、シースルーバング+柔らかレイヤーでフェミニンにもカジュアルにもハマる!ナチュラルな空気感が魅力!前髪ありの愛されボブ。 こちらのボブは、黒目と黒目の間を結ぶ中心のみをていねいに質感調整した技ありカットとスタイリングがポイントとなり、大人女性でもチャレンジしやすいシースルーバングになっています。 ・薄すぎない仕上がりなので下ろしても、流しても、シースルーでもと3WAYを実現できる万能バングなのです。 また、トレンドのレイヤー加減が程よく、扱いやすいさが抜群なのはもちろん、輪郭をカバーして小顔見せも。 ・ふんわり柔らかい質感で、ナチュラルな大人のかわいらしさを引き出すデザイン。 アイロンの入れ方次第で、フェミニンにもカジュアルにも決まり、おしゃれにレイヤースタイルを楽しみたい人にオススメです。 \How to ベース&カラー/ ・ベースはやや前下がりのワンレングスでカット。 トップと顔まわりの耳上にレイヤーを入ることで、ボリュームが出て扱いやすくなります。 ・前髪は黒目と黒目の間と額の中心をつなぐ三角形部分を薄く作り、大人でもこなせるシースルーバングに。 カラーは10レベルのシフォンベージュ。 ベージュにアッシュを加え、赤みを抑えて透明感のある色に仕上げています。 \How to スタイリング/ ・根元をしっかり立ち上げるようにドライヤーで髪を乾かします。 この時、顔の全面から風を当てずに、後ろから前に乾かすとスタイリングがしやすくなります。 ドライ後、32mmのアイロンで外巻きにワンカール。 顔周りの表面は、ミックスでゆるく巻きます。 ・カジュアルにしたい時は、毛先を逃して中間のみを巻きます。 ややセット力のあるトリートメントワックスと洗い流さないトリートメントをミックスして、毛先のパサつく部分をクシュっともみ込むように付けます。 手に残ったスタイリング剤を前髪の毛先のみに塗布したら完成です。 Aラインワンレンボブを美人ウェーブで格上げ \ヘアスタイルのポイント/ ・まとまる髪型ならAラインボブ!クールビューティは、ラフなカールで差をつけて。 レイヤーレスならクール美人を演出できる。 ハイレイヤーが流行っているものの、レイヤーを入れるとまとまらなくなる、そんな経験のある方におすすめしたいのがこちらのボブです。 ちょっこっとレイヤーで毛先に程よい重さを残し、キレイなカットラインを見せることでキチッとしたクールな女性のイメージに仕上げています。 ・アイロンカールは中間から巻くのがポイントで、毛先のカール感が緩やかなデザインとなり、作り込みすぎないニュアンスが洒落感をプラス。 暗めの髪色が落ち着いた雰囲気を表現し、大人女性にマッチします。 短めのAラインシルエットのボブヘアは、サイドのボリュームが出しやすいので、髪がストンとしやすい人やペタッとしやすい人にチャレンジして欲しいスタイルです。 \How to ベース&カラー/ ・鎖骨ラインのワンレングスでカットした後、自然な内巻きになるようにインナーにグラデーションを入れます。 顔まわりのみに角を取る程度のレイヤーを入れます。 前髪は目より少し長めにして流れるように。 ・耳後ろの毛量がたまりやすい部分を中心に調整し、毛先は重さを残します。 カラーは、6レベルのヌードベージュに。 ニュアンスにマットをミックスしたベージュ系ブラウンで、自然光に当たるとふわっと軽く透明感のある色味です。 \How to スタイリング/ ・全体的に乾かしたら、32mmのアイロンで耳横の髪をランダムに取り、中間からスパイラルで巻きます。 毛先がくるっとし過ぎないようラフに仕上げるのがコツ。 ・前髪も中間から毛先にかけてアイロンで軽くカールづけします。 スタイリング剤は、ツヤ感を出すため洗い流さないミルクトリートメント、もしくは、柔らかいワックスを髪の中間から毛先に揉みこむように塗布。 毛束感を整えたら完成です。 外ハネのニュアンスボブは、毛束感と透け感で大人かわいく!髪を伸ばしかけでもおしゃれでトレンドを楽しみたい人におすすめのスタイルがこちら。 くびれ風のニュアンスがある外ハネボブなら、伸ばしかけでも愛されヘアをキープできます。 ・結べる長さにしたい、内巻きボブからイメージチェンジしたいという人にもぴったりです。 また、耳にかければよりカジュアルに、アイロンで内巻きにすればフェミニンにもなるオールマイティなデザイン。 毛先の動きはあるけど軽すぎず、上品な女性らしさを感じられるのも魅力です。 ・顔まわりのレイヤーが、程よい軽さと今っぽいしゃれ感を演出するひし形シルエットのボブ。 かわいらしい印象になりやすいフルバングでも、透け感をつくることで大人っぽい雰囲気に。 伸ばしかけでカットを諦めていたなら、今すぐサロンの予約を! \How to ベース&カラー/ ・ベースはやや前下がりのボブにカット。 軽さと動きを出すレイヤーをトップと顔まわりに入れます。 前髪は目にかかるくらいの長さにカット。 厚みがあると幼く見えてしまうため、三角ベースで浅めにとり、おでこが透けるようにスライドカット&チョップカットで毛量調整します。 ・カラーは、9レベルのアッシュベージュ。 トレンドカラーのベージュとアッシュがミックスされ、適度に髪の赤みを抑えて肌がくすまず、顔色をキレイに見せてくれる色味です。 \How to スタイリング/ ・髪をドライしたら32mmのアイロンを使い、アウトラインを外ハネにワンカール。 顔まわりはリバース巻き、サイドとバックはフォワード&リバースのミックスで巻きます。 ・ツヤと動きが出るようにオーガニックバームを揉み込むように付けます。 バームはツヤ感を重視し、酸化しにくいオーガニック系が一押しです。 ストレート感のあるボブでナチュラル美人に 柔らかく優し気な雰囲気がママにもぴったり \ヘアスタイルのポイント/ ・簡単&時短の今っぽショートボブは、ママにもおすすめ!ストレートタッチのこちらのショートボブ。 王道のシンプルなスタイルながらトレンド感を髪のウェット質感で表現。 今っぽくシャレ感のある仕上がりになっているのがポイントです。 ・ヘアオイルをつけるだけなので、スタイリングが簡単なうえ、時短も兼ね備えた優秀スタイル。 朝のスタイリングをさっとしたい人、不器用さん、そして、自分に時間をかけられないママにもおすすめです。 眉ギリギリの透けバングは、さらっと流せば大人っぽく、下ろせばカジュアルな雰囲気に。 ・どんな顔型とも相性抜群で頭のフォルムをキレイに見せる効果も。 卵型や面長な方は、写真のように耳にかけた方がバランス良く美人度を底上げ。 また、レイヤーによる軽さはあるものの、トップの重さを残しているので、髪が膨らみやすい人でもチャレンジしやすいスタイルです。 \How to ベース&カラー/ ・ベースは前下がりのグラデーションボブでカット。 前下がりを強調するとクールなイメージを与えるので傾斜は緩やかにして、顔まわりの角を削って丸くやわらかい印象に。 ・前髪は流しも下ろしも2WAYを楽しめる、眉が見え隠れする長さにカットします。 カラーは8レベルのウォームブラウン。 ツヤ感がある暖色系で、伸びた時も根元が気にならない明度と色味です。 \How to スタイリング/ ・ドライヤーで乾かし、ヘアオイルを付けたら完成の時短ヘア。 ウェットな質感がシャレ感をプラスするので、オイルは必須です。 スタイリングはオイルを手に取りまず毛先に、そして手に残っているものを表面に、前髪は毛先のみに塗布します。 ・髪質によっては表面にストレートアイロンを使って、ツヤとまとまり感をアップさせても。 質感を作るヘアオイルは、トリートメント効果もあり髪の広がりを抑えてくれます。 ナチュラルなロブスタイルは前髪や毛束感で軽やかに \ヘアスタイルのポイント/ ・ぷつん毛束&透けバングで、ロブは重めシルエットでも軽やか。 切りっぱなしの前下がりで重いグラデーションに、レイヤーの軽さをプラスしたロブ。 こちらのスタイルが今っぽく見えるのは、ぷつんとした毛束感にあり。 先細りの毛先ではなく、切りっぱなしの雰囲気が程よいカジュアルさを演出します。 また、首元のくびれと後頭部の丸さが女らしさを引き出しナチュラル美人ヘアに。 また、フルバングにすることで、面長や三角顔のシャープな印象を緩和してやさしいイメージへ。 \How to ベース&カラー/ ・ベースは肩ギリギリの前下がりローグラデーションでカット。 切りっぱなしでも、ワンレンで切るより動きがあり丸みのあるスタイルになります。 顔まわりは、重さを取る程度のレイヤーを入れて、ふわっと後ろに流れるようにします。 ・カラーはブラウンに紫とロゼをミックスしたショコラブラウンに。 イエベ、ブルベ、どちらにもマッチし、深みがある色持ちのいいカラーです。 \How to スタイリング/ ・乾かす際は、髪を後ろに向かってドライしながら、表面の髪を根元からふんわり仕上げます。 乾いたら32mm、もしくはストレートアイロンを使って、顔まわりを外ハネに、表面は内巻きにします。 ・ヘアオイルを手に伸ばしたらまず、襟足から付けるのがポイント。 その後、全体になじませて毛束感を出します。 スタイリング剤はやや多めの方がニュアンスのあるヘスタイルに仕上がります。 前髪ありの王道ボブヘアは可愛らしさ満点 \ヘアスタイルのポイント/ ・前髪あり&ショートボブヘアで、ふんわり女らしく。 輪郭カバーも!ショートであっても女性らしく、大人っぽい雰囲気を目指すならマッシュショートがおすすめ。 襟足は、首の長さや生えぐせなどを考慮しながらタイトにカットすることで、首をスッキリ長く見せて小顔効果もアリ。 ・柔らかなスタイルのポイントは、毛先をレザー(カミソリ)でカットし先細りにすることで軽やかな質感に。 また、レイヤーをトップに入れることで動き+後頭部がふんわりボリュームアップし、頭の形もキレイに。 丸みがあって女性らしいシルエットのこちらのひし形ショートボブ。 カジュアルになりがちなショートボブでありながら、丸く甘めのスタイルで女らしい表情になっています。 また、襟足をスッキリさせることで、涼しげな仕上がりになっているのもポイントです。 ・顔周りはマッシュラインでカットし、ふわっとした柔らかいニュアンスを演出。 前髪ありでも、軽く流すことで大人女性でも挑戦しやすいスタイルになっています。 サイドバングが少し長めなので、肌の露出する面積が狭くなり輪郭カバーも望めるボブヘア。 頭の形も補正するので、ハチ張りさんにもおすすめです。 ふわっとしたひし形シルエットで輪郭をカバー。 重さのたまりやすい耳後ろは、しっかり毛量調整。 顔周りはマッシュラインでカット。 ・前髪は厚くならないよう、柔らかさのある抜け感を演出します。 カラーは、透明感のある9レベルのフォギーアッシュをセレクト。 寒色寄りのベージュで赤みを抑えて、柔らかい髪質感に。 \How to スタイリング/ ・オイルなどのベース剤を塗布してから、空気感が出るようドライヤーの風を下から当ててドライします。 乾いたら毛先がやや内巻きになるように、ストレートアイロンを通します。 キレイなツヤ感のある仕上がりにするコツは、面を整えながらプレスすること。 ・前髪は流したい方向にプレスしてしまうとカール感が強くなるので、流したい方向と逆方向に。 こうすることで、こめかみ辺りが閉まりのあるデザインになります。 ベース剤のニュアンスが残り、ハーフウェットな質感となるので、スタイリング剤は毛先にオイルをつけるだけでOKです。 パーマで愛され度アップのフェミニンスタイル ニュアンスパーマで作るゆるふわショートボブ \ヘアスタイルのポイント/ ・大人のゆるかわショートヘアは、ニュアンスパーマのラフさが鍵!透明感のあるカラーで、スタイリングも手軽に決まる。 やわらかい印象のナチュラルショート。 ニュアンスパーマをかけて毛先に動きがプラスされ、ふんわりとした仕上がりになっています。 作り込みすぎていないラフ感が絶妙でシャレ感もアップ。 やさしい空気感が漂うこちらのスタイルは、厚すぎず、薄すぎない前髪もポイントです。 ・前髪とサイドバングをマッシュで繋ぎ丸みのあるラインに。 さらに、チラッと見えるおでこのすき間が抜け感を演出してくれます。 スタイリング剤を揉み込むだけの簡単ヘア。 パーマの動きがあるので、ダークなヘアカラーでも軽いイメージに。 カラーリングの制限があってもおしゃれを楽しみたい!そんなあなたにもオススメなデザインです。 \How to ベース&カラー/ ・ベースは前下がりのショートボブにカット。 顔まわりトップには軽さが出るようにレイヤーを入れます。 前髪は目の上ギリギリの長さで切り、サンドバングとマッシュラインで繋げて丸みのあるスタイルに。 ・量感を調整して、重すぎない印象としています。 カラーは6レベルのアッシュグレーに。 ダークカラーでありながら、透明感があり重さを感じさせず、屋外で太陽の光に当たった時には透けたように見える色味です。 \How to スタイリング/ ・23〜25mmのロッドを使い、襟足以外に毛先ワンカールのパーマをかけます。 ・スタイリングは、キレイにまとめようとせずに、ドライヤーでざっと乾かすだけでOK。 ・乾いたらミルクやバターなどウェットな質感に仕上がるスタイリング剤を全体的に揉み込み、毛束感を整えたら完成です。 今っぽヘアのワイドバングにトライするならこちらが一押し。 前髪に束間と隙間をつくることで涼しげで、こなれ感があるナチュラルヘアに仕上がっています。 ショートボブがベースでありながら、トップにはレイヤーを入れて動きのあるデザインに。 さらに、ニュアンスパーマをかけているので、ふわっとした可愛らしさを演出。 ・マッシュラインの顔まわりは、ワイドバングを長めのサイドバングで繋ぐようにつくることで、耳にかけるとモードっぽくシャレ感のあるスタイルとなります。 ダークなカラーでもパーマの動きがプラスされ軽やかな印象のショートヘアに。 ナチュラルスタイルでちょこっと個性を引き出したい人はもちろん、髪のボリュームが出やすいという悩みを持つ方にもオススメです。 こなれ感のあるヘアは、今季注目のラバージュカラーを先取り。 \How to ベース&カラー/ ・ベースのカットはショートボブに。 動きを出すため、トップにはレイヤーを入れます。 襟足はすっきり切り込みます。 前髪はワイドバングでカットし、サイドとマッシュラインで繋げます。 ・また、スライドカットで調整をして涼しげな抜け感に。 カラーリングは、8レベルのラバージュに。 ラバージュとは、ラベンダー+アッシュ+グレーをミックスした色味で、顔色をキレイに見せながら、髪の透明感をアップさせます。 もみ上げはより細めのロッドをセレクトし、襟足は首元になじむようにピンパーマを。 ・スタイリングは、ボリュームと動きをだすように根元からドライヤーの風を当てながら乾かします。 8割ほどドライしたら、セラムとオイルをブレンドし、内側から揉み込むように塗布。 最後に表面と前髪の束間を整えたら完成です。 おすすめは前髪長めのボブで、顔周りがパッと明るくなるだけで派手に見えません。 前髪があると幼く見える、ロングだと毛先が傷んで見えやすいこともマイナス要因に。 ふわっとした毛先がハイトーンの透明感をキワ立てます。 また色味も大切で、黄色やギラギラするカラーはNG。 やや赤みを帯びたウォームベージュならツヤっぽく見え、上品なハイトーンを演出します。 大人だから…と控えめにならず、ポイントを押さえたハイトーンでおしゃれ髪を楽しんで! \How to ベース&カラー/ ・あごラインのグラデーションボブベース。 前髪を鼻ラインでカットし自然にサイドに繋げます。 ・ひし形に見えるよう、耳下の毛束にはグラデーションカット、表面にはレイヤーを入れます。 毛先は重たくなりすぎないよう毛量調整を。 ・カラーは10トーンのウォームベージュ。 黄みを押さえた赤み系ベージュで、ハイトーンでもキツくならず柔らかな印象に。 ツヤ、があり肌に透明感を与えるカラーです。 \How to スタイリング/ ・ダメージが少なく柔らかなカールに仕上がる低音デジタルパーマを使用。 全体の毛束を、襟足、中間、表面と3段に分け、それぞれ20㎜、22㎜、24㎜のロッドで1回転半巻きます。 スタイリングは全体をぬらし、襟足からトップに向かい根元を立ち上げるように乾かして。 ・さらに毛先を持ち上げ、指に巻きつけながら温風をあてカールを復活させます。 パサつきを抑えてツヤをだすシアバターのスタイリング剤を毛先中心にもみ込み、カールをほぐしながらふわっと整えれば完成です。 パーマをかけているのでスタイリングは超簡単。 乾燥を防ぐトリートメントの使用やケア効果の高いシアバターを使ってダメージを防ぐことも、大人のハイトーンカラーを楽しむ重要ポイントです! 黒髪・ダークカラーも軽やかになるのがいいところ 透け感のあるフォギーベージュでやわらかな質感 \ヘアスタイルのポイント/ ・骨格カバー&小頭効果!ニュアンスボブは、軽やかレイヤーで美人度アップ。 外ハネ&透けバングで、抜け感のある大人女性を演出。 ・ふわっとした雰囲気はもちろん、ウェットな質感もハマるので、トレンド感を出すことができます。 顔まわりに入れたレイヤーが、骨格補正をしてハチ張りをカバー。 小頭に見せる効果も。 ひとつ結びにした時は、顔まわりの短い毛がゆるっとした後れ毛となり、柔らかいニュアンスを演出。 ・長めの前髪は透け感を出すことで、より涼やかに見せることが可能です。 エアリーな動きのあるボブスタイルは、ナチュラルで大人っぽい洗練されたイメージを与えます。 スタイリングも簡単で、自然なボリューム感が欲しい人にもおすすめなデザインです。 \How to ベース&カラー/ ・外ハネ&透けバングで、抜け感のある大人女性を演出。 鎖骨にかかる長さでやや前下がりにベースをカット。 顔まわりにのみ、後ろに流れるレイヤーを入れます。 サイドと同じ長さの前髪にせず、シャープさを抑え鼻先くらいの長さでカットします。 ・頬ラインに設定することで、柔らかい印象となります。 カラーは、6レベルのフォギーベージュ。 フォギーベージュは、無彩色のグレーに近いベージュカラーで、赤みを打ち消し、光に透けたような透明感をアップさせます。 \How to スタイリング/ ・スタイリングは32mmのアイロンで毛先を外巻きにワンカールさせるだけの簡単ヘア。 ・ハチ下は、アイロンを自分に寄せてくびれ感を出すようにワンカール。 ツヤのある毛束感を作るなら、全体にヘアバターを馴染ませるようにつけます。 ウェットに仕上げるなら、ヘアオイルを選んでシルエットをタイトに整えます。 クールカラーがかっこいいセンターパートボブ \ヘアスタイルのポイント/ ・重めボブは前髪センターパートで女性らしく。 ふんわり毛束感+ラフな動きで今どきに!顔周りで揺らぐ前髪が、ナチュラルで柔らかい女性らしさを演出。 センターパートは、シャープな印象を与えがち?いえいえ、カットとスタイリング次第で、ラフなイメージにもなるんです。 こちらのスタイルは、センターパートの大人っぽいイメージは残しつつも、軽さや動き、そして、毛束感があるのがポイント。 ・ベースがワンレングスに近い重めのボブなので、広がりやすい髪質でボブやショートに苦手意識がある人にもぴったり。 顔周りでふわりと動く前髪&無造作な外ハネが、柔らかくナチュラルな雰囲気に。 自然体なニュアンスがありながらも、ひと手間加えた大人の女っぽさを感じさせるスタイルです。 \How to ベース&カラー/ ・顎ラインの長さでカットしたグラデーションボブ。 動きと軽さが出るように表面にはレイヤーを入れ、前髪は顔周りにニュアンスを加えるため、ベースの長さより短くカットします。 ・カラーは、6レベルのアッシュグレーに、4レベルのローライトをオンカラー。 赤味を抑え柔らかい印象を与える色味にローライトを加えることで、陰影をつけながらクールな印象をプラスできます。 \How to スタイリング/ ・ドライのポイントは、根元をしっかり立ち上げながら乾かすこと。 また、センターパートでも、分け目はしっかりつけないように。 乾いたら26mmのアイロンで全体を外ハネにカールを。 ・表面は内巻きにワンカール。 さらに、表面や中間で動きが欲しいところの毛束を取り、ランダムに縦巻きに。 シアバターやミルクワックスなどのスタイリング剤を全体的に馴染ませたら完成です。 丸顔が気になる人に小顔になれるスタイル 縦長を強調するシースルーバングで丸顔補正 \ヘアスタイルのポイント/ ・シースルーバングのショートボブは大人でもトライしやすい!輪郭補正で、丸顔が気になる人にも!前髪がアクセントになって、大人カワイイ!スタイリング次第で、2WAYを楽しめます。 定番のショートボブは、男女を問わず高感度の高いヘアスタイルですが、人と差をつけておしゃれ度をアップしたいならシースルーバングが断然おすすめ! ・大人世代でも、チャレンジしやすく、さりげなく今っぽさを取り入れられます。 おでこが透けるシースルーバングは、顔の型を縦長に見せて丸顔を補正する効果もあり。 また、前髪アリなのに、長さを残しているため子供っぽくならずに上品な印象に。 ・オフィス仕様ではワンレングボブでキチッとスタイルに、オフの日にはアイロンで巻いてからウェットに仕上げることで、イメージをガラリと変えることができるスタイルです。 ナチュラルで幅広い年齢層にマッチするショートボブ。 特に、髪質が柔らかい人にオススメのデザインですが、硬毛さんは、大きめロッドでワンカールのパーマをかければ、抜群に扱いやすくなります。 \How to ベース&カラー/ ・ベースはアゴラインの長さで、やや前下がりのワンレングスボブでカット。 表面に入れたレイヤーが、毛先に動きをつけてくれます。 前髪は横幅を狭くし、巻いた時に目にかかる長さを計算してカットします。 カラーは、アッシュ寄りのベージュ。 暗めの7レベルでも、透明感のあるカラーなので、重たさを感じず抜けのある印象に。 \How to スタイリング/ ・髪をドライしたら、26mmのアイロンで内巻きワンカール。 表面は2cm間隔で細かめの毛束を取り、リバースにワンカールさせると立体感のあるスタイルになります。 ・最後に、ヘアオイル、もしくはシアバターを全体になじませて、カール感をほぐすようにスタイリングします。 ウェットな質感と前髪にもしっかりスタイリング剤を付けるのがデザインのカギです。 内巻きの長めボブは顔周りのカットで小顔に \ヘアスタイルのポイント/ ・ふんわり内巻きに入る毛先が、女性らしさをUP。 これから髪を伸ばしていきたい人にオススメなのが、鎖骨ラインのミディボブ。 ハネやすい長さとなりますが、顔まわりとトップにレイヤーを入れることで、内巻きにまとまるように。 ・とにかくスタイリングが簡単で、時短でも決まるのが嬉しいポイントです。 前髪とサイドをつなぐ髪を頬骨に落ちる位置で切り、毛量を調整する顔まわりの技ありカットで、気になる丸顔を補正して小顔効果も。 抜け感のある前髪が、柔らかく大人かわいいイメージに。 \How to ベース&カラー/ ・鎖骨ラインでバックから平行にカットし、グラデーションを入れます。 内巻きにまとまるよう、顔まわりとトップにレイヤーを入れます。 レイヤーは重さをとる程度に。 ・前髪が薄めに作り、ヌケ感を演出。 カラーは、赤みを抑えた8レベルのグレージュブラウン。 退色しても赤みが出にくく、透け感のある色味をキープ。 ナチュラルな艶と透明感を兼ね備え、落ち着いた大人女子に。 \How to スタイリング/ ・パサつきを防ぐため、オイルトリートメントを塗布してから乾かします。 毛先が内巻きにまとまるようにカットされているので、根元を後ろから前方向へ乾かすだけでOK。 乾いたら、毛先を32mmのアイロンでワンカール。 ・さらに、表面を巻くと、動きが出て軽さのアクセントに。 前髪を決めるコツは、黒目と黒目の間の髪だけを取り出してカールをつけること。 馴染みよく、毛流れのある前髪に。 最後に、保湿力のあるミルクを毛先と前髪につけ、整えたら完成です。 40代の大人女性に似合うボブヘア アクティブな印象を与える大人のカジュアルヘア \ヘアスタイルのポイント/ ・前髪なし+ショートボブは、ラフなハネ感で今っぽ大人カジュアルに。 セミウェットな質感で、甘すぎない抜け感のあるナチュラルヘア。 収まりの良さがポイントとなるショートボブですが、こちらはトレンドを取り入れた毛先に遊びのあるスタイルです。 毛先が不揃いな表情となり、ふんわりラフな動きを出すことができます。 顔まわりの髪がハネやすいのが悩みという人は、そのハネを活かすことができるデザインなのでストレスフリーにも。 ・カジュアルやナチュラルさを楽しみたい大人女性にぴったりなボブスタイル。 スタイリングが簡単なので時短にも。 朝の時間を有効活用したい人にオススメです。 \How to ベース&カラー/ ・ベースカットは、アゴラインでやや前下がりのワンレングス。 ラフなハネ感を出すため、トップと顔周りにはレイヤーセニングを入れます。 ・前髪は、サイドよりやや短めにカット。 カラーは、13レベルのカーキアッシュ。 ・マット系にブルーを加えることで黄味を抑えて、透明感をプラスした色味です。 \How to スタイリング/ ・ドライ時は、分け目がつかないように注意しながら乾かします。 乾いたら、ストレートアイロンで、全体的を外ハネに仕上げ、さらに表面を32mmのアイロンを使い、リバースカールをランダムに巻きます。 ・直毛やアイロンが苦手な人は、毛先に太めのロッドで軽くパーマをかけても。 仕上げは、スタイリングオイルを毛先中心につけてから、動きの欲しい表面と毛先にワックスを塗布。 毛束感を整えたら、セミウェットな質感の中にラフな動きのあるスタイルの完成です。 長め前髪がアンニュイな上品大人スタイル \ヘアスタイルのポイント/ ・抜け感ある長め前髪が色っぽい!柔らかく揺れる重めロブは、上品系モテヘア。 自然な色気を演出するなら、毛先に揺らぎをプラスするレイヤースタイルで決まり!顔まわりにレイヤーを入れた重めのロブスタイル。 レイヤーの動きが女性らしい柔らかさと上品な空気感を漂わせてくれます。 大人の色気をさりげなく感じさせてくれます。 ・前髪はアイロン仕上げではなく、マジックカーラーを使って根元からふんわり、やさしい印象に。 重めのカットでまとまりはありつつ、抜け感と動きがあり、柔らかい印象の大人ナチュラルなデザイン。 髪が広がりやすく、毛量の多い人でも軽さのあるヘアスタイルを楽しめます。 \How to ベース&カラー/ ・ベースは、顔まわりに重たさが残るようにやや前下がりのロブスタイルにカット。 顔周りには、動きが出るようにレイヤーを入れます。 前髪は、黒目と黒目の間が一番短く、サイドにかけて徐々に長くなる、長めのラウンド前髪にします。 ・カラーは、8レベルのショコラブラウンに。 ショコラブラウンは、やや暖色寄りの色味で、肌色をキレイに見せ、ツヤ感のある髪へ導きます。 また、退色しても美しい色をキープできます。 \How to スタイリング/ ・髪全体をドライしたら、前髪は毛先からマジックカーラーで巻いておくこと。 全体をアイロンで巻いている間にクセづけします。 マジックカーラーは、楕円型の2つのカーラーで挟むタイプの前髪用がおすすめ。 ・サイドからバックの髪は、32mmのアイロンで、毛先を内巻きにワンカール。 この時、髪を持ち上げて巻くとランダムで、柔らかな動きになります。 最後に、ヘアオイルを毛先中心に塗布して、ツヤのある質感に仕上げます。 短くてもOK!ボブさんのヘアアレンジ 輪郭をキレイに見せるポンパドールアレンジ \大人に似合うウエットな質感のポンパドールHow to/ 【STEP1】 ・髪全体にワックスをつけて膨らみを抑える。 ・ポンパドールを作る前に、髪全体にヘアワックスをなじませてウェットな質感に。 ・広がりも抑えられます。 【STEP2】 ・前髪とトップの髪をふたつに分けて取る。 ・前髪とトップの髪を両手で取ります。 ・このとき、自然に左右ふたつの毛束になるように取り分けます。 【STEP3】 ・ふたつに取り分けた髪をねじって交差させる。 ・【STEP2】で取り分けたふたつの毛束を、それぞれ1度ねじってから交差させます。 【STEP4】 ・毛流れに逆らうようにヘアピンで留めて固定する。 ・【STEP3】で上にかぶせた方の毛束の流れに逆らうように、ヘアピンを差し込んで留めます。 【STEP5】 ・髪の境目と前髪の生え際にダークブラウンのパウダーでラインをぼかす。 ・トップの髪を取った境目のラインがくっきり見えると幼い印象になるので、髪用のダークブラウンのパウダーをポンポンっとつけてラインをぼかします。 ・また、フェイスラインが卵型に見えるように前髪の生え際にものせると、大人らしい丸みの顔立ちに。 ポンポンっとなじませるだけで頭皮の肌色を自然にカバー。 今っぽいウエット感でポンパドールがこなれた印象に。 理想的な卵型フェイスで顔立ちまでも美しく。 ボブとの相性抜群なカチューシャスタイル \ターバン風カチューシャと高バランスなふんわりトップのまとめ髪How to / 【STEP1】 ・膨らみやすいサイドはワックスでピタッと。 ・カチューシャを付ける時は、サイドがタイトな方が高バランス。 ・ワックスをなで付けるようにコームでとかします。 【STEP2】 ・耳下あたりの低い位置で髪をまとめる。 ・ターバン風のカチューシャはボリュームがあるので、後ろの髪はすっきりとひとまとめに。 ・耳下あたりの低い位置でまとめます。 後ろの髪をヘアゴムでひとまとめにしたら、結び目を持って後頭部の髪をつまみ出します。 ・ターバンらしさを引き立たせるために、カチューシャはやや前につけます。 ・頭皮の皮脂を吸収してさらさら&ふんわりとさせるパウダーを使って、トップにボリュームをだします。 まず、パウダーを指先に取ります。 次に、指先でトップをつまみ出しながらパウダーを塗布してトップをふんわりと。 指に取ってからなじませると、狙ったところにボリュームが出しやすくなります。 ・トップがつぶれやすいので、さらさらをキープするパウダーを仕込んでおきます。 ・トップの毛束を持ち上げ、後ろからポンポンっとすると、頭皮に密着しやすいですよ。 パウダーをつけたトップの毛を、髪の表面からもみ出してふんわりとさせます。 【STEP2】 ・サイドの髪をワックスで押さえてタイトに。 ・顔周りをすっきりさせるとダウンスタイルでも涼やかに見えるので、サイドの髪にワックスがついたコームをなでつけて、ピタッとタイトに。 ふわふわと飛び出てしまう短い髪は、髪の表面をコームで押さえつけるようにすると落ち着きます。 【STEP3】 ・毛先のクセにワックスをなじませてツヤと動きを。 ・特にクセが強い毛先に、【STEP2】で使ったヘアワックス付きのコームをなじませて動きをつけます。 ・ツヤも出るので、今っぽいウェット感を演出できます。 【STEP4】 ・生え際の割れ目にシャドウパウダーをオン。 ・髪の分け目の生え際部分にも強めのクセがあり、髪が薄く見えて悩んでいました。 ・シャドウをパウダーで入れると自然に薄毛っぽさをカバーでき、小顔効果もあり! ・スポンジでポンポンっとつけるので、ナチュラルな仕上がりになります。 生え際のシャドウのおかげで小顔効果も! *価格はすべて税抜きです。

次の