ローソン おかずコロッケ。 【ローソン】新商品「とけコロ」実食! おかず系コロッケの新食感♪

2週間で500万個突破! ローソンのとろっとろホットスナックが爆売れ中! : 東京バーゲンマニア

ローソン おかずコロッケ

2020年4月更新!コンビニコロッケ徹底比較最新版!セブンイレブンの「北海道男爵の牛肉コロッケ」ファミリーマートの「ファミコロ(牛肉コロッケ)」ローソンの「おかずコロッケ 北海道コロッケ 」を食べ比べ。 カロリー糖質も比較。 断面画像あり。 まるっとわかるキャプテン福田の実食レビュー! 👉本日の記事の見出し 👉コンビニのコロッケは美味しい! 👉セブンイレブンの「北海道男爵の牛肉コロッケ」です! 👉ファミリーマートの「ファミコロ(牛肉コロッケ)」です! 👉ローソンの「おかずコロッケ 北海道コロッケ 」です! 👉実食比較します! 👉一覧表でまるっとわかります! 👉まとめ:果たしてその評価は?どれがおススメ?! コンビニのコロッケは美味しい! コロッケは安くて美味しい。 コンビニのコロッケはレジ横にあり、温かい場合と常温の場合があるが、常温でもレンジでチンしてもらえば揚げたて感のあるホカホカの状態で供される。 80円~95円とレジ横最安値であるがボリュームもあり飽きの来ない美味しさが支持されている定番商品である。 元々は フランス料理のクロケット(現在の「クリームコロッケ」)にルーツを持つ、日本で開発された洋食メニューだ。 トンカツ、カレーライスと並び「大正時代の3大洋食」と言われる。 東京の 「長楽軒」という肉屋さんが大正6年(1917年)に初めて開発したことが始まりであり、現在でも肉屋さんで売られているのはこの歴史による。 余った肉や揚げるラードがあったことが開発の理由だそうだ。 どれも美味しく激戦ですね💦 それぞれ味わいにはっきりした違いもあり楽しい比較でありました😁 セブンは価格も高いですが、それを上回るワンランク上の商品 である。 特にじゃがいもに2種の食感が楽しめる作りとしてあるのは、実にセブンらしいハイクラスなアイデアであろう。 一方 ファミマはみっちりタイプの個性的コロッケであり、中毒性の強い💦リピしたくなる濃い味わいが印象的。 ローソンはオーソドックスな王道的中庸路線。 各社それぞれにはっきりとしたコンセプトを有しているのが理解でき、実に勉強になりました😅 個人的にはセブンとファミマの二択となりましたが、お値段やや高めとは言え、完成度の極めて高いセブンの票を入れさせていただきたいと思います。 なので順位は以下とさせていただきます。 303• 371• 201• 193•

次の

ローソン、新機軸コロッケ・メンチ 計画比1.5倍の好調

ローソン おかずコロッケ

ただでさえ割高のコンビニでコスパよくお腹を満たすには? それは「値段の割に量が入っているもの」を探す。 これ一択だ。 100円以下で買えるコロッケなんかピッタリだ。 1個で200kcalゲット。 でも、どこのコンビニでも同じようなものなのだろうか。 もしかして「少量化」のあおりを受けて差があるのではないか? ということで、ローソン、ファミリーマート、セブンイレブンの3社の コロッケでコスパを比較してみた。 ・コロッケを比べてみた! 今回、比較したのは「コロッケ」だ。 あのレジ横で販売されているホットスナックのコロッケである。 コンビニによってはコロッケだけでも何種類か展開しているが、今回はそれぞれのチェーンで最も安い価格のコロッケを比較してみた。 美味しい、でも特に特別でも何でもないスタンダードなコロッケ。 北海道産の男爵いも、玉ねぎ、小麦粉、牛肉、そしてパッと見でもわかるように粗く挽かれた大粒のパン粉が使われている。 ザクザクっとした食感なんだろうなと思わせるビジュアルだ。 ・価格:75円(税抜、以下同じ) ・重さ:75g ・ファミリーマートの場合 ファミマのコロッケは「北海道産じゃがいもの牛肉コロッケ」。 同じく北海道産のジャガイモが使われている。 見るからに「昔ながらの牛肉コロッケ」である。 ・価格:75円(税抜) ・重さ:76g ・セブンイレブンの場合 「ごろっごろ男爵の牛肉コロッケ」。 他の2社と比べて13円高いものの、厚みがある。 北海道推しではないが、国産のジャガイモが使われているそうだ。 ・価格:88円(税抜) ・重さ:75g ・最もコスパいいコロッケは ……これは、電卓をたたかなくてもわかりますね。 今回の数字だけを判断材料とするならば、ファミマのコロッケが「最もコスパいい」ということになります……が! ローソン、ファミマ2社の差はたった1gだ。 1g……たとえばレジでの袋詰めや、食べる前に袋から出す際などパン粉が少し落ちただけでこれくらいの差は出て来るだろう。 その点を考慮すると、両社コロッケのコスパも差はないと考えるのが妥当ではないだろうか。 しかし、味にはそれぞれ特徴があり、目を閉じて食べてもその違いはわかるくらいだ。 ファミマは飴色タマネギの甘さが特徴的。 芋がほぼペースト状でその分、肉の食感が際立っている。 一方、ローソンはファミマよりは芋の食感が残っていて、味つけもやや薄味だ。 ちなみにローソンではジャガイモだけでなく牛肉など他の材料も北海道産だが、ファミマのコロッケの牛肉は「オーストラリアなど」と書かれている。 コスパに差がないとなると、国産の材料が使われているローソンのコロッケに魅力を感じる人も多いかもしれない。 ファミマのしっかり味付けのコロッケと比較すると「茹でた芋かな?」というくらい素材の味が大切にされている。 食感も味もセブンならでは。 2社とはかなり異なる。 肉の産地はオーストラリアやアメリカだ。 ゴロゴロ芋の食感と味に13円以上の魅力を感じたなら「買い」なのだろう。 参考リンク:、、 Report: Photo:Rocketnews24.

次の

【ローソン】おかずコロッケ(塩分0.5g・たんぱく質3.8g)ランチ|減塩外食のコツ・裏技

ローソン おかずコロッケ

2020年4月更新!コンビニコロッケ徹底比較最新版!セブンイレブンの「北海道男爵の牛肉コロッケ」ファミリーマートの「ファミコロ(牛肉コロッケ)」ローソンの「おかずコロッケ 北海道コロッケ 」を食べ比べ。 カロリー糖質も比較。 断面画像あり。 まるっとわかるキャプテン福田の実食レビュー! 👉本日の記事の見出し 👉コンビニのコロッケは美味しい! 👉セブンイレブンの「北海道男爵の牛肉コロッケ」です! 👉ファミリーマートの「ファミコロ(牛肉コロッケ)」です! 👉ローソンの「おかずコロッケ 北海道コロッケ 」です! 👉実食比較します! 👉一覧表でまるっとわかります! 👉まとめ:果たしてその評価は?どれがおススメ?! コンビニのコロッケは美味しい! コロッケは安くて美味しい。 コンビニのコロッケはレジ横にあり、温かい場合と常温の場合があるが、常温でもレンジでチンしてもらえば揚げたて感のあるホカホカの状態で供される。 80円~95円とレジ横最安値であるがボリュームもあり飽きの来ない美味しさが支持されている定番商品である。 元々は フランス料理のクロケット(現在の「クリームコロッケ」)にルーツを持つ、日本で開発された洋食メニューだ。 トンカツ、カレーライスと並び「大正時代の3大洋食」と言われる。 東京の 「長楽軒」という肉屋さんが大正6年(1917年)に初めて開発したことが始まりであり、現在でも肉屋さんで売られているのはこの歴史による。 余った肉や揚げるラードがあったことが開発の理由だそうだ。 どれも美味しく激戦ですね💦 それぞれ味わいにはっきりした違いもあり楽しい比較でありました😁 セブンは価格も高いですが、それを上回るワンランク上の商品 である。 特にじゃがいもに2種の食感が楽しめる作りとしてあるのは、実にセブンらしいハイクラスなアイデアであろう。 一方 ファミマはみっちりタイプの個性的コロッケであり、中毒性の強い💦リピしたくなる濃い味わいが印象的。 ローソンはオーソドックスな王道的中庸路線。 各社それぞれにはっきりとしたコンセプトを有しているのが理解でき、実に勉強になりました😅 個人的にはセブンとファミマの二択となりましたが、お値段やや高めとは言え、完成度の極めて高いセブンの票を入れさせていただきたいと思います。 なので順位は以下とさせていただきます。 303• 371• 201• 193•

次の