プーアル 茶 効能。 ダイエットだけじゃない!プーアル茶の効果・効能

プーアル茶の副作用やデメリット|プーアル茶の効果効能

プーアル 茶 効能

ダイエットティーとして一世を風靡したプーアル茶ですが、実はプーアル茶を用いたダイエットを行っていらっしゃる方から「飲んでいるけど全く痩せない」「長期間飲んでみたけど変化がない」「飲み過ぎて胃が痛くなってしまった」などデメリットな感想が多く聞かれます。 しかし、ダイエット効果は得られなくても「便秘が解消された」「肌トラブルが改善した」「寝起きが良くなった」など健康や美容に関する効果を実感されている方は多いようです。 そんなプーアル茶ですが、原材料は緑茶や烏龍茶などと同じ「カメリヤ・シネンシス」という茶葉から作られており、カフェインやタンニンなどを少なからず含んでいます。 そのため、プーアル茶にも副作用やデメリットを引き起こす可能性は低いですが、あります。 そこで、今回はプーアル茶の副作用やデメリットに関するご説明をさせて頂きます。 プーアル茶による副作用についてご説明します。 まず副作用ですが、今現在報告プーアル茶による副作用の報告はされておりません。 ですが、プーアル茶にはカフェインやタンニンなどの成分が含有されておりますので、過度な飲用による不眠や腹痛、下痢といった症状を引き起こす可能性があります。 実際に日本国内でもダイエット目的で長期飲用されていた方々の間で腹痛や下痢などの症状を引き起こした方もいらっしゃるため、過剰な飲用は避けた方が良いでしょう。 また、プーアル茶には体内に蓄積された老廃物や毒素を体外へ排出する働きがあるため、デトックス効果を得ることができます。 しかし、効果を得たいがために過剰飲用した場合、お腹が緩くなり、胃腸の調子を悪化させてしまう方もいらっしゃいます。 プーアル茶でダイエットを行う場合は、1日3杯、食前または食中、スポーツ前に飲用するようにしましょう。 プーアル茶のデメリット プーアル茶のデメリットですが、現在食品偽装や残留農薬問題など食に関する安全性が問題となっており、特に食に関する安全性が懸念されている中国産の飲食物は乳幼児や高齢者のいらっしゃるご家庭の方々は少々不安ですよね。 特に中国発祥のプーアル茶は今まで国内で生産することができませんでしたので、購入を控えていた方も多いかと思います。 ですが、近年日本茶を用いた国産プーアル茶も続々開発されており、再びプーアル茶ブームが到来しようとしています。 しかし、実はプーアル茶には他のお茶同様、デメリットがございます。 まず、プーアル茶をはじめ、お茶全般には「シュウ酸」という成分が含有されています。 料理がお好きな方はご存知かと思いますが、シュウ酸は体内に摂り込まれると腸内でカルシウム成分と結合し、便となって体外へ排出されます。 しかし、カルシウムが不足した場合、余ってしまったシュウ酸は腸内で吸収され、腎臓にあるカルシウムと結合してシュウ酸カルシウムを生成します。 このシュウ酸カルシウムは腎臓結石や尿管結石、膀胱結石を引き起こす原因となっており、これらの病を引き起こしやすい方はプーアル茶などのお茶類を飲用される際は注意が必要です。 シュウ酸カルシウムですが、カルシウム不足によってシュウ酸が腸内で吸収されるのを防ぐことが出来れば、結石にならずに済みます。 ですので、事前にシュウ酸カルシウムにしておくことで、腸内でシュウ酸が吸収されるのを防ぎ、便として排泄されるようにしてしまえば良いのです。 ですので、カルシウムを豊富に含む食品と共に摂取するようにしましょう。 また、レモンや梅干しなどに含まれるクエン酸には結石を予防する効果が備わっておりますので、プーアル茶に梅干やレモン果汁を加えたり、みかんやトマトと共に摂取するのもオススメです。 また、プーアル茶にはカフェインが含有されておりますので、妊娠中や授乳中の女性、トイレが近い方、不眠や寝つきの悪い方などは飲用する際は注意しましょう。 カフェインには胃液の分泌を促進させる働きがありますので、空腹時に摂取してしまうと、胃痛などの原因となりますので、必ずお腹に何か入れてから飲用するように心掛けましょう。 今回はプーアル茶の副作用やデメリットについてご説明させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。 プーアル茶にはシュウ酸が含まれておりますが、メーカーによってシュウ酸の含有量を最小限に抑えられている場合があるそうです。 ですが、以前結石を患ったことのある方や妊娠中や授乳中の女性、そして持病をお持ちの方などはプーアル茶を飲用される前に信頼できる医師に相談してから飲用するようにした方が安心かと思います。

次の

プーアル茶の副作用やデメリット|プーアル茶の効果効能

プーアル 茶 効能

プーアール茶は本当にダイエット効果があるの? プーアール茶には、脂肪の吸収を抑える働きと脂肪を燃焼させる2つのダイエット効果があると言われています。 プーアール茶に含まれる「重合型カテキン」は従来の緑茶にはない有効成分で、摂取した食べ物の脂肪が肝臓から分泌される胆汁によって分解されるのを防ぐことで、脂肪が体内に吸収されるのを抑えます。 また一方で、すでに溜まってしまった脂肪を分解するには、脂肪分解酵素であるリパーゼの働きが活性化する必要があるのですが、プーアール茶に含まれる成分にはこのリパーゼの分泌を促す効果があると言われています。 この他にも、脂肪の分解を促進するカフェインや、脂肪の燃焼を助けてくれるビタミンBなどが含まれており、相乗効果が期待できます。 プーアール茶ダイエットの成功するやり方 プーアール茶ダイエットをより効果的に行うためには、食事で摂取した脂肪の吸収を抑える 食事中や食事後に飲むのがおすすめです。 また、アイスよりもホットの方が体内に早く吸収されることから、 温めたものを飲むとよいでしょう。 さらに、熟成期間が短いものよりも長いものの方が成分が多く含まれるものを選ぶのがよいでしょう。 そして、コツコツと長く続けるためには「味」も大切です。 プーアール茶は産地や熟成期間によって味が微妙に異なりますので、自分に合った味を探し出すこともプーアール茶ダイエット成功のポイントと言えるでしょう。 ダイエットのポイントや注意点!副作用はないの? 癖がなく飲みやすいプーアール茶は、手軽にできるお茶ダイエットの中で人気となっています。 しかし、ただ飲むだけでは思うように痩せることはできません。 プーアール茶は、脂肪の分解を促したり、脂肪の吸収を抑える働きはあるものの、それだけではすでに溜まってしまっている脂肪を減らすことはできないからです。 プーアール茶ダイエットで大切なのは、脂肪を分解した後に燃やすこと。 そのためには運動は欠かせません。 実際にプーアール茶ダイエットに成功している方の多くは、プーアール茶を飲みながら運動も頑張ったケースです。 飲むだけでみるみる痩せる魔法のダイエット方法ではない、ということを肝に銘じてダイエットに取り組んでみましょう。 なお、プーアール茶はたくさん飲めばそれだけダイエット効果が高まるわけではありません。 むしろ、飲み過ぎてしまうと利尿作用によってトイレが近くなったり、下痢や腹痛、胃もたれなどの原因になってしまいます。 また、プーアール茶は茶葉の大きさなどによって等級が分かれているため、味や成分量などに違いがあります。 ただし、等級が高い方がダイエット効果がある、というわけではなく、それよりも自分に合った味を見つけることでダイエットを無理なく続けることができるので、最初に飲んだプーアール茶がいまいちでもそこで諦めずに、自分好みのプーアール茶を探してみるのがよいでしょう。 プーアール茶ダイエットの口コミ! ここまで、プーアール茶の効果やダイエット方法とご紹介してきましたが、プーアール茶ダイエットを実践した方は、どのような感想を持っているのか気になりますよね。 そこで、プーアール茶ダイエット体験者の声を集めてみました。 「プーアール茶を食事時に飲むようになってから、ちょっと食べ過ぎたなと思う日も体重が増えなくなった」 「プーアール茶を飲み続けて体重が減ったのも嬉しかったけれど、高めだった血圧が下がっていて驚いた」 「飲み続けましたが、効果はありませんでした・・」 「便秘が解消され、汗をかきやすくなりました!」 プーアール茶ダイエットの効果は様々ですが、空腹時に飲むと胃が荒れる原因となるそうです。 下痢や腹痛など体質的に合わない方もいるようなので、体調に注意しながら飲みましょう。 プーアール茶ダイエットとは? プーアール茶とは、中国茶の一種で雲南省南部のプーアール県で採れたお茶が発祥となっています。 黒茶・青茶・白茶・黄茶・緑茶・紅茶の中国六大茶の中の一つである黒茶に分類され、中国では緑茶や烏龍茶よりも人気があるお茶となっています。 プーアール茶は、日本にはない中国独自の緑茶を麹菌で長期発酵させる「 後発酵茶」と呼ばれるお茶で、独特の香りや味があります。 プーアール茶ダイエットとは、このプーアールを飲んで痩せるダイエット方法となっています。 プーアール茶の効能・効果 日本では中国茶と言えばウーロン茶が一般的ですが、中国ではそのウーロン茶と並んで親しまれているのがプーアール茶です。 特にプーアール茶はダイエットによいとして人気がありますが、それではプーアール茶にはどのような効能や効果が期待できるのでしょうか。 脂肪燃焼を促進する 一度、体に蓄えられてしまった脂肪、つまり体脂肪は燃えにくいため、どんどんと蓄積してしまうものですが、この体脂肪を燃えやすくする働きがプーアール茶にはあると言われています。 その理由は、リパーゼという脂肪燃焼酵素を増やす作用があるから。 そのため、プーアール茶は昔から中国でダイエットによいと言われています。 脂肪の吸収を抑える 食事によって摂取した脂肪が体に吸収されなければ、太ることはありません。 その脂肪の吸収を抑える働きもプーアール茶にはあると言われています。 それは、プーアール茶に含まれる没食子酸とカテキンに、脂肪を乳化して吸収しやすくする胆汁の働きを抑える作用があるからと言われています。 コレステロールを排出する 血液中の悪玉コレステロールを排出する働きがあるため、血液の流れを促し、動脈硬化や高血圧などの症状を予防、改善する効果が期待できると言われています。 アンチエイジング効果 プーアール茶には、カテキンやポリフェノールといった抗酸化物質が多く含まれていることから、 老化の原因と言われている活性酸素の働きを抑え、若々しさを保つアンチエイジング効果が期待できると言われています。 糖尿病の改善 近年の研究で、プーアール茶には糖尿病の改善に効果があることがわかっています。 まとめ いかがでしたか? 香りや味に癖のあるプーアール茶ですが、中国では最もポピュラーなお茶とも言われています。 脂っこい食事が多い中華料理を毎日のように食べている中国の方々ですが、スレンダーな体型の方が多いのも、もしかしたらプーアール茶のおかげなのかも知れませんね。

次の

プーアル茶の効果効能。カフェインは含むの?ダイエット効果も!

プーアル 茶 効能

もくじ• プーアール茶の効果・効能 プーアール茶は、ダイエットやデトックス効果があり、女性にとっては嬉しい効果があります。 プーアール茶は、今ある脂肪というよりこれから入っていく脂肪の蓄積を抑える効果があるお茶になります。 プーアール茶の主な有効成分と効能・効果について説明していきます。 成分名 効果・効能 リパーゼ酵素 脂肪分解作用、消化促進 カテキン コレステロール抑制作用、抗酸化作用、殺菌作用、抗ウイルス作用 テアニン リラックス効果 サポニン 殺菌・抗菌作用、抗炎症作用 タンニン 抗酸化作用 これらの効果は、総合的に作用して効果をもたらしますが、研究中の部分もあり、どのように作用しているのかわかっていない部分もあります。 プーアール茶の効果や効能について、もう少し詳しく説明していきましょう。 リパーゼ酵素 後発酵の過程で生成された酵素で脂肪分解作用があり、人の体の中にもある酵素です。 血中の脂肪分やコレステロールを分解、排出する作用がある• 消化を促進させる作用がある• 肥満や糖尿病を防ぐ作用がある などの効果があります カテキン 抗酸化作用を持ち、老化を防ぐ成分をもち殺菌作用に優れている成分です。 血中のコレステロールを抑えて、動脈硬化を予防する• 血糖値の上昇を抑える作用がある• 抗ウイルス作用、殺菌作用があり胃潰瘍予防や食中毒予防に効果がある などの嬉しい効果があります。 テアニン お茶のうまみ成分で、リラックス作用がある成分です。 脳や神経を調節して興奮を抑える作用があります• リラックス効果のほかに脳を活性化させ、集中力をアップさせる• リラックス効果を促すことから寝る前に少し飲むと快適な睡眠を得られる といった効果があります。 サポニン 抗菌作用や咳、痰を抑える効果のある成分です。 疲労回復• 細菌などの侵入、増殖を防ぐ作用がある• 抗炎症作用があり、咳・痰を抑える効果がある• 血栓をできにくくし、毛細血管などの血流をよくする作用がある• 利尿作用があり、体の中の老廃物を排出する などの効果があります。 タンニン 口にすると渋みを感じる成分でいろいろなお茶に含まれている成分です。 下痢の緩和や改善予防• 活性酸素の働きを抑え老化を予防する抗酸化作用がある• 殺菌消臭作用があり虫歯や口臭などを予防 などの効果があります。 プーアール茶の副作用について プーアール茶は、カフェインが含まれています。 過剰に飲むと胃もたれや腹痛、下痢、不整脈などが現れるので適切な量を飲むようにしましょう。 妊娠している人もカフェインは、赤ちゃんに影響が出る場合があります。 少量摂取する分には、問題ありません。 ただし、飲む場合は普通の人よりさらに量を減らすようにしてください。 どうしても気になる場合は医師に相談しましょう。 プーアール茶の味と香りについて プーアール茶は、保管状態や熟成状態により味が多少変わります。 渋みや苦味が丸くなり甘みのある、まろやかな味とすっきりとした後味となっています。 香りは土のような独特な匂いがし、陳香とも呼ばれています。 ただ、カビ臭い、ほこりっぽい匂いがするといわれるものもあります。 それは、保存状態がよくないものや出来がよくないものですのでしっかりと選んで購入しましょう。 どうしてもプーアール茶の独特な味わいが苦手な人は、冷やしてアイスにしてのむと飲みやすいです。 しかし、 プーアール茶は水出しには向きません。 暖かいものを淹れて冷やして飲むと美味しいでしょう。 プーアール茶を美味しく飲む方法と作り方 プーアール茶を美味しく飲む方法についてお伝えします。 プーアール茶は、葉がばらばらになっている状態の散茶と茶葉を固めた状態の固形茶があります。 固形茶は、餅茶、沱茶(とうちゃ)、磚茶(たんちゃ)、方茶、竹筒茶などと呼ばれています。 固形茶を使う場合は、茶葉を崩す必要があるので必要な分を崩します。 基本の作り方 プーアール茶5gお湯を入れて蒸す、プーアール茶は、出がよいお茶ですので蒸す時間は、短い時間でも大丈夫です。 自分の好みの濃さで調節するといいでしょう。 また、プーアールは、4~5煎くらいまでは、お茶を淹れることができます。 プーアール茶が苦手な人は、1、2煎目のお茶は捨てて、3煎目から飲むと飲みやすいです。 プーアール茶は、飲む前に洗茶を行うのがオススメ。 煎茶とは1煎目のお茶を捨てる事。 急須やポットに茶葉がつかるくらいお湯を入れて、10~20秒後に捨てるのが目安。 これをすることでほこりを落とすことができます。 そして、茶葉の開きをよくでき、雑味の取れた味わいになります。 この過程で香りが落ちる事もあるため、あくまで好みで行うといいでしょう。 バラの花の甘い香りが、プーアール茶の独特の味を緩和させてくれるので飲みやすくなっています。 紅茶は、どの種類を使っても美味しく入れられます。 プーアール茶との味と香りのバランスを紅茶がとってくれます。 ミルクティーにしてもふんわりとして、コクのある味わいになり、美味しく飲めます。 プーアール茶に合うお菓子、食事 プーアール茶は、飲みやすいお茶なので色々な食事にあわせることができます。 脂肪を分解する効果があるので、中華料理などの脂っこい食事を食べた後にオススメ。 後味がさっぱりしているので、口をすっきりさせるのにも役に立ちます。 プーアール茶のオススメ入手法と買い方 プーアール茶は、中国茶やお茶の専門店以外にもスーパーやドラッグストアでも見かけることがあります。 保存や熟成状態によっては、味や香りの当たり外れがあるので色々なメーカーのものを飲んでみて自分の好みの味と香りのもの探すのも楽しいですよね。 ネット通販でも購入することができます。

次の