気管支 内 視 鏡 検査。 BFS

BFS

気管支 内 視 鏡 検査

パルボックスです! 肺の気管視鏡検査を体験したので検査前後の心境を交えて熱く語りと思います。 恐怖を煽るつもりは全くありません! 検査終了までの経験を参考に安心して欲しいと考えています。 苦しい! 辛い! って記事が多すぎるだけです。 2018年2月26日更新• 健康診断の結果 年に1回の健康診断で要精密検査の結果を確認。 肺に影がありました。 (血の気が引いた) 20代の進行スピードが早い事を危惧して総合病院へ行く事を決意。 総合病院へ行く 10年ぶりの総合病院でしたが、機械化が進んでいて驚きました。 ご年配の方は、お会計に苦戦している方もいましたね。 今日はAさん来ないの?具合が悪いのかしら? 暇つぶしかな? 聞かなかった事にしよう! 総合病院と地域クリニックの使い分けは重要です。 機械化を進める事で地域クリニックの活性化に繋がるみたい。 呼吸器内科で受診 同時に風邪を引いていた僕は、白血球の数値に異常がありました。 候補として挙がったのは、肺サルコイドーシス・肺結核・肺ガンの3つ。 精密検査の結果 肺サルコイドーシスの可能性が残りました。 当然、僕の頭の中は疑問で溢れるわけです! 全く聞いた事がありませんから。 サルコイドーシス?必殺技かな? サルコイドーシスは厚生労働省が認定する難病です。 国内では10万人に1人の割合。 全体の2割程度は難治化しますが、自然寛解する事が多いらしい。 従来より日本の患者は自覚症状が無く、私の場合も胸部X線で偶然発見されました。 こうして大学病院の紹介状を頂き、戦場へ赴きました。 大学病院へ行く 総合病院の主治医から公共の交通機関を利用するように伝えられていた。 サルコイドーシスは、肺に次いで眼の病変が多い。 眼圧眼底検査を行うため、麻酔薬を点眼します。 なんだこの妙な感じぃい! 眼圧計を角膜の中央に接着しますが、痛みは感じません。 また、一瞬強い風をあてるためビックリします。 加えて、麻酔薬(目薬タイプ)の副作用を体感します。 めっちゃまぶしぃい! 点眼から4~5時間は、光がまぶしい・焦点がぼやける状態が続きます。 車の運転は絶対に避け、公共の交通機関を利用します。 気管視鏡検査の説明を聞く ちょっとココは真面目に書きたい。 気管視鏡検査って何? 簡単に言えば胃カメラの肺バージョンです。 検査時間は約30分です。 検査前日21時以降は、食事制限されます。 最初にカメラの付いた6mm程度のファイバーを体内に挿入します。 次に組織を直接採取する生検を行います。 また、生理食塩水を入れて洗浄を行います。 検査後は、約2時間安静を取ります。 検査までの流れは? 検査前に霧状の麻酔薬を吸入します。 肩へ筋肉注射を行い、咳や妨げとなる痰を抑えます。 霧状の麻酔薬は、具合を悪くする場合があるみたいです。 筋肉注射は、通常より針が太く・垂直に挿します。 薬液の量も多いため、痛みを感じます。 全身麻酔?半覚醒? 私は半覚醒でした。 医師会により意見が分かれているようです。 半覚醒の場合、意思疎通が可能となる為、リスクを最低限に抑えるメリットがあるとの説明を受けました。 実際は、全身麻酔を希望する方が多いそうです。 検査同意書はあるの? 私の場合、検査同意書の説明とサインの記入がありました。 それほど身体にかかる負担が大きい検査であると自覚しました。 覚悟を決める 私の場合、楽観的なノリで不安はありませんでした。 問題ない!任せて欲しぃぃいい! 選択の余地はありません。 何よりも命が大事です。 恐怖や不安に駆られると思いますが、その先で待つ明るい未来をイメージしました(大事) 気管視鏡検査に臨む 検査前 霧状の麻酔薬の吸入と筋肉注射を行います。 麻酔薬の吸入は、喉に麻酔をかける作業です。 局所麻酔で具合が悪くなった経験をお持ちの方は、注意が必要です。 内視鏡検査室へ移動 車椅子で移動しました。 入り口で待っていたのは数名の実習生でした。 僕と年齢が近いためちょっと恥ずかしい。 僕の勇士を刮目せよ! 室内には5人以上が待機しています。 ベットで仰向けになる ファイバーを噛む事を防ぐ目的でマウスピースを加えます。 口での呼吸は出来ない為、鼻のみとなります。 半覚醒の場合、意志疎通が可能です。 苦しい時は、手でサインを送るように指示を受けます。 この時点で気づいたのは、総合病院の主治医も検査当日に立ち会ってくれました。 検査開始 検査時間は約30分です。 カメラ付きファイバーの挿入時点で嗚咽反射に耐えられず おえぇええ! 嗚咽反射を抑えるポイントは、鼻呼吸を意識する・リラックスするの二つです。 口呼吸が習慣化している方は、反射が強い傾向にあります。 喉元を通過した時点で反射の回数は減少します。 検査途中 細胞を採取する事を目的に生理食塩水で肺洗浄を行います。 ボコォボコォ 担当医から呼吸のタイミングを指示されます。 とても不思議な感覚です。 検査終了 担当医の指示に従い、体の向きを変えつつ生検が終了。 ファイバーを抜き取ります。 検査終了後は、室内ベットで約2時間安静にします。 途中、血中酸素濃度の確認を行います。 肺が少しツンツンと痛みましたが、血痰は出ませんでした。 経過観察 病名は、肺サルコイドーシスで確定しました。 現在は、3ヶ月または6ヶ月の期間でレンゲン撮影・血液検査を行っています。 順調に回復しており、自覚症状も一切発生していません。 あとがき こんな感じです。 他のブログは不安を煽りすぎです。 検査終了までの過程が削除され、PV狙いの苦しかった記事ですね。

次の

BFS

気管支 内 視 鏡 検査

, Inc. , Kenilworth, N. , U. Aは、米国とカナダ以外の国と地域ではMSDとして知られる、すこやかな世界の実現を目指して努力を続ける、グローバルヘルスケアリーダーです。 病気の新たな治療法や予防法の開発から、助けの必要な人々の支援まで、世界中の人々の健康や福祉の向上に取り組んでいます。 このマニュアルは社会へのサービスとして1899年に創刊されました。 古くからのこの重要な資産は米国、カナダではMerck Manual、その他の国と地域ではMSD Manualとして引き継がれています。 私たちのコミットメントの詳細は、をご覧ください。 必ずお読みください:本マニュアルの執筆者、レビュアー、編集者は、記載されている治療法、薬剤、診療に関する考察が正確であること、また公開時に一般的とされる基準に準拠していることを入念に確認する作業を実施しています。 しかしながら、その後の研究や臨床経験の蓄積による日々の情報変化、専門家の間の一定の見解の相違、個々の臨床における状況の違い、または膨大な文章の作成時における人為的ミスの可能性等により、他の情報源による医学情報と本マニュアルの情報が異なることがあります。 本マニュアルの情報は専門家としての助言を意図したものではなく、医師、薬剤師、その他の医療従事者への相談に代わるものではありません。 ご利用の皆様は、本マニュアルの情報を理由に専門家の医学的な助言を軽視したり、助言の入手を遅らせたりすることがないようご注意ください。 本マニュアルの内容は米国の医療行為や情報を反映しています。 米国以外の国では、臨床ガイドライン、診療基準、専門家の意見が異なる場合もありますので、ご利用の際にはご自身の国の医療情報源も併せて参照されるようお願い致します。 また、英語で提供されているすべての情報が、すべての言語で提供されているとは限りませんので、ご注意ください。

次の

気管支鏡検査

気管支 内 視 鏡 検査

A6:気管支鏡検査の手順を説明します。 検査前の一食は絶食となります。 検査直前に のどの麻酔をします。 検査の際には酸素を吸ったり、酸素濃度モニターや心電図モニターを装着することがあります。 薬剤から目を保護するために目を覆い隠す場合もあります。 ベッドに仰向けに寝ていただきます。 口または鼻から気管支鏡を のどを通して気管支まで挿入します。 口からの場合にはマウスピースを口にくわえていただき、鼻からの場合には局所麻酔薬を鼻に塗ります。 一般に左右すべての42本ある亜区域気管支と言われる直径5mm程度までの気管支を観察し病変の有無を確認します。 途中で咳が出る場合には気管支内へ局所麻酔薬を追加投与します。 検査中普通に息をすることはできますが、気管支鏡が声帯のすきまをとおり抜けるので声はでません。 異常などがあれば、検査前に医師からいわれた合図(手でベッドをたたくなど)で知らせてください。 検査中はできるだけ肩の力を抜いて静かに呼吸をしてください。 危険ですので絶対にご自分で気管支鏡などの器械を触らないで下さい。 さらに、病変部を精密に確認したり、レントゲン透視を併用して細胞や組織を的確な部位から採取します。 生理食塩水を入れて洗浄することもあります。 出血などの偶発症が起きていないことを確認してから、ファイバースコープを抜きとって検査を終了します。 検査時間は通常20~30分程度ですが、検査、処置の内容によってはさらに時間を要する場合があります。 のどの麻酔はすぐには切れません。 検査後2時間は水や食物を摂らないようにしてください。 2時間がすぎたら最初は少量の水を飲んでむせないことを確かめてください。 A8:合併症には以下のものがあります。 検査の内容によっては起こりやすい合併症や各検査に特有の合併症が存在することがありますので、各検査の説明文書を参照してください。 合併症に対しては内科的、外科的処置が必要になることがあります。 (括弧内の頻度は2010年気管支鏡全国調査によるものです)• 肺・気管支からの出血 (合併症発生率0. 66%) 細胞や組織を採取する際には少ないながらも必ず出血を伴います。 通常は少量の出血ですぐに止血しますが、まれには出血量が多くなる場合があります。 その際には状況に応じた止血処置を行います。 処置には、止血剤の注入や、気管支内に風船を入れて出血している気管支を塞いだりすることがあります。 極めてまれですが救急救命的に気管内にチューブを入れる処置が必要になった事例や死亡例の報告もあります。 気胸 (合併症発生率0. 4%) 組織をつまみ取る際に肺を包む胸膜という薄い膜をきずつけることがあります。 そこから空気が漏れると「気胸」を起して肺が縮むことがあります。 通常は程度の軽いことが多く、2~3日の安静のみで軽快します。 喫煙などによって肺がいたんで肺気腫などを合併している場合には空気の漏れの多いことがあり、皮膚から胸に管を入れて空気を抜き取る処置(胸腔ドレナージ)が必要になることがあります。 発熱や肺炎 (合併症発生率0. 22%) 検査後、まれに発熱したり肺炎を起したりすることがあります。 状況によって抗菌薬の投与を行いますが、ほとんどが一時的なものです。 麻酔薬によるアレルギーや中毒 (合併症発生率0. 04%) リドカインという局所麻酔薬に対するアレルギー反応を起す場合がまれにあります。 その際には気管支鏡検査を中止し必要な薬物投与を行います。 麻酔薬の量が体にとって過量になると中毒症状(不安・興奮、ふらつき、血圧低下、不整脈、けいれんなど)を起すことがあります。 中毒症状については時間が経過すれば体内で解毒されますのでさほど心配はありません。 その他 稀ですが喘息(合併症発生率0. 07%)、呼吸不全(0. 09%)、心筋梗塞、不整脈などの心血管系の障害(合併症発生率0. 07%)、気管支閉塞(合併症発生率0. 02%)、気管支穿孔(合併症発生率2010年調査では発生を認めず、などの報告があります。 ごくまれですが、ここには記載していない合併症、予期しない偶発症が発生したり、死亡例(0. 004%)の報告もあります。 A10:気管支鏡に代替できうる一般的な方法を解説します。 気管支鏡の検査方法ごとに異なる点がありますので、それぞれの検査の説明文書も参照してください。 病変部から細胞や組織を採取する他の検査方法として、胸に直接針を刺す経皮針生検法と手術によって病変部を切除する方法があります。 いずれも気管支鏡検査より診断を確定できる可能性は高いですが、合併症が発生する可能性が高かったり、入院期間が長くなったりします。 残念ながらCT検査やMRI、PET検査等による画像診断では確定診断を得ることができません。 CTガイド下肺生検 主に肺の中にある病変に対して行われます。 CTで病変の正確な場所を確認しながら、局所麻酔のもと胸に皮膚から針を刺して、病変から組織を採取します。 気管支鏡検査より診断を確定できる可能性は高いですが、気胸(上記【合併症】を参照してください)などの危険率が高まります。 気管支鏡より入院期間が長くなります。 またごくまれに、病変が、がんである場合、胸腔(Q&A12注4参照)や皮下にがん細胞を拡げてしまうことがあります。 外科的生検 胸腔鏡下生検(VATS;ヴァッツ下生検)と開胸生検があります。 いずれも全身麻酔のもと行われます。 胸腔鏡下生検では胸腔鏡という先端に小型カメラを装着した器械で胸の中を覗きながら行います。 通常胸の皮膚に15mm程度の穴を3つ開けて(切開)、胸腔鏡を1つの穴から挿入し小型カメラで胸の中を観察しながら、病変を切除、採取します。 開胸生検では胸を開いて肉眼で確認しながら病変部を切除、採取します。 いずれの方法とも診断率は非常に高いのですが、全身麻酔による体への負担があり、また気管支鏡より入院期間が長くなります。 縦隔鏡下生検 左右の肺にはさまれた中央の部分を縦隔(Q&A12注5参照)といいます。 縦隔には心臓や気管、食道などがあります。 主に縦隔にある大きな腫れたリンパ節や、縦隔にひろがった腫瘤(Q&A12注6参照)の生検のために行います。 縦隔鏡は胸腔鏡と同様、全身麻酔のもと行われます。 縦隔鏡は硬い筒状の器械で、これを通して縦隔の内部を観察し、病変から細胞、組織の採取(生検)を行います。 縦隔鏡は胸骨の上の皮膚に穴を開けて(切開)挿入します。 合併症としては、声がかすれて出にくくなる、血管損傷、出血などがあります。 A12:難しい医学用語を解説します 注1 生検(せいけん): 生体から細胞・組織を外科的に切り取ったり、かん子(注9)で一部をつまみ取ったり、針を刺して取ったりして調べ、病気の診断を行う方法。 バイオプシーともいう。 注2 擦過(さっか): 病変部から小さなブラシ(図)などで細胞をこすり取って病気の診断を行う方法。 図 ブラシ(臨床研修イラストレイテッド6呼吸器系マニュアル 吉澤靖之編 矢野平一著 羊土社2005より転載) 注3 病巣(びょうそう): 病的変化の起こっている場所。 注4 胸腔(きょうくう): 胸膜で覆われた、胸郭の内部。 肺・心臓などを収めている。 注5 縦隔(じゅうかく): 左右の肺にはさまれた中央の部分。 心臓や大血管、気管、食道などが収まっている。 注6 腫瘤(しゅりゅう): はれもの、しこり。 良性のもの、がんのような悪性のものがある。 注7 限局性病変(げんきょくせいびょうへん): 肺または気管支の一部にとどまった病気。 注8 病変(びょうへん): 病気による生体の変化。 注9 かん子(かんし)(図): 細いワイヤーの先にマジックハンドのように組織をつまみ取る道具がついた器具。 図 かん子(臨床研修イラストレイテッド6呼吸器系マニュアル 吉澤靖之編 矢野平一著 羊土社2005より転載) 注10 肺野(はいや): 肺の中枢部から奥へはいった部分、肺門に対してその周辺。 注11 透視(とうし): エックス線で体を透かし見ること。 かん子やブラシなどの器具の位置を確認しながら病変近くまで誘導できる。 注12 びまん性肺疾患: 広範に両側または片側の肺の中に病気が広がっている場合。

次の