湘南 ベルマーレ 掲示板。 湘南ベルマーレ

2019トップチーム « 湘南ベルマーレ公式サイト

湘南 ベルマーレ 掲示板

アウェイカラー テンプレート(ノート)サッカークラブPJ 株式会社湘南ベルマーレ Shonan Bellmare Co. , Ltd. 湘南ベルマーレ(しょうなんベルマーレ、 Shonan Bellmare)は、日本の、、、、、、、、、、、、、、、、、、、をとする、(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。 概要 [ ] を前身としてに ベルマーレ平塚の名称でJリーグへ加盟 、に 湘南ベルマーレへクラブ名称を変更した。 ホームスタジアムはで 、練習場は平塚市のである。 チーム名はの美しい(bellus、ベルス)と海( Mare、マーレ)の2つの単語を合わせた造語。 ホームタウンは1999年までは1市、2000年よりJリーグで「広域ホームタウン制度」が認められたことを受けて、、、、、、と・の3町を加えた7市3町へ変更された。 2017年10月24日には、と・の8町をホームタウンに加え、神奈川県西部の9市11町にホームタウンを拡大した。 設立以来、の出資する 株式会社湘南ベルマーレ平塚が運営を行っていたが、フジタの経営難により1999年にを実施し、地元企業が共同出資する 株式会社湘南ベルマーレが運営する。 2018年4月に、当時の筆頭株主だったと、トレーニングジム・健康食品販売などを手がけるが共同出資した「メルディアRIZAP湘南スポーツパートナーズ」がクラブのを引き受け、同社が筆頭株主となっている(詳細後述) 歴史 [ ] 前身 [ ] 詳細は「」を参照 前身はにで発足した(フジタSC)で 、にフジタ工業サッカー部に改称した。 に(JSL)1部へ昇格 、JSL初優勝。 以後、リーグ優勝3回、天皇杯優勝2回を果たした。 1992年10月、運営会社としてが全額出資する 株式会社フジタスポーツクラブが設立され、チームの愛称を「 湘南ベルマーレ」とした。 、に承認。 この当時、Jリーグ参入に当たっては地域名をチーム名に冠することが出来なかったことから ベルマーレ平塚へチーム名を変更した。 同時に運営会社の商号を株式会社ベルマーレ平塚へ変更し、地元企業・団体などが出資(に株式会社湘南ベルマーレ平塚へ商号を変更)した。 1部で優勝、スタジアム問題もクリアして、Jリーグ入会が承認された。 1994年 - 1999年(Jリーグ) [ ] 1994年 Jリーグ加入前から監督を務めていたとヘッドコーチのの二頭体制の下、超攻撃的サッカーを標榜したが、サントリーシリーズは全クラブ最多の54失点を喫して12チーム中11位の成績。 そこで、それまで左サイドバックを務めていたをオフェンシブハーフにコンバートし、左サイドバックにはを起用。 これが功を奏し、ニコスシリーズは得点が全クラブ最多タイの48、失点が全クラブ最少タイの26と攻守共に安定し、と1勝差の2位に躍進し、 湘南の暴れん坊と呼ばれた。 また、は決勝でC大阪を破り、初優勝した。 が新人王、およびがを受賞した。 が入団。 加入後のニカノールによる中盤の底に3人のMFを置くスリーボランチを採用。 サントリーシリーズは全クラブ最多の60得点を挙げ、7位とまずまずの成績を残したが、ニコスシリーズは一転不振に陥り、8月末にニカノールが解任されると、第18節限りで古前田も辞任。 残り試合はサテライト監督を務めていたが監督代行を務めたが、14チーム中最下位に終わる。 それでも最後はで優勝した。 1998年 としてGK、MF中田、FW、同韓国代表としてDFの計4人が選出された。 W杯終了後、中田が・へ移籍。 この年に姉妹クラブで(Lリーグ)のが廃部した。 メインスポンサーのが経営再建のためスポンサーから撤退。 また、小島、、名塚、田坂、、など主力が退団(、、ベッチーニョ、、は1998年1stステージ以前に退団)。 J1リーグ戦は1st・2ndステージ共に最下位(年間4勝)に終わり、(J2)へ降格した。 12月にフジタが株式会社湘南ベルマーレを新たに設立しクラブの営業権を同社へ移すと共に、同社株式を平塚市などの湘南ベルマーレ平塚の株主に譲渡した。 一方でフジタは湘南ベルマーレ平塚の全株式を買い取った。 なお、湘南ベルマーレ平塚は2004年11月22日の臨時株主総会決議により解散した。 2000年 - 2009年(J2) [ ] 2000年 チーム名を「ベルマーレ平塚」から「 湘南ベルマーレ」に改称。 ホームタウンを平塚市1市から、、、、、平塚市、、、およびのの7市3町へ変更・広域化した。 を監督に迎えて、からベテランGK、からDF、元V川崎のや元清水のなどを獲得したが、終盤に8連敗するなど苦戦を強いられ8位に終わった。 加藤をシーズン中に解任する発表をしたフロントに不信感を持った前園、松原らの主力もチームを去った。 2001年 が監督に就任。 元のをはじめとしたコロンビア組を中心に補強。 1998年以来の復帰となったとエースとして期待された若手FWがそれぞれ17得点するなど活躍したが、シーズン中盤に栗原が離脱すると同時に失速。 前年と同じく8位に終わる。 2002年 田中体制2年目。 パラシオスを中心とした守備陣と、途中加入した、らを中心にチームが奮起。 前年度に在籍していたがコロンビアで練習中にを受け死亡する悲報もあったが5位へ躍進。 2003年 を監督に迎え、フラット3を組み込んだ3-5-2システムを採用。 開幕戦こそ機能したが、パラシオスのケガによる離脱、期待されていた元プレミアリーグのの不調など序盤で躓き、10位に終わった(サミアは途中退任、リカルドも退団)。 2004年 山田体制2年目。 よりを獲得したが、前年に続き波に乗れず、7月にを監督より解任して、が後任監督に就任したが、前年と同じく10位に終わった。 シーズン終了後、2003年より攻撃の中心として据えられていた、シーズン途中でへレンタル移籍していたパラシオスが退団した。 2005年 上田体制2年目。 シーズン序盤は快調だったが、シーズン中盤に苦戦を強いられ、結局リーグ戦7位でシーズンを終えた。 シーズン終了後、ユースからの生え抜きのFWや、、、などが退団した。 2006年 上田体制3年目。 レンタル移籍のFWをから完全移籍で、からMF、元浦和のMF、元山形のMF、FWを獲得した。 リーグ戦は、シーズン中盤に8連敗を喫するなどで、上田が監督を辞任。 終盤も6連敗するなど11位に終わった。 シーズン終了後、が東京Vへ移籍。 また、、など7人が退団した。 2007年 クラブスローガン :「 蹴志 Best mind」 が監督に就任。 がトップチームコーチに就任。 FC東京から、山形から、から、ドイツ・からを獲得。 また、からが11年ぶりに復帰した。 また、J1にレンタルしていた選手を呼び戻した(2006年までの湘南のレンタル放出は、資金面などの理由もあり基本的には完全移籍をオプション事項に盛り込んでいた。 そのため、レンタル先から復帰させたのは当時としては珍しい事例だった)。 アジエルを攻撃の基点としたチーム作りで昇格争いに肉薄、終盤まで昇格の可能性を残したが6位でシーズンを終えた。 このシーズンをもって選手会長のが引退。 左サイドバックのレギュラーを務めていたがに移籍。 一方でより、から、FC東京から、山形から湘南ユース出身のを獲得。 リーグ戦は最終節まで昇格争いに絡んだが、最終順位は5位となった。 から、新潟から、から、より、より湘南ユース出身のを期限付き移籍で獲得した。 リーグ戦は、開幕前にポジションを問わずケガ人が続出し、引退しユースチームのコーチを務めていた伊藤が現役復帰を余儀なくされ、練習試合が組めなくなるほどに深刻なものとなった。 開幕戦(山形戦)は引き分け、第4節の新潟戦で初勝利を収めたが、前年までの堅守が崩壊、大量失点に苦しむ。 中でも、前年の昇格の功労者であるが両脛のケガから立ち直れず選手登録抹消(退団はせず)、効果的な攻め手を欠き、前年までの人数をかけた鋭いカウンターを中心とした攻撃は影を潜めた。 後半戦を前に、選手登録されているGK4人中、3人が負傷離脱中という状況を打開するために、浦和からを期限付き移籍で獲得(これと同時にを登録抹消、退団はせず)。 さらに・に所属していたFWと、元FC東京のを獲得した。 椎間板ヘルニアのため戦列を離れていたや開幕前に大ケガを負ったが戦列に復帰したが、7月18日の京都戦以降勝ちが全くないまま、11月14日(第30節)の戦に敗れ、4試合を残してJ2降格が決定した。 その後もの優勝を目の前で決められてしまうなど最終節まで連敗し、結局リーグ戦21試合連続未勝利となった。 これはJ1のワースト記録となった(J全体ではの35試合連続未勝利がワースト)。 また、勝ち点16、シーズン3勝、総失点82、得失点差-51はJ1ワースト記録となった(当時)。 清水から、FC東京から、C大阪からを完全移籍で獲得。 また、から、名古屋からと、からも期限付き移籍で獲得した。 その一方で、エメルソン、、らが退団した。 開幕戦は岡山に5-0と圧勝したが、昨年同様にケガ人による離脱者が多数発生し、シーズンを通しほぼ中位に留まり、シーズン成績は14位に終わった。 天皇杯は4回戦でを撃破した。 シーズン終了後、反町が監督を退任した。 2012年 クラブスローガン :「 蹴激」 新監督にが就任。 また7月には札幌のを完全移籍で獲得した。 リーグ戦は、開幕戦で前年度天皇杯準優勝の京都に勝利。 開幕から9試合を4連勝2回を含む8勝1分負けなしで、第3節終了時から首位をキープ。 第10節(戦)から第17節(戦)まで8戦勝ち無しで第13節に2位、第17節終了時には6位まで順位を下げたが、第18節から9試合連続負けなし(5勝4分)で、第31節(栃木SC戦)に勝利して2位に浮上。 第39節の千葉戦に引き分けて3位となったが、最終節に戦に勝利して、京都に代わって自動昇格圏内の2位に入り、3年ぶりの J1 復帰が決定した。 シーズン終了後に12年間在籍していたが引退した。 2月には1億円を超える債務超過に転落し、最悪の場合はクラブ自体の解散の可能性もあるとの一部報道があった(実際の債務超過額は8268万9819円)が、9月から10月にかけて行われた湘南ベルマーレ持株会への一口5万円の拠出金の募集に4120万円、普通株に2980万円の申込みがあり、合計7100万円の増資を行った。 また、第2回湘南ベルマーレ持株会への一口5万円の拠出金の募集により1000万円、普通株の3000万円の申込みがあり、Jリーグの承認後に2013年1月のの承認を受け増資を行う予定。 最終的に上記2回の増資により債務超過は解消した。 また5期ぶりの黒字計上となった。 2013年(J1) [ ] クラブスローガン :「 蹴躍」 曺体制2年目。 ()、()、()、前年大分へ期限付き移籍していた()が完全移籍、(・、()が期限付き移籍先へ完全移籍。 ()、()、今シーズンから加入した(JFL・)が期限付き移籍、()、()が所属元へ復帰した。 補強は、から・、から、からが完全移籍で、から、から、、が期限付き移籍で獲得、新外国人としてからを獲得、(前年2種登録選手)、、(前年特別指定選手)、が新加入した。 シーズン中にエジバウドが退団、クォン・ハンジンがへ期限付き移籍先が変更、がへ、がへ期限付き移籍したが、から、からが完全移籍で、から、からが期限付き移籍で加入、特別指定選手として、、、 ともに2014年に正式加入することが内定)、2種登録選手としてが加入した。 リーグ戦は開幕から6戦勝ち無し 3分3負 となったが、第7節戦に2-1で勝利し初勝利を挙げた。 しかしながら折り返しの17節まで3勝4分10負の勝ち点13で16位と苦しい戦いが続き、第32節の戦に1-2で敗れ16位以下が確定、J2降格が決まった。 2014年(J2) [ ] クラブスローガン :「 決弾」 曺体制3年目。 、、らベテラン選手の契約満了を発表。 、がに完全移籍、、、、の4名がに、がに、がにレンタル移籍。 レンタル移籍中だった()、()の移籍期間が延長、()、()、アレックス・サンターナ()がそれぞれ所属元へ復帰した。 補強面では、よりを、よりレンタル移籍中のらを完全移籍で獲得。 にレンタル移籍中の、が復帰。 前年からよりレンタル移籍中の、の移籍期間が延長。 からが、からがレンタル移籍で加入した。 開幕から14連勝するなど、快進撃を続ける。 15節で愛媛FCに敗北したが、その後は21戦負けなし。 9月23日、アウェイの第33節の戦に2-2で引き分け、J1自動昇格を確定した。 その後2連敗を喫するものの、結果的に2014シーズンを31勝8分3敗、勝ち点101でリーグ優勝を勝ち取った。 2015年 - 2016年(J1) [ ] 2015年 クラブスローガン :「 証明 show the style」 曺体制4年目。 2年ぶりのJ1挑戦となった。 補強面では、からを、横浜FMから、昨シーズン福岡にレンタル移籍していたを、からを、からを、からを、柏から2シーズンぶりの復帰となるを完全移籍で、からを、浦和からを、からをレンタル移籍で獲得。 レンタル移籍だったが完全移籍に移行、レンタル移籍中のの移籍期間が延長、(6月にへレンタル移籍)、、が新加入した。 8月に行われたではが日本代表として出場した。 年齢制限のない日本代表選手を輩出したのは98年の小島、中田、呂比須以来17年ぶり。 名前が湘南ベルマーレとなってからは初めてである。 シーズンは鹿島から20年ぶり、名古屋から16年ぶり、柏から17年ぶりに勝利するなど勝負強さを発揮し、最終成績8位で湘南ベルマーレとなってから史上初のJ1残留を決めた。 曺監督の手腕は高く評価され、シーズンオフには曺の故郷のクラブであるへの監督就任の可能性が高まったが、最終的には湘南ベルマーレとの契約を更新した。 同年のシーズン開始に合わせて(tvk)で「」の放映が開始され、テレビでの広報体制が強化された。 2016年 クラブスローガン :「 挑越 湘南EXPRESSは、2016年も走り続けます」 曺体制5年目。 補強面では、横浜FMから、を、からを、からを完全移籍で、からを、浦和からをレンタル移籍で獲得、のレンタル移籍期間が延長、、がレンタル移籍先から復帰、、、が新加入した。 のJ1 2ndステージ第15節の戦で敗れ、年間順位で16位以下が確定、4度目のJ2降格が決定した。 2017年 (J2) [ ] クラブスローガン :「 共走」 曺体制6年目。 この年はベルマーレ平塚時代にメインスポンサーであったが18年ぶりにユニフォームスポンサーに復帰した。 補強面では、からを、からを、から2シーズンぶりの復帰となるを完全移籍で、からをレンタル移籍で獲得、、がレンタル移籍先から復帰、がユースから昇格、、が新加入した。 シーズン中には、が、宮市剛が・へ育成型レンタル移籍、が期限付き移籍契約解除(その後大分へレンタル移籍)となったが、大宮からを完全移籍で、名古屋からをレンタル移籍で獲得した。 第39節、10月28日開催だった2位が戦で引き分けたため、湘南の2位以上が確定しJ1昇格が決定。 翌日行われた岡山戦で湘南が引き分けたため3年ぶり2回目のJ2優勝が決定した。 2018年 - (J1) [ ] 2018年 クラブスローガン :「 ALIVE」 曺体制7年目。 ()、()、()、()、()、()、()、(・)、(・)が完全移籍で退団し、()、()、・へ期限付き移籍していた(・)、JFL・へ期限付き移籍していた()が他クラブに期限付き移籍し、(に復帰)がレンタル移籍期間満了、レンタル移籍の、()、()がレンタル移籍先へ完全移籍した。 また(福島)、(盛岡)がユースから昇格し即期限付き移籍した。 補強面では、新潟から5シーズンぶりに復帰のを、からを、浦和からを、からを、・から元のを完全移籍で、からを、・からのをレンタル移籍で獲得、が完全移籍に移行、がユースから昇格、、、、、、が新加入した。 2018年4月、当時湘南ベルマーレの筆頭株主だった三栄建築設計がと共同で「株式会社メルディアRIZAP湘南スポーツパートナーズ」を設立。 同時にRIZAPグループは湘南ベルマーレに対して取締役7名を派遣し、本格的にクラブ運営に関与することになった。 RIZAPグループはベルマーレに対し今後3年間で10億円を投資する意向である。 リーグ戦では、開幕戦こそ勝利したものの、その後8試合で1勝3分4敗と低迷、第10節からシーズン初の連勝を挙げたが直後に3連敗し、によるリーグ戦中断前の第15節終了時には暫定12位となる。 再開後は11位から14位の間を推移し、最終節直前の時点では14位、最終節の結果次第で16位に陥落しに進出する可能性は残っていたものの、最終節では名古屋相手に2点を先制したもののその後2PKを与え結局引き分け、10勝11分13敗、鳥栖と勝点得失点差で並ぶも総得点で上回り13位でシーズンを終えた。 では、グループDで第5節まで3位にいたが、最終節で2位長崎に勝利し、3勝1分2敗で逆転で2位となり決勝トーナメントに進出、1回戦で仙台に初戦ホームで3-0と快勝したが2戦目アウェーは1-3で敗れたものの計4-3で準々決勝進出、C大阪に初戦ホーム3-0、2戦目アウェー2-2で準決勝に進出、柏には初戦アウェー1-1、2戦目ホームも90分では1-1で延長となり、延長でともに1点を追加し2-2となったためPK戦に突入、5-4で勝利し初の決勝進出となる。 決勝では、横浜FMと対戦し、36分にのミドルシュートで先制した1点を守り切り、湘南ベルマーレとなってからは初、ベルマーレ平塚時代ので優勝して以来の3大タイトル獲得となった。 では、4回戦で川崎に敗れた。 2019年 クラブスローガン :「 Acceleration -加速-」 年間順位16位。 での4位から勝ち上がってきたと対戦。 試合は1-1の引き分けで終わったが、規定により初めて2年連続のJ1残留を決めた。 2015年8月末時点 Jリーグ・J1およびJ2のみ。 、、、等は含まない タイトル・表彰 [ ] 国内タイトル [ ]• :1回• :1回• :2回• , 国際タイトル [ ]• :1回• 表彰 [ ]• J1リーグ• 1994年 - ,• 1997年 -• 1994年 -• 1998年 -• J2リーグ• 2014年• 2017年 -• 2008年 -• 2009年 -• 2006年 -• 2014年3月 -• 2014年4月 -• 2017年6月 -• Jリーグカップ• 2018年 - ユニフォーム [ ] GK 3rd チームカラー [ ]• ライトグリーン 、 ブルー 、 ホワイト ユニフォームデザイン [ ]• 1997年にJリーグクラブで初めて、背番号の下に背ネームを採用。 1997年 - 1999年及び2002年 - 2004年に採用された。 2000年までライトグリーンを基調。 2001年よりブルー基調に変更したが、2010年よりライトグリーンを基調とするデザインに再度変更している。 ライトグリーンは親会社であったフジタのイメージカラーであるが、加盟時にJリーグ側から青からの変更依頼があったためライトグリーンを全面に押し出した。 2015年からは優勝(2014年)、2018年からは優勝(2017年)、2019年からは優勝(2018年)を表す星がそれぞれつけられた(それに伴い、J2優勝を表す星2つは右袖に移動)。 2019年よりエンブレムの下に、クラブのスローガンである「たのしめてるか。 」を配置した。 ユニフォームスポンサー [ ] 掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考 胸 MELDIA 三栄建築設計 2016年 - 2016年のみ「三栄建築設計」表記 鎖骨 RIZAP 2018年10月 - 右側に表記 背中上部 産業能率大学 2010年 - 2004年途中 - 2009年は胸 (2007年 - 2009年は「SANNO」表記) 背中下部 日本端子 2016年 - 2012年途中は胸 袖 FUjiTA 1996年 - 1998年 2017年 - パンツ 無し - ユニフォームサプライの遍歴 [ ]• 1992年 - 1993年(Jリーグ準会員):、93年天皇杯のみベーシック(フェニックス)• 1994年 - 1996年:リーグ戦は、カップ戦はベーシック(フェニックス)• 1997年 - 1998年:リーグ戦はミズノ、カップ戦は(フェニックス)• 1999年 - 2002年:カッパ・スポーツ(フェニックス)• 2003年 - 2004年:• 2005年 - 2006年:(製作:2005年はエレア・ジャポネスポーツ、2006年はエーライン・ジャポネスポーツ)• アジアカップ戦用ユニフォーム アジアでのカップ戦では、胸がHOYAの物、リーグ戦と同様にDDIの物などいくつか種類がある。 基本はベーシック製のカップ戦ユニフォームと同じデザイン(ただし袖にスポンサーはなく、背も個人名が入っている)。 また1995年の中国遠征時及びプレシーズンマッチとして行われた湘南ローズカップ用として、胸スポンサーがFujitaになっている物も存在する。 アジアスーパーカップでは、胸にDDI、袖に日の丸がついたユニフォームを着用した。 レジェンド・オブ・ベルマーレ 2003年、ベルマーレの誕生10周年を境に、100試合以上(9,000分以上)出場し、クラブの発展に貢献した選手を「レジェンド・オブ・ベルマーレ」と称し表彰。 受賞者には在籍当時に付けていた背番号と名前をゴールドでプリントした、表彰したシーズンのホームモデルユニフォームが贈られる。 しかし、正式な受賞者は2003年ののみ。 同じく2003年にが規定出場時間には届かないが、の出場に貢献したなどの特例を受けて受賞した。 ジュニアユース全国大会用ユニフォーム 2006年よりジュニアユースチームが公式戦の決勝トーナメントなど、特別な試合でのみ着用するユニフォームが存在する。 ベルマーレOBのが2004年にベルマーレから依頼された物で、デザインを中田が監修、ウェア自体も彼がチームにプレゼントしている。 これは、ジュニアユースの子供達に物を大切にして欲しい、そうした気持ちも育てていかなければならないと感じたジュニアユースコーチ達が、大学ラグビーの正選手のみに渡されるユニフォームにヒントを得て、「憧れの選手のデザインした物ならば、愛着が生まれ、大切に使うのでは」と思い立ち、中田にオファーした物。 七夕記念ユニフォーム 2007年:の盛り上げとホームタウンの結びつきを強める狙いで の試合においてのみ使用された。 1試合のみ着用されるユニフォームはジュビロ磐田の10周年記念ユニフォームに続き2例目で、登録上は両方ともサードシャツ扱いとなっている。 2009年:エーラインが七夕マンスリーと題して企画。 一般販売用は追加販売や、その後に受注生産もかかるなど好調な売上を記録した。 2011年:東日本大震災の復興を祈願した「復興祈願七夕 2011オーセンティックユニフォーム」として企画。 笹のライトグリーンを前面に押し出すモデル。 ゴールキーパー用は七夕の笹を表したライトグリーンをメインにステッチに星を表す金色を配色。 フィールドプレーヤー用のメインカラーは黒。 ライトグリーンが 首と袖周りに配色。 ゴールキーパー用はライトグリーンを使用。 フィールドプレーヤー用と配色が対となる。 ゴールキーパー用は天の川をイメージしたサックスブルー。 両ユニフォーム共に前後両面にゴールドの十字ラインを配している。 フィールドプレーヤー用は夜空をイメージした黒。 ゴールキーパー用は七夕の笹を表したライトグリーン。 今までにない大胆なデザインで、クラブ20周年 記念の七夕記念ユニフォーム。 フィールドプレーヤー用は青がベース。 ゴールキーパー用はピンクがベース。 両ユニフォーム共に左袖部分がグリーンとなっている。 七夕飾りの吹流しをグリーンで表現。 ゴールキーパーは天の川をイメージしたパープルを濃淡グラデーションで表現。 シャツ全体に配置したグラデーションピンストライプは勝利へと進む、「緑の流星」を表現。 ゴールキーパー用のベースカラーはクールグレーをベースに、シアンブルーからネイビーのグラデーションで夏らしいカラーリングに仕上げた。 GK用はフラッシュグリーンにブラックを掛け合わせた、七夕らしいカラーリング。 星図は200年前の古星図を基にデザイン。 複雑な幾何学模様の中に七夕にちなんだスターパターンを組み込んだ。 フィールドプレーヤーは「湘南ブルー」、ゴールキーパーは昨年に引き続き「ベルマーレグリーン」でカラーリング。 天空に向かって上昇する星をスターグラデーションで表現、星が作り出すV字ラインは、Victory 勝利 のVをイメージ。 袖ラインもスターグラデーションでデザイン。 カラーリングはフィールドプレーヤーはネイビーにベルマーレグリーンの星、ゴールキーパーはフラッシュマゼンタにピンクの星を採用。 ゴールキーパー用は昨年に続きピンク。 また最大の特徴として、全てのユニフォームパートナーの理解のもと、ブランディングの一環としてヨーロッパのトップリーグなど多くのクラブチームが採用している「パートナーロゴ、背番号・ネーム表記、ホームタウン表記」などをクラブカラーのライトグリーンのワントーン(1色)で統一表現した、スタイリッシュなデザインを実現。 そして背番号、ネームには昇華プリントを採用し、湿度の高い日本の夏に適応して軽量化を図った。 SHONAN10thユニフォーム 「湘南ベルマーレ」へ名称変更して10周年の2009年に作成。 10年間の感謝と、これから先も共に歩んでいただきたいという願いを込めて天皇杯で着用された。 スペシャルエキシビションマッチ用ユニフォーム 2012年9月14日、第33節の草津戦の開始前に行われた「ベルマーレレジェンド OB選手 vs 芸能人サッカーチーム SWERVES スワーブス 」のスペシャルエキシビションマッチにてベルマーレレジェンド OB選手 が着用したユニフォーム。 デザインはこの年の通常モデルと同じものであるが、フィールドプレーヤー用が青、ゴールキーパー用はピンクを基調としている。 また胸にはこの年のユニフォーム袖スポンサーであるのロゴを付けたものとなっている。 ベルマーレ創立20周年記念試合「Re-member」用ユニフォーム 2013年1月27日のベルマーレ創立20周年記念試合「Re-member」においてベルマーレチームが着用する1試合限定のメモリアルユニフォーム。 ベルマーレの歴史に色濃く残るデザインのひとつのストライプ柄を現代風にアレンジしアクセントとしてアシメントリーを採用し、躍動感を演出。 右袖にはベルマーレ平塚時代のホームタウン表記である「HIRATSUKA」とJリーグ20周年マーク。 左袖にはベルマーレ20周年マークが入る。 クラブ創立50周年記念オーセンティックユニフォーム 2018年9月22日のクラブ創立50周年記念試合 J1第27節C大阪戦 にて、ベルマーレチームが着用した1試合限定のメモリアルユニフォーム。 フジタ工業クラブサッカー部時代のユニフォームデザインを復刻したもの。 下部組織・育成 [ ] 概要 [ ] 2002年、に沿った総合的なスポーツクラブ作り定着を目指して、(湘南BSC)を新たに設立した。 同時にジュニア、及びジュニアユース部門を湘南BSCへ移管して、株式会社湘南ベルマーレはトップチームおよびユースの運営を行うこととなった。 また、湘南BSCはサッカー以外のにも取り組んでいる。 なお、湘南BSCに関する詳細はを参照のこと。 株式会社湘南ベルマーレは、2004年よりのと提携している 他、2013年3月よりと「営業・事業」「強化」「アカデミー」に関する提携を締結した()。 また、かつてはスポンサーのの繋がりにより「」(現在ののファーム(2軍)チーム)と共同割引チケットなどの企画を行ったこともある。 クラブハウス [ ] かつては親会社であったが所有する大神グラウンドを練習場とし、クラブハウスも置いていたが、大神グラウンドを2004年に買収したがのグラウンドとした。 2006年9月までは契約でベルマーレが練習場として使用していたが、2006年10月よりに練習場を移すと共に、事務所やクラブハウスも馬入サッカー場の隣接地に移転した。 日系ベルマーレ [ ] 2006年9月、日系ベルマーレ(Club Nikkei Bellmare)を設立。 強化プログラムの一環として、外国籍枠のないパラグアイリーグで若手選手の派遣・育成・強化を図る計画であり、同リーグの地域2部(実質4部に相当)に所属。 チーム顧問として、南米サッカー連盟会長のニコラス・レオス、株式会社湘南ベルマーレ元社長の眞壁潔が名を連ねる。 将来的にはこのクラブで育った選手が湘南ベルマーレへ、そして世界のリーグ・クラブへ選手たちが飛躍していくことを願い、サポートしていきたいと関係者が語っている。 クラブの運営主体は現地法人のサクラグループ社と日本のSEA Global社が出資して設立した「社団法人日系ベルマーレ」である為、湘南ベルマーレは出資はしていない。 両クラブの関係は提携・協力という形となる。 海外で選手を育成しようという意図としては同じものではあるが、が母体となり設立された、 また、プロ野球が直接運営する などとは異なった組織となっている Jリーグ他クラブとの提携 [ ] 、との業務提携を行った。 両クラブは、クラブやホームタウンの枠を飛び越えて、互いのスケールメリットを拡大すると共に、さらなるクラブの価値向上と発展を目指すことを念頭に、営業・事業、選手やコーチなどの育成、下部組織の提携などを進めていく。 このことで、湘南に所属する選手でなかなか出場機会を得られない選手を福島に紹介し、(若手選手育成型含む)などにより実践機会の提供強化を図ること、さらに福島が湘南の練習場(馬入サッカー場)を会場としたシーズン開幕前の練習開催や、2014年1月に平塚で行われた合同ファン感謝イベントで、互いのサポーターが提携関係のクラブのグッズの購入するなどの相乗効果やメリットを生み出すことができる としている。 中田英寿との関係 [ ] はベルマーレに1995年から1998年7月まで在籍した。 2000年-から2001年までユニフォーム背中部分のスポンサーとなった(ロゴは「nakata. net」)。 2002年以降、オフィシャルクラブパートナーとなっている。 2006年、中田がデザインしたユニフォームを、ジュニアユースが全国大会などで着用した。 詳細は後述の参照。 2008年、中田が主催するTAKE ACTION! 2010年2月、『湘南ベルマーレJ1昇格記念試合』として、湘南OBチームの「We're back F. 」と「TAKE ACTION F. 」とが対戦。 中田にとっては海外移籍以来となる平塚競技場での試合となり、前半は「TAKE ACTION F. 」、後半は「We're back F. 」のメンバーとして出場した。 2013年1月、ベルマーレ創立20周年記念試合「Re-member」にベルマーレOBとして出場。 ベルマーレクイーン [ ] 2010年シーズン開幕前に、の協賛で4人のベルマーレクイーン、1人のベルマーレマーメイドが選出された。 5人はホームゲーム・ホームタウン内のイベントに登場しチームのマスコットとして活動。 個人的にアウェーに出向くメンバーもいた。 2010年10月にラ・パルレがしたが、2011年以降もメンバーを入れ替えて活動を続け、発売のインタビュー企画にも登場した。 インターネット投票などを通じて2012年は4人(うち2人は2年ぶりの選出)、2013年も4人、2014年は5人が選出された。 2016年はメンバーの一般募集は実施せずにから選出された。 ベルマーレクイーン(2010年) [ ]• - グランプリ獲得者• ベルマーレマーメイド(2010年) [ ]• ベルマーレクイーン2011 [ ]• ベルマーレクイーン2012 [ ]• - 2010年も選出• - 2010年も選出• ベルマーレクイーン2013 [ ]• ベルマーレクイーン2014 [ ]• ベルマーレクイーン2015 [ ]• ベルマーレクイーン2016 [ ]• ベルマーレクイーン2017 [ ]• ベルマーレクイーン2018 [ ]• ベルマーレクイーン2019 [ ]• スタジアム移転構想 [ ] 湘南ベルマーレは、本拠地を平塚市に移転してから今日まで平塚競技場(Shonan BMWスタジアム平塚)を本拠地としているが、現状の収容人員はJ1基準の15000人をわずかに上回る程度しかない。 そこで、大手建設コンサルタント会社から、ホームタウンである平塚、藤沢、茅ケ崎市などから複数の箇所を候補地として、2万人以上収容できるスタジアムの建設構想を検討していたことが、2016年9月の一部報道で明らかになった。 そして2017年1月、「湘南スタジアム研究会」と称する、地元商工会議所や経済関係者らからなる組織が結成され、同12月までをめどに移転候補先をベルマーレに提案する方針を確認した。 これまでも、平塚競技場のに適合した屋根付きスタジアムへの改修や増築などについてベルマーレ側は平塚市に訴えてきたが、平塚市はこの計画に消極的な姿勢が続いている。 そこで、新たなスタジアムの建設の可能性を探るように研究会に要請しているという。 同4月の第2回研究会会合で、平塚競技場以外の平塚、茅ケ崎、藤沢、小田原の4市から、民有地3か所、公有地7か所の都合10か所の候補が挙げられた。 今後はスタジアムをサッカー・ラグビーだけでなく、コンサートなど多目的用途に利用できるように音楽関係者からの意見を求めるとしている。 一方、平塚市は平塚競技場に引き続きとどまってもらうように要請している。 平塚市は2000年のJ2降格以後、スタジアムの年間使用料推定約5000万円のうち、3000万円を減免している。 この減免処置は現状ベルマーレのみであるため、「多大な支援をしてきたのに、突然(平塚競技場から)出ていくのは勝手すぎる」との声も市役所からある。 また平塚市長も「平塚競技場に残ってもらいたいメッセージの一つ」として、スタンド増築や2017年末に予定される照明塔のLED化などについて話している 決算 [ ] 湘南ベルマーレの決算は、つぎのとおり。 損益 [ ] 年度 収入 広告料 入場料 配分 その他 費用 事業費 人件費 管理費 利益 純利益 2005 733 336 133 111 153 731 541 352 190 2 0 2006 709 352 128 114 115 855 651 425 204 -146 -144 2007 970 370 141 118 341 970 763 504 207 0 1 2008 930 341 142 111 336 1,062 789 542 273 -132 -132 2009 1,066 372 191 105 398 1,178 912 618 266 -112 -115 2010 1,288 430 360 209 289 1,342 1,041 646 301 -54 -53• 金額の単位: 百万円• 人件費は事業費に含まれる。 出典: 各年度のJクラブ決算一覧。 、 、 、 、 、 年度 収益 広告料 入場料 配分 育成 その他 費用 人件費 試合 トップ 育成 女子 販売 利益 純利益 2011 670 227 168 91 0 184 991 511 62 70 0 0 348 -321 -130 2012 869 330 203 89 0 247 873 366 67 75 0 0 365 -4 4 2013 1,191 387 263 191 0 350 1,211 530 82 98 0 0 501 -20 -11 2014 1,121 453 225 93 0 350 1,126 452 76 87 0 0 511 -5 2 2015 1,561 573 335 193 0 460 1,517 699 90 102 0 0 626 44 5• 日本プロサッカーリーグ. 2017年4月1日閲覧。 湘南ベルマーレ. 2018年11月21日閲覧。 プレスリリース , 日本プロサッカーリーグ, 2017年10月24日 , 2017年10月24日閲覧。 湘南経済新聞 2010年3月5日. 2013年3月13日閲覧。 、2004年12月9日、2014年5月1日閲覧• 湘南ベルマーレ公式サイト・トピックス. 2012年10月27日閲覧。 湘南ベルマーレ公式サイト・トピックス. 2012年12月27日閲覧。 河野太郎twitter. 2013年2月18日閲覧。 サッカーキング. 2013年11月23日閲覧。 湘南ベルマーレ公式サイト. 2013年12月12日. 2013年12月12日閲覧。 猪狩はそのまま同クラブ職員となり「」にも出演するようになった。 、京都サンガ応援特集、2015年12月3日付記事、。 なお、平塚市内などを放映エリアとするケーブルテレビ局のでは以前から「Go! ベルマーレ」を放映している。 湘南ベルマーレ公式サイト・トピックス. 2016年12月20日閲覧。 湘南ベルマーレ公式サイト・ニュース 2018年4月15日. 2018年5月16日閲覧。 三栄建築設計はメルディアRIZAP湘南スポーツパートナーズに50. ビジネスONLINE 2018年4月6日. 2018年5月16日閲覧。 湘南ベルマーレ公式サイト. 2013年3月13日閲覧。 湘南ベルマーレ公式サイト 2012年1月11日. 2019年1月20日閲覧。 湘南から・サッカー・今年の七夕. 2013年1月16日閲覧。 湘南ベルマーレ公式サイト・トピックス. 2013年1月16日閲覧。 湘南ベルマーレ公式サイト・トピックス. 2013年1月16日閲覧。 湘南ベルマーレ公式サイト・トピックス. 2012年9月8日閲覧。 湘南ベルマーレ公式サイト・トピックス. 2012年12月28日閲覧。 湘南ベルマーレ公式サイト・トピックス. 2018年7月10日閲覧。 2004年6月2日. 2014年5月2日閲覧。 湘南ベルマーレ公式サイト. 2013年3月13日閲覧。 2013年1月17日. 2013年3月13日閲覧。 NIKKEI BELLMARE 日系ベルマーレサッカー留学プログラム. 2013年1月16日閲覧。 Albilex Niigata Singapore公式サイト・クラブガイド. 2013年1月16日閲覧。 広島東洋カープ公式サイト・施設案内・ドミニカ. 2013年1月16日閲覧。 「」(同系2014年3月8日放送分)• YouTube. 2013年1月20日閲覧。 (2016年9月29日 日刊スポーツ)• (2017年1月21日 東京新聞)• (2017年4月20日 東京新聞)• (2017年5月30日 東京新聞) 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - チャンネル• - NPO法人.

次の

2020トップチーム « 湘南ベルマーレ公式サイト

湘南 ベルマーレ 掲示板

湘南に新しいスタジアムを作る計画があるそうです。 一般社団法人「湘南グリーンスタジアム」が設立され、2019年のうちに候補地が明らかになるとのこと。 サッカーファンや地元に住む人にとっては楽しみな話題です。 2020年4月12日追記:候補地はまだ明らかになっていません。 講演会で眞壁氏は、スタジアムの基本設計や候補地所有者との交渉など建設への動きを具体化させるため、一般社団法人「湘南グリーンスタジアム」を設立したことを明らかにした。 「今年中に候補地の(交渉する)順番を1〜3位と決める予定だ」とも述べた。 townnews. html• やっぱり平塚か 湘南ベルマーレの現在のホームスタジアムは、Shonan BMW スタジアム平塚(平塚競技場)です。 周辺にはチームを長年応援するサポーターや支援する企業が多く、3つの候補地に平塚が入ることは確実でしょう。 「みんスタ みんなでつくるスタジアム」のWebサイトには、2010年5月に湘南ベルマーレサポーターズ協議会を発足、平塚競技場の全面改修について平塚市に要望を出す、との記載があります。 今後、私たちは平塚競技場の全面改修及び周囲の施設・環境の改善を平塚市に要望し、同時に周辺自治体に向けても、その必要性を発信することを主として活動して行きます。 「湘南スタジアムを誘致する会」を作り、特設サイトで署名を集めています。 イラストを用いた特設サイトはとても見やすいです。 ツイッター、Facebookページ、インスタグラムでも情報を発信しています。 私たちは、湘南エリアの未来の価値創出のため、「湘南スタジアム」を茅ヶ崎市に誘致したいと考えています。 スタジアムに人を集める、つまり集客するには、平塚や茅ヶ崎よりも、藤沢のほうがふさわしいと言えるでしょう。 多額の資金をかけてスタジアムを作ってお客さんが入らないようでは、新スタジアムの所有団体は、批判の矢面に立たされることでしょう。 まとめ まずは、2019年のうちに候補地が3つ明らかになるようなので、その知らせを待ちましょう。 ドキドキしますね。 2020年4月12日追記:候補地はまだ明らかになっていません。

次の

2019トップチーム « 湘南ベルマーレ公式サイト

湘南 ベルマーレ 掲示板

アウェイカラー テンプレート(ノート)サッカークラブPJ 株式会社湘南ベルマーレ Shonan Bellmare Co. , Ltd. 湘南ベルマーレ(しょうなんベルマーレ、 Shonan Bellmare)は、日本の、、、、、、、、、、、、、、、、、、、をとする、(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。 概要 [ ] を前身としてに ベルマーレ平塚の名称でJリーグへ加盟 、に 湘南ベルマーレへクラブ名称を変更した。 ホームスタジアムはで 、練習場は平塚市のである。 チーム名はの美しい(bellus、ベルス)と海( Mare、マーレ)の2つの単語を合わせた造語。 ホームタウンは1999年までは1市、2000年よりJリーグで「広域ホームタウン制度」が認められたことを受けて、、、、、、と・の3町を加えた7市3町へ変更された。 2017年10月24日には、と・の8町をホームタウンに加え、神奈川県西部の9市11町にホームタウンを拡大した。 設立以来、の出資する 株式会社湘南ベルマーレ平塚が運営を行っていたが、フジタの経営難により1999年にを実施し、地元企業が共同出資する 株式会社湘南ベルマーレが運営する。 2018年4月に、当時の筆頭株主だったと、トレーニングジム・健康食品販売などを手がけるが共同出資した「メルディアRIZAP湘南スポーツパートナーズ」がクラブのを引き受け、同社が筆頭株主となっている(詳細後述) 歴史 [ ] 前身 [ ] 詳細は「」を参照 前身はにで発足した(フジタSC)で 、にフジタ工業サッカー部に改称した。 に(JSL)1部へ昇格 、JSL初優勝。 以後、リーグ優勝3回、天皇杯優勝2回を果たした。 1992年10月、運営会社としてが全額出資する 株式会社フジタスポーツクラブが設立され、チームの愛称を「 湘南ベルマーレ」とした。 、に承認。 この当時、Jリーグ参入に当たっては地域名をチーム名に冠することが出来なかったことから ベルマーレ平塚へチーム名を変更した。 同時に運営会社の商号を株式会社ベルマーレ平塚へ変更し、地元企業・団体などが出資(に株式会社湘南ベルマーレ平塚へ商号を変更)した。 1部で優勝、スタジアム問題もクリアして、Jリーグ入会が承認された。 1994年 - 1999年(Jリーグ) [ ] 1994年 Jリーグ加入前から監督を務めていたとヘッドコーチのの二頭体制の下、超攻撃的サッカーを標榜したが、サントリーシリーズは全クラブ最多の54失点を喫して12チーム中11位の成績。 そこで、それまで左サイドバックを務めていたをオフェンシブハーフにコンバートし、左サイドバックにはを起用。 これが功を奏し、ニコスシリーズは得点が全クラブ最多タイの48、失点が全クラブ最少タイの26と攻守共に安定し、と1勝差の2位に躍進し、 湘南の暴れん坊と呼ばれた。 また、は決勝でC大阪を破り、初優勝した。 が新人王、およびがを受賞した。 が入団。 加入後のニカノールによる中盤の底に3人のMFを置くスリーボランチを採用。 サントリーシリーズは全クラブ最多の60得点を挙げ、7位とまずまずの成績を残したが、ニコスシリーズは一転不振に陥り、8月末にニカノールが解任されると、第18節限りで古前田も辞任。 残り試合はサテライト監督を務めていたが監督代行を務めたが、14チーム中最下位に終わる。 それでも最後はで優勝した。 1998年 としてGK、MF中田、FW、同韓国代表としてDFの計4人が選出された。 W杯終了後、中田が・へ移籍。 この年に姉妹クラブで(Lリーグ)のが廃部した。 メインスポンサーのが経営再建のためスポンサーから撤退。 また、小島、、名塚、田坂、、など主力が退団(、、ベッチーニョ、、は1998年1stステージ以前に退団)。 J1リーグ戦は1st・2ndステージ共に最下位(年間4勝)に終わり、(J2)へ降格した。 12月にフジタが株式会社湘南ベルマーレを新たに設立しクラブの営業権を同社へ移すと共に、同社株式を平塚市などの湘南ベルマーレ平塚の株主に譲渡した。 一方でフジタは湘南ベルマーレ平塚の全株式を買い取った。 なお、湘南ベルマーレ平塚は2004年11月22日の臨時株主総会決議により解散した。 2000年 - 2009年(J2) [ ] 2000年 チーム名を「ベルマーレ平塚」から「 湘南ベルマーレ」に改称。 ホームタウンを平塚市1市から、、、、、平塚市、、、およびのの7市3町へ変更・広域化した。 を監督に迎えて、からベテランGK、からDF、元V川崎のや元清水のなどを獲得したが、終盤に8連敗するなど苦戦を強いられ8位に終わった。 加藤をシーズン中に解任する発表をしたフロントに不信感を持った前園、松原らの主力もチームを去った。 2001年 が監督に就任。 元のをはじめとしたコロンビア組を中心に補強。 1998年以来の復帰となったとエースとして期待された若手FWがそれぞれ17得点するなど活躍したが、シーズン中盤に栗原が離脱すると同時に失速。 前年と同じく8位に終わる。 2002年 田中体制2年目。 パラシオスを中心とした守備陣と、途中加入した、らを中心にチームが奮起。 前年度に在籍していたがコロンビアで練習中にを受け死亡する悲報もあったが5位へ躍進。 2003年 を監督に迎え、フラット3を組み込んだ3-5-2システムを採用。 開幕戦こそ機能したが、パラシオスのケガによる離脱、期待されていた元プレミアリーグのの不調など序盤で躓き、10位に終わった(サミアは途中退任、リカルドも退団)。 2004年 山田体制2年目。 よりを獲得したが、前年に続き波に乗れず、7月にを監督より解任して、が後任監督に就任したが、前年と同じく10位に終わった。 シーズン終了後、2003年より攻撃の中心として据えられていた、シーズン途中でへレンタル移籍していたパラシオスが退団した。 2005年 上田体制2年目。 シーズン序盤は快調だったが、シーズン中盤に苦戦を強いられ、結局リーグ戦7位でシーズンを終えた。 シーズン終了後、ユースからの生え抜きのFWや、、、などが退団した。 2006年 上田体制3年目。 レンタル移籍のFWをから完全移籍で、からMF、元浦和のMF、元山形のMF、FWを獲得した。 リーグ戦は、シーズン中盤に8連敗を喫するなどで、上田が監督を辞任。 終盤も6連敗するなど11位に終わった。 シーズン終了後、が東京Vへ移籍。 また、、など7人が退団した。 2007年 クラブスローガン :「 蹴志 Best mind」 が監督に就任。 がトップチームコーチに就任。 FC東京から、山形から、から、ドイツ・からを獲得。 また、からが11年ぶりに復帰した。 また、J1にレンタルしていた選手を呼び戻した(2006年までの湘南のレンタル放出は、資金面などの理由もあり基本的には完全移籍をオプション事項に盛り込んでいた。 そのため、レンタル先から復帰させたのは当時としては珍しい事例だった)。 アジエルを攻撃の基点としたチーム作りで昇格争いに肉薄、終盤まで昇格の可能性を残したが6位でシーズンを終えた。 このシーズンをもって選手会長のが引退。 左サイドバックのレギュラーを務めていたがに移籍。 一方でより、から、FC東京から、山形から湘南ユース出身のを獲得。 リーグ戦は最終節まで昇格争いに絡んだが、最終順位は5位となった。 から、新潟から、から、より、より湘南ユース出身のを期限付き移籍で獲得した。 リーグ戦は、開幕前にポジションを問わずケガ人が続出し、引退しユースチームのコーチを務めていた伊藤が現役復帰を余儀なくされ、練習試合が組めなくなるほどに深刻なものとなった。 開幕戦(山形戦)は引き分け、第4節の新潟戦で初勝利を収めたが、前年までの堅守が崩壊、大量失点に苦しむ。 中でも、前年の昇格の功労者であるが両脛のケガから立ち直れず選手登録抹消(退団はせず)、効果的な攻め手を欠き、前年までの人数をかけた鋭いカウンターを中心とした攻撃は影を潜めた。 後半戦を前に、選手登録されているGK4人中、3人が負傷離脱中という状況を打開するために、浦和からを期限付き移籍で獲得(これと同時にを登録抹消、退団はせず)。 さらに・に所属していたFWと、元FC東京のを獲得した。 椎間板ヘルニアのため戦列を離れていたや開幕前に大ケガを負ったが戦列に復帰したが、7月18日の京都戦以降勝ちが全くないまま、11月14日(第30節)の戦に敗れ、4試合を残してJ2降格が決定した。 その後もの優勝を目の前で決められてしまうなど最終節まで連敗し、結局リーグ戦21試合連続未勝利となった。 これはJ1のワースト記録となった(J全体ではの35試合連続未勝利がワースト)。 また、勝ち点16、シーズン3勝、総失点82、得失点差-51はJ1ワースト記録となった(当時)。 清水から、FC東京から、C大阪からを完全移籍で獲得。 また、から、名古屋からと、からも期限付き移籍で獲得した。 その一方で、エメルソン、、らが退団した。 開幕戦は岡山に5-0と圧勝したが、昨年同様にケガ人による離脱者が多数発生し、シーズンを通しほぼ中位に留まり、シーズン成績は14位に終わった。 天皇杯は4回戦でを撃破した。 シーズン終了後、反町が監督を退任した。 2012年 クラブスローガン :「 蹴激」 新監督にが就任。 また7月には札幌のを完全移籍で獲得した。 リーグ戦は、開幕戦で前年度天皇杯準優勝の京都に勝利。 開幕から9試合を4連勝2回を含む8勝1分負けなしで、第3節終了時から首位をキープ。 第10節(戦)から第17節(戦)まで8戦勝ち無しで第13節に2位、第17節終了時には6位まで順位を下げたが、第18節から9試合連続負けなし(5勝4分)で、第31節(栃木SC戦)に勝利して2位に浮上。 第39節の千葉戦に引き分けて3位となったが、最終節に戦に勝利して、京都に代わって自動昇格圏内の2位に入り、3年ぶりの J1 復帰が決定した。 シーズン終了後に12年間在籍していたが引退した。 2月には1億円を超える債務超過に転落し、最悪の場合はクラブ自体の解散の可能性もあるとの一部報道があった(実際の債務超過額は8268万9819円)が、9月から10月にかけて行われた湘南ベルマーレ持株会への一口5万円の拠出金の募集に4120万円、普通株に2980万円の申込みがあり、合計7100万円の増資を行った。 また、第2回湘南ベルマーレ持株会への一口5万円の拠出金の募集により1000万円、普通株の3000万円の申込みがあり、Jリーグの承認後に2013年1月のの承認を受け増資を行う予定。 最終的に上記2回の増資により債務超過は解消した。 また5期ぶりの黒字計上となった。 2013年(J1) [ ] クラブスローガン :「 蹴躍」 曺体制2年目。 ()、()、()、前年大分へ期限付き移籍していた()が完全移籍、(・、()が期限付き移籍先へ完全移籍。 ()、()、今シーズンから加入した(JFL・)が期限付き移籍、()、()が所属元へ復帰した。 補強は、から・、から、からが完全移籍で、から、から、、が期限付き移籍で獲得、新外国人としてからを獲得、(前年2種登録選手)、、(前年特別指定選手)、が新加入した。 シーズン中にエジバウドが退団、クォン・ハンジンがへ期限付き移籍先が変更、がへ、がへ期限付き移籍したが、から、からが完全移籍で、から、からが期限付き移籍で加入、特別指定選手として、、、 ともに2014年に正式加入することが内定)、2種登録選手としてが加入した。 リーグ戦は開幕から6戦勝ち無し 3分3負 となったが、第7節戦に2-1で勝利し初勝利を挙げた。 しかしながら折り返しの17節まで3勝4分10負の勝ち点13で16位と苦しい戦いが続き、第32節の戦に1-2で敗れ16位以下が確定、J2降格が決まった。 2014年(J2) [ ] クラブスローガン :「 決弾」 曺体制3年目。 、、らベテラン選手の契約満了を発表。 、がに完全移籍、、、、の4名がに、がに、がにレンタル移籍。 レンタル移籍中だった()、()の移籍期間が延長、()、()、アレックス・サンターナ()がそれぞれ所属元へ復帰した。 補強面では、よりを、よりレンタル移籍中のらを完全移籍で獲得。 にレンタル移籍中の、が復帰。 前年からよりレンタル移籍中の、の移籍期間が延長。 からが、からがレンタル移籍で加入した。 開幕から14連勝するなど、快進撃を続ける。 15節で愛媛FCに敗北したが、その後は21戦負けなし。 9月23日、アウェイの第33節の戦に2-2で引き分け、J1自動昇格を確定した。 その後2連敗を喫するものの、結果的に2014シーズンを31勝8分3敗、勝ち点101でリーグ優勝を勝ち取った。 2015年 - 2016年(J1) [ ] 2015年 クラブスローガン :「 証明 show the style」 曺体制4年目。 2年ぶりのJ1挑戦となった。 補強面では、からを、横浜FMから、昨シーズン福岡にレンタル移籍していたを、からを、からを、からを、柏から2シーズンぶりの復帰となるを完全移籍で、からを、浦和からを、からをレンタル移籍で獲得。 レンタル移籍だったが完全移籍に移行、レンタル移籍中のの移籍期間が延長、(6月にへレンタル移籍)、、が新加入した。 8月に行われたではが日本代表として出場した。 年齢制限のない日本代表選手を輩出したのは98年の小島、中田、呂比須以来17年ぶり。 名前が湘南ベルマーレとなってからは初めてである。 シーズンは鹿島から20年ぶり、名古屋から16年ぶり、柏から17年ぶりに勝利するなど勝負強さを発揮し、最終成績8位で湘南ベルマーレとなってから史上初のJ1残留を決めた。 曺監督の手腕は高く評価され、シーズンオフには曺の故郷のクラブであるへの監督就任の可能性が高まったが、最終的には湘南ベルマーレとの契約を更新した。 同年のシーズン開始に合わせて(tvk)で「」の放映が開始され、テレビでの広報体制が強化された。 2016年 クラブスローガン :「 挑越 湘南EXPRESSは、2016年も走り続けます」 曺体制5年目。 補強面では、横浜FMから、を、からを、からを完全移籍で、からを、浦和からをレンタル移籍で獲得、のレンタル移籍期間が延長、、がレンタル移籍先から復帰、、、が新加入した。 のJ1 2ndステージ第15節の戦で敗れ、年間順位で16位以下が確定、4度目のJ2降格が決定した。 2017年 (J2) [ ] クラブスローガン :「 共走」 曺体制6年目。 この年はベルマーレ平塚時代にメインスポンサーであったが18年ぶりにユニフォームスポンサーに復帰した。 補強面では、からを、からを、から2シーズンぶりの復帰となるを完全移籍で、からをレンタル移籍で獲得、、がレンタル移籍先から復帰、がユースから昇格、、が新加入した。 シーズン中には、が、宮市剛が・へ育成型レンタル移籍、が期限付き移籍契約解除(その後大分へレンタル移籍)となったが、大宮からを完全移籍で、名古屋からをレンタル移籍で獲得した。 第39節、10月28日開催だった2位が戦で引き分けたため、湘南の2位以上が確定しJ1昇格が決定。 翌日行われた岡山戦で湘南が引き分けたため3年ぶり2回目のJ2優勝が決定した。 2018年 - (J1) [ ] 2018年 クラブスローガン :「 ALIVE」 曺体制7年目。 ()、()、()、()、()、()、()、(・)、(・)が完全移籍で退団し、()、()、・へ期限付き移籍していた(・)、JFL・へ期限付き移籍していた()が他クラブに期限付き移籍し、(に復帰)がレンタル移籍期間満了、レンタル移籍の、()、()がレンタル移籍先へ完全移籍した。 また(福島)、(盛岡)がユースから昇格し即期限付き移籍した。 補強面では、新潟から5シーズンぶりに復帰のを、からを、浦和からを、からを、・から元のを完全移籍で、からを、・からのをレンタル移籍で獲得、が完全移籍に移行、がユースから昇格、、、、、、が新加入した。 2018年4月、当時湘南ベルマーレの筆頭株主だった三栄建築設計がと共同で「株式会社メルディアRIZAP湘南スポーツパートナーズ」を設立。 同時にRIZAPグループは湘南ベルマーレに対して取締役7名を派遣し、本格的にクラブ運営に関与することになった。 RIZAPグループはベルマーレに対し今後3年間で10億円を投資する意向である。 リーグ戦では、開幕戦こそ勝利したものの、その後8試合で1勝3分4敗と低迷、第10節からシーズン初の連勝を挙げたが直後に3連敗し、によるリーグ戦中断前の第15節終了時には暫定12位となる。 再開後は11位から14位の間を推移し、最終節直前の時点では14位、最終節の結果次第で16位に陥落しに進出する可能性は残っていたものの、最終節では名古屋相手に2点を先制したもののその後2PKを与え結局引き分け、10勝11分13敗、鳥栖と勝点得失点差で並ぶも総得点で上回り13位でシーズンを終えた。 では、グループDで第5節まで3位にいたが、最終節で2位長崎に勝利し、3勝1分2敗で逆転で2位となり決勝トーナメントに進出、1回戦で仙台に初戦ホームで3-0と快勝したが2戦目アウェーは1-3で敗れたものの計4-3で準々決勝進出、C大阪に初戦ホーム3-0、2戦目アウェー2-2で準決勝に進出、柏には初戦アウェー1-1、2戦目ホームも90分では1-1で延長となり、延長でともに1点を追加し2-2となったためPK戦に突入、5-4で勝利し初の決勝進出となる。 決勝では、横浜FMと対戦し、36分にのミドルシュートで先制した1点を守り切り、湘南ベルマーレとなってからは初、ベルマーレ平塚時代ので優勝して以来の3大タイトル獲得となった。 では、4回戦で川崎に敗れた。 2019年 クラブスローガン :「 Acceleration -加速-」 年間順位16位。 での4位から勝ち上がってきたと対戦。 試合は1-1の引き分けで終わったが、規定により初めて2年連続のJ1残留を決めた。 2015年8月末時点 Jリーグ・J1およびJ2のみ。 、、、等は含まない タイトル・表彰 [ ] 国内タイトル [ ]• :1回• :1回• :2回• , 国際タイトル [ ]• :1回• 表彰 [ ]• J1リーグ• 1994年 - ,• 1997年 -• 1994年 -• 1998年 -• J2リーグ• 2014年• 2017年 -• 2008年 -• 2009年 -• 2006年 -• 2014年3月 -• 2014年4月 -• 2017年6月 -• Jリーグカップ• 2018年 - ユニフォーム [ ] GK 3rd チームカラー [ ]• ライトグリーン 、 ブルー 、 ホワイト ユニフォームデザイン [ ]• 1997年にJリーグクラブで初めて、背番号の下に背ネームを採用。 1997年 - 1999年及び2002年 - 2004年に採用された。 2000年までライトグリーンを基調。 2001年よりブルー基調に変更したが、2010年よりライトグリーンを基調とするデザインに再度変更している。 ライトグリーンは親会社であったフジタのイメージカラーであるが、加盟時にJリーグ側から青からの変更依頼があったためライトグリーンを全面に押し出した。 2015年からは優勝(2014年)、2018年からは優勝(2017年)、2019年からは優勝(2018年)を表す星がそれぞれつけられた(それに伴い、J2優勝を表す星2つは右袖に移動)。 2019年よりエンブレムの下に、クラブのスローガンである「たのしめてるか。 」を配置した。 ユニフォームスポンサー [ ] 掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考 胸 MELDIA 三栄建築設計 2016年 - 2016年のみ「三栄建築設計」表記 鎖骨 RIZAP 2018年10月 - 右側に表記 背中上部 産業能率大学 2010年 - 2004年途中 - 2009年は胸 (2007年 - 2009年は「SANNO」表記) 背中下部 日本端子 2016年 - 2012年途中は胸 袖 FUjiTA 1996年 - 1998年 2017年 - パンツ 無し - ユニフォームサプライの遍歴 [ ]• 1992年 - 1993年(Jリーグ準会員):、93年天皇杯のみベーシック(フェニックス)• 1994年 - 1996年:リーグ戦は、カップ戦はベーシック(フェニックス)• 1997年 - 1998年:リーグ戦はミズノ、カップ戦は(フェニックス)• 1999年 - 2002年:カッパ・スポーツ(フェニックス)• 2003年 - 2004年:• 2005年 - 2006年:(製作:2005年はエレア・ジャポネスポーツ、2006年はエーライン・ジャポネスポーツ)• アジアカップ戦用ユニフォーム アジアでのカップ戦では、胸がHOYAの物、リーグ戦と同様にDDIの物などいくつか種類がある。 基本はベーシック製のカップ戦ユニフォームと同じデザイン(ただし袖にスポンサーはなく、背も個人名が入っている)。 また1995年の中国遠征時及びプレシーズンマッチとして行われた湘南ローズカップ用として、胸スポンサーがFujitaになっている物も存在する。 アジアスーパーカップでは、胸にDDI、袖に日の丸がついたユニフォームを着用した。 レジェンド・オブ・ベルマーレ 2003年、ベルマーレの誕生10周年を境に、100試合以上(9,000分以上)出場し、クラブの発展に貢献した選手を「レジェンド・オブ・ベルマーレ」と称し表彰。 受賞者には在籍当時に付けていた背番号と名前をゴールドでプリントした、表彰したシーズンのホームモデルユニフォームが贈られる。 しかし、正式な受賞者は2003年ののみ。 同じく2003年にが規定出場時間には届かないが、の出場に貢献したなどの特例を受けて受賞した。 ジュニアユース全国大会用ユニフォーム 2006年よりジュニアユースチームが公式戦の決勝トーナメントなど、特別な試合でのみ着用するユニフォームが存在する。 ベルマーレOBのが2004年にベルマーレから依頼された物で、デザインを中田が監修、ウェア自体も彼がチームにプレゼントしている。 これは、ジュニアユースの子供達に物を大切にして欲しい、そうした気持ちも育てていかなければならないと感じたジュニアユースコーチ達が、大学ラグビーの正選手のみに渡されるユニフォームにヒントを得て、「憧れの選手のデザインした物ならば、愛着が生まれ、大切に使うのでは」と思い立ち、中田にオファーした物。 七夕記念ユニフォーム 2007年:の盛り上げとホームタウンの結びつきを強める狙いで の試合においてのみ使用された。 1試合のみ着用されるユニフォームはジュビロ磐田の10周年記念ユニフォームに続き2例目で、登録上は両方ともサードシャツ扱いとなっている。 2009年:エーラインが七夕マンスリーと題して企画。 一般販売用は追加販売や、その後に受注生産もかかるなど好調な売上を記録した。 2011年:東日本大震災の復興を祈願した「復興祈願七夕 2011オーセンティックユニフォーム」として企画。 笹のライトグリーンを前面に押し出すモデル。 ゴールキーパー用は七夕の笹を表したライトグリーンをメインにステッチに星を表す金色を配色。 フィールドプレーヤー用のメインカラーは黒。 ライトグリーンが 首と袖周りに配色。 ゴールキーパー用はライトグリーンを使用。 フィールドプレーヤー用と配色が対となる。 ゴールキーパー用は天の川をイメージしたサックスブルー。 両ユニフォーム共に前後両面にゴールドの十字ラインを配している。 フィールドプレーヤー用は夜空をイメージした黒。 ゴールキーパー用は七夕の笹を表したライトグリーン。 今までにない大胆なデザインで、クラブ20周年 記念の七夕記念ユニフォーム。 フィールドプレーヤー用は青がベース。 ゴールキーパー用はピンクがベース。 両ユニフォーム共に左袖部分がグリーンとなっている。 七夕飾りの吹流しをグリーンで表現。 ゴールキーパーは天の川をイメージしたパープルを濃淡グラデーションで表現。 シャツ全体に配置したグラデーションピンストライプは勝利へと進む、「緑の流星」を表現。 ゴールキーパー用のベースカラーはクールグレーをベースに、シアンブルーからネイビーのグラデーションで夏らしいカラーリングに仕上げた。 GK用はフラッシュグリーンにブラックを掛け合わせた、七夕らしいカラーリング。 星図は200年前の古星図を基にデザイン。 複雑な幾何学模様の中に七夕にちなんだスターパターンを組み込んだ。 フィールドプレーヤーは「湘南ブルー」、ゴールキーパーは昨年に引き続き「ベルマーレグリーン」でカラーリング。 天空に向かって上昇する星をスターグラデーションで表現、星が作り出すV字ラインは、Victory 勝利 のVをイメージ。 袖ラインもスターグラデーションでデザイン。 カラーリングはフィールドプレーヤーはネイビーにベルマーレグリーンの星、ゴールキーパーはフラッシュマゼンタにピンクの星を採用。 ゴールキーパー用は昨年に続きピンク。 また最大の特徴として、全てのユニフォームパートナーの理解のもと、ブランディングの一環としてヨーロッパのトップリーグなど多くのクラブチームが採用している「パートナーロゴ、背番号・ネーム表記、ホームタウン表記」などをクラブカラーのライトグリーンのワントーン(1色)で統一表現した、スタイリッシュなデザインを実現。 そして背番号、ネームには昇華プリントを採用し、湿度の高い日本の夏に適応して軽量化を図った。 SHONAN10thユニフォーム 「湘南ベルマーレ」へ名称変更して10周年の2009年に作成。 10年間の感謝と、これから先も共に歩んでいただきたいという願いを込めて天皇杯で着用された。 スペシャルエキシビションマッチ用ユニフォーム 2012年9月14日、第33節の草津戦の開始前に行われた「ベルマーレレジェンド OB選手 vs 芸能人サッカーチーム SWERVES スワーブス 」のスペシャルエキシビションマッチにてベルマーレレジェンド OB選手 が着用したユニフォーム。 デザインはこの年の通常モデルと同じものであるが、フィールドプレーヤー用が青、ゴールキーパー用はピンクを基調としている。 また胸にはこの年のユニフォーム袖スポンサーであるのロゴを付けたものとなっている。 ベルマーレ創立20周年記念試合「Re-member」用ユニフォーム 2013年1月27日のベルマーレ創立20周年記念試合「Re-member」においてベルマーレチームが着用する1試合限定のメモリアルユニフォーム。 ベルマーレの歴史に色濃く残るデザインのひとつのストライプ柄を現代風にアレンジしアクセントとしてアシメントリーを採用し、躍動感を演出。 右袖にはベルマーレ平塚時代のホームタウン表記である「HIRATSUKA」とJリーグ20周年マーク。 左袖にはベルマーレ20周年マークが入る。 クラブ創立50周年記念オーセンティックユニフォーム 2018年9月22日のクラブ創立50周年記念試合 J1第27節C大阪戦 にて、ベルマーレチームが着用した1試合限定のメモリアルユニフォーム。 フジタ工業クラブサッカー部時代のユニフォームデザインを復刻したもの。 下部組織・育成 [ ] 概要 [ ] 2002年、に沿った総合的なスポーツクラブ作り定着を目指して、(湘南BSC)を新たに設立した。 同時にジュニア、及びジュニアユース部門を湘南BSCへ移管して、株式会社湘南ベルマーレはトップチームおよびユースの運営を行うこととなった。 また、湘南BSCはサッカー以外のにも取り組んでいる。 なお、湘南BSCに関する詳細はを参照のこと。 株式会社湘南ベルマーレは、2004年よりのと提携している 他、2013年3月よりと「営業・事業」「強化」「アカデミー」に関する提携を締結した()。 また、かつてはスポンサーのの繋がりにより「」(現在ののファーム(2軍)チーム)と共同割引チケットなどの企画を行ったこともある。 クラブハウス [ ] かつては親会社であったが所有する大神グラウンドを練習場とし、クラブハウスも置いていたが、大神グラウンドを2004年に買収したがのグラウンドとした。 2006年9月までは契約でベルマーレが練習場として使用していたが、2006年10月よりに練習場を移すと共に、事務所やクラブハウスも馬入サッカー場の隣接地に移転した。 日系ベルマーレ [ ] 2006年9月、日系ベルマーレ(Club Nikkei Bellmare)を設立。 強化プログラムの一環として、外国籍枠のないパラグアイリーグで若手選手の派遣・育成・強化を図る計画であり、同リーグの地域2部(実質4部に相当)に所属。 チーム顧問として、南米サッカー連盟会長のニコラス・レオス、株式会社湘南ベルマーレ元社長の眞壁潔が名を連ねる。 将来的にはこのクラブで育った選手が湘南ベルマーレへ、そして世界のリーグ・クラブへ選手たちが飛躍していくことを願い、サポートしていきたいと関係者が語っている。 クラブの運営主体は現地法人のサクラグループ社と日本のSEA Global社が出資して設立した「社団法人日系ベルマーレ」である為、湘南ベルマーレは出資はしていない。 両クラブの関係は提携・協力という形となる。 海外で選手を育成しようという意図としては同じものではあるが、が母体となり設立された、 また、プロ野球が直接運営する などとは異なった組織となっている Jリーグ他クラブとの提携 [ ] 、との業務提携を行った。 両クラブは、クラブやホームタウンの枠を飛び越えて、互いのスケールメリットを拡大すると共に、さらなるクラブの価値向上と発展を目指すことを念頭に、営業・事業、選手やコーチなどの育成、下部組織の提携などを進めていく。 このことで、湘南に所属する選手でなかなか出場機会を得られない選手を福島に紹介し、(若手選手育成型含む)などにより実践機会の提供強化を図ること、さらに福島が湘南の練習場(馬入サッカー場)を会場としたシーズン開幕前の練習開催や、2014年1月に平塚で行われた合同ファン感謝イベントで、互いのサポーターが提携関係のクラブのグッズの購入するなどの相乗効果やメリットを生み出すことができる としている。 中田英寿との関係 [ ] はベルマーレに1995年から1998年7月まで在籍した。 2000年-から2001年までユニフォーム背中部分のスポンサーとなった(ロゴは「nakata. net」)。 2002年以降、オフィシャルクラブパートナーとなっている。 2006年、中田がデザインしたユニフォームを、ジュニアユースが全国大会などで着用した。 詳細は後述の参照。 2008年、中田が主催するTAKE ACTION! 2010年2月、『湘南ベルマーレJ1昇格記念試合』として、湘南OBチームの「We're back F. 」と「TAKE ACTION F. 」とが対戦。 中田にとっては海外移籍以来となる平塚競技場での試合となり、前半は「TAKE ACTION F. 」、後半は「We're back F. 」のメンバーとして出場した。 2013年1月、ベルマーレ創立20周年記念試合「Re-member」にベルマーレOBとして出場。 ベルマーレクイーン [ ] 2010年シーズン開幕前に、の協賛で4人のベルマーレクイーン、1人のベルマーレマーメイドが選出された。 5人はホームゲーム・ホームタウン内のイベントに登場しチームのマスコットとして活動。 個人的にアウェーに出向くメンバーもいた。 2010年10月にラ・パルレがしたが、2011年以降もメンバーを入れ替えて活動を続け、発売のインタビュー企画にも登場した。 インターネット投票などを通じて2012年は4人(うち2人は2年ぶりの選出)、2013年も4人、2014年は5人が選出された。 2016年はメンバーの一般募集は実施せずにから選出された。 ベルマーレクイーン(2010年) [ ]• - グランプリ獲得者• ベルマーレマーメイド(2010年) [ ]• ベルマーレクイーン2011 [ ]• ベルマーレクイーン2012 [ ]• - 2010年も選出• - 2010年も選出• ベルマーレクイーン2013 [ ]• ベルマーレクイーン2014 [ ]• ベルマーレクイーン2015 [ ]• ベルマーレクイーン2016 [ ]• ベルマーレクイーン2017 [ ]• ベルマーレクイーン2018 [ ]• ベルマーレクイーン2019 [ ]• スタジアム移転構想 [ ] 湘南ベルマーレは、本拠地を平塚市に移転してから今日まで平塚競技場(Shonan BMWスタジアム平塚)を本拠地としているが、現状の収容人員はJ1基準の15000人をわずかに上回る程度しかない。 そこで、大手建設コンサルタント会社から、ホームタウンである平塚、藤沢、茅ケ崎市などから複数の箇所を候補地として、2万人以上収容できるスタジアムの建設構想を検討していたことが、2016年9月の一部報道で明らかになった。 そして2017年1月、「湘南スタジアム研究会」と称する、地元商工会議所や経済関係者らからなる組織が結成され、同12月までをめどに移転候補先をベルマーレに提案する方針を確認した。 これまでも、平塚競技場のに適合した屋根付きスタジアムへの改修や増築などについてベルマーレ側は平塚市に訴えてきたが、平塚市はこの計画に消極的な姿勢が続いている。 そこで、新たなスタジアムの建設の可能性を探るように研究会に要請しているという。 同4月の第2回研究会会合で、平塚競技場以外の平塚、茅ケ崎、藤沢、小田原の4市から、民有地3か所、公有地7か所の都合10か所の候補が挙げられた。 今後はスタジアムをサッカー・ラグビーだけでなく、コンサートなど多目的用途に利用できるように音楽関係者からの意見を求めるとしている。 一方、平塚市は平塚競技場に引き続きとどまってもらうように要請している。 平塚市は2000年のJ2降格以後、スタジアムの年間使用料推定約5000万円のうち、3000万円を減免している。 この減免処置は現状ベルマーレのみであるため、「多大な支援をしてきたのに、突然(平塚競技場から)出ていくのは勝手すぎる」との声も市役所からある。 また平塚市長も「平塚競技場に残ってもらいたいメッセージの一つ」として、スタンド増築や2017年末に予定される照明塔のLED化などについて話している 決算 [ ] 湘南ベルマーレの決算は、つぎのとおり。 損益 [ ] 年度 収入 広告料 入場料 配分 その他 費用 事業費 人件費 管理費 利益 純利益 2005 733 336 133 111 153 731 541 352 190 2 0 2006 709 352 128 114 115 855 651 425 204 -146 -144 2007 970 370 141 118 341 970 763 504 207 0 1 2008 930 341 142 111 336 1,062 789 542 273 -132 -132 2009 1,066 372 191 105 398 1,178 912 618 266 -112 -115 2010 1,288 430 360 209 289 1,342 1,041 646 301 -54 -53• 金額の単位: 百万円• 人件費は事業費に含まれる。 出典: 各年度のJクラブ決算一覧。 、 、 、 、 、 年度 収益 広告料 入場料 配分 育成 その他 費用 人件費 試合 トップ 育成 女子 販売 利益 純利益 2011 670 227 168 91 0 184 991 511 62 70 0 0 348 -321 -130 2012 869 330 203 89 0 247 873 366 67 75 0 0 365 -4 4 2013 1,191 387 263 191 0 350 1,211 530 82 98 0 0 501 -20 -11 2014 1,121 453 225 93 0 350 1,126 452 76 87 0 0 511 -5 2 2015 1,561 573 335 193 0 460 1,517 699 90 102 0 0 626 44 5• 日本プロサッカーリーグ. 2017年4月1日閲覧。 湘南ベルマーレ. 2018年11月21日閲覧。 プレスリリース , 日本プロサッカーリーグ, 2017年10月24日 , 2017年10月24日閲覧。 湘南経済新聞 2010年3月5日. 2013年3月13日閲覧。 、2004年12月9日、2014年5月1日閲覧• 湘南ベルマーレ公式サイト・トピックス. 2012年10月27日閲覧。 湘南ベルマーレ公式サイト・トピックス. 2012年12月27日閲覧。 河野太郎twitter. 2013年2月18日閲覧。 サッカーキング. 2013年11月23日閲覧。 湘南ベルマーレ公式サイト. 2013年12月12日. 2013年12月12日閲覧。 猪狩はそのまま同クラブ職員となり「」にも出演するようになった。 、京都サンガ応援特集、2015年12月3日付記事、。 なお、平塚市内などを放映エリアとするケーブルテレビ局のでは以前から「Go! ベルマーレ」を放映している。 湘南ベルマーレ公式サイト・トピックス. 2016年12月20日閲覧。 湘南ベルマーレ公式サイト・ニュース 2018年4月15日. 2018年5月16日閲覧。 三栄建築設計はメルディアRIZAP湘南スポーツパートナーズに50. ビジネスONLINE 2018年4月6日. 2018年5月16日閲覧。 湘南ベルマーレ公式サイト. 2013年3月13日閲覧。 湘南ベルマーレ公式サイト 2012年1月11日. 2019年1月20日閲覧。 湘南から・サッカー・今年の七夕. 2013年1月16日閲覧。 湘南ベルマーレ公式サイト・トピックス. 2013年1月16日閲覧。 湘南ベルマーレ公式サイト・トピックス. 2013年1月16日閲覧。 湘南ベルマーレ公式サイト・トピックス. 2012年9月8日閲覧。 湘南ベルマーレ公式サイト・トピックス. 2012年12月28日閲覧。 湘南ベルマーレ公式サイト・トピックス. 2018年7月10日閲覧。 2004年6月2日. 2014年5月2日閲覧。 湘南ベルマーレ公式サイト. 2013年3月13日閲覧。 2013年1月17日. 2013年3月13日閲覧。 NIKKEI BELLMARE 日系ベルマーレサッカー留学プログラム. 2013年1月16日閲覧。 Albilex Niigata Singapore公式サイト・クラブガイド. 2013年1月16日閲覧。 広島東洋カープ公式サイト・施設案内・ドミニカ. 2013年1月16日閲覧。 「」(同系2014年3月8日放送分)• YouTube. 2013年1月20日閲覧。 (2016年9月29日 日刊スポーツ)• (2017年1月21日 東京新聞)• (2017年4月20日 東京新聞)• (2017年5月30日 東京新聞) 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - チャンネル• - NPO法人.

次の