妊娠 中期 お腹 の 張り 夜。 【実例】妊娠中のおなかの張りとは、こんな感じの症状のことです。

【医師監修】妊娠中期のお腹の張り対策。胎動やガスのせい?受診目安も

妊娠 中期 お腹 の 張り 夜

妊娠中期のお腹の張り!危険信号が隠れているかもしれません• お腹の張りは、妊娠中期の代表的な特長の一つと言われています。 「妊娠中期にお腹が張るのは当たり前!」とは言うものの、妊娠初期より自覚症状が明確になる分、「お腹が張る度に不安になる!」という女性も少なくありません。 特に気になるのが、お腹に張りを感じた時のリスクの度合いについてでしょう。 妊娠中期に感じるお腹の張りには、3つのカテゴリーに分類されます。 様子見と判断できる張り:安静にして治まるかどうか確認する• 危険な症状:早めに受診すべき• 緊急性が高い症状:時間を問わず今すぐ連絡すべき 辛い悪阻の時期を乗り越えた妊娠中期だからこそ、ちょっとした油断がお腹の張りに繋がり、思わぬ事態に発展するケースもあるんですよ。 この記事の目次• 妊娠中期に感じる「お腹の張り」の特長は? 通常、妊娠16週目~27週目くらいまでを妊娠中期と言い、程度の差はあるものの殆どの妊婦さんがお腹の張りを感じる時期と言われています。 特に、最もお腹の張りを感じやすいのが、5ヵ月目に差し掛かった妊娠17週目あたりです。 この時期は、赤ちゃんが急激に成長を始める時期と重なっていますから、その影響と考えられています。 安定期である妊娠中期に感じるお腹の張りは、そのほとんどが生理的な場合が多く、身体を休める事で簡単に治まるケースも少なくありません。 とは言え、お腹の張りには流産などのSOSサインが隠れている事も事実。 自分の身体が、何をどんな風に感じているのか把握する事も、ママさんの仕事の一つなんです。 妊娠中期にお腹が張る原因は? 妊娠中期にお腹が張る原因には、下記のような要因が挙げられます。 子宮収縮• 皮膚の突っ張り• 消化器系のトラブル• 子宮の変化(妊娠初期の原因を参照して下さい。 ) では、それぞれの原因がどのように作用してお腹の張りに繋がるのか、そのメカニズムについて順番に見ていきましょう。 原因その1:子宮収縮 安定期である妊娠中期になると、辛かった悪阻が治まるにつれて体調が回復し、活発に行動できるようになりますよね。 確かに、体調が回復するのは喜ばしい事ではありますが、妊娠初期より自由に動き回れるようになった分、動き過ぎてしまう妊婦さんも少なくありません。 実は、この「動き過ぎ」や「疲労」が引き金になって、子宮収縮を誘発してしまう事が有るんです。 このタイプの子宮収縮は反射的な現象で、緩んでいた子宮の筋肉が瞬間的に「キュッ」と締め付けられるという特長があります。 この瞬間的な収縮が起こると、お腹が張っていると感じてしまうんです。 原因その2:ブラクストン・ヒックス収縮(前駆陣痛) 不規則で痛みを伴わない収縮を「ブラクストン・ヒックス収縮」もしくは「前駆陣痛」と言い、下記のようなシチュエーションが考えられます。 起床時にお腹が張る• 何もしていなくてもお腹が張る• 胎動を感じた直後にお腹が張る• 不規則で痛みを伴わない張り いわゆる出産への準備として起こる現象ですから危険はないものの、実際に子宮が収縮する事でお腹が張っているように感じるのが特長です。 女性の身体は、ホルモン内に子宮収縮物資が含まれていますが、妊娠する事で子宮の感受性が高まり、子宮収縮が起こりやすくなります。 原因その3:皮膚の突っ張り 皮膚の突っ張り感を、お腹の張りと感じる妊婦さんも少なくありません。 子宮が大きくなるにつれて、当然ながら腹部の皮膚表面も連動して引き伸ばされていきますよね。 特に、妊娠中期にもなるとお腹が膨らむスピードが加速しますから、皮膚が急激に引き延ばされると、お腹が張っているように感じてしまうのも頷けます。 妊婦さんによっては、「妊娠線が出来る音が聞こえた!」なんて体験談もあるほどです。 原因その4:消化器系のトラブル 悪阻の時期を過ぎても解決しきれないのが、消化器系のトラブルと言われています。 子宮が胃腸を圧迫している• 胃の内容物が食道に逆流する などの症状をはじめ、「虫垂炎」や「腎結石」などの疾患による痛みを訴えるケースも少なくありません。 消化器系のトラブルによる症状や痛みは、一見お腹が張っているようにも感じられるため、混同している妊婦さんが多いようです。 「様子見」と判断できるお腹の張りは? 妊娠中期にお腹の張りを感じた場合、危険性が低く様子見した方が良い症状には、どんなタイプがあるのでしょうか?• お腹の張りと軽い痛みを同時に感じ、数分で治まる• 横になって休んでいれば、1時間に何度も繰り返す事は無い• 鮮血や変色した出血を伴わない張り• 張りや痛みを感じた後に胎動を感じる 上記のような症状は、ほとんどがブラクストン・ヒックス収縮の症状と重なっています。 4種類の症状全てを満たしていれば、深刻な状況に陥る危険性が低く、ほとんどの場合は流産などの事態に発展しないと判断されています。 「危険信号」と判断すべきお腹の張りは? 一方、早めに何等かの対処をすべき「危険信号」と解釈されているのが、下記のような症状です。 早めに受診すべき「危険な症状」• 茶色や黒色を含む出血を伴う張りを感じた場合• 楽な体勢で休んでいても、何度も繰り返し張りや痛みを感じる場合• 冷や汗や意識が混濁してしまうほどの、激痛を伴う張りを感じた場合• 規則性を伴う張りを感じた場合• お腹が張っている状態が30分以上続く場合• 1時間以内に4回以上の張りを感じる場合• 一日に11回以上の張りを感じた場合 上記のような症状が見られる場合は、切迫早産や流産はもちろん他の病気が影響している可能性もありますので、出来るだけ早めに産婦人科の診察を受けて下さいね。 今すぐ連絡すべき「緊急性が高い症状」 特に緊急性が高く昼夜を問わず対処すべきなのが、下記のような症状です。 妊娠14週以上の流産や早産の経験者が、出血を伴う張りを感じた場合• 安静にしているにも関わらず、10分以内に何度も繰り返す場合• 痛みを伴う張りが、徐々に強くなり持続する場合 上記のような緊急性の高い症状が現れた時には、すぐに掛かりつけの病院に電話して対処法を指導してもらいましょう。 ちなみに、茶色の液体をオリモノ(茶オリ)と誤解している人も多いようですが、少量の血液が茶色っぽく見えている、という解釈が正解です。 オリモノだと勘違いして見落とさないように気を付けましょう。 妊娠中期のお腹の張りはどうしたらイイの? では、妊娠中期の妊婦さんが実際にお腹の張りを感じた場合は、どのように対処したら良いのでしょうか? 具体的な対処法4つ• 手を止めてソファーなどに横になる:真っ先に行うべきなのは、安静にする事• 椅子に腰かけて深呼吸:急に座ると逆効果、立つ時もゆっくりと• 身体を温める:身体が冷えると筋肉が萎縮して子宮に力が入ってしまう• 便秘の解消に努める:産婦人科で食事指導を受ける お腹が張っているという事は、子宮の筋肉が緊張して強張っている証しです。 特別なアクシデントがなければ、身体の緊張が解れていくにつれて、自然と子宮の収縮も治まっていきます。 但し、お腹の張りが治まったからと言って、急に動き出すのは止めましょう。 たとえ安定期である妊娠中期であっても、基本的にゆっくりした動作が原則ですよ。 妊娠中期のお腹の張りを予防する方法 【 冷え対策 】 「冷え」は妊婦の大敵と言われますが、冷え対策がお腹の張り予防にも効果的と言われているをご存知でしょうか? お腹が張る原因として代表的なのが、筋肉で出来ている子宮の収縮です。 身体の冷えを解消すると、全身の筋肉が緩むにつれて、自動的に子宮の緊張も和らいでいきます。 【 疲れを溜めない 】 悪阻が治まってくる妊娠中期は、ストレスや太り過ぎによる体重増加を抑制する為に、運動を勧められる時期でもありますよね。 ですが、意外と侮れないのが「疲労」と「お腹の張り」の関係なんです。 これ以上お腹が大きくなる前に・・と、何かと忙しく過ごす妊婦さんも多いでしょうが、頑張り過ぎは禁物ですよ。 いつもの違う張りを感じたら病院へ! 妊娠中期というのは、悪阻が治まって動きやすくなる時期でもありますよね。 妊婦だという自覚はあるものの、悪阻が治まった事で一種の解放感を味わえる時期でもありますから、積極的に外に出るなど活動的になる妊婦さんも少なくありません。 この「動き過ぎ」こそ、妊娠中期にほとんどの妊婦さんがお腹の張りを感じる理由とも言われています。 「お腹の張り方がいつもと違うかも?」と感じたら、遠慮せずに専門家に相談してみましょう。 こんな些細な事で迷惑かも・・なんて気にする必要はありませんよ。

次の

【助産師監修】赤ちゃんは大丈夫?妊娠中期・後期のお腹の張り

妊娠 中期 お腹 の 張り 夜

妊娠後期のお腹の張りの原因は? お腹の張りの主な原因は、 子宮収縮です。 子宮収縮とは、妊婦さんの体に何らかの原因で緊張や刺激があり、それが引き金となって子宮が緊張し、固くなる症状のことをいいます。 実は 子宮は筋肉でできているので、固くなったりするんですね。 子宮収縮はだいたい妊娠20週前後から感じやすくなり、妊娠30週を過ぎるとほとんどの妊婦さんが経験することになります。 ですので、あなただけがお腹の張りを感じているわけではないので心配しすぎないようにしましょう。 また、お腹の張りは必ずしも子宮伸縮ではないということも覚えておきましょう。 お腹が張っていると思っていても、実際には 「子宮を支えている靭帯が引っ張られている」 「皮膚のつっぱり感」をお腹の張りだと感じている場合もありますので。 妊娠後期にお腹が張りやすい原因まとめ 妊娠後期にお腹が張る原因や時間帯をまとめてみました。 夜中 お腹の張りが夜中に起こる妊婦さんは非常に多いです。 具体的には、 深夜0~翌朝6時までの間に1番お腹の張りを感じる妊婦さんが多いようです。 多くの妊婦さんが夜中にお腹の張りを感じているので、夜中にお腹の張りを感じても、心配しすぎる必要はありません。 腹帯による締めつけ 腹帯などでお腹を締め付けていると、張りを感じることがあります。 医学的には、 腹帯は意味がないことが分かっています。 もし、腹帯が原因でお腹の張りを感じているようなら、腹帯を辞めてみては? 疲れ 長時間歩き続けたり、立ちっぱなしが続くと、お腹がよく張ります。 妊娠後期に適度な運動も大事ですが、お腹が頻繁に張る場合は、避けましょう。 また、妊娠後期になるとキッチンに立つのも大変になってきますよね? お腹が張って辛いときは、旦那さんの理解を得て、スーパーのお弁当なども考慮に入れましょう! ストレス 意外にも、 精神的なストレスからお腹の張りを感じることがあります。 思うように体が動かない妊娠後期。 家事、仕事、出産への不安などさまざまなストレスにさらされやすい時期です。 ストレスが溜まると、筋肉(子宮)が固くなりお腹が張る原因になります。 リラックスできる時間を作るのが大事ですね。 私の体験談としては、旦那と喧嘩したあとは、よくお腹の張りを感じていました。 笑 便秘 お腹の張りは、 「子宮収縮」、 「靭帯が引っ張られる」 「皮膚のつっぱり感」以外にも便秘によって引き起こされることもあるのです。 便秘によって引き起こされるというよりも、便秘によるお腹の張りと、妊娠によるお腹の張りを勘違いしているパターンですね。 胎動が激しい 胎動が激しく、胎動の刺激でお腹が張ることがあります。 乳首のマッサージ 妊娠後期になると授乳に備えて、 乳首マッサージを行う妊婦さんも多いと思います。 乳首を刺激ずると、子宮収縮を促すホルモンが分泌されるため、お腹の張りを感じやすくなります。 授乳に備えるのも大事ですが、マッサージはほどほどにしましょう。 夜の営み 夜の営みにより、お腹が硬くなったり、張りを感じることがあります。 早産が起きる予兆 お腹の張りと同時に痛みや出血を伴うときはトラブルの予兆の可能性があります。 すぐに産婦人科を受診しましょう。 その他 妊娠後期になると、いま紹介した原因などに該当しなくても、お腹が張ることもあります。 覚えておきましょう。 妊娠後期のお腹の張りの対処法【シーン別】 お腹の張りを感じたら、安静にするのが第一です。 家 椅子に座ったり、横になって休むようにしましょう。 仕事場 仕事場で横になるのは難しいですよね。 そんなときは、 トイレに行ってしぱらく座って休んでみてください。 同僚、上司の理解を得ておくのも大事ですね。 電車内 満員電車などで席が空いてないときも多いと思います。 無理をせずに、途中下車してホームのペンチで休憩をしましょう。 基本的に妊娠中の電車は、 空いてる時間にのるのがいいですよ。 いまは大丈夫でも、お腹の張りは急にきますからね。 満員電車でお腹に誰かの鞄があたる可能性もありますし。 車の運転中 車の運転中にお腹の張りを感じた場合は、すぐに車を止めて休むようにしましょう。 お腹の張りが治まるまでは、安全な場所に車を停めてシートを倒したり、後部座席に横になると楽になりますよ^^ スポンサーリンク お腹の張りと息苦しさの関係 お腹の張りと息苦しさを同時に感じて、悩んでいる妊婦さんがたくさんいます。 原因としては、 お腹の張りにより子宮が上に押し上げられて、 お腹に張りと息苦しさが同時に起こるからです。 なので、お腹の張りと息苦しさが同時に起こるのは珍しくありません。 私の場合、胸がぎゅ~~っと締め付けられるような感じでした。 また産まれる前は、張る前にまず胸が締め付けられるような息苦しさが先で、張りと共にそれも強くなって、息が出来ない感じでした。 私はお腹が張ると、だいたい息苦しさもセットで起きました。 経験上、お腹の張りが強ければ強いほど、息苦しさも酷いようでした。 まとめ 基本的に、妊娠後期のお腹の張りはしばらく休んで治まれば心配する必要はありません。 妊娠後期になるとほとんどの妊婦さんがお腹の張りを感じるものです。 また、お腹の張りと息苦しさが同時に起こることも珍しくありません。 どうしても気になる場合は産婦人科を受診するようにしましょう。 【必見】病院へ行く目安!! スポンサーリンク.

次の

妊娠中期体験記5 全身のかゆみ・お腹の張り・お通じトラブル

妊娠 中期 お腹 の 張り 夜

妊娠中のお腹の張り、夜の方がお腹が張る 妊娠7カ月に入って、お腹がバーンと出張しているのがわかります。 足元も確認しずらくなってきたし、靴下を履くのも大変。 そうなってくると、今ままであまり感じたことがなかった「お腹の張り」を感じるようになりました。 今までは下腹部痛がしたり、靱帯が痛かったり、生理痛のような鈍痛を感じるなど、お腹の張りとは違うトラブルはいろいろとありました。 その時は「お腹の張りってどんな感じかな~?」とあまりつかめていなかったのですが、張るようになってから「これだ!」と分かるようになりました。 ただ、いつも張っているわけではないんです。 私の場合は朝起きると大きいお腹も少し弾力があって、プニプニしています。 ときどき赤ちゃんの胎動でパーンとお腹が張ったような感じになるけれど、胎動がおさまればお腹のパーンという感じも元のプニプニに戻ります。 そこからパソコン仕事をして、昼食を作り、またパソコン仕事をして最後に一休み。 体の調子が良い時はその後にジムに行って歩いたりしています。 ただ、最後のパソコン仕事をした後にお腹が張ってしまうことが多いのです。 朝に比べて夜に近づくほどお腹の張りが強くなります。 そのため、お腹が張って痛い時はジムはお休みするようにして、できるだけベットで横になるように心がけています。 でも、そこでよく疑問に思うんです。 当時は人間も動物を狩って食事をするかたわら、肉食動物から身を守る必要がありました。 もし昼間に陣痛や出産のタイミングが来ると、それらの肉食動物から身を守れなくなってしまいます。 そのため、安全に出産をするためには夜の出産がベスト。 身体はそれを本能的に察知していて、夜に出産のタイミングが来るようになっているそうです。 お腹の張りはその本能と関係しているといわれています。 母体と赤ちゃんを守るためには夜に出産準備をするのです。 副交感神経が働くのはリラックスをしている状態の時です。 夜になると体は眠りに入るための準備を始めるので、副交感神経が優位に働き始めます。 陣痛やお腹の張りは、副交感神経が優位に働いている時に起りやすいといわれています。 出産時に「リラックスしてくださいね~」と言われるのもそのためです。 お腹の張りを抑えるようなお薬や治療の場合、体を興奮状態にして交感神経を働かせるものもあるくらい、自律神経の働きは大きく関係しています。 夜になってお腹が張りやすいのは、リラックスして副交感神経が働いているためなのです。 まとめ 陣痛が来たり、出産のタイミングが夜に来ることが多いのは、こういった理由があるからなんですね。 自律神経の働きはもちろん、体が本能的に知っていることってとても面白いです。 お腹がよく張る場合は早産などの可能性もあるそうなので、しっかりと体を休めることが大切と言われています。 これらの話をまとめるとリラックスしすぎてもダメなのかな?と思っちゃいますが。 笑 ママがストレスを感じると赤ちゃんの心拍が低下するという研究結果があるくらいなので、ストレスをためるよりはリラックスしている方が良いのかな?とも思います。

次の