ストウブ。 13年間使ったルクルーゼから、ストウブに買い替えた感想~どっちが使いやすい?~

ストウブの色選び迷う? 人気ランキングとおすすめ色を紹介します。

ストウブ

アーネスト 27• アイリスオーヤマ 25• アカオアルミ 183• イシガキ産業 245• ウルシヤマ金属 44• エポラス 22• オダジマ 6• オリエント 5• カクセー 51• カンダ 80• ククナキッチン 115• グッチーニ 1• クリステル 29• コウミン 19• サーモス 14• シェフレラ 2• ジャンヌ・エコール 1• スギコ産業 1• タイガー魔法瓶 1• タマハシ 29• ティファール 29• デバイヤー 18• ドウシシャ 6• ナンセンジャパン 6• バーミキュラ 57• パール金属 2096• パデルノ 32• ハリオ 7• ビタクラフト 66• フィスラー 30• フジノス 11• ベストコ 225• ツヴィリング J. ヘンケルス 17• マイヤー 8• マトファー 6• モービル 91• ヨシカワ 231• ラゴスティーナ 8• リビング 11• ル・クルーゼ 436• 貝印 27• 及源 119• 京セラ 17• 山田工業所 1• 中尾アルミ製作所 112• 富士ホーロー 11• 北陸アルミニウム 197• 野田琺瑯 1• 和平フレイズ 671• 譚 彦彬 4• EBM 489• KYS 40• TKG 895• WMF 2• 伊賀焼 5• 広島アルミニウム工業 1• ロッジ 6• グリーンパン 42• 池永鉄工 282• サミット工業 16• 廣田 2• アサヒ軽金属工業 1• ambai 1• 霜龍器物 6.

次の

ストウブで作る絶品レシピ50選!簡単なのにおしゃれで美味しい料理を大公開!

ストウブ

もくじ : タップで該当箇所にジャンプ• ストウブ(STAUB)ってどんなブランド? STAUB社はフランス中東部 アルザス地方発祥の調理器具メーカーです。 ストウブ鍋は創業者のフランシス・ストウブ、有名シェフ達により共同開発。 当初はプロ用の製品して販売され、その後家庭にも普及していきました。 鋳物ホーロー鍋を中心に商品を展開し、今ではセラミック製品も販売しているクックウェアブランドです。 2008年にドイツのツヴィリング・J. ・ヘンケルスグループとなり、さらに世界各地へ普及していきました。 ストウブとル・クルーゼはどっちがいい? ストウブ鍋はよくル・クルーゼの製品と比較されます。 どちらもフランス発祥の鍋で、同じように鋳鉄ホーロー鍋だからです。 僕はル・クルーゼも持っていましたが、断然ストウブをオススメします。 (ル・クルーゼは使わないので人にあげちゃいました……) プロはストウブ愛用者が多い ストウブ鍋はプロ用の製品として開発されました。 そのため、現在でもプロの料理人はストウブ鍋を愛用しています。 プロは見た目だけで道具を選びません。 機能が優れているからストウブを愛用するんです。 ミシュランの3つ星シェフのポール・ボキューズさんはSTAUB ブランドと製品の公認アンバサダー。 自身のレストランでもストウブ製品を愛用しています。 ストウブの方が汚れにくくて頑丈 ストウブは汚れにくく、頑丈に作られています。 僕はル・クルーゼを使ったことがあるんですが、すぐに鍋底が汚れてしまいました。 こすってもこすっても汚れは落ちなかったです……。 ストウブ鍋を10年近く愛用していますが、鍋底はキレイなままです。 鍋底が黒いので、多少汚れていも目立ちません。 聞いた話ですか、ル・クルーゼは注意しないと鍋底のホーローが割れてしまうそうです。 ストウブ鍋はとっても頑丈なので、鍋底のホーローが割れたことなど一度もありません。 多少手荒に扱っても大丈夫です。 また、ル・クルーゼのフタのノブ(つまみ)は耐熱温度が200度(別売りで250度もある)。 ストウブ鍋は標準で耐熱温度が250度になっています。 オーブン料理のことを考えると、耐熱温度は高い方がいいんです。 素人でも料理が美味しくできる 「ブロにストウブ鍋愛好者が多いのはわかった。 頑丈で使いやすいのもわかった。 んで、一番重要な料理の味はどうなの? 素人でも美味しく料理できるの?」 この点が一番疑問ですよね。 安心してください。 ストウブ鍋なら素人でも美味しく料理できます。 素人でも美味しい料理ができる理由は次の6つ。 密封性が高く、無水調理ができる• 熱伝導性が高く、食材にムラなく熱が加わる• 保温性が高く、煮込み料理が美味しくできる• フタの裏のピコ(突起)が食材の旨味を凝縮する• 黒マットエマイユ加工のおかげで、食材が焦げ付きにくい• ひとつの鍋で様々な料理ができる 密封性が高く、無水調理ができる ストウブ鍋は密封性が高いため、無水調理ができます! 料理は水を足すほど素材の味が薄まります。 使う水を最小限におさえた方が、料理が美味しくできるんですよ。 ストウブ鍋のフタは金属同士が密着することで、密封性が高くなります。 さらに鋳鉄製のフタは重いので、中の圧が上がっても蒸気が漏れにくくなっているんですよ。 余分な水分を加えないので、素材本来の旨味を引き出せるんです。 熱伝導性が高く、食材にムラなく熱が加わる ストウブ鍋は鋳鉄製。 鋳鉄製の鍋は熱伝導性が高く、均一に熱が伝わります。 均一に熱を伝えることで、食材にムラなく熱が加わるんですよ。 熱を加えすぎると食材の味はガクンと落ちますよね。 ムラなく熱を加えるってのが意外に重要で、料理の味を左右するんですよ。 保温性が高く、煮込み料理が美味しくできる 鋳鉄製の鍋は熱を蓄えます。 保温性が高く、一度温めた料理は冷めにくいです。 煮物などの料理は沸騰させたあと、冷えていく段階で食材に味が染み込みますよね。 ストウブ鍋だと温度がゆっくりと下がっていくので、味が味が染み込みやすいんです。 フタの裏のピコ(突起)が食材の旨味を凝縮する ストウブのフタの裏には「ピコ」と呼ばれる突起物が付いています。 このピコは飾りではありません。 食材から出た水蒸気は蓋に付着。 ピコを伝って水滴となり食材に降り注ぎます。 水蒸気を効率的に循環させることで、無水調理の効率を高めます。 また、食材が乾かないのでジューシーに仕上がるんですよ。 黒マットエマイユ加工のおかげで、食材が焦げ付きにくい ストウブの製品はガラスを原料としてたエマイユ ホーロー 加工を何層も施しいます。 さらに鍋の内側には黒マットエマイユ加工。 ストウブ独自のザラザラとして加工で、油となじみがよく、表面積が増えることで食材が焦げ付きにくくなっているんです。 ひとつの鍋で様々な料理ができる ストウブ鍋がひとつあれば様々な料理に利用できます。 煮込み料理、揚げ物、蒸し煮、炒め蒸し、炊飯、デザート。 さらに石焼き芋、燻製なんかもできちゃうんですよ! 関連 : 初めてのストウブはどれがオススメ? ストウブデビューにどれを買うか。 ストウブ鍋は金額が高いので、最初のストウブにとっても悩みます。 最初はピコ・ココット ラウンド ストウブデビューならオーソドックスにピコ・ココット ラウンドがオススメです。 「丸型のラウンド」は形が丸いため、均一に熱が伝わります。 煮込み料理から炊飯まで、あらゆる場面で活躍してくれます。 まずはピコ・ココット ラウンド購入し、使い勝手を確認してから他の商品を検討するといいでしょう。 オススメサイズは何人前かによって変わる 当たり前のことですが、オススメするサイズは何人前の料理を作るかによって変わってきます。 一般的な家庭であれば20〜24cmピコ・ココット ラウンドがオススメ。 一人暮らしであれば18〜22cmになります。 詳しくは別記事にまとめているので、そちらを参考にしてください。 関連 : 洗ったあとはしっかりと乾かす ストウブ鍋を使い、洗ったあとはしっかりと乾かしてください。 ストウブ鍋はホーロー加工しているため、基本的には錆びたりしません。 ですが、フタや鍋の縁など一部でホーローが不十分になる箇所があります。 これは不良品ではなく、製造過程で避けることができないんです。 しっかりと乾かさないとこういった箇所から錆が発生します。 使用したストウブはしっかりと乾かしてから収納しましょう。 焦げは重曹で落とす 注意して使っても料理中に焦がしてしまうことがあります。 頑固な焦げはスポンジではとれません。 焦げが取れないからといってスチール製のたわしなどで洗ってはダメ! ホーローが傷ついてしまいます。 ストウブ鍋が焦げてしまった時は重曹を使ってください。 重曹を使えばキレイに焦げがとれます。 詳しくは別記事にまとめてあります。 焦がしたときに慌てないように、ストウブを買ったら一度読んでおくのがオススメ。 関連 : オススメのストウブ購入方法 ストウブは安い製品ではありません。 買う時は少しでも安く、良いものを買いたくなりますよね。 ストウブの購入方法について説明していきます。 公式ショップから購入するのがオススメ ストウブ鍋を購入するなら、公式ショップで購入するのが一番です。 定価になってしまいますが、品質が高いです。 激安ネットショップなどで購入すると安くは買えますが、たまに塗装にムラがあったりすることがあります。 お財布に余裕があるなら絶対公式ショップから購入した方がいいですよ。 公式ショップなら品揃えが豊富です。 さらに公式ショップでしか買えない限定品あり。 公式ショップでは割引セールを行うことがあるので、セールに合わせて購入する手もあります。 「国内正規品」と「並行輸入品」の違いを理解する 公式ショップの購入が一番オススメですが、定価で購入するのは金額的にキツいですよね……。 そんな時は「並行輸入品」を検討しましょう。 海外からの「並行輸入品」なら、「国内正規品」に比べて安く購入できます。 「並行輸入品」は、海外で販売されるいるストウブを国内に輸入したものです。 ネットショップの激安品などの多くが並行輸入品です。 「国内正規品」は、ツヴィリング J. ヘンケルスジャパンが販売しているストウブです。 そのため、日本国内での流通ルートとしては、ツヴィリングを介した「国内正規品」が正式ルートとなります。 「国内正規品」と「並行輸入品」違いはなに? 「国内正規品」と「並行輸入品」の最も大きな違いは「生涯保証」です。 「国内正規品」には生涯保証がついてきます。 生涯保証って必要? 個人的な見解ですが、 生涯保証は必要ないです。 僕は10年近くストウブの鍋を使ってますが、生涯保証の必要性を感じたことはありません。 そもそも、生涯保証は製造上の不具合にのみ有効です。 経年劣化したときに交換・修理などをしてくれるわけではないんです。 詳しくは別記事にまとめています。 関連 : ストウブ鍋はコレクションしたくなる ストウブ鍋はとっても良い鍋なんですが、困ったことが1つあります。 あまりにも魅力的すぎで、どんどんとコレクションしたくなるんです。 カラーバリエーションが豊富 ストウブ鍋のカラーバリエーションが豊富。 現在、レギュラーカラーとして8色がラインナップしています。 まずはこの8色を全部揃えたくなるんです。 ブラック• グレー• グランブルー• チェリー• グレナディンレッド• シナモン• マスタード• バジルグリーン さらに、数量限定、期間限定などで特別な色が販売。 マニアとしては買いたくなってしまうんですよね〜。 数量限定のピュアホワイトはとても人気が高い色です。 関連 : ついつい新作が欲しくなり、財布と相談してしまうくらい魅力的なんです。 鍋のまま食卓に出せる、インテリアとして飾れる ストウブ鍋は色が豊富で、おしゃれな形をしているのでそのまま食卓に出せます。 ストウブを食卓に出すだけでテーブルの上が華やかになります。 購入したストウブは、キッチンの下にしまったりしたらもったいない! 部屋のインテリアになるので飾って収納するのがオススメ。 新作情報・セール情報はLINE で配信中 ストウブの新作情報、セール情報などが入ったらブログにアップ、LINE に配信しています。 よかったらLINE に友達追加しておいてくださいね。 ストウブのサイズ選びなどで困ったら、お問い合わせください。 出来る限り回答いたします。 問い合わせの際には何人前の料理を作るのか、どんな用途で使うのかなど教えていただけると回答しやすいです。 我思う故に我あり ストウブの鍋はちょっと高価ですが、大事に使えば一生使えます。 ストウブに興味が出たなら、まずは一個買ってみてください。 一度使えばその魅力の虜になるはずです!.

次の

ストウブのお鍋で揚げ物をしたら、油ハネもせず想像以上に快適だったよ…!

ストウブ

ストウブ(staub)はフランス・アルザス地方の調理器具メーカー。 黒い厚手のホーロー鍋「ピコ・ココット」が有名です。 蓋の裏に付いているピコ(丸い突起)は、素材から出る蒸気を再び水滴化させ、料理をふっくら、しっとりと仕上げます。 そのため素材の旨みを逃すことなく調理できるほか、最低限の水分で調理できる「無水調理」も可能です。 この「ピコ・ココット」は1974年、ストウブ社の創業者、フランシス・ストウブ氏と三ツ星シェフ、ポール・ボキューズ氏の共同開発により誕生しました。 ボキューズ氏は、「ヌーベル・キュイジーヌ」の旗手として、現在のフランス料理の潮流を作り上げた、世界中のシェフの頂点に立つ人物です。 フランス製の鋳物ホーロー鍋「ル・クルーゼ」と比べて、ストウブはシェフの愛好家が多く、男性的なデザインが特徴。 また表面と内側にエナメル質ホーロー加工が3層にも渡って施されているので、お手入れが簡単。 表面のザラザラするストウブ独自の薄い多孔質のエマイユ加工により、 食材が焦げ付きにくくなっています。 厚みのある鋳鉄は熱を底面と側面に均等に伝える為、熱を逃がさず、風味や栄養分を逃しません。 底面は滑らかなエナメル仕上げになっていますので、IHプレートなどもキズつけません。

次の