ドコモ 光 d アカウント。 ドコモを解約するとdポイントはどうなる?継続利用の方法とメリット

[画像解説]dアカウントとドコモ回線の紐付け方法

ドコモ 光 d アカウント

ドコモスマホを持っている人はすでにアカウントも持っていると思いますのえ確認してみましょう。 ドコモメールアドレスで登録されていると思います。 dアカウントに紐付けしてできること dアカウントを作成してもなんのメリットもなければ意味がないって思いますよね。 しかし、 ドコモ光を使うためにはdアカウントを使わなければ意味がないことをお伝えします。 dアカウントで何ができるのか把握して使いこなしましょう。 Mydocomoにログインして契約内容を確認できる dアカウントを登録して便利なことは契約内容が簡単にわかることです。 dアカウントを使ってMydocomoにアクセスすることが可能になり、ドコモ光の契約内容の確認や変更が簡単にできるようになります。 毎月請求される月額料金の確認はもちろん、契約の際に加入した不要なオプションの解約もできます。 dポイントクラブに入会してdポイントの確認ができる ドコモ光を利用してdアカウントを発行したらやっておくべきことがあります。 それはdポイントクラブへの加入です。 dポイントクラブに加入したら 毎月の支払いでdポイントをが付与されることになり、様々なお店でdポイントが使えます。 原因によっては問い合わせ先が違う場合がありますので、一回は151に問い合わせてもいいかもしれません。 まとめ ドコモ光でdアカウントを紐付けるためにはまずdアカウントを取得する必要があります。 パソコンやスマートフォンでdアカウント発行ページにアクセスして、メールアドレスを登録してIDを取得してください。 その後ドコモ光を申し込むときにdアカウントを登録すると、My docomoで利用状況の確認や変更が可能になります。 また、dポイントクラブに加入することで毎月の支払いでdポイントがたまります。 dアカウント取得で利用できるサービスの料金にも1ポイント1円で利用できるので、損をしないように登録するといいでしょう。 また、新しく docomoで携帯電話回線と契約して紐付けしたいのに登録できませんと表示された場合は、サポートセンターに電話してください。 そうするしか解決策がありません。

次の

dアカウントをわかりやすく解説!取得方法から使い道・確認方法など

ドコモ 光 d アカウント

docomoの各種手続きやサービスの利用に必要な「dアカウント」 docomoID ですが、普段の利用では意識することがないために自分のdアカウントがわからない、不明であるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そんな時に 「dアカウント」を簡単に確認する方法を紹介します。 dアカウントを確認する方法 <目次>• dアカウントとは 簡単に言うと docomoのサービスを利用するために必要な会員IDのようなものですね。 以前の「docomoID」です。 docomo契約者であれば、契約中のスマートフォンや携帯からアクセスすればSIMカードの情報を認識して自動でログインされます。 そのため「dアカウント」でログインする必要はありません。 ですが携帯端末以外でdocomoのサービスを利用したい場合、 例えば自宅のPCやタブレットなど様々な環境においてもdocomoの会員であると識別するために「dアカウント」が必要になります。 詳しくはdocomoの公式ページに記載されています。 dアカウントの確認方法 dアカウントが不明な場合には、docomoと契約しているスマートフォンから確認できます。 Wi-Fi接続はオフにして進めましょう。 1、dメニューにアクセスする 2、トップページから「Mydocomo お客様サポート 」へ 3、「メール・パスワードの設定」へ 4、「dアカウントメニュー」へ 画面上部にIDと電話番号が表示されました。 これで「dアカウント」の確認は完了です。 使う機会も多いのでメモをしておくと便利です。 毎月の携帯代が高い…という方にはMNPで乗り換えることで安くする方法があります。 「おとくケータイ. net」にてMNPでの乗り換えの場合 どこよりも高いキャッシュバックのキャンペーンを行っています。 キャッシュバックを維持費に回すこともできますし、各種割引サービスを適用させれば機種変更より基本料金を安くすることができます。 WEBでの手続きだけで契約でき、端末は郵送可能です。 気になる方は確認してみてはいかがでしょうか。 おとくケータイ. net: 私も一度契約したことがありますがとても親切に対応していただきました。 ここまでお読みくださりありがとうございました。 neetkojikisan.

次の

dカードはdアカウントと連携できる!設定や注意点を解説|d系サービスなび

ドコモ 光 d アカウント

ネットワークオプションの契約• iモード・オプションの契約• 国際サービスの契約 ドコモ光のオプションサービス関連について詳しく確認できます。 契約時に一緒に申し込んだものの、まったく使っていないようなオプションが含まれているかもしれません。 一度チェックすることをオススメします。 ドコモ光の契約内容を変更する流れ Mydocomoの場合は自身のdアカウントでログインをします。 電話で問い合わせる場合は「ご契約者電話番号」と「ネットワーク暗証番号」を連絡して本人確認を行います。 現在の契約内容を確認の上、変更したい箇所を自身で選択、または電話で伝えることにより契約の変更を進めていく形です。 Mydocomo・電話からドコモ光の契約内容変更手続きができる ドコモ光の契約内容変更手段としては、 Mydocomoにてオンラインを行うか、電話で行うかの2つです。 契約内容を確認する手段と同じですね。 どちらでも実施できる内容に違いはありませんが、 Mydocomoであれば24時間いつでも変更手続きができることに加え、 文字を見て確認しながら手続きできるためミスもしにくく安全です。 よほどの理由がない限り、Mydocomoで手続きされることをオススメします。 ドコモ光契約内容の具体的な変更手続き方法 ドコモ光の各項目の変更について、具体的な方法を説明します。 それぞれ準備しておいたほうが良いことなどもありますので、合わせて解説していきます。 なお、手続き方法がMydocomo、電話、ショップ来店など複数ある場合、最も簡単な方法をご紹介しますのでご理解ください。 ドコモ光の住所や請求書等送付先の契約内容変更手続き まずはドコモ光の住所変更手続きです。 住所が変わっていながら手続を行っていないと、重要書類などが手元に届かなくなってしまう可能性があり、場合によっては利用停止等の措置を取られることもあります。 ドコモ光の住所変更手続きは、Mydocomoでの手続きができないため、ショップ来店での手続きをします。 最寄りのドコモショップにて「ドコモ光の住所変更をしたい」旨をお伝えください。 ちなみに、ドコモ光の住所変更をする際は、 運転免許証など本人確認書類が必要ですので用意してからドコモショップに訪れるようにしてくださいね。 ドコモ光の名義に関する契約内容変更手続き ドコモ光を名義変更する場合は、ドコモショップに来店して手続きをする必要があります。 ドコモ光の名義変更には以下のものを準備してから訪れるようにしてください。 <ドコモ光の名義変更に必要なもの>• 名義変更後の支払いで使用するクレジットカードまたは銀行のキャッシュカード• 委任状(来店できない方の分) また、ドコモ光の名義変更には費用が発生する場合もあります。 家族間での名義変更は0円ですが、第三者への名義変更は2,000円かかりますので注意してください。 ちなみに、 ドコモ光の名義は、変更後の名義は家族内の人にも家族以外の人にも変更ができます。 また、 ドコモショップに訪れる場合は、名義変更を行う前の契約者と行う後の契約者が一緒に来店できれば最もスムーズにですが、どちらか一人でも名義変更が可能ですよ。 氏名や会社名の改称を行う際のドコモ光契約内容変更手続き 氏名や会社名の解消を行う際もドコモショップに来店して手続きをする必要があります。 氏名・ 会社名の変更を行い場合は、変更の事実がわかる公的な書類を持っていく必要がありますので、準備をしておきましょう。 <氏名や会社名の登録内容を変更する際に必要なもの>• 個人の氏名変更の場合:改称の事実がわかる公的書類(戸籍謄(抄)本、新しい氏名が記載されている運転免許証、健康保険証、住民票など)• 会社の名称変更の場合:登記簿謄(抄)本(履歴事項証明書)、来店者の本人確認書類 会社合併による承継時のドコモ光契約内容変更手続き 個人で契約している方にはあまり関係ない話ですが、会社が合併し、存続する会社がドコモ光の契約を引き継ぐことになった場合も手続きをしなくてはいけません。 会 社合併によるドコモ光の契約内容変更手続きもドコモショップにて行いますので、必要書類を持って来店し、契約引き継ぎの旨を店員さんに伝えてください。 <契約者が死亡時にドコモ光を承継・解約する際の手続きに必要なもの>• 登記簿謄(抄)本のコピーなど、相続関係がわかる書類• 支払いに使用するクレジットカード(ご契約法人名義)、またはキャッシュカード ドコモ光解約時の契約内容変更手続き ドコモ光を解約したい場合は、電話または各ドコモショップで手続きします。 なお、 ドコモ光の解約にあたり、ドコモの携帯電話契約(ペア回線)があるか、ドコモの携帯電話は利用継続するかしないのかについても確認されます。 ドコモ利用者の方は、合わせて事前確認をしておいてください。 ドコモ光を解約する時は、書類等を準備する必要はありません。 【番外】ドコモ光契約内容のオプションを見直して料金を抑えよう! ドコモ光の料金が高いから解約を考えているという方は、オプションの見直しをしましょう。 乗り換えをしなくても、月額利用料金を抑えられる可能性がありますよ。 不要オプションの解約をすれば、月々に発生していたオプション分の料金が抑えられます。 使わないサービスにお金をかけてしまってるとしたら、もったいないので、ぜひ一度チェックしてみてください。 ネットトータルサポートを外し忘れてないかドコモ光契約内容をチェック! ドコモ光でつい契約してしまうオプションとして ネットトータルサポートが挙げられます。 月額500円で、機器の接続設定や、トラブル時の訪問サポートが受けられるサービスです。 初めてネット回線を契約するときなど、つい不安になって「必要かな?500円だし」と思って契約したものの、あまり活躍していない場合が多々あります。 また、 開通工事後31日間はサービス費用が無料のため、つい解約を忘れてしてしまいがちなのです。 月500円も積み重なれば大金です。 思い切って解約して、料金の節約をしましょう。 ドコモ光契約内容を確認してdマーケットアプリで使っていないものは解約する もう一つ不要サービスとしてチェックしてほしいのが dマーケットアプリです。 dマーケットアプリには、ショッピングやゲームをはじめ、数々のアプリが登録されていますが、 中には有料アプリも含まれているのです。 一つ一つのアプリは月数百円ですが、 複数契約すると合計で数千円規模になってしまう可能性もあります。 使わないと判断できるアプリは、早めの解除をオススメします。 dマーケットアプリの種類 月額料金 無料期間 dショッピング 0円(spモード契約300円が必要) — dゲーム 0円(ゲーム内課金あり) — dデリバリー 0円(商品は有料) — dブック 0円(コンテンツは有料) — dファッション 0円(商品は有料) — dトラベル 0円(旅行代金は有料) — dミュージック 934円(月額コースの場合) 0円(コンテンツを購入するケース) なし dジョブ 0 円(一部有料オプションあり) — dカーシェア 0円(商品は有料) — dアプリ&レビュー 0円 — dTV 500円 31日間 dTVチャンネル 780円 31日間 dマガジン 400円 31日間 dヒッツ 500円 31日間 dフォト 280円 初回1冊分無料 dアニメストア 400円 31日間 dグルメ 400円 31日間 dヘルスケア 500円 31日間 dキッズ 372円 31日間 dリビング 450円 31日間 dエンジョイパス 500円 31日間 上記の表を見ると数多くのdマーケットアプリがあることがわかります。 有料アプリでは200円〜800円程度の月額利用料金が発生しています。 不要なものを解約し、ドコモ光の料金を安くしてくださいね。 請求書の発行をeビリングに切り替えてで120円節約しよう eビリングとは、スマートフォンやドコモケータイ、パソコンで料金明細を確認できるサービスです。 ドコモ光の請求書を毎月紙でもらっているようでしたら、Web上でができる eビリングに切り替えることをオススメします。 eビリンクを利用すると、これまで 請求書で支払っていたものを停止することで100円が不要になり、クレジットカード払いで明細書を送付されていたなら停止することで50円の節約も可能。 さらに、 eビリングサービスを利用して、口座振替やクレジットカードの引き落としがされたならば、翌月に1回線あたり最大20円割引されます。 よって、紙の請求書を発行していた場合は毎月120円の節約ができるのです。 請求書をeビリンクに変更する手続きはMydocomoにて行います。 ログインして料金確認のページを開くと、eビリングの申し込みができますよ。 いまだ紙でもらっている人は、早めに手続きしておいてくださいね。 この記事を読んだ方はこんな記事を読んでいます• 現在、フレッツ光を契約している人がおうちに引き込んだ回線をそのまま利用して、契約先のみドコモへ変更することを、ドコモ光への「転用」といいます …• ドコモ光の解約、オプションのみの解約、どちらも電話またはドコモショップで簡単に行うことができます。 電話で解約の申し込みをする場合は、ドコモ …• インターネットを利用するにあたって、毎月支払っている料金は定期的に確認しておきたいですよね。 不要なオプションを契約していたなど、確認するこ …• 「ドコモ光」比較的新しい光回線インターネット接続サービスで、通信速度も良好との評判もあり目にしたことがある人もいると思います。 ドコモと名前 ….

次の