イラストレーター 安い。 PhotoshopとIllustratorを安くゲットする方法

アドビ(Adobe)イラストレーター,Illustratorを格安価格で入手する方法

イラストレーター 安い

Adobe アドビ Illustrator イラストレーター CS6ダウンロード版を格安購入する方法! 意外と知られていない、でも知らないと損をする、Adobe製品のを格安で購入できます。 Adobe Creative Cloudの登場により、Adobe CS6は購入できなくなりましたと思う方が多いですが、Illustrator CS6は在庫あるお店もあります。 ココは、Illustrator CS6の価格、お得な購入方法、学割の裏ワザ購入方法をメインに紹介しているブログです。 Illustratorとは? Illustratorとは、アドビシステムズが販売をしているイラスト制作や印刷物(DTP)制作をメインとした有料のデザイン制作ソフトのことです。 画像を数値や式として表現するベクターイメージを作成・編集するソフトで、直線やベジェ曲線、円などの図形を組み合わせて描画を行います。 文字入力、着色、その他多くの機能があり、イラスト制作や印刷物のデザインなど、DTP業界でのデファクトスタンダードとなっています。 イラストレーターで出来る事! Illustratorでは、主に以下のような作業を行うことができます。 ・印刷物(DTP)制作 ・ロゴデータ制作 ・イラスト制作 ・Web制作(デザイン制作) など。 利用したいバージョンによって、Adobe製品のパッケージ製品であるIllustrator CS6(バージョン 16)などとサブスクリプションによるサービスモデルのみよって販売されるようになったIllustrator CCを選ぶことが可能です。 そして、クリエイターやライターをはじめ、Web上で表現活動をすることで、写真の編集やイラスト作成をするには、どのバージョンを選ぶかがややこしいです。 できるならAdobeの有料ソフトを使ってみたいけど、値段が高いから「できるだけ安く購入しよう」と思ってしまいますよね。 アドビストア(Adobe CS6) ダウンロード版とIllustrator CCの違い? Illustrator CS6とIllustrator CCの主な違いは、「ライセンス購入制」と「購読制」という料金体系の違いです。 Illustrator CS6は一度買えばパソコンが対応しなくなるまでいつまでも使えます。 それに対して、Illustrator CCはお金を払っている期間だけ利用できる購読制となっています。 Illustrator CCとは、グラフィックデザインや動画編集、Webデザインなどのアプリケーションソフトウェアを利用できるAdobeのサービスのことです。 月額課金のみで、クレジットカードで1ヶ月2200円を支払うか、3ヶ月版、12ヶ月版などのダウンロードカードを通販や量販店で購入します。 バージョンとしてはCCが最新で、CS6は一つ前のバージョンになります。 CCは新しいバージョンが出れば月額料金を支払っている限り無料でアップデートできますが、CS6はアップデートできません。 Illustrator CCは数千円で利用始めるが長い期間使い続けると料金が高くなるでしょう。 その反面、Adobe CSは一括払いで購入時のコストが高いですが、追加料金なしです。 もし、Illustrator CS6を安く入手できれば嬉しいですね。 Illustrator CS6を購入できれば、良かったと思いますが、AdobeストアからIllustrator CS6のパッケージ版を購入できません。 しかし、アドビのソフトには、Illustrator CS6ダウンロード版の在庫があるのをご存知でしょうか? Illustrator CS6ダウンロード版はIllustrator CCの価格よりかなり安価で購入可能なのです。 いくら安いものをほしいですが正規品を選ぶように、 お客様に安心して製品をお使いいただくために、ご購入は、 Adobe社 正規品 を是非おすすめいたします。 正規品ですので、認証できないということはございません。 インストール完了までしっかりサポートいたします。 (万が一のため、「よくある質問集」をご用意しています。 ) Adobe 製品については、 大量の模造品等 が市場に出回っています。 これらの模造品等は、 1 認証できない。 2 非合法な方法で認証する。 3 1台のPCしか認証できない。 4 ユーザー登録できない。 5 認証解除できない。 (6)アップデートできない。 7 後日、認証取り消し 等の商品で、価格は千円、一万円、等 様々です。 ということで、このブログでは、Adobeのソフトの使い方に正規品のIllustrator CS6をお得な値段で購入できる方法を紹介しています。 そのダウンロードとインストール方法も紹介されています。 ぜひ参考にしてみてください!.

次の

【2020年最新】Illustratorのセールはいつ?値段は?セール価格で安く買う方法

イラストレーター 安い

Amazonのオンラインコード?パッケージコードどっちを選べばいいの? オンラインコード版とは、 購入時に必要なコード(プロダクトキー)を発行する形式。 Amazonアカウント内のライブラリで確認できるので紛失の心配はありません。 1年契約したいけど一括払いができない人はこちらの月々払い。 ローンを組んで契約するようなもの! 年間トータルにすると一括払いで購入した時よりもお高い29760円(税抜き)支払う事になります。 年間プラン(一括払い)・・・1年(12ヶ月)契約で26160円(税抜き)を一括で支払うプラン。 月々払いよりも支払額は安くなります。 月々プラン・・・ 1ヶ月毎に契約するプラン。 そんなに使用せず、数ヶ月だけ使いたい方向けです。 Amazonはではオンラインコードのみ年間プラン(一括払い)・2年契約・3年契約が購入できます。 年間プラン(月々払い)・月々プランはありません。 楽天・ヤフーショッピングのIllustratorの価格は? 楽天・ヤフーショッピングでもIllustratorが購入できるようです。 但し楽天、価格 39,980円(税込) ヤフーショッピング 30,180円(税込) とAmazonで購入するよりもお高め! なのでポイントを使って安くなるのであれば楽天・ヤフーショッピングを利用する手もあります。

次の

イラストレーターの仕事の単価をあげる3つのノウハウとオマケを紹介!

イラストレーター 安い

この記事の目次• 自分のつけた金額に必ずプラスする• 原価だけで考えない• 家族や友人に価格を相談しない• 自分の作業時間をおおまかにでも把握する• 修正時間分を最初から入れる• 後から値上げしてもOKと思う ひとつずつご説明していきますね。 多くの場合、 その金額は間違っています。 初心者イラストレーターは、ほとんどの人が 自分の見積もりがものすごく低いのです。 また、最初は 「それで生活する」ことよりも「とりあえず依頼してもらう(買ってもらう)」ことを目標にしているので、確実にお金を支払ってもらえるような安価で出しがちです。 なので、初めのうちは 「自分が考えた適正価格に、必ず+〇〇円足す」という考え方で価格設定をしてみてはいかがでしょうか? 〇〇に入る金額は300円でも2000円でもOKです。 自分の考えた適正価格より高い値段で依頼を受ける(グッズが売れる)と、自信にもつながります。 そのグッズ用のイラストを描くのに何時間かかりましたか? その原画を描くのに何時間かかりましたか? 価格を決めるときは、必ず自分の「作業時間料」を計算しましょう。 原価だけで考えていると、ちゃんと計算してみたら自分の作業料が時給100円程度だった…ということになりかねません。 デジタルイラストレーターには「原価」という考え方はあまり関係ありません。 しかしパソコンやタブレットなど最初にドカンとお金を払ってしまうと、後はその都度で払うものがないため(Adobe CCなど月額料金がかかるものもありますが)「無料(コストなし)で描けている」という錯覚に陥ることもあります。 絵を描く材料費(パソコンやタブレットや周辺機器代)がかかっていることをお忘れなく! さらに、あなたがそれだけ絵を描けるようになるまでに投資した時間や費用のこともちょっと考えてみてくださいね。 原価の話でよく思い出すのは、 「お前、イラストレーターだろ?タダでちょっと挿絵描いてよ」 「嫌です。 あなたが一からデッサンを習って美術学校へ通って卒業して描けばいい」 「なんだと!どれだけ時間と費用がかかると思ってんだ貴様!!」 ってよくできた話のやつです。 かくいうわたし自身もそうでした。 あなたのイラストにお金を支払ってくれるのは、基本的には「他人」です。 家族や友人はお金を払ってくれないことが多く、また、あなたのことをよく知っているので、必然的にあなたの(作品の)価値を低く見積もってきます。 (もちろんそうでない家族や友人も世の中にはいますが) 「そんな金額じゃ売れないんじゃない?」 「高すぎるんじゃないかな?」 初心者イラストレーターの心を打ち砕く、呪いの言葉をかけられることがしばしばです。 最悪の場合、「あなたのためを思って言っている」という最上級の呪いがかけられる場合があります。 自信を喪失するだけなので、家族や友人に意見を求めるのはやめましょう。 なんとなく3日くらいでできた、とか1週間で描けた気がする、というおおざっぱな把握の仕方はやめて、「約何時間かかるか」と時間単位で把握しましょう。 ただし単純に「自分の時給を3000円として、20時間かかったから6万円だ!」と考えるのはちょっとキケンです。 なぜなら「20時間かかったのは、あなたの手が遅いだけ」という可能性があるからです。 同じくらいのクオリティの絵を5時間で仕上げ、請求額が3万円のイラストレーターがいれば、あなたではなくその人に仕事を振られることもあります。 常に「自分の作業速度をより早める工夫をする」という意識は忘れないようにしましょう。 それは「修正時間分を料金に入れないこと」です。 たとえば自分のイラスト制作時給を2000円として、「このくらいのイラストなら2時間でできるから、価格は4000円だな」と決めるとしますね。 もしそのイラストに何度か修正が入り、完成まで4時間かかったとしたら、自分の時給は1000円となります。 希望時給の半額です。 「修正が増えるたびに追加料金を請求する」という方法もありますが、初心者イラストレーターで「追加料金をください」と言える勇気を持ち合わせている人はほぼいません。 また、依頼主側も「追加料金」に苦い顔をする方が多いです。 ということで、最初から「修正ありきの制作時間と制作料金」で考えましょう。 そうすると、自分の想定していた作業時間を多少オーバーしても心が穏やかでいられます。 とはいえ、「自分はどの依頼主でも修正回数が多いから、その分の金額を上乗せしておこう」と単純に考えるのもキケンです。 なぜかというと、「自分に依頼主の意図をきちんと把握できる能力がない」という場合もあるからです。 修正回数は少ない方がお互いのためでもあります。 依頼主から制作指示をいただく時に、「この資料が欲しいな、追加で請求しておこう」とか「このイラストを入れたい意図をきちんと質問しておこう」とか、修正を減らす工夫をすることも心がけましょう。 ただし依頼主が「最初に言っていた指示と全く違うことを言い始めた」とか「新しくイチからイラストを描く必要がある修正を言ってきた」という場合は、追加料金を請求しても いいとわたしは考えています。 確かに、一度安く売った商品を後から値上げして売るのはたやすい事ではありません。 それでも、「後から値上げしてもOK」という気持ちは持っておきましょう。 短いスパンで何度もコロコロと金額を変えるのは良くないですが、例えば何年かやってきて「スキルが上がったな」と感じたら料金を上げてもいいし、グッズに関しては「材料費や印刷代が値上がりした」というタイミングの値上げも考えられます。 また、実際にやってみて「思ったより大変なイラスト仕事だった、見積もりが甘かった」ということもあるでしょう。 そういう時は、次に同じような仕事がきたら値段を変えてもいいのです。 ただし、同じ依頼主の場合は「なぜ金額を上げるのか」という理由を明確に説明できなければなりません。 「大変で時間がかかったから」という理由ではなく「こういう指示がありますので、こういう金額にします」と説明できるようにしておきましょう。 自分のイラストの価値は自分で決める 初めのうちは誰でも「こんな金額でいいのかな」と思うものです。 インターネットでイラストの相場を検索してみてもピンキリ過ぎるし、「この人は凄いイラストレーターだからこの金額でも仕事が来るけど、自分なんて…」と自虐に走り、結局参考にならないこともしばしばです。 他人の意見ではなく「自分の価値観」でイラストの金額を決められるようになるのを目指しましょう。 そのためにはまず自分の作品や仕事に「自信」を持つこと、それが持てるくらい「たくさん描くこと」です。 わたし自身、何度か値上げをしたにも関わらず「その金額は安すぎるんじゃないか」と言われます。 ただし、基本的に人の意見で自分の料金は一切変えません。 現在のわたしは、自分の価値観で仕事をしているからです。 他人の言う「高すぎる」にも「安すぎる」にも心を揺らすことなく、自分で自分の価値を見つけて信じてあげてくださいね。 ごきげんよう、さようなら。

次の