資生堂 スポッツ カバー 色 選び。 【試してみた】スポッツカバー ファウンデイション / SHISEIDOのリアルな口コミ・レビュー

資生堂のコンシーラーおすすめ15選|お肌の悩みをカバー

資生堂 スポッツ カバー 色 選び

資生堂の『スポッツカバー ファウンデイション』は、カバー力最強とも言われているクリームファンデーションで、1980年からのロングセラー商品です。 シミやアザ、傷跡なども自然にな仕上がりでカバーすることができ、肌の悩みに合わせて使用できます。 そのカバー力の高さから、最近ではSNSでも話題になっています。 ベースカラー用とコントロールカラー用があり、ベースカラーはさらにファンデーション用のハードタイプとコンシーラー用のソフトタイプに分かれています。 色選びは難しいですが、肌の状態に合わせて複数のタイプを組み合わせて使うことで、より自然な仕上がりになります。 また、資生堂のスポッツカバーはフィット感に優れているのも特徴です。 正しく使えば一日中きれいなベースメイクをキープすることができます。 資生堂のスポッツカバーとは|プチプラで長く使えてコスパも良い! 資生堂のスポッツカバーはコストパフォーマンス的にも優れた商品です。 ドラッグストアなどで1000円程度で購入することができます。 内容量はベースカラー用が20g、コントロールカラー用が18gです。 他の1000円程度のプチプラコンシーラーでも3g程度の商品が多いので、これは非常にお得な商品だと言えますね。 一度に使う量も少量で済むので十分長持ちします。 コンシーラーは割高になりがちなので、よく使うけどすぐ使い切ってしまうという方には特に資生堂スポッツカバーがおすすめです。 ドラッグストアやネットで簡単に入手できるので、安くてカバー力の高いファンデーションやコンシーラーを探している方は一度使ってみて下さい。 資生堂スポッツカバーは普通のメイクでは隠せない肌をカバーするためのファンデーションというだけあってカバー力とフィット感ともに優れた商品です。 ハードタイプは傷跡や火傷跡まで隠せるカバー力があります。 ハードタイプはかためのクリームファンデーションなので、コンシーラーとして使うことができます。 ハードタイプには、明るめのH100と暗めのH101の2色があります。 H100は使いやすい色味で特に人気です。 肌の色に合わせて2色を使い分けたり混ぜて使うこともできます。 肌の気になる部分をしっかりカバーします。 薄いクマやシミ・ソバカスなどは、資生堂スポッツカバーのソフトタイプをファンデーションとして全体的に伸ばすと良いでしょう。 顔全体に薄く伸ばしフェイスパウダーで軽く仕上げれば、十分カバーすることができます。 濃いクマやシミ・ソバカスの場合は、傷跡やヤケド跡などと同じようにハードタイプやコントロールカラー用をコンシーラーとして使うことで綺麗に隠せます。 全体的にソフトタイプを塗り、濃いシミなどに部分的にハードタイプやコントロールカラー用を筆などでポンポンとなじませれば、簡単に隠すことができます。 資生堂スポッツカバーにはコントロールカラー用のものがあります。 硬めのテクスチャーで、こちらも抜群のカバー力です。 ベース用のH100やH101ではカバーしきれない赤みのアザなどはこれでカバーできます。 コントロールカラー用は白っぽいC1と黄みのあるC2の2色です。 自分の肌色に合わせて使い分けたり混ぜたりして使うことができます。 濃い色のシミやアザなどを隠し、肌全体の色味を綺麗に補正することができます。 悩みに合わせて複数のカラーを組み合わせれば、どんなシミやアザもスポッツカバーで隠すことができます。 ファンデーションを選ぶときは、フェイスラインに塗って自分に似合う色を探しましょう。 フェイスラインの耳側からアゴに向けて、明るい色から順番に3色程度のファンデーションをのせていきます。 顔と首に一番なじむ色を選びましょう。 S100はほとんどの日本人の肌になじみやすいカラーです。 まずはS100を試してみて、他の色と比べてみるとよいでしょう。 健康的な肌色の人や日焼けをした方などは、S101やS102を使いましょう。 混ぜても使えますよ。 黄みが気になる人は、ピンク系のS300使うと血色感が出て顔が明るくなるのでおすすめです。 コントロールカラーは肌の色味を調整するものです。 肌全体の色味を均一にすることで、ただ隠すだけよりも肌がキレイに見えます。 コンシーラーだけでカバーできないくすみや範囲の広いアザなどはコントロールカラーでカバーしましょう。 資生堂スポッツカバーのC1は少しピンクがかったホワイトで、多くの日本人の肌に合う色です。 色選びに迷ったらこれを選んでみて下さい。 シミやくすみを一掃し、肌に明るさと透明感が出ます。 ピンク系が似合わない方や、肌の赤みや色素沈着などが気になる方はC2を使ってみてください。 こちらも肌を明るく見せてくれます。 資生堂のスポッツカバーはカバー力が高く人気のアイテムなのですが、濃いめの色展開になっているので、色白の方にとっては色選びが難しい商品です。 色白の人がスポッツカバーを使うとすれば、やはりC1が良いでしょう。 ファンデーションはスポッツカバー以外の自分に合ったものを使い、コンシーラーやコントロールカラーとしてC1を部分的に使うのがおすすめです。 スポッツカバーと相性の良いファンデーションは、油分の多いものです。 水感のあるリキッドファンデーションなどは相性が悪くなじみにくいので気を付けましょう。 資生堂スポッツカバーはクリームファンデーションですが、少し乾燥しがちなので最初にしっかり保湿しましょう。 まず化粧水で肌を整え、乳液で保湿します。 下地を塗ったら、スポッツカバーをスポンジや筆で顔全体にムラなく伸ばしてください。 気になる個所には重ね付けをします。 指で塗ってもいいのですが、スポッツカバーは洗っても落ちにくいのでスポンジなどで塗るのがおすすめです。 最後にフェイスパウダーを付けて完成です。 仕上がりはマットになるので、ツヤが欲しい方は下地や仕上げパウダーでツヤの出るものを使うとよいでしょう。 また、資生堂スポッツカバーにはSPFなどの表記がないので、紫外線対策には少し不安な部分があります。 紫外線が気になる方は、必ず下地かフェイスパウダーで日焼け止め効果のあるものを選んでください。 ファンデーションもスポッツカバーを使った場合は、フェイスパウダーを付ける前に部分用を使います。 他のクリームファンデーションやリキッドファンデーションを使う場合も同様です。 パウダーファンデーションの時は下地の後に部分用を使います。 塗り方は、気になるところに少量をのせ、スポンジなどでなじませます。 厚塗りになりやすいので、必ず少しずつ量を調節しながら付けてください。 叩き込むようになじませて、自然な仕上がりを目指しましょう。 H100が使いやすい色でおすすめです。 コントロールカラーを使う場合は下地を塗った後に使います。 スポッツカバーのコントロールカラーはかためのテクスチャーなので顔全体に塗るのにはあまり適していません。 部分的な赤みやくすみがある時に使いましょう。 どうしても全体に塗りたいときは、全体用のファンデーションなどを混ぜて硬さを調節してください。 塗り方は、点置きして中心から外側に向けて伸ばしてください。 部分使いの場合は、少量ずつポンポンと叩きこむようにしてなじませるのがおすすめです。 いずれの場合も、フェイスラインまで塗り広げないように気を付けてください。 コントロールカラーは肌を明るくしてくれますが、フェイスラインまで明るくなると顔が膨張して見えてしまいます。 厚塗り感も出てしまうので、注意してください。 伸びが良く使いやすいオールシーズンファンデーションです。 色は4色あります。 小じわやくすみなどが気になる人にはぴったりです。 しっとりしていてなめらかな使い心地だと評判の商品です。 うるおいを保ち、つやのある肌に仕上げてくれます。 保湿効果が優れているので乾燥肌の人にも人気です。 厚塗り感がないのにカバー力もしっかりあるというのも、人気の理由のひとつです。 美容液成分が入った、高保湿のクリームファンデーションです。 化粧崩れを防ぐパウダー入りで、つやのあるキレイな肌が一日中続きます。 「大人の肌映えファンデ」が売りのメディアのファンデーションは、くすみのカバーにも優れています。 年齢を重ねるとともに現れるくすみや黄みをカバーし、明るく血色良く見せるように設計されているのです。 乾燥やくすみが気になる人にはぜひ使っていただきたいファンデーションのひとつです。 下地なしで塗れて、肌に吸い付くようにしっかりフィットします。 乳液のようなテクスチャーでしっとり潤うのに、サラサラとスフレのような質感の肌に仕上げてくれます。 美容成分が肌の角層まで届き、モチモチしっとりした肌が長時間持続します。 プッシュ式のポンプタイプのボトルなので、塗りすぎも防げます。 薄付きなのに毛穴もくすみもしっかりカバーできます。 体温でジェルがとろけてフィットする、新感覚のファンデーションです。 毛穴やニキビ跡などをしっかりカバーし、テカリや乾燥も防ぎます。 美容成分とオイルコントロールパウダー配合なので、肌がしっとり潤うのに、べたつかずサラサラの肌に仕上がります。 若い方にも大人の方にも人気の商品です。 しかもウォータープルーフなので夏にもおすすめです。 肌によくなじむ「生コラーゲン」配合で、水分をしっかり保ち一日中乾燥させません。 資生堂スポッツカバーを使ってワンランク上のメイクをしよう! 資生堂のスポッツカバーファウンデイションのカバー力や使い方、色選びについてご紹介しました。 優れたカバー力と良心的なお値段が素晴らしい商品でしたね。 長年多くの人に愛されている理由がわかる気がします。 自分に合うファンデーションに出会っていない方は、一度資生堂スポッツカバーを使ってみてはいかがでしょうか。 資生堂スポッツカバーはプチプラで挑戦しやすいのも魅力ですよね。 プチプラなファンデーションについてもっと他にも知りたいという方には、以下の関連記事がおすすめです。 あなたの理想のベースメイクを探究してみて下さい。

次の

資生堂スポッツカバーは最強コンシーラー?!ニキビ跡もシミも綺麗に隠す?【レビュー】

資生堂 スポッツ カバー 色 選び

資生堂の『スポッツカバー ファウンデイション』は、カバー力最強とも言われているクリームファンデーションで、1980年からのロングセラー商品です。 シミやアザ、傷跡なども自然にな仕上がりでカバーすることができ、肌の悩みに合わせて使用できます。 そのカバー力の高さから、最近ではSNSでも話題になっています。 ベースカラー用とコントロールカラー用があり、ベースカラーはさらにファンデーション用のハードタイプとコンシーラー用のソフトタイプに分かれています。 色選びは難しいですが、肌の状態に合わせて複数のタイプを組み合わせて使うことで、より自然な仕上がりになります。 また、資生堂のスポッツカバーはフィット感に優れているのも特徴です。 正しく使えば一日中きれいなベースメイクをキープすることができます。 資生堂のスポッツカバーとは|プチプラで長く使えてコスパも良い! 資生堂のスポッツカバーはコストパフォーマンス的にも優れた商品です。 ドラッグストアなどで1000円程度で購入することができます。 内容量はベースカラー用が20g、コントロールカラー用が18gです。 他の1000円程度のプチプラコンシーラーでも3g程度の商品が多いので、これは非常にお得な商品だと言えますね。 一度に使う量も少量で済むので十分長持ちします。 コンシーラーは割高になりがちなので、よく使うけどすぐ使い切ってしまうという方には特に資生堂スポッツカバーがおすすめです。 ドラッグストアやネットで簡単に入手できるので、安くてカバー力の高いファンデーションやコンシーラーを探している方は一度使ってみて下さい。 資生堂スポッツカバーは普通のメイクでは隠せない肌をカバーするためのファンデーションというだけあってカバー力とフィット感ともに優れた商品です。 ハードタイプは傷跡や火傷跡まで隠せるカバー力があります。 ハードタイプはかためのクリームファンデーションなので、コンシーラーとして使うことができます。 ハードタイプには、明るめのH100と暗めのH101の2色があります。 H100は使いやすい色味で特に人気です。 肌の色に合わせて2色を使い分けたり混ぜて使うこともできます。 肌の気になる部分をしっかりカバーします。 薄いクマやシミ・ソバカスなどは、資生堂スポッツカバーのソフトタイプをファンデーションとして全体的に伸ばすと良いでしょう。 顔全体に薄く伸ばしフェイスパウダーで軽く仕上げれば、十分カバーすることができます。 濃いクマやシミ・ソバカスの場合は、傷跡やヤケド跡などと同じようにハードタイプやコントロールカラー用をコンシーラーとして使うことで綺麗に隠せます。 全体的にソフトタイプを塗り、濃いシミなどに部分的にハードタイプやコントロールカラー用を筆などでポンポンとなじませれば、簡単に隠すことができます。 資生堂スポッツカバーにはコントロールカラー用のものがあります。 硬めのテクスチャーで、こちらも抜群のカバー力です。 ベース用のH100やH101ではカバーしきれない赤みのアザなどはこれでカバーできます。 コントロールカラー用は白っぽいC1と黄みのあるC2の2色です。 自分の肌色に合わせて使い分けたり混ぜたりして使うことができます。 濃い色のシミやアザなどを隠し、肌全体の色味を綺麗に補正することができます。 悩みに合わせて複数のカラーを組み合わせれば、どんなシミやアザもスポッツカバーで隠すことができます。 ファンデーションを選ぶときは、フェイスラインに塗って自分に似合う色を探しましょう。 フェイスラインの耳側からアゴに向けて、明るい色から順番に3色程度のファンデーションをのせていきます。 顔と首に一番なじむ色を選びましょう。 S100はほとんどの日本人の肌になじみやすいカラーです。 まずはS100を試してみて、他の色と比べてみるとよいでしょう。 健康的な肌色の人や日焼けをした方などは、S101やS102を使いましょう。 混ぜても使えますよ。 黄みが気になる人は、ピンク系のS300使うと血色感が出て顔が明るくなるのでおすすめです。 コントロールカラーは肌の色味を調整するものです。 肌全体の色味を均一にすることで、ただ隠すだけよりも肌がキレイに見えます。 コンシーラーだけでカバーできないくすみや範囲の広いアザなどはコントロールカラーでカバーしましょう。 資生堂スポッツカバーのC1は少しピンクがかったホワイトで、多くの日本人の肌に合う色です。 色選びに迷ったらこれを選んでみて下さい。 シミやくすみを一掃し、肌に明るさと透明感が出ます。 ピンク系が似合わない方や、肌の赤みや色素沈着などが気になる方はC2を使ってみてください。 こちらも肌を明るく見せてくれます。 資生堂のスポッツカバーはカバー力が高く人気のアイテムなのですが、濃いめの色展開になっているので、色白の方にとっては色選びが難しい商品です。 色白の人がスポッツカバーを使うとすれば、やはりC1が良いでしょう。 ファンデーションはスポッツカバー以外の自分に合ったものを使い、コンシーラーやコントロールカラーとしてC1を部分的に使うのがおすすめです。 スポッツカバーと相性の良いファンデーションは、油分の多いものです。 水感のあるリキッドファンデーションなどは相性が悪くなじみにくいので気を付けましょう。 資生堂スポッツカバーはクリームファンデーションですが、少し乾燥しがちなので最初にしっかり保湿しましょう。 まず化粧水で肌を整え、乳液で保湿します。 下地を塗ったら、スポッツカバーをスポンジや筆で顔全体にムラなく伸ばしてください。 気になる個所には重ね付けをします。 指で塗ってもいいのですが、スポッツカバーは洗っても落ちにくいのでスポンジなどで塗るのがおすすめです。 最後にフェイスパウダーを付けて完成です。 仕上がりはマットになるので、ツヤが欲しい方は下地や仕上げパウダーでツヤの出るものを使うとよいでしょう。 また、資生堂スポッツカバーにはSPFなどの表記がないので、紫外線対策には少し不安な部分があります。 紫外線が気になる方は、必ず下地かフェイスパウダーで日焼け止め効果のあるものを選んでください。 ファンデーションもスポッツカバーを使った場合は、フェイスパウダーを付ける前に部分用を使います。 他のクリームファンデーションやリキッドファンデーションを使う場合も同様です。 パウダーファンデーションの時は下地の後に部分用を使います。 塗り方は、気になるところに少量をのせ、スポンジなどでなじませます。 厚塗りになりやすいので、必ず少しずつ量を調節しながら付けてください。 叩き込むようになじませて、自然な仕上がりを目指しましょう。 H100が使いやすい色でおすすめです。 コントロールカラーを使う場合は下地を塗った後に使います。 スポッツカバーのコントロールカラーはかためのテクスチャーなので顔全体に塗るのにはあまり適していません。 部分的な赤みやくすみがある時に使いましょう。 どうしても全体に塗りたいときは、全体用のファンデーションなどを混ぜて硬さを調節してください。 塗り方は、点置きして中心から外側に向けて伸ばしてください。 部分使いの場合は、少量ずつポンポンと叩きこむようにしてなじませるのがおすすめです。 いずれの場合も、フェイスラインまで塗り広げないように気を付けてください。 コントロールカラーは肌を明るくしてくれますが、フェイスラインまで明るくなると顔が膨張して見えてしまいます。 厚塗り感も出てしまうので、注意してください。 伸びが良く使いやすいオールシーズンファンデーションです。 色は4色あります。 小じわやくすみなどが気になる人にはぴったりです。 しっとりしていてなめらかな使い心地だと評判の商品です。 うるおいを保ち、つやのある肌に仕上げてくれます。 保湿効果が優れているので乾燥肌の人にも人気です。 厚塗り感がないのにカバー力もしっかりあるというのも、人気の理由のひとつです。 美容液成分が入った、高保湿のクリームファンデーションです。 化粧崩れを防ぐパウダー入りで、つやのあるキレイな肌が一日中続きます。 「大人の肌映えファンデ」が売りのメディアのファンデーションは、くすみのカバーにも優れています。 年齢を重ねるとともに現れるくすみや黄みをカバーし、明るく血色良く見せるように設計されているのです。 乾燥やくすみが気になる人にはぜひ使っていただきたいファンデーションのひとつです。 下地なしで塗れて、肌に吸い付くようにしっかりフィットします。 乳液のようなテクスチャーでしっとり潤うのに、サラサラとスフレのような質感の肌に仕上げてくれます。 美容成分が肌の角層まで届き、モチモチしっとりした肌が長時間持続します。 プッシュ式のポンプタイプのボトルなので、塗りすぎも防げます。 薄付きなのに毛穴もくすみもしっかりカバーできます。 体温でジェルがとろけてフィットする、新感覚のファンデーションです。 毛穴やニキビ跡などをしっかりカバーし、テカリや乾燥も防ぎます。 美容成分とオイルコントロールパウダー配合なので、肌がしっとり潤うのに、べたつかずサラサラの肌に仕上がります。 若い方にも大人の方にも人気の商品です。 しかもウォータープルーフなので夏にもおすすめです。 肌によくなじむ「生コラーゲン」配合で、水分をしっかり保ち一日中乾燥させません。 資生堂スポッツカバーを使ってワンランク上のメイクをしよう! 資生堂のスポッツカバーファウンデイションのカバー力や使い方、色選びについてご紹介しました。 優れたカバー力と良心的なお値段が素晴らしい商品でしたね。 長年多くの人に愛されている理由がわかる気がします。 自分に合うファンデーションに出会っていない方は、一度資生堂スポッツカバーを使ってみてはいかがでしょうか。 資生堂スポッツカバーはプチプラで挑戦しやすいのも魅力ですよね。 プチプラなファンデーションについてもっと他にも知りたいという方には、以下の関連記事がおすすめです。 あなたの理想のベースメイクを探究してみて下さい。

次の

カバー力重視の人に!強力コンシーラー・スポッツカバーファウンデイションの効果を検証

資生堂 スポッツ カバー 色 選び

資生堂スポッツカバーファウンデイションの色4つ目は、S300ピンク系赤みよりの肌色です。 ピンク系の明るいカラーなので、色白さんにぴったりの色です。 濃いシミやそばかす、ニキビの跡なども少量でカバーしてくれます。 S100は黄味よりS300はピンク寄りで、肌色や悩みに合わせて使い分けるのがおすすめです。 Sシリーズの中でピンク系の明るいカラー• 顔全体に使える• 色白の方で濃いシミやそばかす、にきび跡のカバーにおすすめ• Hが付くシリーズは、硬めのテクスチャーでフィット感が高いのが特徴です。 なめらかなSシリーズと比べると若干伸びが硬めに感じるため、カバーしたい部分専用として使うのが最適です。 少量を手に取り軽く叩くようにして使います。 H100は、Hシリーズの中でも一番明るいオークルで色白の方から標準の肌色の方におすすめのカラーです。 ほくろや濃いシミに塗った後、ファンデーションやパウダーで抑えると自然に消してくれると評判です。 Hシリーズの中で一番明るいオークル色• カバーしたい部分用• 標準の肌色や色白の方のほくろ、濃いシミのカバーにおすすめ• Cシリーズは、肌色を補正する効果が高いため、テクスチャーも硬くカバー力が高いのが特徴です。 とくに、あざの色を補正して肌色に近づけてくれる効果が期待できます。 C1ホワイトは、小さめの赤いあざやくすみの少ない赤あざにおすすめです。 明るいホワイトカラーなので、シミや傷跡、あざの色に合わせて他のカラーを混ぜて、少しずつ色を調整しながら使うのがおすすめです。 Cシリーズで明るいカラー(ホワイト)• 小さめの赤いあざ、くすみの少ない赤あざにおすすめ• 補正色、他のカラーと混ぜて使う• C2はC1に比べると黄色味が強いカラーになっているため、ブルベ肌よりもイエベ肌の方におすすめです。 濃いめの赤いあざや大きな赤あざもしっかりとカバーしてくれます。 頬の赤みやシミなどもナチュラルに隠してくれるのが魅力です。 Cシリーズで黄味寄りの強いカラー(ベージュイエロー)• 濃い目の赤いあざや大きな赤あざ、頬の赤み、濃いシミにおすすめ• 補正色、他のカラーと混ぜて使う• 価格:1,000円(amazon) 資生堂スポッツカバーファウンデイションの色選びのポイントは?.

次の