ポンジ スキーム。 ポンジスキームとは?3つの事例を紹介【甘い言葉には要注意】

ポンジ・スキームとは? 投資詐欺の具体例を知って心の対策をしよう

ポンジ スキーム

仮想通貨投資をやっていると、 「ポンジスキーム」「スカム」等の言葉を耳にします。 これは本来は仮想通貨ジャンル以外でも使われる言葉で、 詐欺行為だったり誰かを騙して利益を不当に分捕る場合を指して言われる言葉です。 ポンジスキーム及びスカムのどちらにしても、語源はシンプルです。 「嫌なもの」「この野郎」みたいな感じのスラングとして使われてきて、 仮想通貨投資においてもそういった意味合いの案件を指します。 ポンジスキーム・スカム以外でも仮想通貨投資における (いわゆる)クソ案件を指すスラングは他にもあるかもしれません。 今後そういった詐欺的な要素のある案件が多発すれば、 怒り狂うたくさんの人々により様々なスラングが生まれる可能性もあります。 しかしそこで注意すべきは、 あくまでのその詐欺的な案件がクソなだけで、 仮想通貨全体ビットコイン・アルトコイン自体がダメなわけじゃないです。 において、 どうしても聞きなれないキーワードの印象が全体を左右します。 できるだけ言葉の意味を理解していくことが大切です。 PONZI SCHEME(ポンジスキーム) 「PONZI SCHEME(ポンジスキーム)」とは、詐欺の手法の一種を指します。 出資者から高配当を前提として投資金等を出資させていくが、 実際には投資運用等をせずに、 後から参加する出資者の出資を配当していく行為を指します。 資金運用されていないので利益が生まれず、負債が増え続けていきます。 当然どこかのタイミングで仕組みが破綻します。 この架空投資話の詐欺案件は、 日本では「無限連鎖講」「ねずみ講」と呼ばれたりします。 ポンジスキームの語源としては、1920年代に活動した詐欺師「チャールズ・ポンジ(Charles Ponzi)」に由来。 上記はチャールズ・ポンジ(Charles Ponzi)氏です。 仮想通貨投資において、 等でポンジスキーム的な詐欺的案件がよく見受けられます。 (実際にはポンジスキーム詐欺かわからないのですが、推測される) 投資運用してお金を増やして配当する、という もろポンジスキーム全開な誘い口で出資金を集め、 あるタイミングで運用破綻を宣言して 案件をクローズして出資金を持ち逃げするHYIPが出現しています。 そういった場合に、 「あのHYIPはポンジだった」「あれはポンジスキーム詐欺だ」等の言い方をします。 スカムは、ファック!とかと同じような個人的なイメージです。 仮想通貨投資におけるポンジスキーム・スカム は、とにかくその急成長ぶりが目覚ましい分野なので、 そこに便乗するおいしい投資話や儲け話もガンガン出現してきます。 そもそも仮想通貨(暗号通貨)自体が儲け話の性質も強いですし。 そこで登場してきてガンガンやってるのがなわけです。 HYIPは実際に参加者に初期にある程度は配当されることが多く、 仮にそのHYIPがポンジスキームだとしても、 どのタイミングでクローズされて逃げられちゃうかわかりません。 実際に本当は資金運用されている真っ当なHYIPかもしれませんし。 いやはや、先のことはわからないから詐欺師も商売になるわけで… 特にHYIPは、も使うので、 大元の運営者以外も熱心に勧誘活動をしちゃう場合が多く、 これまた始末におけないアツイ盛り上がりをみせることがしばしば。 多くの参加者が一気にまとめてやられちゃう、というケースも多発しています。 (早い段階で売り抜けしちゃった先人だけが得するパターンも) うまい話には、裏があると思って慎重にやるのが重要かと思います。 なんだかんだで人生挑戦ですね!リスクヘッジしながら… HYIPのポンジスキーム詐欺状況 HYIPでのポンジスキーム詐欺は、日本国内でも大きな問題になっています。 特にブックメーカー投資で資金運用するとしていたD9クラブは、 知名度の高いネットビジネス実践者が集客して勧誘していたこともあり、 たくさんの資金出資者が存在していて、 2017年6月25日現在出金トラブルの話が大きくなっています。 テレビのニュース(ワールドビジネスサテライト)でも取り上げられている状況です。 私の知人の関係者も、被害にあっています。 その反面、きちんと配当継続されているHYIPも存在します。 HYIPの運用状況は以下の記事でまとめていきます。 参照: ポンジスキーム・スカム等の危険案件を避けるには 仮想通貨投資は、とにかく派手な話が多い状況です。 そんな状況の中でポンジスキーム・スカムなどの危険案件を避けて通るには、 以下を認識していくしかありません。 とにかく調べる 案件の内容を分かったうえで投資していくのは、当然の作業です。 調べて、話しを聞いて、これなら騙されてもしょうがない、と思ったくらいでようやく腰をあげるべきです。• 確固たる実績がある案件かどうか 投資話があったら、すでに利益をあげて元を取っている出資者がいると安心感があります。 元を取っているかどうかが重要です。 「遅くなると、乗り遅れる」という文句は、売り文句です。 きちんと固い案件かどうかを見極めてから乗ります。 乗って、損したら悲惨です。 乗らなくても、損は無いわけですから。• 信用できる運営母体かどうか 投資案件の運営母体が信用できる筋であると、安心感は増します。 その際に、本当にその運営母体かどうかを確かめるのも大切です。• やるならリスクヘッジしていく なんだかんだでそれでも投資に乗る場合は、リスクヘッジしていきます。 失敗しても大丈夫という状況の中でやります。 おいしい投資話に人生賭けるのは、自殺行為です。 宝くじを買う感覚でお願いします。• そもそもやらない 詐欺話にひっかからないのは、やらないことが一番です。 やるなら、リスクを買うと思ってやるしかないわけです。 仮想通貨投資という新興ビッグチャンスビジネスは、リスクがつきものです。 だからこそ、こういった詐欺危険案件も隣り合わせではあります。 私は、やるか、やらないかの人生なら、やる人生を選ぶ。 あなたはどうしますか? リスクヘッジしてやってくださいね。

次の

ポンジスキームとは?ボードゲームのルールや遊び方を紹介!

ポンジ スキーム

投資詐欺の王道「ポンジ・スキーム」をご存知ですか? 今日は、投資詐欺の基本中のキホンと言われております、チャールズ・ポンジさんが考え出した詐欺手口…いわゆる「ポンジ・スキーム」をご紹介しようと思います。 それで、既にこの詐欺手法はもう使い古された手法なんですが、今でも使われております。 しかも日本でも、いけしゃあしゃあと、バンバン詐欺を仕掛けて、それに引っかかっている人がめちゃくちゃいると言う… 以下、どういうことか解説していきますね。 「ポンジ・スキーム」の仕組みは自転車操業 ポンジ・スキームの仕組みは非常に簡単でして、まずは高利回りを謳って「儲かりますヨ〜!」とアナウンスします。 ポンジさんも最初は、「90日間で40%儲かりますよ」という形でお金を集めて、そしてね、実際には運用しないんですよ。 運用はしないで、まずはちゃんと配当を出すんです。 初期時点で投資した人たちに。 そうするとみんな信用するわけですよ。 「そんなに配当が滞ってないんだったら自分たちも出資しよう〜!」という感じですね。 新しい出資者のお金を、初期から出資している人たちの配当に回す… これを世の中では自転車操業というわけでございます。 ですから、ネズミ講とはチョット違う。 ネズミ講というのはピラミッド構造になっていて、上の方になると下から吸い上げることができるんですけれど、このポンジ・スキームというのは、基本的にポンジさんしか儲からないです(笑)。 新しい出資者をどんどん集めて、古い出資者の方には配当を回すんですけれど、いずれ破綻すると。 なぜこれほど長期間で騙し続けられるのかと言ったら、新しい出資者を常に募って、実際に出資者が増え続けるから騙すことができるんですね。 とある日、有名ブロガーイケダハヤトさんのブログにお邪魔した時のことなんですが、googleのAdSenseの横幅いっぱいのサイズで、とある投資案件の広告が貼ってありました。 あまりに横幅いっぱいにバーン!と貼ってあるもんだから目に入りましてね、まだココやる気満々なんだ…って思いました(笑)。 そこのファンドはこれまでも、寂れたテーマパークにお金をぶっ込むとか、それから地熱発電でっち上げるとか、そういうことをやってきました。 それでですね〜、最近は何やってるかって、バナナ農場に出資を募っているんですね。 鹿児島のオートレース券売場をなぜかバナナの農場にしたり、仏壇工場をバナナの加工場にしたり(笑)、よくわからないバナナ事業をやってます。 バナナ1本で1,500円!みたいな(笑)。 バナナ事業に関して言うとね〜、もう笑いが止まらないのは、そのバナナの農業法人って従業員が10人しかいないんです。 まず、従業員が10人しかいない会社が、なんと!年間5. 6億円の家賃とか地代とかを払うって言ってるんです。 そういうスキームの元で、「どんどんお金を出してください。 年利回りだいたい7%くらい払いますヨ!」って言うんですけれど、これマトモに考えてみてください。 農業ってすごく手がかかるんですね。 すごく手がかかるのに、10人でどうやってこの金を払うんだ??と思いません? きっとですね〜、ターミネーターみたいな凄いロボットがいっぱい居て、そいつらが30人分くらいの仕事を1人でこなしているかもしれない。 人はいないんだけれど、凄いロボットがいっぱい設置されていて、そのロボット達がきっと働いてくれると。 そうでもしないと到底、従業員10名が手作業をやる会社で、年間5億6000万円もの賃料は払えるわけがないんです。 付加価値ひとつ考えたって、これ単純に割りますとね、従業員1人当たり、年間5,600万円の付加価値を稼がにゃならんのです。 地代や家賃のためだけに。 年収240万円で従業員を働かせて3年で満期?!ありえないでしょ! じゃあ、この従業員10人の人達ってきっと厚遇されているんじゃないかと。 だって、1人あたり年間5,600万円の付加価値を稼ぎ出すんですからね。 ところがとんでもないことに、そこの求人情報を見てみると、年間休日は54日くらいで、年収ベースでも240万円くらいしかもらえないと。 こき使われている状態で、その人達がこんだけの最低でも賃料が払えるだけの付加価値を生み出すことができるわけがない。 あとは、その農場がオートレースの券売場の跡地なんですよ(笑)。 そこをどうやって農場にしていくの??って話じゃないですか。 農業って長期戦ですよ。 長期戦なのにそんなすぐに収益が上がるわけがない。 なおかつ10人で、手作業が凄くかかる業界なのに、何ができんの??ってね。 しかも3年で満期。 3年じゃあ、ほとんど何も出来上がらないですよ。 それなのに1口100万円で、年の想定利回りが7%!!!!! だって銀行で借りれば、イイトコ1%か2%でまともな会社ならお金を借りられる時代ですよ。 ところが!「銀行じゃなくてアナタ方に儲けて頂きたいッ」って言ってくるんですからね(笑)。 年に6回も配当しますよ〜ってね。 多分、銀行振り込みやってるんでしょうね。 こんな面倒なことを誰がやるのッ?って話ですよ(爆)。 バナナ農場出資は典型的なポンジ・スキーム!絶対にお金を出すな! なので、私から言わせると、このファンドを運営している会社は、どう考えてもヤケクソになっているとしか思えないです。 本当に甘めに見たとして、どれくらいの経営手腕があればできるのか?というと、SoftBankの孫正義さんくらいの経営手腕がないと、回収の仕様がないよなという形で私は判断しました。 最新の財務諸表もしっかり見ましたけど、お金カツカツです。 ですから架空の増資を打ったりもしてます。 実際はほとんど増資していないんですけれどね(笑)。 実際、100億円の増資のでっち上げだって、1回見せ金を入れて、そして流して。 以上、今日は1910年代からある手法が100年経った今でもあるんですよ〜、気をつけてくださいね!ということを、注意喚起の意味も込めてお話ししました。 売らない営業マン タナカキミアキ YouTubeチャンネル「キミアキ先生の起業酔話」で、 中小企業経営のこと、起業のこと、経理のことを、 顧問先法人100社・個人事業者50名を抱える現場目線で お話しています。 18歳の時に簿記1級のクラスで出会って、 15年後になぜか結婚しました。 中小零細企業の経営に関しては夫婦揃ってめっぽう詳しいので、 ガンガン講義やっていきます! 田中でよか人用 直通電話:03-5942-8225 E-Mail:kimi kimi3. com 野方事務所 中野区野方3-30-5-1階 03-5942-9982 沼袋管理部 中野区沼袋3-2-12-1階 03-5942-8225.

次の

「元本保証で月利3%」の投資話は誰が見ても詐欺なのに1万人以上が騙される不思議!チコちゃんに叱られます!【ポンジ・スキーム】【テキシア詐欺事件】

ポンジ スキーム

仮想通貨詐欺でよく見るポンジ・スキームとは? そもそもポンジ・スキームとはどのような詐欺なのか、解説します。 1-1. 古くからある投資詐欺の常とう手段である ポンジ・スキームの名前の由来は、 詐欺師のチャールズ・ポンジ。 第一次世界大戦後、金融秩序の混乱に乗じて詐欺を働いた人物です。 約100年前にチャールズ・ポンジによって行われた投資詐欺は現代も行われています。 難しくない手口の詐欺 なんだか難しそうな言葉にも聞こえますが、実際は 難しい内容ではありません。 端的にいえば、 高配当・高利回りとうたって出資金を集め、実際には運用せずに集めたお金を配当に回す手法です。 仮想通貨以外でも、 詐欺の常とう手段といえます。 ポンジ・スキームは、ある程度配当を与えてから、破綻させ 出資金を抱えて行方をくらまします。 1-2. 少額投資から始めさせ、徐々に出資金の増加を狙う この手法が狡猾なのは、出資者に怪しまれないように 少額出資でスタートさせるケースも多いこと。 さすがに投資の常識を超えた配当をアピールすると、怪しむ人も多いです。 そのため5万円・10万円など、比較的少額から始めさせます。 どういうものかちょっと怪しいけれど、それほど財布が痛まないなら……という理由で、 ついお金を出してしまう人は意外と多いです。 一度は配当を渡し納得させる ポンジ・スキームの詐欺師は、初回配当などの形で、いったん 宣言したとおりの配当・利益を相手に渡します。 「ほら、このとおりの利益が出たでしょ?」と説得し、信用させるのです。 更に高額な出資金を募る その上で、「5万円では大きな儲けが出ませんから、50万円に出資を増やしましょう!」などと言って、 増資を求めてきます。 少額でも配当・利益を得て信用してしまった出資者は、さらに大きな出資金を出すようになってしまいます。 こうなってしまうと 詐欺師の思うつぼ。 冷静に考えると利益が出すぎでは…… ポンジ・スキームは、出資者側から見ると、いかにも簡単に大きな利益が得られるように見えます。 ちょっと立ち止まって考えれば、それほどの利益を出し続ければ 組織が持たないのではないかと思えるものです。 そしてある日連絡が取れなくなる しかし詐欺師側は、最初から 組織が破綻することを前提にしています。 出資者のお金をだまし取る詐欺であり、最初から投資をする気も、儲けさせる気もまったくありません。 目標額に達するなどすると、ある日 突然連絡が取れなくなります。 年利回り50%! 確実に儲かる• 月配当20% ローリスクで投資できる• 元本保証!配当は〇〇コイン投資額の50% 投資について基本的な理解を得ている方なら、これらの言葉が 現実的でないことはすぐわかります。 しかし初心者の方には思わず魅力的に見えてしまうため、このようなことは非現実的だとしっかり認識しましょう。 また 「確実に儲かる」という成果は、 仮想通貨も含め株式・FX・投信・先物など すべての投資商品において実現できません。 確かに仮想通貨はボラティリティが高く、場合によってはそれほどの利益が出る可能性があるかもしれません。 しかしそれは 確約できるものではありません。 新規加入者の出資をタコ足配当のように当てているのではないでしょうか。 また仮想通貨は値動きが激しく、 決してローリスクとはいえません。 元本保証! 配当は〇〇コイン投資額の50% 3つめのフレーズについては、 「元本保証」の仮想通貨投資は ありません。 価格変動のリスクが常にあり、元本が維持されるわけではないからです。 投資にはリスクがつきものなので、確実に儲かることも、元本が保証されることも決してありません。 現実的ではない高配当を確実に生み出す方法もないので、絶対に騙されないでください。 冷静に考えたら一般人に出資を求めるのはおかしい 高い配当・利益をうたう投資話に目がくらんでしまう方もいるかもしれませんが、 なぜ一般人から出資を求める必要があるのか、冷静に考えてみましょう。 本当に高い利益率が出るのなら、最初からある程度の規模で投資をスタートするのが効率的です。 ポンジ・スキームは日本でも拡大中 世界各国で被害が発生しているポンジ・スキームですが、日本でも拡大しているので、まったく他人事ではありません。 ポンジ・スキームではないかといわれている事例をいくつか見てみましょう。 3-1. プラストークン 現在、ポンジ・スキームではないかと疑う声が寄せられているのが、 配当型ウォレットの1つである プラストークンです。 配当型ウォレットとは、ビットコインなどをウォレットに預けておくことで、高配当がもらえるというものです。 突如出金停止となり見通しはついていない しかし2019年7月に 出金停止となったことから、詐欺ではないかと議論になっています。 公式からの明確な発表はなく、 出金再開の見通しは立っていません。 配当型ウォレットはプラストークン以外も、日本で数多く出回っています。 しかしポンジ・スキームを疑われているものも多いため、 投資はやめておきましょう。 3-2. weenzee weenzeeとは、ブロックチェーン・AI 人工知能 ・ニューラルネットワークなどを基盤とした、新しいビジネスプラットフォームをうたうサービスです。 日利が0. 公式サイトが突如消えた 世界で10万人以上が参加する規模にまで成長しましたが、2019年7月に 出金停止となり、weenzeeの サイトにつながらなくなったという声が寄せられています。 よってweenzeeもポンジ・スキームではないかという声が上がっています。 配当などは正常に動いてますが、出金はpending中 昨日出金分は反映されず。 ここに来て、ウォレット系、WEENZEEも不安要素が出てきました。 — ニートルズ Neeturtles 騙されないための4カ条• 仮想通貨取引にローリスクはない• 元本保証はないし、確実に儲かるものではない• 詐欺を見分けるためには、過去の事例を把握• 薦められたら投資する前に調べよう 例え友人でも勧められたら疑う勇気を持つ ポンジ・スキームを含めて詐欺はどこから話を持ち掛けられるかわかりません。 見知らぬ他人なら怪しいと思う方も多いでしょうが、 友人や知り合いから持ち掛けられることもよくある話。 よって持ち掛けてくる人が誰であろうと、すぐに投資話に乗るのは禁物です。 利益・配当に関する魅力的なフレーズを鵜吞みにせず、 投資自体が具体的にどのような仕組みなのかを調べましょう。 魅力的な数字に騙されず運用実態を注視する ポンジ・スキームの特徴の1つに、 運用実態がわからないという点があります。 数字だけ見ると魅力的なのですが、具体的にどのように投資をするのか、方法・ロジックが曖昧でぼんやりしているのです。 直接の運用者と連絡が取れるか確認する また、最初から組織破綻を狙っているため、 直接の運用者と連絡が取れないようになっていることがほとんど。 そもそも運用する気もないため、運用者自体、定めていないこともあります。 投資方法について具体的な質問ができない、説明を受けられないといった場合は要注意です。 有名人が広告塔でも信用しない また、有名人の名前を出して勧誘してくることもあります。 自分の好きな芸能人だからといってすぐに信用してはいけません。 そもそも 勝手に名前を使っているだけという可能性もあるわけです。

次の