スイサイ クレンジング。 suisai / スイサイ ビューティクリア ジェリークレンジングの商品情報|美容・化粧品情報はアットコスメ

スイサイ ビューティクリア シェイククレンジングの口コミ・メリット・デメリット

スイサイ クレンジング

メイクを落す際に欠かせない、クレンジング。 一口にクレンングと言っても、オイル・ジェル・ミルクとさまざまな種類があり、どの種類が自分に合っているんだろうとお悩みの方も多いのではないでしょうか。 また、ファンケル・無印・ビオレといった人気メーカーも多く、プチプラからデパコスまで販売されている商品数も膨大で選ぶのにも一苦労ですよね。 今回は Amazon・楽天・Yahoo! ショッピングなどで売れ筋上位のクレンジング192商品を比較して、最もおすすめのクレンジングを決定したいと思います。 比較検証は以下の3点について行いました。 洗浄力• 保湿力• 成分 果たしてどの商品が最強のベストバイ商品なのでしょうか?クレンジングの選び方のポイントもご説明しますので、ぜひ購入の際の参考にしてみてください。 クレンジングオイルはその名の通り、オイルを主成分としたクレンジング剤です。 クレンジングの中でも特にメイクを落とす力に優れていて、 普段からウォータープルーフコスメやリキッドファンデーションを使うメイクの濃い方に向いています。 主成分となるオイルは配合処方によって多少差はでるものの、洗浄力の強い順に、鉱物油系オイル・エステル系オイル・油脂系オイルの3種類。 洗浄力が強くなると、その分脱脂力も高くなるので注意が必要です。 肌の弱い方や乾燥が気になる方は、人の皮脂に近い油脂系オイルがおすすめですよ。 また、油性成分が多く含まれているため、毛穴の皮脂詰まりも浮かせて落とす効果が期待できます。 <クレンジングオイルの特徴まとめ>• タイプ:油性• 向いているメイク:しっかりメイク ジェル状のテクスチャーで厚みがあり肌への摩擦が少ないのが、クレンジングジェルです。 ナチュラルメイクやマツエクをつけている方は水性ジェル、濃いメイクを落としたい方は油性ジェルがおすすめ。 最近では、肌に塗布するとあたたかく感じるホットクレンジングジェルもあるので、メイクの濃さや目的に応じて選ぶようにしましょう。 また、 手や顔が濡れているとジェルが肌に密着しづらいので、必ず乾いた肌でクレンジングしてくださいね。 <クレンジングジェルの特徴まとめ>• タイプ:水性・油性両方• 向いているメイク:しっかりメイク・ナチュラルメイク クレンジングミルクは、乳液のようななめらかなテクスチャーと洗い上がりのしっとり感が特徴。 乾燥肌や敏感肌でも比較的使いやすいタイプといえます。 メーカーの処方により多少異なりますが、油性クレンジング剤の中では油性成分の配合が少なく、洗浄力は低め。 そのため、 基本的にウォータープルーフやリキッドファンデーションといった濃いメイクには向いていません。 普段からナチュラルメイクをする方には向いていますが、 濃いメイクの方はアイメイクリムーバーを併用するか、他のクレンジング剤と併用して使うのがおすすめです。 <クレンジングミルクの特徴まとめ>• タイプ:油性• 向いているメイク:ナチュラルメイク 水クレンジングとは、 リキッドタイプに分類され、その名の通り水のようにサラサラとしたクレンジング剤のこと。 ウォーターベースなのでクレンジング後も肌がヌルつくことがなく、さっぱりとした使用感のアイテムが多いのも魅力です。 ただ、油性の濃いメイクを落とすのには向いていません。 使い方としては、 化粧水のようにコットンにたっぷりと染み込ませてメイクを拭き取ります。 基本的にクレンジング後の洗顔が不要で、なおかつ化粧水や美容液の機能までカバーしている高機能タイプも多数あり、毎日忙しく、クレンジングに時間をかけたくないという方におすすめです。 一方で敏感肌・乾燥肌の場合は、ふき取り等の摩擦による肌ダメージには注意が必要です。 <水クレンジングの特徴まとめ>• タイプ:水性• クレンジングシートは、どこでも簡単にメイクオフをすることに特化したアイテム。 緊急時や旅行先でもサッと使えるのがメリットです。 一方で、 メイクオフの際に肌を擦る物理的な刺激が強くなるのがデメリットです。 エタノールを配合しているアイテムもありますので、特に敏感肌や乾燥肌の方は注意が必要。 毎日シートで落とすような普段づかいは極力控えましょう。 「深夜までの仕事でクタクタ…」「飲み会ですっかり遅くなってとにかく眠りたい…」といったどうしても 必要なタイミングのみのレスキューアイテムとして使用するのがおすすめです。 <クレンジングシートの特徴まとめ>• タイプ:油性・水性両方• 向いているメイク:しっかりメイク・ナチュラルメイク アイメイクリムーバーは、アイメイクを落とすために作られている専用のメイク落としです。 普段使っているクレンジングでは落とせない濃いアイメイクの方や、ベースメイクとアイメイクでクレンジングを分けたいという方におすすめです。 種類としては拭き取りタイプとマスカラタイプの2種類。 メイク全体を落とすなら拭き取りタイプ、マスカラだけを落としたいならマスカラタイプを選ぶのがおすすめです。 ただし、敏感肌・乾燥肌の方はコットンの拭き取りによる摩擦や、エタノールを配合しているアイテムもありますので、注意が必要です。 <アイメイクリムーバーの特徴まとめ>• タイプ:油性・水性両方• 向いているメイク:しっかりメイク 自分のメイクをしっかり落とせるタイプを選んだ後は、クレンジング以外の機能をチェックしてみましょう。 商品によってはヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分が配合されています。 しかし、 配合されている成分は各商品によって異なるので、乾燥が気になる方は保湿成分が配合されたものを選ぶのがおすすめです。 また、ピーリング機能があってくすみ対策が可能なものや、毛穴・角質ケアが可能なものもあるので、肌の悩みに対応できるクレンジングを選ぶとよいですよ。 肌の悩みに合う成分は以下を参考にしてみてくださいね。 < 乾燥が気になる方におすすめの保湿成分>• ヒアルロン酸• グリセリン• コラーゲン• セラミド < 毛穴・くすみにおすすめのピーリング成分>• AHA(乳酸・リンゴ酸)• パパイン酵素• ビタミンC誘導体 肌のバリア機能が低下している状態だと、健康的な肌では刺激に感じない成分でも刺激に感じてしまうことがあります。 そのため、肌の弱い方は低刺激のクレンジングを選ぶようにしましょう。 低刺激なイメージのある「無添加」の表記には注意が必要です。 何の成分が無添加なのかを見極めて選ぶことがポイント。 というのも、特定の成分(香料や着色料)が、1つでも入っていなければ無添加と表記できるからです。 そのため、無添加表記でも、肌に合わないものや、肌質によって刺激に感じてしまう成分が配合されていることもあります。 以下では、肌の弱い方が避けたい成分をまとめたので、見極める際の参考にしてみてくださいね。 < 敏感肌が避けたい成分>• エタノールや変性アルコール• メントール• 着色料• ピーリング成分(サリチル酸やグリコール酸)• メーカーによっては安全性を考慮し、各アイテムに厳しい配合基準を設定しています。 配合量や抗菌性の高いパラベンの場合、まれに人によって刺激に感じる可能性があるので注意が必要です。 ここからは、 cosme・Amazon・楽天・Yahoo! ショッピングなどで売れ筋上位の、クレンジング剤192商品を全て購入し、種類ごとに、どの商品が最も優れているのかを検証していきます。 クレンジングオイル 32商品• クレンジングバーム 21商品• クレンジングジェル 28商品• ホットクレンジングジェル 16商品• 水クレンジング 24商品• クレンジングクリーム 24商品• クレンジングミルク 27商品• クレンジングシート 19商品 検証項目は以下の3項目としました。 肌表面に残った古い角質や汚れは、洗顔料や美白化粧品ではなかなか落とすことができません…。 アテニア スキンクリア クレンズオイルに配合されているロックローズオイルは、古い角質や汚れによるくすみに効果があり、 アテニアが初めて化粧品原料として採用しています。 また、クレンジングの際に大切になってくるのが「肌に負担をかけない」ということ。 アテニア スキンクリア クレンズオイルは ウォーターキャッチオイル処方でメイクをしっかり浮き上がらせるのでわずか10秒でオフができます。 さらに、 4つの高級美容オイルが配合されていて、年齢に応じた保湿ケアにも効果的。 肌に嬉しいクレンジングオイルです。 見事1位に輝いたのは、フェイスパウダーなども人気なチャコットの水クレンジングです。 敏感肌に嬉しい、香料・着色剤・オイル・パラベン・アルコールフリー。 メイク落としから洗顔、化粧水までの機能を兼ね備えたマルチケアアイテムです。 特筆すべきはやはり洗浄力の高さ!力をかけずにするんと落とすことができ、バレエの舞台裏で使われているというのも納得です。 サラサラのテクスチャーですが、たしかに化粧水いらずかも…と思える使用感も魅力的。 実際に保湿力測定でも高い水分量を叩き出しました。 小さなお子さんでも使えるように目や肌に優しい成分が処方されていますが、肌に合わない成分は人によって異なります。 成分が肌に合うなら、ぜひおすすめしたい水クレンジングです! 数あるクレンジングシートの中から、第1位に輝いたのは、圧倒的な保湿力だったビフェスタの「うる落ち水クレンジング シート モイスト」。 潤いを与えつつも、 ウォータープルーフマスカラまでしっかりと落とす洗浄力にも高い評価がつきました。 成分上位にエタノールが配合されているため、 敏感肌の方だと相性が分かれる可能性があります。 しかし、配合成分自体はシンプルな構成になっているので、 普通肌・脂性肌等であれば使いやすいと言えるでしょう。 また、コスパの面から見ても最強です。 一刻も早く眠りたいという日のために、1つ常備しておくのがおすすめ!コンビニ限定ではありますが、10枚入のポケットサイズも販売しているので、シーンに合わせて買い分けられるのも便利です。

次の

スイサイ ビューティクリア シェイククレンジング | カネボウ化粧品

スイサイ クレンジング

クレンジングクリームの魅力って?オイルやミルクタイプとの違いは? 一般的にクレンジング剤は、 洗浄力が高いほど肌への刺激も強くなるもの。 もっともよく使われるオイルタイプのクレンジングは、かなり高い洗浄力ですが、肌への刺激は強め。 より肌にやさしいとされているミルクタイプのクレンジングは、洗浄力が弱いためメイクオフしにくいのが難点です。 洗浄力と肌へのやさしさを兼ね揃えています。 「クレンジングをしたあとのつっぱり感が気になる」 「ニキビや乾燥を悪化させたくない」 「肌への刺激が気になる」 なんて人におすすめですよ。 とはいえ、オイルタイプに比べるとやはり洗浄力が弱く、濃いメイクまでしっかり落ちきらないことも。 それぞれのタイプについては、以下の記事でくわしく紹介しています。 ですが、拭くときに摩擦が生じると肌に刺激を与えてしまい、ニキビや肌トラブル悪化の原因に。 メイクやクレンジングクリームが肌に残ってしまう可能性もあるため、拭き取りタイプよりも 洗い流しタイプがおすすめです。 今回は洗い流すタイプと、拭き取りと洗い流しの両方に対応しているタイプをご紹介しています。 この美容成分は製品によって配合が異なるので、ぜひ肌の気になるポイントに合わせてチョイスを。 またクレンジングクリームの中には、 クレンジングと洗顔を1本2役で行ってくれる「ダブル洗顔不要」の製品も。 洗顔の手間が省けるので、忙しい人におすすめですよ。 それでは、クレンジングクリームのおすすめ人気ランキングTOP10を発表します。 プチプラ商品から一度は挑戦してみたい高級品まで、幅広い価格帯のクレンジングクリームをピックアップしたので、予算に合わせて選んでみてくださいね! 第10位|なめらか本舗 メイク落としクリーム NA メーカー なめらか本舗 内容量 180g タイプ 洗い流し 肌にやさしいポイント 無香料、無着色、無鉱物油 美容成分 イソフラボン、ダイズ種子エキス、植物性コラーゲン ダブル洗顔 必要 自然由来の成分で、ふっくらしたもち肌に なめらか本舗は、無香料・無着色・無鉱物油のスキンケアブランド。 イソフラボン、ダイズ種子エキス、植物性コラーゲンなど、 自然由来の保湿成分でふっくらとしたもち肌へと導きます。 ベタつかず、スッと肌になじむのもポイント。 肌質を選ばないので使いやすいですよ。 「なめらかで肌に負担がかからずにクレンジングできます。 」 「べたべたしないので洗い流しやすく、乾燥しすぎません。 」 など、Amazonレビューでも乾燥しにくいことやベタつかない点が好評です。 肌の水分を逃したくない人におすすめ! ドラッグストアやスーパーなどで取り扱われているので、購入も簡単です。 ちなみに、エイジングケアに特化したラインもあります。 シワやたるみなどが気になるならそちらがおすすめです。 ブランド アルビオン 内容量 150g タイプ 洗い流し・拭き取り両用 肌にやさしいポイント 濃いテクスチャー 美容成分 ダイズ種子エキス、イリス根エキスなど ダブル洗顔 必要 とろける、落とす、濃密クリーム 美容効果が高いことで知られているアルビオン。 お値段は決して安くないですが、デパートで取り扱われている中では大学生や若い方も比較的購入しやすく、 「デパコス系にデビューしてみたい」という人におすすめなブランド。 クチコミでも「値段以上の効果があるように感じた」と評価されていますよ。 テクスチャーはコクがあり、とても濃密。 角層のすみずみまで広がり、 メイクと一緒に汚れやエイジングダメージの原因となる酸化した皮脂まで取り除きます。 最後は ティッシュやコットンで拭いても、水で洗い流してもOKです。 普段は摩擦軽減のため水洗いがおすすめですが、利用シーンに合わせて使いわけられそうですね。 ブランド ノブ 内容量 120g タイプ 洗い流し 肌にやさしいポイント 無香料、無着色、低刺激性 美容成分 セラミド、アミノ酸、スクワラン ダブル洗顔 必要 敏感な肌をサポート 低刺激性スキンケアで知られる「ノブ」のクレンジングクリーム。 皮膚科でおすすめされることもあるブランドです。 ポイントは、 お肌のバリア機能をサポートしてくれること。 具体的には外部の刺激から皮膚を守り、水分が失われるのを防ぐ機能です。 バリア機能が低下した肌にセラミド、アミノ酸、スクワランが働きかけ、 すこやかでうるおいが続くようになります。 「皮膚の水分が逃げやすい…」 「肌が敏感…」 と感じている 乾燥肌・敏感肌の人におすすめですよ。 「2年ほど使用しています。 肌がとても弱いので、合わないクレンジングを使うとすぐに湿疹や炎症が起きますが、このクレンジングクリームはまったく肌が荒れません。 」 「敏感肌で保湿力が弱まっているときにいいと思います。 」 など、Amazonレビューでも敏感肌の方々から人気です。 ブランド ニールズヤード 内容量 100g タイプ 洗い流し 肌にやさしいポイント オーガニック成分 美容成分 バオバブ種子油、カカオ脂、ヒマワリ種子油 ダブル洗顔 必要 洗いあがりの潤いに感動の声多数! 摩擦や乾燥が少ない やさしい洗い心地にこだわった、美容成分たっぷりのクレンジングクリーム。 肌の水分を保持して逃さないバオバブ種子油や、保湿力が高いカカオ脂、肌をやわらかくするヒマワリ種子油など、 しっとり潤う植物オイルが使われています。 オーガニック成分にこだわっているので、肌への刺激が少ないですよ。 カサカサだった肌の潤いを呼び覚まし、 紫外線などによる肌ダメージもケア。 いま人気急上昇中の注目製品なんです。 ブランド ウテナ 内容量 250g タイプ 洗い流し・拭き取り両用 肌にやさしいポイント 無着色 美容成分 アロエエキス、ホホバオイル、オリーブオイル ダブル洗顔 必要 うるおうのに、メイクはしっかりオフ 自然由来の成分を高配合している「ウテナ モイスチャーシリーズ」は、1983年に発売された ロングセラーシリーズ。 中でもこちらのクレンジングクリームは人気が高く、 cosmeやAmazonの販売ページに多数のクチコミが寄せられています。 香料の配合は少なく、無着色。 メイクをしっかりと落としつつ、お肌を乾燥からやさしく守ります。 また、毛穴汚れにも効果的。 油性のとろっとしたクリームなので 汚れが浮かび上がりやすく、キメ細かな肌を実現します。 大容量でコスパがいいのも人気の秘密! 乾燥と毛穴汚れ、どちらも気になる人におすすめですよ。 ブランド メナード 内容量 130g タイプ 洗い流し・拭き取り両用 肌にやさしいポイント 乾燥防止成分 美容成分 月下美人エキス、ヒアルロン酸 ダブル洗顔 必要 みずみずしくなめらかに肌を満たす メナードの「つき華」は、とても自然な使い心地。 とけるようにメイクとなじみ、 肌にみずみずしい潤いを与えます。 月下美人エキスやヒアルロン酸などの保湿成分が含まれており、クレンジング後の乾燥を防いでくれますよ。 」 「このクレンジングを使用した後はお肌がつっぱりません。 自然な感じです。 」 などとAmazonレビューでも言われている通り、 ナチュラルな使い心地が好きな人におすすめ。 化粧水や洗顔料とライン使いもできますよ。 ブランド プレディア 内容量 300g タイプ 洗い流し 肌にやさしいポイント 天然ミネラル泥 美容成分 海洋トリートメント ダブル洗顔 不要 メイク、毛穴、皮脂汚れもオフ 毛穴汚れが気になる人におすすめ! 天然ミネラル泥が 毛穴の汚れ、酸化した皮脂までしっかり洗い流します。 雑誌「anan」の「モテコスメ大賞2014」では、クレンジング&洗顔編TOP5にランクインしました。 「このクレンジングを使うと肌のざらつきが緩和される。 香りはやさしいライトグリーンシプレ。 スパを受けたような透明感ある洗い上がりです。 ブランド コスメデコルテ 内容量 150g タイプ 洗い流し・拭き取り両用 肌にやさしいポイント 天然香料 美容成分 ダブルペプチド、エモリエント成分 ダブル洗顔 必要 リッチにうるおう贅沢仕様 皮膚からの 水分蒸発をおさえるエモリエント成分や、 保湿に効果的なダブルペプチドを贅沢に配合しています。 洗い流したあとに肌がカサカサしてしまうクレンジングは多いですが、このクリームなら 保湿への工夫がふんだんに施されているので安心です。 肌の乾燥が気になる人におすすめ! フローラルな香りは植物から抽出した天然のもので、 合成香料不使用です。 まろやかなタッチが心地よく、ラグジュアリーな使い心地。 キラキラ光るフタも特別感がありますね。 メイクになじませたあとは拭き取っても、水で洗い流してもOK。 肌への摩擦を軽減できますよ。 忙しいときは拭き取りで、ニキビができたときは洗い流しで…という風に使い分けてもよさそうです。 ブランド ポンズ 内容量 270g タイプ 洗い流し 肌にやさしいポイント 無着色 美容成分 CLA4 ダブル洗顔 必要 ふっくら弾む、ハリのあるなめらかな肌に 肌にハリを与えるCLA4配合! アンチエイジング効果のあるクレンジングクリームです。 乾燥小ジワの目立たない、ふっくらとした若々しい肌へと導きます。 マスカット1粒大を手に取り、メイクとやさしくなじませながらマッサージしましょう。 「アンチエイジング効果があるものは、若い人向けよりも高い」というイメージかもしれませんが、こちらは270gで800円程度と 安価です。 くすみに効くタイプ、毛穴ケアができるタイプも同シリーズから発売されています。 ブランド ちふれ 内容量 300g タイプ 洗い流し 肌にやさしいポイント 無香料、無着色、ノンアルコール 美容成分 PG ダブル洗顔 必要 人気のプチプラ!しっとり系クレンジング 第1位の人気商品は、「ちふれ」のクレンジングクリーム。 クチコミサイト cosmeでのレビュー数はなんと9600件超え! 1995年に発売されて以来、長く愛され続けています。 保湿成分のPGが5. 無香料・無着色・ノンアルコールで、肌へのやさしさも考えられていますよ。 ブランドの商品ページでは、全成分の分量表示を見ることができます。 どんなものが使われているか明確なので、安心して使えますね。 Amazonでは現在高めの価格設定ですが、店頭では300gあたり650円。 コスパのよさが人気の秘密でしょう。 より経済的な詰め替え用もあり、リピ買いしやすいですよ。 しっとり系のクレンジングクリームをプチプラで入手したい人におすすめです。 ポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランド「ディセンシア」から、 敏感肌特有の毛穴目立ちにアプローチできる「 」が登場! お肌のバリア機能が低下した敏感肌状態では、「毛穴詰まりによる拡大毛穴」と「エイジング(加齢)によるたるみ毛穴」によって、より毛穴の存在感が高まっています。 毛穴周りの角層を整える「ゴボウエキス」や、ハリ・弾力を強化する「コウキエキス」「CVアルギネート」、お肌のバリア機能を正常化する「パルマリン」「ジンセンX」「ビルベリー葉エキス」を配合。 これらの成分が、敏感肌特有の毛穴悩みである 拡大毛穴とたるみ毛穴にアプローチします。 さらに2つの高保湿成分(セラミドナノスフィア、アクアモイスチャー)とモイストホールド処方によって、 お肌のうるおい保持機能を高めます。 4つのスキンケアアイテム(洗顔料、化粧水、美容液、フェイスクリーム)とライン使いすれば、揺るぎないハリとツヤ肌が叶うでしょう。

次の

スイサイ ビューティクリア シェイククレンジング | カネボウ化粧品

スイサイ クレンジング

www. fashion-press. net 「スイサイ ビューティクリア」デビュー 「スイサイ ビューティクリア」が提案するのは、毛穴汚れや黒ずみ、角栓にアプローチする洗顔・クレンジングだ。 メイク汚れだけでなく毛穴汚れまでしっかりオフする2種類のクレンジングと、毛穴の黒ずみ汚れや角栓、古い角質まで除去してくれる2種類の洗顔を展開する。 アイテムごとに適した毛穴汚れ、角栓除去成分を配合。 加えて、全製品共通でうるおいを届けるアクアモイスチャー成分を取り入れている。 朝洗顔にもOK、拭き取りタイプの「シェイククレンジング」 「スイサイ ビューティクリア シェイククレンジング」は、拭き取りタイプのクレンジングだ。 オイルとローションの二層処方で、ウォータープルーフのメイクでもしっかりオフしてくれる。 ローション部分には保湿成分が入っているので、拭き取り後の肌もつっぱらず、しっとりとした後肌に。 洗い流し、W洗顔不要なので忙しい女性には特におすすめだ。 クレンジングとしてはもちろん、朝の拭き取り洗顔としても活躍してくれる。 ぷるぷるジェリーでとろけ落ち「ジェリークレンジング」 一方「スイサイ ビューティクリア ジェリークレンジング」は、ぷるぷるのジェリーテクスチャー。 保湿効果のある美容成分をたっぷり含んだぷるぷるのジェリーが、メイク汚れや毛穴汚れをほぐして浮かせて、やさしくオフしてくれる。 香りはすっきりさわやかなミントウォーターの香り。 人気酵素洗顔がパワーUP「パウダーウォッシュN」 また、スイサイ人気の酵素洗顔は、保湿成分を新たに配合してパワーアップ。 1回分のカプセル形状や泡立ちのよい顆粒タイプなどのアイコニックな特徴はそのままに、保湿成分をプラスすることで、うるおい溢れる肌仕上がりを実現。 2つの酵素とアミノ酸系洗浄成分が、毛穴の黒ずみや角栓、ザラつきをオフ。 洗顔後は、化粧水がなじみやすくなり、なめらかな肌状態に整えてくれる。 密着性の高いクレイが毛穴に詰まった脂や、不要な角質・皮脂を吸着してすべすべに洗い上げる。 よく泡立てると濃密な泡になり肌あたりもやさしく。 【詳細】 スイサイ ビューティクリア ・スイサイ ビューティクリア シェイククレンジング 全1種 1,800円+税 編集部調べ ・スイサイ ビューティクリア ジェリークレンジング 全1種 2,400円+税 編集部調べ ・スイサイ ビューティクリア パウダーウォッシュN 1,800円+税 編集部調べ 、トライアルサイズ 900円+税 編集部調べ ・スイサイ ビューティクリア ミクロウォッシュ 全1種 1,800円+税 編集部調べ 発売日:2020年3月1日 日 【問い合わせ先】 カネボウ化粧品 TEL:0120-518-520.

次の