理解 類語。 ご容赦くださいの意味とは?使い方の例文や類語との使い分けも

ご容赦くださいの意味とは?使い方の例文や類語との使い分けも

理解 類語

「ご理解」の使い方 「ご理解ください」より「ご理解いただけますようお願い申し上げます」の方が無難 「ご理解ください」の「ください」は丁寧語なので、「ご理解ください」は正しい敬語になります。 「ご理解ください」は文法的には正しい敬語ですが、「ください」が命令文であるため少し丁寧さに欠けてしまう言い方です。 人によっては不快感を感じてしまいますので、注意が必要です。 よって、下記の言い方をすることで、目上の人に対しても使うことができます。 ・ご理解いただけますようお願いいたします。 ・ご理解いただけますようお願い申し上げます。 ・ご理解賜りますようお願い申し上げます。 ・ご理解くださいますようお願い申し上げます。 ・ご理解いただきたく存じます。 ・ご理解いただければ幸いです。 協力も求める場合は「ご理解ご協力〜」 理解と協力を一緒にお願いする際は「 ご理解ご協力」「 ご理解とご協力」という形で使います。 「 ご理解ご協力いただきますようお願い申し上げます」「 ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします」などと使います。 電車のアナウンスなどでもよく聞く定番の言い回しになります。 ただ協力だけを求めるのはぶっきらぼうなので、理解してもらってから協力を求めるという謙虚な姿勢がこのフレーズには現れています。 理解に付け加えて何かをお願いする場合は「ご理解の上」 理解したもらった上で何かの行動を促すときは「 ご理解の上〜」を使います。 しっかりと状況を把握したり内容を確認してから、次の行為をお願いする文章で使います。 ・ご理解の上でご購入の判断をお願い申し上げます。 ・ご理解の上ご容赦いただきますようお願い申し上げます。 ・ご理解の上ご検討のほどよろしくお願いいたします。 ・ご理解の上お力添えいただきますようよろしくお願いいたします。 などと使います。 理解に対する感謝を述べるときは「ご理解いただきありがとうございます」 相手の理解に対して感謝をするときは「 ご理解いただきありがとうございます」を使えばよいでしょう。 より堅い表現には「 ご理解いただきましたことを感謝申し上げます」などがあります。 ビジネスにおいて自分や自社が原因で、相手に迷惑をかけたときなどに相手が理解をし対応してくれた場合に使います。 謝罪の意を込めるときは「ご不便をおかけしますが何卒ご理解〜」「申し訳ありませんが何卒ご理解〜」 相手に迷惑だと分かりながら理解を求める場合は、「 ご不便をおかけしますが何卒ご理解〜」「 申し訳ありませんが何卒ご理解〜」などの言い方があります。 その他にも、 ・誠に勝手ながら何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます ・誠に勝手ではございますが何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます などと言ったりもします。 「ご理解」の例文 「ご理解」を使った例文を紹介します。 「ご理解」の例文 ・お返事にお時間をいただく場合がございます。 ご理解のほどよろしくお願いいたします。 ・明日の会議にはご参加いただけますよう、ご理解のほどよろしくお願いいたします。 ・工事は10日ほど続きます。 騒音や振動などでご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。 ・ご期待に添うことができず誠に恐縮ですが、あしからずご理解ほどお願いいたします。 ・貴社におかれましても、いろいろなご事情がおありと存じますが、何卒ご理解のほどお願いいたします。 ・ご返事が遅れる場合がありますが、ご理解のほどよろしくお願い致します。 ・本商品はアレルギー物質である大豆が含まれています。 ご理解の上、ご購入の判断をお願い申し上げます。 ・来月いっぴより下記の住所に本社移転することになりました。 誠に勝手ではございますが何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます ・12月29日から1月3日まではお休みさせていただきます。 ご理解の上ご容赦いただきますようお願い申し上げます。 「ご理解」の類語との違い 「ご理解」と「ご了承」の違い 「ご理解」と非常に似た言葉に「 ご了承」があります。 「 ごりょうしょう」と読みます。 「ご了承」=尊敬を表す接頭語「ご」+ 「理解」を意味する「了」+ 「受け入れる」を意味する「承」 という成り立ちになっています。 よって、「ご理解」とは単に「物事を分かってもらう」という意味ですが、 「ご了承」は 「相手に物事を分かってもらった上で受け入れてもらう」という意味になります。 「ご了承ください」は、 物事を始める前に目上の人から許しをもらうときの言葉なので、「ご理解ください」とは少し用途が異なります。 「 予めご了承ください」などとも言います。 例文 ・お返事にお時間をいただく場合がございます、予めご了承ください。 ・応募者が多い場合は抽選とさせていただきます。 ご了承願います。 ・参加希望者が殺到しているため、応募を締め切りさせていただくことがあります。 ご了承くださいますようお願い申し上げます。 「ご理解」と「ご容赦」の違い 「ご容赦」とは「 許す、大目に見る」という意味です。 よって、「ご容赦ください」とは「許してください」「大目に見てください」という意味になります。 「自分や自社がした失敗や迷惑をどうか受け入れてお許しください」という意味で使います。 上記でも触れましたが、「ご理解の上ご容赦いただけますようよろしくお願いいたします」など「ご理解」と「ご容赦」は一緒に使うこともあります。 例文 ・乱筆乱文のほど、ご容赦ください。 ・本日の会議参加できません。 どうぞご容赦ください。 ・混雑により入場の制限をしております。 大変申し訳ございませんが、もう少しお待ちいただけますようご容赦くださいませ。 ・この度は多大なるご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんでした。 ご容赦のほどお願い申し上げます。 「ご配慮」「ご高配」「ご賢察」 「ご理解」の類語には、「 ご配慮(ごはいりょ)」「 ご高配(ごこうはい)」「 ご賢察(ごけんさつ)」などもあります。 これらの3つの単語はどれも同じ意味です。 どれも「他人の配慮」をいう尊敬語になります。 「理解」と「配慮」は意味が似ていますが、「配慮」は「心をくばること」なので、「物事がわかる」とは微妙に違います。 「 ご配慮のほど、よろしくお願いいたします」などと使います。 例文 ・大変勝手を申しまして恐縮ですが、ご配慮賜れますと幸いです。 ・海外出張の際には、紛争・テロ・内戦等に巻き込まれないよう、くれぐれもご配慮をお願いいたします。 ・先日は突然お伺いしたにも関わらず、ご配慮をいただきありがとうございました。 ・このたびの開店に際しましては、ご祝電とお花を頂戴し誠にありがとうございました。 いつもながらの温かいご配慮に、心より感謝申し上げます。

次の

ご容赦くださいの意味とは?使い方の例文や類語との使い分けも

理解 類語

何かの真実に気づく; 何かに対する信念または信頼をもつ; 何の疑いもなく本当であると考える の意• 存知上げる• 存知あげる• 存じあげる• 同じであると認める の意• 同意するか、合意を表す の意• 何かをする許可 の意• 同意する言語行為 の意• 協定書• 日本語ワードネット1. 1 c 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi.

次の

英語で類語「Synonym (シノニム)」を調べて単語の理解を深めよう!

理解 類語

「ご理解ください」は、相手に対して理解を求めるシチュエーションで用いるため、その使い方には注意が必要です。 「ご理解ください」がいかに下手に出ている表現だとしても、理解を求めることができる範疇を超えて使用することはしないようにしましょう。 社会に出ると自分の能力だけでは解決できないことや、不条理なことに行く手を遮られることは多くあります。 そう言った場合に「駄目だ」「どうしようもならない」と答えを突っぱねるのではなく、「ご理解ください」と折衷案を探って行くのは社会人としてとても重要です。 「ご理解ください」の意味と使い方を理解することで、社会人としての一歩を踏み出すことができるでしょう。 「ご理解ください」の敬語 「ご理解ください」と言う言葉を細かく分けると、丁寧語表現である接頭語の「ご」、「理解」そして「ください」の3つのパーツに分けることができます。 「ご」と「ください」という2つの丁寧語表現がついていることから、「ご理解ください」と言う言葉は丁寧語表現であることがわかります。 しかし、「ご理解ください」という表現だと相手に命令をするニュアンスを感じてしまうこともあります。 ビジネスの場において社内やチーム内では「ご理解ください」という言葉を使うことは良いですが、自分より上の立場や取引先などへはより丁寧な表現を使う必要があります。 「ご理解ください」の敬語表現や、より丁寧な表現にはどのようなものがあるのでしょうか。 例文を交えながら見てみましょう。 尊敬語 「ご理解ください」 受付や説明の際などに最も耳にすることが多いのは「ご理解ください」という表現でしょう。 「お呼びする順番が前後する可能性がありますが、ご理解ください」など大して重要でない事項の説明の際に使われることが多いです。 「全てオーダーメイドで手作りのため、仕上がりに多少の差が生まれることをご理解ください」のように、マイナスでないことをアピールする時にも「ご理解ください」という表現を使うことができます。 「ご理解くださいますようお願いいたします」 製品のクオリティなど重要なことに関する場合には「ご理解のほどよろしくお願いいたします」という表現が使われることがあります。 道路工事の現場で「道路工事の為片側通行止めいたします。 ご理解のほどよろしくお願いいたします。 」という表現を見たことがあるという人も多いでしょう。 道路が通行止めになるのはとても大きな問題ですが「ご理解のほどよろしくお願いいたします」と謝罪をすることで不要なクレームを避けることができます。 「ご理解のほどよろしくお願いいたします」 対面や電話口の応対では「ご理解のほどよろしくお願いいたします」という表現に使われることが多いです。 「ただいま電話が大変混み合っております。 ご理解のほどよろしくお願いいたします」という自動音声が設定されている電話もよくあります。 「ご理解のほどよろしくお願いいたします」という表現は対面で使う際には改まりすぎるニュアンスを相手に与えてしまうことがあります。 その為メールや電話、自動音声などで使われることが多い表現です。 「ご理解ください」の類語 日常生活において「ご理解ください」という硬い表現を使うことは頻繁ではありません。 「ご理解ください」という表現にはその使い道によって非常に多くの類語が存在します。 「ご理解ください」は言葉だけを見れば相手に理解を求めるだけの表現のように感じます。 しかし「ご理解ください」には相手に理解してもらうことを申し訳なく思う謝罪の気持ちが込められています。 そういった謝罪の意味での言い替え表現も多く存在します。 「ご了承ください」 「ご了承ください」は「ご理解ください」に次いで見かけることが多い言葉と言っていいでしょう。 「ご理解ください」同様に、相手に理解や了承を求める言葉です。 「ご理解ください」に比べて「ご了承ください」はより丁寧なニュアンスを与えます。 「了承」という言葉には相手に対して申し訳なく感じる気持ちも含まれている為、相手に対してより下手に出る姿勢を示すことができます。 「ご承知ください」 報告や連絡のみの場合、「ご理解ください」の代わりに「ご承知ください」という表現が使われることもあります。 「ご承知ください」はとりあえず知っておいてほしい、頭に入れておいてほしいという程度の情報を述べる時に使われる表現です。 消費税の有無や、もとよりかかる手数料、スケジュールなど、そこまで重要ではない最低限の情報を伝える時には「ご理解ください」という表現を使うと堅苦しいので、「ご承知ください」という表現を使うことが多いです。 「ご容赦ください」 「ご理解ください」に比べて、より謝罪の気持ちを込めるならば「ご容赦ください」という表現が使われることがあります。 明らかに非がありそれに対して理解を求める場合や、天災などどうしようもない事態での対応では「ご容赦ください」という表現を見かけることが多いです。 「ご容赦ください」は謝罪の意味を持つので、謝罪メールに使われることが多いです。 「ご理解ください」や「ご容赦ください」などの言葉を使う時には、何故そうなったかの経緯を明記する必要があります。 「ご理解ください」のツール別の使い方 「ご理解ください」という表現は、使うツールによってもその使い方に注意しなければなりません。 ツールによって間違った使い方をしてしまうと、自分の考えが相手に伝わらないばかりか、相手を怒らせてしまう可能性もあります。 ツールによって最も異なるのは、伝わるスピード感です。 対面や電話ではすぐに意思の疎通が取れますが、メールや張り紙では相手はいつ読んでくれるかわかりません。 そういったスピード感にも注意して「ご理解ください」という表現を使う必要があります。 対面 相手と対面して「ご理解ください」という場合の難易度は比較的優しいと言えます。 対面では相手の顔が見える為相手の感情も把握しやすく、相手の感情の変化によって瞬時にこちらの対応を変えることもできます。 対面していれば相手がただ情報を得たいだけなのか、それとも怒っているのかを判断することができます。 相手に対して臨機応変に「ご理解ください」という言葉を使うことができるでしょう。 電話 メールで「ご理解ください」という表現を使うのは非常に難しいです。 お互いの表情が見えず、相手がそのメールを見てくれるかわからない為十分に配慮した内容にする必要があります。 手紙 手紙で「ご理解ください」という文面を見るのは、何かに応募してそれに外れてしまった時の誤りの手紙であることが多いです。 就職活動などでは希望先の会社に「ご理解ください」と断られた経験があるという人もいるでしょう。 「ご理解ください」の言い方 「ご理解ください」は相手に理解を求める言葉なので、どんなに自分が正しくても配慮の気持ちを忘れてはいけません。 対面していれば頭を下げる、メールなどでは謝罪の一文を付け加えるなど、「ご理解ください」の言葉だけで終わらせないようにしましょう。 「ご理解ください」から見る低姿勢の美学 場合によっては、全く非がないのに「ご理解ください」と謝罪する場面も社会では多くあります。 責任を背負った上で相手への敬意を忘れないようにすら、社会人としての美学を「ご理解ください」という言葉から感じることができます。 ドライバーの仕事情報を探す 現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!.

次の