鬼怒川温泉ホテル ランキング。 鬼怒川温泉人気の宿ランキングトップ10!今注目のホテル&旅館!

日光 鬼怒川温泉のおすすめ日帰り温泉(旅館・ホテル)ランキング20選!

鬼怒川温泉ホテル ランキング

鬼怒川金谷ホテル ここは、ジョンカナヤが愛した「渓谷の別荘」、鬼怒川金谷ホテルです。 鬼怒川温泉駅から徒歩で約3分の場所に佇むホテルは、日本最古のホテルをルーツとし、「西洋と東洋」、「伝統とモダン」が心地よく融合する、和の老舗ラグジュアリーリゾートです。 豊かな自然に囲まれた和敬洋讃のゲストルーム。 全室にウッドデッキテラスを用意し、自然と一体となったような全面ガラス張りのテラスからは鬼怒川のせせらぎ、美しい渓谷をお楽しみいただけます。 館内1室限定の最上階に位置する「ジョン・カナヤ・スイート」はゆったりと余暇を過ごす大人のための、特別な空間です。 渓谷美を眺め、川のせせらぎに耳を傾けながら大切な人と語り合うーー。 そんな時間をお過ごしください。 四季折々の地場食材を贅沢に使用し、懐石料理をベースに洋のテイストを取り入れた季節替わりの金谷流懐石は、西洋膳所ジョンカナヤ麻布の意思を継承した「金谷流懐石〜和敬洋讃〜」と鬼怒川の清流の恵みを活かし旬の野菜をふんだんに盛り込んだヘルシーな「金谷流湯波懐石〜渓流水明〜」の2つのディナーメニューからお選びいただけます。 心が躍るような彩りと味わいに、酔いしれることでしょう。 「老舗は常に新しい」を体現する渓谷の別荘で、本物の贅沢をお愉しみください。 奥日光 ゆの森 奥日光の静かな森のなかに佇む、癒しの宿、奥日光 ゆの森。 自然の声に耳を傾ければ、ゆったりとした時の流れを感じることができます。 乳白色の良質なお湯を好きな時に好きなだけお楽しみいただけます。 趣を凝らした和風モダン、欧スタイル、ZEN、コンパクトダブルの4種類のお部屋を用意しているので、あなたの旅のスタイルに合わせてお選びください。 この宿の自慢はお料理は、とちぎ和牛や日光湯波など、地場の滋味をふんだんに盛り込んだ手作り創作料理です。 大地の恵みを存分に使用した逸品の品々を、木のぬくもり感じるレストランにてお愉しみください。 温泉、食、自然と癒しの要素がつまったこの宿に、ぜひ一度足を運ばれてみてはいかがでしょうか。 奥の院 ほてる とく川 ここは、日光の奥座敷。 東武日光駅より車で10分の場所に佇みます。 この宿の特徴のひとつが、名峰が連なる日光連山に育まれた湧き水です。 豊富なミネラルを含むこの水は、「霊水」として祀られ、館内の全てで天然水を使用しています。 本館、別邸からなる全22室の客室は、水がテーマのプライベート庭園のついた別邸や露天風呂付のお部屋、露天風呂付きのお部屋、季心をテーマとしたお部屋など趣の異なる部屋を用意しています。 手足を思いきり伸ばし、美味しい地酒を飲みながら日光温泉の湯につかって心身をほぐしましょう。 また、プライベートな空間でも湯を楽しめるよう、貸切風呂もあります。 どうぞ、ご家族やカップルで思う存分におくつろぎください。 ゆるやかに過ぎるときの流れを身を委ね、大切な人とゆっくり過ごす滞在はいかがでしょう。

次の

鬼怒川温泉でホテル・旅館に泊まろう

鬼怒川温泉ホテル ランキング

栃木県日光市、鬼怒川の上流地域にある鬼怒川温泉。 江戸時代からある温泉で、当時は日光詣の僧侶や大名のみが利用できる温泉でしたが、明治以降一般開放されました。 北側の川治温泉とともに「傷は川治、火傷は滝(現在の鬼怒川温泉)」と称され、お湯の質も鬼怒川温泉の人気の秘訣です。 四季折々の景色を眺めながら、スリル満点の鬼怒川を船で下る「鬼怒川ライン下り」はとても人気の観光。 周辺にもレジャースポットや自然を満喫できるスポットがあり、家族連れにも人気の温泉地です。 季節ごとの山並みの多彩な表情を眺められ、すぐにでも手が届きそうな満天の星空が楽しめる空中庭園露天風呂が自慢です。 空中庭園露天風呂は、鬼怒川温泉で最も高い場所にあり、目の前に広がる景色とゆったりと浸かれる湯船で、忙しい日々の疲れも癒せます。 露天風呂のほかにも、サウナやジェットバスのある大浴場も完備しているので、さまざまな温泉めぐりを旅館内で楽しめます。 目の前の鬼怒川渓谷の新緑や紅葉、雪景色など季節の移り変わりを楽しめる露天風呂や静寂な中でゆったりと寛げる大浴場、プライベートを堪能できる家族風呂を用意しています。 温泉で心身ともの温まったあとには、湯上り処で天然水で水分補給しながら、のんびりと寛げます。 お食事には、県産「とちぎゆめポーク」をはじめ、日光名産の湯波、岩魚などの地場の食材をふんだんに使った和風会席料理を味わえます。 暖炉のある和モダンのロビーがお客様を出迎え、ラウンジや夜食処などの施設も充実しています。 温泉は、木造り大浴場「渓谷の湯」と石造り大浴場「湯里」の2つの大浴場があり、いずれにも露天風呂や岩風呂など10種類を完備しているので、十色の湯を満喫できるのが自慢です。 ほかにも貸切露天風呂もあるので、小さなお子さんと一緒に誰の気兼ねもなくお風呂を楽しめます。 全室渓流に面しており、鬼怒川エリアで唯一鬼怒川と里山の大パノラマを眺望できるのが自慢です。 露天風呂と内風呂、貸切風呂完備しており、露天風呂では鬼怒川のせせらぎを感じながら広々とした湯船で身も心も癒されます。 お湯で癒された後には、料理人の繊細な技を加えた創作京会席を! お食事は、庄屋の台所をイメージした料亭街の個室で頂けるので、ご夫婦やご家族だけでゆっくりと堪能できます。 客室には、炭を練りこんだ自然素材を使用した壁や炭枕などの寝具を使用しているので、お部屋にいるだけでも快適な時間を過ごすことができるのが自慢です。 お風呂は「炭澄みの湯」と「檜の露天風呂」を用意しており、まろやかになお湯は、なめらかでつるつるの美白効果にも期待できるので、ゆっくりと浸かって身体のすみずみまで癒されます。 江戸時代にタイムスリップしたような雅やかなロビーに足を踏み入れれば、やわらかな湯の香りが漂う癒しの空間が広がっています。 ゆったりと寛げるよう、選べるお洒落な浴衣やシャンプーなどプレミアム化粧品、ナノケアスチーマーなどと女性のお客様が喜ぶ心配りが満載です。 温泉は、森林を感じられる露天風呂の「檜の風呂」とサウナや水風呂のある大浴場を設けており、景色を眺めながら、存分に温泉を楽しめます。 広々とした女性用の温泉には、ハーブ風呂やアロマ風呂などを設けているので、鬼怒川の音色を聞きながらさまざまなお湯で癒されます。 よりリラックスできるよう、足つぼや全身マッサージができるリラクゼーション施設もあるので、女性にとっては、至福のひと時を過ごせるでしょう。 お食事は、通年蟹の食べ放題を行なっており、季節によってはデザートの食べ放題なども開催しているので、さまざまなグルメを味わえます。 鬼怒川渓谷を一望できる大浴場では、四季折々の木立の色づきを目の前にのんびりとお湯に浸かって心身ともに癒されます。 お食事では、ライブキッチンで好評の焼きたてステーキや旬の素材をふんだんに使った和洋食の本格派バイキングが味わえ、湯上りのお腹も満たされること間違えなしです。 また、お酒の飲み放題メニューも用意しているので愛飲家も楽しめます。 日本庭園を眺められるラウンジや大人だけの至福の時間を楽しめるバー、身も心も癒されるスパなどを完備しているので、ホテルライフを満喫できます。 温泉は、男女入れ替えで9つのお湯が楽しめ、露天風呂では美しい庭園を眺めながらゆったりとお湯に浸かれるので、贅沢な癒しの時間を過ごすことができます。 また、体に負担がかからないミストサウナやジャグジー寝湯も設置しているのも特徴です。 種類のお風呂があるクアゾーンでお湯巡りを楽しめるほか、渓谷を見下ろしながらの食事も堪能できるのが魅力です。 お風呂のほかにも、女性に人気のトリートメントを受けられるアロマトークも完備しており、心も体も癒されるひとときを過ごすことができます。 全室バルコニー付の客室は、シックなインテリアでまとめられているので、のんびりと快適な滞在ができます。

次の

日光・鬼怒川の人気日帰り温泉宿ランキングTOP7

鬼怒川温泉ホテル ランキング

鬼怒川温泉とは? 鬼怒川温泉(きぬがわおんせん)は栃木県日光市の鬼怒川上流にある、風光明媚な景勝地としても知られる温泉地です。 周辺一帯が日光国立公園に指定されており、断崖絶壁や奇岩、生い茂る緑に紅葉と、季節によってさまざまな景色が楽しめます。 その源泉が発見されたのは江戸時代の1692年と伝えられており、古くは日光御神領地として大名や僧侶など、地位の高い人しか入浴できない場所でした。 明治になってようやく一般の人に解放され、昭和4年に東武日光線が開通したことで、国内有数の温泉地となりました。 鬼怒川温泉の泉質や効能 鬼怒川温泉の泉質はで、神経痛、関節痛、筋肉痛、胃腸病、皮膚病などに効果が期待できます。 温泉に含まれる成分が少ないため、刺激がなく肌に優しい温泉です。 温泉成分が少ないからといって、温泉の質が低いわけではありません。 それぞれの温泉によって含まれる成分は多岐にわたり、成分の比率の違いで、同じ鬼怒川温泉内でも特徴的な泉質を持つこともあれば、様々な温泉の成分をバランスよく含むこともあります。 単純温泉についての詳しい解説はこちら 1位:開放感抜群!渓流のせせらぎが聴こえる露天風呂「花の宿 松や」 — 2017 1月 8 9:59午後 PST 鬼怒川に面している「花の宿 松や」の露天風呂では、その美しい渓流の流れと豊かな自然を眺めながら鬼怒川温泉のお湯を楽しむことができます。 渓流のせせらぎを聴きながらつかる開放感満点の露天風呂は格別です! また、景観にこだわってつくられた内湯からの眺めも抜群で、自然の景観を楽しみながらのんびりとお湯につかることができます。 眺めの良いお風呂にじっくり疲れば、心身共にリフレッシュされるはずですよ! 施設情報 温泉名 花の宿 松や 住所 〒321-2521 栃木県日光市鬼怒川温泉藤原19 電話番号 0288-77-1221 公式サイト 2位:豊富な入浴設備で鬼怒川温泉を堪能「きぬ川ホテル三日月」 — 2013 5月 4 6:07午後 PDT 東武鉄道鬼怒川公園駅からも近く、比較的アクセスのしやすい日帰り温泉専門の入浴施設です。 内湯と露天風呂で鬼怒川温泉のお湯を楽しむことができますよ!日帰り温泉施設といっても市街地にあるような入浴施設とは違い、自然豊かな鬼怒川公園の敷地内にある施設であるため、比較的静かな環境で温泉を楽しむことができます。 旅館の日帰り温泉はなんだか敷居が高いと感じている方は、気軽に日帰り温泉を楽しむことができる「鬼怒川公園岩風呂」にぜひ立ち寄ってみてください。 施設情報 温泉名 鬼怒川公園岩風呂 住所 〒321-1292 栃木県日光市今市本町1 電話番号 0288-22-1111 公式サイト 6位:鬼怒川の渓谷美が堪能できる露天風呂「湯處すず風」 — 2013 4月 4 11:19午後 PDT 「湯處すず風」の露天風呂からは、鬼怒川の傾向美を堪能することができます。 四季の移ろいと共にその姿を変える渓谷の美しさを望みながらゆったりと鬼怒川温泉のお湯につかれば、日頃の疲れも吹き飛ぶはずですよ!鬼怒川の絶景が楽しめる「湯處すず風」の露天風呂で、ぜひ贅沢な時間を過ごしてみてください。 施設情報 温泉名 湯處すず風 住所 〒321-1200 栃木県日光市小佐越19-5 電話番号 0288-77-2683 公式サイト 7位:中禅寺湖周辺の静かな環境でゆったり温泉を楽しむ「中善寺金谷ホテル 空ぶろ」 「中善寺金谷ホテル」は中禅寺湖からも程近い静かな環境に建つホテルです。 周辺の自然豊かなロケーションが魅力で、都会の喧騒とは無縁ののんびりとした時間を過ごすことができますよ! 中でも、ホテルの露天風呂で温泉につかりながら過ごす時間は格別で、豊かな自然の景観を楽しみながらゆったりとお湯につかれば身も心も癒されるはずですよ!木々と静けさに包まれながらつかる鬼怒川温泉の魅力に、ぜひ一度触れてみてください。 施設情報 温泉名 中善寺金谷ホテル 空ぶろ 住所 〒321-1661 栃木県日光市中宮祠2482 電話番号 0288-51-0001 公式サイト 8位:入浴設備が充実!日光東照宮近くの温泉「花衣の館 日光千姫物語」 — 2017 6月 17 10:32午後 PDT 「花衣の館 日光千姫物語」は豊富に用意された入浴設備が魅力的な温泉旅館です。 大浴場や露天風呂の他、ジェットバス、高温サウナ、ミストサウナなどを楽しむことができます。 また、浴場には広いウッドデッキが設けられていて、お湯で火照った体を休ませながらのんびりとくつろぐことができますよ!充実した設備で鬼怒川温泉のお湯を楽しみたいという方にぜひおすすめしたい旅館です。 日光東照宮から徒歩10分程度の場所にあるため、東照宮へ参拝したついでに立ち寄ってみるのもいいですね!気軽に観光の予定へ組み込むこともできる好立地も「花衣の館 日光千姫物語」の魅力のひとつです。 施設情報 温泉名 花衣の館 日光千姫物語 住所 〒321-1432 栃木県日光市安川町6-48 電話番号 0288-54-1010 公式サイト 9位:個室付き貸切露天風呂専門の入浴施設「自然浴 離れの湯 あけび」 — 2015 7月 20 1:21午前 PDT 「自然浴 離れの湯 あけび」は、貸切露天風呂専門の入浴施設です。 施設内には、それぞれ独立した個室付きの貸切露天風呂が10棟用意されていて、貸切露天風呂1棟分をひとり占めして利用することができます。 1棟にふたつずつ設けられた露天風呂はどれも雰囲気が良く、また自然の景観も抜群です。 「自然浴 離れの湯 あけび」で、鬼怒川の絶景と雰囲気の良い露天風呂をひとり占めする贅沢な時間を満喫してみてください! 施設情報 温泉名 自然浴 離れの湯 あけび 住所 〒321-2525 栃木県日光市小佐越字原19-26 電話番号 0288-76-0350 公式サイト 10位:四季の移ろいを肌で感じる露天風呂「きぬの宿 志季大瀞」 — 2017 3月 4 8:04午後 PST 鬼怒川の絶景を楽しむことができる雰囲気の良い露天風呂が「きぬの宿 志季大瀞」の魅力です。 開放感のある露天風呂からは、四季の移ろいと共に美しく姿を変える鬼怒川の様子を間近に感じることができるはずです。 鬼怒川の四季を肌で感じているような感覚をぜひ体験してみてください!「きぬの宿 志季大瀞」の露天風呂は、年間を通して何度も通いたくなるお風呂のひとつです。 施設情報 温泉名 きぬの宿 志季大瀞 住所 〒321-2525 栃木県日光市小佐越1-42 電話番号 0288-76-3855 公式サイト 11位:地元の方も多く通う日帰り温泉施設「日光市温泉保養センター やしおの湯」 — 2016 3月 19 9:39午後 PDT 「鬼怒川仁王尊プラザ」は、源泉掛け流しで鬼怒川温泉のお湯を楽しむことができる温泉宿です。 鬼怒川温泉で源泉掛け流しのお湯を楽しむことができる施設は少なく、「鬼怒川仁王尊プラザ」の温泉は非常に貴重なものであると言えます。 施設内には、「鬼怒川ライン下り」で実際に使われていた和船を湯船にした「屋形船風呂」や鬼怒川の絶景が満喫できる開放的な「混浴露天風呂」などがあり、貴重な源泉掛け流しのお湯を様々に楽しむことができます。 施設情報 温泉名 鬼怒川仁王尊プラザ 住所 〒321-2522 栃木県日光市鬼怒川温泉大原371-1 電話番号 0288-76-2721 公式サイト 13位:深夜2時まで営業している日帰り温泉施設「日光小倉山温泉 春曉庭ゆりん」 — 2017 3月 3 9:41午後 PST 「日光小倉山温泉 春曉庭ゆりん」は深夜2時まで営業している日帰り温泉専門の入浴施設です。 夜遅くまで営業しているので、日帰りで日光を楽しんだ後、帰りがけに立ち寄る温泉施設としても最適ですね! しかも、この施設ではお湯に加水加温を一切していない源泉掛け流しの温泉を楽しむことができます。 しっとりと肌になじむ鬼怒川温泉のお湯をそのままの状態で楽しめるなんて贅沢ですよね! 施設情報 温泉名 日光小倉山温泉 春曉庭ゆりん 住所 〒321-1421 栃木県日光市所野2823 電話番号 0288-54-2487 公式サイト 14位:JR日光駅の正面にある温泉宿泊施設「日光ステーションホテルクラシック 日帰り温泉 駅スパ 」 川風に吹かれて鬼怒川の大自然をたっぷり楽しみたい方に「鬼怒川温泉 佳祥坊 福松」はおすすめです。 なんとこちらでは、天然石を利用した絶景の露天風呂が楽しめます。 大浴場も全面ガラス張りで、寒い日でも外の景色を楽しめるのが嬉しいポイントです。 日帰り入浴は16時から18時までと遅めの時間帯なので、鬼怒川温泉でたっぷり遊んでから立ち寄るのにも最適です。 料金はお1人様800円から、土日祝日は料金が異なるので現地で確認しましょう。 施設情報 施設名 鬼怒川温泉 絶景の宿 佳祥坊福松 住所 〒321-2522 栃木県日光市鬼怒川温泉大原1060 電話番号 0288-77-3311 公式サイト 17位:創業から100年以上の歴史を誇る老舗「鬼怒川温泉 あさや」 日々の忙しさを忘れてたっぷりリラックスしたい方には、料理と温泉がセットになったお得な日帰りプランがぴったり。 特に「鬼怒川温泉 あさや」の平日限定ディナー付き日帰りプランは、創業から100年以上の歴史を誇る「鬼怒川温泉 あさや」の温泉と、和洋中100種類ものディナーブッフェで日頃の疲れを癒すことが出来ます。 3階から12階までの開放的な吹き抜けロビーが、来た人を優しく出迎えてくれます。 日帰り入浴のみのプランは、残念ながら2014年で終了しています。 施設情報 施設名 鬼怒川温泉 あさや 住所 〒321-2598 栃木県日光市鬼怒川温泉滝813 電話番号 0288-77-1111 公式サイト 18位:子供でも安心して入れる優しいお湯「ほてる白河 湯の蔵」 肌に優しく馴染み、湯冷めしにくい温泉に入りたい方には「ほてる白河 湯の蔵」がぴったりです。 こちらは日帰り入浴は大人1人あたり700円、子供は400円で利用することが出来ます。 利用時間は13時からのため、軽くお昼を食べてから向かうのも良いです。 鬼怒川を見下ろす絶景の内湯は横9. 5メートルもある巨大な浴槽で、広々と足を延ばして入浴することが出来ます。 日帰り入浴の方でも、貸切露天風呂を使えるのも嬉しいポイントです。 予約はフロントでしか承っていないので、電話予約ができません。 希望される場合は、当日必ずフロントで確認しましょう。 こちらは100%源泉かけ流しで、シャワーも温泉のお湯が利用されています。 リピーターがとても多い温泉で、まるで森の中にいるような雰囲気が人気の秘訣です。 ただしこまめに温泉を抜いて清掃しているため、日帰り入浴が出来るかどうかは問い合わせて確認することが必要になります。 鬼怒川温泉駅からも位置が遠いので、温泉に入ることを目的に行く場合は必ず確認しましょう。 施設情報 施設名 国民宿舎 渓山荘 住所 〒321-2717 栃木県日光市川俣865 電話番号 0288-96-0282 20位:美味しい湯葉も頂ける日帰り温泉プランがおすすめ「ゆば御膳 みやざき」 休憩できる部屋は個室がいい、とお考えの方には日光名産の湯葉も楽しめる「ゆば御膳 みやざき」がおすすめです。 お部屋で昼食をとれる日帰りプランがあるので、人目を気にせずゆっくりくつろぐことが出来ます。 休憩時間も、3時間コースと6時間コースがあるので、日帰りプチ旅行にももってこいです。 入浴だけの場合はお一人様1,000円からで、繁忙期や休日には混雑のあまり断られることもあるので、事前に電話をしておくことが必要です。 入浴だけの場合も、飲み物かタオルを選んでつけてもらうことができるので、人気なのも頷けます。 施設情報 施設名 ゆば御膳 みやざき 住所 〒321-2521 栃木県日光市藤原1 電話番号 0288-77-1155 公式サイト 鬼怒川温泉へのアクセス 鬼怒川温泉は栃木県日光市の鬼怒川上流域にある温泉地で、年間200万人もの観光客が訪れると言われています。 東京からのアクセス 東京から鬼怒川温泉に向かいたい場合は、新宿発のJR・東武直通特急か、浅草発の東武特急スペーシアで向かうと日光まで直通で向かうことが出来ます。 下今市駅で鬼怒川線に乗り換え、鬼怒川温泉駅で降ります。 おおよそ2時間前後で到着しますし、途中の下今市駅も観光スポットとして有名なので、ゆっくりと日光の風景を楽しむことが出来ます。 さらに詳しい東京からの鬼怒川温泉へのアクセス方法はこちら 大阪からのアクセス 大阪から向かいたい場合には、大阪から東京駅までは新幹線を利用し、その後新宿か浅草の東武特急を利用して日光まで直通で向かうことが出来ます。 飛行機を利用する際には、成田空港から日光までの直通のリムジンバスがあります。 鬼怒川温泉周辺の駐車場情報 鬼怒川温泉の日帰りや観光を楽しもう! 鬼怒川温泉が発見されたのは江戸時代のこと、当時は日光へ参詣に来た僧侶や大名のみが入ることを許されたと伝えられています。 そんな由緒ある鬼怒川温泉も、明治以降に一般開放されることとなり、多くの観光客が訪れるようになりました。 湧き上がる温泉は神経痛や肩こり、疲労回復や健康増進に効くというアルカリ性単純温泉です。 泉質が柔らかく、お肌への刺激が少ないのも特徴です。 近辺にはニホンザルの可愛らしいショーが楽しめる日光さる軍団劇場や、日光江戸村といったレジャースポットがあります。 日光の自然を楽しみたい方には、標高700メートルの丸山山頂まで、約4分で登ることができる鬼怒川温泉ロープウェイや、2200万年前の海底火山活動で生み出されたという天然の渓谷である龍王峡がおすすめです。 日光の名物グルメというと、湯葉とお蕎麦が人気です。 街のあちこちで、湯葉やお蕎麦を楽しめるグルメスポットがあります。 鬼怒川温泉周辺の観光情報はこちら.

次の