東京ベイコート倶楽部。 東京ベイコート倶楽部の料金は? 宿泊利用明細書を公開(メンバー料金)

東京ベイコート倶楽部(とも)

東京ベイコート倶楽部

2020年の開業を目指している横浜ベイコート倶楽部は、会員制ホテルと一般ホテルとのハイブリッドで営業すると発表されていましたが、その一般ホテル部分はリゾートトラストがハワイ・オアフ島に所有する高級ホテル「ザ・カハラ」のブランドを冠することが発表されました。 この発表は、リゾートトラストの転換点を示すものとして、大変重要に思います。 長くなりそうですが、順次、そのポイントについて説明します。 冒頭の写真は現在のパシフィコ横浜とヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルです。 近く、現地取材に行きたいと思っています。 まず、このホテルの計画概要は以前に記事にしているので、以下をご覧ください。 最初に、一番気になる、会員制と一般ホテルの切り分けがどうなるのかについて説明します。 それぞれのホテルの正式名称は。 「横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート」(以下ベイコート)、と「ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜」(以下カハラ)と決定しました。 室数はベイコートが138室、カハラが146室で、ほぼ同規模のホテルとなり、建物は一体化しているものの、基本的に別々のホテルとして営業することになりそうです。 「どんな風に別々か」は、以下を見てください。 これは横浜市文化観光局の発表資料から引用したものですが、海側がベイコート、陸側がカハラと、縦割りで完全に切り分けて運営されることが示されています。 (画像出典:横浜市文化観光局) このプロジェクトは横浜市の採択で進められているもので、市からの数々の「要求水準」のもとに進んでいるものです。 カハラ(一般ホテル)は、MICE施設としてのコンベンション需要とセットになっているのが建前です。 ですから必然的に新しいMICE施設側に一般ホテルが位置し、その結果、海側はベイコートが取ることになりました。 リゾートトラストの発表資料には、カハラについて以下のように説明されています。 海を前にしたロケーションもハイエンドブランドのリゾートにふさわしい しかし、実際にそうなるかどうかは、少々疑問が残りそうです。 パシフィコ横浜が発表している新MICE施設の資料から完成予想図を引用します。 (画像出典:パシフィコ横浜) これを見ると、海側を取っているベイコートはともかく、カハラの方は裏側と言わざるをえず、眺望についてはちょっとどうなんだろうと感じてしまいます。 海側から見たところをGoogle Mapで描画してみたのがこちらです。 画面真ん中の右端にこの2つのホテルが合体した形で建設されます。 わずか14階建てであり(インターコンチは31階、ロイヤルパーク(ランドマーク)は70階)、周辺の建物とのボリューム感の比較においては、かなり見劣りがします。 ちなみに画面中央の滑走路みたいな部分は耐震バースといって、災害時に海や空からの緊急救援物資の輸送をするための施設で、その上が臨港パークです。 これらに建物が立つことはありません。 また、海から見てホテルの後ろ側はタワーマンション街で、隣接した街区には大型ディスカウントストア「オーケー」などもあります。 陸側からの完成予想図を横浜市文化観光局の発表資料から引用します。 真ん中が新MICE施設で、左の薄べったいのがカハラです。 (画像出典:横浜市文化観光局) 低層であるせいか、ロビーは上層階に設けてインパクトを演出するようです。 報道発表資料からカハラの「スカイロビー」の完成予想図を引用します。 (画像出典:リゾートトラスト報道発表資料) このように、食パンをスライスしてずらしたような2つのホテルですが、付帯施設は以下の表のように共有します。 表はリゾートトラストの報道発表資料からの引用です。 イタリア料理と日本料理のレストラン、スパ(インドアバス)、トリートメントサロン、インドアプール、トレーニングジム、ボールルーム、ショップが共有です。 ラウンジ・バーはそれぞれ独自に用意され、またベイコートには独自の中国料理レストランが作られます。 長くなったのでここらで次回にしたいところですが、写真がなくて次はいつ書けるかわからないので、もう1つ、話題を続けてしまいますね。 エクシブ会員にとっては、ここからが大事なところです。 報道発表資料で、リゾートトラスト社はこう宣言しています。 このように、カハラブランドを横浜を皮切りに、日本や世界で展開すると発表したのには驚きました。 さらに2017年10月16日の記者会見で同社社長が、以下のように語ったとされています。 記事を見ると、ハワイからカハラの総支配人も来日しており、記念撮影用にプレートまで用意して大々的な会見を行ったようです。 同社としてはとても珍しいことで(同様のことは記憶にありません)、それほど重大な発表であったことがわかります。 社長の発言を、日刊建設通信新聞による報道から引用します。 10年かけて(計画候補地のうち)最低5カ所には進出したい。 その後は年間1棟以上を目指す (引用元記事) この発言には、大変驚くとともに、エクシブ会員として暗澹たる気分にならざるを得ませんでした。 果たして、この10年でエクシブはいくつ開業したでしょうか。 純粋な新規開業は4件、既存施設の拡張が3件です(注)。 つまり、社長の発言は、リゾートトラスト社は全力でカハラ、つまり高級一般ホテル事業に舵を切ると宣言したのと同じです(もしそうでなければ、無責任な発言ということになってしまいますね)。 海外展開は外注するから国内の開発リソースには関係ない、という見方もあるでしょうが、自分は同社の株主でかつエクシブオーナーというありがちな同社のステークホルダーですが、このような発表をして大丈夫なんだろうかと、かなり心配になっています。 思えば、ラグーナベイコート倶楽部はエクシブとして計画されながらも、ベイコート倶楽部に衣替えして売り出されました(関連記事:)。 リゾートホテルが曲がり角に来たことは自分も強く肌で感じていて、このブログでその様子もリアルタイムでご紹介してきましたが、まさかこんなに早く事業主体側から「おれは別の場所に行くよ」と宣言されるとは思いませんでした。 これで、湯河原離宮がこれまでにない妙な出来栄えだった訳が、ようやく理解できたような気がします。 エクシブは創業者の類まれなるセンスで数々の質の高いリゾートホテルを作り上げてきましたが、湯河原で感じた違和感は、「作り手が別の方を見ている」ということであれば、とてもよく理解できます。 エクシブファンとしてはさみしい限りですね。 (注) 2008年 東京ベイコート倶楽部 2009年 エクシブ山中湖 サンクチュアリ・ヴィラ 2010年 エクシブ箱根離宮 2011年 エクシブ有馬離宮 2012年 エクシブ軽井沢 サンクチュアリ・ヴィラ ムセオ、エクシブ軽井沢 パセオ 2016年 エクシブ鳥羽別邸 2017年 エクシブ湯河原離宮 子ども同伴の家族でベッド数など広く使えることがエクシブの数少ないメリットの一つなんですが、ベイコート倶楽部の場合、子どもはゲストになってしまいます。 エクシブでは会員権を複数持つとプラス一枚オーナーカードをもらえて、家族に使えますが、ベイコートでは会員権を複数持って登録枠を増やしても、家族でも20才未満はオーナー扱いできない規約があるそうで、同伴の子どもは絶対にゲストなんです。 行く度に、スタッフから子どもをゲスト、ゲストと呼ばれるのは本当に興ざめしてしまいます。 そして、子どもにベイコートだけには行きたくないと言われる始末です。 いろんなものを値上げしたにもかかわらず、無駄なスタッフが多いだけで肝心のサービス内容は変わらずで値段に見合わないですし、儲けばかり考えず、もう少しオーナーのことを考えてほしいですね。 巷のホテルは色々と考えているのに。 ベイコートを売る際に皆さんにはそんなこと言っているんでしょうかね。 先日、東京ベイコートに宿泊しました。 オールドベイコートですね、3離宮の方が良かったです。 今後の展開は色々と耳にしていますが、オールド系は置いといて、新規開業とハイメデイックへの注力が進む予感がします。 年を取るにつれ、価値観が変り、どこに行っても同じ名古屋式美麗にも飽きがきつつあります。 蓼科くらいでしょうか、場所とコンセプトがはっきり見えるのは、、、 つまり、そこに行く動機や高揚感が薄れつつあり、ほれ新しいの出来たからそっちに行きなよと言われてもなんだかなぁと感じています。 建替する訳にはいかないでしょうし難しい問題ですね ただ、どのリゾートホテル運営会社にも言える話なので先駆者として踏ん張り所なのでしょう、頑張って欲しいものです。 >しかし、すでに熟してしまった(飽和状態の)アジアのリゾート地や都市に、 今から進出していってどうするの?という感じです。 あまりにも遅すぎませんか? アジアの不動産バブルが崩壊したら、道連れになります。 逆に、国内市場にとどまっていることのほうが ゆでガエル になるのではと思いますけど。 一つのアイディアとして、 温泉大浴場をもつリゾートホテル を海外展開する というのはどうでしょうか? 上海、香港、台湾、シンガポールなどの富裕層が 日本で体験できるのと同じような 温泉大浴場をもつリゾートホテルが 身近にあれば訴求力があるのでは? と思いますけど。 もちろん海外向けに 水着着用での利用もできるようにすればなおよいですね。

次の

東京ベイコート倶楽部(とも)

東京ベイコート倶楽部

1)東京ベイコート倶楽部は3つのグレードに分類されており、ご自身のグレードより上位グレードはご利用になれません。 下位グレードはご利用になれます。 交換利用するエクシブも同じです。 (下表参照) 2) 東京ベイコート倶楽部の所有占有日とエクシブとの交換利用は東京ベイコート倶楽部のオーナー事務局にお申し出下さい。 これには交換手数料として1回につき2,200円(税込)がかかります。 は無料です。 3) 前もってスペースバンクに預けずに経過したベイコートの所有占有日の分は、エクシブと交換できません。 A:7月10日に所有占有日がある場合 東京ベイコート倶楽部の所有占有日をスペースバンクに預入れできるのは、預け入れる日から60日以降1年以内の所有占有日です。 (ベイコート倶楽部の場合と異なります)そのため、5月10日までにスペースバンクに預け入れた場合は、その権利でエクシブとの交換利用ができます。 (ただし、ゴールド期間は以下4に準じます。 ) 5月10日までに、スペースバンクに預け入れずに過ぎてしまった場合は、この権利をエクシブの交換利用に充てる事はできません。 4) エクシブのゴールド期間は、ご利用日の1ヶ月前の同日からの先着順予約となります。 上記料金は、メンバー料金の各部屋グレードで最も低額のルームチャージを基準に算出しております。 上記算出基準のルームチャージより宿泊料の高い部屋をご利用の場合でも、差額は不要です。 ゲストご利用時の、メンバー利用料金との差額が不要です。 東京都の、宿泊税も算出基準額に含まれております。 宿泊にともない発生するお食事・電話代等のルームチャージ以外の料金はその都度精算が必要です。 エクシブをご利用の場合、東京ベイコート倶楽部とルームチャージに差額が発生しても、精算は致しません。 ご予約のお取り消し、宿泊日の変更は、宿泊日前日までにご連絡ください。 当日のお取り消し、変更については、権利の消化およびキャンセル料としてルームチャージ1泊分の全額が必要となります。 エクシブをご利用の際にも前記が適応されます。 本サービスは、年間権利泊数の1月から12月までの期間でご利用ができ、翌年の繰越および精算はできません。 本サービスは1年ごとの更新になります。 グレード・階 泊数 タイプ 売却希望価格 諸経費概算 備考 お問い 合わせ ロイヤルスイート 15F~23F 24泊 -- -- -- 12泊 1000万円 107万円 23F 12泊 1000万円 107万円 22F 12泊 830万円 101万円 21F 12泊 850万円 102万円 20F 12泊 850万円 101万円 19F 12泊 830万円 101万円 18F 12泊 830万円 102万円 17F 12泊 -- -- 16F 12泊 800万円 100万円 15F ラグジュアリースイート 13F・14F 24泊 -- -- 14F 24泊 -- -- 13F 12泊 750万円 98万円 14F 12泊 -- -- 13F ベイスイート 5F~12F 24泊 550万円 97万円 8F 12泊 380万円 86万円 12F 12泊 350万円 85万円 11F 12泊 310万円 83万円 10F 12泊 300万円 83万円 9F 12泊 300万円 85万円 8F 12泊 290万円 83万円 7F 12泊 290万円 83万円 6F 12泊 270万円 82万円 5F.

次の

東京ベイコート倶楽部(とも)

東京ベイコート倶楽部

東京ベイコート倶楽部 - TOKYO BAYCOURT CLUB さて、まずは言わずと知れた東京・お台場にある会員制ホテルです。 2008年春オープンし、「港の王宮」という愛称で界隈では親しまれています。 東京ベイコート倶楽部の良いところは、タイムシェアリング・システムという画期的なシステムを導入したホテルで、お忍びで通う芸能人は数知れません。 ちなみに、会員価格はかなり高額ですが何と「完売」という盛況ぶり。 お金はあるところにあるんですね。 今では世界のリゾート施設で主流となっているタイムシェアリング・システム。 リゾート施設を共同で所有し、一定の期間だけ利用する権利を購入することができたら、という発想が生み出した、実に合理的なリゾートの所有システムです。 つまりは、「時間区分によるリゾート施設の共有制」。 長期間使用しない部屋のお手入れや、想像以上にかかる維持費、さらには盗難や災害などの不安からメンバーのみなさまを解放する理想のシステムとして、アメリカをはじめ、世界有数のリゾートで採用されています。 欧米発想のこのシステムをベースに、東京ベイコート倶楽部では、独自の利用保証制度を確立いたしました。 会員価格: 44,895,382円 (ロイヤルスイートルーム 年間24泊タイプ) ちなみにからオンラインツアーする事ができますが、まさにセレブの為のホテルという感じがしますね。 六本木ヒルズクラブ - Roppongi Hills Club 続いては、誰もが羨むです。 若くして成功したIT企業の社長で代表されるようにギラギラしている層が多いのだとか。 かつては、ホリエモンこと堀江貴文さんも利用していたようですが、過去の一件で除名になったと言われています。 六本木ヒルズについて 鼓動する街を抱いた360度の眺望。 知性と感性が対流する自由な空間。 ここは、六本木ヒルズ森タワー51階に位置する、 限られた人だけに開かれた寛ぎと刺激に満ちた会員制クラブです。 お越しになる皆さまの想いや状況に寄り添う 7つのレストランと2つのバーラウンジのほか、 創造性あふれる演出で記憶に残る時を刻むバンケットルームを備えており、 あらゆるご要望にきめ細かくお応えいたします。 ビジネスマインドと遊び心が融合した 個性豊かな表情を思いのままにお愉しみください。 入会金:1,200,000円 入会預託金:500,000円 年会費:180,000円 アークヒルズクラブ - ARK HILLS CLUB 最後は、知る人ぞ知るです。 よく六本木ヒルズクラブと比較されるケースがありますが、年齢層は高めで大人の落ち着いた雰囲気が漂っています。 ソフトバンクの孫さんや楽天の三木谷さんもアークヒルズクラブ会員と言われていますところを見ても、まさに日本を代表する経営者の大人の社交場になっているようです。 アークヒルズクラブは洗練された快適都市空間。 世界の情報発信地として進化し続けている東京には、人と人とのコミュニケーションの舞台となる快適都市空間が望まれています。 このような時代の中で、1998年9月、人・情報・文化の発信拠点をめざす会員制クラブとして「アークヒルズクラブ」が誕生しました。 入会金:1,500,000円 入会預託金:1,000,000円 年会費:240,000円 まとめ こうやって見てみると、我々サラリーマンには到底手が出ないような世界が実在する事がわかりますし、資本主義を垣間見る事ができます。 下記はセレブが住んでいるであろう都内で家賃が高い賃貸物件をまとめていますので、ご興味ある方は是非合わせてご覧下さい。

次の