づくし ずくし。 「良いことづくめ・ずくめ」どちらが正しい?言葉の意味・使い方・づくしとの違いも

「~づくしの」は英語でどう言いますか?

づくし ずくし

柿は現在細かく言えば100品種を超えています。 小さい時に、 丸いのが、勝手に甘くなる富有柿 平たいのが次郎柿 尖ったのが、クシ柿(干し柿) と、教えられましたが、 渋柿といっても、丸いのや、平たいのもあります。 甘柿にも大きく分けると、渋抜きするもの、置いておけば甘くなるものに分けられます。 主な柿の品種一覧をご覧ください。 ずくしのことですが、全国的には熟し柿でしょう。 ずくしという地方はありますが。 づくしという地方もあります。 柿をたくさん置き熟させている様子からの柿づくしや、 おもてなしの心で、手間をかけて尽くしていますということからだそうです。 熟し柿は、渋柿のみとはかぎりません。 バナナを緑色のうちに採り、追熟させて黄色くさせて売ってますよね。 家で黒っぽくなりかかってきた時が一番甘いです。 柿も同じで、追熟させて、(ただ室温においておくだけですけど) やわらかく、中がクリーミーになったときが糖度が一番高くなります。 祖母の家には富有柿3本と、江戸柿(渋柿)1本あり、渋柿は全て皮むいて干し、 あとは配ったり、皆で食べましたが、食べきれず、 熟しがたくさんできました。 美濃の蜂屋柿(超高級品)に負けないくらい素朴な甘い熟し柿になります。 熟しになってしまってもまだ余るので、そのまま、冷凍しておけば、 自然解凍でゼリー状の冷たい熟し柿として食べます。 祖母は、「このじゅくしは、ずくずくで、おいしいわ」と 目を細めていました。 生産販売となるとどういう工程なのかは各々違ってくるとは思いますが、 甘柿でももったいながらずに追熟させることをおすすめします。

次の

Amazon

づくし ずくし

柿は現在細かく言えば100品種を超えています。 小さい時に、 丸いのが、勝手に甘くなる富有柿 平たいのが次郎柿 尖ったのが、クシ柿(干し柿) と、教えられましたが、 渋柿といっても、丸いのや、平たいのもあります。 甘柿にも大きく分けると、渋抜きするもの、置いておけば甘くなるものに分けられます。 主な柿の品種一覧をご覧ください。 ずくしのことですが、全国的には熟し柿でしょう。 ずくしという地方はありますが。 づくしという地方もあります。 柿をたくさん置き熟させている様子からの柿づくしや、 おもてなしの心で、手間をかけて尽くしていますということからだそうです。 熟し柿は、渋柿のみとはかぎりません。 バナナを緑色のうちに採り、追熟させて黄色くさせて売ってますよね。 家で黒っぽくなりかかってきた時が一番甘いです。 柿も同じで、追熟させて、(ただ室温においておくだけですけど) やわらかく、中がクリーミーになったときが糖度が一番高くなります。 祖母の家には富有柿3本と、江戸柿(渋柿)1本あり、渋柿は全て皮むいて干し、 あとは配ったり、皆で食べましたが、食べきれず、 熟しがたくさんできました。 美濃の蜂屋柿(超高級品)に負けないくらい素朴な甘い熟し柿になります。 熟しになってしまってもまだ余るので、そのまま、冷凍しておけば、 自然解凍でゼリー状の冷たい熟し柿として食べます。 祖母は、「このじゅくしは、ずくずくで、おいしいわ」と 目を細めていました。 生産販売となるとどういう工程なのかは各々違ってくるとは思いますが、 甘柿でももったいながらずに追熟させることをおすすめします。

次の

【和麹づくしの雑穀生酵素】本当の口コミ!150件以上の口コミを調査して見えた真実とは!?

づくし ずくし

A ベストアンサー ずっと思っていた 会話中の今でもそう思ってる -I've always thought. か I've always been thinking. 現在完了形 例『i've always been thinking of you』 君のこと、ずっと思ってるよ よく似た使用例『I've always wanted this』 これ、ずっと欲しと思ってたの と思っていた-i thought.... 過去形 例『i thought you were gay. 』単純に あなたはゲイだと思ってた でも今は違うと思ってる have thought 思ってしまった は『思っちゃった』という感じ。 had thoughtは過去のある時点を語っているときに使うので、現在の話では使いません。 A ベストアンサー アメリカに35年ほど住んでいる者です. red snapperが無難だと言うのは、その名前になれているからなんですね. つまり、red snapperはどこにでも撃っているからなんです. 赤っぽいいろをしているので真鯛に似ているので、すし屋でも、これを使っているんですね. でもこれは、バラブエダイといって、ブエダイ類の魚なんですね. それに対照したものがSea Breamといわれるさかなで、Breamと言う淡水の鯛の一種なんです. 日本で言う鯛をSea Breamといい、赤い真鯛をRed Sea Breamといいます。 確か、黒鯛はそのまま、Black Sea Breamと言っているはずです. Sea Breamと言って適切でないと言ったのは、色が違うからか、その人自身が Breamしかしらないか、Red Sea Breamという種類を知らなかったんじゃないかと思います. これで良いですか? A ベストアンサー Hamburger steakという言い回しは辞書にも載っているのであるのだとは思いますが、アメリカでよく耳にする表現ではないですね。 ドイツ料理店やギリシャ料理店なんかではGerman steakとかHamburger steakと言う表現を目にするかもしれません 普通一般のダイナーやレストランでそういうメニューがあるかなあと考えると、質問者さんがお書きのSalisbury steak が一番近いのではないでしょうか。 Hamburgerのバン抜きと注文することも出来ますね。 ただ微妙に違いますが。 日本でのハンバーグステーキには必ずといっていいほどつなぎが入っています。 卵とかパン粉とかたまねぎのみじん切りとか。 アメリカでHamburgerと言ったらつなぎが入っていることはめったにありません。 塩コショウと多少のスパイスで味付けされたひき肉パティを指すわけですから。 Salisbury steak はひき肉につなぎが入っているものです。 ですのでこれが一番近いかと思います。 「go(to)」はなくても良いのでしょうか? 例1)I'm going to Yuki's house for dinner~ 例2)She and Hiroshi are going to an inn near Mt. Fuji~ このbe going to の後に「go to」は要りませんか? 他の本(参考書や辞書など)にはbe going to の後に「go to」がある場合もありますし、私自身も動詞の原型が来ると覚えていたので分からなくなってしまいました。 英語が苦手なので何故要らないのか分かりやすく教えていただけると幸いです。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー 次の事例で説明してみます。 ---------------------- アメリカに行きます。 1 まず頭で考えます。 I will go to America. I am going to go to America. I am going to fly to America. I am going to leave Japan. I am going to America. と I am going to go to America. を混同されているようですね。 I am going to do は、I am going to ~ と外見は似ていますが、文法上も、考え方も全く違います。 次の事例で説明してみます。 ---------------------- アメリカに行きます。 1 まず頭で考えます。 I will go to America. I am going to go to America. I am going to fly to America. I am going to leave Japan. I am going to America. A ベストアンサー 米国に住んでいた者です。 limited time offerが一般的かと思いますが、for a limited time onlyとか、表現はいろいろありますよ。 たとえばE-Bayのページではこんな宣伝が出ています。 ebay. m14 アルクの英辞郎のページでもいろいろと訳されています。 alc. " "Ha? You must be joking. " "What? Get out of here. "What! " 下げるイントネーション "Oh my gosh. " "Holy smoke. " Oh, my goodness. " " That sucks. " " That stinks" " Disgusting. " " Don't give me that. " " Drop it. " A ベストアンサー アメリカに35年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 I'm going to be 16 soon. I will be 16 soon. この二つが一番良く使われるこの日本文と同じような意味を持つ英語の表現です. このsoonはもうすぐと言うフィーリングを出すために必要ですね. また、ふつうこの文章の形で言う時は、殆どと言っていいほど、年のことを言っていると分からなくても、このyears oldは省いてしまいます. もちろん、年のことをいっているということが分かるような表現を下の文章にした場合、year oldは使いません. My birthday is coming soon, then I will be 16. また、この日本文を「訳す」のではなく、何を言いたいのかを伝えたいと言うのであれば これを私はフィーリング英語と呼んでいます I'm almost 16. と言う表現をします. 例えば、学生がバーなどに行ってお酒を注文する時に、You've gotta be at least 18 to drink here. 18にならなきゃここでは酒は飲めないよ. こちでは18でアルコールドリンクを合法的に読める州があります とか、We can not serve alcohol to a minor. 未成年にお酒を出す事は出来ないよ、と言われて、Oh, C'mnn come on! I'm almost 18!! I will be 18 soon! と言う言い方をして「頼むよ、良いじゃんか」と言うフィーリングをだすことができるわけですね. このalmostと言う言い方をjust aboutと言う言い方をして、I'm just about 18!! と言う言い方も出来ます. 「になっちゃうよ」「に達する」と言うフィーリングを出すような年になると、 I'm going to hit 60 soon. と言う表現をして、hitと言う単語を使います. 30になっちゃうともう若いとはいえないね. というのを、When you hit 30, nobody thinks you are young anymore. と言う使い方をするわけです. これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 アメリカに35年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 I'm going to be 16 soon. I will be 16 soon. この二つが一番良く使われるこの日本文と同じような意味を持つ英語の表現です. このsoonはもうすぐと言うフィーリングを出すために必要ですね. また、ふつうこの文章の形で言う時は、殆どと言っていいほど、年のことを言っていると分からなくても、このyears oldは省いてしま... Q 海外に住んでいる者(女)です。 とても仲良しの男性が何人かいるのですが、それぞれ私に対して違った表現を使います。 オーストラリア人の50歳の友人は私のことを常に「sexy」と言います。 「gorgeous」「beautiful」とも表現します。 また、イギリス人の30歳の友人は「lovely」「sweet」と表現します。 「beautiful」とも言います。 私から見ると、この2人の表現には違いがあるような気がするんです。 前者は、どちらかと言うと私を大人としてみていて、後者は、かわいらしいと感じているような気がするんですが、どうなんでしょうか? 2.イギリス人の友人は常に私のことを「baby」「babe」「darling」と呼びます。 (恋人ではありませんが、それに近いくらい仲良しです。 )これってイギリスでは当たり前のことでしょうか?誰にでも使うんでしょうか?メールの最後にも必ずxxxxをつけてきます。 3.二人とも「you are beautiful」と常に言ってくれるのですが、これって本心なんでしょうか?(爆)自分では信じられないんですが・・・。 それとも、オーストラリアやイギリスでは女性に大してはそういうのが当たり前なのでしょうか?(私は自分でも飛び切り美人だとは思いませんが、いわゆる欧米人ウケするタイプの顔なんだそうです。 欧米人の友人によく言われます。 ) ちょっとcultual differenceを感じています。 (いい意味で) ご存知の方、教えてください。 海外に住んでいる者(女)です。 とても仲良しの男性が何人かいるのですが、それぞれ私に対して違った表現を使います。 オーストラリア人の50歳の友人は私のことを常に「sexy」と言います。 「gorgeous」「beautiful」とも表現します。 また、イギリス人の30歳の友人は「lovely」「sweet」と表現します。 「beautiful」とも言います。 私から見ると、この2人の表現には違いがあるような気がするんです。 前者は、どちらかと言うと私を大人としてみていて、後者は、かわいらしいと感じているような気がする... A ベストアンサー アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 私はここで数回この点に書いてきましたが、「文字からではなく体全体で」言葉である英語の本当の意味あいを感じる事の重要性がこのご質問の中にあると思います。 たしかに単語自体がその人の持つフィーリングを適切に表すことはあるでしょう。 しかし、はっきり表しているのかどうか分からない物もあります。 ご質問の言い方がそれにあたるものと思います。 恋人にも使うし何ら関係ない人にも使える 使い方を知っているとして 表現でもあると言う事です。 だからこそ、トラック運ちゃんが良く行くような大衆食堂でウエイトレスが男のお客 女性のお客も に向かってsweety, honeyと言う言い方を単に「名前を知らないから代わりに使う」という状況もあるわけです。 日本の地方のそのような食堂や酒場などでは初見でも「兄さん、なんにする? 」なんて言う言い方をされる時があります。 これらは「全く知らない人」だと言う事で「意味の持たない呼びかけ」と言う事で聞き流してしまいますね。 そして、恋人同士であれば、意味のある呼びかけだとわかりますね。 これも問題ないですね。 問題が起こるのは間柄が中間 友達の間柄 にあるなときですね。 こちらアメリカでは知り合いの程度でご質問にある表現をしたら、まず嫌がれるでしょう。 女性によってはDon't call me that! と怒られてしまう可能性ですらあります。 例外として、そう言う言い方をいつもしている人だと分かっている場合や完全に見下げる人がいった場合 ですから、男性はまず言わないと言う事になります。 さて友達関係になるわけですが、これらの呼びかけはもう気が付いたと思いますが、親しみ・好意を示す表現とされます。 親が子供に対してこの表現する事で子供が怒ることはないわけです。 と言っても問題ないわけで、しかも子育てには必要な表現ともされます。 しかし、年頃の娘にYou are sexyと冗談抜きに言ったらかなりおかしいです。 それを聞いた周りの人はおかしいと思うでしょう。 それはbeautulにはないsexyと言う単語が持っているからですね。 では大人同士の友達だったらと言う事になりますね。 しかし、私個人の感じとしては、この表現を連発する人はまれだと思います。 つまり、少し変わっているなと感じます。 これらの人はあなた以外の友達にもこう言う表現をよくするのでしょうか。 特別なフィーリングを持っているように感じるのは私だけじゃないと思います。 2)はそれほどきつくは感じません。 その人好みの表現ととってしまいます。 しかし、大人の友達関係でこれを言うのはやはりあなたを異性と感じているからでしょう。 女性と感じさせない友達関係であれば、たぶん使わないでしょう。 少なくとも私の知り合いや友達は言わないですね。 必要のない問題を起こしたくない、と言うことでもあるでしょう。 xxxxがLoveであったら、それは単なる誰でもどんな関係でも使える表現です。 特別な意味はありませんので気にする必要はないと思いますよ。 3)は上にも書いたように、あなたが好きであることでしょう。 たぶん本心でしょう。 お世辞ではないと思いますよ。 しかし、上にも書いたように、簡単に女性にそういうことはやはり「変わっているな」と感じます。 少なくとも普通の習慣といえるものではないと思います。 人それぞれですが さて、すごく長くなってしまいましたが、問題点の本題です。 日本語が分かる日本人が、ある人の言った事の「真相」を見極めるにはどうするでしょうか。 それは、相手の全身から真相を掴み取る事です。 ボディーラングエージですね。 あなたに好意を持っている事は確かなようです。 、 それがあなたにとって良い事なのか、それとも、その逆の極端なことをいうと遊ばれているのか、英語と言う言葉ではなく全てから判断する事ができますね。 全くコミュニケーションの問題のない日本語ですら相手を判断する事は難しいですね。 でも、この人下心あるのかしら?、スケベ親父?、やさしい人? 、私を本当に思ってくれている人? 、などいろいろと日本語でも考える事ってありますよね。 アメリカでもDon't call me that! と言う事もある、と言うことを頭の隅において置いてください。 何か取り留めのない事を長々と書いてしまったようでごめんなさい。 これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 私はここで数回この点に書いてきましたが、「文字からではなく体全体で」言葉である英語の本当の意味あいを感じる事の重要性がこのご質問の中にあると思います。 たしかに単語自体がその人の持つフィーリングを適切に表すことはあるでしょう。 しかし、はっきり表しているのかどうか分からない物もあります。 ご質問の言い方がそれにあたるものと思います。

次の