トーンモバイル 評判。 【最新版】TONEモバイル(トーンモバイル)解説!TSUTAYAのスマホの速度や評判

【最新版】TONEモバイル(トーンモバイル)解説!TSUTAYAのスマホの速度や評判

トーンモバイル 評判

ぜひご参考に!! スマホが不要になったため解約をしようと電話連絡の予約を取り着信があったため電話に出ました。 女性のオペレーターだったのですが、先ず早口すぎて何度も聞き直しました。 そして端末の電話番号を聞かれて咄嗟のことでド忘れしてしまい操作方法を聞くと面倒くさそうに明らかに横柄な態度をとられました。 続けてメモをとるように言われたのでメモ用紙とペンを用意していたら、遅いと言いたげな様子でため息をつかれ… 結局、いつまで使えるのかもダウンロードして印刷するものはどれなのかも、SIMカードをどうしたら良いのかも説明がないままに一方的に電話を切られました。 オペレーターは私史上1番最低で失礼極まりない対応でした。 怒りが治らないので書き込みしました。 皆さんお気をつけください。 それからもう一つ。 故障した場合、ほんの少しキズがあるだけでその箇所を写真に撮って本部へ送信されます。 どんなに小さなキズであろうとキズがある時点で無料保証の対象にはなりません。 無料保証の意味がわからない悪徳商法のようなイメージを持ったのは私だけではないはずです。 子供が中学生になったので買いましたが子供から毎日スマホの性能について文句を言われたのでYouTubeで動画を見て性能を見たところ家の回線につなげているのに10分の動画を開くのに30秒以上かかりました。 子供は他にもみんなと同じゲーム 荒〇行動 をやっていって一人だけ落ちたりして家以外ではあまり遊べてないことや、ほかの方も書かれているようですが、時間設定がガバガバで2週間に一回くらいあって最悪の場合1日中使えないようで親からの設定でも解除できませんでした。 さらに外部リンクをタップしたら画面が固まり強制終了して再起動すると開けるようになるようです。 違約金も1万円で高いほうだと思います。 子供には悪いけど2年間待つしかないです。 私は今中一です。 6年の時スマホが欲しくなって親に頼みました。 そして良いよと言われてどんなスマホにするか迷っていてて、一応私の家族は皆ドコモの携帯にすると決めていました。 私はYouTubeとかゲームとかLINEが出来ればいいなと思っていました。 そしたら親がこのスマホがいいんじゃない?と言って、安いのでこれにする!と私は言ってこれにしました。 制限もかけられたり、居場所がわかったりして親も安心ですが、バクっぽいのが多い。 例えばLINEを開いたら画面が真っ黒。 少し待ったら開けたんだけど、とある友達のグループで返信しようとして、そのグループを押したらホーム画面に謎に戻った。 ラグいし、なんなんだ?ティックトックも開こうとしたら画面また真っ黒電源切ってみて、また開いたら、なかなか開かない。 これ酷くない?あと充電の減りが早い。 使いすぎかは知らないけどめっちゃ減りが早いんだが。 ゲームとかもそんなに問題なくできるけど・・・。 通信速度おっそ。 WiFiがないところでなにか調べようとしても何も出来ない。 周りの友達はできてるのに・・・。 酷いですね。 それ以外は何も問題は一応ないんですけどね・・・。 必ずしもおすすめはしませんけど、値段で言ったらいいかもしれません。 まぁ子供だし・・・。 あとLINEがこなくなったり、相手は送ってるのに。 しかも送れなかったりする。 正直、GALAXYかiPhoneが欲しかった。 通信速度が500~600と知り、「ユーチューブはどうなん??」と思って複数のサイトで「追加購入をしなくても見れた」というレポートを読んだので子ども用にと契約しました。 ユーチューブは見れません。 代わりにとしてはアベマTVは見れました。 動画が無理というよりはユーチューブが無理なのかなという認識です。 表題についてですが、2年以上使用するのであれば端末代が不要ですので月1000円で速度500ほどで使用できるというのが有意義ということです。 ネットサーフィンやまんがアプリ、軽めのゲーム程度であればストレスは少ないです。 大きな問題は機種代です。 バカ高いわけではないですが、3万とかします。 分割にすると結局2000円ほどでしたので結局どうなんでしょう…SIMのみの契約は不可だそうです。 可能なプランは月額が高かったと思います。 見守りを目的とするのであれば使用途はあると思いますが、安さ目的ではお奨めはしにくいです。 私は安さ目的でしたので少し後悔しました。 安かろう悪かろうだと思う。 >通信速度は500kbps~600kbpsなので これ。 この速度で常時使えると思ったら大間違い。 でも15kbpsとか、10分の1以下だよ。 当然サイトは糞重くて開くのに恐ろしく時間がかかります。 とにかくそういう時間帯があるので、それにぶつかると、もう何もできません。 たまに夜中の3時にそういう現象が起こり、こんな夜中が混み合ってる訳でもないだろうから 時間帯による通信速度の提供が、どうなっているのかよくわかりません。 企業としての真価が問われる時は端末の不具合等のトラブルが発生した時ですが サポセンもオペレーターの態度が最悪です。 少子化で空前の人手不足もあって人材が選べないという背景があるのかもしれませんが 2年前に電話した時よりもサポセンの質が悪くなっていました。 若いお兄ちゃんが全員とは言わないけど、上から目線で女性を見下した特有な物言いします。 こちらが話している時に被せて喋りはじめる等、普通はこちらが話していたら黙ると思うのですが、 わざとずっと被せて喋り続けますから、小馬鹿にしているんだと思った。 こんな嫌な思いをするくらいなら、高くても他の携帯会社にしようかと迷ってる。 それくらいサポセンは重要だし、何かあった時に持ち込める店頭が少なく、さらに修理検査ができる窓口は極めて少ないので、 持ち込めない場合は、商品を送って診てもらうしかなく、修理ではなく、ただ診断してもらうのに1~2週間という週単位で時間がかかる。 不便という以外に言葉が見つからない。 トーンのm17を使っています。 まずメリットはお子さんへのスマホを検討中の方は利用時間などを設定できる等、親端末で管理できるところが特徴の1つです。 使ってみての感想としては、あまり使いやすくはありません。 まずストレージ。 トーンモバイルに限ったことではありませんが、全体の容量が17GBほどしかなく、そのうちもともとのシステムなどに5GBも、とられているので結局は全くアプリをダウンロードすることができません。 使い方によりますが また、とっても、もろいです。 自分の場合は15cm程の高さからでも割れました。 カメラ機能も充実などと書いてありましたが 画質が綺麗なわけでもなく、ただの普通のカメラです。 また使い始めから思っていましたが、充電持ちは全く良くないです。 すぐになくなります。 結論、あまりいいスマホではありませんでした。

次の

TONEモバイルの評判/口コミは最悪?実際に使ってみた感想を交えてまとめてみた!詳細が気になっている人は必見!

トーンモバイル 評判

月額1,000円の容量無制限のデータ通信プラン(またはTONE SIM for IPhone)を中心に必要なオプションを足していく形です。 この月額料金には以下のサービスが含まれています。 au版、SoftBank版は6S以降で要SIMロック解除 下の図を見るとTONEのスマホの方が出来ることがかなり多いです、iPhoneの場合は主に居場所確認機能を利用する目的での購入がよさそうです。 (iOS12からスクリーンタイムという機能が搭載されて、子どものアプリ使用時間の制限もできるので、iPhoneならもうTONEは不要かもしれません) TONE トーンモバイル のメリット サポート充実で安心して使える 使い方で迷った時には、コールセンター、自宅でのリモートサポート、TONEを取り扱うTSUTAYA店舗での対面サポート、更には使い方を勉強できる講習会まで開かれており、困った時のサポート体制が万全で安心して使う事ができます。 ちなみにリモートサポートとはTONEのサポートの方が離れた場所からお手持ちのスマホにアクセスし、直接操作して不具合を直してもらえるサービスです。 これまでスマホを使いたかったけど 使い方が分からなかったらどうしようか、という不安を解消してくれるサポート体制です。 料金プランも他の会社のようにたくさんあるわけではなく1つだけ。 選択肢が少ないとも取れますが迷わないで選択できるのは良い点です。 もし 他の機能が必要ならオプションで付けたす事ができるので無駄な費用はかかりません。 子供にも親にも優しい TONEの見守り機能「TONEファミリー」 動画の説明にもありますが子供がいる親用に行動履歴や今どこにいるかmapで知れる機能、利用時間帯の制限、歩きスマホの警告、家族伝言といった様々な機能が搭載されています。 お子様の安全を守るためにも使えるスマホと言える。 最近物騒なニュースなども聞くので 防犯対策を考えておられる方にもオススメ。 ついついスマホを使いすぎてしまう、遊びにでかけてしまうお子様やそれが心配な親御様にピッタリな機能です。 Tポイントが貯まる さりげなく嬉しいのがTポイントが貯まるという点。 必ず掛かる 月々のスマホ代がポイントに変わっていくのでお得感たっぷり! ポイントでの 月額支払いも可能で少しづつでも節約したい人にはとっても嬉しい! TONE トーンモバイル のデメリット 090音声のオプションは少し高め さらにTONE同士のIP電話では家族間無料なので通話料金も気にすることなく使うことが可能です。 メッセージやIP電話の様な基本的な機能は問題なく使用できるので心配なく。 通常速度に戻るには、3日間の使用量が300MB以下になるのを待つ必要があります。 または高速チケットを購入し使用する方法もあります。 解決策としては 家にインターネット回線がある場合、ルータ(WiFi)を飛ばす機械を設置してWiFiで通信すれば問題なく動画の視聴もSNSもし放題になります。 ただ、 実測はもっと遅いのであまり使えないという評判です。 あまり、使わない、使わせたくない場合はそれでもいいかもしれませんが、たくさん利用しようと考えている方には向きません。 これも定期的に購入するなら他の格安SIMの方が安く済みます。 TONEの使い方としては 外ではLINE等のメッセージアプリがメインの利用で家ではWiFiで利用するなどの工夫が必要そうです。 2年以内の解約で違約金が toneを申し込むに当たって 最低利用期間が2年という期間が障壁になるかもしれません。 ちなみに 2年以内の解約で9,800円の解約金がかかります。 ほかの格安SIMではデータ通信のみの契約だと最低利用期間がないのが普通で、音声SIMでも最低利用期間を設けない事で差別化しているところもある。 格安SIM特有の手軽さや安さが少し減る反面、サポート体制は万全となっているのでやはりどちらを取るかという問題かもしれません。 実際大手キャリアのdocomo,au,SoftBankと比べるとまだまだ大幅に安いので、スマホにするのに不安が残る人にはそれでもいいチョイスとなります。 TONE トーンモバイル のスマホ TONE e20 価格:19,800円 画面:6. 26インチ OS:android9. バッテリーやトリプルカメラ、cpu、メモリとどの点をみても合格点。 端末価格が安いのでかなり手が出しやすくなった印象です。 また、サポートとして購入時の箱に端末を置くだけで、不具合を修正してくれる機能があり問題が起こった時も安心です。 まとめ TONEのスマホは、家族やお子様、はじめての人に優しい作りになっています。 エンターテイメント重視のスマホの使い方ではなく、 家族との連絡用やサポート重視のスマホとして選ぶときにはいいかもしれません。 逆に、ゲームや画像の含まれるSNS、ウェブ閲覧をメインで考えているときには通信速度や端末のスペックからオススメしません。 そういう時は基本料にSNS使い放題や子どもを守るフィルタリングアプリが無料で含まれてる、通信速度が速くフィルタリングアプリ無料のなどがオススメです。 TONEはオプションを何もつけない場合は1,000円で利用でき、サポート体制も充実しているので教えてもらいながら安心して利用したい場合にオススメです。

次の

トーンモバイル(TONE)月額1000円!使ってみた口コミ

トーンモバイル 評判

既にスマホのヘビーユーザーである• スマホで、ゲームをしたい• スマホで、動画を見たい• 今の電話番号のままで音声電話も安く使いたい• コンパクトなサイズのスマホがいい トーンモバイルをお勧めするのはこんな人• スマホ初心者• 子供への初めてのスマホ• ガラケーとの2台持ちを考えている• 端末本体の値段を抑えたい 私の場合は、1)3)4)の理由でトーンモバイルを選びました。 初契約後、4年目。 1度機種変更しています。 ようやく、スマホの楽しみ方もわかってきて、次はステップアップしてトーンモバイルから卒業してもいいかなと思い始めています。 とはいえ、2022年の3Gサービス終了までは、ガラケーとスマホの2台持ちでもいいかなと。 トーンスマホは月額1000円! そろそろスマホにしたいなぁと思いつつ、思いきれなかったのはやっぱり料金面です。 今はガラケーで、パケットもつけて月5000円でお釣りがきてます。 でも、 スマホにするとやっぱり料金が高くなってしまいますよね。 それと電池の持ちの悪さです。 けっこう不便な場所にでかけることも多いので、電源の確保を考えると やっぱりガラケーは手放せないし、 ましてや仕事関係の電話を多く受ける人の場合は、電池切れは致命的ですよね。 となると追加購入・・・ ますますスマホが遠くなる・・・フリービット。 それが、 ツタヤのスマホ『トーンモバイル』はなんと1000円と聞いてびっくり! と、これは2014年のことなんですが、時代は変わって今は格安SIMの時代。 安いスマホもたくさん出てきましたね。 でも!料金がわかりにくくないですか? 安い!と思ったら、めちゃめちゃ容量が少なくて、結局制限がかかったりして使えない・・・ でも!TONE(トーンモバイル)は、料金体系は1000円! 本当です。 私はauを使っていますが、トーンの1000円スマホを追加購入ってことで、 パケット料金と、助手席ナビの料金がなくなるので、 ガラケーの使用料金は無料通話範囲なら2800円ほどになりそうです。 なので、 トーンとの合算金額は、月額3800円! あとは追加オプションがいろいろあります。 私はWi-Fi接続と盗難や故障を保証してくれる「安心オプション」( 月額500円、初月無料)をつけました。 なので1500円になりましたが、オプションなしなら、 本当に月額1,000円ポッキリなんです!(初期費用3,000円別途) 格安スマホって、なんだかんだでオプションになっていて 気が付いたら結構なお値段になってたりすることも多いのですが、 トーンモバイルは大丈夫。 ガラケーとの2台でも、月額3,800円! ってことで、 「スマホ、高い!」 という問題点はクリア。 そして、こんなサービスも! 2年たって、 最新の機種に機種変更しました!【m15】 旧機種は、内臓メモリが3GBしかなかったので、アプリがあまり入れられなかったのですが、今度は 16GBもあるので余裕です。 端末代金は、29,800円で、一括払いのみの対応でした。 価格は、 19,800円。 さらに、分割払い(月額825円)にも対応しました!• 容量はさらに倍になって 32GB。 バッテリーも 4,000mAhと、ほぼ倍近くの容量。 顏認証や 指紋認証、 ディアルカメラと高性能。 これだけのハイスペックで、1万円台というのは、他の格安スマホではありえない価格帯です! ってか、さらに安くなって性能がアップしているって、ちょっと悔しいくらいです。 そろそろ機種変更しようかな。 さて、次に気になるのがエリアと通信速度 TONE(トーンモバイル)は、 ドコモの回線を使っていますので、エリア的には問題なし。 けっこう不便な山の奥でもつながりました。 あ、ちなみにここ、auのガラケーのほうは圏外でした。 通信速度はというと、遅いという人もあるのでしょうが スマホ初心者の私は、十分満足できるレベルです。 そして機能面 スマホ初心者の私がやりたかったこと。 ネットサーフィン(facebook)• 音声検索• カメラ撮影 簡単な説明書がついているだけなんですが、ツタヤスマホTONEの画面は もちろん通常のスマホと同じ画面も設定できますが、 他にもお子様向けとか、シニア向けとか、視覚的にわかりやすい画面を選べるようになっています。 つまり通信料金はこの通信サービスの会社に支払うことになります。 端末本体は別の会社が製造販売しているので、機器に関する問い合わせは端末の販売先ということになります。 つまり買うときは問題ありませんが、いざ困ったことがあり問い合わせようと思うと、 「あれ?どこに問い合わせたらいいの?」 フリービットは、この【PandA】本体の製造販売、通信サービス、不可サービス、おまけにサポートまですべてが一貫管理となっているので、困ったときにたらいまわしにされることがないのです。 すべてWEBで完結 フリービットのスマホに決めた! と思ったら、即ネットで申し込むだけで手続きは完了です。 本当にわずか1分ほどで終わってしまいます。 公式サイトで申し込みをすると、2〜3日後に「「本人限定受取(特定事項伝達型)郵便物等の到着のお知らせ」というのが届きます。 指定の郵便局にその通知と本人を確認できるもの(免許証、健康保険証など)を、本人限定受取窓口に持っていけばそこで本体を受け取れます。 (直接の配送はできませんのでご注意ください) 現在は、本人限定受け取り便で自宅に届きます。 受け取り時に本人確認書類が必要です。 利用料 1000円• 端末代 825円 合計 1,825円 IP電話かけ放題オプションを付けた場合は 国内宛IP電話は、10分以内ならかけ放題になるサービスです。 利用料 1000円• これは他社でも同じこと。 LINEなどの 無料通話アプリを使えば、追加料金なしでOK。 仕事で使うなら、電話番号が変わると困るけど、友達、家族レベルなら、LINEやメッセンジャーを使えば0円だし、050のIP電話でも全然問題ないですよね。 他社の格安SIMの料金と比べてみます。 各社とも音声対応SIMの料金です。 1GB 2GB 3GB DMM mobile 1260円 1380円 1500円 mineo(Aプラン) 1410円 1510円 mineo(Dプラン) 1500円 1600円 IIJmio 1600円 OCN モバイル ONE 1800円 BIGLOBE SIM 1600円 楽天モバイル 1600円(3. 最新の情報は各HPでご確認ください。 トーンモバイル 使えないという口コミについて 決してツタヤの回し者ではないんですが、私はとっても満足しているツタヤのトーンモバイル。 でも、『全然使えない、後悔した』という口コミも存在します。 何が使えないのか?• 何が気に入らないのか? このあたりの真相を見極めていきたいと思います。 参考にしたのは価格. comでのトーンの評価です。 期間満了前の解約は9800円かかります。 確かに他社の格安SIMだと12ヶ月縛りなので、さらに1年長いことになりますね。 と、かなり辛口な評判なんですが、逆にこういう口コミも。 私も子どもの為にこの機種を選び利用しています。 そもそも何を求めているのでしょう?通話品質?GPS機能?価格? 1000円で全てを賄うのは贅沢ではないでしょうか?私も一般消費者ですが割り切って使わせています。 小学生と中学生に使わせていますが、電話を利用するシチュエーションはそもそもそんなに多くないので、LINEの通話で十分と思って使っています。 また塾帰りの確認にGPSのジオフェンス機能を利用していますが制度的には必要十分だと思います。 子どものためとTONEm15導入した親ですが、当方、不自由を感じません。 GPSは、時間はかかりますが検索してくれます。 バスの移動中も拾ってくれました。 通話もIPは使えます。 音声はこもる感じなのは仕方ないでしょう。 一応、ショッピングセンター等で通話確認できました。 普段はSkype使いです。 正直設定がめんどくさかったけど、こんなもんかな、と思ってます。 トーンモバイルは使えないのか? まとめ 結局1000円でどこまで求めるかってことなんですよね。 TOMEモバイルに限らず、IP電話は制限があります。 それでも、無料通話アプリで十分賄えます。 それが嫌なら、音声通話オプションをつけることになるわけで、それは他社格安スマホでも同じことです。 もちろん通話料金は別になるので、その分もプラスになります。 基本料金 1000円• 090音声通話オプション 953円 合計金額で1953円 本体分割をプラスして、 3453円。 それでもキャリアのスマホよりもはるかに安くすみますよね。 50代主婦です。 前からスマホはほしいなと思っていましたが、やっぱり高くて手がでなかったんです。 それに使っている友達に聞くと、やっぱりメールなんかはスマホよりガラケーのほうが楽ちん。 初めてのスマホで、近くにスマホを使っている人もいなくて使えるかな?と、不安でしたがサポートに電話してみたら、電話もすぐにつながるし、丁寧におしえてもらえて、さらには遠隔操作までしていただけるサポート付で至れり尽くせり。 スマホのデメリットは、• 電池の持ちが悪い• 文字入力が面倒(メールはガラケーのほうが楽)• 料金が高い• 操作が難しい なので、音声電話とメールはガラケー、ネットとアプリはスマホ。 それがベストだなと思っていましたが、なかなか料金的に主婦には手が届かない領域だったんですよね。 トーンスマホを追加したことで、ガラケーのパケット料金がいらなくなりましたから、実質電話料金は前より安くなり、すっかりfacebookにはまってしまいました。 トーンは遅いといわれているけど、フェイスブックを使っていての不便さは感じません。 また、アプリで今いる場所の天気予報が時間単位で見れるのも気に入っています。 私がフリービットの時代からTONEを使い始めて2年が過ぎました。 スマホ初心者から、中級者になってきて、やりたいことも増えてきてちょっと物足りないと思い始めたところで、高性能の新機種が発売されました! ますます、充実してきたトーンモバイル。 しかも、 料金はそのまま変わらず1000円! TONEスマホ 現行機種について 現在のTUTAYA TONEスマホは「TONE m17」になります。 初期、フリービット時代にスマホデビューをして今年で3年目。 ようやくスマホの便利さにスマホを手放せなくなってきた管理人ですが、使いこなせるようになって、格安スマホならではの不便な点もいくつかありましたが、ツタヤトーンスマホになってからは、それが改善されてきています。 私が使っている初期のフリービットでは、本体容量はわずか3GBでしたが、最新機種はなんと16GBとなっています。 3GBでも、SDカードの利用で容量を増やすことはできるのですが、アプリは本体インストールとなるため、沢山のアプリをインストールすることができません。 仕方なく、他のアプリを捨てては新しいサプリをインストールするという方法しかないのです。 でも、新機種は内臓記憶領域が16GBあるので、それは問題ありません。 管理人は現在、機種変更を検討中です。 新機種のm17からは分割できるようになりました。 分割の場合は、 端末代は月額1500円です。 音声通話オプション(500円)をつけても、トータル3000円! 3000円と聞くと、他の格安SIMより高い気がしちゃいますが、なにせ容量制限がないのがお勧めのポイント。 分割に目くらましされていますが、ドコモやau、ソフトバンクのスマホだと、機種本体の価格は4〜5万円が相場ですから、トーンのスマホが激安だというのは間違いないですね。 TONEスマホ まとめ スマホなんか高いし、難しいし無理! と決めつけてた固定概念が「TONEスマホ」で変わりました。 とはいえ、管理人が購入したのは、「TONEスマホ」になるまえの世代の「Freebitモバイル」で、購入から既に2年が過ぎました。 ツタヤと提携して、「トーンスマホ」に代わってからは、ますます内容もサービスも充実してきています。 値段はそのままなのに、サービス面やシステム、機種はぐっと向上。 私が紹介している以上に優れている点が多くなってきています。 従来のユーザーは今まで通りのサービスが受けられますし、新規の場合も、従来通りのサービス内容が提供されますのでご安心ください。

次の