まつや 食堂。 【まつや食堂】函館・大沼・松前・居酒屋

客の要望から生まれた「まつや食堂」の持ち帰り弁当が、美味しくて満足感たっぷり!

まつや 食堂

例によって半年前の訪問。 ちなみに、食堂系の東の横綱は「」、ということになっております(自分で決めたわけですけど)。 食堂系っちゃなんぞ? という方は、もご覧ください。 しかし、方角や位置を考えますと、大むらは東燕で合ってると思うのですが、まつやは南燕にあたりますので、正しくは南の横綱、ってことに。 でも、大相撲は東西ですし、相対的に見ればまつやは大むらの西にありますので、やはり「西の横綱」にてお願い致したく候。 というわけで、「中華そば」大盛り大油です。 全体に光沢感があって、絹のような、シルキーな印象。 フェルメールの絵画みたいな、光輝いて見える感じ。 「牛乳を注ぐ女」ならぬ「背脂を注ぐ女」です(笑)。 ちなみに、上野の東京美術館で2008年にやってたフェルメール展を観たことがありまして、「やはり本物は凄かった!」という想い出。 リアルに鳥肌が立ちました。 スープは、白濁していない豚骨と煮干し出汁で、甘め。 燕背脂ラーメンの中では「細い」と言ってもいいのかもです。 量は多め。 そして、最大の特徴が「長ネギ」。 世間一般では「燕背脂といえばタマネギみじん切り」ですし、個人的にも燕背脂にはタマネギのほうが似合うと思っていますが、実は「長ねぎ派」のお店も多い。 代表的なところでは、や、長岡の安福亭とか。 だったりして、玉ねぎ派と長ネギ派の熱い攻防は続きます。 言い換えれば、エ ネギッシュな攻防(それはエネルギッシュや!) あと、は、好みで玉ネギと長ネギを選択できるシステムなのですが、そういうのもアリかも。 バス長もスープは甘めで、背脂の感じは違いますが全体的にまつや食堂リスペクトな感じ、と思います。 ごちそうさまでした。。。。 お店の住所: 九ちゃんは、まさしくその台詞で怒られました。 タレカツ丼のセットでしたが、なかなか良かったです。 燕の宮川さんにも3月末に行きましたが、すみません、浮気心が働いて「ラーメン」でなく「カツ丼」をいただいてしまいました。 カツ丼も良かったのですが、他のお客さんが「こんげいっぺ、くわんねーて!」と言う声が聞こえた「カツカレー」を 先にいただくことになると思います。 (カウンター席のお客さんで、現物は見れませんでした。 その分、想像が膨らみます。 ) 食べるペースと、ブログを書くペースが一時は、丸1年遅れましたが、現在のタイムラグは、6ヶ月ズレになってます。 2016年の1月に食べたものをブログに書いてる次第です。 管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。 また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。 メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。 コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。 JavaScriptが無効になっています。 JavaScriptが無効になっていると、コメントを送信しても無視されます(スパム対策)。

次の

【まつや食堂】函館・大沼・松前・居酒屋

まつや 食堂

例によって半年前の訪問。 ちなみに、食堂系の東の横綱は「」、ということになっております(自分で決めたわけですけど)。 食堂系っちゃなんぞ? という方は、もご覧ください。 しかし、方角や位置を考えますと、大むらは東燕で合ってると思うのですが、まつやは南燕にあたりますので、正しくは南の横綱、ってことに。 でも、大相撲は東西ですし、相対的に見ればまつやは大むらの西にありますので、やはり「西の横綱」にてお願い致したく候。 というわけで、「中華そば」大盛り大油です。 全体に光沢感があって、絹のような、シルキーな印象。 フェルメールの絵画みたいな、光輝いて見える感じ。 「牛乳を注ぐ女」ならぬ「背脂を注ぐ女」です(笑)。 ちなみに、上野の東京美術館で2008年にやってたフェルメール展を観たことがありまして、「やはり本物は凄かった!」という想い出。 リアルに鳥肌が立ちました。 スープは、白濁していない豚骨と煮干し出汁で、甘め。 燕背脂ラーメンの中では「細い」と言ってもいいのかもです。 量は多め。 そして、最大の特徴が「長ネギ」。 世間一般では「燕背脂といえばタマネギみじん切り」ですし、個人的にも燕背脂にはタマネギのほうが似合うと思っていますが、実は「長ねぎ派」のお店も多い。 代表的なところでは、や、長岡の安福亭とか。 だったりして、玉ねぎ派と長ネギ派の熱い攻防は続きます。 言い換えれば、エ ネギッシュな攻防(それはエネルギッシュや!) あと、は、好みで玉ネギと長ネギを選択できるシステムなのですが、そういうのもアリかも。 バス長もスープは甘めで、背脂の感じは違いますが全体的にまつや食堂リスペクトな感じ、と思います。 ごちそうさまでした。。。。 お店の住所: 九ちゃんは、まさしくその台詞で怒られました。 タレカツ丼のセットでしたが、なかなか良かったです。 燕の宮川さんにも3月末に行きましたが、すみません、浮気心が働いて「ラーメン」でなく「カツ丼」をいただいてしまいました。 カツ丼も良かったのですが、他のお客さんが「こんげいっぺ、くわんねーて!」と言う声が聞こえた「カツカレー」を 先にいただくことになると思います。 (カウンター席のお客さんで、現物は見れませんでした。 その分、想像が膨らみます。 ) 食べるペースと、ブログを書くペースが一時は、丸1年遅れましたが、現在のタイムラグは、6ヶ月ズレになってます。 2016年の1月に食べたものをブログに書いてる次第です。 管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。 また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。 メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。 コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。 JavaScriptが無効になっています。 JavaScriptが無効になっていると、コメントを送信しても無視されます(スパム対策)。

次の

まつや食堂 新潟県

まつや 食堂

例によって半年前の訪問。 ちなみに、食堂系の東の横綱は「」、ということになっております(自分で決めたわけですけど)。 食堂系っちゃなんぞ? という方は、もご覧ください。 しかし、方角や位置を考えますと、大むらは東燕で合ってると思うのですが、まつやは南燕にあたりますので、正しくは南の横綱、ってことに。 でも、大相撲は東西ですし、相対的に見ればまつやは大むらの西にありますので、やはり「西の横綱」にてお願い致したく候。 というわけで、「中華そば」大盛り大油です。 全体に光沢感があって、絹のような、シルキーな印象。 フェルメールの絵画みたいな、光輝いて見える感じ。 「牛乳を注ぐ女」ならぬ「背脂を注ぐ女」です(笑)。 ちなみに、上野の東京美術館で2008年にやってたフェルメール展を観たことがありまして、「やはり本物は凄かった!」という想い出。 リアルに鳥肌が立ちました。 スープは、白濁していない豚骨と煮干し出汁で、甘め。 燕背脂ラーメンの中では「細い」と言ってもいいのかもです。 量は多め。 そして、最大の特徴が「長ネギ」。 世間一般では「燕背脂といえばタマネギみじん切り」ですし、個人的にも燕背脂にはタマネギのほうが似合うと思っていますが、実は「長ねぎ派」のお店も多い。 代表的なところでは、や、長岡の安福亭とか。 だったりして、玉ねぎ派と長ネギ派の熱い攻防は続きます。 言い換えれば、エ ネギッシュな攻防(それはエネルギッシュや!) あと、は、好みで玉ネギと長ネギを選択できるシステムなのですが、そういうのもアリかも。 バス長もスープは甘めで、背脂の感じは違いますが全体的にまつや食堂リスペクトな感じ、と思います。 ごちそうさまでした。。。。 お店の住所: 九ちゃんは、まさしくその台詞で怒られました。 タレカツ丼のセットでしたが、なかなか良かったです。 燕の宮川さんにも3月末に行きましたが、すみません、浮気心が働いて「ラーメン」でなく「カツ丼」をいただいてしまいました。 カツ丼も良かったのですが、他のお客さんが「こんげいっぺ、くわんねーて!」と言う声が聞こえた「カツカレー」を 先にいただくことになると思います。 (カウンター席のお客さんで、現物は見れませんでした。 その分、想像が膨らみます。 ) 食べるペースと、ブログを書くペースが一時は、丸1年遅れましたが、現在のタイムラグは、6ヶ月ズレになってます。 2016年の1月に食べたものをブログに書いてる次第です。 管理人の外出時など、承認に時間がかかる場合もありますが、ご了承ください。 また、不適切な内容と判断したコメントは承認しない場合があります。 メールアドレスがサイト上に公開されることはありません。 コメント欄に日本語を含まない投稿は、送信しても無視されます(スパム対策)。 JavaScriptが無効になっています。 JavaScriptが無効になっていると、コメントを送信しても無視されます(スパム対策)。

次の