自分に期待しない。 【これが無敵】他人に期待しないで生きる4つの思考

期待しない生き方〜期待しないとは、信頼する、ということ。

自分に期待しない

相手に落胆するためストレスが溜まる• 期待は相手のプレッシャーになる• 最終的に成果が出ない では、具体的に見ていきましょう。 相手に落胆するためストレスが溜まる 相手に対して期待をしていると、期待が外れた時の感情の落差は非常に大きくなってしまいます。 また、自分が満足できるハードルが上がってしまうため、なかなか満足できる結果は訪れません。 何度も期待はずれの結果になってしまうと、ストレスが溜まってしまいます。 また、 他人に期待をすることは相手の能力を信頼している証拠であり、成功すると信じているからです。 そのため、成功しなかった結果になった場合は相手に対して怒りや不信感を抱いてしまうとともに、失敗した時のストレスは相当のものになってしまいます。 期待は相手のプレッシャーになる 自分が上司やクライアントに期待されていると思うと、プレッシャーに感じてしまいますよね。 それだけでなく「〇〇君、期待してるよ」と直接あなたに期待していることを言われた場合、そのプレッシャーは相当なものだと思います。 同様に、相手に対して期待していることを伝えることは、相手を信頼していたとしても相手に大きなプレッシャーを与えてしまい、ストレスをかけてしまいます。 自分が立てた目標を自分で努力して叶えることは、精神的には大きな負担にはなりません。 しかし、相手から期待されていた場合「なんとかしなければ迷惑をかけてしまう」と大きなプレッシャーを感じてしまうのが普通ではないでしょうか。 期待は、相手にとって大きなプレッシャーになり、ストレスになることを自覚しましょう。 最終的に成果が出ない 先述の通り、相手に期待しすぎると、相手は期待に応えようとするため気負ってしまいます。 気負ってしまうがために実現不可能な目標を設定することもあるため、結果が出にくくなってしまうのです。 そして、あなたは最終的に結果が出なかった相手に対して落胆してしまいます。 また、相手があなたの期待しているものを誤解してしまうこともあります。 見当はずれな考えや行動をしてしまい、あなたの期待から遠ざかることもあるのです。 他人に期待したことが裏目になってしまう場合もあるため、注意が必要です。 他人に期待しない方法:考え方編 自分でも知らない間に、相手に期待してしまっていることは少なくありません。 先述の通り、相手に期待をすることであなたが損してしまうことも多々としてあるのです。 もし、他人に期待しないようになれたら、気持ちが楽になると思いませんか? この章では、相手に期待しないための以下5つの考え方をご紹介していきます。 まずは期待は自他を損させると認識する• 自分は他人の期待に応えているかを考える• 自分が相手に期待している内容を考える• 他人は変えられないことを知る• 最後は自分の行動次第と考える では、具体的に見ていきましょう。 まずは期待は自他を損させると認識する 期待はプラスの意味で使われることが多いですが、今まで述べてきた通り、自分も相手にとってもマイナスになることも多いです。 このことを認識するところから始めましょう。 期待がはずれたときには自分は当然がっかりして、相手もがっかりします。 どちらにとっても、良い結果は訪れません。 「期待することは損をすること」と認識していれば他人に期待をするのをやめられるはずです。 自分は他人の期待に応えているかを考える 他人に期待する前に、まずは自分が他人の期待に応えているのか考えてみましょう。 自分が他人の期待に応えているかどうかで、期待される側の気持ちを理解することができます。 自分ができていないと思ったら、他人に強要するのはやめたほうが良いでしょう。 自分が相手に期待している内容を考える 他人に期待したいならば、どのような内容を期待するのか詳しく考えてみましょう。 あなたが相手に期待することによっては、相手を無理強いさせてしまい、相手にプレッシャーをかけてストレスを与えてしまうかもしれません。 あなたが相手に期待することは、「相手に対してプレッシャーにならないものか」「相手にとって実現可能なものか」を考えた上で決めることが大切です。 他人は変えられないことを知る いくら相手に期待したとしても、相手の能力が変わるわけではありません。 期待や応援することが相手の力になると考える方もいますが、現実的には気持ちによって、その人のレベルが大幅に変わることはないでしょう。 他人に期待しても、その人を変えることはできないと認識しておくべきです。 例えばあなたが誰かに期待されたとしても、その期待に応えることが難しい場合もあり、時にはその期待に反発したくなることもあるかもしれません。 自分が他人によって変えられることができないのと同様、自分が他人を変えることは非常に難しいものです。 最後は自分の行動次第と考える 他人に期待することは、自分が何かと達成したいという目標があるときが多いと思います。 それを他人に期待することは、自分の目標を押し付けるのと同じといえるでしょう。 相手にとっては迷惑であり、無責任と捉えられてしまう可能性もあります。 また、他人に期待したとしても、自分の思った通りの結果を生み出すとは限りません。 何か実現したいものがあるならば、自分が努力をするのが一番の近道です。 自分が行動をしなければ、自分の期待通りの結果は訪れないと心得ておくことが大事です。 他人に期待しない方法:実践編 相手の価値観を受け入れたり、自分から積極的に行動したりすることが大切です。 ここでは、以下4つの他人に期待しない方法:実践編をご紹介していきます。 相手の非常識な行動を受け入れる• 相手の生活や思考の背景を考える• 自分から行動する• 相手が期待通りの行動をしたら感謝の気持ちを述べる では、具体的に見ていきましょう。 相手の非常識な行動を受け入れる 自分の常識や価値観は絶対的なものではなく、人それぞれ感じ方や考え方が異なっています。 相手にとっては常識的なことでも、あなたにとっては非常識なことに感じてしまうかもしれません。 逆もしかりです。 この両者の考え方の違いが摩擦を生み、人間関係を悪化させてしまう原因になってしまうことにもなるのです。 あなたにとっては非常識に思う相手の行動は、相手にとっては常識的なことであると割り切り、相手の考えを尊重することが大事になってきます。 他人の行動や考え方に納得できずにそれを改善してもらいたいと期待する人もいますが、誰も他人の考え方を変える方法も権利もないのです。 相手の生活や思考の背景を考える 相手に期待しているときの心理の一つとして、相手に不満を抱えていることもあります。 そこで、相手の言動や行動に不満を持ってしまったとき、それだけで完結せずに相手の言動や行動の裏にある、相手の生活や思考の背景を考えてみましょう。 例えば、あなたが相手がなかなか行動しないことにいら立ってるとします。 でも、相手がなかなか行動しないのは、トラウマがあるから行動するのをためらっているからかもしれません。 相手は以前の失敗を引きづっており、あなたに怒られるのが怖いのです。 このように、相手がどのような考え方をしているのかを理解することで、相手に無理な期待をすることがなくなるかもしれません。 明らかに相手に無理なことを期待してしまう方がいますが、それは相手のことをまったく見ていない証拠です。 相手のことをよく観察をすれば、相手に期待することの無謀さに気がつくでしょう。 自分から行動する たとえ他人に期待したとしても、自分の望んだ通りに動いてくれるとは限りません。 その場合は、相手に無理強いをするのではなくて、自分から行動するべきです。 そのほうが自分の望んだ通りの結果が実現しやすいはずです。 自分の望みを一番正確に理解しているのは自分です。 最初から自分でやれば良かったと後悔しないように、自分から行動することが大切です。 相手が期待通りの行動をしたら感謝の気持ちを述べる 相手に何かを期待し、それを実現してくれたときは、感謝の言葉をしっかりと述べておきましょう。 感謝を伝えることで、当然ながら相手はあなたに対して良い印象を受けるはずです。 相手に期待をすることは、相手に対して精神的に負担を与えることになります。 結果を出したことだけでなく、精神的な負担を乗り越えてくれたことも含めて、相手に感謝することが大事です。 相手にプレッシャーを与えず要望を伝える方法 相手に期待しないように心掛けていても、期待せざるを得ない場合も考えられます。 ここでは、相手にとって精神的に負担にならずにあなたの要望を伝える3つの方法を紹介します。 応援する姿勢で伝えること• 相手が得られるメリットを伝える では、具体的に見ていきましょう。 応援する姿勢で伝えること 相手に期待をしてそのまま突き放してしまうと、余計にプレッシャーを与えてしまいます。 しかし、しっかりと応援していることを伝えれば、相手の精神的な負担を抑えることができます。 自分は相手を心から応援していることを伝えましょう。 場合によっては、相手を助ける意思や相手に協力をする姿勢があることも伝えておくべきです。 そうすれば、相手はプレッシャーを感じずに気楽な気持ちであなたの要望を受け入れてくれます。 相手に成功してもらうためにも、要望する表現には注意することが大事なのです。 また、その人のことを信頼していると言葉にするべきです。 相手の能力を信頼しているからこそ、お願いしていると伝えましょう。 相手はその信頼に応えるために前向きになってくれるはずです。 相手が得られるメリットを伝える 相手に何の見返りもないのに苦労をさせるのはよくありません。 メリットもないのに期待されても相手は嫌がってしまい、モチベーションも下がるでしょう。 そこで、あなたの期待に応えることで相手にどのようなメリットがあるのかを具体的に伝えるのです。 そうすれば、相手はあなたの期待にしっかりと応えてくれるはずです。 例えば、相手はその要望を実現すれば、評価が上がったり新しいスキルを身につけたりすることができるかもしれません。 お願いするときには、相手があなたの期待に応えることで得られるメリットを詳しく伝えることが大事なのです。 期待しない生き方の注意点 期待しない生き方を実践する上では、以下3つの注意点があります。 相手には「期待しない」と伝えないこと• 期待はせずに相手に信頼すること• 期待はせずに相手に感謝すること この注意点を守ってはじめて、期待しない生き方が実践できるのです。 では、ひとつずつ見ていきましょう。 相手には「期待しない」と伝えないこと 他人に期待されないのは、寂しいことです。 自分には期待されるだけの価値がないと思い込んでしまうため、期待をしていないことを直接相手に伝えるのもやめましょう。 かといって、まったく期待をしていない素振りを見せるべきではありません。 他人に期待しないで生きていくのは大切なことですが、 相手は期待されているそぶりも感じないとわかった途端にモチベーションが下がってしまいます。 期待はせずに相手に信頼すること 期待をする代わりに、相手を信頼するべきです。 困ったときには相手を頼るようにしましょう。 頼ることは、相手に期待することとは違います。 また、 誰かに何かを頼む際には、細かな部分はすべて相手に任せてしまいましょう。 指示を出すのではなくて、相手にやり方を委ねてしまうのです。 こういった行動や態度は、相手を信頼しているからこそできるものです。 期待はせずに相手に感謝すること 相手に対して過度な期待はするべきではありません。 そのかわり、「ありがとう」と相手に対して感謝するのです。 感謝をされて嬉しくない人はいませんし、 相手にとっては感謝されることでモチベーションになり、期待せずとも自主的に高いアウトプットを出すようになります。 相手に感謝することで謙虚な気持ちにもなれるので、常に相手に対して感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。 まとめ 他人に期待をしてしまうと、それが相手・あなた双方にとってのストレスの原因になる可能性があります。 他人を自分の思い通りに動かすことはできないと理解し、相手に対するハードルを高くしすぎないようにしましょう。 この記事をきっかけにあなたが期待しない生き方を実践することで、今後より豊かな人生を歩まれることをお祈りしています。

次の

自分に期待しすぎないこと

自分に期待しない

あいつは親友だから、お金を貸してしまったけどちゃんと返済してくれるに決まってる。 などなど。 このように、生きている上で「他人にに期待する」という機会は誰しもあるはずです。 過去の自分を振り返ってみてみましょう。 、 残念なことに、 他人に期待しても望み通りの結果を得られないことのほうが多くないでしょうか? 信じていたのに 裏切られたり、他人に期待して自分の望み通りではない結果だった時のショックは計り知れないですよね? でも、 ハナから他人に期待なんてしないで生きていれば、期待しない分ショックは軽減されます。 むしろ、他人に全く期待しないでいい結果が得られたほうが嬉しさがまします。 そこで今回の記事では、思わず他人に期待してしまいがちなあなたへ、僕なりの 「他人に期待しないで生きれば、メンタルが楽になる4つの思考」をお伝えしたいと思います。 女なんていつ気持ちがころっと変わるか分からないから、結婚できたらラッキー くらいのスタンスであれば、後者の方がフラれた時のショックは小さいはずです。 なので、他人に期待しすぎてしまうとダメだった時のショックが大きいので、 できる限り他人に期待しない思考を身につけるとメンンタル的に楽です。 たとえば 「あんなに世話してあげたから、必ずお返しがあるはず。 」などです。 このように、「他人に期待する」場合は「見返りを求めている」ケースが多いです。 「恩を売った」からといって、期待しても必ずしも返ってくるわけではありません。 いわゆる、恩着せがましい人は要注意です。 そ もそも、他人をコントロールなんて無理です。 逆に、人間は強制やおすすめされるのを嫌います。 きっかけは与えれるかもしれないですが、最終的には他人に強制されて動ける人なんていません。 「他人をコントロールしよう、管理しよう。 」と思っても、残念ながら相手の根本的な性格を変えることはできないですし、期待には応えてくれませんよ。 」と思っている時点で、他人に期待しすぎです。 「人は平気で裏切る生き物」そう心得ておけば、裏切られるような出来事があっても「まぁ、しゃーないか。 」という思考がつきます。 僕も実際に、周りからみたら「それ裏切りじゃん。 」という経験はありますよ。 でも、僕は ど んなに仲のいい友達や人間関係でも「裏切られる可能性はある。 」と考えています。 信じてる、信じていないの感情的な話ではなく 「可能性」の話なのです。 また、陰口や悪口を言われても全く気にしません。 だって、気にしたって悪口や陰口をいう奴は言うからです。 勝手に言わせておけばいいのです。 サッカー好きな人は知っていると思いますが、日本代表はW杯の本番直前まで散々な試合っぷりでした。 初戦のコロンビア戦までの成績は「3負け1勝」の成績。 そして、極め付けが「W杯直前の監督解任劇」です。 これには、国民のほとんどの人が「予選突破は無理」や「全敗」を予想していました。 しかし、どうでしょう?実際にW杯が始まってから日本は初戦を勝ち抜き、予選突破をしたのですw。 これが、逆にジーコジャパン時代のように「黄金メンバーだし、絶対に予選突破できる!」と思って予選突破できなかった時のあのショックは今だに大きいですよね。 なので、今回サッカーを例に出しましたが、 「ダメ元」と思っていたほうが「成功したときの喜び」も倍増するので「ダメ元」思考はオススメです。 たとえば、「あんなに世話してやったのに。 」「あんなに協力してやったのに。 」などです。 見返りを求めるのであれば、他人の面倒なんかみないほうがいいです。 見返りを求めているのは、相手にも伝わりますしうっとうしいだけです。 そんな時は、お酒でも飲んでたっぷり寝て、過去のことは忘れましょう。 過去を引きずっていても時間は止まってくれません。 誰かに裏切られたり、期待するような結果がでなくてもマイナスにはならないはずです。 ゼロに戻るだけです。 再発防止策を徹底的に練り、同じような失敗をしないように心がけるだけです。

次の

他人に期待しない方法!これで私はだいぶ楽になれた

自分に期待しない

人に期待しない 昔の私は、相手に期待ばかりする考えを持っていました。 もちろん、純粋に相手を応援したいと思っていたことが背景にあるのですが、いつしか相手に求めすぎていた自分がいたのです。 そんな経験を通して、他人に期待しすぎることを手放そうと思いました。 今回は、他人に期待しすぎないマインドを作る方法をお伝えします。 人に期待しすぎない方が良い理由 それでは、人に期待しすぎない方が良い理由からお伝えします。 ただし、大前提として人に期待することは良いことです。 期待しすぎることがまずいのでその点は、間違えないようにして下さいね。 分かりやすいように具体例を挙げます。 例えばチームで結果を出すことに頑張っている姿を想像してください。 人に期待しすぎると• 相手のペースを乱す• 上手く行かない時に相手のモチベーションを下げる• 相手をコントロールする思考になる• 「結果」をベースにした人間関係になってしまう もし、あなたが人間関係でこんな感じの観念が強くなっていたら、気づいたときに手放すようにしましょう。 私も、自分の心と対話してこんな自分にならないようにチューニングをしています。 特に感情的になっているときや、冷静な判断ができない心理状況だとこういった価値観が出てくるので気をつけましょう。 人に期待しないために必要なこと それでは、具体的に人に期待しない考え方をお伝えします。 人に期待してしまう人は、次の3つを意識すると一歩が踏み出しやすくなると思います。 人に期待しすぎるのではなく、自分に期待する• 親切の押し売りをやめる• もちろん気持ちは分かりますが、子どもは親の背中を見て育ちます。 子どもに期待しすぎず、親が自分の目標に向かって挑戦する方が実は子どもにとってもプラスの影響を与えられるのです。 家族であっても、人に期待しすぎるよりも、まずは自分に期待することが大切です。 人生の主体性は、相手が決めるものです。 そのビジョンを一方的に押し付けることはやめましょう。 それは、親切の押し売りになってしまいます。 ビジネスでも人間関係でも、結局相手に期待しすぎることや自分の想いが強すぎることで相手を苦しめているケースがほとんどです。 ですから、一番良い関係は相手の求めるビジョンのサポートに徹することなのです。 チームでビジョンに向かっていても、自分自身の人間関係が狭いと少ない人数で無理やり頑張ろうとしてしまいます。 理想は、それぞれが得意なことに自信をもって取り組めている状態を作ることです。 それには、チーム力を上げることが必要です、リーダー自身が率先して、人間関係の輪を広げたり、チームの負担を減らせるような働きをすることが必要だと思っています。 まとめ 人に期待することのメリット、期待しすぎることのデメリットについてお伝えしましたが、いかがでしょうか? 言葉で表すのと実際の行動はまた違うものがあると思います。

次の